« 北京のスーパーに「人参果」出現 | トップページ | 白か黒か コンクラーベの煙色レシピ@Vatican »

2013-03-14

新しいパパさまはアルゼンチンから 約1300年振りの非欧州選出 イエズス会出身→バス旅行が好きらしい

新しいパパさまが誕生した。
今朝日本時間3時過ぎに、システィナ礼拝堂の煙突から、白い煙がもくもくと。新教皇の誕生である。

4時過ぎに、新しいパパさま
 フランチェスコ1世
がサン=ピエトロ広場に集まった善男善女のために姿を現し、祝福を与えた。

ヴァチカンは仕事が早い。
早速、ホームページは「(新しい)教皇が選出された フランチェスコ1世」に変わった。
HABEMUS PAPAM, FRANCISCUM

Santa

英語を選んで中に入ると、既に、フランチェスコ1世の姿が。

Santa2
凄いよ、ヴァチカン。

で、最初の説教。


13 March 2013

Annuntio vobis gaudium magnum;
habemus Papam:

Eminentissimum ac Reverendissimum Dominum,
Dominum Georgium Marium
Sanctae Romanae Ecclesiae Cardinalem Bergoglio
qui sibi nomen imposuit Franciscum

Apostolic Blessing "Urbi et Orbi":(最初の説教はここから)

Brothers and sisters, good evening!

You know that it was the duty of the Conclave to give Rome a Bishop. It seems that my brother Cardinals have gone to the ends of the earth to get one... but here we are... I thank you for your welcome. The diocesan community of Rome now has its Bishop. Thank you! And first of all, I would like to offer a prayer for our Bishop Emeritus, Benedict XVI. Let us pray together for him, that the Lord may bless him and that Our Lady may keep him.

Our Father...

Hail Mary...

Glory Be...

And now, we take up this journey: Bishop and People. This journey of the Church of Rome which presides in charity over all the Churches. A journey of fraternity, of love, of trust among us. Let us always pray for one another. Let us pray for the whole world, that there may be a great spirit of fraternity. It is my hope for you that this journey of the Church, which we start today, and in which my Cardinal Vicar, here present, will assist me, will be fruitful for the evangelization of this most beautiful city.

And now I would like to give the blessing, but first - first I ask a favour of you: before the Bishop blesses his people, I ask you to pray to the Lord that he will bless me: the prayer of the people asking the blessing for their Bishop. Let us make, in silence, this prayer: your prayer over me.

[...]

Now I will give the Blessing to you and to the whole world, to all men and women of good will.

[Blessing]

Brothers and sisters, I leave you now. Thank you for your welcome. Pray for me and until we meet again. We will see each other soon. Tomorrow I wish to go and pray to Our Lady, that she may watch over all of Rome. Good night and sleep well!

今話題になっているのは、最初の呼びかけが
 Brothers and sisters, good evening!(英訳)
だった件。通例では、上にもあるように
 Urbi et Orbi(ローマと世界へ)
という言葉から始まるのだが
 いきなりみんなに挨拶した
という辺りが
 飾らない、質素な教皇
というイメージを強烈に印象づけた。BBCでは
 みんなびっくりして、サン=ピエトロ広場の信者達も「こんにちは!」と返事してしまった
と解説していた。

Wikipedia(英語)も仕事が早い。
Pope Francis

新しいパパさまは、アルゼンチンのイタリア移民の子で、イエズス会出身。鉄道員の家庭で5人兄弟。ブエノスアイレス大学で化学の修士号を取った後、信仰生活に入った。
BBCでは繰り返し
 ブエノスアイレスで貧者の救済に力を注いだ
と報じている。

イエズス会出身の教皇というのは、イギリスでは驚きをもって迎えられたようで、BBCでは
 フランチェスコ会でもベネディクト会でもなくてイエズス会から選出
とコメントしていた。先ほどは
 イエズス会士をフィーチャーして新教皇選出のニュース
を流していた。嗚呼、ヨーロッパ。

しかしなぜ
 フランチェスコ
を名乗るんだろうな? もちろんアッシジの聖フランチェスコから付けられた名前なのだけれども、
 イエズス会を創設したイグナチウス・ロヨラ(もちろん後に列聖)がアッシジの聖フランチェスコに倣おうとした
から、先祖返り?

非ヨーロッパ人の最後の教皇は第90代の
 グレゴリウス3世
だそうで、在位は
 731年3月18日〜741年11月28日
だというから
 1272年振りの非ヨーロッパ人教皇
ということになる。

大学院の同級生が日系アルゼンチン人なので、Facebookでおめでとう、とメッセージを送ったら、
 アルゼンチンではみんなびっくりしているけど、これからの活躍を期待している
という返事が来た。そうなんだ〜、アルゼンチンでも
 まさか南米から教皇が選ばれるとは
という感じなんだ。ちなみに同級生はカトリック教徒ではない。

おまけ。
 新しいパパさまの13(!)のキーポイント

と称する"The Guardian"の記事。どうでもいいけど、パパさま誕生の佳き日に
 13
はよせよ。
訳は例によって適当なので、間違ってたらごめんなさい。


Pope Francis: 13 key facts about the new pontiff
Guardian staff
The Guardian, Wednesday 13 March 2013 20.05 GMT

Pope Francis, the former Cardinal Jorge Bergoglio, lives in a small flat, takes the bus and only has one functioning lung

The newly elected Pope Francis I waves to the crowds from St Peter's basilica. He is believed to have been runner-up last time.

What we know about Pope Francis(フランチェスコ1世についてわかっていること)

• He likes to travel by bus.(バスで旅行するのが好き)

• He has lived for more than 50 years with one functioning lung. He had the other removed as a young man because of infection.(50年以上、片肺だけで生活している。感染症により、若い頃、一方の肺は摘出した。)

• He is the son of an Italian railway worker.(イタリア系鉄道員の息子である)

• He trained as a chemist.(化学者として訓練を受けた)

• He is the first non-European pope in the modern era.(近代では初めての非ヨーロッパ人教皇)

• He claims that adoption by homosexuals is a form of discrimination against children but believes that condoms "can be permissible" to prevent infection.(同性愛者が養子を取ることは子どもに対する一種の差別であると主張しているが、コンドームは感染防止のために「許される」と思っている。)

• In 2001 he washed and kissed the feet of Aids patients in a hospice.(2001年にホスピスでエイズ患者の足を洗い接吻した。)

• He speaks fluent Italian, as well as Spanish and German.(イタリア語が流暢、スペイン語とドイツ語も同じくらい話せる。)

• Until now he has been living in a small flat, eschewing a formal bishop's residence.(現在まで、司教の公邸を避けて、小さなアパートの1室に住んでいる。)

• He told Argentinians not to travel to Rome to celebrate if he was appointed but to give their money to the poor instead.(アルゼンチン人には、「もし、選ばれても、私を祝うためにローマに旅行に来ないで欲しい、その代わりそのお金を貧しい人にあげてほしい」と言った。)

• He is believed to have been the runner-up in the last papal conclave in 2005.(前回、2005年の教皇のコンクラーベでは、第二位だったと信じられている。)

• He has co-written a book, in Spanish, called Sobre el Cielo y la Tierra (On Heaven and Earth). You can buy it on Kindle.("Sobre el Cielo y la Tierra (天と地で)"というスペイン語で書いた共著がある。Kindleで買える。)

• Though conservative on church doctrine, he has criticized priests who refuse to baptise babies born to single mothers.(教会の教義については保守派だが、シングルマザーから生まれた赤ちゃん達の洗礼を拒む聖職者を批判している。)

え〜と、最初のは
 質素な移動手段が好き
というだけでなく
 バスオタ
ってことか???

|

« 北京のスーパーに「人参果」出現 | トップページ | 白か黒か コンクラーベの煙色レシピ@Vatican »

コメント

勉強になります。ところで1300年前の非欧州人教皇はグレゴリウス3世じゃないでしょうか?
どこ出身のひとだったんだろう、と思って調べてみたら、731-741年在位は3世さんだったようなので。

投稿: mucho | 2013-03-14 08:23

muchoさん、コメントありがとうございます。
ご指摘の通り、3世なんですが、一番最初に打ち間違っていましたので、直しておきました。

投稿: iori3 | 2013-03-14 08:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/56951409

この記事へのトラックバック一覧です: 新しいパパさまはアルゼンチンから 約1300年振りの非欧州選出 イエズス会出身→バス旅行が好きらしい:

« 北京のスーパーに「人参果」出現 | トップページ | 白か黒か コンクラーベの煙色レシピ@Vatican »