« 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その3)浙江省のウズラからH7N9型鳥インフルエンザウイルス検出 | トップページ | 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その5)首都北京は防衛体制 »

2013-04-07

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その4)浙江省死亡例の経過

4/4に死亡した、浙江省湖州市のH7N9型鳥インフルエンザ患者の経過が、銭江晩報に掲載されている。
参考になるかもしれないので、以下に。訳は例によって、適当なので、間違っていたらごめんなさい。元は簡体字、日本語で読めるように、繁体字等に改めた。


浙江H7N9病人發病7天即死亡 專家、病毒用的是閃電戰

(浙江省のH7N9型鳥インフルエンザ感染者は発症して7日ですぐに死亡 専門家曰く、ウイルスが使うのは電撃戦だ)
2013年04月06日05:43
來源、錢江晩報

原標題、昨天、我省通報第二人死於H7N9禽流感、湖州人、64歳(元の標題 昨日、わが省はH7N9鳥インフルエンザの二人目の死亡者が出、湖州の64歳の住民だったと通告)

參與救治的浙大一院重症監護室主任方強、獨家為本報詳解——(治療に当たった、浙江大学第一病院集中治療室の方強主任が独自に本紙のために詳しく説明してくれた。)

4日確診當晩去世、距發病僅7天(4日に確定診断したその晩に亡くなる、発症からわずか7日)

太快了!病毒用的是閃電戰(あまりに早すぎる! ウイルスが使うのは、電撃戦だ)

本報記者王蕊(本紙記者 王蕊)

昨日上午、浙江省衛生廳通報、我省湖州市一例人感染H7N9禽流感患者死亡。(昨日午前、浙江省衛生庁は、わが省湖州市のH7N9型鳥インフルエンザに感染した患者一人が死亡したと通告した。)
患者張某、男、64歳、湖州人、農民。4月4日、確診為人感染H7N9禽流感病例。省・市專家組進行了全力救治、4月4日晩病情加重、搶救無效死亡。截至目前、該患者的密切接觸者55人均未發現臨床異常表現。(患者は張さん、男性で64歳、湖州の住民で農民。4月4日にH7N9型鳥インフルエンザに感染した症例であると確定診断された。省・市の専門家チームは全力で救命に当たったが、4月4日夜、病状が悪化し、緊急手当の甲斐もなく死亡した。現在までに、この患者と濃厚接触した55人は誰も臨床的に異常な症状が現れていない。)
至此、浙江感染H7N9禽流感3例患者中、已死亡兩例。杭州患者楊先生、在浙大一院接受搶救、目前生命體徴平穩。(これまで、浙江省でH7N9型鳥インフルエンザに感染した3例の患者の内、すでに2例が死亡した。杭州の患者の楊さんは、浙江大学第一病院で救命治療を受け、今の所、バイタルサインは良好である。)
昨日、記者採訪了參與診治湖州張先生的專家、浙大一院重症監護室主任方強、説起這位患者的離世、他連説、「太遲了、太遲了!病毒用的是閃電戰!」(昨日、記者は湖州の張さんの治療に当たった専門家、浙江大学第一病院集中治療室の方強主任にインタビューしたところ、この患者の死亡について話し出すと、何度も言った。「遅すぎた! 遅すぎた! ウイルスが使ってくるのは、電撃戦だ!」と。)
從省疾控中心確認張先生H7N9禽流感病毒核酸陽性、到張先生去世、不到24小時。(省の疾病予防センターが張さんがH7N9型鳥インフルエンザウイルスの核酸陽性を確認してから、張さんが亡くなるまでに、24時間もかからなかった。)
患者張先生、男、64歳、湖州市呉興區人、農民。這個年紀、本已可頤養天年、他為幇補家用、有時還做點零工。家人回憶、在發病之前、他接觸過鷄鴨活禽。(患者の張さんは、男性で64歳、湖州市呉興区の住民で、農民。この年齢であれば、本来はもう晩年を楽しむべきだが、彼は家計を援助をするために、時々、まだアルバイトをしていた。家族は、発症前には、彼は鶏や鴨など生きた鳥と接触があったことを覚えている。)

3月29日・發熱(3月29日 発熱)
張先生發熱、不停咳嗽、家人送他看病、沒有住院。(張さんは発熱、咳が止まらず、家族が病院に連れて行ったが、入院はしなかった。)

3月31日・入院(3月31日 入院)
張先生在家中感到呼吸困難、叫了急救車去湖州市某醫院。據接診醫生回憶、病人當時帶著皮球(氧[氣+羊]氣包)來的、確診肺炎、情況很不好、當天住院。住院後、很快轉變成重症肺炎、張先生有慢性乙肝、被轉入該院重症監護室。那時、胸片顯示、一邊的肺部有明顯炎症。(張さんは家で呼吸困難に陥り、救急車を呼んで湖州市のある病院へ行った。診察した医師の記憶に依れば、患者はその時、アンビューバッグ(酸素バッグ)を付けていて、肺炎と診断され、状態はかなり悪く、その日の内に入院した。入院後は、急激に重症肺炎に変わり、張さんは慢性B型肝炎であったので、その病院の集中治療室に移された。その時、胸部X線写真は、片方の肺に明かな炎症を示した。)

4月2日・檢測(4月2日 検査と測定)
張先生的情況、讓醫生很棘手、一般的肺炎用藥、包括抗生素等、對張先生幾乎沒有作用。僅僅2天之隔、張先生的胸片顯示、已經變成了「白肺」。(張さんの容体は、医師を手こずらせ、抗生物質等を含む普通の肺炎の薬は、張さんにはほとんど効果がなかった。たった2日の間に、張さんの胸部X線写真は、もう「真っ白になった肺」に変わってしまったことを示した。)
那時、對不明原因的肺炎、浙江省加緊排​​査H7N9禽流感病毒感染、取樣、送杭州。(その時、原因不明の肺炎に対して、浙江省は一段と厳重なH7N9型鳥インフルエンザウイルス感染の検査をするのに、サンプルを取って、杭州へ送った。)

4月3日・病重(4月3日 病状悪化)
浙江省衛生廳派出治療專家組成員、趕[走旱]赴湖州。(浙江省衛生庁は、治療の専門家チームの人員を派遣して、湖州に急行させた。)
當晩22時、浙江省疾控中心出具報告、患者標本的檢測結果為H7N9禽流感病毒核酸陽性。(この夜、浙江省疾病予防センターは報告を発表、患者の検体を検査・測定した結果、H7N9型鳥インフルエンザウイルス核酸陽性であった。)
那時、張先生已經只能靠呼吸機維持、肺部已失去功能、血壓無法維持正常水平。醫生説、這説明、患者的臟器循環系統已經失去平衡。(その時、張さんはすでに人工呼吸管理だけの状態で、肺はもう機能を失い、血圧を正常に保つことも出来なくなっていた。医師は、これは、患者の循環器のシステムがもうバランスを失っていたことを示す、と話した。)

4月4日・不治(4月4日 治療不能)
省衛生廳專家組、又一次派出專家赴湖州、依據病例的臨床表現・實驗室檢測和流行病學調査結果、診斷該病例為人感染H7N9禽流感確診病例。(省衛生庁の専門家チームは、さらにもう一度、専門家を湖州に派遣し、症例の状況・実験室の検査と感染症学的検査の結果、この症例はヒトのH7N9型鳥インフルエンザ感染例と診断した。)
專家到達現場、看過病人的情況、搖頭連説「太遲了、太遲了。」(専門家が現場に着いたとき、患者の容体を見て、頭を振り「遅すぎた、遅すぎた」と何度も言った。
當天晩上、張先生因呼吸衰竭、雖經醫護人員全力搶救、最終沒能成功。(この日の夜、張さんは呼吸が衰弱し、医療スタッフが全力で救命に当たったが、とうとう、成功することはなかった。)
那時、距離張先生確診、還不到24小時。(その時、張さんの確定診断から、まだ24時間経っていなかった。)

4月5日・排査(4月5日 厳重な検査)
記者採訪湖州市疾病預防控制中心一位張姓副主任。他告訴記者、這位患者是當地拆遷戸、平常只跟老伴兩人住在過渡房裡、接觸的人比較簡單。疾控中心很快就確定了與患者有過密切接觸的55人。截至目前、該病例的所有密切接觸者均未發現臨床異常表現。(記者は湖州市疾病予防センターの張という名字の副主任を取材した。彼は記者に、この患者は当地の立ち退き世帯で、いつもは老夫婦二人だけで、仮設住宅に住んでいて、接触した人達はあまり複雑でないと言った。疾病予防センターはすぐに患者と濃厚接触のあった55人を確定した。今の所、この症例と濃厚接触のあった者は、誰も臨床的に異常な症状が現れていない。)

経過が早いな。
やはり
 人類が初めて経験するタイプのウイルス
なので、重症化しやすいのだろうか。

|

« 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その3)浙江省のウズラからH7N9型鳥インフルエンザウイルス検出 | トップページ | 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その5)首都北京は防衛体制 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/57121366

この記事へのトラックバック一覧です: 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その4)浙江省死亡例の経過:

« 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その3)浙江省のウズラからH7N9型鳥インフルエンザウイルス検出 | トップページ | 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その5)首都北京は防衛体制 »