« 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その17)さらに上海で1例 浙江省で2例 江蘇省で2例の新たな感染者 全部で49例に 江蘇省・浙江省の4例は重態 上海は4/3に妻が死亡した夫の感染例だがヒトヒト感染の可能性は不明 | トップページ | 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その19)夫婦間感染が疑われている上海の感染例は家の周辺で鳥が多数飼育されウイルスに晒される危険があった »

2013-04-14

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その18)首都北京で初めての感染例 家は北京国際空港のすぐ傍 両親が北京市内や村内で販売し感染前に自分たち一家も食べた鶏は天津から購入

昨日明らかになった
 首都北京の感染例
だが、
 生活歴や居住地の詳細
が明らかになった。
 家は北京国際空港のすぐ傍
で、
 発症前に天津から鶏を購入
し、
 自家用でも天津の鶏を食べた
という。なお
 天津で購入した生きた鶏

 自家消費の他

 北京の朝陽区と自分の住む古城村で販売
されている。

この記事が示すのは
 1. 日本からも近い天津の鶏がH7N9型鳥インフルエンザに感染している可能性があること
 2. 天津から北京にH7N9型鳥インフルエンザに感染している可能性のある鶏が持ち込まれ、北京市内と北京国際空港に近い古城村で販売されたこと
 3. 天津でH7N9型鳥インフルエンザが鳥の間に蔓延しているおそれがあること
という事実である。
 患者の出た古城村が北京国際空港のすぐ傍
というのが、実に厄介だし、
 天津でH7N9型鳥インフルエンザが蔓延している
とすれば
 中国全土でH7N9型鳥インフルエンザが拡がっている
と考えた方がいいだろう。
もちろん
 今後、北京で患者が増えるだろう
と思われる。

香港文匯報より。


現場直撃、父親天津購鷄 女童病前曾食(直撃取材 父親は天津で鶏を購入 女児は発症前に食べていた。)

 順義區後沙峪鎮古城村中心街南段東側的一處民房是北京首例H7N9感染女童的家。這座城郊小村位於京城東北部、緊鄰國際機場。女童父親姓姚、河北張家口人、4月2日從古城村北面的高麗營鎮搬來落脚、以販鷄賣魚為業。據女童父親稱、他從天津一名活禽商販處購得數十隻活鷄、在自己門店出售。其中宰殺2隻供他一家三口食用、「她[女也](女兒)吃的不多、也不是病死鷄。」(順義区後沙峪鎮古城村中心街南段の東側にある一軒の民家が、北京で初めてH7N9型鳥インフルエンザに感染した女児の家だ。この郊外の小村は北京市の東北部に位置し、北京国際空港のすぐ傍だ。女児の父親は姚といい、河北省張家口に本籍があり、4月2日に古城村の北側にある高麗営鎮から引っ越してきて、鶏と魚を売って暮らしていた。女児の父親によれば、彼は天津のある生きた鳥を販売する所から数十羽の生きた鶏を購入、自分の店で売っている。その内、2羽を殺して自分の家の三人の家族の食用にした。「あの子はちょっとしか食べなかったし、病死した鶏でもない。」)

店舖商住兩用 門前現宰現賣(店舗兼住宅 家の前で鶏をその場で絞めたものを売っていた)
 古城村多為外來流動人口居住、村中分東大街・中心街・西大街、臨街店舖鱗次櫛比。女童的家就在中心街南段東側一處四合院改造的舖面中、三五平方米大小、鋁[金呂]合金門窗、深紅色窗簾緊掩。(古城村にはよその農村から都会に出てきた農民工が多く住んでいて、村は東大街・中心街・西大街に分かれ、通りに面して店舗が軒を連ねている。女児の家は中心街南段の東側の四合院を改造した店舗の中にあり、35平米の広さで、アルミサッシは真っ赤なカーテンで締め切られている。)
 記者在現場看到、門前宰殺鷄・魚的器具尚在、沾滿魚鱗的托盤散發腥味。4名帶口罩的保安員在門前守護、緊鄰的理髮店仍在正常營業。鄰居指女童一家人剛搬來、「平時門前堆放四五籠活鷄、現殺現賣、她[女也]父親不愛説話、沒想到出了這樣的事。」(記者が現場に到着した時、家の前には鶏や魚を絞める道具がまだ置いてあり、鱗まみれのトレイは、腥い臭いを放っていた。マスクをした4人の警備員が家の前を守っていて、すぐ隣の理髪店はまだ通常の営業をしていた。隣近所の人達は、女児一家が引っ越してきたばかりだと指摘し、「いつもは家の前に生きた鶏の入った籠を4、5個積んで置いて、その場で絞めて売っていた。女の子の父親は口べたで、こんなことになるとは思いも寄らなかった。」)

父母居所隔離 限制外出七天(両親は家で隔離 七日間の外出制限)
 中午約12點半、女童父親曾短暫出現在房内門窗前、神情緊張未戴口罩、隨即重新拉緊窗簾。工作人員告訴記者、女童的父母已經於昨晩9時回家、目前仍處於醫學觀察階段、限制外出。當地疾控人員稱、如果7天沒有異常、便可解除隔離。據知、古城村有51戸村民是養殖戸、共飼養503隻鷄鴨鵝、2,700隻鴿子。順義區防疫部門已將鷄鴨鵝全數捕殺。(昼の12時半頃、女児の父親がほんのちょっとの間だけ家の中のサッシの前に現れた。緊張した面持ちで、まだマスクはしておらず、すぐにもう一度カーテンをぴったりと閉めた。作業員は記者に次のように話した。女児の両親は昨夜9時に家に戻っており、今は依然として医学的経過観察の段階にあって、外出を制限されている。この地域の疾病予防コントロールスタッフによれば、もし七日間異常がなければ、隔離は解除されるだろう。知られているところでは、古城村には鳥を養殖している51戸の村民がおり、全部で503羽の鶏・鴨・鵞鳥、2700羽の鳩を飼っていた。順義区防疫部局はもう鶏・鴨・鵞鳥を全羽捕まえて殺した。)
 據悉、女童父母本月4日從天津一名叫邰[台β]清華的活禽商販處購得數十隻活鷄。其中29隻賣到朝陽區、44隻賣給古城村的村民、自己也留下數隻食用。至11日早晨、姚氏夫婦發現女兒有些咳嗽、隨即開車將其送往地壇醫院、院方並向女童進行疑似病例樣本採集。至13日凌晨、中國疾控中心覆核確診該女童為北京首例人類感染H7N9禽流感病例。(知り得たところに依ると、女児の両親は今月4日、天津の邰[台β]清華という生きた鳥を販売する所から数十羽の生きた鶏を購入、その内29羽は朝陽区で売り、44羽は古城村の村民に売り、数羽を食用として自分の手元にも残した。11日早朝になって、姚氏夫妻は女児が咳をしていることに気づき、すぐに車で地壇病院に連れて行き、病院ではさらに女児が鳥インフルエンザの疑似症例であることから検体を採取した。13日未明になって、中国疾病予防コントロールセンターは、再検査を行い、女児が北京で最初のH7N9型鳥インフルエンザ感染例であると確定診断した。)
■香港文匯報記者 劉坤領 北京順義報道


|

« 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その17)さらに上海で1例 浙江省で2例 江蘇省で2例の新たな感染者 全部で49例に 江蘇省・浙江省の4例は重態 上海は4/3に妻が死亡した夫の感染例だがヒトヒト感染の可能性は不明 | トップページ | 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その19)夫婦間感染が疑われている上海の感染例は家の周辺で鳥が多数飼育されウイルスに晒される危険があった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/57168869

この記事へのトラックバック一覧です: 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その18)首都北京で初めての感染例 家は北京国際空港のすぐ傍 両親が北京市内や村内で販売し感染前に自分たち一家も食べた鶏は天津から購入:

« 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その17)さらに上海で1例 浙江省で2例 江蘇省で2例の新たな感染者 全部で49例に 江蘇省・浙江省の4例は重態 上海は4/3に妻が死亡した夫の感染例だがヒトヒト感染の可能性は不明 | トップページ | 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その19)夫婦間感染が疑われている上海の感染例は家の周辺で鳥が多数飼育されウイルスに晒される危険があった »