« 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その64)とうとう中国大陸外へ拡散 台湾で初めてのH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染例が確定診断される 現在重態@4/24 | トップページ | 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その67)一部の情報の「予言」通り、江西省で1名の疑似感染例@4/25 »

2013-04-25

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その66)なぜかこっそり発表された江蘇省で死亡者1名 これで大陸の感染者は109名 死亡者23名に@4/24→中国国家衛生・育成計画委員会「今後のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染報告は毎日から週1回に減らす」

なぜか
 昨日、台湾で初めてのH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染
が発表されて、
 江蘇省蘇州市に滞在していた
ということが明らかになったせいなのかバックれているのが
 江蘇省衛生庁
なんだが
 昨日、新たに1名死亡
していることが、中国国家衛生・育成計画委員会の
 大本営発表

 非常に分かりにくい形で反映
されている。

なお、
 感染者数の数が大本営発表では108名と1名少ない理由

 北京の不顕性感染例を除外
しているからである。

それだけではない。この発表の最後に、いきなり、
 今後はH7N9型鳥インフルエンザ感染報告を毎日から週1回に減らす
と通告している。
 大流行しない
と踏んだのかそれとも
 まともにカウントしてると、追いつかない
と見ているのか、はたまた
 四川省雅安地震の対応でそれどころじゃない
のか。ま、一番考えられるのは
 WHOの調査も入れたし、一応このH7N9型鳥インフルエンザについては「国内的には終息宣言」
って辺りか。
 感染源が不明
なのだから、
 今後の感染者数とその分布
の方がよほど問題になるのだが。それとも
 台湾に飛び火したから後はスルー
ってことか?

毎日、
 中国国家衛生・育成委員会発表

 H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染例の記事
を書いていた
 日本のメディアの記者のみなさん
これから、材料集めが大変ですね(棒読み)。どこの誰とは言わないが
 中国国家衛生・育成委員会の「大本営発表」丸写しダイジェスト版
で記事を書いてたヒトがいたからな〜。ま、やる気ないんでしょ。

中国国家衛生・育成計画委員会の発表より。

4月24日人感染H7N9禽流感疫情信息(4月24日付 H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染に関する感染症流行情報)
中華人民共和國國家衛生和計劃生育委員會www.moh.gov.cn

2013年4月23日16時至4月24日16時、全國内地未報告新増人感染H7N9禽流感病例。(2013年4月23日16時から4月24日16時まで、中国全土内地(所謂「大陸」 香港・台湾は除く)では、新たなH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染は報告されていない。)
截至目前、全國内地共報告108例確診病例、其中死亡23人、康復14人。(いままでのところ、中国全土内地では、全部で108名の確定診断症例が報告されており、その内死亡は23名、健康を回復した者が14名である。)
病例分布於北京(1例)・上海(33例、死亡12例)・江蘇(24例、死亡4例)・浙江(42例、死亡6例)・安徽(4例、死亡1例)・山東(1例)・河南(3例)7省市。(確定診断症例は、北京(1例)・上海(33例、死亡12例)・江蘇(24例、死亡4例)・浙江(42例、死亡6例)・安徽(4例、死亡1例)・山東(1例)・河南(3例)の7省市に分布している。)
目前病例處於散發状態、尚未發現人傳人的證據。(いままでのところ、確定診断症例は散発状態に留まり、まだヒトからヒトへ感染した証拠は見られない。)
根據突發公共衛生事件信息發布的有關規定、從4月24日起、人感染H7N9禽流感疫情信息由日發布改為周發布。(突発的な公共衛生事件の情報発信に関する規定に基づき、4月24日からは、H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染状況の情報は、毎日発信から毎週1回発信に改める。)

地味に
 死者23名

 1名増えている
のである。それはどこかといえば、赤字で示したように
 江蘇省
だ。

いまのところ、江蘇省衛生庁のサイトには、
 死亡例の報告
はアップされていない。

ちなみに、蘇州市で感染者が最後に確認されたのは4/16。蘇州市姑蘇区在住の72歳男性だった。
その時の江蘇省衛生庁の発表を再掲する。


4月16日江蘇新増3例人感染H7N9禽流感確診病例(4月16日 江蘇省で新たに3名のH7N9型鳥インフルエンザ感染者が確定診断される。)

發布時間、2013-4-16
(略)

朱某、男、72歳、現住蘇州市姑蘇區。(朱さん 男性 72歳 現在蘇州市姑蘇在住。)
4月16日、省專家組診斷該病例為人感染H7N9禽流感確診病例。目前在蘇州某醫院救治、病情危重。經調査、該病例的密切接觸者共有6人、截止目前均無異常。(4月16日、江蘇省の専門家チームはこの症例をH7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。現在のところ、蘇州市のある病院で救命治療を行っているが、重態である。調査によると、この症例で濃厚接触者は全部で6人、現在まで異常は現れていない。)
(以下略)

|

« 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その64)とうとう中国大陸外へ拡散 台湾で初めてのH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染例が確定診断される 現在重態@4/24 | トップページ | 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その67)一部の情報の「予言」通り、江西省で1名の疑似感染例@4/25 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/57243137

この記事へのトラックバック一覧です: 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その66)なぜかこっそり発表された江蘇省で死亡者1名 これで大陸の感染者は109名 死亡者23名に@4/24→中国国家衛生・育成計画委員会「今後のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染報告は毎日から週1回に減らす」:

« 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その64)とうとう中国大陸外へ拡散 台湾で初めてのH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染例が確定診断される 現在重態@4/24 | トップページ | 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その67)一部の情報の「予言」通り、江西省で1名の疑似感染例@4/25 »