« なぜマスコミの人間が「一般社会ではいいオトナはやらない行為を平気でするのか」がよくわかる奥村隆「息子と僕のアスペルガー物語」【第20回】→追記あり | トップページ | 昭和十六年十月刊行 臺灣南方協會編『南方拓殖衞生指針』森於菟「緒言」 »

2013-03-09

環境省によるとPM2.5の12/1〜1/31のこの2年間の濃度はそれほど違わない件→昨年度の環境相は細野豪志現民主党幹事長→石原伸晃環境相は元々原発推進派

大気汚染物質PM2.5の濃度なんだけど
 昨年度も今年度も12/1-1/31という同時期ではあまり変わりは無い
ことが、環境省の発表で明らかになった。
PM2.5に関する情報 昨年度(確定値)と今年度(速報値)の比較
 青い折れ線が昨年度のPM2.5の濃度
 赤い折れ線が今年度のPM2.5の濃度
 緑の直線が環境基準 一日平均=35μg/平米
である。
熊本県益城町役場Process_02fig001_2
福岡市東区香椎
Process_02fig002_2
島根県松江市国設松江
Process_02fig003_2
広島市安佐北区可部小学校
Process_02fig004_2
大阪市聖賢小学校
Process_02fig005_2
東京都千代田区神田司町
Process_02fig006_2

これを見ると分かるように
 昨年度も今年度も同時期に同じくらいPM2.5が測定されている
ことがわかる。

もっとも、昨年度は
 環境省の関心はもっぱら福島第一原発事故と除染問題
に向けられていた。昨年12/1〜今年1/31までの環境省の報道発表を見ると、大気汚染関連の発表は
平成23年光化学大気汚染の概要-注意報等発令状況、被害届出状況- (お知らせ) [発表:2012.01.27]
ぐらいである。
この時の環境相は
 細野豪志現民主党幹事長
だった。

で。
 中国のPM2.5による大気汚染
については、昨年3/3にNHKの「おはよう日本」が取り上げている。動画にリンクを貼っておく。
大気汚染 揺れる中国NHKニュースおはよう日本 2012年3月3日 放送
中国での大気汚染の中心となっている
 PM2.5
を扱った内容だが、取材ビデオでは
 在北京アメリカ大使館がPM2.5の「正しい」濃度を発表
していることには触れたが、まだ日本への影響には言及していない。ビデオの最後で森本アナ(!)が一言
 空は繫がっているので心配ですね
とコメントしたくらい。

在北京アメリカ大使館によるPM2.5の観測値はこちら。
https://twitter.com/beijingair


昨年末の総選挙で政権が交代し
 石原伸晃環境相が就任
したとたん
 クローズアップされているのがPM2.5問題
である。もちろん、PM2.5問題がこれまで閑却されていたのは、非常に問題ではある。しかしながら、
 石原一家と東電・原発利権との関係
というのは、以前からささやかれているわけで、
 放射性物質よりPM2.5がクローズアップてのはヘン
だよね、というのが、一部の御意見。
隠蔽工作とまでは言わないが、
 原発再開に向けて、国民の目をそらすためにPM2.5問題を殊更重視しているように見せている
んじゃないか、と勘ぐられていることは指摘しておく。

石原伸晃環境相が、福島第一原発事故の後の野党時代、こんな発言をしていたって話は以下に。
2011-06-14 石原一家と原発 石原伸晃「(反原発という)『集団ヒステリー』状態になるのは分かる」
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2011/06/post-2722.html

|

« なぜマスコミの人間が「一般社会ではいいオトナはやらない行為を平気でするのか」がよくわかる奥村隆「息子と僕のアスペルガー物語」【第20回】→追記あり | トップページ | 昭和十六年十月刊行 臺灣南方協會編『南方拓殖衞生指針』森於菟「緒言」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/56920237

この記事へのトラックバック一覧です: 環境省によるとPM2.5の12/1〜1/31のこの2年間の濃度はそれほど違わない件→昨年度の環境相は細野豪志現民主党幹事長→石原伸晃環境相は元々原発推進派:

« なぜマスコミの人間が「一般社会ではいいオトナはやらない行為を平気でするのか」がよくわかる奥村隆「息子と僕のアスペルガー物語」【第20回】→追記あり | トップページ | 昭和十六年十月刊行 臺灣南方協會編『南方拓殖衞生指針』森於菟「緒言」 »