« 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その80)新たに湖南省で初めての感染者1名 江西省から来て湖南省で治療を受けている感染者1名 これで感染者は121名 死亡者23名@ 4/27 | トップページ | 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その82)江西省で新たに2名の感染者 1名は重態 これで感染者は123名 死亡者は23名@4/28 »

2013-04-28

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その81)湖南省の初めての感染者も江西省から来ている感染者もどちらも重態 湖南省の女性が買った鶏は江蘇省産@4/27 メディアへの状況説明会→上海から来た子どもの症例も記事に付記

昨日の
 湖南省での初めての感染者と江西省から来ている感染者
について、湖南省衛生庁がメディアへの状況説明会を開いた。
 二人とも常に生命に危険が及んでいる
とのこと。なおかつ
 どちらも、発症前に生きた鳥との接触歴があった
という。しかも
 湖南省の患者が発症前に買ったのは、すでにH7N9型鳥インフルエンザの人への感染が確認されている江蘇省産の鶏
だった。
まだ売ってるのかよ、H7N9型鳥インフルエンザ発生地域産の鶏とか鴨とか。そっちの方が驚くぜ。
この分だと
 未処分のH7N9型鳥インフルエンザ発生地域産の家禽経由
で、まだまだ
 各地に感染者が出る
事態になりそうだ。

地元紙瀟湘通報が、記者会見の模様を報じているので、重要なところだけ、訳しておく。
4/28付瀟湘通報より。湖南省衛生庁の既発表分と重複するところや、政治関係の宣伝部分は省略。
なお、この記事の最後に、これまでよく分からなかった
 上海から来た子どもの症例
についても付記されている。上海から来た子どもの症例についての記者会見は、記事によれば
 4月17日
だった。上海での16日の発表を受けて開かれた模様。


邵陽女子感染前買過5只活鷄(邵陽市の女性は、感染前に5羽の生きた鶏を買ったことがある。)
湖南通報兩例人感染H7N9病例。兩患者均有接觸活禽經歴、現均有生命危險。湖南啓動IV級應急預案(湖南省は、2例のH7N9型鳥インフルエンザ感染例を発表した。二人の患者はどちらも生きた鳥に接触したことがあり、いまはともに生命の危険にさらされている。湖南省はIV級救急対応計画を発動した。)

2013年4月28日

27日下午6點、湖南省衛生廳召開新聞通氣會。省衛生廳疾控處處長陳炎教授確認、湖南省確診首例人感染H7N9禽流感病例、另[口力]收治1例江西省銅鼓縣人感染H7N9禽流感確診病例。「目前、這兩例病例、都有省級專家組專家在指導治療。爭分奪秒地搶救生命。」省衛生廳醫政處處長高紀平説。(27日午後6時、湖南省衛生庁はメディアへの状況説明会を開催した。湖南省衛生庁疾病予防局局長陳炎教授は、以下のように認めた。湖南省は、最初のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染を確定診断し、他に、入院加療中の1名の江西省銅鼓県住民のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染を確定診断した。「いまのところ、この2例の症例は、いずれも、湖南省クラスの専門家チームの専門家が治療を指導している。一分一秒を争って生命を救っている。」と湖南省衛生庁医務局高紀平局長は言った。)
疫情發生後、有關部門召開會議研究我省人感染H7N9禽流感防控工作。根據『湖南省流感大流行應急預案』、湖南省啓動IV級應急預案、立即成立湖南省人感染H7N9禽流感聯防聯控領導小組、切實加強衛生・農業・林業・商務・教育・工商・藥監・檢驗檢疫等部門信息互通和協調聯動。(感染症が発生してから、関連部門は会議を招集し、湖南省のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染の予防コントロール作業について研究した。『湖南省インフルエンザ大流行緊急対応計画』に基づき、湖南省はIV級救急対応計画を発動し、直ちに湖南省H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染の共同予防コントロール指導班を設立、衛生・農業・林業・商務・教育・工商・薬物監視・検査検疫等の部門が情報を交換し、協調して連動するよう、適切に強化する。)

湖南啓動Ⅳ級應急預(湖南省はIV級救急対応計画を発動した。)
(略)

邵陽患者病發前4天有與禽類接觸史密切接觸者41人、已採取醫學觀察(邵陽市の患者は発症の4日前に鳥との接触歴があり、濃厚接触者は41人、すでに医学的経過観察をしている。)
管某、女、64歳、邵陽市雙清區人。(管さん 女性 64歳 邵陽市双清区在住)
省衛生廳醫政處處長高紀平介紹、經抗病毒治療・無創呼吸支持等綜合治療、該患者目前病情有所好轉、「但病情依然很重、隨時有生命危險。」(湖南省衛生庁医務局高紀平局長は、抗インフルエンザウイルス薬を投与し、気管切開を伴わない人工呼吸管理等の総合的治療を行ったところ、この患者は現在容態は好転しつつあるが、「だが、容態は依然として非常に重く、常に生命の危険を伴っている。」と説明した。)
(略)
經調査、患者發病前4天有與禽類接觸史、其密切接觸者共41人、已及時採取醫學觀察措施。截至目前、該病例的所有密切接觸者均未發現異常。(調査によると、患者は、発症の4日前に鳥との接触歴があり、濃厚接触者は41人、すでに医学的経過観察措置を取っている。いままでのところ、この症例との濃厚接触者には誰にも異常は現れていない。)

江西患者在湘密切接觸者51人、在農貿市場工作病情重、主要原因是沒有及時對症治療(江西省出身の患者は湖南省での濃厚接触者は51人、自由市場で働いていて容態は重く、主要な原因はすぐに対症療法を行わなかったからである。)
「江西籍患者目前病情特別重、出現多器官衰竭。」高紀平説、「病情這麼重的主要原因在於沒有及時對症治療、發病10多天後、才確診、才有針對性治療。」(高紀平は「江西省出身の患者は現在重態で、多臓器の衰弱が見られる。容態がこれほど重い主要な原因は、すぐに対症療法を行わなかったからで、発症して10数日後に、やっと確定診断され、やっと妥当な治療が行われている。)
患者焦某、男、54歳、江西省宜春市銅鼓縣人。(患者 焦さん 男性 54歳 江西省宜春市銅鼓県在住)
焦某從事鹵豬肉販賣工作。4月15日、焦某出現發熱・咽痛。(焦さんは、煮豚の販売業務に携わっていた。)
(略)
「這名病例也有禽類接觸史、他在農貿市場從事鹵豬肉販賣、周圍活禽交易比較多。」湖南省疾控中心主任李俊華教授説。(この方の症例でも、鳥との接触歴がある。この人は自由市場で煮豚の販売に携わっており、周囲では生きた家禽の取引がかなり多い。」と湖南省疾病予防コントロールセンター主任の李俊華教授は言った。)

邵陽一活禽交易市場被關閉(邵陽市では、ある生きた鳥の取引市場が閉鎖された。)
27日、湖南省衛生廳通報邵陽一女子被確診感染H7N9禽流感、患者有接觸活禽經歴。(27日、湖南省衛生庁は、邵陽市の一女性がH7N9型鳥インフルエンザに感染したと確定診断され、患者には、生きた鳥との接触歴があった、と発表した。)
「已査出、邵陽患者管某買了5只鷄、均來自江蘇、而江蘇早已有了人感染H7N9禽流感病例。」4月27日晩8時許、邵陽疾控中心主任胡邵華接受本報記者採訪時説。(「すでに調査で明かなのは、邵陽市の患者管さんは、5羽の鶏を買ったが、いずれも江蘇省から来たもので、江蘇省ではとっくにH7N9型鳥インフルエンザの人への感染例が出ている。」4月27日夜8時頃、邵陽市疾病予防コントロールセンターの胡邵華主任は、本紙記者の取材を受けた時に、こう言った。)
胡邵華介紹、發病前、管某和鄰居一起去邵陽的一家活禽交易市場買了鷄、管某買了5只鷄。她[女也]買來不是用來吃的、而是想養大再吃。已査明、她[女也]買的鷄、全部來自江蘇。目前、邵陽有關部門已關閉了那家活禽交易市場、來自江蘇的鷄已全部進行了處理。目前、疾控部門正在加強監測、與患者密切接觸者都沒發現異常。(胡邵華は次のように説明した。発症前、管さんは隣近所の人と一緒に邵陽のある生きた鳥の取引市場に行って、鶏を買った。管さんは5羽の鶏を買った。管さんが買ってきたのは、すぐに食べるためではなく、育ててから食べようと思っていたのである。調査で明かなのだが、管さんの買った鶏は、全部江蘇省から来たものだった。現在、邵陽市の関連部局は、すでにその生きた鳥の取引市場を閉鎖し、江蘇省から来た鶏は全部処理が済んでいる。いまのところ、疾病予防コントロール部門は監視を強めているところで、患者との濃厚接触者には、誰にも異常は見られない。)
(略)

[病例回放](症例プレイバック)
湖南通報一起H7N9回顧性病例(湖南省は、過去に遡ったH7N9型鳥インフルエンザ感染の症例も発表した。)
4月16日、上海市衛生和計劃生育委員會通報了4例回顧性病例、其中1例與湖南省相關。4月17日、湖南省衛生廳召開新聞通氣會。會上、湖南省衛生廳通報該例人感染H7N9回顧性病例的情況。所謂回顧性病例是指患者疾病最終結果(痊癒或死亡)之後、通過樣本檢測確診的病例。(4月16日、上海衛生・育成計画委員会は、4例の過去のデータを遡って診断した症例を発表したが、その内1例は湖南省と関係していた。4月17日、湖南省衛生庁は、メディアへの状況説明会を開いた。会上、湖南省衛生庁は、このH7N9型鳥インフルエンザの人への過去のデータを遡って診断した症例の状況を説明した。)
湖南省衛生廳通報的回顧性病例、患者為2歳男童、孟某某。其於3月17日從上海抵達長沙、出現發熱症状、與2月19日上海首例感染H7N9的那名87歳患者相差近一月。經治療、孟某某病情好轉、於19日隨父母驅車返回上海、在上海某醫院繼續治療、22日恢復正常、從發病到痊癒約5天。(湖南省衛生庁が発表した、過去のデータを遡って診断した症例は、患者は2歳の男児で、孟くん。3月17日に上海から長沙に着いたとき、発熱の症状が現れたが、2月19日の上海の最初のH7N9型鳥インフルエンザの感染者である87歳の患者とは、1ヶ月近く発症に間がある。治療した結果、孟くんの容態は好転し、19日に、両親と一緒に車で上海に戻り、上海のある病院で治療を続け、22日に正常に回復した。発病から全治まで5日間だった。)
本版撰文/記者 劉少龍 通訊員 王紅艷

上海から来た子どもの症例を、上海市衛生・育成計画委員会が発表したときの話はこちらに。
2013-04-16 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その36)上海市で新たに1名の感染者 また遡って過去のデータを診断したところ5名の感染者がおり内2名死亡 合わせて感染者は78名 死亡者は16名に@4/16
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2013/04/h7n9-361-52-78-.html

|

« 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その80)新たに湖南省で初めての感染者1名 江西省から来て湖南省で治療を受けている感染者1名 これで感染者は121名 死亡者23名@ 4/27 | トップページ | 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その82)江西省で新たに2名の感染者 1名は重態 これで感染者は123名 死亡者は23名@4/28 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/57262330

この記事へのトラックバック一覧です: 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その81)湖南省の初めての感染者も江西省から来ている感染者もどちらも重態 湖南省の女性が買った鶏は江蘇省産@4/27 メディアへの状況説明会→上海から来た子どもの症例も記事に付記:

« 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その80)新たに湖南省で初めての感染者1名 江西省から来て湖南省で治療を受けている感染者1名 これで感染者は121名 死亡者23名@ 4/27 | トップページ | 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その82)江西省で新たに2名の感染者 1名は重態 これで感染者は123名 死亡者は23名@4/28 »