« 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その63)山東省の初の感染者の家の近所の「養鶏場」が日本人の想像を超えている件→「生きた鳥との接触歴なし」の「なし」の中身の認識がまるで異なる可能性 | トップページ | 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その66)なぜかこっそり発表された江蘇省で死亡者1名 これで大陸の感染者は109名 死亡者23名に@4/24→中国国家衛生・育成計画委員会「今後のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染報告は毎日から週1回に減らす」 »

2013-04-24

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その64)とうとう中国大陸外へ拡散 台湾で初めてのH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染例が確定診断される 現在重態@4/24

中国のH7N9型鳥インフルエンザは、とうとう
 大陸外へ拡散
を始めた。中国との頻繁な人の行き来がある日本にも、拡散する恐れが更に強くなった。

かねてより懸念されていたことだが
 台湾で初めてH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染例が確定診断
された。

感染したのは、仕事で、何度も、江蘇省蘇州に行っていた53歳の男性。現在重態。
 生きた鳥との接触歴がない
とのことで、生活様式が大陸とは異なる台湾人が
 鳥と接触してない
というのは、
 本当に接触した記憶がない
のだろう。
もし、そうなのだとすれば
 H7N9型鳥インフルエンザの感染源
は、
 生きた鳥以外に存在
する恐れがある。

これまでの経過は
 蘇州には何度も行っている
 3/28-4/9 直近の蘇州出張(この間、生きた鳥との接触歴も、火の通りが不十分な鳥肉や卵を食べたこともない)
 4/9 上海経由で台湾に帰国
 4/12(帰国後3日目) 発症。発熱・寝汗・倦怠の症状がでる。(呼吸器や消化器症状はない)
 4/16(発症後5日目) 高熱を発し、受診。医師の指示で転院し、個室に入院。抗インフルエンザウイルス薬の使用開始。
 4/18(発症後7日目) 肺右下葉間質性浸潤
 4/19(発症後8日目) 病状が更に悪化
 4/20(発症後9日目) 医学センターに転送。呼吸衰弱のため、挿管し、ICUで陰圧隔離。二度喉から検体を採取し、検査するもH7N9型インフルエンザ陰性。
 4/24(発症後13日目) 午前 もう一度、RT-PCR検査をおこなったところ、痰からH7N9型インフルエンザ陽性反応。
 4/24夕方 台湾国家インフルエンザセンターが遺伝子配列からH7N9型インフルエンザ感染と確定。
という流れである。残念ながら、抗インフルエンザウイルス薬が投与されたのが発症から5日目で、効果がなかったようだ。
注意を引くのは、
 症状が出ているのに、発症後9日目には検体を喉から2回取って調べても、H7N9型インフルエンザウイルス陰性反応だった
という点だろう。最終的には
 今日、RT-PCR検査で痰からH7N9型インフルエンザウイルス陽性
であったので、確定診断された。

中国の
 大本営発表
と異なり、台湾は
 何らかの政治状況を勘案して情報を隠したりする必要がない
上に、
 医療に関しては、先進的
なので、台湾衛生署の発表は、基本的に信頼できる。

台湾衛生署疾病管制局のサイトより。


台灣出現首例境外移入H7N9流感確定病例、提醒國人前往H7N9流感病例發生區應保持良好衛生習慣、勿任意碰[石並]觸與餵[食畏]食活禽外、並避免至有活禽之傳統市場(2013-04-24)(台湾で初めて国外から持ち込まれたH7N9型インフルエンザの確定診断例が現れた。台湾の人々は、H7N9型インフルエンザの症例が発生した地域に行く場合は、好ましい衛生習慣を維持し、みだりに生きた鳥に触ったり餌をやったりしない以外に、加えて生きた鳥がいる昔ながらの市場にいかないようにするよう、注意する。)

指揮中心於今(4/24)日傍晩剛確認一名境外移入H7N9流感病例。個案為一名53歳本國籍男性、發病前曾於江蘇蘇州工作、返台三天後發病、檢驗結果於4/24確定、目前個案病情嚴重、持續在負壓隔離的加護病房中醫治。(指揮センターは、今日(4/24)夕方に国外から持ち込まれたH7N9型インフルエンザ感染例1名を確認したばかりである。このケースは、ある53歳の台湾籍の男性が、発症前に、江蘇省蘇州市で仕事をしたことがあり、台湾に帰ってきて3日後に発症、検査の結果、4/24に感染例であることが確定した。現在、このケースでは容態が大変に重く、空気感染隔離集中治療室で治療を続けている。)
衛生署長邱文達及指揮官張峰義對於疫情状況均已充分掌握、並對相關處置與作為做成指示。指揮中心稍早已透過IHR通報WHO及依海峽兩岸醫藥衛生合作協議通知中國大陸聯繋窗口。(邱文達衛生署長と張峰義指揮官は、感染症の流行状況をともに十分把握しており、加えて関連する処理と行為に対して、指示をうまくやっている。指揮センターでは、少し前に、IHR(国際保健規則)を通じてWHOに通報し、さらに中台医薬衛生提携契約によって、中国大陸の連絡窓口にも通知した。)
指揮中心表示、該病患為一B肝帶原・高血壓患者、於江蘇蘇州工作並長期往來蘇州與台灣。該病患於3/28至4/9到蘇州、4/9由上海返台、個案表示在蘇州期間無禽鳥接觸史・無食用未熟禽類或蛋品。4/12開始有發熱・盜汗・倦怠、但無呼吸道和腸胃道症状、4/16因高燒到診所就醫、診所醫師建議轉診隨後到某醫院急診並入住單人病室、於4/16開始使用克流感、4/18胸部X光出現右下葉間質性浸潤、4/19夜間因病情惡化再於4/20轉送某醫學中心、因呼吸衰竭插管進加護病房負壓隔離、其間兩次採喉頭拭子送驗H7N9流感檢驗均為陰性。於4/24上午再以RT-PCR驗痰液呈現H7N9陽性、4/24傍晩由國家流感中心以基因定序確認。(指揮センターは、次のように発表した。この患者はB型肝炎をもった高血圧患者で、江蘇省蘇州市で仕事をしていた上に、長期間、蘇州と台湾を行き来していた。この患者は3/28から4/9まで蘇州に行っており、4/9に上海経由で台湾に戻った。このケースでは、蘇州滞在中には鳥との接触歴がなく、火の通りが不十分な鶏肉や卵製品を食べたことはなかった。4/12に発熱・寝汗・倦怠の症状が出始めたが、呼吸器や消化器の症状はなかった。4/16に高熱のために病院に行って診察を受け、診察した医師が転院を勧めたので、続いてある病院の救急外来に行き、さらに一人部屋に入院した。4/16に、抗インフルエンザウイルス薬の使用を開始、4/18に胸部X写真で、右下葉に間質性浸潤を認め、4/29夜に、病状が悪化したために、再び4/20にある医学センターに転送された。呼吸が衰弱したため、気管挿管して集中治療室で陰圧隔離を行っている。その間に、二度喉頭を綿棒で拭って検査に回したが、H7N9型インフルエンザウイルス検査はどちらも陰性だった。4/24午前、再び、RT-PCRによって痰を検査したところ、H7N9型陽性を示した。4/24夕方、台湾国家インフルエンザセンターが遺伝子配列によって確認した。)
指揮中心也強調、個案及接觸者均已掌握。接觸者共計139人、包括密切接觸者3人・一般接觸者26人(已超過7天潛伏期)與醫院工作人員110人。其中醫院工作人員中有4人已超過潛伏期(無症状)、只有3人未佩戴適當防護(追蹤至今日均無症状、須追蹤至4/27)、另[口力]在執行照護工作時、有適當防護之醫院工作人員中有3人出現上呼吸道症状。公衛人員對於所有接觸者均給予充分衛教以及H7N9流感自主健康管理通知書、並主動追蹤至解除列管、若接觸者出現發燒・咳嗽等類流感症状時、公衛人員亦會主動協助其就醫治療。(指揮センターは、このケースとの接触者はすでに把握している、と強調もしている。接触者は全部で139人、濃厚接触者3人・普通の接触者26人(すでに7日間の潜伏期間は過ぎている)と病院スタッフ110人が含まれている。その内、病院スタッフの中で、4人はすでに潜伏期を過ぎていて(無症状)、ただ、3人は適切な防護服を身につけなかった(今日まで追跡しているが、みな症状はなく、4/27まで追跡する必要がある。)。これ以外に看護の業務をしている時に、適切な防護服を身につけていた病院スタッフの内3人には上気道に症状が出ている。公衆衛生スタッフは接触のあった人達に、みな衛生教育を十分に行い、並びにH7N9型鳥インフルエンザの自主健康管理通知書を交付した。さらに管理リストから除外されるまで積極的に追跡し、もし接触者に発熱・咳等のインフルエンザ様症状が現れたときは、公衆衛生スタッフも積極的にその病院を受診して治療を行うのに協力するだろう。)
指揮中心持續對發燒・咳嗽且7日内曾至中國大陸H7N9流感病例發生地區(上海市・江蘇省・浙江省・安徽省・北京市・河南省・山東省)旅遊者、加強檢疫作為。並再度提醒醫師、若遇此類病患、請依法於24小時内通報。個案未確定診斷前、重症病例應就地於醫院隔離治療、輕症病患則可於採檢後離院進行自主健康管理、但須戴口罩並給予適當衛教、並判斷是否應給予抗流感藥劑。若確定感染H7N9、經指揮官評估後送至適當的醫院隔離治療。(指揮センターは発熱・咳があり、その上、7日以内に中国大陸のH7N9型インフルエンザが発生した地域(上海市・江蘇省・浙江省・安徽省・北京市・河南省・山東省)に旅行した者に対しては、検疫作業を強化して、続ける。さらにいま一度医師に注意を促したいのだが、もし、このような患者を目にすることがあれば、法律に従って、24時間以内通報して欲しい。そのケースが確定診断される前に、重症症例は、そのまま病院で隔離治療を行い、軽症患者は検体を採取後、病院から帰宅して、自主的な健康管理を勧めるべきである。ただし、マスクをし、適切な衛生教育を行い、抗インフルエンザウイルス薬を与えるべきかどうかの判断をする必要がある。)
指揮中心再度呼吁、國人前往中國大陸H7N9流感病例發生區、應保持勤洗手・戴口罩的衛生習慣、勿任意碰[石並]觸與餵[食畏]食鳥禽、避免至有活禽之傳統市場、食用禽肉及蛋類務必煮熟。返國後、如出現發燒・咳嗽等症状、請立即戴口罩就醫、並告知醫師旅遊史。(指揮センターはもう一度呼びかける。台湾の人々は、中国大陸のH7N9型インフルエンザが発生した地域に行ったら、手洗に努め、マスクをする衛生習慣を続けるべきだ。みだりに鳥を触ったり、餌を与えてはいけない。生きた鳥のいる伝統的な市場に行かないようにし、食用の鶏肉や卵類は必ずよく火を通す。台湾に帰国後、もし発熱・咳等の症状が現れたら、すぐにマスクをして病院を受診し、あわせて医師に旅行歴を知らせてほしい。)
最新疫情與旅遊傳染病等相關資訊可參閲疾管局網站(http://www.cdc.gov.tw)之「H7N9流感專區」與「國際旅遊資訊」專區、或撥打免付費民衆疫情通報及關懷專線1922洽詢、如話機無法撥打簡碼電話號碼、請改撥0800-001922防疫專線。

|

« 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その63)山東省の初の感染者の家の近所の「養鶏場」が日本人の想像を超えている件→「生きた鳥との接触歴なし」の「なし」の中身の認識がまるで異なる可能性 | トップページ | 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その66)なぜかこっそり発表された江蘇省で死亡者1名 これで大陸の感染者は109名 死亡者23名に@4/24→中国国家衛生・育成計画委員会「今後のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染報告は毎日から週1回に減らす」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/57242299

この記事へのトラックバック一覧です: 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その64)とうとう中国大陸外へ拡散 台湾で初めてのH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染例が確定診断される 現在重態@4/24:

« 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その63)山東省の初の感染者の家の近所の「養鶏場」が日本人の想像を超えている件→「生きた鳥との接触歴なし」の「なし」の中身の認識がまるで異なる可能性 | トップページ | 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その66)なぜかこっそり発表された江蘇省で死亡者1名 これで大陸の感染者は109名 死亡者23名に@4/24→中国国家衛生・育成計画委員会「今後のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染報告は毎日から週1回に減らす」 »