« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013-04-30

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (番外編)横浜市関内で烏と鳩が死んでいるのが見つかり検査へ→香港紙もすぐに報道→鳥インフルエンザウイルスは検出されず 毒物か

横浜で
 烏と鳩の死骸が落ちていた
ので、ただいま検査中。
読売が報じているが、香港の蘋果日報もすぐに報道した。
読売はこちら。


横浜でカラス17羽の死骸…鳥インフルを検査

30日午前7時55分頃、横浜市中区相生町の路上で、通行人から「鳥が死んでいる」と加賀町署に通報があった。

 同署員と中区職員が周辺を探したところ、半径約100メートル内にカラス17羽とハト1羽が死んでいるのが見つかった。ハトには外傷があったが、カラスにはなかった。
 カラスの死骸の数が鳥インフルエンザ感染を疑う基準の10羽を超えたため、このうち4羽を市衛生研究所(横浜市磯子区)に運び、感染した可能性がないか検査している。

(2013年4月30日13時11分 読売新聞)

こちらは地元紙神奈川新聞。動画付。


【動画】関内地区でカラス大量死、外傷なく毒物検査へ/横浜
2013年4月30日
 横浜市中区の繁華街で、半径約100メートルの範囲にカラス計17羽が死んでいるのが見つかった。外傷はなく、県警が毒物検査を行うなどして原因を調べている。
 現場は、オフィスビルや飲食店などが立ち並ぶ関内地区。

こちらは香港蘋果日報。


横濱烏鴉集體死亡 疑爆禽流感(横浜で烏が大量死 鳥インフルエンザ感染の疑い)
建立時間: 0430 12:39
日本横濱市今早近八點、在一處路上發現17隻烏鴉及一隻白鴿屍體、衛生部門接報到場、發現一部分烏鴉嘴邊有吐物、懷疑有毒性、正循禽流感症状展開調査。(日本の横浜市で今朝八時頃、ある道路上に、17羽の烏と1羽の白鳩の死体が見つかった。保健所が通報を受けて現場に到着、一部の烏の觜の辺りに吐瀉物があったので、毒性があるかもしれないと疑い、鳥インフルエンザの症状に沿って、調査をすすめているところである。)

なんと
 香港蘋果日報の方が、読売新聞よりwebへの掲載が早い
ということに。もっとも

いま、中国の周辺ではどこもH7N9型鳥インフルエンザの伝播がないかどうか、やきもきしているから、
 野鳥が大量死
というと、身構えるよね。

続き。(20:49)
横浜の烏大量死は
 鳥インフルエンザが原因ではなかった
模様。
NHKより。


カラス死骸 鳥インフルは検出されず
4月30日 18時34分

30日朝、横浜市中区の繁華街の路上で、カラス20羽とハト1羽が死んでいるのが見つかり、カラス4羽について横浜市衛生研究所が検査を行った結果、鳥インフルエンザウイルスは検出されなかったことが分かり、警察は引き続き詳しい原因を調べています。
30日午前8時前、横浜市中区相生町で、カラスが死んでいるのを通りかかった人が見つけ、警察に通報しました。
警察が付近を調べたところ、JR関内駅から北へ400メートルほどの飲食店などが建ち並ぶ繁華街の半径およそ100メートルの範囲の路上などで、カラス20羽とハト1羽が死んでいるのが見つかりました。
警察によりますと、いずれも目立った傷はなく、カラス4羽について、横浜市衛生研究所が持ち帰って簡易検査を行ったところ、鳥インフルエンザウイルスは検出されなかったということです。
警察はカラスなどが毒物を食べた疑いもあるとみて、横浜市衛生研究所と詳しい死因を調べています。

いま懸念されている
 H7N9型鳥インフルエンザウイルス
は、
 鳥を殺すことはあまりないウイルス
である。
横浜の烏大量死は毒餌でも撒いたか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その92)福建省で新た1名の感染者 感染者はこれで127名 死亡者24名@4/30

本日未明
 福建省で新たに1名の感染者
が見つかった。

福建省の症例はこのところ
 発症してから1週間近く経ってから受診
という話になっていて、今回も
 4/22 発症 喉の痛み・咳・痰
 4/24 発熱
 4/2810時15分 福建省立病院受診、入院
 4/30 0時39分 確定診断
という経過だ。
 発熱が後から来る
ので、受診が遅れている印象がある。

福建省衛生庁の発表より。


4月30日福建省新増1例人感染H7N9禽流感確診病例(4月30日、福建省で新たに1名のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染例が見つかる。)
時間、2013-04-30

福建省衛生廳4月30日通報、福建省新確診1例人感染H7N9禽流感病例。截至4月30日1時、福建省共發現3例人感染H7N9禽流感確診病例、均為散發病例、無死亡病例。(4月30日、福建省衛生庁は、福建省が新たに1名のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染を確定診断した、と発表した。4月30日1時まで、福建省では全部で3名のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染が確定診断されたが、いずれも散発的な症例で、死亡者はいない。)

新發現的1例病人情況如下、(新たに見つかった1名の患者の状況は以下の通り。)
患者許某、男、58歳、福州市倉山區建新鎮人、從事搬運工作。(患者 許さん 男性 59歳 福州市倉山区建新鎮在住 運搬業務に携わっている。)
患者4月28日10時15分以「咽痛・咳嗽・咳痰7天、發熱5天」為主訴住入福建省立醫院。(4月28日10時15分、患者は「喉の痛み・咳・痰が7日続き、発熱が5日続いている」のを主訴として、福建省立病院に入院した。)
4月30日0時、福建省疾病預防控制中心報告、實驗室復核檢測結果為人感染H7N9禽流感病毒核酸陽性。按照有關要求、4月30日0時39分、省級專家組對該病例進行討論、依據病例的臨床表現・實驗室檢測結果和流行病學調査資料、診斷為人感染H7N9禽流感確診病例。(4月30日0時、福建省疾病予防コントロールセンターは、実験室が再度検査した結果、H7N9型鳥インフルエンザウイルスRNA陽性反応となったと発表した。4月30日0時39分、関連する条件に基づき、福建省衛生庁は省クラスの専門家チームがこの症例について討論を進め、専門家はこの症例の臨床所見・検査結果と感染症学の調査資料によって、この症例は、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
目前、該病例病情較重、正在積極救治中。(現在、患者の容態はかなり重く、積極的な救命治療を行っている。)
該病例的密切接觸者正在追査中。(この患者の濃厚接触者については、現在追跡調査中である。)
(省衛生廳新聞辨)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その91)台湾 密輸家禽および家禽製品の取締を強化

先日、
 初めての感染者
が出たばかりの台湾だが、
 H7N9型鳥インフルエンザウイルスの台湾への侵入を防ぐ
ために、
 家禽および家禽製品の検疫・捜査の強化
を進めている。

実際に、
 台湾には、中国から家禽や家禽製品が密輸
されているのだ。
これは4/29付台湾衛生署疾病管制局の発表から。


中國大陸新確認3人感染H7N9流感、指揮中心持續加強防範走私禽鳥、並呼吁民衆切勿非法攜帶活禽或其製品(2013-04-29)(中国大陸で新たに3人のH7N9型鳥インフルエンザ感染が確認され、指揮センターでは、密輸された家禽への防備を強化し、あわせて民衆に、不法に生きた鳥やその製品を持ち込まないよう呼びかける。)

為防範H7N9流感、針對動物及其産品檢疫方面、財政部關務署・行政院海岸巡防署與農委會防檢局等均已加強旅客貨物査驗及走私禽鳥査緝。(H7N9型鳥インフルエンザから防備するために、動物とその産品の検疫の方面に対しては、財務部関務署・行政院海岸巡察警備署と農業委員会防疫検疫局等がみなすでに旅客貨物検査と密輸家禽捜査を強化している。)
關務署表示目前海關已加強報關貨物之査驗機制、加強貨品單證査核與貨物査驗。(関務署は現在税関がすでに通関する貨物の検査システムを強化し、貨物証明書の監査と貨物の検査を強化している。)
無需報關之貨物、特別加強來自疫區之貨品檢査與抽核、如發現自高病原性家禽流行性感冒感染地區走私活禽鳥類或其製品、立即通報農委會防檢局與疾病管制局實施防疫措施。(通関申告がいらない貨物については、特に感染症流行地域から来た貨物の検査と抜き取り検査を強化しており、もし高病原性鳥インフルエンザ流行地域からの密輸家禽やその製品がみつかったら、すぐさま農業委員会と疾病予防管制局に通報し、防疫措置を実施する。)
海巡署亦加強安檢與査緝走私禽鳥、4月8日査獲走私禽鳥109隻、更將嚴加査緝、嚴防疫區活禽或産製品入侵台灣。(海岸巡察警備署もやはり安全検査と密輸家禽捜査を強化しており、4月8日には初めて密輸家禽109羽を発見し押収、更に捜査を厳重にしているところで、感染流行地域の生きた家禽や製品が台湾に侵入するのを厳重に警戒している。)
另[口力]農委會防檢局亦加強動物檢疫措施、今年至4月28日止共査獲走私禽鳥119隻、經農委會家畜衛生試驗所檢測禽流感病毒結果、均屬陰性反應。(そのほか、農業委員会防疫検疫局も、動物検疫措置を強化しており、今年は4月28日までに、全部で密輸家禽119羽を発見し押収、農業委員会家畜衛生試験所が鳥インフルエンザウイルス検査を行った結果、どれも陰性反応であった。)
另[口力]於4月25日在馬祖海域査獲走私鷄爪9,270公斤、並已由連江縣政府銷燬。(そのほか、4月25日には馬祖島周辺海域で密輸モミジ9,270kgを発見し押収、いずれもすでに連江県政府によって焼却処分された。)

中国では
 H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染
が明かになった地域では
 家禽の殺処分
が行われる。当然
 捨てるなんてもったいない
という
 間違ったMOTTAINAI精神が発揮
されて、海の向こうの台湾へ
 殺処分された筈の家禽が密輸
されるという寸法である。
いまのところ
 見つかって処分されたのが119羽
って話で、当然、見つからなかったのもあるのでは、という心配は常に存在する。馬祖列島周辺海域で見つかった
 密輸モミジ9.27t
というのもすごい量だ。

台湾の鳥料理はおいしいのだけどな。
よく火を通せば大丈夫ではあるのだが、しばらくは避けられるだろうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013-04-29

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その90)上海で新たに1名が死亡 これで感染者は126名 死亡者は24名@4/29速報

相変わらず
 上海でのH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染による死亡者
は止まらない。
 今日も1名が死亡
した。

まだ、上海市衛生・育成計画委員会の発表が出てないのだけど、微博から。


上海發布、【本市今天無新増人感染H7N9禽流感病例、1例病例死亡】#最新#市衛生計生委今天17時通報、本市今天沒有新増人感染H7N9禽流感確診病例。4月17日確診的患者陳某經全力搶救無效、於今天上午死亡。目前、本市累計確診人感染H7N9禽流感病例33例、其中9例正在積極治療中、11名患者已康復出院、13例死亡。(上海市発表【上海市では今日は新たなH7N9型鳥インフルエンザ感染者は出なかったが、1名の患者が死亡した】#最新#本日17時、上海市衛生育成計画委員会は、上海市では今日は新たなH7N9型鳥インフルエンザ感染者は出なかったと発表した。4月17日、確定診断された患者陳さんは、全力で救命に当たったが効なく、本日午前死亡した。いまのところ、上海市では、H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染の確定診断例は33例、その内9例は現在積極的に治療中で、11名の患者はすでに健康を回復して退院、13例が死亡した。)

160
今日亡くなった陳さんが、4月17日に確定診断された時の上海市衛生・育成計画委員会の発表は次の通り。

本市新増1例人感染H7N9禽流感確診病例(上海市では新たに1名のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染者が確定診断された。)
截至17:00、本市新増1例人感染H7N9禽流感確診病例。截至目前、上海共發現31例人感染H7N9禽流感確診病例、其中死亡11例、16例正在隔離治療之中、4名患者已康複出院。(17:00までに、新たに1例のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザの感染が確定診断された。いままでに、上海では確定診断されたヒトへのH7N9型鳥インフルエンザの感染は全部で31例、その内死亡11例、16例は現在隔離治療中で、4名の患者はすでに健康を回復して退院した。)
新増的1例病例情況如下、(新たに増えた1例の病状は以下の通り)
患者陳某、男、89歳、江蘇人。(患者 陳さん 男性 89歳 江蘇在住)
患者4月12日出現發熱・寒戰等症状、前往浦東新區人民醫院就診、(4月12日、患者には発熱・振戦等の症状が現れ、浦東新区人民病院に行って診察を受け、)
4月16日因症状加重、再次前往該院就診、被診斷爲肺炎、收治入院。(4月16日、症状が重くなったため、再度同じ病院に行って診察を受けたところ、肺炎と診断され、入院治療を受けた。)
4月16日晩、經市疾病預防控制中心檢測結果爲H7N9禽流感病毒核酸陽性。按照有關要求、市衛生和計劃生育委員會組織市級臨床專家組對該病例進行討論、診斷該病例爲人感染H7N9禽流感確診病例。(4月16日夜、上海市疾病予防コントロールセンターが検査測定した結果、H7N9型鳥インフルエンザウイルスRNA陽性反応が出た。関連する条件に基づき、上海市衛生・計画出産委員会は市の臨床の専門家チームを組織し、この症例について討論を行い、専門家は症例の臨床所見・検査所見と感染症学の調査資料によって、この症例は、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
患者目前病情穩定、正在積極治療中。(患者の容態は現在落ち着いており、積極的な治療を行っている。)
經調査、該病例的密切接觸者共有9人、均已實施醫學觀察、截至目前均未發現異常。(調査によると、この症例で濃厚接触者は全部で9人、いずれも医学的な経過観察を行ったが、現在まで誰にも異常は現れていない。)
2013-04-17

 男性 89歳 江蘇省出身。
 4月12日発症 発熱・振戦 浦東新区人民病院を受診
 4月16日(発症5日目) 肺炎のため浦東新区人民病院に入院 容態は落ち着いている
 4月29日午前 死亡
う〜ん、入院当初は病状が落ち着いていた筈なんだが、何があった?

これで上海の死亡率は
 13/33 0.39
となり、もうすぐ
 4割
になりそうな勢いだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その89)習近平新体制の政治マターとしてのH7N9型鳥インフルエンザ→李克強首相は「神」何でも御存じお見通し

今年から始まったばかりの
 習近平体制
だが、早速
 H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染
 四川省雅安地震
と、
 政権を揺るがす大事件
が続発した。しかも
 体制発足の足固めができるまで、上海周辺でのH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染を隠蔽していたのではないか
という疑いさえ持たれている。

で。
習近平体制を支える李克強首相が、
 H7N9型鳥インフルエンザ感染拡大への取り組み
について、大々的なパフォーマンスを行っている。
 社会主義の術語が満艦飾の文章
は超久しぶりに訳すので、間違ってたらごめんなさい。もうちょっとかっこよく訳さないと、今一この
 革命的高揚感という「麻薬」
が分かりにくいのだが、最近の中国の革命用語は
 21世紀にアジャスト
されてるからな〜。なかなかそれっぽく訳すのが難しい。

しかし、これを読むと
 ああ、やっぱり中国って「中国共産党一党独裁の社会主義国家」だったのね
としみじみ感じますね(棒読み)。

ここはやっぱり共産党機関紙人民日報の人民網から。
 李克強首相が現場(この場合は中国疾病予防コントロールセンター)に直接出向
いて、
 強力な指導者が、労働大衆(この場合は専門家)と議論
し、
 現場の状況を理解
した上で、
 的確な指導をトップダウン形式で専門家にも与える(李克強首相は何でも御存じお見通し)
という
 民主集中制のプロパガンダの伝統形式

 21世紀も見事に継承されている
という記事である。
 指導者は神
ってことよ。
 北朝鮮の金正恩第一書記が「いつも的確な指導を与える」構図

 全く同じこと
なので、
 1989年のベルリンの壁崩壊以降
に生まれた
 社会主義体制の実態に不馴れな若い諸賢
は騙されないように。

しかし
 李克強は「神」
はいいんだけど、このパフォーマンス、いったい
 誰得
なんだ?

ちなみに
 ボトムアップで「労働大衆の声を吸い上げ、反映する」方式

 民主集中制の特徴
である。21世紀になって、
 この手のシステムが有効に働いているように見せる必要性
がどこにあるのか、甚だしく謎。


李克強到中國疾控中心考察H7N9禽流感防控工作時強調(李克強は中国疾病予防コントロールセンターを訪れ、H7N9型鳥インフルエンザ予防コントロール作業を考察した時、次のように強調した。)
繼續毫不不松懈科學有序做好重大疫病防控(少しもたゆむことなく、科学的に整然と、重大な感染症の予防コントロールの遂行を続け、)
統籌抓好改革發展轉型升級各項工作(改革発展型ボトムアップ方式でそれぞれの業務を強化して統括する)

新華社北京4月28日電(記者顧瑞珍)
中共中央政治局常委・國務院總理李克強28日到中國疾病預防控制中心、看望慰問醫務人員並與有關部門及專家座談、考察人感染H7N9禽流感防控工作、並向大家致以勞動節問候。中共中央政治局委員・國務院副總理劉延東參加上述活動。(28日、中国共産党中央政治局常任委員の李克強首相は、中国疾病予防コントロールセンターを訪れ、医療スタッフを慰問し、関連部門スタッフと専門家と語り合い、H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染の予防コントロール業務について考察し、さらに皆に、メーデーの挨拶をした。中国共産党中央政治局常任委員の劉延東副首相は上記の活動に参加した。)
李克強非常關心H7N9禽流感防控措施落實情況。他來到國家流感中心實驗室、詳細瞭解病毒檢測・基因序列分析等情況。在疫情會商室、他通過視頻連線向浙江省負責同志・四川蘆山縣疾控中心負責人瞭解禽流感防控和地震災區防疫情況。他還與多次赴重大災區執行任務的救災防病隊員進行交流、對中國疾控中心在應對疫情和災區救災防病方面所作貢獻給予充分肯定。(李克強首相は、H7N9型鳥インフルエンザ予防コントロール措置の実施状況に大変関心を持っている。首相は中国国家インフルエンザセンター実験室に来訪、詳細にウイルス検査・遺伝子配列解析等の状況を理解した。感染症流行会議室で、首相はテレビ会議で、浙江省の担当同志・四川省廬山県疾病予防コントロールセンターの担当者に、鳥インフルエンザと地震被災地の防疫状況を説明した。首相はまた何度も重大な被災区域に何度も赴き、任務を遂行している災害救助疾病予防隊員と交流を進め、中国疾病予防コントロールセンターに対しては、感染症の流行状況と被災地の災害救援・疾病予防の方面で貢献したことを、十分に認めた。)

隨後、李克強主持召開了衛生計生委・農業部等部門及中外專家參加的座談會。世衛組織代表和國内專家們在發言中認為、中國應對H7N9禽流感疫情的行動非常及時・有力和專業、防控措施是適宜・有效的。目前疫情態勢總體平穩、確診的病人得到及時醫治。但由於對病毒和疫情的認識有限、必須保持高度警覺。同時、蘆山地震災區也未發現重大傳染病疫情和突發公共衛生事件。(それから、李克強首相は、衛生・育成計画委員会・農業省等の部局と国内外専門家が参加する座談会を主宰して開催した。WHOの代表と国内の専門家達が発言中、中国のH7N9型鳥インフルエンザ感染流行状況に対応した行動は非常に敏速で、効果的かつ本格的であり、予防コントロール措置は適切で有効だと認めた。現在の感染症流行の体制は、全体として落ち着いており、確定診断された患者はすぐに治療を受けている。しかし、ウイルスと感染症の流行状況に関する認識には限りがあり、高度な警戒心を保持する必要がある。同時に、廬山地震の被災地で重大な感染症の流行や突発的な公共衛生に関する事件が起きるかもしれない。)

大家發言後、李克強指出、我國部分地區發現人感染H7N9禽流感疫情以來、黨中央・國務院高度重視、習近平總書記作出重要批示、政治局常委會和國務院常務會聽取了彙報、國務院迅速啓動了多部門聯防聯控機制、有關地區和部門按照中央要求、及時啓動應急預案、取得積極成效、目前的機制和工作是有效科學的。但疫情仍在持續、還有新的病例出現、思想不能有絲毫麻痺、工作不能有絲毫松懈、畢竟我們面對的是全新的病毒、對可能出現的新情況要有預案。要加強源頭控制、加強科學研究、在早發現・早報告・早診斷・早治療上下功夫、全力救治患者、努力降低死亡率、繼續確保所有患者不因費用耽誤治療。繼續加強國際合作、公開透明發布信息、増強公衆自我保護意識。充實完善聯防聯控機制、増強工作針對性・協同性和有效性。(皆が発言してから、李克強首相は、次のように指摘した。我が国のある地区では、H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染流行が見つかって以降、共産党中央と国務院は非常に重視しており、習近平総書記は重要な指示を文書で出し、政治局常任院と国務院常務委員会は総括報告を聴取して、国務院は迅速に多くの共同で予防・コントロールを行うシステムを開始し、関係する地区と部門は中央の要求に基づきすぐに緊急対応計画を開始し、積極的に成果を得、現在のシステムと作業は科学的に有効である。しかし、感染症の流行はいまなお続いており、また新たな症例が現れても、思想は少しも麻痺することは許されず、作業は少しもゆるむことは許されず、つまるところ、我々が直面しているのはすべて新しいウイルスであり、出現しうる新たな状況に対して、対応計画が求められる。根源的な予防コントロールを強化し、科学研究を強化するのが必要であり、早期発見・迅速な報告・早期診断・早期治療では、粉骨砕身し、全力で患者の命を救い、死亡率低下するよう努力し、あらゆる患者に医療費が原因で治療を手遅れにすることがないように確実に保障を続ける。国際協力の強化を続け、隠すところなく情報発信を公開し、公衆が自分を守る意識を強める。完璧な共同の予防コントロールシステムを充実させ、作業の的確性・共同性と有効性を強める。)
李克強強調、既要確保有效應對疫情、也要推動傳統家禽養殖・流通向現代生産方式轉型升級。保障食品安全。他説、當前、我國發展改革正處於關鍵期・攻堅期、要在繼續本著對人民生命健康高度負責的精神・毫不松懈・科學有序地應對公共衛生等突發事件的同時、繼續抓好經濟社會發展和改革開放的各項重點工作。(李克強首相は、すでに有効な感染症流行対策を確保したからには、伝統的な家禽養殖や流通を現代的な生産方式に転換してレベルアップするよう、促進しなければならない、つまり食品の安全を保障するのであると強調した。首相は、さしあたり、我が国の発展改革は、肝心な時期・一番厄介な問題に取り組む時期にさしかかっており、人民の生命健康への高度な責任ある精神に基づき、少しもたゆまず、科学的に秩序をもって、公共衛生等の突然の事件へ対応を続けなければならないのと同時に、経済社会発展と改革開放の各項目の重点業務に力を入れてやりとげ続けるのだ、と強調した。

李克強最後説、再過兩天、就是「五一」勞動節了、但你[爾]們肩負特殊使命、即使是節日還得堅守崗位、辛苦了!我們謹向你[爾]們、也向全國各行各業勞動者致以節日祝賀和崇高敬意、祝大家節日快樂!(李克強首相は最後に次のように言った。あと二日で、「五一」メーデーとなる。しかし、みなさんは特別な使命を担っており、たとえ祝日だとしても、やはり持ち場を堅持するだろう、ごくろうさま! 我々は、みなさんに、そして、全国の様々な職業の労働者にメーデーのお祝いと崇高な敬意を以て、謹んでご挨拶します、みなさん、メーデーおめでとう!)

(責編、潘旭海(實習)・凌陳)

2013年04月29日03:31
來源、人民網-人民日報

中国共産党は
 労働大衆に奉仕する党
なので、原理としては
 労働節は最大の祝日の一つ
なんだけど、今回に限って言えば、またも民族大移動が起こるわけで、
 清明節の時と同様、H7N9型鳥インフルエンザ感染拡大週間
だからな。皮肉なことで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その88)広東省東莞市の家禽卸売市場で鶏の検体1個から疑似陽性反応→殺処分を行い周辺住民を血液検査@4/26-28

東莞市といえば
 香港から近い「中国内地」の町
である。外資を積極的に誘致、海外企業の工場などが集中していたのだけど、最近は撤退するところが増えた。

さて、その東莞市で
 鶏からH7亜型鳥インフルエンザの疑似陽性反応が出た
という。
まずは、東莞市農業局の4/27の発表から。長いので、必要なところだけ訳す。


東莞一鷄樣品疑似H7亞型禽流感病毒感染陽性(東莞市の鶏の検体1個からH7亜型鳥インフルエンザの疑似陽性反応を検出)

26日晩、東莞市動物疫病預防控制中心對採自東城三鳥批發市場的130個家禽樣品進行禽流感等動物疫病項目監測、發現其中1個鷄的樣品存在異常。27日經送省動物疫病預防控制中心檢測後、初歩診斷這一個樣品為疑似H7亞型禽流感病毒感染陽性。目前、該批家禽沒有出現臨床症状。也暫未發現人感染情況。(26日夜、東莞市動物感染症予防コントロールセンターは東城三鳥卸売市場の130個の家禽の検体を採取して鳥インフルエンザ等の動物感染症の項目検査を行い、その内鶏の検体1個から異常を発見した。27日、広東省動物感染症予防コントロールセンターに送って検査計測すると、暫定的にこの検体はH7亜型鳥インフルエンザの疑似陽性反応を示すと判定された。いまのところ、この卸売市場の家禽には臨床所見はない。また、ヒトへの感染もまだ見られない。)

省政府鄧[登β]海光副省長第一時間作出重要批示、一是東莞要切實採取措施抓好防控工作。二是緊急撲殺並進行無害化處理(二 緊急に殺処分し、あわせて消毒作業を行う。)。三是會同省農業廳緊急送樣國家禽流感參考實驗室進行復核確診。四是緊急監測和進行流行病學調査。五是切實做好家禽档主、密切接觸人員的醫學隔離觀察和動物防疫人員的自身防護。省農業廳要求按鄧[登β]海光副省長指示做好防控工作。

東莞市委市政府高度重視、徐建華書記作出重要指示、要立即召開會議、按照中央有關防控精神和省領導的最新指示、加強源頭防範、做好防控工作、確保大局穩定。27日晩、市政府呉道聞副市長召集市動植物疫病防制領導小組成員單位、召開會議進行緊急部署。會議要求、一是市有關部門和東城街道要立即採取措施、以對人民群衆身體健康高度負責的態度、切實抓好防控工作。二是要按照農業部技術規範、對該市場所有禽類緊急撲殺並進行無害化處理。三是在全市範圍對禽類開展抽査監測、發現問題及時處理。四是加強防護、做好活禽經營人員的防控工作、嚴防發生人感染。

按照省、市部署、市農業局、衛生局、東城街道辨等迅速組織開展應急防控工作。一是對東城三鳥批發市場實施休市並全面消毒。二是對該市場所有家禽進行撲殺並無害化處理。三是加強對全市各大家禽批發市場的檢疫和監測、嚴格執行家禽批發市場定期休市制度、加大市場清潔消毒頻次。四是加強市場從業人員的個人防護、並對密切接觸人員進行醫學隔離觀察。
來源、畜牧獸醫科
日期、2013-04-27

さて、実際の防疫作業について、香港のテレビ局無線電視のニュースから。


東莞鷄樣本疑帶H7禽流感當局加強防疫(東莞市で鶏の検体がH7型鳥インフルエンザウイルスを含む疑いで当局が防疫を強化)04月28日16時44分
廣東省東莞市一個鷄隻樣本、驗出疑似H7亞型禽流感病毒、未發現人感染情況。當局封鎖渉及的批發市場、又為附近居民抽血化驗。(広東省東莞市で鶏の検体1個からH7亜型鳥インフルエンザウイルスの疑似陽性反応が検出されたが、ヒトへの感染はまだみられない。当局は関連する卸売市場を封鎖して、一方で付近の住民から採血し検査している。)
東城三鳥批發市場早上已經休市。當地有報道指、東莞市動物疫病預防控制中心、檢測市場内130個家禽樣本後、初歩發現其中一個樣本感染疑似H7亞型禽流感、但未有人感染情況。(東城三鳥卸売市場は今朝すでに休場となった。現地の報道では、東莞市動物感染症予防コントロールセンターが市場内の130個の家禽の検体を検査したところ、暫定的にその内の1個の検体からH7亜型鳥インフルエンザの疑似陽性反応が現れたが、ヒトへの感染は見られない。)
早上市場内停泊疾控中心的車、外面就有工作人員戒備、禁止居民和記者入内。有聲稱住在附近的人表示、有人為他們驗血。有人驗血後將一支染血的棉花棒、隨手丟在地上。(朝から市場内には、疾病コントロールセンターの車が停車して、市場の外側には警備をしている作業員がおり、住民や記者を中に入れないようにしている。付近の住民が言っている話では、住民から採血するための人員がいるという。採血してから血に染まった綿棒を持っている人がいるが、手当たり次第地面に投げ捨てている。)
批發市場還售賣鷄蛋、當局除了撲殺活家禽、也會銷毀這裡過萬隻鷄蛋。(卸売市場はまだ鶏卵を販売しているのだが、当局は生きた家禽を殺処分した他に、市場の一万個余りの鶏卵を焼却するかも知れない。)

どうやら
 周辺住民から採血して、感染の有無を調べる
ってことなんだが、
 綿棒をぽいぽい捨ててる
というのは、鳥インフルエンザ感染の有無に拘わらず、
 医療廃棄物処理
としては、
 ダメ
なんじゃないのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その87)山東省で新たに1名が感染 最初の感染者の4歳の息子 これで感染者は126名 死亡者は23名@4/28→ヒトからヒトへの感染を示す証拠はなし、と山東省衛生庁

山東省で
 新たに1名の感染者
が見つかったのだが、これが
 最初の感染者の4歳の息子
である。山東省衛生庁は
 いまのところ、ヒトからヒトへ感染した証拠はない
と主張している。

山東省衛生庁の発表より。


山東省新増1例人感染H7N9禽流感病例(山東省で新たに1名のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染が見つかる。)

文章類別、【新聞頭條】發布時間、【2013-04-28】

4月28日、山東省新増1例人感染H7N9禽流感確診病例。(4月28日、山東省で新たに1名のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染が確定診断された。)
患兒張某、男、4歳、住棗莊市市中區、其父親為山東省首例人感染H7N9禽流感確診病例。(患児は張くん 男性 4歳 棗荘市市中区在住 父親は山東省で初めてのH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染が確定診断例の患者である。
4月27日患兒出現發熱症状、(4月27日、患児は、発熱の症状が現れ、)
28日省級專家組根據實驗室檢測結果和臨床表現及流行病學調査、綜合判定該患兒為人感染H7N9禽流感確診病例。(28日、省クラスの専門家チームが検査所見と臨床所見および感染症学的調査に基づき、この患児のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染を確定診断した。)
目前、患兒病情尚穩定、正在棗莊市某醫院接受治療。(いまのところ、患児の容態はかなり落ち着いていて、棗荘市のある病院で入院治療を受けている。)
根據初歩調査結果和國内外相關研究結論、目前尚未發現人傳染人的證據。截至目前、山東省共報告人感染H7N9禽流感確診病例2例。(暫定的な調査結果と国内外の関連する研究の結論によれば、いまのところ、まだヒトからヒトへの感染の証拠は発見されていない。これまでのところ、山東省で、H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染が確定診断されているのは全部で2名である。)

これで
 同じ家庭内で患者が出た
のは何例目だ?

この辺り、中国の発表がわかりにくいので、正確な数が不明である。

なお、この山東省の感染例の一家の住む家のすぐそばで
 鶏を平飼いしていた
ことについては、以下に。
2013-04-24 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その63)山東省の初の感染者の家の近所の「養鶏場」が日本人の想像を超えている件→「生きた鳥との接触歴なし」の「なし」の中身の認識がまるで異なる可能性
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2013/04/h7n9-63-15c6.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013-04-28

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その86)福建省で新たに1名が感染 重態 これで感染者は125名 死亡者は23名@ 4/28

福建省で
 新たに1名のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染者
が見つかった。
今回も経過を見る限り
 手遅れになってからの受診
ではないか、と思う。患者は農民で、
 発症から10日経って、重症化してから病院を受診
している。
 特徴は、咳が先で、発熱は2日くらい
という辺り。
 高熱が出なかったから、軽く見て、こじらせた
とも考えられる。患者は80歳。
 高齢者は肺炎でも熱が出にくいことがある
のだが、この症例もそうなのだろうか。
こうなってしまうと、抗インフルエンザウイルス薬の効果は望めないし、ウイルス性肺炎だから、治療法は対症療法しかない。

福建省衛生庁の発表より。


福建省新増1例人感染H7N9禽流感確診病例(福建省で新たに1名のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染例が見つかる。)
時間、2013-04-28

福建省衛生廳4月28日通報、截至4月28日18時、福建省新増1例人感染H7N9禽流感確診病例。截至目前、我省共發現2例人感染H7N9禽流感確診病例、無死亡病例。未發現2例病例間存在流行病學關聯。(4月28日、福建省衛生庁は、4月28日18時までに、福建省で新たに1名のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染を確定診断した、と発表した。現在まで、福建省では全部で2名のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染が確定診断されたが、死亡者はいない。2人の間にまだ感染症学的関係は見られない。)

新發現的1例病人情況如下、(新たに見つかった1名の患者の状況は以下の通り。)
患者游某、男、80歳、福州福清市陽下鎮農民。(患者 游さん 男性 80歳 福州福清市陽下鎮の農民である。)
患者4月27日9時40分以「反復咳嗽10天、發熱2天、氣喘・氣促半天」為主訴就診於福清市醫院。(4月27日9時40分、患者は「咳が繰り返し10日間続き、発熱が2日続き、喘鳴や息切れが半日続いている」のを主訴として、福清市病院を受診した。)
28日14時40分、福建省疾病預防控制中心報告、實驗室檢測結果為H7N9禽流感病毒核酸陽性。(28日14時40分、福建省疾病予防コントロールセンターは、実験室で検査した結果、H7N9型鳥インフルエンザウイルスRNA陽性反応となったと発表した。)
按照有關要求、28日下午、福建省衛生廳組織省級專家組對該病例進行討論、專家依據病例的臨床表現・實驗室檢測和流行病學調査資料、診斷該病例為人感染H7N9禽流感確診病例。(関連する条件に基づき、28日午後、福建省衛生庁は省クラスの専門家チームがこの症例について討論を進め、専門家はこの症例の臨床所見・検査結果と感染症学の調査資料によって、この症例は、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
目前、該病例病情危重、正在積極救治中。(現在、患者は重態で、積極的な救命治療を行っている。)
經調査、該病例的密切接觸者共有33人、截至目前均未發現異常情況。(調査によると、この症例で濃厚接触者は全部で33人、いずれも現在まで異常は現れていない。)(省衛生廳新聞辨 福建省衛生庁新聞弁公室)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その85)江蘇省で新たに1名が死亡 これで感染者は124名 死亡者は24名@4/28新華社→結局 新華社の数え間違い@4/29

(追記 4/29 16:20)
先ほど、新華社のH7N9型鳥インフルエンザ関連記事の特集ページを見たら、いつの間にか、こっそり


28日、江西增2例 浙江增1例 山东增1例 福建增1例
  截至28日晩、我国内地共报告人感染H7N9禽流感確診病例125例、死亡23例、21人康復。其中、浙江46例(6例死亡)・江西5例・山東2例・福建2例・湖南1例・江蘇27例(4例死亡)・河南4例・上海33例(12例死亡)・北京1例・安徽4例(1例死亡)。另[口力]外、24日台湾確診首例。

と、前日増やしたはずの
 江蘇省の死亡例を1例減らして
いた。
 数え間違い
だったのかな、新華社。
というわけで
 以下の記事の死者数を23名に戻す
ことに。

もっとも
1.上海であれだけ感染者がいて、浙江省も増える一方なのに「中間」にある江蘇省の感染者数が少なすぎる
2. 湖南省の感染例では江蘇省産の鶏が怪しいとにらまれた
という疫学的な疑問がある上、
 江蘇省衛生庁の発表
については、
 感染者が発生
しても
 あらかじめ決められた「政治的スケジュール優先」でニュースが掲載される
ので、
 正しい数字ではなさそうな悪寒
がする。
(追記終わり)

相変わらず
 バックれているのは江蘇省
らしい。
先ほど、新華社が
 今日のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染報告
を出したのだが
 死者が1名増えている
のである。
新華網より。


28日、江西新増2例 浙江新増1例(28日、江西省で新たに2例 浙江省で新たに1例の感染者)
截至28日晩、我國内地共報告人感染H7N9禽流感確診病例123例、死亡24例、21人康復。其中、浙江46例(6例死亡)・江西5例・湖南1例・福建1例・江蘇27例(5例死亡)・河南4例・山東1例・上海33例(12例死亡)・北京1例・安徽4例(1例死亡)。另[口力]外、24日台灣確診首例。(28日夜までに、中国内地では全部でH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染の確定診断例は123例、死亡24例、21人が健康を回復した。その内、浙江省46例(6例死亡)・江西省5例・湖南省1例・福建省1例・江蘇省27例(5例死亡)・河南省4例・山東省1例・上海市33例(12例死亡)・北京市1例・安徽省4例(1例死亡)。ほかに、24日、台湾で初めて確定診断例があった。

これを本日17時の段階の数値と比較すると
 江蘇省の死亡者数が4人から5人に増えている
ので、
 その後死亡の報告が来たらしい
ところまでは確認。江蘇省衛生庁のサイトにはまだ反映されていない。(21:10)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Daniil Trifonov Live@sgaf.tv(日本時間4/28 21:00〜)

これからDaniil Trifonovの演奏がLive配信される。


Sunday, April 28, 2013
18:00

Yekaterinburg Philharmonic Youth Orchestra
Enkhe – conductor
Daniil Trifonov – piano

Programme:
Beethoven – Symphony No. 5 in C minor, op.67
Rachmaninov – Piano Concerto No. 3 in D Minor, Op. 30

ライブはこちらで見られる。
http://sgaf.tv/live

いま開演前なのだが、徐々にお客さんが入ってきているところ。
ステージ裏で管楽器がスケールをやってる音が聞こえたりしている。
エカテリンブルグと日本の時差は3時間だっけ? そろそろ始まるだろうと思うんだけど
 ロシア時間(割に開演時間等が適当)
なので、きっかりの時間に始まるかどうかは不明。
(20:54)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その84)福建省の感染例に対し周辺の家禽と環境に対し疫学的調査を行うもH7N9型鳥インフルエンザウイルスは一切検出されず

2013-04-26 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その72)新たに福建省で初めての感染者1名が見つかる これで感染者は114名@4/26
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2013/04/h7n9-721-114426.html
の続き。

福建省で見つかった感染例についてだが、患者の住居とその周辺で、
 家禽や環境に対する疫学的調査を行ったが、まったくH7N9型鳥インフルエンザウイルスが見つからなかった
と、地元紙の閩[門虫]西日報が4/27付の記事で伝えている。


我市防控H7N9禽流感在行動(龍岩市はH7N9型鳥インフルエンザ予防コントロール活動中)
閩西新聞網http://www.mxrb.cn2013-04-2707:59來源、閩西新聞網
核心提示 24日上午接到高陂鎮發現人感染H7N9禽流感疑似病例後、市農業局組織有關專家和技術人員、於4月24日下午迅速趕[走旱]往高陂鎮、及時對患者住所及周邊區域開展家禽飼養及健康情況調査、未發現家禽異常死亡情況。(概要 24日午前、高陂鎮でH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの疑似感染例が見つかってから、龍岩市農業局は関係する専門家と技術スタッフを組織し、4月24日午後、迅速に高陂鎮に急行し、すぐに患者の住居や周辺区域に対して、家禽の飼育とその健康状況の調査を展開したが、家禽が異状死をしているような状況は見つからなかった。)

□記者 程璧暉 梁熙

24日通報永定縣高陂鎮發現人感染H7N9禽流感疑似病例後、我市迅速開展各項防控工作。截至目前、未發現異常情況。(24日、永定県高陂鎮でH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの疑似感染例が見つかってから、龍岩市は迅速に各種の予防コントロール作業を展開した。いまのところ、異常な状況は見られない。)

應急排査未發現異常情況(緊急一斉調査でも異常な状況は見つからず。)
24日上午接到高陂鎮發現人感染H7N9禽流感疑似病例後、市農業局組織有關專家和技術人員、於4月24日下午迅速趕往高陂鎮、及時對患者住所及周邊區域開展家禽飼養及健康情況調査、未發現家禽異常死亡情況。(24日午前、高陂鎮でH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの疑似感染例が見つかったのを受け、龍岩市農業局は関係する専門家と技術スタッフを組織し、4月24日午後、迅速に高陂鎮に急行し、すぐに患者の住居や周辺区域に対して、家禽の飼育とその健康状況の調査を展開したが、家禽が異状死をしているような状況は見つからなかった。)
25日、省・市・縣按照農業部動物H7N9禽流感緊急監測方案要求、對患者家中及周邊農戸家禽・高陂鎮的家禽市場・規模養殖場養殖家禽和土壤・水等環境開展抽樣、採集咽喉和洩殖腔拭子和土壤・水等環境樣本、及抽取血清樣本。其中血清樣本由市畜禽水産品質量安全化驗檢測中心負責檢測、檢測結果全部呈陰性。咽喉和洩殖腔拭子和土壤・水等環境樣本送往省動物疫病預防疾控中心檢測、結果全部為陰性、表明未發現動物H7N9禽流感病毒。(25日、福建省・龍岩市・永定県は、農業省の動物H7N9型鳥インフルエンザ緊急監視計画の要求に基づき、患者の家の中と周辺農家の家禽・高陂鎮の家禽市場・大規模養殖場の養殖家禽と土壌・水など環境に対し、検体の抽出を行い、喉や総排出口を綿棒で拭った検体や土壌・水など環境からの検体および採血して取った血清サンプルを採集した。その内血清サンプルは、市販の畜産水産品品質安全化検査計測センターが責任をもって検査計測したが、検査の結果、すべて陰性となった。喉と総排出口を拭った綿棒と土壌・水など環境からの検体は、福建省動物感染症予防コントロールセンターに送り、検査をしたが、その結果、全てが陰性となり、動物からH7N9型鳥インフルエンザウイルスはまったく見つからなかったと発表した。

[責任編輯、翁志煬]

え〜っと
 周囲の家禽からはH7N9型鳥インフルエンザウイルスを検出せず
 周囲の環境からもH7N9型鳥インフルエンザウイルスを検出せず
って話なんですが、
 一体H7N9型鳥インフルエンザは何を宿主としているのか
が疑問。
豚は調べてないみたいなんだけど
 家禽以外の家畜の可能性
はないのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その83)浙江省で新たに1名の感染者 重態 これで感染者は124名 死亡者は23名@4/28

浙江省での感染拡大が止まらない。
またも、
 1人重症の感染者
が見つかった。
湖南省の1人は、江蘇省産の鶏から感染した可能性があるが、浙江省でも同様に家禽や野鳥にH7N9型鳥インフルエンザは蔓延しているのではないか。鳥がかかっても
 そうそう死なない鳥インフルエンザ
だけに、
 潜在的に人間が脅威にさらされている状態
が、このまま続きそうである。

浙江省衛生庁の発表より。


浙江省新増1例人感染H7N9禽流感病例(浙江省で新たに1名のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染例が見つかる。)
發布日期、2013-04-28 信息來源、衛生廳 浙江省衛生廳

2013年4月28日

浙江省衛生廳4月28日通報、截至4月28日15:00、浙江省新増1例人感染H7N9禽流感病例。(4月28日、浙江省衛生庁は4月28日15:00までに、浙江省で新たに1例のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザ感染があったと発表した。)

患者徐某、男、38歳、農民、現居杭州、於4月18日發病、現在杭州某醫院治療。(患者 徐さん 男性 38歳 農民 杭州市在住。4月18日、発症。いまは杭州市のある病院で入院治療中。)

經省疾控中心檢測、該患者標本為人感染H7N9禽流感病毒核酸陽性。我廳組織專家對患者的臨床表現、流行病學資料和實驗室檢測結果進行討論、診斷為人感染H7N9禽流感確診病例。(浙江省の疾病コントロールセンターは、この患者の検体を検査測定したところ、すべての検体からH7N9型鳥インフルエンザウイルスRNA陽性反応が出た。浙江省衛生庁は専門家を組織し、臨床所見・感染学的資料と検査所見の結果に対し討論を行い、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
目前、該患者病重、醫院正在積極救治中。(現在、患者の容態は重く、病院では積極的に救命治療に当たっている。)

目前、我省共發現46例人感染H7N9禽流感確診病例、 6例經醫治無效死亡、9例康復出院、現有31例患者在住院治療、我廳將全力組織做好救治工作。(いまのところ、浙江省では全部で46例のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染が確認され、6例は治療の甲斐なく死亡し、9例は健康を回復して退院し、現在31名の患者が入院治療を行っている。浙江省衛生庁は、全力を挙げて組織的に救急救命活動を実行している。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その82)江西省で新たに2名の感染者 1名は重態 これで感染者は123名 死亡者は23名@4/28

華東に端を発したH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染は、華中に侵攻、
China_dist

江西省では
 新たに2名の感染者
が見つかった。いずれも
 生きた鳥との接触歴
がある。
 内1名は重態
だ。

江西省衛生庁の発表より。


江西省新増2例人感H7N9禽流感確診病例(江西省で新たに2名のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染が確認される。)

江西省衛生廳4月28日通報、我省新増2例人感H7N9禽流感確診病例。(江西省衛生庁は、江西省で新たに2名のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染が確認された、と発表した。)

患者熊某、男、80歳、江西南昌人、農民、家中飼養鷄禽。現正在南昌市某醫院接受治療。患者目前病情穩定、密切接觸者8人已實施醫學觀察、目前均未發現異常。(患者 熊さん 男性 80歳 江西省南昌市在住 農民 家で鳥を飼育している。現在、南昌市のある病院で治療を受けている。今のところ、患者の容態は安定しており、濃厚接触者8名にはすでに医学的経過観察を行い、これまで異常は現れていない。)

患者徐某、女、31歳、南昌縣人、個體菜販、攤位旁有鷄禽銷售攤位。現正在南昌市某醫院接受治療。患者目前病情嚴重、密切接觸者11人已實施醫學觀察、目前均未發現異常。(患者 徐さん 女性 31歳 南昌県在住、個人で野菜を売っており、屋台の傍には鳥を販売する屋台がある。今は南昌市のある病院で治療を受けている。現在、患者の容態は重態で、濃厚接触者11名にはすでに医学的経過観察を行い、これまで異常は現れていない。)

4月28日、上述2例病例樣本經江西省疾病預防控制中心檢測結果均為人感染H7N9禽流感病毒核酸陽性。省衛生廳專家組診斷為人感染H7N9禽流感確診病例。(4月28日、上記2名の患者の検体は江西省疾病予防コントロールセンターが検査計測した結果、ヒトに感染したH7N9型鳥インフルエンザウイルスRNA陽性を検出した。江西省衛生庁専門家チームはH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染であると確定診断した。)

另[口力]據湖南省衛生廳4月27日通報、該省收治了1例來自江西銅鼓的人感染H7N9禽流感確診病例。我省已組織防控專家赴銅鼓開展流行病學調査和疫點消殺等防控工作。對該患者密切接觸者9人已實施醫學觀察、目前均未發現異常。(この他、4月27日、湖南省衛生庁は、湖南省が江西省銅鼓県から来たH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染の確定診断された1名の患者を入院治療中であると発表した。江西省は、すでに疾病予防コントロールの専門家を銅鼓県に派遣し、感染症学的調査と感染症の発生地点の消毒等の予防コントロール作業を実行した。この患者との濃厚接触者9人にはすでに医学的経過観察を行い、これまで異常は現れていない。)
截至目前、我省共發現人感染H7N9禽流感確診病例5例、均在醫院接受治療、對所有患者的密切接觸者醫學觀察、均未發現異常。(現在まで、江西省では5名H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染の確定診断者がみつかり、みな病院で治療を受けている。患者との濃厚接触者については医学的経過観察を行っているが、いずれも異常は見られない。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その81)湖南省の初めての感染者も江西省から来ている感染者もどちらも重態 湖南省の女性が買った鶏は江蘇省産@4/27 メディアへの状況説明会→上海から来た子どもの症例も記事に付記

昨日の
 湖南省での初めての感染者と江西省から来ている感染者
について、湖南省衛生庁がメディアへの状況説明会を開いた。
 二人とも常に生命に危険が及んでいる
とのこと。なおかつ
 どちらも、発症前に生きた鳥との接触歴があった
という。しかも
 湖南省の患者が発症前に買ったのは、すでにH7N9型鳥インフルエンザの人への感染が確認されている江蘇省産の鶏
だった。
まだ売ってるのかよ、H7N9型鳥インフルエンザ発生地域産の鶏とか鴨とか。そっちの方が驚くぜ。
この分だと
 未処分のH7N9型鳥インフルエンザ発生地域産の家禽経由
で、まだまだ
 各地に感染者が出る
事態になりそうだ。

地元紙瀟湘通報が、記者会見の模様を報じているので、重要なところだけ、訳しておく。
4/28付瀟湘通報より。湖南省衛生庁の既発表分と重複するところや、政治関係の宣伝部分は省略。
なお、この記事の最後に、これまでよく分からなかった
 上海から来た子どもの症例
についても付記されている。上海から来た子どもの症例についての記者会見は、記事によれば
 4月17日
だった。上海での16日の発表を受けて開かれた模様。


邵陽女子感染前買過5只活鷄(邵陽市の女性は、感染前に5羽の生きた鶏を買ったことがある。)
湖南通報兩例人感染H7N9病例。兩患者均有接觸活禽經歴、現均有生命危險。湖南啓動IV級應急預案(湖南省は、2例のH7N9型鳥インフルエンザ感染例を発表した。二人の患者はどちらも生きた鳥に接触したことがあり、いまはともに生命の危険にさらされている。湖南省はIV級救急対応計画を発動した。)

2013年4月28日

27日下午6點、湖南省衛生廳召開新聞通氣會。省衛生廳疾控處處長陳炎教授確認、湖南省確診首例人感染H7N9禽流感病例、另[口力]收治1例江西省銅鼓縣人感染H7N9禽流感確診病例。「目前、這兩例病例、都有省級專家組專家在指導治療。爭分奪秒地搶救生命。」省衛生廳醫政處處長高紀平説。(27日午後6時、湖南省衛生庁はメディアへの状況説明会を開催した。湖南省衛生庁疾病予防局局長陳炎教授は、以下のように認めた。湖南省は、最初のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染を確定診断し、他に、入院加療中の1名の江西省銅鼓県住民のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染を確定診断した。「いまのところ、この2例の症例は、いずれも、湖南省クラスの専門家チームの専門家が治療を指導している。一分一秒を争って生命を救っている。」と湖南省衛生庁医務局高紀平局長は言った。)
疫情發生後、有關部門召開會議研究我省人感染H7N9禽流感防控工作。根據『湖南省流感大流行應急預案』、湖南省啓動IV級應急預案、立即成立湖南省人感染H7N9禽流感聯防聯控領導小組、切實加強衛生・農業・林業・商務・教育・工商・藥監・檢驗檢疫等部門信息互通和協調聯動。(感染症が発生してから、関連部門は会議を招集し、湖南省のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染の予防コントロール作業について研究した。『湖南省インフルエンザ大流行緊急対応計画』に基づき、湖南省はIV級救急対応計画を発動し、直ちに湖南省H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染の共同予防コントロール指導班を設立、衛生・農業・林業・商務・教育・工商・薬物監視・検査検疫等の部門が情報を交換し、協調して連動するよう、適切に強化する。)

湖南啓動Ⅳ級應急預(湖南省はIV級救急対応計画を発動した。)
(略)

邵陽患者病發前4天有與禽類接觸史密切接觸者41人、已採取醫學觀察(邵陽市の患者は発症の4日前に鳥との接触歴があり、濃厚接触者は41人、すでに医学的経過観察をしている。)
管某、女、64歳、邵陽市雙清區人。(管さん 女性 64歳 邵陽市双清区在住)
省衛生廳醫政處處長高紀平介紹、經抗病毒治療・無創呼吸支持等綜合治療、該患者目前病情有所好轉、「但病情依然很重、隨時有生命危險。」(湖南省衛生庁医務局高紀平局長は、抗インフルエンザウイルス薬を投与し、気管切開を伴わない人工呼吸管理等の総合的治療を行ったところ、この患者は現在容態は好転しつつあるが、「だが、容態は依然として非常に重く、常に生命の危険を伴っている。」と説明した。)
(略)
經調査、患者發病前4天有與禽類接觸史、其密切接觸者共41人、已及時採取醫學觀察措施。截至目前、該病例的所有密切接觸者均未發現異常。(調査によると、患者は、発症の4日前に鳥との接触歴があり、濃厚接触者は41人、すでに医学的経過観察措置を取っている。いままでのところ、この症例との濃厚接触者には誰にも異常は現れていない。)

江西患者在湘密切接觸者51人、在農貿市場工作病情重、主要原因是沒有及時對症治療(江西省出身の患者は湖南省での濃厚接触者は51人、自由市場で働いていて容態は重く、主要な原因はすぐに対症療法を行わなかったからである。)
「江西籍患者目前病情特別重、出現多器官衰竭。」高紀平説、「病情這麼重的主要原因在於沒有及時對症治療、發病10多天後、才確診、才有針對性治療。」(高紀平は「江西省出身の患者は現在重態で、多臓器の衰弱が見られる。容態がこれほど重い主要な原因は、すぐに対症療法を行わなかったからで、発症して10数日後に、やっと確定診断され、やっと妥当な治療が行われている。)
患者焦某、男、54歳、江西省宜春市銅鼓縣人。(患者 焦さん 男性 54歳 江西省宜春市銅鼓県在住)
焦某從事鹵豬肉販賣工作。4月15日、焦某出現發熱・咽痛。(焦さんは、煮豚の販売業務に携わっていた。)
(略)
「這名病例也有禽類接觸史、他在農貿市場從事鹵豬肉販賣、周圍活禽交易比較多。」湖南省疾控中心主任李俊華教授説。(この方の症例でも、鳥との接触歴がある。この人は自由市場で煮豚の販売に携わっており、周囲では生きた家禽の取引がかなり多い。」と湖南省疾病予防コントロールセンター主任の李俊華教授は言った。)

邵陽一活禽交易市場被關閉(邵陽市では、ある生きた鳥の取引市場が閉鎖された。)
27日、湖南省衛生廳通報邵陽一女子被確診感染H7N9禽流感、患者有接觸活禽經歴。(27日、湖南省衛生庁は、邵陽市の一女性がH7N9型鳥インフルエンザに感染したと確定診断され、患者には、生きた鳥との接触歴があった、と発表した。)
「已査出、邵陽患者管某買了5只鷄、均來自江蘇、而江蘇早已有了人感染H7N9禽流感病例。」4月27日晩8時許、邵陽疾控中心主任胡邵華接受本報記者採訪時説。(「すでに調査で明かなのは、邵陽市の患者管さんは、5羽の鶏を買ったが、いずれも江蘇省から来たもので、江蘇省ではとっくにH7N9型鳥インフルエンザの人への感染例が出ている。」4月27日夜8時頃、邵陽市疾病予防コントロールセンターの胡邵華主任は、本紙記者の取材を受けた時に、こう言った。)
胡邵華介紹、發病前、管某和鄰居一起去邵陽的一家活禽交易市場買了鷄、管某買了5只鷄。她[女也]買來不是用來吃的、而是想養大再吃。已査明、她[女也]買的鷄、全部來自江蘇。目前、邵陽有關部門已關閉了那家活禽交易市場、來自江蘇的鷄已全部進行了處理。目前、疾控部門正在加強監測、與患者密切接觸者都沒發現異常。(胡邵華は次のように説明した。発症前、管さんは隣近所の人と一緒に邵陽のある生きた鳥の取引市場に行って、鶏を買った。管さんは5羽の鶏を買った。管さんが買ってきたのは、すぐに食べるためではなく、育ててから食べようと思っていたのである。調査で明かなのだが、管さんの買った鶏は、全部江蘇省から来たものだった。現在、邵陽市の関連部局は、すでにその生きた鳥の取引市場を閉鎖し、江蘇省から来た鶏は全部処理が済んでいる。いまのところ、疾病予防コントロール部門は監視を強めているところで、患者との濃厚接触者には、誰にも異常は見られない。)
(略)

[病例回放](症例プレイバック)
湖南通報一起H7N9回顧性病例(湖南省は、過去に遡ったH7N9型鳥インフルエンザ感染の症例も発表した。)
4月16日、上海市衛生和計劃生育委員會通報了4例回顧性病例、其中1例與湖南省相關。4月17日、湖南省衛生廳召開新聞通氣會。會上、湖南省衛生廳通報該例人感染H7N9回顧性病例的情況。所謂回顧性病例是指患者疾病最終結果(痊癒或死亡)之後、通過樣本檢測確診的病例。(4月16日、上海衛生・育成計画委員会は、4例の過去のデータを遡って診断した症例を発表したが、その内1例は湖南省と関係していた。4月17日、湖南省衛生庁は、メディアへの状況説明会を開いた。会上、湖南省衛生庁は、このH7N9型鳥インフルエンザの人への過去のデータを遡って診断した症例の状況を説明した。)
湖南省衛生廳通報的回顧性病例、患者為2歳男童、孟某某。其於3月17日從上海抵達長沙、出現發熱症状、與2月19日上海首例感染H7N9的那名87歳患者相差近一月。經治療、孟某某病情好轉、於19日隨父母驅車返回上海、在上海某醫院繼續治療、22日恢復正常、從發病到痊癒約5天。(湖南省衛生庁が発表した、過去のデータを遡って診断した症例は、患者は2歳の男児で、孟くん。3月17日に上海から長沙に着いたとき、発熱の症状が現れたが、2月19日の上海の最初のH7N9型鳥インフルエンザの感染者である87歳の患者とは、1ヶ月近く発症に間がある。治療した結果、孟くんの容態は好転し、19日に、両親と一緒に車で上海に戻り、上海のある病院で治療を続け、22日に正常に回復した。発病から全治まで5日間だった。)
本版撰文/記者 劉少龍 通訊員 王紅艷

上海から来た子どもの症例を、上海市衛生・育成計画委員会が発表したときの話はこちらに。
2013-04-16 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その36)上海市で新たに1名の感染者 また遡って過去のデータを診断したところ5名の感染者がおり内2名死亡 合わせて感染者は78名 死亡者は16名に@4/16
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2013/04/h7n9-361-52-78-.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013-04-27

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その80)新たに湖南省で初めての感染者1名 江西省から来て湖南省で治療を受けている感染者1名 これで感染者は121名 死亡者23名@ 4/27

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染は、確実に感染者の分布を拡げている。今日は
 湖南省で新たに1名の感染者
が見つかったほか、
 江西省から湖南省に転院してきた感染者1名
も見つかった。
湖南省の感染例では
 早期に抗インフルエンザウイルス薬を投与
しており、好転しつつあるとのこと。
江西省の患者は
 原因不明の重症肺炎洗い出し
によって、インフルエンザ検査を行った結果、確定診断された。

湖南省衛生庁の発表より。最後の部分は訳を省略。


湖南省確診首例人感染H7N9禽流感病例 收治1例江西省銅鼓縣人感染H7N9禽流感確診病例(湖南省では、初めてH7N9型鳥インフルエンザへのヒトへの感染を確定診断した。入院治療中の1名の江西省銅鼓県在住の患者のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染を確定診断した。)
時間、2013-04-27作者、

一、我省首例人感染H7N9禽流感確診病例情況(湖南省で初めてH7N9型鳥インフルエンザへのヒトへの感染を確定診断された症例の状況)
患者管某、女、64歳、邵陽市雙清區人。(患者 管さん 女性 64歳 邵陽市双清区在住)
患者於4月14無明顯誘因出現乏力・發熱、體温38℃-39℃、(4月14日、患者は原因不明の脱力・発熱が現れ、体温は38℃から39℃だった。)
4月18日就診於邵陽市雙清區一私人診所。(4月18日、邵陽市双清区のある個人病院で診察を受け、)
4月19日就診於邵陽市第一人民醫院、隨後以「右肺肺炎並咯血」收住邵陽市第一人民醫院。(4月19日、邵陽市第一人民病院を受診、続いて「右肺肺炎と喀血」のために、邵陽市第一人民病院に入院した。)
4月24日醫院組織會診、診斷「病毒性肺炎・高度人懷疑禽流感」、並向市衛生局電話報告。(4月24日、病院は共同での診察を組織し、「ウイルス性肺炎・高度に鳥インフルエンザのヒトへの感染の疑い」と診断、加えて邵陽市衛生局に電話で報告した。)
邵陽市衛生局立即組織該市疾控中心・雙清區疾控中心開展流行病學調査、並採集患者及其丈夫咽拭子標本。(邵陽市衛生局は直ちに邵陽市疾病予防コントロールセンター・双清区疾病予防コントロールセンターを組織して、感染症学的調査を展開、加えて、患者とその夫の喉を拭った綿棒の検体を採取した。)
4月25日上午、邵陽市疾控中心檢測結果為人感染H7N9禽流感病毒核酸陽性、當天晩上22時省疾控中心復核結果陽性。(4月25日午前、邵陽市疾病予防コントロールセンターは検査計測の結果、H7N9型鳥インフルエンザウイルスRNA陽性となり、この日の夜22時、湖南省疾病予防コントロールセンターが再検査を行った結果、陽性だった。)
患者經抗病毒治療・無創呼吸支持等綜合治療、目前病情有所好轉。(患者は、抗インフルエンザウイルス薬治療や気管切開を伴わない人工呼吸管理等の総合的治療を経て、現在、容態は好転しつつある。)
4月27日中國疾控中心檢測復核結果為人感染H7N9禽流感病毒核酸陽性。(4月27日、中国国家疾病予防コントロールセンターが再検査をした結果、H7N9型鳥インフルエンザウイルスRNA陽性反応が出た。)
按照『人感染H7N9禽流感診療方案』、我省專家組綜合病例臨床表現・實驗室檢測和流行病學調査結果、診斷為人感染H7N9禽流感確診病例。該病例為我省首例人感染H7N9禽流感確診病例。(『H7N9型鳥インフルエンザ ヒト感染診療プログラム(2013年第2版)』に基づき、湖南省臨床専門家チームは患者の臨床所見・検査結果と感染症学検査所見を考慮して、H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染であると確定診断すると総合的に判定した。この症例は、湖南省で初めてのH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染例である。)
經調査、病例發病前4天有與禽類接觸史、其密切接觸者共41人、已及時採取醫學觀察措施。截至目前、該病例的所有密切接觸者均未發現異常。(調査によると、この症例の濃厚接触者は全部で41名、すぐに医学的経過観察措置を取った。いままでのところ、この症例との濃厚接触者には誰にも異常は現れていない。)

二、我省收治1例江西省銅鼓縣人感染H7N9禽流感確診病例情況(湖南省で入院治療を行っている、H7N9型鳥インフルエンザへのヒトへの感染を確定診断された江西省銅鼓県在住者の状況)
患者焦某、男、54歳、江西省宜春市銅鼓縣人、從事鹵豬肉販賣工作。(患者 焦さん 男性 54歳 江西省宜春市銅鼓県在住)
患者於2013年4月15日出現發熱・咽痛、(2013年4月15日、患者は発熱・喉の痛みが現れ)
4月17日至19日先後就診於當地個體診所和江西省銅鼓縣人民醫院、診斷為「肺炎」、對症治療後無好轉。(4月17日から19日相次いで、江西省の個人診療所と江西省銅鼓県人民病院を受診、「肺炎」と診断され、対症療法を受けたが、良くならなかった。)
4月22日上午轉至我省瀏陽市人民醫院就診、以「發熱査因」收治入院。(4月22日午前、湖南省瀏陽市人民病院に転院して診察を受け、「発熱の原因を検査する」ために入院治療を行った。)
4月25日瀏陽市人民醫院以「不明原因肺炎重症病例」向瀏陽市疾控中心報告、當天開展了相關調査處置和標本採集、(4月25日、瀏陽市人民病院は、「原因不明の肺炎の重症症例」として、瀏陽市疾病予防コントロールセンターに報告、この日、関連調査の処理と検体の最終を展開し、)
4月26日湖南省疾病預防控制中心實驗室檢測結果為人感染H7N9禽流感病毒核酸陽性。(4月26日、湖南省疾病予防コントロールセンター実験室で検査計測した結果、H7N9型鳥インフルエンザウイルスRNA陽性反応が出た。)
27日中國疾病預防控制中心復核結果陽性。(27日、中国国家疾病予防コントロールセンターが再検査をした結果、H7N9型鳥インフルエンザウイルスRNA陽性反応が出た。)
4月26日晩、患者已轉至長沙市公共衛生救治中心救治。(4月26日夜、患者は長沙市公共衛生救急治療センターに転院して救命治療を行った。)
經調査、該病例在湘的密切接觸者51人、均已實施醫學觀察、截至目前、均未發現異常。(調査によると、この症例の濃厚接触者は全部で51名、すぐに医学的経過観察措置を取った。いままでのところ、この症例との濃厚接触者には誰にも異常は現れていない。)
鑒於該病例在江西省宜春市銅鼓縣感染發病、我廳已經將相關情況通報江西省衛生廳。(この症例は江西省宜春市銅鼓県で感染発症したものであることを考慮し、湖南省衛生庁は、関連する状況を、江西省衛生庁に通報済みである。)

三・疫情處置情況
疫情發生後、省委省政府高度重視、李友志副省長27日上午專門聽取彙報、並做重要批示。27日下午、友志副省長召集省委宣傳部・衛生・農業・林業等9個部門召開專題會議、研究我省人感染H7N9禽流感防控工作、對防控工作做出進一歩部署。根據『湖南省流感大流行應急預案』、我省啓動Ⅳ級應急預案、立即成立湖南省人感染H7N9禽流感聯防聯控領導小組、切實加強衛生・農業・林業・商務・教育・工商・藥監・檢驗檢疫等部門信息互通和協調聯動、省衛生廳為牽頭單位、領導小組辨公室設省衛生廳疾病預防控制處。此前、我廳已組建了湖南省人感染H7N9禽流感救治專家組、並確定了省級定點救治醫院、承擔全省人感染H7N9禽流感感染病例的醫療救治指導工作、指導開展全省醫務人員專題業務培訓等相關工作。明確將長沙市第一醫院(長沙市公共衛生救治中心)確定為成人患者收治定點醫院、省兒童醫院作為兒童患者收治定點醫院。
省政府要求各級政府要進一歩加強對防控工作的領導、強化應急値守、啓動應急和聯動機制、科學・有力・有度・有序開展防控工作。各地各單位一是要進一歩加強對防控工作的領導、衛生・農業・林業等相關部門要落實職責、強化防控措施。二是要進一歩加強不明原因肺炎病例・流感樣病例的監測、主動搜索、力爭早發現・早報告・早診斷・早治療、全力救治患者。三是要加大動物疫情監測和防控力度、重點強化禽類源頭防控。四是要進一歩做好相關藥品物資儲備和人員應急準備。五要加強健康教育、正確引導、切實保障公衆健康。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その79)絞めた鳥の羽を抜く「脱毛機」がウイルスを拡散?@4/20付香港蘋果日報

いまのところ
 感染ルートが不明

 H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染
なのだが、4/20付の香港蘋果日報が
 鳥の脱毛機が原因では?
という記事を載せている。

これがその脱毛機。
04
ついてるキャプションもすごい。


九龍城街市鷄販玲姐強調、毎天都徹底清潔脱毛機、不擔心機器會傳播禽流感。(九龍城の市場で、鶏を販売している玲ねえさんは、「毎日、徹底的に脱毛機を掃除してるんだから、機械から鳥インフルエンザが感染するなんて心配しなくていいわよ。」)
李忠浩攝

え〜、玲ねえさん、マスクもなんにもしてないんだけど、大丈夫ですか〜?

では、記事本文。広東語の会話文が所々にあって、その部分は翻訳に自信がない。


鷄鴨脱毛機 疑經空氣播毒(鶏や鴨の脱毛機 ウイルスを空気感染させている疑い)

内地街市的鷄鴨脱毛機或是H7N9禽流感播毒元凶!國家疾控中心懷疑禽流感病毒透過脱毛機霧化的小水點經空氣傳人。中大呼吸内科教授許樹昌指、沙士病毒當年同樣經霧化治療在威爾斯醫院散播、認為内地推測屬合理懷疑、促當局盡快徹査播毒途徑、阻止禽流感蔓延全國。(内地[香港・澳門等を除く中国大陸各地]の市場の鶏や鴨の脱毛機がひょっとしたら、H7N9型鳥インフルエンザウイルスをまき散らしている元凶ではないか! 中国国家疾病予防コントロールセンターは、鳥インフルエンザウイルスが、脱毛機の霧となったごく小さい水滴を通って、空気を経てヒトに感染するのでは、と疑っている。香港中文大学呼吸器内科の許樹昌教授は、SARSのウイルスはあの年に、[沙田の公立]プリンス・オブ・ウェールズ病院では同様のエアゾール治療を経て、飛散伝播したので、中国国家疾病予防コントロールセンターの推測は合理的な疑いに属すると認められる。当局が、出来るだけ早く、ウイルスの感染経路を徹底的に調査して、鳥インフルエンザが全国に蔓延するのを阻止するよう、促したい、と指摘した。)

國家疾控中心衞生應急中心主任馮子健表示、當鷄鴨放入裝了熱水的脱毛機後、其高速轉動的滾桶會拔除羽毛、其間有機會將帶病毒的霧化水點散播、令家禽從業員吸入水點後染病。(中国国家疾病予防コントロールセンター救急衛生センターの馮子健主任は、鶏や鴨をお湯をセットした脱毛機に入れた後、高速回転するドラムが羽毛を抜去して、その間に、ウイルスを含んだ霧となった水滴が飛散する機会があり、家禽を処理する従業員が水滴を吸い込んだ後に病気に感染する、と見解を述べた。)

霧化程序蒸發帶毒水點(霧となる過程でウイルスを含んだ水滴が蒸発する)
許樹昌指、脱毛機的霧化程序、會將帶病鷄的分泌物・口水及糞便、蒸發成小水點、令病毒原本經飛沫變成經小水點輕易傳播。此原理如同03年沙士病毒在威院8A病房經霧化治療散播一樣、他認為内地懷疑屬合理。如最終屬實、散播情況可以很危險、「鷄隻有大量病毒、現場空氣唔流通、家禽從業員就好易中招」。他建議内地街市參考本港做法、定期設清潔日及加設安全網、減低感染禽流感風險。(許樹昌は、次のように指摘する。脱毛機の霧となる過程で、病気の鶏の分泌物や涎や糞便を含んだまま、蒸発して小さい水滴となりうる。ウイルスそのものを飛沫に変化させることで、小さい水滴を経て、容易に感染する。この原理は、2003年のSARSウイルスがプリンス・オブ・ウェールズ病院8A病室で、噴霧器治療がウイルスを拡散させたのと同様、彼は内地の疑いは合理的であると認めた。もし、最終的にこれが正しければ、拡散状況は大変危険である。「鶏に大量にウイルスがあって、現場の空気の風通しが悪ければ、家禽を処理する従業員はじきに容易にウイルスに感染するだろう。」
港九新界冰鮮禽畜零售商會會長黄偉泉指、如脱毛機為播毒兇手、家禽從業員或要改以人手為鷄隻脱毛、「簡直係屠宰員末路、毎個人得一對手、點趕[走旱]得切幇咁[口甘]多鷄脱毛?」他建議鷄販使用脱毛機時、必須帶口罩作自保。九龍城街市鷄販玲姐指、未聞脱毛器可傳播禽流感、暫不擔心、強調鷄販毎天都徹底清潔機器作防控。(香港・九龍・新界冷蔵畜産小売商会の黄偉泉会長は、次のように指摘する。もし、脱毛機がウイルス感染の犯人なら、家禽を処理する従業員は手で鶏の脱毛をするように改めないといけないのではないか。「まったく、鶏を絞めて捌く作業員はおしまいじゃないか。みんなが両手で、うまいこと、沢山の鶏の脱毛を助けられるようにちょっばかり急ぐって?」
世衞與中國疾控中心組成15人專家小組、昨到北京了解疫情。世衞駐華代表藍睿明指、内地至今累積有逾千名患者的密切接觸者接受測試、暫未有人染病、認為病毒人傳人機會微。另[口力]内地抽驗8萬個禽鳥樣本、僅40個證實帶病毒、而且無禽鳥發病、情況不尋常。(WHOと中国国家疾病予防コントロールセンターは15人の専門家の小グループを結成して、昨日北京に到着し、感染状況を理解した。WHO中国駐在の藍睿明代表は、次のように指摘する。内地では今まで千名以上の患者との濃厚接触者に検査を受けさせてきたが、いまのところまだヒトの感染はないものの、ウイルスがヒトからヒトへ感染した機会は僅かながら認められる。そのほか、内地の8万個の鳥の検体から検査を行ったが、僅かに40個がウイルスを含んでいることが実証できただけで、しかも鳥では発症せず、状況は普通と違っている。)

2003年にSARS感染が拡大した背景に
 プリンス・オブ・ウェールズ病院8号室で、噴霧器治療によるウイルス拡散
があったが
 H7N9型鳥インフルエンザウイルスが感染した鳥

 脱毛機
にかける際、お湯を入れて羽根を抜く手助けにするため
 ウイルスを含んだ水滴が霧となって周囲に拡散される
というわけだ。

この仮説がどこまで正しいかはまだ分からないけど
 感染経路が謎
なのは、こうして拡散したウイルスが原因だとすると、なかなか厄介ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その78)とても具体的な台湾衛生署の「H7N9型鳥インフルエンザQ&A」

日本の厚労省は、中国等へ出かける人に対して、H7N9型鳥インフルエンザに関する注意事項として、次のように呼びかけている。


鳥インフルエンザA(H7N9)について

2.対策・予防について
 中国の発生地域に渡航される方に、この病気について注意喚起を行うとともに、不用意な動物との接触を避けるよう呼びかけています。
 また、中国の発生地域からの到着時に発熱などの症状がある場合は、検疫所へ相談してください。
 さらに、国内の医療機関に対して、中国から帰国後10日以内に肺炎症状等が疑われる患者を診察した場合は、保健所へ連絡するようお願いしています。

あまり具体的ではないし、
 生きた鳥を売買して料理する習慣のある中国および香港・台湾等の地域への注意
としては
 抜けている部分がたくさんある
のだ。

その点、台湾衛生署の呼びかけは具体的だ。


H7N9流感Q&A(H7N9型インフルエンザQ&A)

Q:個人如何避免感染H7N9流感?(2013.04.05)更新
A: 1.勤洗手、雙手避免任意碰[石並}觸眼・鼻・口等黏膜。(よく手を洗い、両手でみだりに目・鼻・口などの粘膜を触らないようにしてください。)
2.保持空氣流通、咳嗽・打噴嚏需遮掩口鼻、若出現發燒・咳嗽・喉嚨[口龍]痛等呼吸道症状、應戴口罩並就醫、儘量不上班・不上課。(風通しをよくして、咳・くしゃみをするときは、口と鼻を覆いましょう。もし、熱・咳・喉の痛みなどの呼吸器の症状が出たら、マスクをして病院にかかるべきです。できるだけ、通勤通学しないように。)
3.避免接觸禽鳥及其分泌物、若不慎接觸、應馬上以肥皀徹底清潔雙手。(鳥や鳥の分泌物に接触するのを避け、もしうっかり接触したときは、すぐに石鹸で徹底的に両手を清潔にしましょう。)
4.禽肉及蛋類徹底煮熟。(鳥肉や卵は、徹底的に火を通しましょう)
5.料理生鮮禽畜肉品及蛋類後立即洗手刀具・砧板也要徹底清洗後才能再度使用。(生の鳥肉や卵を料理したら、すぐに手を洗いましょう包丁やまな板も徹底的にきれいに洗ってからでないと、次に使用できません。)
6.不要購買或飼養來源不明或走私的禽鳥。(どこから来たのか分からない、あるいは密輸された鳥を買ったり、飼ったりしてはいけません。)
7.非必要或無防護下、避免到生禽宰殺處所・養禽場及活禽市場。(別段用もなくあるいは防護しないままで、生きた鳥を絞めて捌く所や家禽の養殖場、生きた家禽を売る市場には近寄らないようにしましょう。)
8.禽畜業工作者於作業過程時、應穿戴個人防護設施、工作後、應做好清消工作。(畜産業に従事する者は、作業の過程で、個人が防護のための装備をしなくてはいけません。作業後は、消毒洗浄作業を遂行しなくてはいけません。)
9.一般民衆平時應養成良好個人衛生習慣・注意飲食均衡・適當運動及休息、維護身體健康。(一般の人々は、普段は個人のよい衛生の習慣を身につけ、食事のバランスに気をつけ、適度に運動・休息して、体の健康を保たなくてはいけません。)
10.有禽鳥接觸史・流行地區旅遊史的民衆、若出現發燒・喉嚨[口龍]痛・咳嗽・結膜炎等症状請戴口罩儘速就醫、並主動告知接觸史・工作内容及旅遊史等。(鳥への接触歴・感染流行地区への旅行歴がある人は、もし、熱や喉の痛み、咳、結膜炎等の症状が出たら、マスクをして出来るだけ早く病院にかかって、自主的に接触歴と仕事の内容と旅行歴等を知らせて下さい。)
11.口罩是居家常備保健物品、宜適量準備。(マスクは家に常備しておく保健用具です。適量を準備しておくように。)

この中でも
 両手で目や鼻、口の粘膜をみだりに触らない(手に付着したウイルスが粘膜に移るのを防ぐ)
 鳥の分泌物に触らない
 鳥肉や卵を調理したら、包丁・まな板などの調理器具をよく洗浄してから、次の調理に使用する
 渡航歴のある場合は、咳や喉の痛みだけでなく、結膜炎も受診のトリガーとする
というのは重要かも。
で、一つ問題なのは
 中国での外食の場合、鳥肉や卵の料理を出している店で感染する恐れはある
ということだ。
 料理によく火が通っていても、生や火の通りの良くない鳥肉や卵を触った手や調理器具、食器などが使われた
場合は、それが感染源になる可能性が排除できない。
 自分でいくら気をつけていても、どこかでウイルスと接触する可能性
は常にある、ということだ。そのことを台湾衛生署の呼びかけは、端的に伝えてくれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その77)水際作戦なんてムリ 不顕性感染も明らかになっているのに歴史に学ばない日本の感染症対策行政

本日の
 ビックリニュース
はこちら。
毎日より。


鳥インフルエンザ:水際作戦に検疫探知犬 羽田空港
毎日新聞 2013年04月27日 09時36分(最終更新 04月27日 10時04分)

 中国で感染が拡大する鳥インフルエンザ(H7N9型)侵入を未然に防ごうと、全国の国際空港で旅客の手荷物から肉製品を探す検疫探知犬が鼻を利かせている。羽田空港では上海・北京便を中心に、ウイルス侵入を水際で食い止める努力を続けている。
 検疫探知犬はいずれもビーグル犬で、4歳のバッキー号と3歳のニール号。入国検査場内で到着客の手荷物の間を歩き、少しでも「におい」を感じると座りこんで指導手に合図を送る。昨年2月に導入され、月約200件の肉製品など持ち込み禁止品を発見している。【中村藍】

え〜と
 密輸肉製品の焙り出し
のためなら
 検疫探知犬の出動は結構
なんだけど、
 ウイルス侵入を水際で食い止める努力

 前回の豚インフルエンザの時に無効
という結論になったんじゃないのか。

H7N9型鳥インフルエンザのために労力を割くなら
 発熱外来
の方でしょう。
 重症化すると経過が早い
ので、
 救急救命のための措置に金をかけ医療資源を用意するのが肝要
だ。

しかし、全然、
 歴史に学ばない国
なのね。それとも
 厚労省が学ばないことにしている
のか。
 豚インフルエンザの時に、貴重な医療スタッフが水際作戦に投入されて疲弊した事実
を、もう一度考えて欲しい。その医療スタッフを一番必要としていたのは
 空港ではなく、実際に患者さんの治療に当たる医療現場
だったのである。

今回のH7N9型鳥インフルエンザだが
 感染経路が相変わらず不明
 ヒトヒト感染の可能性は完全には否定できないが、まだ確実とは言えない
 不顕性感染によるキャリアが見つかっている
 台湾の最初の感染例では、帰国後時間が経ってから発症
というわけで
 発症後に帰国するのでなければ、まず空港でのスクリーニングは無効に近い
と思われる。

不顕性感染があるということは
 不顕性感染者も軽症の感染者も多数いる
ということで、それはよくピラミッド型モデルで説明される。

H7N9型鳥インフルエンザでは、鳥との接触歴があるかどうかが問題なのだが、台湾の感染者も
 鳥との接触歴なし、火がきちんと通ってない鳥肉や卵は食べていない
ということなので、
 どこから感染したか
が相変わらず不明。大陸や台湾・香港とのつきあいが多い畏友は
 調理場が不潔だったんじゃない?
と言っていたけれども、生きた鳥を絞めて捌いて売るのが家業の北京市の不顕性感染の4歳男児が
 家禽を捌く作業台で遊んでいた
という話もあるから、
 感染した鳥肉経由で調理台や調理器具等が汚染する感染経路
も考慮に入れておく必要がある。

有り体に言ってしまえば
 すでに日本国内にもH7N9型鳥インフルエンザ感染者が存在してもおかしくない
けれども、
 不顕性感染や軽症
であれば、クローズアップされることもない。軽症であれば、本人も気がつかないし、通常の
 A型インフルエンザの治療
を受けていることと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その76)一目瞭然 台湾衛生署疾病管制局作成の中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染地図と統計@4/26→死亡率ぶっちぎりは上海

1名のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染が確認されたばかりの台湾だが、
 台湾衛生署疾病管制局作成の中国感染者分布地図と毎週の患者数の統計
がわかりやすい。
4/26には、感染報告が相次いだので、5例が未収録だが、福建省の初感染例は入っている。
4/26 18:00現在の中国国内のH7N9型鳥インフルエンザ感染者数と分布。009a5f852c99448192e9f43f0d740988

こちらは同じデータを用い、中国での今年のH7N9型鳥インフルエンザウイルス感染者の報告数を週ごとに棒グラフにしたもの。
7dd316686f2e48b899141d9f6764b174

感染の中心が
 先週、上海から浙江省に
移り、今週は
 これまで報告のなかった地域に感染者が出現し始めた
ことが、このグラフから読み取れる。

続き。
南方週末の分布図も悪くない。こちらも26日18:00現在。
 一つの中国
のスローガンに従い、
 台湾を中国国内としてカウント
している。
67846jpeg660x440
ここから読み取れるのは
 感染が数的には終息しつつある上海での死亡率がぶっちぎりで高い
ことだろう。
死亡者を出している各地域別の死亡率は次の通り。
 地域名 感染者数 死亡者数 死亡率
 上海  33  12  0.37
 浙江  45   6  0.13
 江蘇  24   4  0.16
 安徽   4  1  0.25
安徽省は、感染者数が少ないので、死亡率が高めに出ているが、
 上海の37%

 シャレにならない死亡率
だ。上海を調査したWHOが驚くのも無理ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その75)新たに江蘇省で感染者3名 内1名は疑似感染例から確定診断 現在容態は重態 1名重症 4/24の死亡者も発表 これで感染者は119名 死亡者23名@4/26→疑似感染となったのは4/5で確定診断は3週間後の4/26

25日にはなぜかバックれていた、江蘇省衛生庁だが、26日になって漸く
 死亡者1名
を、感染報告と一緒に発表した。この感染報告は、退院者を筆頭に報告していて
 少しでも明るいニュースに見せる工夫
をしているのだが
 新たに確認された3名の感染者は、1名軽症、1名重症で、1名は重態

 内1名が4月5日疑似感染例
としていた患者で、
 26日に確定診断された
というのが謎である。
 3週間もの間、病院や衛生当局がなにをやっていたのか
が不明だ。それとも
 上海市の時のように、遡って疑似診断例や死亡例の「過去のデータ洗い出し」
をやっていたら
 疑似診断例が確定診断された
ということなのか。それとも検査キットが
 潤沢に出回る
ようになったのか。

軽症の1名は
 早期診断早期治療の実践症例
で、恐らく
 確定診断前から積極的治療に当たった症例
だと思われる。

江蘇省衛生庁の発表より。


4月26日江蘇1例人感染H7N9禽流感病例出院 新確診2例病例 另[口力]有1例疑似病例被診斷為確診病例(4月26日、江蘇省では、1名のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染者が退院、新たに2名のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染が確定診断され、その外に1名の疑似感染例が確定診断される。)

發布時間、2013-4-26

江蘇省衛生廳4月26日通報、江蘇1例人感染H7N9禽流感病例出院、新確診2例人感染H7N9禽流感病例、另[口力]有1例疑似病例被診斷為確診病例。(4月26日、江蘇省衛生庁は、江蘇省で、1名のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染者が退院、新たに2名のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染が確定診断され、その外に1名の疑似感染例が確定診断されたと発表した。)

患者單某、男、26歳、住鹽城市亭湖區。4月14日、被診斷為人感染H7N9禽流感確診病例。經積極治療、現已臨床治癒、符合出院標準、於4月26日出院。(患者 単さん 男 26歳 塩城市亭湖区在住。4月14日、H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染が確定診断された。積極的な治療を経て、現在、臨床的に完治し、退院の基準に合致したので、4月26日退院した。)

患者錢某、男、49歳、現住南京市溧[シ栗]水區。(患者 銭さん 男性 49歳 現在南京市溧[シ栗]水区在住。)
4月26日、省專家組診斷該病例為人感染H7N9禽流感確診病例。(4月26日、江蘇省専門家チームは、この患者がH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染と確定診断した。)
該病例通過「早檢早治」措施發現、目前在南京市某醫院救治、病情較輕。(この患者は「早期検査早期治療」措置を受けて見つかり、現在、南京市のある病院で救命治療を受けているが、容態はかなり軽い。)

患者周某、男、36歳、現住徐州新沂市。(患者 周さん 男性 36歳 徐州新沂市在住。)
4月26日、省專家組診斷該病例為人感染H7N9禽流感確診病例。(4月26日、江蘇省専門家チームは、この患者がH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染と確定診断した。)
目前在南京市某醫院救治、病情較重。(現在、南京市のある病院で救命治療を受けているが、容態はかなり重い。)

患者張某、男、60歳、現住無錫市濱湖區。(患者 張さん 男性 60歳 無錫市浜湖区在住。)
4月5日、省專家組診斷該病例為人感染H7N9禽流感疑似病例。(4月5日、江蘇省専門家チームはこの患者をH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの疑似感染例と診断した。)
4月26日、從該患者標本中分離出H7N9禽流感病毒。(4月26日、この患者の検体から、H7N9型鳥インフルエンザウイルスが分離された。)
4月26日、省專家組診斷該病例為人感染H7N9禽流感確診病例。(4月26日、江蘇省専門家チームは、この患者がH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染と確定診断した。)
目前在無錫某醫院救治、病情危重。(現在、無錫市のある病院で救命治療に当たっているが、重態である。)

另[口力]外、無錫市1例人感染H7N9禽流感確診病例張某、女、32歳、經省專家組多次會診、全力搶救無效於4月24日死亡。(この他、無錫市のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染と確定診断された患者張さん、女性、32歳は、江蘇省専門家チームの度重なる共同の診察を受け、全力で救命に当たったが効なく、4月24日に死亡した。)

死亡した張さんの確定診断時の江蘇省衛生庁の発表は以下の通り。


江蘇省發現4例人感染H7N9禽流感病例 省衛生廳落實5條措施全力做好疫情防治工作(江蘇省で4名のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染患者が見つかる。江蘇省衛生庁は、5条の措置を実行し、全力で感染症流行予防と治療を遂行する。)

發布時間、2013-4-2
(略)
患者張某、女、32歳、常州人、現居無錫市濱湖區、無業。(患者 張さん 女性 32歳 
常州市出身で現在無錫市浜湖区在住。)
3月21日出現發熱・咳嗽等症状。(3月21日、発熱・咳等の症状が現れる。)
3月28日、患者病情加重轉入無錫某醫院ICU治療。(3月28日、患者の病状が重くなり、無錫のある病院に転院し、ICUで治療を受ける。)
目前、患者病情危重、正在全力搶救。(現在、患者は重態、全力で救命治療に当たっている。)
3月31日、經江蘇省疾控中心檢測確定為H7N9禽流感病毒核酸陽性。(3月31日、江蘇省疾病予防コントロールセンターの検査計測によって、H7N9型鳥インフルエンザウイルスRNA陽性と確定された。)
按照有關要求、4月2日下午、省衛生廳組織專家、依據病例的臨床表現・實驗室檢測和流行病學調査結果、診斷該病例為人感染H7N9禽流感確診病例。(4月2日午後、関連する条件に基づき、江蘇省衛生庁は専門家を組織、この症例の臨床所見・検査結果および感染症学的調査結果により、この症例をH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染例と確定診断した。)
經調査、該病例的密切接觸者共有43人。經醫學觀察、截止目前、均未發現有發熱或呼吸道症状。(調査によると、この症例で濃厚接触者は全部で43人。医学的経過観察を行ったところ、現在まで、誰にも発熱あるいは呼吸器の症状は見られない。)
(以下略)

かなり長い経過を辿っていることがわかる。
 3/21 発症 発熱・咳等の症状
 3/28(発症後8日目) 重症となりICUへ入院、治療を続ける
 3/31 H7N9型鳥インフルエンザウイルス陽性
 4/2 確定診断
 4/24(発症35日後 ICU入院27日間) 死亡

中国で27日間もICUに入院すると、破産では済まないくらいの経費がかかるのだが、どのくらい保険で補填されるのだろうか。
 無職
だったとのことで、医療保険に加入できていたのか、気になる。

疑似感染例から確定診断された、張さんが疑似感染例となった時の江蘇省衛生庁の発表は以下の通り。


4月5日江蘇省新増2例人感染H7N9禽流感確診病例(4月5日江蘇省で新たに2名のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染が確定診断される。)

發布時間、2013-4-5
(略)
4月5日中午、省專家組同時對2例不明原因肺炎病例(無錫市濱湖區張某及蘇州市呉江區趙某)進行了會診分析、因缺乏充足的病原學檢測證據、依據國家衛生和計劃生育委員會印發的『人感染H7N9禽流感診療方案(2013年第1版)』、診斷為疑似病例。(4月5日正午、江蘇省専門家チームは同時に、2例の原因不明の肺炎症例(無錫市浜湖区張さんと蘇州市呉江区趙さん)について、共同で診察に当たって分析を加えたが、十分な病理学的検査測定結果による証拠が不足しているため、中国国家衛生・育成計画委員会発行の『H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染診断規則(2013年第1版)』に基づき、疑似感染例と診断した。)

ということは、どうも
 4月上旬に江蘇省では「原因不明の肺炎」が流行していた
ってことだよね?
それにしても
 4/5に確定診断できなかった理由である「十分な病理学的検査測定結果による証拠が不足」
とは何を指すのだろう。今回確定診断に到った理由も是非知りたいモノだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その74)新たに江西省で感染者1名 現在容態は重態 これで感染者は116名 死亡者23名@4/26→家で飼育していた鶏や鴨が死亡した農民

25日に初めての感染者が確認された江西省で、
 新たに1名の感染者
が見つかった。
 家で飼っている鴨や鶏に死んだものがいる農民

 現在重態
である。
もし、
 家禽が死亡した原因がH7N9型鳥インフルエンザ
なら、珍しい方だろう。この鳥インフルエンザの面倒なところは、鳥にはあまり大きな被害が出ない点だからだ。

江西省衛生庁の発表より。


江西新増1例人感染H7N9禽流感確診病例(江西省で新たに1名のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染が確認される。)
江西省衛生廳www.jxwst.gov.cn2013年4月26日來源、廳辨公室
江西省衛生廳4月26日通報、江西省新増1例人感染H7N9禽流感確診病例。(4月26日、江西省衛生庁は、江西省で新たに1名のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染が確認された、と発表した。)

患者熊某、女、76歳、農民、南昌縣人。(患者 熊さん 女性 76歳 農民 南昌県在住)
患者因出現發熱・咳嗽等症状前往南昌市某醫院就診併入院治療。(発熱・咳等の症状が出たため、患者は南昌市のある病院に行き診察を受け、入院治療を行うこととなった。)
4月26日、該患者標本經江西省疾病預防控制中心檢測人感染H7N9禽流感病毒核酸陽性。(4月26日、この患者の検体から、江西省疾病予防コントロールセンターはヒトに感染したH7N9型鳥インフルエンザウイルスRNA陽性を検出した。)
流行病學調査結果顯示、該患者家中飼養鷄鴨、近期有死亡。(感染症学的調査の結果、この患者の家で飼っている鶏や鴨に、最近死んだものがあった。)
省衛生廳專家組依據患者臨床表現・實驗室檢測和流行病學調査結果等、診斷該患者為人感染H7N9禽流感確診病例。(江西省衛生庁の専門家チームは、患者の臨床所見・検査所見と感染症学的調査の結果等に基づき、この症例がH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染であると確定診断した。)
目前、患者病情危重、醫院正在積極救治中。(現在、患者は重態で、病院は積極的に救命治療に当たっている。)

該病例密切接觸者有10人、均已採取醫學觀察措施、未發現異常。(この患者の濃厚接触者は10名、いずれも医学的な経過観察を行ったが、まだ異常は現れていない。)

截至目前、江西省共發現人感染H7N9禽流感確診病例2例。未發現上述2例病例之間存在流行病學關聯。(これまでのところ、江西省では全部でH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染が確認されたのは2名である。上記2名の患者の間に、感染症学的な関係は見られない。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その73)新たに浙江省で感染者1名 現在容態は重い これで感染者は115名 死亡者23名@4/26

浙江省では今日も
 新たに1名の感染者
が見つかった。しかも
 容態は重い
という。

浙江省衛生庁の発表より。


浙江省新増1例人感染H7N9禽流感病例(浙江省で新たに1名のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染例が見つかる。)
發布日期、2013-04-26 信息來源、衛生廳
浙江省衛生廳

2013年4月26日

浙江省衛生廳4月26日通報、截至4月26日15:00、浙江省新増1例人感染H7N9禽流感病例。(4月26日、浙江省衛生庁は4月26日15:00までに、浙江省で新たに1例のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザ感染があったと発表した。)

患者李某、男、38歳、農民、湖州人、於4月17日發病、現在杭州某醫院治療。(患者 李さん 男性 38歳 農民 湖州市在住。4月17日、発症。いまは杭州市のある病院で入院治療中。)

經省疾控中心檢測、該患者標本為人感染H7N9禽流感病毒核酸陽性。我廳組織專家對患者的臨床表現・流行病學資料和實驗室檢測結果進行討論、診斷為人感染H7N9禽流感確診病例。(浙江省の疾病コントロールセンターは、この患者の検体を検査測定したところ、すべての検体からH7N9型鳥インフルエンザウイルスRNA陽性反応が出た。浙江省衛生庁は専門家を組織し、臨床所見・感染学的資料と検査所見の結果に対し討論を行い、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
目前、該患者病重、醫院正在積極救治中。(現在、患者の容態は重く、病院では積極的に救命治療に当たっている。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013-04-26

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その72)新たに福建省で初めての感染者1名が見つかる これで感染者は114名@4/26

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染は拡散が止まらない。
今日は
 福建省で初めての感染者
が見つかった。65歳の男性で
 4/18 発症 咳が繰り返し出、動くと胸が苦しい。熱は低い。
 4/21 発熱、息切れの症状が出る
 4/23 咳や痰が5日間続き、発熱、息切れも2日続いているので、入院。→重症肺炎と診断。H7N9型鳥インフルエンザウイルス検査の結果待ち。
 4/26 H7N9型鳥インフルエンザウイルス陽性。感染例と確定診断。患者の容態は好転。
という経過である。

福建省衛生庁の発表より。


福建省發現1例人感染H7N9禽流感確診病例(福建省で1名のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染例が見つかる。)
時間、2013-04-26
福建省衛生廳4月26日通報、福建省確診1例人感染H7N9禽流感病例。(4月26日、福建省衛生庁は、福建省が1名のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染を確定診断した、と発表した。)
患者羅某、男、65歳、福建省龍岩市永定縣高陂鎮人。(患者 羅さん 男性 65歳 福建省龍岩市永定県高陂鎮在住。)
患者於4月18日無明顯誘因出現反復咳嗽、伴活動後胸悶、低熱。(4月18日、患者は原因不明の咳が繰り返し現れ、動くと胸部圧迫感があったが、熱はなかった。)
23日14時50分以「咳嗽咳痰5天、發熱氣促2天」為主訴入住龍岩市第二醫院。(23日14時50分、「咳や痰が5日間続き、発熱や息切れが2日間続いている」のを主訴として、龍岩市第二病院に入院した。)
省市專家會診診斷為1.重症肺炎・2.人感染H7N9禽流感待確診。給予抗病毒治療・無創呼吸支持和中藥等綜合治療、目前病情有所好轉。(福建省の専門家が共同で診断した結果、1. 重症肺炎 2. H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染かどうかの確定診断待機中、と診断された。抗インフルエンザウイルス薬を投与し、気管切開をしない人工呼吸管理と中国薬等を用いた総合治療を行ったところ、いまは病状は好転している。)
4月26日11時中國疾控中心復核檢測結果為H7N9禽流感病毒核酸陽性。(4月26日11時、中国疾病予防コントロールセンターがフィードバックの再検査をした結果、H7N9型鳥インフルエンザウイルスRNA陽性反応が出た。)
按照『人感染H7N9禽流感診療方案(2013年第2版)』、福建省衛生廳專家組綜合病例的臨床表現・實驗室檢測和流行病學調査結果、診斷為人感染H7N9禽流感確診病例。該病例為我省首例人感染H7N9禽流感確診病例。(『H7N9型鳥インフルエンザ ヒト感染診療プログラム(2013年第2版)』に基づき、福建省臨床専門家チームは患者の臨床所見・検査結果と感染症学検査所見を考慮して、H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染であると確定診断すると総合的に判定した。この症例は、福建省で初めてのH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染例である。)
經調査、該病例的密切接觸者共37人、已及時採取醫學觀察措施。截至目前、該病例的所有密切接觸者均未發現異常。(調査によると、この症例の濃厚接触者は全部で37名、すぐに医学的経過観察措置を取っており、いままでのところ、この症例との濃厚接触者には誰にも異常は現れていない。)
疫情發生後、省委省政府高度重視、對做好防控工作做出進一歩部署。省衛生廳要求各地各單位一要進一歩加強防控工作的領導、切實落實各項防控措施。二要進一歩加強預檢分診、規範病人就診。三要進一歩加強不明原因肺炎病例和流感樣病例的監測、主動搜索、力爭早發現・早報告・早診斷・早治療。四要及早使用抗病毒藥物、進一歩充分發揮中醫藥在臨床醫療救治作用。五要進一歩做好相關藥品物資儲備。六要進一歩加強健康教育、切實保障公衆健康。
專家提醒、當前是流感等呼吸道傳染病高發的季節、為預防流感、要注意個人衛生、勤洗手、室内勤通風換氣、注意營養、保持良好體質。打噴嚏・咳嗽時注意遮掩口鼻、預防感染他人。盡可能減少與禽畜的接觸、特別注意盡量避免接觸和食用病死的禽畜。一旦出現發熱・咳嗽等急性呼吸道感染症状、尤其是出現高熱・呼吸困難者、應及時就醫。(福建省衛生廳新聞辨公室)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その71)北京市・山東省・江西省の「初の感染例」で名前が挙がっている中国共産党幹部

もし、今回の
 北京市・山東省・江西省の「初の感染例」発表

 すべて政治パフォーマンスのための「演出」
であるとすれば、
 中国共産党が宣伝
したいのは
 活躍した中国共産党幹部
ということになるだろう。

それぞれの感染例発表で名前が挙がっているのは次の通りだ。
 北京市 北京市共産党委員会書記 郭金龍(昨年の北京市の洪水の責任を取って市長を辞任したと言われる。胡錦濤に近い。胡錦濤の後任としてチベット自治区のトップを務めた。)
     北京市長 王安順(江沢民・曾慶紅に近い)
     副市長 李士祥・林克慶
 江西省 江西省共産党委員会書記 強衛(元北京市共産党委員会副書記 今年3月に青海省共産党委員会書記から転任)
     江西省長 鹿心社

で、北京で初めての感染例が発表されたとき
 北京市エライ
という中身が延々続くので、訳さなかった部分なのだが、
 実は中国共産党が一番強調したかった部分
を訳しておく。かなりうんざりしながら訳しているので、間違いがあったらごめんなさい。


北京市用一天半時間確診一例人感染H7N9禽流感病例 患者病情穩定 未發現續發病例(北京市は一日半でH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染を確定診断 患者の容体は安定しており、感染の続発はまだ見られない)
時間、2013-04-13文章來源、北京市衛生局
(略)

北京市委市政府高度重視H7N9禽流感防控工作。國家衛生和計劃生育委員會近期通報了上海等地發現人感染H7N9禽流感病例後、市委書記郭金龍同志・市長王安順同志高度關注、對加強監測・防控和宣傳工作作出重要指示和批示。4月6日上午、王安順市長專門召開會議、聽取衛生・農委・工商等部門匯報、對防控工作進行部署。根據衛生和計生委・市委市政府的部署、北京市衛生局周密安排・精心組織・紮實落實、動員首都地區衛生系統做好方案製定・監測檢測・醫療救治・人員培訓・物資儲備・應急演練・宣傳教育・聯防聯控等工作。這些是首例病例能夠[句多]快速敏鋭發現・及時有效救治的原因。(北京市共産党委員会・北京市政府は、H7N9型鳥インフルエンザ予防コントロール作業を極めて重視している。中国国家衛生・育成計画委員会が、最近、上海等の地域でH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染が見つかったと報告してから、北京市共産党委員会書記郭金龍同志・市長王安順同志は、極めて関心を寄せ、監視・予防コントロールと宣伝工作を強化するように重要な(口頭の)指示と文書による指示とを出した。4月6日午前、王安順市長は特に会議を招集して、衛生・農業委員会・工商等の部門の総括報告を、予防コントロール作業を進める部署のために聴取した。北京市衛生・育成委員会と北京市共産党委員会・北京市政府の部局は、北京市衛生局は綿密に調整し、丹念に組織し、着実に実行するよう、計画を立て、監視検査計測を行い、救命医療を行い、スタッフをトレーニングし、物資を備蓄し、救急活動の演習を行い、宣伝教育し、共同で予防し、コントロールする等の活動を、首都地区の衛生部門を動員して遂行した。これらのことは、最初の症例が急速かつ機敏に発見され、すぐに有効な救命治療ができた原因である。)

在確認發現H7N9禽流感疑似病例之後、李士祥・林克慶副市長於12日晩連夜召開會議、聽取衛生・農業・工商部門的匯報、研究同意衛生局等部門提出的建議、在前期工作基礎上、對下一階段防控工作作出部署。(H7N9型鳥インフルエンザの疑似感染例が発見されてからは、李士祥・林克慶副市長は、12日夜徹夜で会議を招集し、衛生・農業委員会・工商の部門の総括報告を聴取、れまでの作業を基礎として、さらに一層の予防異ロール作業を行う部署に対する、衛生局等の部局が提出した提言を検討して同意した。)
(以下略)

ここでも書かれているが
 上海の防疫が「失敗」
だったので、
 北京では科学の勝利・共産党の指導の勝利を喧伝
する必要があったわけだ。
しかし、ぬけぬけと


北京市衛生・育成委員会と北京市共産党委員会・北京市政府の部局は、北京市衛生局は綿密に調整し、丹念に組織し、着実に実行するよう、計画を立て、監視検査計測を行い、救命医療を行い、スタッフをトレーニングし、物資を備蓄し、救急活動の演習を行い、宣伝教育し、共同で予防し、コントロールする等の活動を、首都地区の衛生部門を動員して遂行した。これらのことは、最初の症例が急速かつ機敏に発見され、すぐに有効な救命治療ができた原因である。

とかいってるわけなんだが
 最初から成功するはずの初の感染例発表
なんだから
 迅速な対応を演出するための練習と準備に抜かりはなかった
って話じゃないのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その70)江西省で初めての1名の感染者 現在重態 感染者は合わせて113名 死亡者は23名@4/25→これは茶番だ

2013-04-25 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その67)一部の情報の「予言」通り、江西省で1名の疑似感染例@4/25
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2013/04/h7n9-671425-4e1.html
の続き。

さて、先ほどの「予測」の通り
 江西省の疑似感染患者は、確定診断
された。
まずは江西省衛生庁の発表より。


江西發現1例人感染H7N9禽流感確診病例(江西省で初めてのH7N9型鳥インフルエンザ疑似感染例が見つかる。)
江西省衛生廳www.jxwst.gov.cn2013年4月25日來源、廳辨公室
江西省衛生廳4月25日通報、江西省確診1例人感染H7N9禽流感病例。(4月25日、江西省衛生庁は、江西省が1名のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染を確定診断したと発表した。)
患者熊某、男、69歳、家住南昌市青山湖區、退休在家。(患者 熊さん 男性 69歳 南昌市青山湖区在住 退職者で家にいる。)
4月19日晩因發熱、伴有胸悶・胸痛・腹瀉入南昌市第三醫院住院治療。(4月19日夜、胸部圧迫感・胸の痛み・下痢を伴う発熱のため、南昌市第三病院に入院し治療を受けた。)
22日患者病情加重、最高體温40℃。(22日、患者の容態は重くなり、体温は最高40℃。)
24日江西省疾病預防控制中心報告患者的樣本檢測結果為人感染H7N9禽流感病毒核酸陽性。(24日、江西省疾病予防コントロールセンターは、患者の検体を検査計測した結果、H7N9型鳥インフルエンザウイルスRNA陽性となった。)
25日經中國疾病預防控制中心實驗室復核為人感染H7N9禽流感病毒核酸陽性。(25日、中国疾病コントロールセンターが再検査したところ、H7N9型鳥インフルエンザウイルスRNA陽性となった。)
患者無離昌外出史・無病死家禽類接觸史、居住地百米左右有活禽交易市場。(患者は、南昌市外に出たことはなく、病死した家禽類への接触歴もなかった。住宅の100m前後ののところに、生きた家禽の取引市場がある。)
江西省衛生廳專家組依據患者臨床表現・實驗室檢測和流行病學調査結果等、診斷該病例為人感染H7N9禽流感確診病例。(江西省衛生庁の専門家チームは、患者の臨床所見・検査所見と感染症学的調査の結果等に基づき、この症例がH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染であると確定診断した。)
目前、患者病情危重、醫院正在積極救治中。(現在、患者は重態で、病院は積極的に救命治療に当たっている。)
疫情發生後、省委・省政府領導高度重視、強衛書記・鹿心社省長專門作出批示、要求按照防控預案、切實抓好疫情監測・排査防控・源頭防範等各項工作、全力做好患者救治工作、及時準確發布信息、普及疫情防控知識、最大限度減少禽流感疫情帶來的危害和影響、切實保障人民群衆身體健康和生命安全。(感染が発生した後、江西省委員会・江西省政府は、これを重視し正しく指導し、強衛書記・鹿心社省長は、予防コントロールプランに基づき、感染状況の監視、徹底的な予防コントロール、根本的な予防措置等のそれぞれの作業を適切にきちんと把握し、全力で患者救命活動を遂行し、速やかに正確な情報発信をし、感染の予防コントロールの知識を普及し、最大限に鳥インフルエンザ感染がもたらす危険と影響を減らし、適切に一般民衆の身体の健康と生命の安全を守るように、特に指示を与えた。)
省衛生廳第一時間啓動應急響應、派出省級專家組赴現場指導臨床救治・流行病學調査及防控工作。(江西省衛生庁は最初の1時間に、緊急に対応を開始し、江西省クラスの専門家チームを現場に派遣して臨床救命治療・感染症学調査と予防コントロール作業を現場指導している。)

經醫學觀察、14名密切接觸者未發現異常。(医学的な経過観察を行ったが、14名の濃厚接触者には異常は現れていない。)

この
 定型文による発表
なのだが、
 中国共産党が知らせたいのは青字の部分
である。つまり
 H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染のその地域の「初めての感染例」

 いかに省や市が迅速かつ適切な行動を取り、下部組織を指導したか
ということを
 喧伝するための茶番
だと考えられる。

一部情報の「予言」が当たるわけだ。
恐らく、筋書きはこうなっている。
 1. 北京市・山東省・江西省を「模範的行動地区」に指定
 2. 何例かいるはずの「疑似感染者」から「行動計画に合致する症例」を選択
 3. 期日通りに「初めての疑似感染例」を発表 市クラス→省クラス→中国国家クラスと、クラスを上げながら各クラスの疾病予防コントロールセンターが検体の検査を続ける
 4. 行動計画通りに「確定診断」 中国国家疾病予防コントロールセンターが最終的に確定診断
 5. 共産党の指導の勝利 策定されている、H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染マニュアルを理想的に遂行
というシナリオだ。

恐らく、一部情報が伝えるように
 習近平新体制が発足する3月の全国人民代表大会と中国人民政治協商会議終了まで隠蔽されていたH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染

 上海で予想を上回る死亡率
だったために
 習近平体制は「感染症の征圧にも勝利する」というシナリオ
が作られ、
 習近平体制の成功を喧伝するための一種の医学的・公衆衛生的「軍事演習」
として
 北京市・山東省・江西省の「初の確定診断パフォーマンス」が展開
されているのではと思われる。

これから10年は
 習近平体制が続く
わけで、最初から
 H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染で人民が多数死亡という事態は避けたい中国共産党指導部
が、
 中国共産党が「容認できる数字」までは「世界に公表」
しているのが
 現在のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染
についての
 大本営発表の真相
ではないか。

中国国家衛生・育成計画委員会が
 ここまで感染者が増大しているのに、発表を毎日から週一回に変更
するのは
 そろそろ、中国共産党の「容認できる数字」に近づいてきた
からではなかろうか。

以後、
 正直な数字
が出なくなるかどうか。

世界が中国を見ている。今度
 SARSの時と同じような隠蔽工作
を行った場合、
 中国の威信は地に墜ちる
のは間違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013-04-25

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その69)河南省で新たに1名の感染者 現在重態 感染者は合わせて112名 死亡者は23名@4/25

河南省で
 新たに1名の感染者
が見つかった。現在
 重態
である。

河南省衛生庁の発表より。


河南新増1例人感染H7N9禽流感確診病例(河南省で新たに1名H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染が確認される。)
發布時間、2013-04-2509:47【發布人、朱明明】
4月25日、河南鄭州市新増1例人感染H7N9禽流感確診病例。(4月25日、河南省で新たに1名H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染が確認された。)
患者崔某、男、56歳、鄭州市中原區市民。(患者 崔さん 男性 56歳 鄭州市中原区在住。)
4月25日、省級專家組根據實驗室檢測結果和臨床表現及流行病學調査、綜合判定該患者為人感染H7N9禽流感確診病例。(4月25日、河南省クラスの専門家チームは実験室で検査計測した結果と診療所見、感染症学調査を踏まえて、この患者がH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染例であることを確定診断すると総合的に判断した。)
目前、患者病情危重、正在鄭州市内某醫院接受治療。(現在、患者は重態で、鄭州市内のある病院で治療を受けているところである。)
該病例的密切接觸者共7人、均已採取醫學觀察措施、未發現異常。(この症例の濃厚接触者は全部で7名、すでに医学的な経過観察措置を取ったが、まだ異常は現れていない。)

截至目前、河南省共報告人感染H7N9禽流感確診病例4例、其中周口市的1名患者已康復出院。(これまでに、河南省はH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染例を全部で4例報告している。その内、周口市の患者1名は健康を回復し退院した。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その68)浙江省で新たに2名の感染者 いずれも重症 感染者は合わせて111名 死亡者は23名@4/25

まだ、浙江省での感染例は増える一方。
知人が教えてくれた現地情報によると
 杭州市の病院=浙江大学第一病院(浙一)
で、ここで集中的に治療を行っているという。その上
 救急車を呼ぶにはお金が必要な中国

 H7N9型鳥インフルエンザの疑いがあっても、お金がなくて救急車が呼べない一般庶民
のために
 無料で出動する救急車を常時待機させている
という話だ。いや、インフルエンザに罹っても、中国では治療を受けるだけで大変だ。

今日も
 新たに2名の感染者
が確認された。いずれも女性で重症だという。

浙江省衛生庁の発表より。


浙江省新増2例人感染H7N9禽流感病例(浙江省で新たに2名のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染例が見つかる。)
發布日期、2013-04-25 信息來源、衛生廳
浙江省衛生廳

2013年4月25日

浙江省衛生廳4月25日通報、截至4月25日15:00、浙江省新増2例人感染H7N9禽流感病例。(4月25日、浙江省衛生庁は4月25日15:00までに、浙江省で新たに2例のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザ感染があったと発表した。)

患者王某、女、60歳、農民、湖州人、於4月17日發病、現在杭州某醫院治療。(患者 王さん 女性 60歳 農民 湖州市在住。4月17日、発症。いまは杭州市のある病院で入院治療中。)

患者兪某、女、50歳、農民、紹興人、於4月18日發病、現在杭州某醫院治療。(患者 兪さん 女性 50歳 農民 紹興市在住。4月18日発症、いまは杭州市のある病院で入院治療中。)

經省疾控中心檢測、以上2例患者標本均為人感染H7N9禽流感病毒核酸陽性。我廳組織專家對患者的臨床表現・流行病學資料和實驗室檢測結果進行討論、診斷為人感染H7N9禽流感確診病例。(浙江省の疾病コントロールセンターは、以上の患者2名の検体を検査測定したところ、すべての検体からH7N9型鳥インフルエンザウイルスRNA陽性反応が出た。浙江省衛生庁は専門家を組織し、臨床所見・感染学的資料と検査所見の結果に対し討論を行い、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
目前、2例患者均病重、醫院正在積極救治中。(いまのところ、2名の患者はどちらもかなり症状が重く、病院では積極的に救命治療に当たっている。)

今回は
 17日発症→9日目に確定診断
 18日発症→8日目に確定診断

 発症から1週間以上経過してから確定診断されている
ので
 重症になってから浙一に搬送された
と考えられる。

浙江省では
 発熱したら、発熱外来へ。無料で診察
と、宣伝しているそうだが、今の状況だと
 二の足を踏む患者がまだまだ多い
という感じですな。しばらく、浙江省の感染例は続きそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その67)一部の情報の「予言」通り、江西省で1名の疑似感染例@4/25

一部情報が
 今週は山東省と江西省で新たに感染者が発見される
と「予言」したのは、当たりつつある。要するに
 感染者の発表が中共中央によって「コントロールされた情報」
である恐れを、この事実は示している。

さて、
 山西省で初めてのH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの疑似感染例が報告
された。
山西省衛生庁より。


江西發現首例人感染H7N9禽流感疑似病例(江西省で初めてのH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの疑似感染例が見つかる。)
江西省衛生廳www.jxwst.gov.cn2013年4月25日來源、廳辨公室
2013年4月24日、南昌市疾病預防控制中心送檢的南昌市第三醫院收治的一名69歳男性患者病例樣本、經江西省疾病預防控制中心實驗室檢測、確認患者為人感染H7N9禽流感疑似病例。這是江西省發現的首例人感染H7N9禽流感疑似病例。(2013年4月24日、南昌市疾病予防コントロールセンターは、検査のために送った南昌市第三病院で入院治療中の69歳男性患者の検体は、江西省疾病予防コントロールセンターの実験室で検査測定された結果、この患者はH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの疑似感染例であることを確認した。これは江西省でみつかった初めてのH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの疑似感染例である。)

目前、南昌市第三醫院正採取措施積極救治患者。(現在、南昌市第三病院は積極的な救命治療を患者に施しているところである。)

省衛生廳已派省級專家組赴現場指導臨床救治・流行病學調査及防控等工作。(江西省衛生庁はすでに江西省クラスの専門家チームを棗荘市に派遣し、臨床救命治療・感染症学的調査および予防コントロール等の活動を指導している。)
南昌市疾病預防控制中心已對14名密切接觸者實施醫學觀察、未發現流感樣症状。(南昌市疾病予防コントロールセンターはすでに14名の濃厚接触者に医学的な経過観察を行ったが、インフルエンザ類似の症状はまだ見られない。)
按照國家衛生和計劃生育委員會規定、江西省疾病預防控制中心已將標本送中國疾病預防控制中心進行復核、以便最終確診。(国家衛生・計画出産委員会の規定に基づき、江西省疾病コントロールセンターはすでに検体を中国国家疾病予防コントロールセンターに送り、最終的な確定診断のための再検査を進めている。)

この
 大本営発表

 北京と山東省の「最初の疑似感染例」が出たときの公表文とほぼ同一
である。
北京・山東省と同様の経過を辿るのであれば、
 今日明日中にも「確定診断」される可能性が高い
と言える。

もし、今回、江西省の疑似感染例が確定診断されたら、気味の悪いほど似通っている
 北京・山東省・江西省のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染に関する「公表の手順」
から言って、一部情報の指摘するように、
 これはプログラムされた「感染例報告」
と疑わざるを得ないだろう。

さて、どうなる。江西省。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その66)なぜかこっそり発表された江蘇省で死亡者1名 これで大陸の感染者は109名 死亡者23名に@4/24→中国国家衛生・育成計画委員会「今後のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染報告は毎日から週1回に減らす」

なぜか
 昨日、台湾で初めてのH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染
が発表されて、
 江蘇省蘇州市に滞在していた
ということが明らかになったせいなのかバックれているのが
 江蘇省衛生庁
なんだが
 昨日、新たに1名死亡
していることが、中国国家衛生・育成計画委員会の
 大本営発表

 非常に分かりにくい形で反映
されている。

なお、
 感染者数の数が大本営発表では108名と1名少ない理由

 北京の不顕性感染例を除外
しているからである。

それだけではない。この発表の最後に、いきなり、
 今後はH7N9型鳥インフルエンザ感染報告を毎日から週1回に減らす
と通告している。
 大流行しない
と踏んだのかそれとも
 まともにカウントしてると、追いつかない
と見ているのか、はたまた
 四川省雅安地震の対応でそれどころじゃない
のか。ま、一番考えられるのは
 WHOの調査も入れたし、一応このH7N9型鳥インフルエンザについては「国内的には終息宣言」
って辺りか。
 感染源が不明
なのだから、
 今後の感染者数とその分布
の方がよほど問題になるのだが。それとも
 台湾に飛び火したから後はスルー
ってことか?

毎日、
 中国国家衛生・育成委員会発表

 H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染例の記事
を書いていた
 日本のメディアの記者のみなさん
これから、材料集めが大変ですね(棒読み)。どこの誰とは言わないが
 中国国家衛生・育成委員会の「大本営発表」丸写しダイジェスト版
で記事を書いてたヒトがいたからな〜。ま、やる気ないんでしょ。

中国国家衛生・育成計画委員会の発表より。

4月24日人感染H7N9禽流感疫情信息(4月24日付 H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染に関する感染症流行情報)
中華人民共和國國家衛生和計劃生育委員會www.moh.gov.cn

2013年4月23日16時至4月24日16時、全國内地未報告新増人感染H7N9禽流感病例。(2013年4月23日16時から4月24日16時まで、中国全土内地(所謂「大陸」 香港・台湾は除く)では、新たなH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染は報告されていない。)
截至目前、全國内地共報告108例確診病例、其中死亡23人、康復14人。(いままでのところ、中国全土内地では、全部で108名の確定診断症例が報告されており、その内死亡は23名、健康を回復した者が14名である。)
病例分布於北京(1例)・上海(33例、死亡12例)・江蘇(24例、死亡4例)・浙江(42例、死亡6例)・安徽(4例、死亡1例)・山東(1例)・河南(3例)7省市。(確定診断症例は、北京(1例)・上海(33例、死亡12例)・江蘇(24例、死亡4例)・浙江(42例、死亡6例)・安徽(4例、死亡1例)・山東(1例)・河南(3例)の7省市に分布している。)
目前病例處於散發状態、尚未發現人傳人的證據。(いままでのところ、確定診断症例は散発状態に留まり、まだヒトからヒトへ感染した証拠は見られない。)
根據突發公共衛生事件信息發布的有關規定、從4月24日起、人感染H7N9禽流感疫情信息由日發布改為周發布。(突発的な公共衛生事件の情報発信に関する規定に基づき、4月24日からは、H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染状況の情報は、毎日発信から毎週1回発信に改める。)

地味に
 死者23名

 1名増えている
のである。それはどこかといえば、赤字で示したように
 江蘇省
だ。

いまのところ、江蘇省衛生庁のサイトには、
 死亡例の報告
はアップされていない。

ちなみに、蘇州市で感染者が最後に確認されたのは4/16。蘇州市姑蘇区在住の72歳男性だった。
その時の江蘇省衛生庁の発表を再掲する。


4月16日江蘇新増3例人感染H7N9禽流感確診病例(4月16日 江蘇省で新たに3名のH7N9型鳥インフルエンザ感染者が確定診断される。)

發布時間、2013-4-16
(略)

朱某、男、72歳、現住蘇州市姑蘇區。(朱さん 男性 72歳 現在蘇州市姑蘇在住。)
4月16日、省專家組診斷該病例為人感染H7N9禽流感確診病例。目前在蘇州某醫院救治、病情危重。經調査、該病例的密切接觸者共有6人、截止目前均無異常。(4月16日、江蘇省の専門家チームはこの症例をH7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。現在のところ、蘇州市のある病院で救命治療を行っているが、重態である。調査によると、この症例で濃厚接触者は全部で6人、現在まで異常は現れていない。)
(以下略)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013-04-24

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その64)とうとう中国大陸外へ拡散 台湾で初めてのH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染例が確定診断される 現在重態@4/24

中国のH7N9型鳥インフルエンザは、とうとう
 大陸外へ拡散
を始めた。中国との頻繁な人の行き来がある日本にも、拡散する恐れが更に強くなった。

かねてより懸念されていたことだが
 台湾で初めてH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染例が確定診断
された。

感染したのは、仕事で、何度も、江蘇省蘇州に行っていた53歳の男性。現在重態。
 生きた鳥との接触歴がない
とのことで、生活様式が大陸とは異なる台湾人が
 鳥と接触してない
というのは、
 本当に接触した記憶がない
のだろう。
もし、そうなのだとすれば
 H7N9型鳥インフルエンザの感染源
は、
 生きた鳥以外に存在
する恐れがある。

これまでの経過は
 蘇州には何度も行っている
 3/28-4/9 直近の蘇州出張(この間、生きた鳥との接触歴も、火の通りが不十分な鳥肉や卵を食べたこともない)
 4/9 上海経由で台湾に帰国
 4/12(帰国後3日目) 発症。発熱・寝汗・倦怠の症状がでる。(呼吸器や消化器症状はない)
 4/16(発症後5日目) 高熱を発し、受診。医師の指示で転院し、個室に入院。抗インフルエンザウイルス薬の使用開始。
 4/18(発症後7日目) 肺右下葉間質性浸潤
 4/19(発症後8日目) 病状が更に悪化
 4/20(発症後9日目) 医学センターに転送。呼吸衰弱のため、挿管し、ICUで陰圧隔離。二度喉から検体を採取し、検査するもH7N9型インフルエンザ陰性。
 4/24(発症後13日目) 午前 もう一度、RT-PCR検査をおこなったところ、痰からH7N9型インフルエンザ陽性反応。
 4/24夕方 台湾国家インフルエンザセンターが遺伝子配列からH7N9型インフルエンザ感染と確定。
という流れである。残念ながら、抗インフルエンザウイルス薬が投与されたのが発症から5日目で、効果がなかったようだ。
注意を引くのは、
 症状が出ているのに、発症後9日目には検体を喉から2回取って調べても、H7N9型インフルエンザウイルス陰性反応だった
という点だろう。最終的には
 今日、RT-PCR検査で痰からH7N9型インフルエンザウイルス陽性
であったので、確定診断された。

中国の
 大本営発表
と異なり、台湾は
 何らかの政治状況を勘案して情報を隠したりする必要がない
上に、
 医療に関しては、先進的
なので、台湾衛生署の発表は、基本的に信頼できる。

台湾衛生署疾病管制局のサイトより。


台灣出現首例境外移入H7N9流感確定病例、提醒國人前往H7N9流感病例發生區應保持良好衛生習慣、勿任意碰[石並]觸與餵[食畏]食活禽外、並避免至有活禽之傳統市場(2013-04-24)(台湾で初めて国外から持ち込まれたH7N9型インフルエンザの確定診断例が現れた。台湾の人々は、H7N9型インフルエンザの症例が発生した地域に行く場合は、好ましい衛生習慣を維持し、みだりに生きた鳥に触ったり餌をやったりしない以外に、加えて生きた鳥がいる昔ながらの市場にいかないようにするよう、注意する。)

指揮中心於今(4/24)日傍晩剛確認一名境外移入H7N9流感病例。個案為一名53歳本國籍男性、發病前曾於江蘇蘇州工作、返台三天後發病、檢驗結果於4/24確定、目前個案病情嚴重、持續在負壓隔離的加護病房中醫治。(指揮センターは、今日(4/24)夕方に国外から持ち込まれたH7N9型インフルエンザ感染例1名を確認したばかりである。このケースは、ある53歳の台湾籍の男性が、発症前に、江蘇省蘇州市で仕事をしたことがあり、台湾に帰ってきて3日後に発症、検査の結果、4/24に感染例であることが確定した。現在、このケースでは容態が大変に重く、空気感染隔離集中治療室で治療を続けている。)
衛生署長邱文達及指揮官張峰義對於疫情状況均已充分掌握、並對相關處置與作為做成指示。指揮中心稍早已透過IHR通報WHO及依海峽兩岸醫藥衛生合作協議通知中國大陸聯繋窗口。(邱文達衛生署長と張峰義指揮官は、感染症の流行状況をともに十分把握しており、加えて関連する処理と行為に対して、指示をうまくやっている。指揮センターでは、少し前に、IHR(国際保健規則)を通じてWHOに通報し、さらに中台医薬衛生提携契約によって、中国大陸の連絡窓口にも通知した。)
指揮中心表示、該病患為一B肝帶原・高血壓患者、於江蘇蘇州工作並長期往來蘇州與台灣。該病患於3/28至4/9到蘇州、4/9由上海返台、個案表示在蘇州期間無禽鳥接觸史・無食用未熟禽類或蛋品。4/12開始有發熱・盜汗・倦怠、但無呼吸道和腸胃道症状、4/16因高燒到診所就醫、診所醫師建議轉診隨後到某醫院急診並入住單人病室、於4/16開始使用克流感、4/18胸部X光出現右下葉間質性浸潤、4/19夜間因病情惡化再於4/20轉送某醫學中心、因呼吸衰竭插管進加護病房負壓隔離、其間兩次採喉頭拭子送驗H7N9流感檢驗均為陰性。於4/24上午再以RT-PCR驗痰液呈現H7N9陽性、4/24傍晩由國家流感中心以基因定序確認。(指揮センターは、次のように発表した。この患者はB型肝炎をもった高血圧患者で、江蘇省蘇州市で仕事をしていた上に、長期間、蘇州と台湾を行き来していた。この患者は3/28から4/9まで蘇州に行っており、4/9に上海経由で台湾に戻った。このケースでは、蘇州滞在中には鳥との接触歴がなく、火の通りが不十分な鶏肉や卵製品を食べたことはなかった。4/12に発熱・寝汗・倦怠の症状が出始めたが、呼吸器や消化器の症状はなかった。4/16に高熱のために病院に行って診察を受け、診察した医師が転院を勧めたので、続いてある病院の救急外来に行き、さらに一人部屋に入院した。4/16に、抗インフルエンザウイルス薬の使用を開始、4/18に胸部X写真で、右下葉に間質性浸潤を認め、4/29夜に、病状が悪化したために、再び4/20にある医学センターに転送された。呼吸が衰弱したため、気管挿管して集中治療室で陰圧隔離を行っている。その間に、二度喉頭を綿棒で拭って検査に回したが、H7N9型インフルエンザウイルス検査はどちらも陰性だった。4/24午前、再び、RT-PCRによって痰を検査したところ、H7N9型陽性を示した。4/24夕方、台湾国家インフルエンザセンターが遺伝子配列によって確認した。)
指揮中心也強調、個案及接觸者均已掌握。接觸者共計139人、包括密切接觸者3人・一般接觸者26人(已超過7天潛伏期)與醫院工作人員110人。其中醫院工作人員中有4人已超過潛伏期(無症状)、只有3人未佩戴適當防護(追蹤至今日均無症状、須追蹤至4/27)、另[口力]在執行照護工作時、有適當防護之醫院工作人員中有3人出現上呼吸道症状。公衛人員對於所有接觸者均給予充分衛教以及H7N9流感自主健康管理通知書、並主動追蹤至解除列管、若接觸者出現發燒・咳嗽等類流感症状時、公衛人員亦會主動協助其就醫治療。(指揮センターは、このケースとの接触者はすでに把握している、と強調もしている。接触者は全部で139人、濃厚接触者3人・普通の接触者26人(すでに7日間の潜伏期間は過ぎている)と病院スタッフ110人が含まれている。その内、病院スタッフの中で、4人はすでに潜伏期を過ぎていて(無症状)、ただ、3人は適切な防護服を身につけなかった(今日まで追跡しているが、みな症状はなく、4/27まで追跡する必要がある。)。これ以外に看護の業務をしている時に、適切な防護服を身につけていた病院スタッフの内3人には上気道に症状が出ている。公衆衛生スタッフは接触のあった人達に、みな衛生教育を十分に行い、並びにH7N9型鳥インフルエンザの自主健康管理通知書を交付した。さらに管理リストから除外されるまで積極的に追跡し、もし接触者に発熱・咳等のインフルエンザ様症状が現れたときは、公衆衛生スタッフも積極的にその病院を受診して治療を行うのに協力するだろう。)
指揮中心持續對發燒・咳嗽且7日内曾至中國大陸H7N9流感病例發生地區(上海市・江蘇省・浙江省・安徽省・北京市・河南省・山東省)旅遊者、加強檢疫作為。並再度提醒醫師、若遇此類病患、請依法於24小時内通報。個案未確定診斷前、重症病例應就地於醫院隔離治療、輕症病患則可於採檢後離院進行自主健康管理、但須戴口罩並給予適當衛教、並判斷是否應給予抗流感藥劑。若確定感染H7N9、經指揮官評估後送至適當的醫院隔離治療。(指揮センターは発熱・咳があり、その上、7日以内に中国大陸のH7N9型インフルエンザが発生した地域(上海市・江蘇省・浙江省・安徽省・北京市・河南省・山東省)に旅行した者に対しては、検疫作業を強化して、続ける。さらにいま一度医師に注意を促したいのだが、もし、このような患者を目にすることがあれば、法律に従って、24時間以内通報して欲しい。そのケースが確定診断される前に、重症症例は、そのまま病院で隔離治療を行い、軽症患者は検体を採取後、病院から帰宅して、自主的な健康管理を勧めるべきである。ただし、マスクをし、適切な衛生教育を行い、抗インフルエンザウイルス薬を与えるべきかどうかの判断をする必要がある。)
指揮中心再度呼吁、國人前往中國大陸H7N9流感病例發生區、應保持勤洗手・戴口罩的衛生習慣、勿任意碰[石並]觸與餵[食畏]食鳥禽、避免至有活禽之傳統市場、食用禽肉及蛋類務必煮熟。返國後、如出現發燒・咳嗽等症状、請立即戴口罩就醫、並告知醫師旅遊史。(指揮センターはもう一度呼びかける。台湾の人々は、中国大陸のH7N9型インフルエンザが発生した地域に行ったら、手洗に努め、マスクをする衛生習慣を続けるべきだ。みだりに鳥を触ったり、餌を与えてはいけない。生きた鳥のいる伝統的な市場に行かないようにし、食用の鶏肉や卵類は必ずよく火を通す。台湾に帰国後、もし発熱・咳等の症状が現れたら、すぐにマスクをして病院を受診し、あわせて医師に旅行歴を知らせてほしい。)
最新疫情與旅遊傳染病等相關資訊可參閲疾管局網站(http://www.cdc.gov.tw)之「H7N9流感專區」與「國際旅遊資訊」專區、或撥打免付費民衆疫情通報及關懷專線1922洽詢、如話機無法撥打簡碼電話號碼、請改撥0800-001922防疫專線。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その63)山東省の初の感染者の家の近所の「養鶏場」が日本人の想像を超えている件→「生きた鳥との接触歴なし」の「なし」の中身の認識がまるで異なる可能性

SARSの時も、いろいろと、
 衛生環境の違いっぷり

 日本人の度肝を抜いた中国
なんだけど、今回
 初の感染者を出した山東省

 感染者の家のすぐそばにある「養鶏場」
というのが
 日本人の感覚では考えられない状況
なのが凄い。
 住宅地のど真ん中に養鶏のためのスペースがあって、そこで鶏を平飼いにしている
のである。
 近所の市場で生きた家禽を売る屋台がある
と伝えられているけど、そんな
 迂遠な鳥との接触
じゃない。
 日常的に、身近に生きた家禽がいる状態
なのである。

地元紙の斉魯晩報のサイト、斉魯網が写真を掲載している。
記者が
 感染者の家を突撃取材
したときの写真だ。この時はまだ確定診断前で
 疑似感染者
として扱われている。


山東首例疑似H7N9禽流感患者居住小區仍在養鷄(圖)(山東省の最初のH7N9鳥インフルエンザ疑似感染例患者の住んでいる住宅地には依然として鶏を飼っている)(写真入り)

來源、齊魯網 2013-04-23 12:03
[提要]記者在小區内發現、患者居住小區門口斜對面被開闢出了一塊養鷄小場院、在這個簡易搭建的養鷄場院裡有五六隻家養鷄。([概要]記者は住宅街の中で、患者が住んでいる住宅街の出入口の斜向かいに、養鶏のための空き地が開設されていて、簡便に組み立てられた養鶏場の庭に、家で飼っている鶏が5、6羽いるのを発見した。)

記者在小區内發現、患者居住小區門口斜對面被開闢出了一塊養鷄小場院、在這個簡易搭建的養鷄場院裡有五六隻家養鷄。(上記と同文)

1366689625515
記者走訪的時候、正好發現一位居民正在給小區垃圾回收處和養鷄小場院噴灑消毒液、附近鄰居向記者反映、「他們也很害怕、但是沒辨法、私人的、不好説。」(記者が取材に訪れたとき、ちょうど1人の住民が住宅地のゴミ回収所と養鶏のための空き地に消毒液を噴霧しているところで、傍に居た近所の人が、記者に「あの人達はとても怖がっているけどしょうがない。プライベートなことだし、答えづらい」と伝えてきた。)
http://img5.iqilu.com/c/u/2013/0423/1366689656212.jpg
1366689656212_2
齊魯網濟南4月23日訊(記者 李淼)
今天上午11點15分、齊魯網記者趕[走旱]到感染H7N9禽流感疑似病例患者所居住的小區。(本日午前11時15分、斉魯網の記者はH7N9型鳥インフルエンザ疑似感染例の患者の住んでいる住宅街に急いだ。)
(略)
記者來到患者家中、患者家人目前情緒激動、拒絶採訪。(記者が患者の家に着いたとき、患者の家族はひどく興奮していて、取材を断られた。)

稍後齊魯網記者將對患者病情作進一歩瞭解。(しばらくして、斉魯網の記者は患者の病状について、更に理解した。)

てかさ〜、
 ARDSになってしまっている重態の患者の家に押しかけた
んだから、断られて当然じゃん。

ま〜、この写真を見る限り
 生きた鳥と接触してない
と本人や家族が申告しても
 家のすぐ真ん前で鶏を平飼いにしている
わけで、
 中国のH7N9型鳥インフルエンザ感染例の半数近くが「生きた鳥との接触歴なし」
という
 接触歴なしの中身
は、
 普段、身近に鶏等家禽がいても特別なこととは考えてない
だけのことではないか、という疑いがむくむくと頭をもたげてくる。

2枚目の写真、
 とりあえず、消毒してみた
というおばちゃんの消毒ぶりが
 中国の老百姓(一般庶民)、特に大都市以外の地域の人達の感覚
を如実に表している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013-04-23

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その62)浙江省で新たに2名の感染者 治療中だった1名が死亡 感染者は合わせて109名 死亡者は22名に@4/23

浙江省のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染は、今日も収まらない。
 新たに2名の感染者
が見つかったほか、
 入院治療中だった1名が死亡
した。新しく見つかった感染者2名は
 いずれも4/15に発症して、4/23に確定診断
されたんだが
 発症して8日で確定診断
って、本当に
 発熱外来でスクリーニングしてるんだろうか
と思いますがね。もう抗インフルエンザウイルス薬は効かないので、症状が重ければ対症療法でいくしかないのだが
 ウイルス性肺炎には効く薬はない
のである。

浙江省衛生庁の発表より。


浙江省新増2例人感染H7N9禽流感病例(浙江省で新たに2名のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染例が見つかる。)
發布日期、2013-04-23 信息來源、衛生廳
浙江省衛生廳

2013年4月23日

浙江省衛生廳4月23日通報、截至4月23日15:00、浙江省新増2例人感染H7N9禽流感病例。(4月23日、浙江省衛生庁は4月23日15:00までに、浙江省で新たに2例のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザ感染があったと発表した。)

患者洪某、男、84歳、退休、杭州人、於4月15日發病、現在杭州某醫院治療。(患者 洪さん 男性 84歳 退職者 杭州市在住。4月15日、発症、いまは杭州市のある病院で入院治療中。)

患者宋某、男、62歳、農民、杭州人、於4月15日發病、現在杭州某醫院治療。(患者 宋さん 男性 62歳 農民 杭州市在住。4月15日、発症、いまは杭州市のある病院で入院治療中。)

經省疾控中心檢測、以上2例患者標本均為人感染H7N9禽流感病毒核酸陽性。我廳組織專家對患者的臨床表現・流行病學資料和實驗室檢測結果進行討論、診斷為人感染H7N9禽流感確診病例。(浙江省の疾病コントロールセンターは、以上の患者2名の検体を検査測定したところ、すべての検体からH7N9型鳥インフルエンザウイルスRNA陽性反応が出た。浙江省衛生庁は専門家を組織し、臨床所見・感染学的資料と検査所見の結果に対し討論を行い、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
目前、2例患者均病重、醫院正在積極救治中。(いまのところ、2名の患者はどちらもかなり症状が重く、病院では積極的に救命治療に当たっている。)

4月23日上午、17日確診的危重患者趙某(男、86歳、退休、杭州人)因病情進一歩惡化、搶救無效死亡。(4月23日午前、17日に確定診断された、重態だった患者の趙さん(男性 86歳 退職者 杭州市在住)は病状が更に悪化し、救命に当たったが効なく死亡した。)

目前、我省共確診42例人感染H7N9禽流感患者、6例經醫治無效死亡、2例已治癒出院、尚有34例患者在住院治療。(いまのところ、浙江省では、H7N9型鳥インフルエンザの人への感染の確定診断を受けた者は42名、その内6名は治療に当たったが効なく死亡し、2名はすでに完治して退院し、いまなお34人の患者が入院治療を行っている。)

今日死亡した趙さんの確定診断時の発表を再掲する。


浙江省新増4例人感染H7N9禽流感病例(浙江省で新たに4名のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染例が見つかる。)
發布日期、2013-04-17 信息來源、衛生
浙江省衛生廳

2013年4月17日

患者趙某、男、86歳、退休、家住杭州、於4月13日發病、現在杭州某醫院治療。(患者 趙さん 男性 86歳 退職者 杭州市在住。4月13日、発症、現在杭州市のある病院で入院治療中。)
(略)
廖某・牛某・趙某3人均病重、醫院正在積極救治中。(廖さん・牛さん・趙さんの3人は全員容態が重く、病院では積極的に救命治療に当たっている。)

この時は
 労災感染した幹部が早々にコネを駆使して、インフルエンザ検査を受け、軽症で入院した日
だったな。幹部は昨日退院。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その61)安徽省で新たに1名の感染者 感染者は合わせて107名 死亡者は21名@4/23

週が明け、
 安徽省でまた新たに1名の感染者
が見つかった。
 容態はかなり重い
という。91歳男性だ。

安徽省衛生庁の発表より。


安徽新増一例人感染H7N9禽流感確診病例(安徽省で新たに1名のH7N9型鳥インフルエンザ感染者)

發布時間、2013-04-23

安徽省衛生廳4月23日通報、安徽省新確診1例人感染H7N9禽流感病例。至此、安徽省共報告人感染H7N9禽流感病例4例、死亡1例、痊癒出院1例。(4月23日、安徽省衛生庁は、安徽省で新たに1名のH7N9型鳥インフルエンザ感染例が見つかった、と発表した。ここまでで、安徽省では全部で、H7N9型鳥インフルエンザ感染者は4名、死亡者は1名、完治して退院したのは1名となった。)

患者、王某、男、91歳、滁[シ除]州天長市人。(患者 王さん 男性 91歳 滁[シ除]州天長市在住。)
4月14日發病、現在滁州市某醫院治療。(4月14日、発症、いまは滁[シ除]州市のある病院で入院治療を受けている。)
4月22日、省疾控中心檢測復核其H7N9禽流感病毒核酸陽性。4月23日、省專家組依據國家『人感染H7N9禽流感診療方案(2013年第2版)』、診斷該病例為人感染H7N9禽流感確診病例。(4月22日、安徽省疾病コントロールセンターが再検査して、H7N9型鳥インフルエンザウイルスRNA陽性という結果となった。4月23日、安徽省の専門家チームは中国の『H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染の診療規則(2013年第2版)』に基づき、この症例がH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
目前患者病情較重。(現在のところ、患者の容態はかなり重い。)
患者密切接觸者共有35人、截止目前、均未發現異常。(患者との濃厚接触者は全部で35名、いまのところ、誰にも異常は現れていない。)
(省衛生廳新聞辨公室)

91歳で
 濃厚接触者35名
というのはかなり多い。ひょっとして
 老人向け施設入所者が感染
したのだろうか? だとすれば
 感染ルートはどこから
だろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その60)かねてからの噂通り 山東省で初の感染者1名がみつかる しかも重態 感染者は合わせて106名 死亡者は21名@4/23→患者は現在ARDSで重態

2013-04-22 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その57)一部情報で「今週感染者が発表される予定」とされた山東省で疑似感染例1名@4/22
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2013/04/h7n9-571422-ea1.html
の続き。

一部情報の通り、
 今週になって山東省で初のH7N9型鳥インフルエンザ感染者
が見つかった。
 容態はかなりの重態
だという。
山東省衛生庁の発表より。


山東發生1例人感染H7N9禽流感確診病例(山東省で初めてのH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染例が見つかる。)
發布時間、【2013-04-23】

山東省衛生廳4月23日通報、山東省確診1例人感染H7N9禽流感病例。(4月23日、山東省衛生庁は、山東省は1名のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染例を確定診断した、と発表した。)
患者張某、男、36歳、家住棗莊市市中區、從事建材批發工作。(患者 張さん、男性、36歳 棗荘市市中区に住んでおり、建材卸売業務に従事している。)
患者發熱・咳嗽6天・憋[敝心]喘1天後、於4月21日晩到棗莊市立醫院就診、以「重症肺炎」收治入院。(患者は発熱・咳が6日続き、喘鳴が1日あってから、4月21日夜、棗荘市立病院に行って受診して、「重症肺炎」のため入院治療となった。)
4月22日下午、山東省疾病預防控制中心報告患者的樣本檢測結果為人感染H7N9禽流感病毒核酸陽性。(4月22日午後、山東省疾病予防コントロールセンターは患者の検体の検査計測した結果、H7N9型鳥インフルエンザウイルスRNA陽性と、報告した。)
4月23日、經中國疾病預防控制中心實驗室復核為人感染H7N9禽流感病毒核酸陽性。(4月23日、中国国家疾病予防コントロールセンター実験室は再検査したところ、H7N9型鳥インフルエンザウイルスRNA陽性となった。)
山東省衛生廳專家組依據患者臨床表現・實驗室檢測和流行病學調査結果等、診斷該病例為人感染H7N9禽流感確診病例。(山東省衛生庁は専門家を組織して、患者の臨床所見・検査所見と感染症学的検査結果等に基づき、この患者をH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染例と確定診断した。)
經醫院積極治療、患者目前病情仍較危重。(病院は積極的に治療を行っているが、現在、患者は依然相当の重態である。)
經醫學觀察、9名密切接觸者未發現異常。(医学的な経過観察を行ったところ、9名の濃厚接触者にはまだ異常は現れていない。)

この
 大本営発表

 作業工程通り
なのだとしたら、
 次は江西省で感染者発見
ということになるはず。

続き。(16:30)
山東省の初めての感染者は、かなりの重態になってから、搬送されてきた。
地元紙斉魯晩報の記事より。


患者呼吸衰竭已病重 未接觸活禽、家附近市場有活禽攤位(患者の呼吸は衰弱してすでに重態。生きた家禽に接したことはないが、家の近所の市場には生きた家禽を売る屋台があった。)

2013年04月23日 來源、齊魯晩報

本報記者 白雪岩 李泳君 馬明 袁鵬
(略)

已進行緊急手術(すでに緊急手術が進められた)
(略)

22日晩、棗莊市立醫院對這名張姓患者進行了緊急搶救手術、21時許、院方對這名確認疑似患者輸血400毫升。(22日夜、棗荘市立病院はこの張という苗字の患者に、緊急救命手術を行い、21時頃、病院はこの疑似感染例の患者に400mlの輸血を行った。)

肺部已無法自主呼吸(肺はすでに自発呼吸ができない。)

記者從棗莊市立醫院瞭解到、該患者22日出現的症状是ARDS和呼吸衰竭。(記者が棗荘市立病院から得た情報に依れば、22日、この患者はARDSと呼吸衰弱の症状が現れた。)
據專家介紹、所謂ARDS、即急性呼吸窘迫綜合徴、指肺内・外嚴重疾病導致以肺毛細血管瀰漫性損傷・通透性増強為基礎、以肺水腫・透明膜形成和肺不張為主要病理變化、以進行性呼吸窘迫和難治性低氧[气羊]血症為臨床特徴。(専門家の説明によると、ARDSというのは、急性呼吸窮迫症候群のことで、肺の内外の極めて重い疾患が肺の毛細血管に瀰漫性の損傷と透過性が強くなるのが基本症状で、肺水腫や硝子膜形成や無気肺を主要な病理変化とし、進行性の呼吸切迫と難治性低酸素血症を臨床上の特徴とする、という。)
同時、ARDS是急性肺損傷發展到後期的典型表現。該病起病急驟、發展迅猛、預後極差、死亡率高達50%以上。(同時に、ARDSは急性肺損傷進行後期の典型的な症状である。この病気は起きると極めて速く悪化し、進行は猛烈な勢いで、予後は両極端で、死亡率の高さは50%以上にも達する。)
呼吸衰竭則是由各種原因導致嚴重呼吸功能障礙引起動脈血氧[气羊]分壓(PaO2)降低、伴或不伴有動脈血二氧[气羊]化碳[石炭]分壓(PaCO2)増高而出現一系列病理生理紊亂的臨床綜合徴。它是一種功能障礙状態而不是一種疾病、可因肺部疾病引起、也可能是各種疾病的併發症。(呼吸衰弱は、各種原因によって極めて重い呼吸機能障害を引き起こされ、酸素分圧が低下し、動脈血の二酸化炭素分圧の上昇はあったりなかったりして、ひとまとまりの病態生理が紊乱した症候群が見られる。これは一種の機能障害の状態であって、疾病とは言えないが、肺の疾患によって引き起こされることもあり、各種疾患の合併症ともなりうる。)
記者22日23時從棗莊有關部門瞭解到、這名患者的肺已經無法自主呼吸、需要上人工肺輔助呼吸。(22日23字に記者が棗荘の関係部局から得た情報では、この患者の肺はすでに自発呼吸ができなくなっている。)

起初以為是感冒(最初は風邪かと思った。)
記者從棗莊市衛生局瞭解到、這位患者家住棗莊市中區、從事建材批發工作、他所居住的地方附近有一市場、市場里有活禽販賣攤位。(記者が棗荘市衛生局から得た情報によれば、この患者の家は棗荘市中区で、建材卸売り業務に携わっており、住んでいる場所の付近には、市場があって、市場には、生きた家禽を売る屋台が出ていた。)
 22日晩10點左右、記者聯繋到患者張某的妻子、她[女也]沒有被隔離、可以在棗莊市立醫院内自由行走。(22日夜10時頃、記者は患者張さんの妻と連絡がついたのだが、妻は隔離されておらず、棗荘市立病院内を自由に行き来できた。)
她[女也]告訴記者、她[女也]丈夫沒有販過活禽、也沒直接接觸過活禽、是個體老板、起初以為得的是感冒、治療了兩天、吃藥也不大管用、後來又發起燒來、燒到39度多、久不退燒、並出現了喘氣・呼吸困難的症状。(妻は記者に、夫は生きた家禽の販売はしたことがないし、直接生きた家禽に触ったこともない、自営業者で或。最初は風邪かと思っていたが、2日治療して、薬を飲んでも、効果がなく、後から後から熱が出て、39℃以上にまで上がり、ずっと熱が引かず、同時に息切れや呼吸困難の症状が現れた、と話した。
21日家人就把他送往市立醫院治療、結果發現病情嚴重、專家説可能感染了H7N9禽流感、必須馬上住院治療。(21日、家族が張さんを市立病院に治療に連れていったところ、結果として病状は極めて重いことがわかり、専門家はH7N9型鳥インフルエンザに感染したかも知れない、すぐに入院治療をする必要がある、と言った。)

ARDSって、シャレにならない重態なんですが。
 根本的な治療法はない
ので、あとは本人の持っているものに任せる、ってことになるのでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その59)浙江省で感染者が多いわけを専門家が楽観的に答える@4/22

このところ、
 感染者数がうなぎ登りの浙江省
だが、
 極めて楽観的な見通し
を、浙江省の疾病コントロールセンターの関係者が語っている。
この
 楽観的な見通し

 現在の中国当局の「大本営発表の基本」
だと見ておけば、あまり間違いはないと思う。
 感染者数が増えているのは早期発見に努めている
からで、
 農村でも都市でも発生率には変わりない
状況で
 現在の感染予防策がうまくいくのが5/1から始まる長期休暇あたり
だから
 5/1からの長期休暇で、H7N9型鳥インフルエンザが拡散することはあまり心配しなくていい
と言っている。
 4/4の清明節の休暇で、一度拡散されたかも知れない事実
については、ノータッチですね。

地元の杭州網の記事より。


凡出現流感樣症状的發熱患者都被列入篩査範圍(インフルエンザ様症状の出た発熱患者はすべて、スクリーニング検査の範囲に入れられる)

2013-04-23 07: 16: 12杭州網

這兩天、我省毎天都有新増H7N9禽流感患者、特別是前天、累計感染人數成為全國最多、死亡人數也増加到了5人、使得大家原本放鬆的神經又緊繃起來。(この2日、浙江省では毎日新たなH7N9型鳥インフルエンザ感染者がみつかり、とりわけ一昨日は、感染者数の累計が全国最多となり、死亡者数も5人までに増え、そもそもリラックスしていたみなさんの神経をまた緊張させ始めた。)
為何病例還在持續増加?是疫情開始擴散了嗎[口馬]……昨天、記者再次採訪了浙江省疾控中心傳染病預防控制所副所長陳恩富。(なぜ、感染例が依然として増え続けているのだろうか? 感染症が拡散し始めているのか? …昨日、記者は浙江省疾病コントロールセンター感染症予防コントロール研究所の陳恩富副所長を再び訪ねて話を伺った。)
問: 這兩天我省感染人數持續増加、而且發現病例的地區也突破杭州和湖州、嘉興也陸續出現2例、這是否意味著疫情開始擴散了呢[口尼]?(問 この2日、浙江省では感染者数が増え続けています。その上、症例が発見された地区では杭州と湖州が突出していて、嘉興も次々と2例見つかっています。これは感染が拡大し始めていることを意味しているのでしょうか?)

陳恩富: 這種説法不準確、嘉興出現病例並不意外、因為這塊區域最接近長三角、目前疫情還是局限於浙北的杭嘉湖平原。從發現首例感染者開始、我省各級醫療和疾控部門就加強檢測、各個地市都有上報可疑監測病例、目前監測與檢測工作量比平時大約増加了十幾倍、截至昨天、沒有發現向其他地區擴散的現象。(こういった言い方は、精確ではありません。嘉興で感染例が見つかったのは何も意外ではありません。この地域は長江デルタ地域に一番近いところで、これまでの感染状況は、あいかわらず、浙江省北部の杭嘉湖平原に限られています。最初の感染者が見つかってから、浙江省では、それぞれの自治体のクラスの医療と疾病コントロール部門が検査測定を強化し、それぞれの都市では、監視が必要と疑われる症例を上申しており、いまのところ、監視と検査測定作業の量は、普段と比べて、おおよそ十数倍に増えましたが、昨日までに、その他の地域に拡散しているという現象は見られません。)
問: 病例持續増加的態勢還會延續多久?(問 症例が増え続けている状態は、どのくらい継続するのでしょうか?)
陳恩富: 持續病例的増加、除了早期大家不瞭解感染源在不知情情況下感染外、還有一個原因是我省加大防控力度、希望通過増加篩査的密度、將防控H7N9禽流感的關口前移、盡早發現一些早期感染者。目前全省醫療機構的發熱門診、只要發現有流感樣的發熱患者、就會做篩査和檢測、這樣的檢測力度使得不少早期感染者被發現。目前、我省出台許多防控措施、如全面關閉活禽交易等、但效果顯現還需要一段時間。(陳恩富 症例が増加するのが続くのは、早期の段階で、みなさんが感染源が分からず、事情がよく分からない状態で感染したものを除くと、浙江省が予防コントロールへ向ける力を多く振り向けたのも一つの原因です。スクリーニング検査にかける密度をもっと上げ、H7N9型鳥インフルエンザ予防コントロールの関門を前に移して、出来るだけ早く早期感染者たちを見つけようとしています。いまのところ、省内の医療機関の発熱外来では、インフルエンザ様の発熱患者を見つけさえすれば、必ずスクリーニング検査して検査測定しています。このような検査測定への努力は、多くの早期感染者を発見できるようにさせます。いま、浙江省では正式に多くの予防コントロール措置が実行に移されています。たとえば、生きた家禽の取引を完全にシャットアウトするなどです。ただ効果が現れるまでには、ある程度の時間も必要です。)
問: 最近接連三例感染者死亡、H7N9禽流感的致死率是否很高?(問 最近続けて3人の患者が亡くなりましたが、H7N9型取りインフルエンザの致死率は高いのでしょうか?)
陳恩富: 致死率不能單純靠目前幾例感染者來計算。計算一個疾病的病死率、需要觀察和統計較大量病例的整個病程和結局、才能説一個疾病到底病死率高不高、而且早發現早治療和醫療水平也會影響病死率。我們也想再次呼吁大家、關心自己身體發出的異常信號、如果出現發熱症状、最好能夠[多句]到醫院排除一下。目前、我省這幾例死亡病例、和到醫院就診太晩有關係。湖州兩例康復的患者、很重視發熱情況、在第一時間到醫院就診、所以能這麼快康復。(陳恩富 致死率は、いままでの何例かの感染者によって、簡単には計算できません。ある疾病の死亡率を計算するには、かなり大量の症例のまとまった経過と転帰を観察・統計する必要があり、そうして初めて、ある疾病の死亡率が高いとか低いとか言うことが出来ます。その上、早期発見・早期治療と医療水準も致死率に影響するはずです。わたしたちももう一度、みなさんに呼びかけようと思います。自分の体が異常信号を出していて、もし発熱症状が出ていたら、病院に行って鳥インフルエンザ感染から排除してもらうのが一番です。いまのところ、浙江省の何例かの死亡例は、病院に行って診察を受けたのが大変に遅かったことと関係しています。湖州の2例の回復した患者は、発熱した状態を大変重く見て、一時間以内に、病院に行って診察を受けたので、こんなにも早く健康を回復することが出来ました。)
問: 在感染者的職業分布上、最近有好幾例是農民、這是否表示我省感染人群的重點已從城市轉移到了農村?(感染者の職業分布では、最近は多くの症例が農民ですが、これは浙江省の感染者群の重心がすでに都市から農村に移ったことを示しているのでしょうか?)
陳恩富: 從我省出現首批感染者以來、感染人群中就屡屡出現農民這個職業、目前從職業來看、主要是農民和退休人員、並不存在農村和城市的區別、目前也不存在一個轉移的説法。不過、和農村比起來、城市接觸到各種科普知識的便捷性要比農村好、對於疾病的防控意識也更強一些、應當進一歩加大農村地區的科普宣傳。(陳恩富 浙江省で最初の感染者が見つかって以来、感染者群にはしばしば農民と言った職業が現れますが、いまのところ職業について見るならば、中心は農民と退職者で、決して農村と都市の区別があるわけではなく、いまでも転移しているという言い方は存在しません。ただ、農村と比べると、都市はいろいろな科学普及知識に触れられるのが農村と比べると速く、疾病予防コントロールの意識も更に一層強まるので、一層農村地区での科学普及宣伝活動に力を入れるべきでしょう。)
問: 五一長假馬上就要到了、民間有人總結説、毎次到放假的時候就是流感大流行的時候、有人擔心在五一期間、H7N9禽流感會大爆發、這種擔憂有根據嗎[口馬]?(問 メーデーの長い休暇[=5月1日メーデーから始まる中国のゴールデンウィーク。]がもうすぐやって来ます。民間ではつぎのように結論づける人がいます。毎回、休暇の時期とはつまりインフルエンザの大流行の時期で、メーデーの長期休暇期間はH7N9型鳥インフルエンザの感染爆発が起こるので、気をつけないと、と。この種の心配には根拠はありますか?)
陳恩富: 大爆發的猜測已經不止出現一次了、我們一直在檢測病毒的變化、目前為止還沒有檢測到病毒與人傳人有關的變異、所以不會出現大爆發的情況、主要還是散發。所以五一期間非但不會出現大爆發、而且隨著防控效果的顯現、疫情會得到有效控制、不用過度擔憂。(陳恩富 感染大爆発の憶測は、もう何度も出てきています。私達は、ずっとウイルスの変化を検査測定してきていますが、今のところ、ヒトからヒトへ感染するような変異が検査測定されたことはありません。主にまだ散発的な発生です。メーデーの長期休暇期間は、感染大爆発が現れるはずがないだけでなく、続いて予防コントロールの効果が現れるので、感染状況は予防コントロールが有効になっているでしょうから、過度に心配しなくていいですよ。)
來源、今日早報 作者、通訊員 江歆[音欠] 記者 黄淼[水水水]君 編輯、鄭海雲


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013-04-22

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その58)愛鳩家に残念なお知らせ 江蘇省で伝書鳩からH7N9型鳥インフルエンザウイルス検出@4/22

伝書鳩を飼っている愛鳩家には残念なニュース。
中国農業省は、今日
 江蘇省の伝書鳩からH7N9型鳥インフルエンザウイルスを検出
と発表した。
中国農業省の発表より。


農業部從江蘇送檢樣品中檢測到1分H7N9禽流感陽性樣品(農業省は江蘇から検査に送られてきたH7N9型鳥インフルエンザウイルス陽性の検体を1個検出した。)
日期、2013-04-2215:34作者、來源、農業部新聞辨公室
本網訊
農業部新聞辨公室4月22日發布、江蘇省動物疫病預防控制中心檢出1分信鴿疑似陽性樣品、經國家禽流感參考實驗室復核確診為H7N9禽流感陽性、樣品來自江蘇省南通市海安縣一養鴿戸、所分離株與4月4日從鴿子分離的H7N9禽流感病毒株高度同源。(4月22日、農業省新聞弁公室は、江蘇省動物感染症予防コントロールセンターは伝書鳩の検体1個から偽陽性反応を検出し、中国国家鳥インフルエンザ参考実験室が再検査を行って、H7N9型鳥インフルエンザ陽性と確定診断した、と発表した。検体は江蘇省南通市海安県のある養鳩家からきたもので、分離されたウイルス株は4月4日に鳩から分離されたH7N9型鳥インフルエンザウイルスと高度に同系統のものである。)

農業部已要求江蘇省按照農業部『動物H7N9禽流感應急處置指南(試行)』嚴格做好相關處置工作。同時、要求進一歩加強H7N9禽流感病毒監測工作、落實各項防控措施。(農業省はすでに、江蘇省に対し、農業省『動物H7N9型鳥インフルエンザ緊急処置マニュアル(試行版)』に基づいて、厳格に関連する処理作業を遂行するようすでに求めている。同時に、H7N9型鳥インフルエンザウイルス監視の範囲を更に拡大し、それぞれの防疫コントロール措置を実施するよう求めている。)

截至目前、國家禽流感參考實驗室共檢測到40分H7N9禽流感陽性樣品。(いままでに、中国国家鳥インフルエンザ参考実験室では、全部で40個のH7N9型鳥インフルエンザ陽性の検体を検出している。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その57)一部情報で「今週感染者が発表される予定」とされた山東省で疑似感染例1名@4/22

一部情報では、先週から
 今週になると、江西省と山東省でH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染が発表される
と言われているのだが、本日、山東省衛生庁は
 1名の疑似感染例
があることを発表した。
まだ
 疑似感染例
なので、確定診断に到るかどうかは、明日以降の発表を待つしかない。

山東省衛生庁の発表より。

我省發現首例人感染H7N9禽流感疑似病例(山東省で初めてのH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの疑似感染例が見つかる。)

發布時間、【2013-04-22】
2013年4月22日、棗莊市疾病預防控制中心送檢的棗莊市立醫院收治的一名36歳男性患者病例樣本、經山東省疾病預防控制中心實驗室檢測、確認患者為人感染H7N9禽流感疑似病例。這是山東省發現的首例人感染H7N9禽流感疑似病例。(2013年4月22日、棗荘疾病コントロールセンターは、検査のために送った棗荘市立病院で入院治療中の36歳男性患者の検体は、山東省疾病予防コントロールセンターの実験室で検査測定された結果、この患者はH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの疑似感染例であることを確認した。)
目前、棗莊市立醫院正採取措施積極救治患者。(現在、棗荘市立病院は積極的な救命治療を患者に施しているところである。)
省衛生廳已派省級專家組赴當地指導臨床救治・流行病學調査及防控等工作。(山東省衛生庁はすでに山東省クラスの専門家チームを棗荘市に派遣し、臨床救命治療・感染症学的調査および予防コントロール等の活動を指導している。)
棗莊市疾控中心已對9名密切接觸者實施醫學觀察、未發現流感樣症状。(棗荘市疾病予防コントロールセンターはすでに9名の濃厚接触者に医学的な経過観察を行ったが、インフルエンザ類似の症状はまだ見られない。)
按照國家衛生和計劃生育委員會規定、山東省疾病預防控制中心已將標本送中國疾病預防控制中心進行復核、以便最終確診。(国家衛生・計画出産委員会の規程に基づき、山東省疾病コントロールセンターはすでに検体を中国国家疾病予防コントロールセンターに送り、最終的な確定診断のための再検査を進めている。)

文章のフォーマットが
 北京市で最初の疑似感染例が見つかった時
とほとんど同じだ。北京市の疑似感染例は7歳女児で、その後確定診断された症例である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その56)上海で新たに1名死亡 合わせて感染者は105名 死亡者は21名に@4/22

上海市衛生・育成計画委員会のサイト上での発表は、中国の国内報道より遅い。

やっと、先ほどアップされたところ。
 本日治療中だった1名が死亡した
とのこと。

上海市衛生・育成計画委員会の発表より。


本市今天無新増人感染H7N9禽流感病例、1例病例死亡(上海市では本日新たな感染者は見つからなかったが、1名の患者が死亡した。)
本市今天沒有新増人感染H7N9禽流感確診病例。(今日、上海市では、新たなH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染は見つからなかった。)
4月12日確診的病例段某、經全力搶救無效、于4月21日晩死亡。(4月12日に確定診断された段さんは、全力を尽くして救命に当たったが効なく、4月21日夜死亡した。)
截至今天下午17:00、本市累計確診人感染H7N9禽流感病例爲33例、其中13例患者正在積極治療中、8名患者已康復出院、12例患者醫治無效死亡。(本日午後17:00までに、上海市ではH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染と確定診断された患者は全部で33名、その内13名の患者は現在積極的に治療中で、8名の患者はすでに健康を回復して退院したが、12名の患者は治療の効なく死亡した。)
2013-04-22

死亡した段さんが確定診断されたときの、上海市衛生・育成計画委員会の発表。


本市新確診2例人感染H7N9禽流感病例

患者段某、男、86歳、上海人、退休人員。
(患者 段さん 男性 86歳 上海在住 退職者。)
患者于4月3日出現不適症状、(4月3日、患者は体調が悪くなり、)
4月6日前往楊浦區市東醫院就診、診斷爲右下肺炎、當天被市東醫院收治入院。(4月6日、楊浦区東病院に行って受診、右下肺炎と診断され、この日、東病院に収容され入院治療をうけることとなった。)
4月11日、經市疾病預防控制中心檢測結果爲H7N9禽流感病毒核酸陽性。按照有關要求、市衛生和計劃生育委員會組織市級臨床專家組對該病例進行討論、診斷該病例爲人感染H7N9禽流感確診病例。(4月11日、上海市疾病予防コントロールセンターが検査測定した結果、H7N9型鳥インフルエンザウイルスRNA陽性反応が出た。関連する要件に基づき、上海市衛生・計画出産委員会は市の臨床の専門家チームを組織し、この症例について討論を行い、この症例は、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)

患者目前病情穩定、正在積極治療中。經調査、該病例的密切接觸者共有13人、均已實施醫學觀察、截至到目前均未發現異常。(現在のところ、患者の容態は安定しており、積極的に治療しているところである。調査によると、患者との濃厚接触者は全部で13人、いずれも医学的経過観察を行ったが、いまのところ、誰にも異常は見られない。)
2013-04-12

経過は、
発症 4/3 初診 4/6 入院 4/6 確定診断 4/11 確定診断時の病状 落ち着いている 死亡 4/22

さて、落ち着いていたはずの容態が、いつ悪化したのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その55)浙江省で新たに2名の感染者 合わせて感染者は105名 死亡者は20名に@4/22

浙江省では
 H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染
が収束する兆しが見えない。今日も
 新たに2名の感染者
が見つかった。

浙江省衛生庁の発表より。


浙江省新増2例人感染H7N9禽流感病例(浙江省で新たに2名のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染例が見つかる。)
發布日期、2013-04-22 信息來源、衛生廳

浙江省衛生廳

2013年4月22日

浙江省衛生廳4月22日通報、截至4月22日15:00、浙江省新増2例人感染H7N9禽流感病例。(4月22日、浙江省衛生庁は4月22日15:00までに、浙江省で新たに2例のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザ感染があったと発表した。)

患者葉某、女、54歳、公司職員、杭州人、於4月16日發病、現在杭州某醫院治療。(患者 葉さん 女性 54歳 会社員 杭州市在住。4月16日、発症、いまは杭州市のある病院で入院治療中。)

患者劉某、男、32歳、農民、現居湖州、於4月14日發病、現在湖州某醫院治療。(患者 劉さん 男性 32歳 農民 現在湖州市在住。4月14日、発症、いまは湖州市のある病院で入院治療中。)

經省疾控中心檢測、以上2例患者標本均為人感染H7N9禽流感病毒核酸陽性。我廳組織專家對患者的臨床表現・流行病學資料和實驗室檢測結果進行討論、診斷為人感染H7N9禽流感確診病例。(浙江省の疾病コントロールセンターは、以上の患者2名の検体を検査測定したところ、すべての検体からH7N9型鳥インフルエンザウイルスRNA陽性反応が出た。浙江省衛生庁は専門家を組織し、臨床所見・感染学的資料と検査所見の結果に対し討論を行い、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
目前、2例患者均屬輕症、醫院正在積極治療中。(いまのところ、2名の患者はどちらも軽症で、病院では積極的に救命治療に当たっている。)

4月22日上午、我省4月17日確診的患者張某(男、41歳、幹部、湖州人)經治療康復出院。(4月22日午前、浙江省が4月17日、確定診断した患者張さん(男性 41歳 幹部 湖州在住)が治療の結果、健康を回復して退院した。)

比較的軽症だというのが、まだしもだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

twitter吉野家アカウントが一瞬乗っ取られる

あらま、びっくり。
twitterの吉野家アカウントが変なことに。
Yo

どうやらアカウントを誰かにいじられたらしい。
現在は直っている。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その54)浙江省で「労災感染」してコネを駆使して早期にインフルエンザ検査を受けて入院していた軽症の「幹部」ウイルスがいなくなったので退院@4/22

老百姓(一般庶民)にはなかなか得られない
 コネ
を駆使、
 生きた家禽の殺処分後、H7N9型鳥インフルエンザに感染したかどうかを迅速な検査をしてもらって確認
した上で、
 浙江大学医学部附属第一病院に搬送されていた「幹部」

 体内からウイルスがなくなった
ので
 無事退院
したと、中国新聞網が伝えている。
よかったですね〜(棒読み)。

浙江省はこのところ
 感染者続出
だが、だいたいが
 肺炎になって初めてウイルス検査を受けられる
わけで
 患者数が多い上に、重症者も多い
のである。


浙江第二例H7N9治癒者出院 曾因撲殺活禽感染(浙江省で二番目にH7N9型鳥インフルエンザが完治した患者が退院。生きた鳥を殺処分したために感染していた。)

2013年04月22日15:08 來源、中國新聞網

中新網杭州4月22日電(記者邵燕飛 實習生肖娜)
日前、浙江省湖州市某街道幹部張某在參與活禽撲殺工作時、感染H7N9禽流感病毒。(先日、浙江省湖州市のある居住区の幹部である張さんは生きた家禽の殺処分に加わり、H7N9型鳥インフルエンザウイルスに感染した。)
22日、浙江大學醫學院附屬第一醫院(以下簡稱「浙一」)ICU病房主任醫師方強在接受中新網記者採訪時稱、張某已於22日早上出院、出院時身體完全康復、不存在任何後遺症。(22日、浙江大学医学部附属第一病院(以下「浙一」と略称)ICU病棟の方強主任医師は、中国新聞網記者のインタビューを受けたときに、張さんはすでに22日朝退院し、退院時には体は完全に健康を回復しており、いかなる後遺症もない、と話した。)

17日、在浙江新増的4例H7N9禽流感病人中、有一例病患是湖州市某街道41歳的幹部張某。(17日、浙江省で新たにH7N9型鳥インフルエンザに感染した4人の患者の中に、湖州市のある居住区の41歳の幹部張さんの症例があった。)
據悉、4月8日凌晨、張某接到街道通知參與撲殺湖州浙北農副産品交易中心的活禽7000只、沒想到竟與H7N9禽流感病毒「不期而遇」。14日、張某自感發熱就醫。當晩10點、湖州市疾控中心檢測報告顯示、張某的H7N9禽流感病毒測試呈陽性、次日、張某由湖州送往浙一就診。(知り得たところによると、4月8日未明、張さんは居住区から湖州市浙北農業副産物取引センターの生きた家禽7000羽を殺処分するよう通達を受けたが、こともあろうにH7N9型鳥インフルエンザウイルスと、「期せずして遭遇」するとは思いも寄らなかった。14日、張さんは発熱を自覚して病院に行き診察を受けた。夜10時、湖州市疾病コントロールセンターの検査測定は、張さんのH7N9型鳥インフルエンザウイルス検査は陽性を示したことを示し、翌日、張さんは湖州市から杭州市に搬送されて診察を受けた。)
這位「因工染病」的公務員受到了人們廣泛關注。(この「労災感染」した公務員は、広く人々に注目された。)
22日、浙一ICU病房主任醫師方強告訴記者、22日早上、張某已出院、身體完全康復・痊癒、不會遺留任何後遺症。(22日、浙一ICU病棟の方強主任医師は、22日朝、張さんはすでに退院し、体は完全に健康を回復しており、完治し、いかなる後遺症も残っているはずがない、と記者に話した。)
據方強介紹、4月15日、張某被送進浙一、該患者進院時屬輕症、僅有發燒症状、在轉入浙一的7天後、張某的H7N9禽流感病毒被確診轉成陰性。(方強は、4月15日、張さんは浙一に搬送され、この患者が入院してきたときは軽症で、わずかに発熱の症状があり、浙一に転院して7日後に、張さんのH7N9型鳥インフルエンザウイルスは陰性になったと確定診断された、と説明した。)
方強表示、張某在浙一的救治期間情況一直不錯、他體内的H7N9禽流感病毒受到控制並未出現惡化的情況。「在醫院的時候就胃口好、心情也不錯。」(方強は、張さんは浙一で救命治療を受けている間の容態はずっと良好で、彼の体内のH7N9型鳥インフルエンザウイルスはコントロールされ、まったく病状の悪化は見られなかった。「入院中は、食欲があり、気分もよかった。」)

截至目前、浙江發現人感染H7N9禽流感病毒共38例、出院2例、死亡5例。(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その53)上海で退院した3名の成人患者の経過@4/21

21日、上海市衛生・育成計画委員会は
 3名の患者が健康を回復して退院
したと発表した。いずれも成人である。
 内2名は、最初の確定診断の発表時、病状が安定している
と診断されている。
上海市衛生・育成計画委員会の発表より。


上海今天沒有新増人感染H7N9禽流感病例、3例病例康復出院(本日 上海では新たなH7N9型鳥インフルエンザの人への感染例はなく、3名の患者が健康を回復して退院した。)
本市今天又有3例病例康復出院。截止今天下午(21日)17:00、本市累計確診人感染H7N9禽流感病例爲33例、其中14例患者正在積極治療中、8名患者已康復出院、另[口力]有11例患者醫治無效死亡。(本日、上海市ではまた3名の患者が健康を回復して退院した。今日の午後(21日)17:00までに、上海では確定診断されたヒトへのH7N9型鳥インフルエンザの感染は全部で33例、その内、14例は現在隔離治療中で、8名の患者はすでに健康を回復して退院した。その他に、治療の効なく死亡した患者が11名いる。)
今天3位康復出院病人情況如下、(本日、健康を回復して退院した3名の患者の状況は以下の通り)
患者李某、男、67歳、上海人。(患者 李さん 男性 67歳 上海市在住)
患者4月7日經檢測被確診爲人感染H7N9禽流感確診病例、當日轉往上海市公共衛生臨床中心診治。經過積極治療、今天康復出院。(4月7日、患者は検査計測の結果、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断され、その日に上海市公共衛生臨床センターに転院して診察治療を受けた。積極的な治療を経て、本日健康を回復して退院した。)

患者唐某、男、68歳、上海人。(患者 唐さん 男性 68歳 上海市在住)
患者4月10日經檢測被確診爲人感染H7N9禽流感確診病例、次日轉往上海市公共衛生臨床中心診治。經過積極治療、今天康復出院。(4月10日、患者は検査計測の結果、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断され、その日に上海市公共衛生臨床センターに転院して診察治療を受けた。積極的な治療を経て、本日(18日)健康を回復して退院した。)

患者宋某、男、54歳、江西人。(患者 宋さん 男性 54歳 江西省出身)
患者4月13日經檢測被確診爲人感染H7N9禽流感確診病例、當日轉往上海市公共衛生臨床中心診治。經過積極治療、今天康復出院。(4月13日、患者は検査計測の結果、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断され、その日に上海市公共衛生臨床センターに転院して診察治療を受けた。積極的な治療を経て、本日健康を回復して退院した。)

2013-04-21

それぞれの退院患者の確定診断時の上海市衛生・育成計画委員会の発表を引用しておく。
李さん。


上海新増二例人感染H7N9禽流感確診病例

患者李某、男、67歳、上海人。(患者 李さん 男性 67歳 上海在住。)
患者3月29日出現全身酸痛・發熱、(3月29日、患者は全身にだるい痛み・発熱を覚え、)
于3月30日前往第一人民醫院南院就診、診斷爲左上肺炎。(3月30日、第一人民病院南分院に行って診察を受けたところ、左上肺炎と診断された。)
4月7日淩晨、經上海市疾病預防控制中心實驗室檢測結果爲H7N9禽流感病毒核酸陽性。按照有關要求、上海市衛生和計劃生育委員會組織市級臨床專家組對該病例進行討論、專家依據病例的臨床表現・實驗室檢測和流行病學調査資料、診斷該病例爲人感染H7N9禽流感確診病例。(4月7日早朝、上海市疾病予防コントロールセンター実験室が検査測定した結果、H7N9型鳥インフルエンザウイルスRNAの陽性反応が出た。関連する条件に基づき、上海市衛生・計画出産委員会は市の臨床の専門家チームを組織し、この症例について討論を行い、専門家はこの症例の臨床所見・検査所見および感染症学的調査資料に基づき、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
患者病情穩定、正在積極治療中。(現在、患者の容態は安定しており、積極的な治療を行っている。)
經調査、該病例的密切接觸者共有2人、截止到目前均未發現異常。(調査によると、この症例で濃厚接触者は全部で2人、いずれも現在まで異常は現れていない。)
2013-04-07

唐さん。


上海今天新増3例人感染H7N9禽流感確診病例
患者唐某、男、68歳、上海人、退休回聘人員。(患者唐さん 男性 68歳 上海在住 退職後再就職者)
患者4月4日出現發熱・全身酸痛症状、自服「泰諾」藥物未見好轉。(4月4日に患者は発熱と全身に痛みの症状が出、自分でタイレノールを飲んだが、好転しなかった。)
4月6日、患者前往嘉定區中心醫院就診、治療後症状未得緩解。(4月6日に患者は、嘉定区センター病院に行って診察を受け、治療したが症状は収まらなかった。)
4月9日患者前往瑞金醫院北院就診、診斷爲右下肺炎。
(4月9日に患者は瑞金病院北分院に行って診察を受け、右下肺炎と診断された。)
患者目前病情穩定、正在積極治療中。(現在、患者の容体は安定しており、積極的な治療を行っている。)
4月10日、經上海市疾病預防控制中心檢測結果爲H7N9禽流感病毒核酸陽性。(4月10日、上海市疾病予防コントロールセンターが検査測定した結果、H7N9型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出た。)
按要求、市衛計委組織市級臨床專家組對該病例進行討論、診斷該病例爲人感染H7N9禽流感確診病例。(求めに従い、上海市衛生・計画出産委員会は市の臨床の専門家チームを組織し、この症例について討論を行い、この症例は、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
經調査、該病例的密切接觸者共有19人、均已實施醫學觀察、截止目前均未發現異常。(調査によって、この症例で濃厚接触者は全部で19人、いずれも医学的な経過観察を行ったが、現在まで誰にも異常は現れていない。)
2013-04-11

宋さん。


本市新増3例人感染H7N9禽流感病例
患者宋某、男、54歳、江西人、自由職業。(患者 宋さん 男性 54歳 江西出身[上海在住] 自由業。)
患者4月8日出現發熱、到仁濟醫院東院就診。(4月8日、患者は発熱、仁済病院東分院に行って診察を受けた。)
4月12日再次就診診斷爲肺炎、收治入院。(4月12日、再度診察を受けたところ、肺炎と診断され、入院治療を受けた。)
4月13日下午、經市疾病預防控制中心檢測結果爲H7N9禽流感病毒核酸陽性。市衛生和計劃生育委員會組織市級臨床專家組對該病例進行討論、診斷該病例爲人感染H7N9禽流感確診病例。(4月13日午後、上海市疾病予防コントロールセンターが検査測定した結果、H7N9型鳥インフルエンザウイルスRNAの陽性反応が出た。上海市衛生・計画出産委員会は市の臨床の専門家チームを組織し、この症例について討論を行い、この症例は、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
經調査、該病例的密切接觸者共有9人、均已實施醫學觀察、截至到目前均未發現異常。(調査によると、この症例で濃厚接触者は全部で9人、いずれも医学的な経過観察を行ったが、現在まで誰にも異常は現れていない。)
2013-04-14

発症から確定診断、退院までの経過は次の通り。
患者名 年齢 発症 初診 入院 確定診断 退院
李さん 67  3/29 3/30 3/30 4/7(発症から10日)    4/21(15日間入院)
唐さん 68  4/4 4/6 4/9 4/10(発症から7日)   4/21(13日間入院)
宋さん 54  4/8 4/8 4/12 4/13(発症から6日)   4/21(10日間入院)

発症から確定診断までの間が最短6日、最長10日で、
 抗インフルエンザウイルス薬の効果が望めない時期の入院
だった。李さんと唐さんは比較的容態が安定していたのが幸いしたと思われる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013-04-21

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その52)江蘇省在住者に新たに1名の感染者上海に搬送され治療 合わせて感染者は103名 死亡者は20名に@4/21

上海市衛生・育成計画委員会は、
 本日、江蘇省から搬送された1名が感染者
だったと発表した。
で、
 上海市では感染者は見られなかった
という。
中国のH7N9型鳥インフルエンザ感染者の数え方は
 現住所を基準
としているらしく
 発表は上海市だが、江蘇省の感染例として扱う
ということだ。

上海市衛生・育成計画委員会の発表より。


上海發現1例外地感染發病後來滬就診的人感染H7N9禽流感確診病例(上海で、よその土地で感染発症後に上海に来て受診した、H7N9型鳥インフルエンザの人への感染例が見つかった。)
本市發現1例外地感染發病後來滬就診的人感染H7N9禽流感確診病例、目前在本市救治。(上海市で、よその土地で感染発症後に上海に来て受診した、H7N9型鳥インフルエンザの人への感染例が見つかった。現在、上海市で救命治療中である。)

病例情況如下、(病状は以下の通り)
患者楊某、男、68歳、江蘇人、退休人員。(患者 楊さん 男性 68歳 江蘇在住、退職者。)
患者于4月13日出現發熱・咳嗽・咳痰、(4月13日、患者は発熱・咳・痰の症状が現れ、)
4月16日—4月19日就診于江蘇省溧[シ栗]陽市人民醫院、診斷爲左下肺炎、對症治療後無好轉。(4月16日から4月19日は、江蘇省溧[シ栗]陽市人民病院を受診、左下肺炎と診断され、対症療法を行ったものの、軽快しなかった。)
4月19日由當地120轉送至上海市肺科醫院就診、診斷爲重症肺炎、收治入院。患者目前正在積極治療中。(4月19日、居住地の救急から、上海市呼吸器科病院に転送されて受診し、重症肺炎と診断され、入院治療を行った。)
4月20日、經上海市疾病預防控制中心實驗室檢測結果爲H7N9禽流感病毒核酸陽性。按照有關要求、經市級臨床專家組對該病例進行會診、診斷該病例爲人感染H7N9禽流感確診病例。(4月20日、上海市疾病予防コントロールセンターが検査測定した結果、H7N9型鳥インフルエンザウイルスRNA陽性反応が出た。関連する条件に基づき、上海市衛生・計画出産委員会は市の臨床の専門家チームは、この症例について共同で診察に当たり、専門家は症例の臨床所見・検査所見と感染症学の調査資料によって、この症例は、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
經調査、該病例在滬的密切接觸者共有3人、均已實施醫學觀察、截止目前均未發現異常。(調査によると、この症例で濃厚接触者は全部で3人、いずれも医学的な経過観察を行ったが、現在まで誰にも異常は現れていない。)
鑒于該病例在江蘇省溧陽市當地感染發病、屬江蘇省人感染H7N9禽流感新増病例。(この症例は江蘇省溧[シ栗]陽市で感染発病したので、江蘇省の新たなH7N9型鳥インフルエンザの人への感染者となる。)
2013-04-21

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その51)感染者はとうとう100名超え 浙江省で新たに5名の感染者内1名は死亡 重態だった1名も死亡 合わせて感染者は102名 死亡者は20名に@4/21

とうとう
 中国のH7N9型鳥インフルエンザの人への感染者は100名を超えた
ことが明らかになった。

浙江省の
 H7N9型鳥インフルエンザの人への感染
が止まらないばかりか
 今日までに2名が死亡
した。
 新たな感染者は5名で、内1名は死亡
し、
 重態だった患者1名も死亡
した。
浙江省衛生庁の発表より。

浙江省新増5例人感染H7N9禽流感病例(浙江省で新たに5名のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染例が見つかる。)
發布日期、2013-04-21 信息來源、衛生廳

浙江省衛生廳

2013年4月21日

浙江省衛生廳4月21日通報、截至4月21日15:00、浙江省新増5例人感染H7N9禽流感病例。(4月21日、浙江省衛生庁は4月21日15:00までに、浙江省で新たに53例のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザ感染があったと発表した。)

患者王某、女、68歳、農民、杭州人、於4月12日發病、現在杭州某醫院治療。(患者 王さん 女性 68歳 農民 杭州市在住。4月12日、発症、いまは杭州市のある病院で入院治療中。)

患者羅某、男、76歳、農民、嘉興人、於4月8日發病、4月21日上午、因病情進一歩惡化、搶救無效死亡。(患者 羅さん 男性 76歳 農民 嘉興市在住。4月8日、発症、4月21日午前、病状が更に悪化して、救命に努めたが効なく死亡した。)

患者管某、女、81歳、無業、湖州人、於4月12日發病、現在杭州某醫院治療。(患者 管さん 女性 81歳 無職 湖州市在住。4月12日、発症、いまは杭州市のある病院で入院治療中。)

患者金某、男、58歳、無業、杭州人、於4月16日發病、現在杭州某醫院治療。(患者 金さん 男性 58歳 無職 杭州市在住。4月16日、発症、いまは杭州市のある病院で入院治療中。)

患者沈某、女、79歳、農民、杭州人、於4月13日發病、現在杭州某醫院治療。(患者 沈さん 女性 79歳 農民 杭州市在住。4月13日、発症、いまは杭州市のある病院で入院治療中。)

經省疾控中心檢測、以上5例患者標本均為人感染H7N9禽流感病毒核酸陽性。我廳組織專家對患者的臨床表現・流行病學資料和實驗室檢測結果進行討論、診斷為人感染H7N9禽流感確診病例。(浙江省の疾病コントロールセンターは、以上の患者5名の検体を検査測定したところ、すべての検体からH7N9型鳥インフルエンザウイルスRNA陽性反応が出た。浙江省衛生庁は専門家を組織し、臨床所見・感染学的資料と検査所見の結果に対し討論を行い、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
目前、除羅某死亡外、其餘4例患者均病重、醫院正在積極救治中。(いまのところ、羅さんが死亡した他の、患者は4名とも容態が重く、病院は積極的に救命治療に当たっている。)

4月20日晩、14日確診的危重患者王某(女、62歳、退休、湖州人)、因病情進一歩惡化、搶救無效死亡。(4月20日夜、14日に確定診断された重態の患者王さんの容態が悪化、救命に努めたが効なく死亡した。)

浙江省、相当ヤバい状況なんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHKらしい「不親切」 風疹ワクチン接種を呼びかける動画を紹介しておきながら記事にリンクが貼ってない件

NHKは、首都圏での風疹流行に危機感を抱いて
 ストップ風疹 赤ちゃんを守れ キャンペーン
をやってるのだが、
 風疹ワクチン接種を呼びかける外部動画を紹介しながら、記事にリンク先がはってない
というすばらしい記事が。
 リンクを直貼りできない
とか内規があるのなら、せめて
 動画名とどこにあるか
くらい書いておけよ、NHK。間抜けだな。


医師が動画で風疹ワクチン接種呼びかけ
4月21日 4時15分

風疹の流行が拡大するなか、都内の病院で風疹の患者の診療に当たっている医師たちが、流行を抑えるために、多くの人にワクチンを接種してもらいたいとして、一般の人に向けた動画を作りインターネットで公開しています。

動画を作ったのは、東京・新宿にある国立国際医療研究センター感染症内科の忽那賢志医師など、4人の医師たちです。
医師たちは、去年の夏以降、この病院でおよそ50人が風疹と診断され、中には、脳炎を起こして重症になった男性もいたため、一般の人に向けて広く注意を呼びかけたいとして、動画を作成したということです。
動画には4人の医師が交代で登場し、現在、患者の中心は大人の男性であることや、妊娠中の女性が感染するとおなかの赤ちゃんに障害が出るおそれがあること、そして、流行を抑えるには、妊婦やその家族だけでなく、多くの人がワクチンを接種する必要があることなどを呼びかけています。
医師たちは、この動画を多くの人に見てもらいたいと、インターネットの動画サイトで公開しています。
忽那医師は「風疹で重症になった患者さんを診療し、風疹を甘く見てはいけないと思った。動画を見て、ワクチンを打とうと思う人が増えてほしいし、まだ流行していない地域の人も、早めに対策してほしい」と話しています。

これじゃ
 どこに動画があるか全然分からん
だろうが。それとも
 ggrks(ググれカス!)
って、居丈高な態度なのかね。

探しましたよ。Google先生が、
 ニコ動にYouTubeから転載されてる
ことを教えてくれたので、YouTubeに入って検索。
この動画だ。

記事の公開時間が
 4月21日 4時15分
ってことは、
 おは本担当EPの確認不十分
ってことかね。日曜朝の担当は誰だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その50)浙江省で新たにみつかったH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染者の内1名は妊婦@4/21地元紙→杭州市では血漿交換に用いる血液が不足

2013-04-20 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その48)浙江省で新たに3名の感染者 1名死亡 合わせて感染者は96名 死亡者は18名に@4/20
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2013/04/h7n9-483-1-96-1.html
の続き。

地元紙銭江晩報が4/21付で
 4/20に見つかったH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染者の内1名は妊婦
と報じている。更に、
 重症者には、血漿交換を行うのだが、必要な血液が杭州市内では不足
しているという。記事の最後の方に
 ボランティアの献血
とあるのは、中国では今でも
 売血が盛ん
だからだ。

元は簡体字。


浙江省新増3例H7N9感染者 其中一位是孕婦(浙江省で新たに3名のH7N9型型鳥インフルエンザのヒトへの感染例が見つかる。内1名は妊婦)

(昨日の浙江省衛生庁の発表そのままなので略)

前天晩上、浙大一院收治一位H7N9禽流感患者甘女士、為孕婦、懷孕9周。目前正在接受治療。(一昨日の夜、浙江大学第一病院は1名のH7N9型鳥インフルエンザ女性患者の甘さんを収容、治療しているが、妊婦で、妊娠9週目である。現在治療を受けている。)
記者瞭解到、甘女士14日開始咳嗽・發燒、去醫院發熱門診檢査、初篩H7N9病毒核酸陽性、前天晩上被緊急轉入浙大一院治療。(記者が得た情報によると、14日、甘さんは咳・発熱が始まり、病院の発熱外来に行って検査を受けたところ、H7N9型鳥インフルエンザウイルス簡易スクリーニング検査で陽性となり、一昨日の夜、浙江大学第一病院に緊急搬送され、治療を行うこととなった。)
一邊是懷孕的現實、一邊是需要緊急治療的H7N9禽流感病毒、經家屬同意、治療疾病優先、醫生表示已經用上抗病毒藥物。(妊娠しているという現実がある傍、H7N9型鳥インフルエンザウイルスの緊急治療を行わなければならないので、家族の同意を得て、疾病の治療を優先し、抗インフルエンザウイルス薬を使用した、と医師は語った。)
患者暫時沒有出現呼吸窘迫等症状。(しばらくの間、患者には呼吸が切迫するなどの症状は出ていない。)
在用藥上、盡量規避對胎兒可能造成的風險。(薬物の使用に当たっては、できる限り、胎児にリスクが生じるようなことは回避する。)
北京地壇醫院感染性診療中心主任李興旺説、以流感防治的經驗看、孕婦在懷孕27周以前、治療和常人沒有太大區別。(北京地壇病院の感染症診療センターの李興旺主任は、インフルエンザ予防治療の経験から見て、妊娠27週以前の妊婦では、インフルエンザの治療は普通の人とほとんど代わらない、と言う。)
中晩期孕婦是高危人群、提倡應積極治療。(妊娠中期・後期の妊婦はハイリスク群で、積極的に治療すべきことを推奨している。)
早期藥物治療應聽從醫生指導、不要盲目用藥。(早期の薬物治療は、医師の指導に従うべきで、目標なしに薬を使用してはいけない。)
在治療人感染H7N9禽流感時、部分是重症患者、據專家介紹、這些重症病人部分採用的是人工肝・人工肺等治療、這種治療方法採用的是血液置換方式。(H7N9型鳥インフルエンザの人への感染者を治療する際には、一部は重症患者であり、専門家は、こうした重症患者には、人工肝補助療法・人工肺等の治療を採用することもあり、この種の治療方法で採用するのは、血漿交換方式である。)
毎個病人毎做一次人工肝治療需要相當於20人捐獻的血液。多人次・大量的治療使得對杭城臨床用血的需求量大大増加且相對集中。(一人の患者が一回人工肝治療には、20人分の献血に相当する血液が必要である。何人もが大量に治療すると、杭州市の臨床用血液の需要量を、大幅に増加させ、そのうえ比較的に集中させてしまう。)
與此同時、杭州街頭採血量下降、進入4月分以來、街頭日均採集人數不到200人、臨床用血吃緊、尤其是A型血液更為緊張、有關部門鼓勵社會愛心人士多多參與義務獻血。(これと同時に、杭州市の街頭献血で得られる採血量は減っており、四月に入ってからは、街頭では毎日平均献血者の数が200人に到らず、臨床用血液の量は逼迫していて、特にA型の血液は一層不足している。関連部門は、影響力のある人々が、ボランティアで献血に多く参加するよう、社会に対する思いやりの気持ちを喚起している。)
本報記者王蕊

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013-04-20

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その49)上海で新たに1名の感染者 合わせて感染者は97名 死亡者は18名に@4/20

本日、上海市で
 新たに1名のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへ感染者
が見つかった。4月13日発症で、しばらく市販薬を自分で服用、病院を受診したのは、5日後だった。抗インフルエンザウイルス薬は、効果がなくなってからの受診・入院となる。

上海市衛生・育成計画委員会の発表より。


本市新増1例人感染H7N9禽流感確診病例(上海市で新たに1例のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザの感染が確定診断された。)
截至17:00,本市新増1例人感染H7N9禽流感確診病例。截至目前、上海共發現33例人感染H7N9禽流感確診病例、其中死亡11例、17例正在隔離治療之中、5名患者已康複出院。(17:00までに、上海市で新たに1例のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザの感染が確定診断された。現在までに、上海では上海では確定診断されたヒトへのH7N9型鳥インフルエンザの感染は全部で33例、その内死亡11例、17例は現在隔離治療中で、5名の患者はすでに健康を回復して退院した。)
新増的1例病例情況如下、(新たに増えた1例の病状は以下の通り)
患者李某、女、75歳。(患者 李さん 女性 75歳)
患者4月13日出現咳嗽・氣喘等症状、自服藥物症状無好轉。(4月13日、患者は咳・息切れ等の症状が現れ、自分で薬を服用したが、症状は良くならなかった。)
4月18日被第六人民醫院診斷爲肺炎、收治入院。(4月18日、上海第六人民病院で肺炎と診断され、入院治療を受けることとなった。)
4月19日、經市疾病預防控制中心檢測結果爲H7N9禽流感病毒核酸陽性。市衛生計生委組織市級臨床專家組對該病例進行會診、診斷該病例爲人感染H7N9禽流感確診病例。(4月19日、上海市疾病予防コントロールセンターが検査測定した結果、H7N9型鳥インフルエンザウイルスRNA陽性反応が出た。上海市衛生・計画出産委員会は市の臨床の専門家チームを組織し、この症例について共同で診察を行い、この症例は、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
患者目前病情穩定、正在積極治療中。(いまのところ、患者の容態は落ち着いており、積極的な治療を行っている。)
經調査、該病例的密切接觸者共有15人、均已實施醫學觀察、截至目前均未發現異常。(調査によると、この症例で濃厚接触者は全部で15人、いずれも医学的な経過観察を行ったが、現在まで誰にも異常は現れていない。)
2013-04-20

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その48)浙江省で新たに3名の感染者 1名死亡 合わせて感染者は96名 死亡者は18名に@4/20

浙江省で患者の増加が止まらない上に、死者も出た。
 新たな感染者は3名

 いずれも重症
で、
 死亡者は1名
だ。もう感染者100名目前である。

3人目の孫さんは
 3月30日発症

 売薬を服用していたが、こじらせたあげくに病院を受診し、重症であると診断された例
である。
 病院に掛かるお金もコネもない一般庶民のごく普通の経過
だと推察される。

浙江省衛生庁の発表より。


浙江省新増3例人感染H7N9禽流感病例(浙江省で新たに3名のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染例が見つかる。)
發佈日期、2013-04-20 信息來源、衛生廳
浙江省衛生廳

2013年4月20日
浙江省衛生廳4月20日通報、截至4月20日15:00、浙江省新増3例人感染H7N9禽流感病例。(4月20日、浙江省衛生庁は4月20日15:00までに、浙江省で新たに3例のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザ感染があったと発表した。)

患者汪某、男、56歳、農民、杭州人、於4月11日發病、現在杭州某醫院治療。(患者 汪さん 男性 56歳 農民 杭州市在住。4月11日、発症、いまは杭州市のある病院で入院治療中。)

患者甘某、女、35歳、工人、現住杭州、於4月14日發病、現在杭州某醫院治療。(患者 甘さん 女性 35歳 工員 現在杭州市在住。4月14日、発症、いまは杭州市のある病院で入院治療中。)

患者孫某、男、37歳、司機、杭州人、於3月30日發病、期間自行購藥服用、4月18日首次就診、現在杭州某醫院治療。(患者 孫さん 男性 37歳 運転手、杭州市在住。3月30日、発症、しばらく自分で市販薬を服用し、4月18日、初めて病院を受診、いまは杭州市のある病院で入院治療中。)

經省疾控中心檢測、以上3例患者標本均為人感染H7N9禽流感病毒核酸陽性。我廳組織專家對患者的臨床表現・流行病學資料和實驗室檢測結果進行討論、診斷為人感染H7N9禽流感確診病例。(浙江省の疾病コントロールセンターは、以上の患者3名の検体を検査測定したところ、すべての検体からH7N9型鳥インフルエンザウイルスRNA陽性反応が出た。浙江省衛生庁は専門家を組織し、臨床所見・感染学的資料と検査所見の結果に対し討論を行い、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
目前、3例患者均病重、醫院正在積極救治中。(いまのところ、患者は3名とも容態が重く、病院は積極的に救命治療に当たっている。)

4月19日晩、18日確診的危重患者徐某(男、69歳、退休、杭州人)因病情進一歩惡化、搶救無效死亡。(4月19日夜、18日に確定診断された重態の患者徐さん(男 69歳 退職者 杭州市在住)は容態が一層悪化、救命に努めたが効なく死亡した。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四川省雅安蘆山県でM7.0の地震発生(その2)17人乗りの軍の救援車両が断崖から転落 1名死亡 3名重傷 4名軽傷→マイカーを避けようとしてパンクしたの原因

今回の被災地は山中。
救難に向かった成都軍区の救援車両が、断崖から転落する事故が起きた。
 死者1名 重傷3名 軽傷4名
とのこと。
新華網より。


成都軍區一救災車輛赴災區途中墜崖(成都軍区の災害救援車両が被災地へ行く途中で崖から転落)
2013年04月20日15:11:05
來源、新華網

新華網成都4月20日電(記者劉永華・朱映濤)
記者20日從成都軍區抗震救災指揮部瞭解到、12時40分許、第13集團軍一輛載有17名官兵的救災車輛、在趕[走旱]赴災區途中翻下山崖、墜入河中、致1人犧牲・3人重傷・4人輕傷。目前、傷員已被送入當地醫院救治。(記者が、成都軍区震災救助指揮部から知り得たところに依ると、12時40分頃、第13集団軍の17名の将兵を乗せた災害救援車両1台が、被災地に急行中に断崖からひっくり返り、川の中に転落、一人が亡くなり、3人が重傷、4名が軽傷を負った。いまのところ、負傷者は全員当地の病院に搬送され、治療を受けている。)

原因は
 マイカーを避けようとしてパンクしたため
だという。事故当時のことを、現地紙成都商報の微博が伝えている。


快訊、滿載戰士的救援車輛翻下懸崖(速報、戦士を満載した救援車両が断崖から転落)
成都商報[微博]2013-04-2013:14

成都商報
#雅安7級地震#【勇士們、要平安!!![涙]】事發12:40、這輛成都軍區派出的救援車輛搭載20名左右戰士、行徑滎天路4公里時、由於道路狹窄、突然衝出道牙、跌下山崖。(雅安7級地震 【勇士のみなさん、どうか御無事で!!![涙]】事故は12:40に起きた。成都軍区が派遣した救援車両には20名ほどの戦士が乗っていたが、滎から4kmほど天泉へ向かった時に、道路が狭いために、急に道路に突き出た尖った物体にぶつかり、断崖から転落した。)現由部隊・政府・警方和村民組織的救援隊正展開營救、但目前只有數名戰士被救上![涙](いまは部隊・政府・警察と村民が救援隊を組織して、救助活動を行っているところである。)(成都商報記者劉宇)請大家讓出生命通道!(皆さん、どうか生命を救出する道路を譲って下さい![涙])
今天13:15

上記微博を引用した騰訊網の記事が事故の経緯をまとめている。


事發時『成都商報』記者劉宇正在出事車輛後。據他描述、事發地點是從滎經往天泉4公里處的一條小路上、道路兩邊均是樹木、由於道路狹窄、突然衝出道牙落入河中。(事故が起きたとき、『成都商報』の劉宇記者はちょうど事故を起こした車両の後にいた。劉記者が描写するところによると、事故発生地点は滎[エイ]から天泉へ行く途中4kmの所にある細い路で、道路の両側はみな樹木があり、道路が狭いために、急に道路に突き出た尖ったものにぶつかって川の中に転落した、という。)
事發後、部隊・政府・警方和村民組織的救援隊立刻展開營救。14時15分、新華社記者一行經過事發地點時看到、救援工作已經結束、車上部分戰士已被救出。事故車輛車輪朝天躺[身尚]在河水中。(事故発生後、部隊・政府・警察と村民が救援隊を組織して、救助活動を行った。14時15分、新華社の記者一行が事故発生地点を通過したとき見たのは、救助活動はすでに終わり、車にいた戦士は既に救出されていた。事故車両は、車輪が天を向き、川の中に横たわっていた。)
據新華社記者目測、此段公路僅有6米多寛、公路與河面之間的落差有20多米。目前該路段交通秩序已恢復正常。(新華社の記者の目測によれば、この公道はわずか6m余りの幅しかなく、公道と川の水面までの落差は20m以上ある。現在、この道路は交通規制が解かれて正常に戻っている。)

交通の便が悪く、被災地の救助がはかどらない理由が、この記事からもわかる。
一方、騰訊網は華西都市報の微博から
 マイカーを避けようとしてパンクしたのが原因
とも、報じている。
雅安地震救援軍車墜崖系避讓私車爆胎所致(雅安地震の軍の救援車両が崖から転落したのは、マイカーを避けようとしてパンクしたため。)
内容は見だしの通り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その47)江蘇省で新たに1名の感染者 現在重態 3日連続南京市玄武区在住 合わせて感染者は93名 死亡者は17名に@4/20

江蘇省で今日も
 新たに1名の感染者
が見つかった。しかも
 3日続けて、南京市玄武区在住の患者
である。
 現在、重態
だ。
 何が起きている、南京市玄武区?
という疑問が湧くのだが、発表は素っ気ない内容なので謎。
 いつ発症したか
が、全く分からない。

江蘇省衛生庁の発表より。


4月20日江蘇新増1例人感染H7N9禽流感確診病例(4月20日、江蘇省で新たに1例のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザ感染が確定診断される。)

發布時間、2013-4-20

江蘇省衛生廳4月20日通報、江蘇新確診1例人感染H7N9禽流感病例。(江蘇省衛生庁は、4月20日、江蘇省で新たに1例のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザ感染が確定診断されたと発表した。)

患者張某、男、43歳、住南京市玄武區。(患者 王さん 男性 43歳 南京市玄武区在住)
4月20日、省專家組診斷該病例為人感染H7N9禽流感確診病例。(4月20日、江蘇省の専門家チームはこの症例をH7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
目前在南京某醫院救治、病情危重。(現在南京市のある病院で救命治療中だが、重態である。)
經調査、該病例的密切接觸者共有23人、截止目前均無異常。(調査によると、この症例で濃厚接触者は全部で23人、現在まで誰にも異常は現れていない。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四川省雅安蘆山県でM7.0の地震発生中国国家衛生・育成計画委員会は現地に医療スタッフを派遣@4/20

今朝日本時間の9時頃、四川省雅安県でM7.0の大地震があり、かなりの被害が出ているのだが、全貌はまだ明らかでない。

大きな地図で見る

成都からは南西に100km余りの地域が震源地である。

前回5年前の四川省大地震の震源地と近く、震源の深さは13kmと浅く、被災地は山間部であるため、被害者は相当数に上ると思われるが、救助には相当の困難が予想される。

中国国家衛生・生育計画委員会は、早速、医療救援のための指示を出している。中国国家衛生・生育計画委員会の発表より。


衛生計生委緊急部署四川雅安地震醫學救援工作(中国国家衛生・育成計画委員会の緊急対策部署は、四川省雅安地震への医療救援活動を行った。)
中華人民共和國國家衛生和計劃生育委員會www.moh.gov.cn
2013年4月20日、四川雅安蘆山縣地震發生後、衛生計生委緊急部署醫學救援工作、組建派出國家衛生應急隊伍。(2013年4月20日、四川雅安蘆山県で地震が発生した後、中国国家衛生・育成計画委員会の緊急対策部署は、医療救援活動を行い、国家衛生救急隊を組織し派遣した。)
李斌主任與四川省衛生廳廳長沈驥・省人口計生委主任劉家強通話、要求把搶救人民群衆生命安全放在第一位、在四川省委・省政府的統一領導下、動員全省衛生計生力量參與緊急救援。(李斌主任は四川省衛生庁の沈驥庁長・四川省人口・計画出産委員会の劉家強主任と電話で会談し、人民大衆の生命と安全を緊急に救助するのを最優先し、四川省委員会・四川省政府の一致した指導の下、全省の人口・計画出産委員会メンバーの能力を動員して緊急救援に参加するよう求めた。)

そして、近隣の省や直轄市にも指令が。


五支緊急醫學救援隊伍已經派往災區(5つの救急医療救援隊がすでに被災地に派遣された。)
中華人民共和國國家衛生和計劃生育委員會www.moh.gov.cn
四川雅安蘆山縣發生地震後、國家衛生計生委緊急部署、派出四川・重慶・陝西・武警總醫院・武警後勤學院附院組建的國家衛生應急隊緊急醫學救援隊伍180多名醫務人員及車載移動醫院已經趕[走旱]赴災區。(四川雅安蘆山県で地震が発生してから、国家衛生・育成計画委員会緊急部署は四川・重慶・陝西・武警総合病院・武警後方支援学院附属病院の組織した国家衛生緊急隊からなる緊急医療救援隊、180名余りの医療スタッフと車載移動病院を派遣し、すでに被災地に急行させた。)

1人でも多くの被害者の命が救われ、ケガが治療されるよう、祈っている。

ところで、地震が起き、
 中国国家衛生・育成計画委員会は災害対応で多忙
になる。恐らく
 H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染についてのレクチャー等の頻度
が落ちるのでは、と思われる。

続き。(13:35)
空から現地の状況を見た、成都軍区のパイロットが次のように語っている。人民網より。


成都軍區空軍機長葉烈箭、震中區域大概50%房屋倒塌[土日羽](成都軍区空軍の葉烈箭機長は、被災地はほぼ50%の建物が倒壊している、と語る。)

2013年04月20日11:43來源、人民網

人民網北京4月20日電
據央視新聞消息、通過記者連線、成都軍區空軍機長葉烈箭表示、「我剛剛從蘆縣上空飛回、通過在四川瀘縣上空俯瞰、看到老房子損毀嚴重、震中區域大概50%房屋倒塌[土日羽]還能看到山體滑坡、道路堵塞、傷員在招手求助。目前看來、地震沒有汶[シ文]川地震嚴重。」(記者ネットワークから得た中央電視台のニュースによると、成都軍区空軍の葉烈箭機長は、「わたしはたったいま四川省蘆山県から上空を飛行して帰ってきたが、四川省蘆山県上空を通過した際に見おろしたところ、古い家屋の損傷はひどく、被災地ではおおよそ50%の建物が倒壊しているのが見えた。また、山崩れが起きて、道路がふさがれ、負傷者が手を振って救助を求めているのも見えた。いま見てきたこところでは、地震は汶[シ文]川地震よりはひどくはない。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボストンマラソン爆破事件の「容疑者2(Dzhokhar A. Tsarnaev, 19)」身柄を確保される(速報)

先ほど、ボストン警察がtweet。


CNNは、容疑者がパトカーに乗せられて連行された、と現地からレポート。ただし、暗すぎて、容疑者が後部座席に乗っていたかどうかは確認できず。
逮捕劇を待っていた住人達が、警官に確認したところ、
 犯人確保
との返事だったので、大きな拍手が起きたという。

CBSはただいまLive Streaming中。
http://boston.cbslocal.com/live-video/
容疑者逮捕。
Cbs1

負傷していると思われ、病院にまず搬送。
Cbs2

更にボストン警察がtweet。


こちらはFBI Bostonのtweet。


この後、現地時間21:30から記者会見。


しかし、死亡した兄の負傷の状況を聞いても
 先ほど確保された弟はかなりの重傷
の筈。
 生きて病院を出てこられるのか
が、最初の関門ではないか。

アメリカの報道も、周辺住民も、法執行官達も大喜びなんだけど、また
 ムスリムへの風当たりが強くなる
んだろうな。

続き。(10:48)
ただいま記者会見中。
 容疑者は病院に搬送されたが、容態は重篤
とのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消えゆく『新字源』角川書店

中国学で定評のある漢和辞典といえば
 角川の『新字源』
だったんだが、今年、大学の事務から
 指定辞書として書店に発注できませんでした
という連絡が来た。
 在庫切れ
だという。
確かに、角川のサイトに行くと


新字源 改訂版
発刊以来、他の追随を許さない信用と権威を誇る漢和辞典の超ベストセラー。
編:小川環樹 編:赤塚忠 編:西田太一郎

[ 内容 ]
親字約10000字、熟語60000余語を収録。不合理な部首分類の是正、字体の統一、同音同義の異体字を一ヶ所にまとめるなどの漢字整理を行って、漢字の関係を明確でわかりやすく編集した画期的な辞典。

※申し訳ございません 在庫が入り次第[購入]ボタンが付きます。
発売日:1994年 10月 11日
定価(税込): 2520円
B6判
ISBN 4-04-010804-3-C0581
発行元:角川学芸出版 [在庫無し]

改訂版が出てから今年で20年になる。

漢和辞典が一番売れる筈の新学期の始まる4月に
 在庫切れ
ということは、角川には
 売る気がない
ってことなのか?

『新字源』は中国学のプロが使う辞書として、長い間定評のあった漢和辞典である。
研究者の集まる研究会では、だいたいみなさん
 『新字源』を手に集まる
光景が見られる。

しかし、4月に在庫切れというのは、もう角川は『新字源』推しじゃないんだろうな〜。
せめて、
 電子辞書かアプリ
にすれば、そこそこ需要があるだろうに。特に
 目のよくない高齢者
には
 iPad等タブレット上で使えるアプリの漢和辞典の「よいもの」
は、売れるだろうになあ。

わたしは94年の改訂版も持ってはいるが、前の版(1981年版)を使っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何を今更だけどOS 10.8にしたら各国語辞書がついてきていた

実は、普段使っているMac3台は、長い原稿を書いたり、海外調査に出かけていた関係で、環境を変えることができず、ずっとOS10.7以下だったのだが、先日、やっと
 OS 10.8にup
した。で、先ほど、辞書の設定をいじる必要があったので、開いてみたら
D_2
英語以外に、
 仏・独・西・中
が増えていたのね。

最近はオンライン辞書も結構充実しているので、ちょっと調べるくらいなら、ネット環境さえあればなんとかなるのだが、OSのおまけの辞書がこれくらい多言語になっているとはなはだ便利。

辞書を手で引く、というのは、割に心理的な負担になる場合があり、
 語学嫌い等
を作る一因じゃないか、と思うことがあるんだが、
 手で引かなくていい
っていうのは、そうした
 辞書を引くのがイヤで語学がキライなヒト
には、朗報だろう。
OSの辞書は該当する単語を選んでポップアップさせるだけだから、
 電子辞書で必要な入力すら不用
だ。
 速読の友
として、これほど心強い道具もない。
特にweb記事を読むのに便利。

仕事でいつも重い辞書を2冊背負って歩いているんだけど
 漢辞海第三版

 中医基本用語辞典(東洋学術出版社)
が、早くアプリにならないかな〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013-04-19

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その46)浙江省で新たに3名の感染者 合わせて感染者は92名 死亡者は17名に@4/19

華東でのH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染は収束しそうにない。
浙江省では、今日
 新たに3名の感染者
が見つかり、
 いずれも重症
だという。

なお、上海は本日は新たな感染者ゼロとすでに発表している。

浙江省衛生庁の発表より。

浙江省新増3例人感染H7N9禽流感病例(浙江省で新たに3名のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染例が見つかる。)

發布日期、2013-04-19
信息來源、衛生廳

浙江省衛生廳

2013年4月19日

浙江省衛生廳4月19日通報、截至4月19日15:00、浙江省新増3例人感染H7N9禽流感病例。(4月19日、浙江省衛生庁は4月19日15:00までに、浙江省で新たに3例のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザ感染があったと発表した。)

患者丁某、男、43歳、待業、杭州人、於4月12日發病、現在杭州某醫院治療。(患者 丁さん 男性 43歳 求職中 杭州市在住。4月12日、発症、いまは杭州市のある病院で入院治療中。)

患者舒某、男、48歳、公司職員、杭州人、於4月11日發病、現在杭州某醫院治療。(患者 舒さん 男性 48歳 会社員 杭州市在住。4月11日、発症、いまは杭州市のある病院で入院治療中。)

患者徐某、女、66歳、農民、湖州人、於4月10日發病、現在杭州某醫院治療。(患者 徐さん 女性 66歳 農民 湖州市在住。4月10日発症、いまは杭州市のある病院で入院治療中。)

經省疾控中心檢測、以上3例患者標本均為人感染H7N9禽流感病毒核酸陽性。我廳組織專家對患者的臨床表現・流行病學資料和實驗室檢測結果進行討論、診斷為人感染H7N9禽流感確診病例。(浙江省の疾病コントロールセンターは、以上の患者3名の検体を検査測定したところ、すべての検体からH7N9型鳥インフルエンザウイルスRNA陽性反応が出た。浙江省衛生庁は専門家を組織し、臨床所見・感染学的資料と検査所見の結果に対し討論を行い、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
目前、3例患者均病重。(いまのところ、患者は3名とも容態が重い)

截至目前、我省共發現30例人感染H7N9禽流感患者、其中2例經醫治無效死亡、1例已治癒出院。現住院的27例患者中、危重14例、重症5例、輕症8例、醫院正在積極救治。(これまでのところ、浙江省では全部で30名がH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染が発見され、内2名は治療の効なく死亡し、1名はすでに退院した。いま入院中の27名の患者の内、重態は14名、重症は5名、軽症は8名で、病院では積極的に救命治療に当たっている。)

こりゃ、
 一部情報が伝えるように、来週山東省・江西省の感染者が発表される事態
になると
 一気に感染者は100名を越える
んじゃないの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その45)WHO 感染者の大半は鳥との接触歴なし 今後も監視を続行

今日、中国でH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染について調査しているWHO中国事務所は
 ヒトヒト感染の事実はまだ確認されていない
ものの、
 注意深く監視を続行
する。また
 感染者の半分以上は鳥との接触歴が認められない
と発表した。NHKより。


WHO 鳥インフル注意深く監視
4月19日 18時9分

中国でのH7N9型の鳥インフルエンザウイルスに関して、WHO=世界保健機関の中国事務所は、「ヒトからヒトへの感染が広がっているという事実は確認されていない」と改めて説明する一方、ウイルスの遺伝子が変異していないかなどを注意深く監視し続ける方針を示しました。

中国では、H7N9型の鳥インフルエンザウイルスのヒトへの感染が相次いでおり、これまでに88人が感染し、このうち17人が死亡していて、同じ家族内での複数の感染も確認されています。
これについて19日、北京で記者会見したWHO中国事務所のマイケル・オリアリー代表は、「家族内での限定的なヒトどうしの感染が起きた可能性も排除できないが、別々に感染したことも考えられる。現時点では、ヒトからヒトへの感染が広がっているという事実は確認されていない」と述べました。
その一方、これまでの調査の結果、感染者の半数以上は鳥との接触が確認されていないと指摘したうえで、ウイルスの遺伝子が変異して、よりヒトに感染しやすくなることも考えられるとして、今後も注意深く監視し続ける方針を示しました。
また、オリアリー代表は、WHO本部やアメリカのCDC=疾病対策センター、それに中国の衛生当局から合わせて15人の専門家がこれから数日間、感染者が入院している上海と北京の病院などを回り、感染ルートの解明を進めることを明らかにしました。

それにしても
 半数以上が鳥との接触歴なし
って、どういうこと?
 どうしてH7N9型鳥インフルエンザに感染
したわけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その44)江蘇省で新たに1名の感染者 現在重態 昨日見つかった患者と同じ地域在住 合わせて感染者は89名 死亡者は17名に@4/19

昨日の
2013-04-18 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その40)江蘇省で新たに1名の感染者 更に1名が死亡 合わせて感染者は85名 死亡者は17名に @4/18
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2013/04/h7n9-401-1-85-1.html
に引き続き
 南京市玄武区在住者1名がH7N9型鳥インフルエンザに感染
したと、江蘇省衛生庁が先ほど発表した。

大きな地図で見る

江蘇省衛生庁の発表は、職業等の情報がないので、なぜ玄武区で2日続けて感染者が見つかったかは不明。
 現在重態
とのことだ。

同じ南京市の秦淮区では、
 野鳥から初めてH7N9型鳥インフルエンザウイルスを検出
している。
2013-04-16 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その33)中国農業省 野生の鳩や市販の家禽からH7N9型鳥インフルエンザウイルスを検出
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2013/04/h7n9-33-h7n9-f2.html
その後、南京市秦淮区からは
 1名の感染者
が見つかった。
2013-04-16 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その34)江蘇省で新たに3名の感染者 いずれも重症で1名は重態 合わせて感染者は67名 死亡者は14名@4/16
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2013/04/h7n9-343-1-67-1.html

ヒトヒト感染が起きる可能性が指摘され続けている現在、あまりうれしくないニュースだ。


4月19日江蘇新増1例人感染H7N9禽流感確診病例(4月19日、江蘇省で新たに1例のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザ感染が確定診断される。)

發布時間、2013-4-19

江蘇省衛生廳4月19日通報、江蘇新確診1例人感染H7N9禽流感病例。(江蘇省衛生庁は、4月19日、江蘇省で新たに1例のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザ感染が確定診断されたと発表した。)

患者陳某、男、54歳、住南京市玄武區。(患者 陳さん 男性 54歳 南京市玄武区在住)
4月19日、省專家組診斷該病例為人感染H7N9禽流感確診病例。(4月19日、江蘇省の専門家チームはこの症例をH7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
目前在南京市某醫院救治、病情危重。(現在、南京のある病院で救命治療中だが、重態である。)
經調査、該病例的密切接觸者共有4人、截止目前均無異常。(調査によると、この症例で濃厚接触者は全部で4人、現在まで誰にも異常は現れていない。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013-04-18

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その43)浙江省で感染した「幹部」は「労災感染」@4/18→「ウイルス検査」は自分でネゴ→中国各地で行われた殺処分が引き金となって多くの「知られていない感染者」が存在する可能性

突っ込みどころ満載の4/18付記事が、中国新聞網に載っている。
はっきり言うけど
 居住区の幹部で、疾病コントロールセンターとコネがあったから、ウイルス検査をさっさと受けられた
んじゃん。
 普通の人達は重症肺炎にでもならない限り、ウイルス検査すら受けられない
んだぜ。

恐らく、この
 幹部の張さん
と一緒に、
 家禽の殺処分を行った、もっと階級が下の人々
というのはたくさんいて、
 殺処分中に家禽と接触することでH7N9型鳥インフルエンザに感染
した上に、
 幹部の張さんよりも重症
だけど、
 病院にかかれるコネも金もない感染者
というのが
 湖州など家禽の殺処分を行った地域には大量にいる可能性
をこの記事は示唆している。

ま、
 中国新聞網としては「幹部の英雄的感染」
とか、そういう方向に持っていくつもりかもしれないけどな。


浙江湖州某幹部撲殺活禽染H7N9 有望近期出院(浙江省湖州市のある幹部は生きた家禽の殺処分でH7N9に感染 近いうちに退院の見込)

2013年04月18日18:43 來源、中國新聞網

中新網杭州4月18日電(記者邵燕飛 實習生杜倩)
日前、浙江省湖州市某街道幹部張某參與活禽撲殺工作、竟與H7N9禽流感病毒「不期而遇」。(先日、浙江省湖州市のある居住区の幹部である張さんは生きた家禽の殺処分に加わり、こともあろうにH7N9型鳥インフルエンザウイルスと、「期せずして遭遇」した。)
18日、浙江大學醫學院附屬第一醫院(以下簡稱「浙一」)ICU病房主任醫師方強在接受中新網記者採訪時稱、張某屬於H7N9病毒輕度感染、目前體温正常、胃口好、心情好、有望近期出院。(18日、浙江大学医学部附属第一病院(以下「浙一」と略称)ICU病棟の方強主任医師は、中国新聞網記者のインタビューを受けたときに、張さんのH7N9型インフルエンザ感染は軽く、いまは体温は正常で、食欲もあり、気分もよいので、近いうちに退院の見込だ、と話した。)
據悉、17日浙江省新増的4例H7N9禽流感病人中、有一例症状很輕的病人、他是湖州市某街道41歳的幹部張某。(知り得たところによると、17日に浙江省で新たにH7N9型鳥インフルエンザに感染した4人の患者の内、一人だけとても症状の軽い患者がおり、その患者がある居住区の41歳の幹部である張さんだという。)
據瞭解、4月8日凌晨、張某接到街道通知參與撲殺湖州浙北農副産品交易中心的活禽7000只、沒想到竟與H7N9禽流感病毒「不期而遇」。(調査によると、4月8日未明、張さんは居住区から湖州市浙北農業副産物取引センターの生きた家禽7000羽を殺処分するよう通達を受けたが、こともあろうにH7N9型鳥インフルエンザウイルスと、「期せずして遭遇」するとは思いも寄らなかった。)
14日、張某自感發熱就醫、主動與湖州市疾控中心聯繋、做H7N9禽流感病毒測試。(14日、張さんは発熱を自覚して病院に行き、積極的に湖州市疾病コントロールセンターと連絡を取って、H7N9型鳥インフルエンザのウイルス検査をした
當晩10點、湖州市疾控中心檢測報告顯示、張某的H7N9禽流感病毒測試呈陽性、(その夜10時、湖州市疾病コントロールセンターの検査測定は、張さんのH7N9型鳥インフルエンザウイルス検査は陽性を示したことを示した。
次日、張某由湖州送往杭州就醫。(翌日、張さんは湖州市から杭州市に搬送されて診察を受けた。)
18日、浙一ICU病房主任醫師方強告訴記者、張某於14日晩上發現、15日由湖州送入浙一、該院給張某做了全面檢査、僅是體温稍高、肺部基本沒症状、屬於H7N9病毒輕度感染。(18日、浙一ICU病棟の方強主任医師は、張さんは14日夜発症し、15日、湖州市から浙一に搬送され、当病院では張さんを徹底的に検査したところ、体温がちょっとだけ高いものの、肺は基本的に何も症状がなく、H7N9型インフルエンザ感染は軽いと、記者に話した。)
方強表示、張某目前體温正常、胃口也好、心情不錯、等到H7N9禽流感病毒轉呈陰性、再觀察一段時間就可以出院。(方強は、張さんは現在体温は正常で、食欲もあり、気分もよいので、H7N9型インフルエンザウイルスが陰性になるのを待って、もう一度少し観察時期を置けば、すぐにも退院できるだろう、と話した。)
(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その42)浙江省で新たに2名の感染者 合わせて感染者は88名 死亡者は17名に@4/18

浙江省では今日も
 新たに2名の感染者
が見つかった。 
 どちらも症状は重い
という。
浙江省衛生庁の発表より。


浙江省新増2例人感染H7N9禽流感病例(浙江省で新たに2名のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染例が見つかる。)
發布日期、2013-04-18 信息來源、衛生廳

浙江省衛生廳

2013年4月18日

浙江省衛生廳4月18日通報、截至4月18日15:00、浙江省新増2例人感染H7N9禽流感病例。(4月18日、浙江省衛生庁は4月18日15:00までに、浙江省で新たに2例のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザ感染があったと発表した。)

患者沈某、女、54歳、個體戸、嘉興人、於4月13日發病、現在嘉興某醫院治療。(患者 沈さん 女性 54歳 自営業者 嘉興市在住。4月13日、発症、いまは嘉興市のある病院で入院治療中。)
患者徐某、男、69歳、退休、杭州人、於4月11日發病、現在杭州某醫院治療。(患者 徐さん 男性 69歳 退職者 杭州市在住。4月11日、発症、いまは杭州市のある病院で入院治療中。)

經省疾控中心檢測、以上2例患者標本均為人感染H7N9禽流感病毒核酸陽性。我廳組織專家對患者的臨床表現・流行病學資料和實驗室檢測結果進行討論、診斷為人感染H7N9禽流感確診病例(浙江省の疾病コントロールセンターは、以上の患者2名の検体を検査測定したところ、すべての検体からH7N9型鳥インフルエンザウイルスRNA陽性反応が出た。浙江省衛生庁は専門家を組織し、臨床所見・感染学的資料と検査所見の結果に対し討論を行い、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
目前、2例患者均病重、醫院正在積極救治中。(いまのところ、2名の患者は容態が重く、病院では積極的に救命治療に当たっている。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その41)上海市で新たに1名の感染者 1名は回復して退院 合わせて感染者は86名 死亡者は17名に@4/18

上海で
 新たに1名の感染者
が見つかった。また、これまで治療を受けていた
 1名の患者が回復して退院
した。新たな感染者だが、
 発症が4月9日だが、重症肺炎になったのは一週間後の4月16日

 これまで知られていたH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染の経過よりゆっくりしている
のが特徴。
上海市衛生・計画出産委員会の発表より。


本市新増1例人感染H7N9禽流感確診病例(上海市では新たに1名のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染者が確定診断された。)
截至17:00、本市新増1例人感染H7N9禽流感確診病例。截至目前、上海共發現32例人感染H7N9禽流感確診病例、其中死亡11例、16例正在隔離治療之中、5名患者已康復出院。(17:00までに、新たに1例のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザの感染が確定診断された。いままでに、上海で確定診断されたヒトへのH7N9型鳥インフルエンザの感染は全部で32例、その内死亡11例、16例は現在隔離治療中で、45名の患者はすでに健康を回復して退院した。)
新増的1例病例情況如下、(新たに増えた1例の病状は以下の通り)
患者馬某、女、80歳。(患者 馬さん 女性 80歳)
患者4月9日出現發熱、伴咳嗽・頭痛・氣喘等症状、前往曙光醫院東院就診。(4月9日、患者は発熱、咳・頭痛・息切れ等の症状を伴っていたので、曙光病院東分院に行って診察を受けた。)
4月16日被診斷爲重症肺炎、收治入院。(4月16日、重症肺炎と診断され、入院治療を受けた。)
4月17日、經市疾病預防控制中心檢測結果爲H7N9禽流感病毒核酸陽性。市衛生計生委組織市級臨床專家組對該病例進行會診、診斷該病例爲人感染H7N9禽流感確診病例。(4月17日、上海市疾病予防コントロールセンターが検査測定した結果、H7N9型鳥インフルエンザウイルスRNA陽性反応が出た。関連する条件に基づき、上海市衛生・計画出産委員会は市の臨床の専門家チームを組織し、この症例について討論を行い、専門家は症例の臨床所見・検査所見と感染症学の調査資料によって、この症例は、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)患者目前病情穩定、正在積極治療中。(患者の容態は現在落ち着いており、積極的な治療を行っている。)
經調査、該病例的密切接觸者共有7人、均已實施醫學觀察、截至目前均未發現異常。(調査によると、この症例で濃厚接触者は全部で7人、いずれも医学的な経過観察を行ったが、現在まで誰にも異常は現れていない。)
今天1位康復出院病人情況如下、(本日健康を回復して退院した患者の状況は以下の通り)
患者楊某、男、66歳、上海人。(患者 楊さん 男性 66歳 上海在住)
患者4月6日經檢測被確診爲人感染H7N9禽流感確診病例、當日轉往上海市公共衛生臨床中心診治。經過積極治療、今天(18日)康復出院。(4月6日、患者は検査計測の結果、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断され、その日に上海市公共衛生臨床センターに転院して診察治療を受けた。積極的な治療を経て、本日(18日)健康を回復して退院した。)

2013-04-18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その40)江蘇省で新たに1名の感染者 更に1名が死亡 合わせて感染者は85名 死亡者は17名に @4/18

江蘇省で
 新たに1名の感染者
が見つかったほか、
 1名が死亡
した。

江蘇省衛生庁の発表より。


4月18日江蘇新増1例人感染H7N9禽流感確診病例(4月18日、江蘇省で新たに2例のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザ感染が確定診断される。)
發布時間、2013-4-18

江蘇省衛生廳4月18日通報、江蘇新確診1例人感染H7N9禽流感病例。(江蘇省衛生庁は、4月18日、江蘇省で新たに1例のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザ感染が確定診断されたと発表した。)

患者王某、女、26歳、住南京市玄武區。(患者 王さん 女性 26歳 南京市玄武区在住)
4月18日、省專家組診斷該病例為人感染H7N9禽流感確診病例。(4月18日、江蘇省の専門家チームはこの症例をH7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
經調査、該病例的密切接觸者共有5人、均無異常。(調査によると、この症例で濃厚接触者は全部で5人、現在まで誰にも異常は現れていない。)

此外、蘇州市一例人感染H7N9禽流感確診病例孔某、男、60歳、經省專家組多次會診・全力搶救無效於16日晩死亡。(この他、蘇州市でH7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断された孔さん、男性、60歳は、江蘇省の専門家チームが何度も共同で診察に当たり、全力で救命治療を行ったが効なく、16日夜死亡した。)

截至目前、江蘇共有21例人感染H7N9禽流感確診病例、其中3例死亡。(これまでのところ、江蘇省では全部で21名がH7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断され、その内3名が死亡した。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その39)河南省で新たに1名の感染者 合わせて感染者は84名 死亡者は16名に@4/18朝

大抵は夕方から夜にかけての通常の発表体制とは異なり
 今朝、河南省新たに1名の感染者
が発表された。
患者は、生きた家禽を絞めて捌いて販売する仕事についていた。現在、容態はかなり重いという。
河南省衛生庁の発表より。


河南新増1例人感染H7N9禽流感確診病例(河南省で新たに1名H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染が確認される。)

發布時間、2013-04-1813:28

4月18日、河南省新増1例人感染H7N9禽流感確診病例。(4月18日、河南省で新たに1名H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染が確認された。)

患者王××、男、38歳、鄭州市管城區南曹郷人、從事禽類銷售宰殺。
(患者 王さん 男性 鄭州市管城区南曹郷在住 38歳、家禽類を販売し、絞めて捌く業務に携わっていた。)
4月18日、經省級專家組結合實驗室檢測結果和臨床表現及流行病學調査、綜合判定該患者為人感染H7N9禽流感確診病例。(4月18日、河南省クラスの専門家組チームは実験室で検査計測した結果と診療所見と感染症学調査を踏まえて、この患者がH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染例であることを確定診断すると総合的に判断した。)
目前、患者病情仍較重、正在鄭州市某醫院接受治療。(いまのところ、患者の容態はかなり重く、鄭州市のある病院で治療を受けているところである。)
該病例的密切接觸者共7人、均已採取醫學觀察措施、未發現異常。(この症例の濃厚接触者は全部で7名、すでに医学的な経過観察措置を取ったが、まだ異常は現れていない。)
截至18日8時、河南省共報告人感染H7N9禽流感確診病例3例。(18日8時までに、河南省はH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染例を全部で3例報告している。)

河南省衛生廳
2013年4月18日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その38)浙江省で新たに4名の感染者 合わせて感染者は83名 死亡者は16名に@4/17→やっぱり管理職(当然共産党でも上位)はすぐに診てもらえて軽症 他の3名は重症

浙江省で、H7N9型鳥インフルエンザの感染拡大が止まらない。
今回は
 
新たに4名の感染者
が見つかったのだが、特筆すべきは
 内1名は幹部(管理職という意味だが公務員だし、これは当然共産党でも上位)

 発症後、迅速に診断・検査を受けていて、軽症で済んでいる点
だ。
 残り3名は、容態が重い
という。
浙江省衛生庁の発表より。


浙江省新増4例人感染H7N9禽流感病例(浙江省で新たに4名のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染例が見つかる。)
發布日期、2013-04-17 信息來源、衛生
浙江省衛生廳

2013年4月17日

浙江省衛生廳4月17日通報、截至4月17日16:00、浙江省新増4例人感染H7N9禽流感病例。(4月16日、浙江省衛生庁は4月17日16:00までに、浙江省で新たに4例のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザ感染があったと発表した。)

患者廖某、女、37歳、農民、現住杭州、於4月11日發病、現在杭州某醫院治療。(患者 廖さん 女性 37歳 農民 現在杭州市在住。4月11日、発症、いまは杭州市のある病院で入院治療中。)

患者牛某、男、74歳、退休、家住杭州、於4月8日發病、現在杭州某醫院治療。(患者 牛さん 男性 74歳 退職者 杭州市在住。4月8日、発症、現在杭州市のある病院で入院治療中。)

患者趙某、男、86歳、退休、家住杭州、於4月13日發病、現在杭州某醫院治療。(患者 趙さん 男性 86歳 退職者 杭州市在住。4月13日、発症、現在杭州市のある病院で入院治療中。)

患者張某、男、41歳、幹部、家住湖州、於4月14日發病、現在杭州某醫院治療。(患者 張さん 男性 41歳 幹部 湖州市在住。4月14日、発症、現在杭州市のある病院で入院治療中。)

經省疾控中心檢測、以上4例患者標本均為人感染H7N9禽流感病毒核酸陽性。我廳組織專家對患者的臨床表現・流行病學資料和實驗室檢測結果進行討論、診斷為人感染H7N9禽流感確診病例。目前、張某症状較輕、廖某・牛某・趙某3人均病重、醫院正在積極救治中。(浙江省の疾病コントロールセンターは、以上の患者4名の検体を検査測定したところ、すべての検体からH7N9型鳥インフルエンザウイルスRNA陽性反応が出た。浙江省衛生庁は専門家を組織し、臨床所見・感染学的資料と検査所見の結果に対し討論を行い、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。いまのところ、張さんの症状は比較的軽いが、廖さん・牛さん・趙さんの3人は全員容態が重く、病院では積極的に救命治療に当たっている。)

現代中国、持つべきモノは
 コネを最大限利用できる地位
だってことですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その37)上海市で新たに1名の感染者 合わせて感染者は79名 死亡者は16名に@4/17

先ほどまで、ネット環境が悪かったので、更新できなかったのだけど、昨日から今日にかけての
 中国のH7N9型鳥インフルエンザウイルスのヒトへの感染関連の発表
を順次アップしていく。

まずは、昨日の上海市衛生・計画出産委員会の発表より。


本市新増1例人感染H7N9禽流感確診病例(上海市では新たに1名のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染者が確定診断された。)
截至17:00、本市新増1例人感染H7N9禽流感確診病例。截至目前、上海共發現31例人感染H7N9禽流感確診病例、其中死亡11例、16例正在隔離治療之中、4名患者已康複出院。(17:00までに、新たに1例のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザの感染が確定診断された。いままでに、上海では確定診断されたヒトへのH7N9型鳥インフルエンザの感染は全部で31例、その内死亡11例、16例は現在隔離治療中で、4名の患者はすでに健康を回復して退院した。)
新増的1例病例情況如下、(新たに増えた1例の病状は以下の通り)
患者陳某、男、89歳、江蘇人。(患者 陳さん 男性 89歳 江蘇在住)
患者4月12日出現發熱・寒戰等症状、前往浦東新區人民醫院就診、(4月12日、患者には発熱・振戦等の症状が現れ、浦東新区人民病院に行って診察を受け、)
4月16日因症状加重、再次前往該院就診、被診斷爲肺炎、收治入院。(4月16日、症状が重くなったため、再度同じ病院に行って診察を受けたところ、肺炎と診断され、入院治療を受けた。)
4月16日晩、經市疾病預防控制中心檢測結果爲H7N9禽流感病毒核酸陽性。按照有關要求、市衛生和計劃生育委員會組織市級臨床專家組對該病例進行討論、診斷該病例爲人感染H7N9禽流感確診病例。(4月16日夜、上海市疾病予防コントロールセンターが検査測定した結果、H7N9型鳥インフルエンザウイルスRNA陽性反応が出た。関連する条件に基づき、上海市衛生・計画出産委員会は市の臨床の専門家チームを組織し、この症例について討論を行い、専門家は症例の臨床所見・検査所見と感染症学の調査資料によって、この症例は、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
患者目前病情穩定、正在積極治療中。(患者の容態は現在落ち着いており、積極的な治療を行っている。)
經調査、該病例的密切接觸者共有9人、均已實施醫學觀察、截至目前均未發現異常。(調査によると、この症例で濃厚接触者は全部で9人、いずれも医学的な経過観察を行ったが、現在まで誰にも異常は現れていない。)
2013-04-17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013-04-16

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その36)上海市で新たに1名の感染者 また遡って過去のデータを診断したところ5名の感染者がおり内2名死亡 合わせて感染者は78名 死亡者は16名に@4/16

上海市衛生・育成計画委員会は、
 新たに1名の感染者
が見つかったと同時に
 過去の症例を洗い直したところ、5名の感染者が見つかり、内2名は死亡した
と発表した。
これで、
 全国のこれまでの感染者数は不顕性キャリアを含めて78名
 死亡者は16名
となる。
 過去のデータの洗い直し
が進むと
 感染者数や死亡者数は今知られている数値よりかなり多くなる
のではないか。

上海市衛生・育成計画委員会の発表より。


本市新増1例・回顧性診斷5例人感染H7N9禽流感確診病例(上海市では新たに1名のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染者が確定診断されるとともに、過去のデータを遡って診断し直したところ5名の確定診断例があった。)

本市新増1例人感染H7N9禽流感確診病例、回顧性診斷5例人感染H7N9禽流感確診病例。截止今天(4月16日)17:00、上海共發現30例人感染H7N9禽流感確診病例、其中死亡11例、15例正在隔離治療之中、4名患者已康復出院。(上海市で新たに1例のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザの感染が確定診断され、過去のデータを遡って診断したところ、5名のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザの感染が確定診断された。今日(4月16日)17:00までに、上海では確定診断されたヒトへのH7N9型鳥インフルエンザの感染は全部で30例、その内死亡11例、15例は現在隔離治療中で、4名の患者はすでに健康を回復して退院した。)
新増1例確診病例情況如下、(新たに増えた1例の病状は以下の通り)
患者張某、男、47歳、上海人。(患者 張さん 男性 47歳 上海在住)
患者4月10日出現全身酸痛・乏力・發熱、自服藥物。(4月10日、患者は全身にだるい痛み・脱力・発熱が現れ、自分で薬を服用した。)
4月11日因症状未緩解前往市八醫院就診、(4月11日、症状がよくならないので、上海市第八病院に行って診察を受け、)
4月15日被診斷爲肺炎、收治入院。(4月15日、肺炎と診断され、入院治療を受けた。)
4月15日、經市疾病預防控制中心檢測結果爲H7N9禽流感病毒核酸陽性。按照有關要求、市衛生和計劃生育委員會組織市級臨床專家組對該病例進行討論、診斷該病例爲人感染H7N9禽流感確診病例。(4月15日、上海市疾病予防コントロールセンターが検査測定した結果、H7N9型鳥インフルエンザウイルスRNA陽性反応が出た。関連する条件に基づき、上海市衛生・計画出産委員会は市の臨床の専門家チームを組織し、この死亡症例について討論を行い、専門家は症例の臨床所見・検査所見と感染症学の調査資料によって、この症例は、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
患者目前正在積極治療中。(患者は現在積極的な治療を行っている。)
經調査、該病例的密切接觸者共有21人、均已實施醫學觀察、截至到目前均未發現異常。(調査によると、この症例で濃厚接触者は全部で21人、いずれも医学的な経過観察を行ったが、現在まで誰にも異常は現れていない。)
回顧性診斷5例確診病例情況如下、(過去のデータを遡って診断したところ確定診断例となった5名の病状は以下の通り)
4月15日、市衛生和計劃生育委員會接國家疾控中心來函告知、在3月下旬上海報送國家疾控中心的上海市第五人民醫院的病例樣本中、檢測出4例人感染H7N9禽流感病毒陽性病例。(4月15日、上海市衛生・計画出産委員会は中国国家疾病予防コントロールセンターから書面で次のような通知を受け取った。3月下旬に、上海が中国国家疾病予防コントロールセンターに届け出た上海市第五人民病院の症例の検体の内、4例のH7N9型鳥インフルエンザウイルス陽性の症例を検出した。)
其中、2例病例的樣本中分離到人感染H7N9禽流感病毒、2例病例的恢複期血清抗體滴度呈4倍以上増高。(その内、2例症例の検体の中からヒトに感染したH7N9型鳥インフルエンザウイルスを分離するにいたり、2例の症例の回復期の血清の抗体価は、4倍以上高くなっていることを示した。)
經市衛生和計劃生育委員會組織市級臨床專家組對這些病例進行討論、診斷爲人感染H7N9禽流感確診病例。(上海市衛生・計画出産委員会は市の臨床の専門家チームを組織し、これらの症例について討論を行い、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
這4例病例中、2名患者死亡、2名患者已治愈出院。(この4例の症例の内、2名の患者は死亡し、2名の患者はすでに治癒して退院した。)
經調査、4例確診病例的密切接觸者共34人、根據流行病學回顧性調査、均未發現異常。(調査によると、4例の確定診断症例で濃厚接触者は全部で34人、感染症学的な遡及的調査によれば、異常は現れていない。)
4月15日、市衛計委接湖南省衛生部門來函通報、3月16日有1名兒童隨父母從上海至湖南省長沙市、3月17日出現流感樣症状、在當地醫院就診並採樣送國家疾控中心檢測、結果爲人感染H7N9禽流感病毒核酸陽性。(4月15日、上海市衛生・計画出産委員会は、湖南省衛生部局から書面で通報を受けた。3月16日、1名の児童が両親と一緒に上海から湖南省長沙市に行き、3月17日にインフルエンザ様の症状が現れ、長沙市の病院で診察を受け、検体を取って中国国家疾病予防コントロールセンターで検査したところ、ヒトに感染したH7N9鳥インフルエンザRNA陽性という結果が出た。)
經當地衛生行政部門組織臨床專家組對該病例進行討論、診斷該病例爲人感染H7N9禽流感確診病例。(湖南省長沙市衛生行政部局は臨床の専門家チームを組織し、この症例について討論を行い、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
該患兒已于3月19日隨父母返回上海、現已痊愈。(この患児はすでに3月19日に両親について上海に戻ってきており、現在はすでに全快している。)
接湖南省通報後、上海市衛生和計劃生育委員會組織專家討論、確認該病例爲本市回顧性人感染H7N9禽流感病毒確診病例。(湖南省からの通報を受けて、上海市衛生・計画出産委員会は市の臨床の専門家チームを組織し、この症例について討論を行い、過去のデータを遡ってこの症例がH7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
經調査、該確診病例的密切接觸者9人、根據流行病學回顧性調査、均未發現異常。(調査によると、この確定診断症例で濃厚接触者は全部で9人、感染症学的な遡及的調査によれば、異常は現れていない。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その35)浙江省で新たに5名の感染者 いずれも重症 合わせて感染者は72名 死亡者は14名@4/16

いきなり
 浙江省で新たに5名の感染者
が見つかった。しかも
 いずれも重症
だという。
 増加のペースが上がってきた
ようだな。よく見ると
 全員杭州市在住
ってところも気になる。

浙江省衛生庁の発表より。元は簡体字。


浙江省新増5例人感染H7N9禽流感病例(浙江省で新たに5名のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染例が見つかる。)
發佈日期、2013-04-16 信息來源、衛生廳
浙江省衛生廳

2013年4月16日

浙江省衛生廳4月16日通報、截至4月16日16:00、浙江省新増5例人感染H7N9禽流感病例。(4月16日、浙江省衛生庁は4月16日16:00までに、浙江省で新たに5例のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザ感染があったと発表した。)

患者胡某、男、56歳、從事肉鴿養殖・銷售、家住杭州、於4月12日發病、現在杭州某醫院治療。(患者 胡さん 男性 56歳 食用鳩の養殖・販売に携わり、現在杭州市在住。4月12日、発症、いまは杭州市のある病院で入院治療中。)

患者錢某、男、57歳、無業、家住杭州、於4月10日發病、現在杭州某醫院治療。(患者 銭さん 男性 57歳 無職 杭州市在住。4月10日、発症、現在杭州市のある病院で入院治療中。)

患者孫某、女、58歳、農民、家住杭州、於4月11日發病、現在杭州某醫院治療。(患者 孫さん 女性 58歳 農民 杭州市在住。4月11日、発症、現在杭州市のある病院で入院治療中。)

患者金某、女、72歳、退休、家住杭州、於4月10日發病、現在杭州某醫院治療。(患者 金さん 女性 72歳 退職者 杭州市在住。4月10日、発症、現在杭州市のある病院で入院治療中。)

患者葉某、男、62歳、退休、家住杭州、於4月10日發病、現在杭州某醫院治療。(患者 葉さん 男性 62歳 退職者 杭州市在住。4月10日、発症、現在杭州市のある病院で入院治療中。)

經省疾控中心檢測、以上5例患者標本均為人感染H7N9禽流感病毒核酸陽性。我廳組織專家對患者的臨床表現・流行病學資料和實驗室檢測結果進行討論、診斷為人感染H7N9禽流感確診病例。目前、5例患者均病重、醫院正在積極救治中。(浙江省の疾病コントロールセンターは、以上の患者5名の検体を検査測定したところ、すべての検体からH7N9型鳥インフルエンザウイルスRNAの陽性反応が出た。浙江省衛生庁は専門家を組織し、臨床所見・感染学的資料と検査所見の結果に対し討論を行い、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。いまのところ、5名の患者は全員容態が重く、病院では積極的に救命治療に当たっている。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その34)江蘇省で新たに3名の感染者 いずれも重症で1名は重態 合わせて感染者は67名 死亡者は14名@4/16

今日も発表の早い江蘇省は、
 新たな感染者3名が見つかった
と発表。
 いずれも症状が重く、1名は重態
だとのこと。なお
 1名は、野生の鳩がH7N9型鳥インフルエンザに感染していると確認された南京市秦淮区在住
である。
江蘇省衛生庁の発表。元は簡体字。後半は江蘇省の感染症防止政策についてなので訳は省略。


4月16日江蘇新増3例人感染H7N9禽流感確診病例(4月16日 江蘇省で新たに3名のH7N9型鳥インフルエンザ感染者が確定診断される。)

發布時間、2013-4-16

江蘇省衛生廳4月16日通報、江蘇新確診3例人感染H7N9禽流感病例。(4月16日、江蘇省衛生庁は、新たに3名のH7N9型鳥インフルエンザ感染者が確定診断されたと発表した。)

付某、男、56歳、現住南京市秦淮區。(付さん 男性 56歳 現在南京市秦淮区在住。)
4月16日、省專家組診斷該病例為人感染H7N9禽流感確診病例。目前在南京某醫院救治、病情較重。經調査、該病例的密切接觸者共有7人、截止目前均無異常。(4月16日、江蘇省の専門家チームはこの症例をH7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。現在のところ、南京市のある病院で救命治療を行っているが、かなり重症である。調査によると、この症例で濃厚接触者は全部で7人、現在まで異常は現れていない。)

胡某、女、21歳、現住崑山市。(胡さん 女性 21歳 現在崑山市在住。)
4月16日、省專家組診斷該病例為人感染H7N9禽流感確診病例。目前在崑山市某醫院救治、病情較重。經調査、該病例的密切接觸者共有12人、截止目前均無異常。(4月16日、江蘇省の専門家チームはこの症例をH7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。現在のところ、崑山市のある病院で救命治療を行っているが、かなり重症である。調査によると、この症例で濃厚接触者は全部で12人、現在まで異常は現れていない。)

朱某、男、72歳、現住蘇州市姑蘇區。(朱さん 男性 72歳 現在蘇州市姑蘇在住。)
4月16日、省專家組診斷該病例為人感染H7N9禽流感確診病例。目前在蘇州某醫院救治、病情危重。經調査、該病例的密切接觸者共有6人、截止目前均無異常。(4月16日、江蘇省の専門家チームはこの症例をH7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。現在のところ、蘇州市のある病院で救命治療を行っているが、重態である。調査によると、この症例で濃厚接触者は全部で6人、現在まで異常は現れていない。)

続きを読む "中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その34)江蘇省で新たに3名の感染者 いずれも重症で1名は重態 合わせて感染者は67名 死亡者は14名@4/16"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボストンマラソンゴール付近で2度の爆発(その2)死者は3名に 負傷者はさらに増える

今回の爆発で死亡した方は3名となった。
その内1人は8歳の少年だという。合掌。

負傷者にも現在重態の方が少なくないという。どうか早く回復されますように。

爆発による負傷という特性のため、残念ながら、手や足を切断しなくてはいけない場合もあると聞いている。爆発直後に流れていた映像では、手の施しようがないほど両足の膝から下を損傷した青年が搬送されていた。
ボストンマラソンは、市民マラソンではあるが、出場するためには
 標準タイムをクリア
する必要があり、そうそう簡単には出場できない。日々鍛錬して臨んだマラソンだったろうに。

まだ、犯人像は絞られていないし、逮捕者もいない。
twitterでボストン警察が、随時経過を報告している。


次の日曜日21日はロンドンマラソン。
BBCやThe Timesなどが大きく取り上げるわけである。
今回の爆発を受けて、ロンドンマラソンの警備体制は見直されることになった。時事より。


レース警備態勢を再点検へ=ロンドン・マラソン
時事通信 4月16日(火)10時21分配信

 【ロンドン時事】21日にロンドンの市街地コースで予定されているロンドン・マラソンの主催者は15日、米ボストン・マラソンで爆弾テロが起きたことを受け、レースの警備態勢について、ロンドン警視庁が主催者と協力して再点検するとの声明を出した。
(以下略)

それにしてもだ。
 WAVE3(9000人)がスタートしてから4時間10分後にゴール付近で時間差を置いて爆発
というのは、
 ボストンマラソンを楽しみにしている、普通の市民ランナーと観衆を狙った
としか思えない。
亡くなった8歳の少年は、パパがゴールするのを、ゴール付近で待っていたときに、爆発に巻き込まれた。The Timesより。一緒に待っていたママもおねえさんも重傷を負った。


Martin Richard, 8, died at Boston Marathon as he waited to greet father at finish line

Sophie Tedmanson
Last updated at 8:27AM, April 16 2013
An eight-year-old boy was killed at the Boston Marathon as he waited to give his father a hug at the finish line.
Martin Richard was waiting with his mother, brother and sisters for his father, William, to complete the marathon, according to the Boston Globe.
Denise Richard and a daughter are in hospital with “grievous injuries”, however another son and daughter were not believed to have been harmed.

マラソンは
 平和の祭典を象徴するような競技
だ。それなのに
 まずゴールで、ちょっと置いてゴール手前で爆発
が起きたのだ。両方の爆発が同一の意図で起こされたものならば、極めて卑劣な犯行と言わざるを得ない。
 二度の爆発
からは、すぐに911を思い出した。1機が貿易センタービルに突っ込んだときは、事故かも知れない、とまだ思っていたが、2機目が突っ込んだ段階で、これは偶然の筈がないと、誰もが気がついた。

今後、世界各地で開かれるマラソンやトライアスロンの大会では、警備が厳しくなるだろう。しかし、マラソンもトライアスロンも、コース全てを警備で固めることは不可能に近い。
市民マラソンを狙うという発想は、悪魔的ですらある。
ゴール前には、参加者の家族や友人が、ゴールを待っていた。参加者もその家族や友人も、まとめて爆発の被害に遭わせる。しかも
 ゴール前には、ライブカメラが設置
されている。
 犯行はすぐにネットを通じて世界中に拡がる
のだ。
誰が犯人かはわからないが、アメリカで起きた事件だから、
 主義主張のための犯行
であっても、
 サイコパスの愉快犯
であっても、不思議はない。

アメリカの当局は、慎重に捜査を進める、と明言している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その33)中国農業省 野生の鳩や市販の家禽からH7N9型鳥インフルエンザウイルスを検出

中国農業省は16日
 野生の鳩や市販されていた家禽のサンプル5つがH7N9型鳥インフルエンザ陽性
であったと発表した。産地と野鳥や家禽の種類はそれぞれ
 1つは江蘇省南京市秦淮区産の野生の鳩
 1つは浙江省湖州市浙北農産物・各種副業製品卸売センター産の鶏
 のこる3つは浙江省湖州市呉興区道場郷自由市場産の鶏
であり
 遺伝子配列は、4月4日に鳩から分離されたH7N9型インフルエンザウイルス株とよく似ている
とのことである。
このことは
 おそらく病変のない野鳥や家禽からH7N9型インフルエンザウイルスが検出された
ことを意味しており、
 中国で野鳥や家禽の間に、さしたる症状も出ないまま、H7N9型鳥インフルエンザが蔓延
している事実を示している。
 野生の鳥からH7N9型鳥インフルエンザウイルスが発見されたのは初めて
だ。

新華網より。


農業部檢出5分H7N9禽流感陽性樣品(中国農業省は、H7N9型鳥インフルエンザウイルス陽性のサンプルを5つ検出した。)

2013年04月16日15:58:59
來源、新華網

新華網北京4月16日電(記者於文靜)
江蘇和浙江省動物疫病預防控制中心日前檢測出12分疑似H7N9禽流感陽性樣品、經國家禽流感參考實驗室復核、5分為H7N9禽流感陽性。(江蘇省と浙江省の動物感染症予防コントロールセンターは、今日までに、H7N9型鳥インフルエンザ疑似陽性のサンプル12個を検出、中国国家鳥インフルエンザ参考実験室が再検査したところ、5つのサンプルがH7N9型鳥インフルエンザ陽性だった。)

據農業部新聞辨公室16日消息、5分H7N9禽流感陽性樣品中、1分野鴿樣品來自江蘇省南京市秦淮區、1分鷄樣品來自浙江省湖州市浙北農副産品批發中心、3分鷄樣品來自浙江省湖州市呉興區道場郷農貿市場。基因序列分析表明、以上所有分離株與4月4日從鴿子分離的H7N9禽流感病毒株高度同源。(農業省新聞弁公室は、16日、H7N9型鳥インフルエンザ陽性となった5個のサンプルの内、1つは江蘇省南京市秦淮区産の野生の鳩のサンプルで、1つは浙江省湖州市浙北農産物・各種副業製品卸売センター産の鶏のサンプルで、3つは浙江省湖州市呉興区道場郷自由市場産の鶏のサンプルだった。遺伝子配列の分析は、これらのサンプルから分離されたウイルス株が、4月4日に鳩から分離されたH7N9型鳥インフルエンザウイルス株とかなり一致することを示している。)

農業部已要求江蘇省和浙江省按照農業部『動物H7N9禽流感應急處置指南(試行)』嚴格做好相關處置工作。同時、要求進一歩擴大H7N9禽流感病毒監測範圍、切實落實好各項防控措施。(農業省は江蘇省と浙江省に農業省『動物H7N9型鳥インフルエンザ緊急処置マニュアル(試行版)』に基づいて、厳密に関連する処理業務を遂行するようすでに求めている。同時に、H7N9型鳥インフルエンザウイルス監視の範囲を更に拡大し、適切にそれぞれの防疫コントロール措置を実施するよう求めている。)

鳩がH7N9型鳥インフルエンザウイルスを持っている、とは言われていたけど、南京市秦淮区の野生の鳩からでるとはね。

南京の鳥インフルエンザというと、H5N1型鳥インフルエンザの死亡例が2007年12月にあった。その辺りの話は以下に。

続きを読む "中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その33)中国農業省 野生の鳩や市販の家禽からH7N9型鳥インフルエンザウイルスを検出"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その32)安徽省で新たに1名の感染者 現在重態 全部で感染者は64名 死亡者は14名に@4/15

昨日、うまく繫がらなかった安徽省衛生庁サイトから。
昨日
 新たに1名の感染者
が出たと発表している。
 患者は現在重態
だ。経過を見ると
 発症後48時間以内に抗インフルエンザウイルス薬は投与されてない模様
だ。


安徽省新増一例人感染H7N9禽流感病例(安徽省で新たに1名のH7N9型鳥インフルエンザ感染者)

發布時間、2013-04-15

安徽省衛生廳4月15日通報、安徽省新確診1例人感染H7N9禽流感病例。至此、安徽省共報告人感染H7N9禽流感3例、死亡1例。(4月15日、安徽省衛生庁は、安徽省で新たに1名のH7N9型鳥インフルエンザ感染例が見つかった、と発表した。ここまでで、安徽省では全部で、H7N9型鳥インフルエンザ感染者は3名、死亡者は1名となった。)
患者陳某、男、60歳、天長市人、退休人員、在當地某公司做門衛。(患者 陳さん 男性 60歳 天長市在住、退職者 天長市のある会社で守衛として働いていた。)
患者4月10日發病、(4月10日、患者は発症、)
4月11日至天長市某醫院就診。(4月11日、天長市のある病院に行き、診察を受けた。)
4月14日、滁[シ除]州市疾控中心流感網絡實驗室檢測患者甲型流感病毒通用核酸陽性、H7亞型陽性。(4月14日、滁[シ除]州市疾病コントロールセンターのインフルエンザネットワーク実験室は患者からA型インフルエンザウイルス共通RNA陽性反応、H7亜型陽性を検出した。)
4月15日、省疾控中心檢測復核為人感染H7N9禽流感病毒核酸陽性。同日、省專家組依據國家『人感染H7N9禽流感診療方案(2013年第2版)』、診斷該病例為人感染H7N9禽流感確診病例。(4月15日、安徽省疾病コントロールセンターが再検査して、H7N9型鳥インフルエンザウイルスRNA陽性という結果となった。同日、安徽省の専門家チームは中国の『H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染の診療規則(2013年第2版)』に基づき、この症例がH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
目前患者病情危重、已轉入滁[シ除]州市某醫院隔離救治。其密切接觸者共有25人、截止目前均未發現異常。(現在のところ、患者は重態で、すでに滁[シ除]州市のある病院に隔離されて救命治療を受けている。患者との濃厚接触者は全部で25名、いまのところ、誰にも異常は現れていない。)

(省衛生廳新聞辨公室)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボストンマラソンゴール付近で2度の爆発 死者2名 負傷者100名を超す@4/16 7:00(日本時間)

現在、英語圏の媒体(英米ともに)はこの事件の報道がトップだ。
NHKは爆発の瞬間の映像をwebにアップしている。
爆発が起きた瞬間の映像 4月16日 6時10分

一体何が起きているのだ。
よりによって
 市民マラソンであるボストンマラソンのゴール付近で2度の爆発
が起き、
 現在(日本時間7:00)のところ、死者2名、負傷者100名以上
となっている。

先ほど、オバマ大統領が手短に記者会見を開いた。あちこちのテレビ局がLive Streamingでwebに流した。わたしはCNNで見た。
オバマ大統領は、テロという言葉を使うのを避けた。

tawarayasotatsu/岩渕潤子さんのtweetから。


















ところで、
 2回の爆発と別にJFK図書館でも火事
があった模様。

状況は動いているので、各メディアがLive Updateのサイトを設けている。
アメリカABC。爆発の瞬間映像が生々しい。
LIVE UPDATES: Boston Marathon Explosion

TIME
At Least 2 Dead After Boston Marathon Explosions — Twitter Reacts After News of Blasts at Finish Line

アメリカNBCのビデオ特集。
Explosion at Boston Marathon

地元紙Boston Globe
2 killed, more than 100 injured in marathon blasts

Wall Street Journal
Boston Marathon Explosions

Washington Post
Explosions at Boston Marathon finish line (Live Blog)

NY Times
Live Updates on Explosions at the Boston Marathon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その31)北京の不顕性キャリア男児への防疫措置@4/16付 現地紙 京華時報→キャリアとなった男児の一番のお気に入りの遊び場は鶏を絞めて捌く作業台

現地北京の新聞、京華時報が、今日付で
 昨日スクリーニング検査で発見された不顕性のH7N9型鳥インフルエンザウイルスキャリアの男児周辺
に対して、北京市や住んでいる村が行った
 防疫措置
について、詳しくレポートしている。
 4歳児は両親のそばで一日中過ごしており、鶏を絞めて捌く作業台が一番のお気に入りの遊び場
だったという。どうやらこれは
 鶏から直接感染
したのではなかろうか。
しかしながら
 中国国民の「衛生意識」
がよく分かる記事で、
 こりゃ、H7N9型鳥インフルエンザがヒトに感染するよね
という話だ。
元は簡体字。


京四齡童染病毒無症狀(北京の4歳児童は不顕性のキャリア) 為首例無症狀H7N9病毒攜帶者(最初の不顕性のH7N9型ウイルスキャリアとなる) 鄰居買過確診病例家販賣的鷄(近所の人が確定診断例の患者の家が販売していた鶏を買ったことがある)
(略)
□記者探訪(記者現地レポ)
男童常在宰鷄操作台玩耍[而女](男児はいつも鶏を捌く作業台で遊んでいた) 男童家店鋪宰殺活鷄(男児の一家の店舗では、生きた鳥を絞めて捌いていた)
昨天、記者來到朝陽區崔各莊郷奶[乃女]東村的一條商業街。這裡是奶[乃女]東村「最繁華」的街、有理髮店・乾洗店・熟食店、還有兩家宰殺活鷄・活魚的店鋪。(昨日、記者は朝陽区崔各荘郷奶[乃女]東村のある商店街に来た。ここは奶[乃女]東村の「もっとも繁華な」通りで、理髪店・クリーニング店・総菜店があり、生きた鳥や生きた魚を絞めて捌く店舗も2軒ある。)
其中一家活鷄店相對較大、也頗引人注目、多名身著防護服人員在這家店前對門外物品逐一進行消毒、門外用來打隔斷的網子和一些雜物被拆下裝箱。這裡就是男童竹某的家。(その中で一軒の生きた鳥を絞めて捌く店は比較的大きく、しかもかなり人目を引くことには、多数の防護服を着た作業員がこの店舗の前の入口前にある物品をいちいち消毒し続けており、入口の外では、ネットと外箱を取り外されたいろいろなものが遮断のため用いられている。
附近一乾洗店老板稱、前晩11點多、她[女也]發現竹家的門敞開著、幾個身著白大褂的人員不斷進出、詢問得知活鷄店老板的小兒子感染了禽流感病毒。(近所のクリーニング店の主人によると、一昨日の夜11時過ぎに、彼女は竹家の入口が開け放たれていて、何人かの白い大褂を身につけた作業員が次々出入りしているので、尋ねたところ、生きた鳥を絞めて捌く店の主人の子どもが鳥インフルエンザに感染していることを知った。)
據鄰居介紹、竹某父母來奶[乃女]東村開店已有10年左右、一直從事出售活鷄・活魚的生計、有村民購買後交給他們宰殺。家門口不到2平米的空地就是操作台、殺鷄・脱毛・沖洗、一切都在這裡完成。夏天、店鋪門口有不少蚊蠅、味道難聞。(近所の人の説明では、竹さんの両親は奶[乃女]東村で店を開いてからもう10年前後になり、ずっと生きた鶏や生きた魚を絞めて捌く仕事に従事しており、村民は生きた鳥や魚を買ってくると、竹家の店で絞めて捌いてもらっていた。家の前には、2平米もないスペースがあって、これが作業台で、鶏を絞め、羽をむしり、水洗いする一切の作業をここでやっていた。夏には、店の前には蚊や蝿がかなり飛んでおり、味はイヤな臭いがした。)
在附近工作的聶女士告訴記者、竹某的小兒子還未讀幼兒園、也不常和鄰家小朋友玩。(近所で働いている聶さんは、竹さんのところの子どもはまだ幼稚園には上がっておらず、近所の子ども達と遊ぶこともほとんどなかった、と記者に語った。)
「孩子比較小、整天跟在爸[父巴]媽身邊、門前的操作台就是他最愛玩的地方。」乾洗店老板説。(「子どもはかなり小さくて、一日中父さん母さんの傍にいて、家の前の作業台が、あの子の一番のお気に入りの場所でした。」クリーニング店の主人は言った。)

設崗把守活鷄店鋪(監視所を設けて生きた鳥を絞めて捌く店を守る)
在竹家的活鷄店斜對面、另[口力]一家宰殺鷄魚的店鋪還在營業。不過、招牌上的「鷄」字已被紅布遮住、如今僅賣魚。店主李女士告訴記者、4月6日前後、村委會通知他們不許再宰殺家禽、村民家的鷄也不許養、須全部宰殺。當時、村委會工作人員帶走了李女士家的七八隻鷄、剩餘的自行宰殺並掩埋。竹家的活鷄也被統一銷毀、此後再未售賣。(竹家の生きた鶏を絞めて捌く店のはす向かいにある、別な生きた鶏や魚を絞めて捌く店舗はまだ営業していた。しかし、看板に書いてある「鶏」の文字は赤い布ですでに隠されていて、いまは魚を売るだけである。女主人の李さんは、4月6日頃、村の委員会が彼らに、二度と家禽を絞めて捌くのは許さない、村民の家の鶏も飼うのは許さない、全部殺さなければならない、と通知した、と語った。その頃、村の委員会の作業員は李さんの家の鶏7、8羽を持ち去り、残りは自分で殺して土に埋めた。竹家の鶏もまとめて焼却され、その後は、二度と販売していない。)
李女士稱、自從不許售賣家禽後、店裡的魚也不好賣了。竹家的店出事後、李女士變得更緊張、不斷有疾控人員來詢問、她[女也]希望這件事情能趕[走旱]快過去。(李さんは、家禽の販売が禁止されてからは、店の魚もあまり売れなくなった、という。竹家の店の問題が起きてからは、李さんは更に忙しくなり、絶えず疾病コントロール業務の職員に質問されるので、彼女は、この事が早く終わるよう希望している。)
昨天下午、竹家門口仍有5名村聯防人員把守。他們説、自前晩8點多、他們便輪流在此値班、不許無關人員靠近竹家。5名醫務人員8小時不間斷在村裡各個角落撒藥消毒。「兩家活魚店更是重點。」(昨日の午後、竹家の入口には、まだ5名の村の共同警備隊メンバーが守っていた。彼らは、一昨日の8時過ぎから、すぐに交代でここで当番に当たっていて、関係者以外が竹家に近寄らないようにしている、という。5名の医療スタッフは、8時間の間ずっと村の辻辻で薬を撒いて消毒している。「生きた魚を捌いて売る二軒の店が重要な場所だ。」
據瞭解、在村口處、村委會設專人檢査進出村的車輛和人員、嚴禁攜帶活禽。通過村口「關卡[上下]」的車輛均需打開後備廂接受檢査。(説明によると、村の入口には、村の委員会が村を出入りする車両と人の検査をする専任者を設けて、生きた鶏の持ち込みを厳禁している。村の入口の「関所」を通過する車両はみな、トランクを開けて検査を受ける必要がある。)

鄰居均未進行隔離(近所の人はまだ隔離されていない。)
設卡[上下]・撒藥、這些安排讓村子有些氣氛緊張。不過村民的情緒還算穩定、只是街上討論此事的村民多了些、「不是不傳人嗎[口馬]?又不像非典那樣?」(関門を設け、薬を撒く、こうした措置は、村にちょっとした緊張感を与えている。しかし、村人の気分はまだ落ち着いているといえる。ただ、道端で、この事件を話し合っている村人が増えたくらいだ。「人にはうつらないのか? 今度はSARSみたいなことにはならないだろうね?」
「反正鷄是不吃了。」幾位村民告訴記者、早上村委會通過廣播、要求在4月2日至6日前、在村裡買過活鷄的居民均要登記。記者昨天從村委會瞭解到、尚無村民登記。(「どのみち、鶏は食べなかった。」何人もの村人は、朝、村の委員会が放送を通じて、4月2日から6日までより以前に、村で生きた鶏を買ったことのある村民はみな登録するように求めた、と記者に語った。記者が昨日村の委員会から説明を受けたところでは、まだ村民はだれも登録していない。)
目前、與男童有密切接觸的人中、父親和姐姐被隔離、其母在醫院。其他鄰居未進行隔離安排、正常在家生活。據瞭解、男童12歳的姐姐在附近一小學讀書。村委會表示、女孩沒有感染病毒、所以女孩所在學校尚未做特殊安排和處理。(いまのところ、男児と濃厚感染した人の内、父親と姉は隔離され、母親は病院にいる。それ以外の近所の人達はまだ隔離措置が進んでおらず、普通に家で生活している。説明によると、男児の12歳の姉は、近所の小学校で学んでいる。村の委員会は、女児にはウイルス感染は見られないので、女児の在学している学校には、まだ特別な措置や処置はされていない、と説明している。)

■追問(追求)
鷄從何來?(鶏はどこから来たのか?)
竹家的鄰居表示、竹家的活鷄平日就放在門外的籠子里、他們毎天都能看到有人送活魚、但何時送鷄却少見。偶爾會在早上看到、送到竹家門口、送貨的是一輛小麺包車、毎次十幾只。
另[口力]一家宰殺活鷄店的店主李女士介紹、他們的活鷄會在下午2點左右送到、是開電動三輪車的人。「這些鷄是從哪[口那]兒來?」李女士不願意回答、只説自己剛開業、沒送幾次。(竹家の近所の人に依れば、竹家の生きた鶏は、普段は入口の外の籠に入っていて、彼らは毎日、誰かが生きた魚を持って来るのを見ることが出来たが、いつ鶏を持って来ているかは、あまり見かけなかった。時々、朝見かけたのは、竹家の入口に着いた、荷物を運んできた小さいワンボックスカーが1台、毎回十数羽だった。もう一軒の生きた鶏を絞めて捌く店の店主李さんの説明では、竹家の生きた鶏は、午後2時頃に送られてくることがあり、電動のオート三輪を運転する人だった。「この鶏はどこから来るの?」と李さんは返事を期待せずに言うと、自分は仕事を始めたばかりで、何度も運べない、と話すだけだった。)

事件經過(事件経過)
4月13日
朝陽區疾控人員對首例人感染H7N9禽流感確診病例父親販賣家禽相關人群主動篩査監測。採集咽拭子14分、送中心實驗室檢測。14人均體健、無不適症状。(朝陽区疾病コントロールセンター職員が、最初のH7N9型鳥インフルエンザの人への感染の確定診断例の女児の父親が家禽を販売した関係者に対して、積極的なスクリーニング検査を行った。喉を拭った14人分の綿棒を集め、センターの実験室に送って、検査測定した。14人はみな健康で、体調の悪い者はいなかった。)
4月14日
9點40分(9時40分)
朝陽區疾控實驗室回報、男童甲型通用陽性、其餘13人陰性。送市疾控中心復核。(朝陽区疾病コントロールセンターの実験室は、男児がA型インフルエンザ共通の陽性で、その他の13名は陰性だったと報告。北京市疾病コントロールセンターに送って、再検査。)
20點(20時)
市疾控中心反饋該男童H7N9陽性、其餘13人陰性。(北京市疾病コントロールセンターのフィードバック再検査でこの男児がH7N9型ウイルス陽性で、その他は陰性と判明。)
20點30分(20時30分)
上報朝陽區衛生局。朝陽區衛生局啓用黒莊戸隔離點用於隔離密接者。(先の結果を朝陽区衛生局に報告。朝陽区衛生局は、黒荘戸の隔離スポットを濃厚感染者の隔離に使用し始める。)
21點(21時)
聯繫地壇醫院和120做好收治攜帶者及其陪護家屬的準備。(地壇病院と救急に連絡、キャリアとその付き添いの家族を収容する準備を調える。)
21點15分(21時15分)
市疾控中心和區疾控中心前往男童家進行再次流調・採樣和消毒。(北京市疾病コントロールセンターと朝陽区疾病コントロールセンターは男児の家に行って、再度感染病検査、検体採取と消毒を進める。)
23點(23時)
對鷄籠・水桶等採樣、對男童3名密切接觸者採血、母親和姐姐咽拭子2分。住家攤位消毒。(鳥籠や水槽等から検体を採取、男児の濃厚接触者3名から採血、母親と姉の二人の喉を綿棒で拭う。住居と売場を消毒。)
23點50分(23時50分)
急救車將男童與其母親送地壇醫院、將其父親和姐姐送往黒莊戸隔離點開展健康監測。(救急車は男児と母親を地壇病院に搬送、父親と姉は、黒荘戸の隔離スポットに搬送し、健康状態の監視を展開する。)
本版採寫京華時報記者李秋萌黄海蕾

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013-04-15

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その30)北京の感染者数は確定診断例1名 不顕性のキャリア1名 現在判定待ちが3名 全部で感染者は63名 死亡者は14名@4/15

ちょっと混乱していたのだが、結果として
 北京のH7N9型鳥インフルエンザのヒト感染への感染

 確定診断例 1名(7歳女児)
 不顕性のキャリア 1名(4歳男児)

 計2名
で、この他に
 現在、判定待ちが3名
だとのこと。北京市衛生局のサイトより。


首例確診患者病情持續好轉 主動監測發現1例人感染H7N9禽流感病毒攜帶者(最初に確定診断された患者の容態は好転を続けており、積極的な検査で1名のH7N9型鳥インフルエンザウイルスのキャリアを発見)

時間、2013-04-15文章來源、北京市衛生局

(略)
二・本市疫情情況(北京市の感染症動態)

截止2013年4月15日15時、我市報告人感染H7N9禽流感確診病例仍為1例、目前患者病情平穩。(2013年4月15日15時までに、北京市はH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染の確定診断例がさらに1名いると発表した。現在のところ、患者の容態は落ち着いている。)
兩名密切接觸者繼續接受醫學觀察、目前無臨床症状。(2名の濃厚接触者には、医学的な経過観察をずっと受けているが、いまのところ臨床所見はない。)
4月1日以來、全市累計監測禽流感高危人群586942人次、累計報告排査病例20例、排除人感染H7N9禽流感病例15例、確診人感染H7N9禽流感病例1例、監測發現人感染H7N9禽流感病毒攜帶者1例、3例結果待報。(4月1日以降、北京市全体で鳥インフルエンザの高リスク群を586942人分監視しているが、検査対象の症例としてピックアップされたのは20例、H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染ではないと確認されたのが15例、H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染と確定診断されたのが1例、検査の結果、H7N9型鳥インフルエンザウイルスのキャリアが1例発見されており、3例は検査結果を待っているところである。)
(以下略)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その29)浙江省で新たに1名の感染者 現在重態 感染者は合わせて63名 死亡者は14名に@4/15

浙江省では
 新たに1名のH7N9型鳥インフルエンザウイルスのヒトへの感染例
が見つかったが
 現在重態
とのことである。浙江省衛生庁の発表より。元は簡体字。


浙江省新増1例人感染H7N9禽流感病例(浙江省で新たに1名のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染例)
發布日期、2013-04-15 信息來源、省衛生廳應急辨
浙江省衛生廳
2013年4月15日

浙江省衛生廳4月15日通報、截至4月15日16:00、浙江省新増1例人感染H7N9禽流感病例。(4月15日、浙江省衛生庁は4月15日16:00までに、新たに1名H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染例が増えた、と発表した。)
患者王某、女、68歳、農民、家住湖州、於4月3日發病、現在杭州某醫院治療。(患者は王さん 女性 68歳 農民 湖州市在住。4月3日に発症し、現在杭州のある病院で入院治療中である。)
經省疾控中心檢測、患者標本為人感染H7N9禽流感病毒核酸陽性。我廳組織專家對患者的臨床表現・流行病學資料和實驗室檢測結果進行討論、診斷為人感染H7N9禽流感確診病例。(浙江省の疾病コントロールセンターが検査したところ、患者の検体からH7N9型鳥インフルエンザウイルスDNAの陽性反応が出た。浙江省衛生庁は専門家を組織し、患者の臨床所見・感染学的資料と検査所見の結果に対し討論を進め、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
目前、該患者病重、醫院正在積極救治。(現在のところ、患者は重態で、病院では積極的な救命治療を行っているところである。)

う〜ん、華東のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染は収まりませんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その28)北京で新たに1名の感染者 感染者はあわせて63(or62)名 死亡者は14名@4/15→最初の症例の女児は回復へ

(追記 22:39)
まだ確認が取れてないんだけど
 この1名の感染者
というのが
 今朝発表された「不顕性のキャリア」と同一
だとすると、
 北京の感染者数は2名
ということになるので、訂正しておきます。
(追記おわり)
北京市衛生局のサイトにはまだ反映されてないが、微博で通知があったようで、
 15:00までに新たに1名の感染者
がみつかった。また
 北京の最初の感染例となった7歳女児の回復は順調
である。
中国新聞網より。元は簡体字。日本と中国では制度が違うので、管理のグレードは、日本のものを用いたが、内容は違うかも。


北京衛生局、北京市人染禽流感確診病例仍為1例(北京衛生局は北京市の鳥インフルエンザのヒトへの感染の確定診断例はもう1例あると発表)

2013年04月15日18:17來源、中國新聞網

中新網4月15日電
根據北京市衛生局官方微博「首都健康」消息、截止2013年4月15日15時、北京市報告人感染H7N9禽流感確診病例仍為1例、目前患者病情平穩。(北京市衛生局の官製微博「首都健康」ニュースによると、2013年4月15日15時までに、北京市はH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染の確定診断例がまだ1名いると発表した。現在のところ、患者の容態は落ち着いている。)
兩名密切接觸者繼續接受醫學觀察、目前無臨床症状。(2名の濃厚接触者には、医学的な経過観察をずっと受けているが、いまのところ臨床所見はない。)
北京市衛生局表示、北京市首例人感染H7N9禽流感病例經地壇醫院抗病毒・中西醫結合對症支持治療、目前病情穩定、夜間入睡好、無咳嗽咳痰、無胸悶・呼吸困難。(北京市衛生局は、北京市の最初のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染の確定診断例では、地壇病院で抗インフルエンザウイルス薬を与え、中国医学と西洋医学を混合した補助的な対症療法を行ったところ、夜はぐっすり眠れ、咳も痰もなくなり、胸部圧迫感や呼吸困難もなくなった、と発表した。)
昨日上午已停止吸氧[气羊]。(昨日午前には、酸素吸入を停止した。)
雙肺呼吸音清晰、腹軟、腸鳴音正常。(両方の肺の呼吸音は綺麗ではっきりしていて、腹部も強ばっておらず、腹鳴も正常である。)
今晨體温已正常70小時、目前體温在35.7-36.9℃。(今朝、体温はもう70時間の間正常となっており、現在の体温は35.7-36.9℃である。)
今晨已停病重・一級護理、改為二級護理。(今朝から、超急性・急性管理をやめ、亜急性管理となった。)

北京は首都ゆえ
 対応が速く、今の所極端な重症化は避けられている
というところか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その27)江蘇省で新たに1名の感染者 現在重態 さらに1名の死亡者 感染者はあわせて62名 死亡者は14名@4/15

いつもながら発表が早い江蘇省だが
 新たな感染者が1名が見つかり、重態
となっていて、加療中だった
 1名が死亡
した。江蘇省衛生庁の発表。元は簡体字。


4月15日江蘇新増1例人感染H7N9禽流感確診病例(4月15日 江蘇省で新たに1名のH7N9型鳥インフルエンザ感染者が確定診断される。)

發布時間、2013-4-15
江蘇省衛生廳4月15日通報、江蘇新確診1例人感染H7N9禽流感病例。(4月15日、江蘇省衛生庁は、新たに1名のH7N9型鳥インフルエンザ感染者が確定診断されたと発表した。)

患者孔某、男、60歳、現住崑山市。(患者 孔さん 男性 60歳 崑山市在住。)
4月15日、省專家組診斷該病例為人感染H7N9禽流感確診病例。(4月15日、江蘇省の専門家チームはこの症例をH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染と確定診断した。)
目前在蘇州某醫院救治、病情危重。(現在のところ蘇州のある病院で救命治療に当たっているが、重態である。)
經調査、該病例的密切接觸者共有3人、截止目前均無異常。(調査によると、この症例では濃厚接触者は全部で3名、今までのところ、誰にも異常はない。)

此外、南京市一例人感染H7N9禽流感確診病例顧某、女、77歳、曾做過直腸癌手術並患有高血壓。經省專家組多次會診・全力搶救無效於14日晩死亡。(この他、南京市でH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染と確定診断された顧さん、女性、77歳は、以前直腸癌の手術を受けていて、さらに高血圧だった。江蘇省の専門家チームが何度も共同で診察し、全力で救命に当たったが効なく14日夜に死亡した。)

この他、江蘇省では、一時重態だった79歳の男性患者陸さんが、一般病棟へ移るまでに回復して治療を受けている、とのことだ。
江蘇一例H7N9禽流感危重症患者已轉入普通病房康復治療
両側の重い肺炎で、呼吸・心機能ともに衰弱、肺には血性の胸水が大量にたまり、肝機能も衰えた状態で入院したが、タミフルを投与し、人工呼吸管理を行った上で、抗生物質と輸液による補助治療を行ったという。
タミフルが奏功しているのであれば、一ついい知らせだ。上海で分離されたウイルスの一つはタミフル耐性があったようだから、すでに何種類か変異があるのではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その26)4/14までの感染の広がり

昨日までに
 H7N9型鳥インフルエンザウイルスのヒトへの感染が確認された地域
を示した地図は以下の通り。Photo

上海・江蘇省・浙江省・安徽省(いわゆる華東)といった沿岸部の地域から徐々に北京・河南省といった内陸の方へ感染が拡がってきているのが分かる。
この内
 昨日感染者が確認された河南省は安徽省と地続き
だが、
 北京はこれまで感染が報告された地域とは直接つながっておらず孤立している
ことがわかる。

北京の最初の感染例では、感染した女児の両親が
 天津から鶏を買っていた
ことがわかっているのだが、天津の鳥がH7N9型鳥インフルエンザに感染していた可能性があるとするならば、
 華東から天津に至る中間にあたる地域
すなわち
 山東省・河北省ではH7N9型鳥インフルエンザがどうなっているか
気になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その25)北京で症状の出ていない(不顕性)H7N9型鳥インフルエンザキャリアの男児みつかる@4/14→H7N9型鳥インフルエンザウイルスのヒトヒト感染が始まるのは中国からとは限らないことに

感染症で困るのは
 不顕性のままで、本人が気づかないキャリアが出る
ことだ。ヒトからヒトへ感染する病原体であれば、
 症状が出ないけれども、病原体を保持したヒトが、周囲を感染させる
ことになる。
これまで
 中国のH7N9型鳥インフルエンザウイルスのヒトへの感染症例
では
 かなりはっきりした症状が出て、多くは重症化してから確定診断された症例
だった。つまり
 中国のいう「確定診断例」
とは、
 不顕性の感染例は含んでいない状態
だった。

さて、そろそろ
 不顕性のH7N9型鳥インフルエンザウイルスキャリアが見つかる
だろうとは思っていたが、案の定見つかった。
 北京市の4歳男児
で、
 両親は家禽や魚を販売
しており、男児一家の向かいに住む近所の人が、北京での最初の確定診断例の女児の家から鶏を買ったことがある
というもので
 男児には症状はなにも出ていないが、H7N9型鳥インフルエンザウイルスキャリア
であることが、スクリーニング検査でわかった、というものだ。

これで
 H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染状況

 更に一段階進んだ
ことになる。
 不顕性のキャリアがいる
ということは
 すでにH7N9型鳥インフルエンザキャリアが、世界中に散らばっていてもおかしくない
ことを意味する。
 空港でのスクリーニングは発熱等の症状が出たヒトが対象
であり、
 不顕性のキャリアはひっかからない
からだ。

今朝の北京市衛生局の発表より。元は簡体字。最後の方の翻訳に若干自信がないので、間違っていたらごめんなさい。


主動篩査監測發現一例人感染H7N9禽流感病毒携帶者(積極的なスクリーニング検査が1例のH7N9鳥インフルエンザウイルスキャリアを発見。)

時間、2013-04-15

2013年4月14日20時30分、北京市衛生局接到北京市疾控中心報告、在對首例人感染H7N9禽流感確診病例父親販賣家禽相關人群的主動篩査監測中、發現一名4歳竹姓男童H7N9禽流感病毒核酸陽性。(2013年4月14日20時30分、北京市衛生局は、最初のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染確定診断例患者の父親が家禽を販売した関係者を積極的にスクリーニング検査をした中に、4歳の竹という苗字の1名の男児がH7N9型鳥インフルエンザウイルスRNA陽性であることを発見したという、北京市疾病予防コントロールセンターの報告を受けた。)
目前該男童無臨床症状。(現在のところ、この男児には臨床的には症状が現れていない。)
北京市臨床專家組根據其臨床表現・流行病學調査和實驗室檢測結果、綜合判定該男童為人感染H7N9禽流感病毒携帶者。出於對該兒童健康的關心、衛生部門將其送往地壇醫院進行緊密醫學觀察。(北京市の臨床専門家チームは、臨床所見・感染症学検査所見とを考慮して、この男児はH7N9型鳥インフルエンザキャリアであると総合的に判定した。この男児の健康への関心から、衛生部局は、男児を地壇病院に送り、詳しい医学的経過観察を進めている。)
此次主動篩査監測由朝陽區疾控中心實施、範圍包括朝陽區崔各莊郷奶[女乃]東村禽類養殖戸共24人、方式是採集了咽拭子標本送北京市疾控中心進行檢測。該男童父母從事禽魚販賣工作、其街對面鄰居購買過首例確診病例家庭所販賣的鷄。(今回の積極的なスクリーニング検査は、朝陽区の疾病コントロールセンターによって行われたもので、検査範囲は朝陽区崔各荘郷奶[女乃]東村で家禽を養殖する世帯全部で24人を含んでおり、検査方式は喉を綿棒でぬぐった検体を集めて北京市疾病コントロールセンターに送って検査を進めた。この男児の両親は家禽や魚の販売に携わっており、住居のある通りの向かい側に住む近所の人が最初の感染確定診断例の家庭が売っていた鶏を購入したことがある。)
此次發現携帶者、是北京市從被動的「症状監測」延伸到對高危人群開展主動「病原學監測」、進一歩提高防控工作主動性・前瞻性所取得的成果。專家分析、此次主動篩査監測結果對判斷H7N9禽流感病毒的致病力和易感人群具有一定的參考作用。(今回キャリアを発見したことは、北京市が受動的な「症状の監視」からハイリスク群に対し積極的な「病理学的監視」を展開するまでに伸展したことを意味し、更に予防コントロール活動を積極性・予測性が得られる成果を得られるまでに高めた。専門家は、今回の積極的なスクリーニングの結果は、H7N9型鳥インフルエンザウイルスの病原性や感染しやすい人のグループを判断するのにある程度参考になるだろうと分析している。)

今回の発表が意味することは
 中国政府が公表しているよりずっと多い「感染者が存在する」
という事実であり、
 キャリアはすでに世界中に散らばっていても不思議はない
ということである。

今の所
 ヒトヒト感染の事実は認定されていない
が、今後、ウイルスの変異によって、
 H7N9型鳥インフルエンザはヒトヒト感染するようになる恐れ
は十分にあり、
 それが始まるのは中国とは限らない
のが、北京市衛生局の発表の意味するところである。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その24)上海の患者から分離されたH7N9型鳥インフルエンザウイルスはタミフル耐性 リレンザへの感受性も低下

ウイルスは変異が早いからな。
 すでにタミフル耐性をもったH7N9型鳥インフルエンザウイルスが存在
するという。
4/11付Bloomberg日本語版より。


中国の鳥インフル患者に「タミフル」耐性の遺伝子突然変異

4月11日(ブルームバーグ):中国で「H7N9型」ウイルスによる鳥インフルエンザに感染した患者の一人から、インフルエンザ治療薬「タミフル」への耐性を助ける遺伝子突然変異が検出されたことが分かった。
鳥インフルエンザデータを共有するための「グローバル・イニチアシブ」のウェブサイトに掲載された遺伝子配列データによれば、上海の1人に感染した同ウイルスには「R292K」として知られる変異があることが判明。この変異はスイスの製薬会社ロシュ ・ホールディングのタミフルへの高度の耐性を作る原因となる。同じ治療薬であるグラクソ・スミスクラインの「リレンザ」に対する同ウイルスの感受性も低下した。
最初の感染者3人のうち、H7N9型ウイルスに感染した上海の別の患者と安徽省の患者にはこうした変異は見られなかった。
国立感染症研究所インフルエンザウイルス研究センターの田代眞人センター長は電話インタビューで、突然変異の判明を受け分析を進めることが妥当だと指摘、中国の疾病対策センターがH7N9型ウイルスを検証していると語った。
原題:Tamiflu-Resistance Gene in H7N9 Spurs Drug-SensitivityInquiry(抜粋)

更新日時: 2013/04/11 13:21 JST

タミフル耐性があって、リレンザも効きにくいタイプの変異がある、H7N9型鳥インフルエンザウイルスが、すでにあるってことは
 今後、日本等、中国以外の地域で見つかったH7N9型鳥インフルエンザウイルスが同様の変異を持っている可能性がある
ってことだな。
抗インフルエンザウイルス薬は、タミフル・リレンザだけではないが、選択の幅が限られるというのは、いい話ではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013-04-14

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その23)上海で新たに3名の感染者 2名の死亡者 感染者は合わせて60名 死亡者は13名に@4/14

上海でも、
 新たに3名の感染者を確認
し、更に
 2名が死亡
した。
どんどん感染者・死亡者数増加のペースが速くなってきた。

上海市衛生・計画出産委員会の発表より。


本市新増3例人感染H7N9禽流感病例(上海市で新たに3例のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザの感染が確定診断された。)
據市衛生和計劃生育委員會通報、截止今天(4月14日)16:00、本市新確診3例人感染H7N9禽流感病例、患者目前病情穩定、正在積極治療中。另[口力]有2例之前已確診的H7N9禽流感患者、經全力搶救無效死亡。截至到目前、上海共發現24例人感染H7N9禽流感確診病例、其中死亡9例、14例正在隔離治療之中、1例患兒已康復出院。(上海市衛生・計画出産委員会は本日(4月14日)16:00までに、上海市で新たに新たに3例のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザの感染が確定診断されたと発表した。現在、患者の容態は落ち着いており、積極的な治療を受けている。その他、すでにヒトへのH7N9型鳥インフルエンザの感染が確定診断された2名の患者は、全力を尽くして救命に当たったが効なく死亡した。現在までに、上海では上海では確定診断されたヒトへのH7N9型鳥インフルエンザの感染は全部で24例、その内死亡9例、14例は現在隔離治療中で、患児1例はすでに健康を回復して退院した。)
新増的3例病例情況如下、(新たに増えた3例の病状は以下の通り)
患者朱某、男、73歳、上海人、退休人員。(患者 朱さん 男性 73歳 上海在住 退職者。)
患者4月5日無明顯誘因下出現發熱、自行服藥。(4月5日、患者は原因がはっきりしない発熱があったため、自分で薬を服用した。)
4月8日前往浦東新區浦南醫院就診、診斷爲肺部炎症。(4月8日、浦東新区浦南病院に行って診察を受けたところ、肺に炎症があると診断された。)
4月11日到仁濟醫院東院就診、診斷爲肺炎、收治入院。(4月11日、仁済病院東分院に行って診察を受けたところ、肺炎と診断され、入院治療を受けた。)
4月13日下午、經市疾病預防控制中心檢測結果爲H7N9禽流感病毒核酸陽性。市衛生和計劃生育委員會組織市級臨床專家組對該病例進行討論、診斷該病例爲人感染H7N9禽流感確診病例。(4月13日午後、上海市疾病予防コントロールセンターが検査測定した結果、H7N9型鳥インフルエンザウイルスRNAの陽性反応が出た。上海市衛生・計画出産委員会は市の臨床の専門家チームを組織し、この症例について討論を行い、この症例は、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
經調査、該病例的密切接觸者共有9人、均已實施醫學觀察、截至到目前均未發現異常。(調査によると、この症例で濃厚接触者は全部で9人、いずれも医学的な経過観察を行ったが、現在まで誰にも異常は現れていない。)
患者宋某、男、54歳、江西人、自由職業。(患者 宋さん 男性 54歳 江西出身[上海在住] 自由業。)
患者4月8日出現發熱、到仁濟醫院東院就診。(4月8日、患者は発熱、仁済病院東分院に行って診察を受けた。)
4月12日再次就診診斷爲肺炎、收治入院。(4月12日、再度診察を受けたところ、肺炎と診断され、入院治療を受けた。)
4月13日下午、經市疾病預防控制中心檢測結果爲H7N9禽流感病毒核酸陽性。市衛生和計劃生育委員會組織市級臨床專家組對該病例進行討論、診斷該病例爲人感染H7N9禽流感確診病例。(4月13日午後、上海市疾病予防コントロールセンターが検査測定した結果、H7N9型鳥インフルエンザウイルスRNAの陽性反応が出た。上海市衛生・計画出産委員会は市の臨床の専門家チームを組織し、この症例について討論を行い、この症例は、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
經調査、該病例的密切接觸者共有9人、均已實施醫學觀察、截至到目前均未發現異常。(調査によると、この症例で濃厚接触者は全部で9人、いずれも医学的な経過観察を行ったが、現在まで誰にも異常は現れていない。)
患者陳某、男、78歳、上海人、退休人員。(患者 陳さん 男性 78歳 上海在住 退職者)
患者4月4日無明顯誘因下出現發熱症状、(4月4日、患者は原因がはっきりしない発熱があり、)
4月5日、到東方醫院急診就診。(4月5日、東方病院救急部で診察を受けた。)
4月7日再次就診時診斷爲右肺肺炎、給予留觀治療。(4月7日、再度診察を受けたところ、右肺肺炎と診断され、経過観察となった。)
4月8日收治入院。(4月8日、入院治療となった。)
4月13日下午、經市疾病預防控制中心檢測結果爲H7N9禽流感病毒核酸陽性。市衛生和計劃生育委員會組織市級臨床專家組對該病例進行討論、診斷該病例爲人感染H7N9禽流感確診病例。(4月13日午後、上海市疾病予防コントロールセンターが検査測定した結果、H7N9型鳥インフルエンザウイルスRNAの陽性反応が出た。上海市衛生・計画出産委員会は市の臨床の専門家チームを組織し、この症例について討論を行い、この症例は、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
經調査、該病例的密切接觸者共有7人、均已實施醫學觀察、截至到目前均未發現異常。(調査によると、この症例で濃厚接触者は全部で7人、いずれも医学的な経過観察を行ったが、現在まで誰にも異常は現れていない。)
新増的2例死亡病例情況如下、(新たに増えた2例の死亡例の病状は以下の通り)
患者曹某、女、67歳、上海人、退休人員。(患者 曹さん 女性 67歳 上海在住 退職者。)
患者4月4日下午被確診爲人感染H7N9禽流感病例。經全力搶救無效于4月13日晩間死亡。(4月4日午後、患者はH7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断された。全力で救命に当たったが効なく、4月13日夜間死亡した。)
患者王某、男、77歳、上海人、退休人員。(患者 王さん 男性 77歳 上海在住 退職者)
患者4月9日被確診爲人感染H7N9禽流感病例。經全力搶救無效于4月14日凌晨死亡。(4月9日、患者はH7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断された。全力で救命に当たったが効なく、4月14日早朝死亡した。)
2013-04-14

さて、2名の死亡者が確定診断された当時の発表は以下の通り。
上海市衛生・計画出産委員会の4/5付の発表。


上海新増四例人感染H7N9禽流感確診病例
患者曹某、女、67歳、上海人、退休。(患者 曹さん 女性 67歳 上海在住 退職者。)
患者于3月22日出現咽痛・咳嗽・咳痰・發熱寒戰症状、(3月22日、患者は喉の痛み・咳・痰・発熱・振戦の症状が出、)
3月24日前往東方醫院就診、(3月24日、東方病院に行って診察を受け、
3月25・26・27連續三天前往仁濟醫院就診、(3月25・26・27日の連続3日、仁済病院に行って診察を受け、)
3月27日又去瑞金醫院急診科就診、收治入呼吸科ICU、目前病情危重。(3月27日、こんどは瑞金病院救急部に行って診察を受けたところ、呼吸器科ICUに入院治療となったが、現在重態である。)
4月2日6時40分、黄浦區疾控中心檢測爲甲型流感病毒通用引物核酸陽性、上海市疾控中心即將標本送至中國疾控中心進一歩檢測。(4月2日6時40分、黄浦区疾病予防コントロールセンターがA型インフルエンザウイルス共通プライマーのRNA検査陽性と検査測定したので、上海市疾病予防コントロールセンターはすぐに検体を中国疾病予防コントロールセンターに送り、さらに検査測定を進めた。)
4月4日下午、上海市疾病預防控制中心報告實驗室檢測結果爲H7N9禽流感病毒核酸陽性。按有關要求、市級臨床專家組對該病例進行討論、診斷該病例爲人感染H7N9禽流感確診病例。(4月4日午後、上海市疾病予防コントロールセンターは、実験室で検査測定した結果、H7N9型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たと報告した。関連する条件に基づき、上海市衛生・計画出産委員会は市の臨床の専門家チームを組織し、この症例について討論を行い、この症例は、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
經初歩調査、該病例的密切接觸者共有3人、截止到目前均未發現有發熱或呼吸道症状。(最初の調査によると、この症例で濃厚接触者は全部で3人、現在まで誰にも発熱や気道の症状などは現れていない。)

上海市衛生・計画出産委員会の4/9付の発表。


上海新増2例人感染H7N9禽流感確診病例
患者王某、男、77歳、上海人、退休人員。(患者 王さん 男性 77歳 上海在住 退職者)
患者4月3日出現全身酸痛・發熱、前往普陀區人民醫院就診、診斷爲上呼吸道感染。(4月3日、患者は全身にだるい痛み・発熱を覚え、普陀区人民病院に行って診察を受けたところ、上気道感染症と診断された。)
4月7日、患者前往靜安區中心醫院就診、診斷爲左側肺炎。(4月7日、患者は静安区センター病院に行って診察を受けたところ、左側肺炎と診断された。)
4月9日凌晨、經上海市疾病預防控制中心檢測結果爲H7N9禽流感病毒核酸陽性。按照有關要求、上海市衛生和計劃生育委員會組織市級臨床專家組對該病例進行討論、診斷該病例爲人感染H7N9禽流感確診病例。(4月9日早朝、上海市疾病予防コントロールセンターが検査測定した結果、H7N9型鳥インフルエンザウイルスRNAの陽性反応が出た。関連する条件に基づき、上海市衛生・計画出産委員会は市の臨床の専門家チームを組織し、この症例について討論を行い、この症例は、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
患者目前病情穩定、正在積極治療中。(現在、患者の容態は落ち着いており、積極的な治療を行っている。)
經調査、該病例的密切接觸者共有5人、均已實施醫學觀察、截止到目前均未發現異常。(調査によると、この症例で濃厚接触者は全部で5人、いずれも医学的な経過観察を行ったが、現在まで誰にも異常は現れていない。)

亡くなった曹さんの方は3/27から重態、王さんの方は、いったん病状が落ち着いていたのに、本日死亡という経過を辿っている。
いったんは落ち着いていたはずの王さんの病状がなぜ悪化したのか、その辺りが今後の治療のカギになってくるのではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その22)江蘇省でも新たに2名の感染者を確認 これで感染者は合わせて57名に@4/14

さて、覗いてみたところ、安徽省衛生庁はどう見ても、明日まではサイトの更新をしなさそうな感じだが、江蘇省衛生庁は、先ほど
 江蘇省で新たに2名のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染例を確認
したと発表した。
ここまでで
 中国全土の感染者数は57名
になる。
江蘇省衛生庁の発表より。元は簡体字。


4月14日江蘇省新増2例人感染H7N9禽流感確診病例(4月14日、江蘇省で新たに2例のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザ感染が確定診断される。)

發布時間、2013-4-14
江蘇省衛生廳4月14日通報、江蘇省新確診2例人感染H7N9禽流感病例。(江蘇省衛生庁は、4月14日、江蘇省で新たに2例のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザ感染が確定診断されたと発表した。)

患者劉某、男、50歳、住南京市棲霞區。(患者 劉さん 男性 50歳 南京市棲霞在住。)
4月14日、省專家組診斷該病例為人感染H7N9禽流感確診病例。(4月14日、江蘇省の専門家チームはこの症例をH7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
目前在南京某醫院救治。經調査、該病例的密切接觸者共有8人、截止目前均無異常。(現在のところ、南京市のある病院で救命治療を行っている。調査によると、この症例で濃厚接触者は全部で8人、現在まで誰にも異常は現れていない。)

患者單某、男、26歳、住鹽城市亭湖區。(患者 単さん 男性 26歳 塩城市亭湖区在住。)
4月14日、省專家組診斷該病例為人感染H7N9禽流感確診病例。(4月14日、江蘇省の専門家チームはこの症例をH7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
目前在鹽城市某醫院救治。經調査、該病例的密切接觸者共有21人、截止目前均無異常。(現在のところ、塩城市のある病院で救命治療を行っている。調査によると、この症例で濃厚接触者は全部で21人、現在まで誰にも異常は現れていない。)

江蘇省衛生庁の発表は、職業や経過等の情報が乏しいので、
 どうして感染したか
が全然分からないのが残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (番外編)今後の更新について→日中それぞれの地域の留学生の健康にも注意を

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染例について、中国現地の
 大本営発表
を逐語訳してたのだが、あまり反応もなく、必要としている方もおられない感じなので、今後は大きな事象があったときだけ、適宜とりあげることにしようかな。ボランティアで翻訳をするにも時間的体力的に限度があるので。

なぜ
 大本営発表を逐語訳していたか
といえば
 現在、中国ではこの「大本営発表」以外の報道ソースは認められてない
からなので、とりあえず
 中国におけるH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染事例の「政府公認の発表内容」
が分かればいいかな、と思って続けていた。実を言うと
 日本の報道のソース
も、この
 「大本営発表」の垂れ流しかつ簡略版
である。今の所、中国国内のソースに関しては、当たり障りのない部分はともかくとして、ほぼ中国国内の関係者等への
 独自取材
はしていないと言って良い。加えて
 中国語の翻訳スタッフを簡単に充当できるはずの日本のメディアの反応が鈍すぎる
のも、拙訳を続けていた理由である。てか、安い時給で中国語の翻訳スタッフは見つかるでしょうよ、首都圏ならば。それなのに、
 何故、実態を知らせない
というのが疑問だった。これだけデータが上がっているので、分析しようと思うなら、拙blogのような弱小個人blogではなく
 メディアがきちんとやるべきだ
と考えている。

しかしながら
 昨日と今日、北京と河南省で感染例が確認された
のは、間違いなく、
 ヒトへの感染の大きな節目
だ。
 メディアには報道する責任がある
ので、個別の事例については、きっちりやって頂きたい。

あまり当たって欲しくはない予測なんだが、明日以降、
 感染者数や死亡者数が増える恐れ
があり、追いつかない可能性があるのも、更新頻度を下げたいと考えている理由だ。

もし拙blogを訪問して下さる中に、翻訳を必要とされていた方がいらっしゃったなら、あしからずご了承下さい。

ググれば、中国国内の報道のソースが見つかるというのに、この
 日本のメディアのやる気の無さ
って何?
ひょっとして
 GWに「拡散する恐れ」を隠蔽したい
とか、そういう話か?

ついでに言うなら
 すでに感染者が確認されている上海・北京・江蘇省・浙江省・安徽省・河南省
との人の出入りは注視されてないが
 4/4の清明節前後に、日中間のヒトの移動もかなりあった
わけで
 今後、日本でH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染が全く起きないとは言えない
のである。
 インフルエンザの潜伏期間は1週間ほど
であり、もし、現地で鳥に接触する等のことがあれば、
 人間がこれまで感染したことのないタイプのウイルス
なので、
 そろそろ日本で発症するヒトが出てきてもおかしくはない
のである。

一番の問題は
 現在日本は新学期を迎えている
という点にある。つまり、
 留学等で中国あるいは日本に在住の学生の移動
で、日本にいる中国の留学生でも、中国にいる日本等からの留学生でも
 医療保険等の問題

 健康への過信等
があって
 症状が出ても、すぐに受診しない恐れ
がある。また
 情報から隔絶されている恐れ
もあるのだ。
今回のH7N9型鳥インフルエンザウイルスは
 鳥には大した症状がでないが、人間は死亡することもあるタイプのウイルス
なので、
 治療の遅れが人命に関わる点
が最重要課題である。

日中の各大学はその点、留意しているのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その21)浙江省で新たに4名の感染を確認 感染者は合わせて55名に 新たな感染者の内1名は清明節で江蘇省南京から浙江省温州へ帰省中に発症@4/14

発表時間が割と早めの浙江省衛生庁が
 新たに浙江省で4名の感染者が見つかった
と発表した。今回の発表で頭が痛いのは
 4/4の清明節で江蘇省南京市から浙江省温州市へ帰省したヒトがその間に発症した
という事実。上海市と浙江省・江蘇省・安徽省は、すでにH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染が報告されている地域だが、4/4の清明節で
 帰省のため、H7N9型鳥インフルエンザが中国全土に広まる恐れ
が指摘されていた。インフルエンザの標準的な潜伏期間は1週間ほどと考えられ、今日は河南省でも感染例が見つかっているから
 今後、中国のあちこちで感染者が見つかる
だろう。

浙江省衛生庁の発表より。元は簡体字。


浙江省新増4例人感染H7N9禽流感病例
(浙江省で新たに4例のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザ感染が確定診断される。)
發布日期、2013-04-14

浙江省衛生廳4月14日通報、截至4月14日11:30、浙江省新増4例人感染H7N9禽流感病例。(4月14日、浙江省衛生庁は4月14日11:30までに、浙江省で新たに4例のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザ感染が確定診断されたと発表した。)

患者徐某、女、64歳、農民、家住湖州、於4月6日發病、現在杭州某醫院治療。(患者 徐さん 女性 64歳 農民 湖州市在住。4月6日に発症、現在杭州のある病院で治療を受けている。 )
患者王某、女、62歳、退休、家住湖州、於3月29日發病、現在湖州某醫院治療。(患者 王さん 女性 62歳 退職者 湖州市在住。3月29日に発症、現在湖州のある病院で治療を受けている。)
患者陳某、男​​、75歳、退休、籍貫温州、家住南京、4月6日回温探親、9日發病、現在杭州某醫院治療。(患者 陳さん 男性 75歳 退職者 温州に戸籍があり、南京市に居住。4月6日に温州に戻り、[清明節のため]親戚を訪ねた。9日に発症、現在杭州のある病院で治療を受けている。)
患者苗某、男​​、79歳、離休、家住杭州、於4月9日發病、現在杭州某醫院治療。(患者 苗さん 男性 79歳 引退者 杭州市居住。4月9日に発症、現在杭州のある病院で治療を受けている。)
經省疾控中心檢測、以上4名患者標本均為人感染H7N9禽流感病毒核酸陽性。(浙江省の疾病コントロールセンターは、上記4名の患者の検体に基づき、全員がH7N9型鳥インフルエンザウイルスRNA陽性反応が出た、ヒトへの感染者であると発表した。)

我廳組織專家對4名患者的臨床表現、流行病學資料和實驗室檢測結果進行討論、診斷為人感染H7N9禽流感確診病例。(本庁は専門家を組織し、上記の4名の患者の臨床所見・感染学的資料と検査所見の結果に対し討論を行い、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
目前、4名患者病重、醫院正在積極救治。(現在のところ、以上の3名の患者は重症であり、病院で積極的に救命治療中である。)
至此、我省共發現15例人感染H7N9禽流感確診病例、死亡2例。(これまでに、浙江省では全部で15例の確定診断されたH7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例があり、死亡は2例である。)

4月13日之前確診的11名患者的密切接觸者共483人、目前正在接受醫學觀察的密切接觸者中未發現有異常表現。(4月13日までに、確定診断された11名の患者との濃厚接触者、合計で483人については、現在、も医学的な経過観察を厳密に行っているが、現在まで異常は現れていない。)
今日確診的4名患者的密切接觸者正按規范進行追踪排査確定。(本日確定診断された4名の患者との濃厚接触者は、基準に基づき、追跡を進めてもれなく特定しているところである。)

まあ、今後の問題は
 医療が整っているとは言いがたい地域での感染者発生
で、報告がないままになる恐れは十分ある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その20)とうとう内陸の河南省へも飛び火 新たに2名の感染者 合計で51名に 河南省の1名は重態 H7N9型鳥インフルエンザ感染は第二段階へ@4/14午前

いままで上海・江蘇省・浙江省・安徽省と中国南部の沿岸部での感染例が報告されていたH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染だが、清明節の後の
 潜伏期間1週間
が過ぎ、
 北京に続き、内陸部の河南省でも2名の感染者
が見つかった。これで
 感染者は合計51名(死亡者は11名)
に。北京や河南省に感染が拡大したことで、
 H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染は第二段階
に入ったと言える。
河南省の感染者の内、
 1名は現在重態
とのことだ。

河南省衛生庁の発表より。元は簡体字。河南省が「俺たちはエライ」と自画自賛してる箇所の訳は省略。


我省發現2例人感染H7N9禽流感確診病例(河南省で2例のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザの感染が確定診断された)

發布時間:2013-04-14 09:33

2013年4月14日、周口・開封各確診1例人感染H7N9禽流感病例。省・市衛生部門正在組織積極救治、疫情防控工作有序展開。(2013年4月14日、周口・開封でそれぞれ1例ずつヒトへのH7N9型鳥インフルエンザの感染が確定診断された。河南省・市衛生部門は積極的な救命治療にチームであたり、感染症の予防コントロール活動を生前と展開しているところである。)
患者馬××、男、34歳、開封尉氏縣大橋郷人、廚師。(患者 馬さん 男性 34歳 開封市尉氏県大橋郷在住 調理師。)
4月6日、患者出現胸悶・厭食、並伴發熱・咳嗽・咳痰等、前往尉氏縣人民醫院就診並住院治療。(4月6日、患者は胸部圧迫感・食欲不振を覚え、その上発熱・咳・痰が出る等の症状を伴ったので、尉氏県人民病院に行って診察を受け、入院治療を受けた。)
4月9日、患者症状加重、以「重症肺炎」轉至開封市淮河醫院、患者有3年高血壓史。(4月9日、患者の容体が悪化、重症肺炎のため開封市淮河病院に転院、患者は3年ほど高血圧を患っていた。)
目前病人情況危重、正在淮河醫院ICU病房積極救治中。(現在、患者は重態で、淮河病院のICUで積極的に救命治療中である。)
患者張××、男、65歳、現住址為周口市川匯區、農民、與家禽接觸機會較多。(患者 張さん 男 65歳 現在周口市川匯区在住 農民 家禽と接触する機会が比較的多い。)
4月8日患者無明顯誘因出現發熱、咳嗽、咳痰、(4月8日、患者は原因がはっきりしない発熱・咳・痰の症状が現れ、)
4月10日到周口市傳染病院就診、入院時體温達39℃、並伴有咳嗽・咳痰・肌肉酸疼等症状。(4月10日、周口市感染症病院に行って診察を受けたところ、入院時の体温は39℃に達し、更に咳・痰・筋肉が強ばった傷み等の症状を伴っていた。)
經積極救治、目前患者病情有所改善、病情穩定。(積極的な救命治療の結果、現在患者の病状には改善が見られ、容態は落ち着いている。)
4月11日晩、省疾控中心對兩例病例標本檢測顯示H7N9禽流感病毒核酸陽性。(4月11日夜、河南省疾病予防コントロールセンターはこの2例の検体を検査計測したところ、H7N9型鳥インフルエンザウイルスRNAの陽性反応を示した。)
4月12日、按照國家衛生和計劃生育委員會規定、將標本送中國疾控中心複核檢測。(4月12日、国家衛生・計画出産委員会の規定に基づき、検体を中国疾病予防コントロールセンターに送り、最終的な確定診断のための再検査を行った。)
4月14日6時、中國疾控中心反饋複核檢測結果、確定為H7N9禽流感病毒核酸陽性。依據患者的臨床表現・實驗室檢測和流行病學調査結果、省級專家組綜合判定為人感染H7N9禽流感確診病例。兩名患者為我省首次發現人感染H7N9禽流感確診病例。(4月14日6時、中国疾病予防コントロールセンターのフィードバックの再検査の結果、H7N9型鳥インフルエンザウイルスRNA陽性と確定した。患者の臨床所見・感染学的資料と検査所見の結果について、河南省の専門家を組織し、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例を確定診断できると総合的に判定した。2名の患者は、河南省で初めて確定診断されたH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染例である。)
經調査、兩例病例的密切接觸者共19人、已及時採取醫學觀察措施、目前所有密切接觸者均未發現異常。(調査によると、2つの症例の濃厚接触者は全部で19名、すぐに医学的な経過観察措置を取ったが、いまのところ、濃厚接触者にはまだ異常は現れていない。)
省委・省政府高度重視、要求全力救治患者、嚴密加強疫情防控。在派出省級專家組駐守周口・開封指導患者救治工作的同時、省衛生廳於4月14日再次對全省人感染H7N9禽流感疫情防控工作進行全面部署安排、一是要求各地繼續加強對不明原因肺炎病例和流感樣病例的監測、主動搜索、力爭早發現・早報告・早診斷・早治療。二是要求各地定點收治醫院按照「集中重患・集中專家・集中資源・集中救治」的原則、全力做好醫療救治工作、努力降低病死率。三是加強醫院感染的預防與控制、嚴防疫情院内傳播。四是加強部門信息溝通、共同做好疫情防控各項工作。
目前、上述2例病例間未發現存在流行病學關聯。專家提醒、個人防範感染H7N9禽流感疫情、要保持良好的個人衛生習慣。一旦出現發熱・咳嗽等急性呼吸道感染症状、尤其是出現高熱・呼吸困難者、應及時就醫。(いまのところ、上記2名の症例のあいだには、感染症学的な関連はまだ見られない。専門家は、個々人がH7N9型鳥インフルエンザの感染を防止するには、個々人の良好な衛生的な習慣を守る必要がある。いったん、発熱・咳等の急性の気道感染の症状が現れたら、特に高熱・呼吸困難が現れた者は、すぐに医師の診察を受けるべきである。)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その19)夫婦間感染が疑われている上海の感染例は家の周辺で鳥が多数飼育されウイルスに晒される危険があった

2013-04-13
中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その17)さらに上海で1例 浙江省で2例 江蘇省で2例の新たな感染者 全部で49例に 江蘇省・浙江省の4例は重態 上海は4/3に妻が死亡した夫の感染例だがヒトヒト感染の可能性は不明
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2013/04/h7n9-171-2-2-49.html
の続き。

家庭内感染が疑われている例、すなわち、妻が最初に感染して4/3に死亡、続いて夫がH7N9型鳥インフルエンザに感染していることが昨日確定診断された
 上海の感染例
だが、
 直接鳥との接触はないものの、家の周辺に鳥が多数飼育されていて、ウイルスに晒される危険があった
という。

香港文匯報より。


上海一對夫婦相繼感染禽流感(上海の夫婦一組が相継いで鳥インフルエンザに感染)
日期、2013-04-14作者、陳青來源、文匯報

上海一對夫婦相繼感染禽流感(上海の夫婦一組が相継いで鳥インフルエンザに感染) 妻子已于4月3日死亡、丈夫目前病情危重(妻は4月3日にすでに死亡、夫は現在重態) 患者家附近有禽類飼養、尚不足判為人傳人(患者の家の周辺では鳥類を飼育、まだヒトヒト感染と判断するには足らず)

本報訊(記者陳青)

昨天、上海市衛生計生委・上海市疾控中心通報稱、上海確診1例人感染H7N9禽流感病例、為之前確診的1例病例的丈夫。專家表示、這對夫婦出現在同一潛伏期内、尚不足以判定丈夫顧某的發病是由於妻子於某傳染所致。(昨日、上海市衛生・計画出産委員会と上海市疾病予防コントロールセンターは、1例のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザの感染が確定診断されたと発表、以前確定診断された1症例の夫がそうである。専門家は、この夫婦は同じ潜伏期間内に発症しており、まだ夫の顧さんの発症が妻から感染によってもたらされたと判定するのには判断材料が不足だと言っている。)

這對夫婦中的妻子於某于3月27日發現發熱症状、4月3日晩死亡。4月4日採集的病人呼吸道標本檢出H7N9禽流感病毒核酸陽性、並經過市級臨床專家組會診診斷為人感染H7N9禽流感確診病例。據悉、她[女也]生活非常規律、毎天上菜場採購、雖家裏不吃鷄鴨肉、但常去的水産攤點與活禽攤點臨近。(この夫婦の内、妻の於さんは3月27日に発熱の症状が現れ、4月3日夜に死亡した。4月4日、患者の気道から採取した検体からH7N9型鳥インフルエンザウイルスRNA陽性反応が出、さらに市の臨床の専門家チームが共同で診察に当たって、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。知り得たところに依ると、妻の生活は非常に紀律正しく、毎日市場で買い物をしていたが、家では鳥や鴨の肉は食べなかった。しかし、いつも生きた鳥を売る屋台と近接している魚の屋台に足を運んでいた。)
這對夫婦中的丈夫顧某、56歳、上海人、職員。(略)專家表示、患者家庭附近有禽類飼養、存在暴露風險。(この夫婦の夫である顧さんは56歳、上海在住で従業員である。)(略)(専門家は患者の家庭の周辺では鳥類を飼育しており、ウイルスに晒される危険があったと指摘している。)
上海市疾控中心主任呉凡表示、目前判斷病毒不具備持續的人際傳播能力、目前全國所有病例均為散發病例、進一歩流行病學調査沒有發現關聯、密切接觸者中沒有出現明顯異常情況。(上海市疾病予防コントロールセンターの呉凡主任は、現在ウイルスはヒトからヒトへ感染する能力を持っていないと判断しており、いま全国の症例はみな散発的な症例であり、感染症学的検査を進めているが発症に関連は見られず、濃厚接触者の中にも明かに異常な状態は見つかっていない、と話している。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その18)首都北京で初めての感染例 家は北京国際空港のすぐ傍 両親が北京市内や村内で販売し感染前に自分たち一家も食べた鶏は天津から購入

昨日明らかになった
 首都北京の感染例
だが、
 生活歴や居住地の詳細
が明らかになった。
 家は北京国際空港のすぐ傍
で、
 発症前に天津から鶏を購入
し、
 自家用でも天津の鶏を食べた
という。なお
 天津で購入した生きた鶏

 自家消費の他

 北京の朝陽区と自分の住む古城村で販売
されている。

この記事が示すのは
 1. 日本からも近い天津の鶏がH7N9型鳥インフルエンザに感染している可能性があること
 2. 天津から北京にH7N9型鳥インフルエンザに感染している可能性のある鶏が持ち込まれ、北京市内と北京国際空港に近い古城村で販売されたこと
 3. 天津でH7N9型鳥インフルエンザが鳥の間に蔓延しているおそれがあること
という事実である。
 患者の出た古城村が北京国際空港のすぐ傍
というのが、実に厄介だし、
 天津でH7N9型鳥インフルエンザが蔓延している
とすれば
 中国全土でH7N9型鳥インフルエンザが拡がっている
と考えた方がいいだろう。
もちろん
 今後、北京で患者が増えるだろう
と思われる。

香港文匯報より。


現場直撃、父親天津購鷄 女童病前曾食(直撃取材 父親は天津で鶏を購入 女児は発症前に食べていた。)

 順義區後沙峪鎮古城村中心街南段東側的一處民房是北京首例H7N9感染女童的家。這座城郊小村位於京城東北部、緊鄰國際機場。女童父親姓姚、河北張家口人、4月2日從古城村北面的高麗營鎮搬來落脚、以販鷄賣魚為業。據女童父親稱、他從天津一名活禽商販處購得數十隻活鷄、在自己門店出售。其中宰殺2隻供他一家三口食用、「她[女也](女兒)吃的不多、也不是病死鷄。」(順義区後沙峪鎮古城村中心街南段の東側にある一軒の民家が、北京で初めてH7N9型鳥インフルエンザに感染した女児の家だ。この郊外の小村は北京市の東北部に位置し、北京国際空港のすぐ傍だ。女児の父親は姚といい、河北省張家口に本籍があり、4月2日に古城村の北側にある高麗営鎮から引っ越してきて、鶏と魚を売って暮らしていた。女児の父親によれば、彼は天津のある生きた鳥を販売する所から数十羽の生きた鶏を購入、自分の店で売っている。その内、2羽を殺して自分の家の三人の家族の食用にした。「あの子はちょっとしか食べなかったし、病死した鶏でもない。」)

店舖商住兩用 門前現宰現賣(店舗兼住宅 家の前で鶏をその場で絞めたものを売っていた)
 古城村多為外來流動人口居住、村中分東大街・中心街・西大街、臨街店舖鱗次櫛比。女童的家就在中心街南段東側一處四合院改造的舖面中、三五平方米大小、鋁[金呂]合金門窗、深紅色窗簾緊掩。(古城村にはよその農村から都会に出てきた農民工が多く住んでいて、村は東大街・中心街・西大街に分かれ、通りに面して店舗が軒を連ねている。女児の家は中心街南段の東側の四合院を改造した店舗の中にあり、35平米の広さで、アルミサッシは真っ赤なカーテンで締め切られている。)
 記者在現場看到、門前宰殺鷄・魚的器具尚在、沾滿魚鱗的托盤散發腥味。4名帶口罩的保安員在門前守護、緊鄰的理髮店仍在正常營業。鄰居指女童一家人剛搬來、「平時門前堆放四五籠活鷄、現殺現賣、她[女也]父親不愛説話、沒想到出了這樣的事。」(記者が現場に到着した時、家の前には鶏や魚を絞める道具がまだ置いてあり、鱗まみれのトレイは、腥い臭いを放っていた。マスクをした4人の警備員が家の前を守っていて、すぐ隣の理髪店はまだ通常の営業をしていた。隣近所の人達は、女児一家が引っ越してきたばかりだと指摘し、「いつもは家の前に生きた鶏の入った籠を4、5個積んで置いて、その場で絞めて売っていた。女の子の父親は口べたで、こんなことになるとは思いも寄らなかった。」)

父母居所隔離 限制外出七天(両親は家で隔離 七日間の外出制限)
 中午約12點半、女童父親曾短暫出現在房内門窗前、神情緊張未戴口罩、隨即重新拉緊窗簾。工作人員告訴記者、女童的父母已經於昨晩9時回家、目前仍處於醫學觀察階段、限制外出。當地疾控人員稱、如果7天沒有異常、便可解除隔離。據知、古城村有51戸村民是養殖戸、共飼養503隻鷄鴨鵝、2,700隻鴿子。順義區防疫部門已將鷄鴨鵝全數捕殺。(昼の12時半頃、女児の父親がほんのちょっとの間だけ家の中のサッシの前に現れた。緊張した面持ちで、まだマスクはしておらず、すぐにもう一度カーテンをぴったりと閉めた。作業員は記者に次のように話した。女児の両親は昨夜9時に家に戻っており、今は依然として医学的経過観察の段階にあって、外出を制限されている。この地域の疾病予防コントロールスタッフによれば、もし七日間異常がなければ、隔離は解除されるだろう。知られているところでは、古城村には鳥を養殖している51戸の村民がおり、全部で503羽の鶏・鴨・鵞鳥、2700羽の鳩を飼っていた。順義区防疫部局はもう鶏・鴨・鵞鳥を全羽捕まえて殺した。)
 據悉、女童父母本月4日從天津一名叫邰[台β]清華的活禽商販處購得數十隻活鷄。其中29隻賣到朝陽區、44隻賣給古城村的村民、自己也留下數隻食用。至11日早晨、姚氏夫婦發現女兒有些咳嗽、隨即開車將其送往地壇醫院、院方並向女童進行疑似病例樣本採集。至13日凌晨、中國疾控中心覆核確診該女童為北京首例人類感染H7N9禽流感病例。(知り得たところに依ると、女児の両親は今月4日、天津の邰[台β]清華という生きた鳥を販売する所から数十羽の生きた鶏を購入、その内29羽は朝陽区で売り、44羽は古城村の村民に売り、数羽を食用として自分の手元にも残した。11日早朝になって、姚氏夫妻は女児が咳をしていることに気づき、すぐに車で地壇病院に連れて行き、病院ではさらに女児が鳥インフルエンザの疑似症例であることから検体を採取した。13日未明になって、中国疾病予防コントロールセンターは、再検査を行い、女児が北京で最初のH7N9型鳥インフルエンザ感染例であると確定診断した。)
■香港文匯報記者 劉坤領 北京順義報道


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013-04-13

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その17)さらに上海で1例 浙江省で2例 江蘇省で2例の新たな感染者 全部で49例に 江蘇省・浙江省の4例は重態 上海は4/3に妻が死亡した夫の感染例だがヒトヒト感染の可能性は不明

今日になって、
 上海・江蘇省・浙江省で合計5名の新たな感染者
が見つかり、北京の1名と合わせると
 感染者は合計49名
となった。

まずは、上海市衛生・計画出産委員会の発表より。


本市新増1例人感染H7N9禽流感確診病例(上海市で新たに1例のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザの感染が確定診断された。)
本市新確診1例人感染H7N9禽流感病例。截至目前、上海共發現21例人感染H7N9禽流感確診病例、其中死亡7例、另[口力]外13例正在隔離救治之中、一患兒已康復出院。(上海市で新たに新たに1例のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザの感染が確定診断された。現在までに、上海では上海では確定診断されたヒトへのH7N9型鳥インフルエンザの感染は全部で21例、その内死亡7例、13例は現在隔離治療中で、患児1例はすでに健康を回復して退院した。)
新増1例患者的情況如下、(新たに増えた1例の病状は以下の通り)
顧某、男、56歳、上海人。(顧さん 男性 56歳 上海在住。)
4月1日起陸續出現乏力・發熱等不適症状、(4月1日から連続して脱力・発熱等の身体の不調が現れ、)
4月3日・4日兩次前往華山醫院就診、(4月3日・4日の二回、華山病院に行って診察を受けたところ、)
4月4日華山醫院將顧某轉至上海市公共衛生臨床中心治療、(4月4日に華山病院は顧さんを上海市公共衛生臨床センターに転院させて治療を行った。)
目前患者正在進一歩救治中。(現在、患者は更なる救命治療を進めているところである。)
4月5日市疾控中心對該病例按常規進行咽拭子採樣、檢測結果爲H7N9禽流感病毒核酸陰性。(4月5日、上海市疾病予防コントロールセンターはこの症例に対し、通常の手順を進め、喉をぬぐって検体を採取し、検査測定した結果、H7N9型鳥インフルエンザウイルスの陰性反応が出た。)
4月6日顧某出現高熱、病情繼續進展。(4月6日、顧さんは高熱を発し、病状は進んで行った。)
市疾控中心于4月10日再次採樣、加採了病人的下呼吸道分泌物樣本。(上海市疾病予防コントロールセンターは4月10日に再度検体を採取、併せて患者の下気道の分泌物の検体も採取した。)
4月11日市疾控中心和本市另[口力]一家國家流感網絡實驗室分別進行檢測、檢測結果均爲H7N9禽流感病毒核酸陽性。(4月11日、上海市疾病予防コントロールセンターと別の国家インフルエンザネットワーク研究室が別個に検査測定を進めたところ、どちらからもH7N9型鳥インフルエンザウイルスRNAの陽性反応が出た。)
按照有關要求、市衛生計生委組織市級臨床專家組對該病例進行會診、診斷該病例爲人感染H7N9禽流感確診病例。(関連する条件に基づき、上海市衛生・計画出産委員会は市の臨床の専門家チームを組織し、この症例について討論を行い、この症例は、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
經調査、該病例的密切接觸者共有4人、均已實施嚴格的醫學觀察、目前均未發現異常。(調査によると、この症例で濃厚接触者は全部で4人、いずれも医学的な経過観察を厳密に行ったが、現在まで異常は現れていない。)
患者顧某之妻於某于3月27日出現發熱等症状、4月4日採集的病人呼吸道標本檢出H7N9禽流感病毒核酸陽性、並經市級臨床專家組會診診斷爲人感染H7N9禽流感確診病例。(患者顧さんの妻である於さんは、3月27日に発熱等の症状が現れ、4月4日に患者の気道から採取した検体からH7N9型鳥インフルエンザウイルスRNAの陽性反応が検出され、一緒に市の臨床の専門家チームが共同で診察に当たって、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
4月12日晩、應上海市衛生和計劃生育委員會的邀請、國家衛計委和上海衛計委共同組織相關專家就這兩例人感染H7N9禽流感確診病例的流行病學關聯等問題進行了充分討論、根據目前所掌握的資料、尚不足以判定顧某的發病是由於某傳染所致。(4月12日夜、上海市衛生・計画出産委員会の招請に応じ、国家衛生・計画出産委員会と上海市衛生・計画出産委員会とが共同で関係する専門家を組織し、この2例の確定診断されたH7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例の感染症学的関連等の問題について、十分な討論を行ったが、現在把握しているデータに基づいて、まだ顧さんの発症が於さんから感染して起きたと判定するには不十分であるとした。)
專家認爲應重視對人感染H7N9禽流感聚集性病例的研究、加強對病例的共同暴露史・病毒的病原學特點與疾病自然史的研究。(専門家はH7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染が集中している症例の研究に対して重視し、症例の共通した病源への暴露歴やウイルスの病理学的特徴と疾病の自然史的研究を強化すべきであることを認めている。)
2013-04-13

上海の症例は
   発症 確定診断 死亡
 妻 3/27 4/4   4/3
 夫 4/3  4/11(最初の4/5の検査では陰性) 現在治療中
であり、妻の死亡後に確定診断が行われた。この症例では
 検体の採取が早すぎて、陰性反応となり、抗インフルエンザウイルス薬の投与が行われなかった
ために、症状が進んだと思われる。日本では、こういう場合には
 予防投与
を行うだろう。

江蘇省衛生庁の発表。
新たな感染者2名はいずれも重態である。


4月13日江蘇省新増2例人感染H7N9禽流感確診病例(4月13日 江蘇省で新たに2例のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザの感染が確定診断された。)

發布時間、2013-4-13
江蘇省衛生廳4月13日通報、江蘇省新確診2例人感染H7N9禽流感病例。(4月13日、江蘇省衛生庁は、江蘇省で新たに2例のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザの感染が確定診断された、と発表した。)

患者顧某、女、77歳、住南京市原白下區。(患者 顧さん 女性 77歳 南京市原白下区在住。)
4月13日、省專家組診斷該病例為人感染H7N9禽流感確診病例。目前在南京市某醫院救治、病情危重。經調査、該病例的密切接觸者共有7人、截止目前均無異常。(4月13日、江蘇省の専門家チームはこの症例をH7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。現在のところ、南京市のある病院で救命治療を行っているが、重態である。調査によると、この症例で濃厚接触者は全部で7人、現在まで異常は現れていない。)

患者馬某、男、72歳、住常熟市。(患者 馬さん 男性 72歳 常熟市在住)
4月13日、省專家組診斷該病例為人感染H7N9禽流感確診病例。目前在蘇州市某醫院救治、病情危重。經調査、該病例的密切接觸者共有9人、截止目前均無異常。(4月13日、江蘇省の専門家チームはこの症例をH7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。現在のところ、蘇州市のある病院で救命治療を行っているが、重態である。調査によると、この症例で濃厚接触者は全部で9人、現在まで異常は現れていない。)

浙江省の2例も重態。
浙江省衛生庁の発表より。


浙江省新増2例人感染H7N9禽流感病例(浙江省で新たに2例のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザ感染が確定診断される。)
發布日期、2013-04-13 信息來源、衛生廳
浙江省衛生廳

2013年4月13日

浙江省衛生廳4月13日通報、截至4月13日14:00、浙江省新増2例人感染H7N9禽流感病例。(4月13日、浙江省衛生庁は4月13日14:00までに、浙江省で新たに2例のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザ感染が確定診断されたと発表した。)

患者郭某、男​​、65歳、退休、現住杭州。(患者 郭さん 男性 65歳 退職者 現在杭州在住)
於4月3日發病、9日到杭州市某醫院就診。(4月3日に発症し、9日に杭州のある病院に行き診察を受けた。)
4月13日、浙江省疾控中心報告患者標本檢測為H7N9禽流感病毒核酸陽性。(4月13日、浙江省の疾病コントロールセンターは、患者の検体を検査測定した結果、H7N9型鳥インフルエンザウイルスRNAの陽性反応が出たと発表した。)
患者曹某、男​​、38歳、工人、現住杭州。(患者 曹さん 男性 38歳 工員 現在杭州在住。)
於4月6日發病、11日晩到杭州某醫院住院。(4月6日に発症し、11日に杭州のある病院に行き入院した。)
4月13日、浙江省疾控中心報告患者標本檢測為H7N9禽流感病毒核酸陽性。(4月13日、浙江省の疾病コントロールセンターは、患者の検体を検査測定した結果、H7N9型鳥インフルエンザウイルスRNAの陽性反応が出たと発表した。)

我廳組織專家對上述2名患者的臨床表現・流行病學資料和實驗室檢測結果進行討論、診斷為人感染H7N9禽流感確診病例。(本庁は専門家を組織し、上記の2名の患者の臨床所見・感染学的資料と検査所見の結果に対し討論を行い、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
目前、以上2名患者病情危重、已轉至省級某醫院、正在全力組織搶救。(現在のところ、以上の2名の患者は重態で、すでに省クラスのある病院に転院、現在チームを結成して全力で救命に当たっている。)

やはり大都市上海と比較すると、江蘇省・浙江省等
 省クラスの医療圏
では
 病院に掛かるのが遅くなり、診断も遅れ、重態となるケースが多い
ように思われる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その16)首都北京で初めての感染例@4/13→追記あり

2013-04-13
中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その14)首都北京で初めての「疑似感染例」@4/12
の続き。

やはり
 H7N9型鳥インフルエンザ感染が確定診断
された。北京市衛生局のサイトにはまだ反映されていないので中国新聞網より。元は簡体字。


北京確診首例人感染H7N9禽流感病例

2013年04月13日09:23來源、中國新聞網

中新網北京4月13日電(記者杜燕)
經中國疾控中心複核、北京確診首例人感染H7N9禽流感病例。(中国疾病予防コントロールセンターの再検査により、北京で初めてH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染が確定診断された。)
目前、患者病情穩定、2名密切接觸者未發現流感樣症状。(現在のところ、患者の容体は安定しており、2名の濃厚接触者にもインフルエンザ類似の症状はまだ出ていない。)
這是北京市衛生局新聞發言人鐘東波在今天早上舉行的一場新聞發布會上透露。(これは北京市衛生局スポークスマンの鐘東波が今朝行った記者会見で明らかにした。)
據介紹、該患者為一名7歳女童、順義區人、女童父母從事活禽販賣工作。(説明に依れば、この患者は1名の7歳女児で、順義区在住、女児の両親は生きた鳥の販売業務に携わっている。)
她[女也]於4月11日上午出現發熱・咽痛等症状、送至北京地壇醫院、下午1時以肺部感染收治入院。(4月11日午前、女児には発熱・喉の痛み等の症状が現れ、北京地壇病院へ連れて行かれたが、午後1時に肺の感染症により入院治療を行った。)
12日、經北京市疾控中心實驗室檢測、確認該患兒為人​​感染H7N9禽流感疑似病例、標本送中國疾控中心進行複核。(12日、北京市疾病予防コントロールセンターの実験室が検査測定して、この患児がH7N9型鳥インフルエンザウイルスの疑似感染例であることを確認、検体を中国疾病予防コントロールセンターに送り、最終的な確定診断のための再検査を進めた。)
13日凌晨、反饋的複核報告確診該患兒為人​​感染H7N9禽流感病例。(13日早朝、フィードバックの再検査で、この患児のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザの感染を確定診断した。)
目前、北京市疾控中心已對2名密切接觸者實施醫學觀察、未發現流感樣症状。(いまのところ、北京市疾病予防コントロールセンターはすでに2名の濃厚接触者に医学的な経過観察を行ったが、インフルエンザ類似の症状はまだ見られない。)
加上北京剛剛確認的一例確診病例、全國共報告人感染H7N9禽流感確診病例増加至44例、其中死亡11人。(北京で確認されたばかりのヒトへのH7N9型鳥インフルエンザの確定診断の1例を加えて、全国でヒトへのH7N9型鳥インフルエンザの感染例は全部で44例までに増え、その内死亡したのは11人である。)
除北京一例外、其餘43例分布於上海(20例、死亡7例)・江蘇(12例、死亡1例)・安徽(2例、死亡1例)・浙江(9例、死亡2例)4省市的23個地市級區域。(北京の1例を除いたほか、その他の43例は上海(20例、死亡7例)・江蘇(12例、死亡1例)・安徽(2例、死亡1例)・浙江(9例、死亡2例)の4省市の23の地区クラスの市区域に分布している。)(完)

この症例では
 両親が生きた鳥を販売
しているので、どうも
 鳥→ヒト感染例
のようだ。ということは
 H7N9型鳥インフルエンザは北京の鳥にも感染している
って話になる。もちろん
 北京だけでなく、中国全土でH7N9型鳥インフルエンザが鳥の間に蔓延
している可能性を、この症例は示唆している。

続き。(11:23)
北京市衛生局の発表。元は簡体字。気が向いたら後で翻訳する予定。
追記(14:48)
前半だけざっと訳した。間違っていたらごめんなさい。後半は
 北京市エライ
って自画自賛の内容なので、訳は省略。
今回の処置が早かったのは
 1. 鳥インフルエンザの定点観測病院に初診で行った
 2. 定点観測病院が規定を厳格に守り、医療スタッフの安全を確保しつつ、感染の疑いのある患者の検査を迅速に行い、上部組織に速やかに報告した
 3. 区・市・国の三段階の疾病予防コントロールセンターが連携して、昼夜兼行で超過勤務を行いつつ24時間以内に必要な検査をすべて完了した
というのがポイント。しかし
 昼夜兼行で超過勤務
って
 日本だと「緊急事態には常態」
なんだが
 北京の医師は超過勤務なんてカネにならないことはやらないのが普通
なんだろうか。

続きを読む "中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その16)首都北京で初めての感染例@4/13→追記あり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その15)H7N9型鳥インフルエンザ感染の治療費問題 ようやく解決?@4/12 中国国家衛生局

感染者が
 鳥インフルエンザ破算
しかねない状況だった
 中国のH7N9型鳥インフルエンザ感染の治療費問題
だが、解決に向かっている模様。
昨日の中国国家衛生局の発表より。


人感染H7N9禽流感患者醫療救治費用通過醫保解決(H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染した患者の緊急救命治療費用は医療保険を通じて解決する)

中華人民共和國衛生部www.moh.gov.cn

近期、上海・江蘇・安徽・浙江四省市發生人感染H7N9禽流感疫情。(近頃、上海市・江蘇省・安徽省・浙江省の四つの省・市でH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染が発生している。)
疫情發生後、黨中央・國務院及各級人民政府高度重視、各地衛生行政部門按照工作部署、落實防控措施、集中優勢醫療資源、全力做好醫療救治工作。(感染症の発生が始まってから、共産党中央・国務院および各クラスの人民政府は極めて重視しており、各地の衛生行政部門は作業部書に従い、予防・コントロール措置を実施し、高度医療資源を集約し、全力で緊急救命治療をやり遂げている。)
國家衛生和計劃生育委員會下發『關於加強人感染H7N9禽流感疫情防控工作的通知』、強調「醫療救治費用按照規定渠道解決、嚴禁因費用問題延誤救治或推諉[言委]患者。」(国家衛生・計画出産委員会は「H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染発生の予防・コントロール作業の強化に関する通知」を通達し、「緊急救命治療の費用は、規程のチャンネルに従って解決し、費用の問題によって、救命活動が後れを取ったり、患者に責任を押しつけたりするのを厳禁する」と、強調した。)
近年來、隨著醫改持續深入推進、全面醫保體系初歩建立、基本醫療保障制度覆蓋面不斷擴大、保障水平不斷提升、絶大部分人看病就醫有了基本保障。(ここ数年、医療制度改革が踏み込んだ推進を続けているのに伴い、全面的な医療保険のシステムが、一応確立し、基本医療保障制度がカバーできる部分は常に拡大し、保障水準は常に上昇、ほとんど大部分の人が治療を受け医師の診察を受けるのには、基本保障がある。)
已參加職工基本醫療保險・城鎮居民基本醫療保險和新型農村合作醫療的人感染H7N9禽流感患者發生的醫療救治費用、可以通過上述三種制度按照規定予以報銷。(もう労働者基本医療保険・都市部住民基本医療保険と新型農村共同組合医療のH7N9型鳥インフルエンザのヒト感染が発生した場合の医療救急治療費用に加入していれば、上記の三種の制度を通じて、規程に基づき、治療費が与えられる。)
要求各地將H7N9禽流感納入當地城郷居民大病保險補助和疾病應急醫療救助基金支付範圍、患者發生的高額醫療救治費用可以通過大病保險制度和疾病應急醫療救助基金予以保障。(各地に、当該地域居住者の重症疾病保険補助と疾病応急医療救助基金の交付範囲にH7N9型鳥インフルエンザを盛り込むよう求め、患者に発生する高額な緊急救命治療費用は重症疾病保険制度と疾病応急医療救助基金が保障を与えるようにする。)
對於尚未參加基本醫療保險制度、或經報銷後個人醫療救治費用負擔仍然較重的貧困患者、可以通過城郷醫療救助制度解決。(まだ基本医療保険制度に加入してない場合、あるいは治療費を与えられた後も、依然として個人の緊急救命治療費用負担がかなり重い貧困な患者に対しては、都市農村医療救済制度を通じて解決できるようにする。)
目前、各地積極行動、做好應對人感染H7N9禽流感疫情防控工作。(いまのところ、各地で積極的に行動して、しっかりとH7N9型鳥インフルエンザのヒト感染への対応している。)
據了解、南京江寧區參加新農合的患者醫療費用最高可報銷25萬元/年、同時通過社會化大病補充醫療保險、治療H7N9禽流感最高可報銷125萬元。(調査に依れば、南京江寧区の新型農村共同組合に参加している患者の医療費は最高で年25万元が支給され、同時に社会化重症疾病補助医療保険を通じて、H7N9型鳥インフルエンザを治療する際には、最高で125万元が支給される。)
廣東已經設立人感染H7N9禽流感防控及醫療救助基金、首期安排3000萬元經費。(広東省ではすでにH7N9型鳥インフルエンザのヒト感染予防コントロール・医療救済基金が設立されており、第一期には、3000万元の経費が準備されている。)

で、
 医療保険未加入の患者は都市農村医療救済制度を通じて解決する
というんだが
 どの程度の保障
かが疑問。てか
 どの程度の加入率なんだか
がはっきりしないよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その14)首都北京で初めての「疑似感染例」@4/12

清明節の休暇から1週間。もし、現在上海・浙江・江蘇で発生している
 H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染がそれ以外の地域で見られる
ようになるとすれば、
 潜伏期間は1週間ほどなのでそろそろ
だ。
で、早速
 北京で初めてのH7N9型鳥インフルエンザの疑似感染例
が出た。北京市衛生局より。元は簡体字。


北京市發現首例人感染H7N9禽流感疑似病例
(北京市で初めてのH7N9型鳥インフルエンザの疑似感染例が見つかった。)
時間:2013-04-13 文章來源:北京市衛生局

2013年4月12日下午、經北京市疾控中心實驗室檢測、確認地壇醫院收治的一7歳患兒為人感染H7N9禽流感疑似病例。(2013年4月12日午後、北京市疾病予防コントロールセンターの実験室が検査測定した結果、地壇病院に入院治療中の7歳の子どもがH7N9型鳥インフルエンザウイルスの疑似感染例であることを確認した。)
這是北京市發現的首例人感染H7N9禽流感疑似病例。(これは北京市で発見された初めてのH7N9型鳥インフルエンザウイルスの疑似感染例である。)
目前、北京地壇醫院正採取措施積極救治患兒、患兒病情穩定。(いまのところ、北京地段祺瑞病院は、適切な措置を講じて積極的に患児の治療を行っており、患児の病状は落ち着いている。)
市疾控中心已對兩名密切接觸者實施醫學觀察、未發現流感樣症状。(北京市疾病予防コントロールセンターはすでに2名の濃厚接触者に医学的な経過観察を行ったが、インフルエンザ類似の症状はまだ見られない。)
按照國家衛生和計劃生育委員會規定、北京市衛生局已將標本送中國疾控中心進行複核、以便最終確診。(国家衛生衛生・計画出産委員会の規程に基づき、北京市衛生局はすでに検体を中国疾病予防コントロールセンターに送り、最終的な確定診断のための再検査を進めている。)

というわけで
 7歳の子どもが疑似感染例
だそうで。
北京市当局も
 H7N9型鳥インフルエンザのヒト感染が北京に及ぶのは時間の問題
としていたので、迎撃準備は整っていると思われる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近畿で比較的大きな地震 淡路島が震源 津波の心配はなし@4/13 5:33頃(その3)フジテレビ「(淡路島で)電車は動いていますか?」

首都圏や大阪周辺のように
 電車が整備されている地域
ばっかりじゃないんだがね。
先ほどの地震について、震源地の淡路島にフジテレビが電話を入れたときに
 電車が動いているかどうか
聞いた模様。
実況スレッド実況 ◆ フジテレビ 68761 高見 悠里より。

128 :名無しでいいとも!:2013/04/13(土) 06:45:59.03 ID:GPUbFZSK
いま画面に映っているのが
淡路島の中心地・洲本市の風景です(´・ω・`)

129 :名無しでいいとも!:2013/04/13(土) 06:45:58.90 ID:m2ceMSYq
その電車は地震で泊まってるわけではないだろ

153 :名無しでいいとも!:2013/04/13(土) 06:46:38.32 ID:/iZf5yBD
淡路島で電車の運行聞くなよwwww

154 :名無しでいいとも!:2013/04/13(土) 06:46:38.28 ID:Ga6Q0S73
淡路島は電車が無いwwwwwwwwwwwwwwwww

155 :名無しでいいとも!:2013/04/13(土) 06:46:38.72 ID:F0S3VB6Z
wwwwww通ってないwwwww

156 :名無しでいいとも!:2013/04/13(土) 06:46:39.99 ID:gc2k5h38
はしってないので

157 :名無しでいいとも!:2013/04/13(土) 06:46:40.85 ID:LNDKbZ6I
電車通ってないw

169 :名無しでいいとも!:2013/04/13(土) 06:46:47.78 ID:k0VTdt9t
鉄道がないのに聴くとか阿呆かwwwwww

170 :名無しでいいとも!:2013/04/13(土) 06:46:50.26 ID:PmeT6fDn
今は亡き淡路交通の電車

187 :名無しでいいとも!:2013/04/13(土) 06:47:05.73 ID:IMAuCHCF
電車通ってねえんだよ!淡路に恥かかせんな!

221 :名無しでいいとも!:2013/04/13(土) 06:48:07.15 ID:CnbrLqhF
渋滞だの、電車だの
なんか淡路島は大都会かなにか勘違いしてんのか?

349 :名無しでいいとも!:2013/04/13(土) 06:52:30.98 ID:Wh2bffZ4
皆藤「電車の運行状況はどうでしょうか?」
防災課長「・・・はい?(電車・・・・?)」

佐野「おい皆藤・・・・」

441 :名無しでいいとも!:2013/04/13(土) 06:56:18.81 ID:0hwe7NZb
淡路島への電話インタビューで皆藤愛子は

「電車大丈夫ですか?」「渋滞大丈夫ですか?」

これは後世に引き継いでいこう

上記にもあるように
 以前、「淡路交通の電車」は存在したがすでに1966年に全線廃止
となった。
淡路島の電車については、淡路交通のサイトに写真入りで説明されている。
写真館 淡路交通ー島の電車

ま〜
 土地勘がない
てのはしょうがないにしても
 東京の常識は東京以外では非常識になることがある
ってことは思いも寄らないんだろうな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

近畿で比較的大きな地震 淡路島が震源 津波の心配はなし@4/13 5:33頃(その2)気象庁は7:30から会見

気象庁は7:30から今回の地震について会見を開く。NHKより。


気象庁が会見へ
4月13日 6時9分

気象庁では今回の地震を受けて午前7時半から会見を開いて、地震津波監視課の長谷川洋平課長が今後の注意点や地震の詳しいメカニズムについて説明することにしています。

ありがとう、長谷川くん。会見を待ちます。

続き。(8:34)
気象庁の今回の地震に関する記者会見は
 CSの日テレニュース24

 7:30過ぎから8:02くらいまで全部放映
した。こういうとき、CSの
 記者会見完全放映
は有難い。
 今回はM6.0と阪神淡路大震災のM7.2に比較すると1/30以下の規模
だが
 震源が10kmと浅かったので、阪神淡路大震災以来の震度6弱を記録
したとのこと。
 今後一週間は余震に注意
だ。

記者の質問は
 阪神淡路大震災の余震ですか?
というのが多かったんだが、長谷川くんは
 もう20年近く経っているので「余震」というのは難しいのでは
というニュアンスで答えていた。
 地震のメカニズムが阪神淡路大震災のときとは異なる
とも指摘していた。

メディアの記者は
 おいしい話
が欲しいんだろうけど
 地震発生後2時間以内の会見

 詳しい予測とか分析とか求める
方がどうかしてるぜ。

更に続き。(8:45)
気象庁が記者発表資料をサイトで公開している。


平成25年4月13日05時33分頃の淡路島付近の地震について
報道発表日 平成25年4月13日
本文
地震の概要
発生日時 4月13日05時33分頃
マグニチュード 6.0(速報値)
場所および深さ 淡路島付近、深さ約10km(速報値)
発震機構等 東西方向に圧力軸を持つ逆断層型 (速報)
震度 【最大震度6弱】兵庫県淡路市(あわじし)で震度6弱、兵庫県南あわじ市(みなみあわじし)で震度5強、大阪府岬町(みさきちょう)、兵庫県洲本市(すもとし)、徳島県鳴門市(なるとし)、香川県東かがわ市(ひがしかがわし)、小豆島町(しょうどしまちょう)で震度5弱を観測したほか、近畿地方を中心に、中部地方から九州地方にかけて震度4~1を観測しました。
○ 余震活動の状況
 13日07時00分現在、震度1以上を観測した余震は8回発生しています(震度3:1回、震度2:2回、震度1:5回)。
○ 防災上の留意事項
 揺れの強かった地域では、家屋の倒壊や土砂災害などの危険性が高まっているおそれがありますので、今後の余震活動に十分注意してください。
 兵庫県瀬戸内海沿岸、淡路島南部、和歌山県、徳島県、香川県で若干の海面変動が予想されますが、被害の心配はありません。
○ 緊急地震速報の発表
 この地震に対し、地震検知から7.5秒後の05時33分27.9秒に緊急地震速報(警報)を発表しました。

図表等を含めた資料全文につきましては、下記の「資料全文」をご参照下さい。

平成25年4月13日05時33分頃の淡路島付近の地震について[PDF形式: 1,213KB]

気象庁、仕事が早いな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

近畿で比較的大きな地震 淡路島が震源 津波の心配はなし@4/13 5:33頃→NHK いつものようにまだ被害の状況を把握できていると思えない各地の役所に電話する

(6:12)
NHKは
 各地の役所に次々電話をして、地域の連絡の邪魔をする
のを止めろ!
まったく、当直の職員に電話するとか、ほとんど迷惑以外の何物でもないだろう。
(追記終わり)

iPhoneの
 ゆれくる
が、警戒音を発したので眼が覚めた。ほどなく、割に大きく長目の横揺れが来た。

すぐにNHKを付けた。地震の警報を流していた。
各地の震度は、気象庁が発表している。


平成25年04月13日05時37分 気象庁発表
13日05時33分頃地震がありました。

震源地は淡路島付近(北緯34.4度、東経134.8度)で、
震源の深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は6.0と推定されます。
20130413053728395130533
各地の震度は次の通りです。
なお、*印は気象庁以外の震度観測点についての情報です。

兵庫県  震度6弱 淡路市郡家* 淡路市志筑*
     震度5強 南あわじ市広田* 南あわじ市湊* 淡路市久留麻*
     震度5弱 洲本市小路谷 洲本市五色町都志* 南あわじ市福良
          淡路市中田 淡路市富島
     震度4  豊岡市桜町 神戸兵庫区烏原町*
          神戸兵庫区上沢通* 神戸長田区神楽町*
          神戸垂水区日向* 神戸北区藤原台南町*
          尼崎市昭和通* 明石市中崎 明石市相生*
          芦屋市精道町* 加古川市加古川町
          加古川市志方町* 三木市細川町 三木市福井*
          高砂市荒井町* 三田市下里* 兵庫稲美町国岡*
          播磨町東本荘* 加東市天神* 姫路市豊富*
          姫路市本町* 姫路市網干* 姫路市白浜*
          赤穂市加里屋* 上郡町大持* たつの市御津町*
          南あわじ市北阿万* 南あわじ市市* 淡路市岩屋*
     震度3  豊岡市出石町* 豊岡市日高町* 豊岡市城崎町*
          豊岡市竹野町* 養父市広谷*
          兵庫香美町香住区香住* 朝来市和田山町枚田
          朝来市生野町* 朝来市和田山町柳原*
          朝来市山東町* 朝来市新井*
          神戸東灘区住吉東町* 神戸灘区八幡町*
          神戸須磨区若草町* 神戸北区南五葉*
          神戸中央区脇浜 神戸西区竹の台* 西宮市宮前町
          西宮市平木* 西宮市名塩* 伊丹市千僧*
          西脇市上比延町* 宝塚市東洋町* 三木市吉川町*
          川西市中央町* 小野市王子町* 三田市下深田
          加西市下万願寺町 加西市北条町* 猪名川町紫合*
          篠山市北新町 篠山市杉* 篠山市今田町*
          丹波市春日町* 丹波市柏原町* 丹波市青垣町*
          丹波市山南町* 丹波市市島町* 多可町中区*
          多可町加美区* 多可町八千代区* 加東市社
          加東市河高* 姫路市神子岡前 姫路市安田*
          姫路市家島町真浦* 姫路市安富町安志*
          姫路市香寺町中屋* 姫路市林田* 相生市旭
          市川町西川辺* 福崎町南田原* 兵庫太子町鵤*
          佐用町下徳久* 宍粟市山崎町中広瀬
          宍粟市山崎町船元* たつの市龍野町*
          たつの市新宮町* たつの市揖保川町*
          兵庫神河町寺前* 兵庫神河町新田*
(略)
大阪府  震度5弱 大阪岬町深日*
     震度4  大阪旭区大宮* 岸和田市畑町* 岸和田市役所*
          泉大津市東雲町* 泉佐野市市場*
          泉佐野市りんくう往来* 富田林市本町
          富田林市高辺台* 河内長野市役所*
          大阪和泉市府中町* 高石市加茂* 泉南市男里*
          大阪狭山市狭山* 阪南市尾崎町* 忠岡町忠岡東*
          田尻町嘉祥寺* 河南町白木* 千早赤阪村水分*
          大阪堺市中区深井清水町 大阪堺市堺区山本町*
          大阪堺市南区桃山台*
     震度3  大阪都島区都島本通* 大阪福島区福島*
          大阪西区九条南* 大阪港区築港*
          大阪大正区泉尾* 大阪天王寺区上本町*
          大阪浪速区元町* 大阪西淀川区千舟*
          大阪東淀川区柴島* 大阪東淀川区北江口*
          大阪東成区東中本* 大阪生野区舎利寺*
          大阪城東区放出西* 大阪阿倍野区松崎町*
          大阪住吉区遠里小野* 大阪東住吉区杭全*
          大阪西成区岸里* 大阪淀川区木川東*
          大阪鶴見区横堤* 大阪住之江区御崎*
          大阪平野区平野南* 大阪北区茶屋町*
          大阪中央区大手前 大阪中央区大阪府庁*
          大阪国際空港 豊中市曽根南町* 豊中市役所*
          池田市城南* 高槻市桃園町 高槻市立第2中学校*
          守口市京阪本通* 枚方市大垣内*
          茨木市東中条町* 八尾市本町* 寝屋川市役所*
          大東市新町* 箕面市箕面 箕面市粟生外院*
          柏原市安堂町* 門真市中町* 摂津市三島*
          東大阪市荒本北* 四條畷市中野* 交野市私部*
          島本町若山台* 能勢町今西* 能勢町役場*
          岸和田市岸城町 貝塚市畠中* 河内長野市清見台*
          松原市阿保* 羽曳野市誉田* 藤井寺市岡*
          泉南市消防本部* 熊取町野田* 関西国際空港
          大阪太子町山田* 大阪堺市堺区大浜南町*
          大阪堺市堺区市役所* 大阪堺市美原区黒山*
          大阪堺市東区日置荘原寺町* 大阪堺市西区鳳東町*
          大阪堺市北区新金岡町*
(略)
徳島県  震度5弱 鳴門市鳴門町*
     震度4  徳島市大和町 徳島市津田町* 徳島市新蔵町*
          鳴門市撫養町 小松島市横須町* 松茂町広島*
          北島町中村* 藍住町奥野* 板野町大寺*
          阿波市吉野町* 阿南市那賀川町* 牟岐町中村*
          美波町西の地* 海陽町大里* 海陽町久保*
     震度3  佐那河内村下* 石井町高川原* 神山町神領*
          上板町七條* 吉野川市鴨島町 吉野川市川島町*
          吉野川市山川町* 美馬市脇町 美馬市木屋平*
          美馬市美馬町* 美馬市穴吹町* つるぎ町貞光*
          つるぎ町半田* 阿波市市場町* 阿波市土成町*
          阿波市阿波町* 徳島三好市池田総合体育館
          徳島三好市三野町* 徳島三好市西祖谷山村*
          東みよし町加茂* 阿南市富岡町 阿南市山口町*
          阿南市羽ノ浦町* 勝浦町久国* 上勝町旭*
          那賀町横石 那賀町木頭和無田* 那賀町延野*
          那賀町上那賀* 那賀町木沢* 美波町奥河内*
          海陽町奥浦*
(略)
香川県  震度5弱 東かがわ市湊* 小豆島町安田*
     震度4  高松市国分寺町* 東かがわ市三本松 土庄町甲
          さぬき市長尾総合公園* さぬき市志度*
          さぬき市津田町* さぬき市大川町*
          さぬき市寒川町* 小豆島町馬木* 小豆島町池田*
          綾川町山田下*
     震度3  高松市伏石町 高松市扇町* 高松市番町*
          高松市牟礼町* 高松市香川町* 高松市庵治町*
          高松市香南町* 東かがわ市引田* 土庄町大部*
          三木町氷上* 直島町役場* さぬき市長尾東*
          丸亀市大手町* 丸亀市飯山町* 坂出市室町*
          観音寺市坂本町 観音寺市瀬戸町*
          観音寺市大野原町* 観音寺市豊浜町*
          宇多津町役場* 琴平町榎井* 多度津町家中
          多度津町栄町* 三豊市豊中町* 三豊市仁尾町*
          三豊市財田町* 三豊市山本町* 三豊市高瀬町*
          三豊市三野町* 三豊市詫間町*
          まんのう町吉野下* 綾川町滝宮*
(略)

続きを読む "近畿で比較的大きな地震 淡路島が震源 津波の心配はなし@4/13 5:33頃→NHK いつものようにまだ被害の状況を把握できていると思えない各地の役所に電話する"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その13)日本でH7N9型の検査キット完成 全国に配付へ@4/12 厚労省→4つの抗インフルエンザウイルス薬のウイルス増殖抑制を確認

4/10に中国からウイルス株が届いた
 H7N9型鳥インフルエンザウイルス
だが、
 H7N9型鳥インフルエンザウイルスの検査キットが完成
したと、厚労省が発表した。
4/12付読売新聞より。


鳥インフル、H7N9型の検査キットが完成

 中国で鳥インフルエンザ(H7N9型)の感染者が相次いでいる問題で、厚生労働省は12日、このウイルスを検出できる検査キットが完成したと発表した。

 来週半ばにも、全国の検疫所や地方衛生研究所、計90か所に配備され、検査態勢が整う見通しだ。
 H7N9型の感染が疑われる人が出た場合、鼻やのどから粘膜を採取し、この検査キットで感染の有無を調べる。早ければ6時間程度で結果がわかる。
 同省によると、中国から10日に届いたウイルス株を用いて、国立感染症研究所が開発した検査キットの精度を確かめる作業を進めていた。
 また、ウイルス株を使って、既存の4つの抗インフルエンザウイルス薬(タミフル、リレンザ、イナビル、ラピアクタ)の効果を調べる実験では、いずれもH7N9型ウイルスの増殖を抑えることができたという。同省は、感染者が出た場合、既存の治療薬が効く可能性があるとしている。

(2013年4月12日19時54分 読売新聞)

ともかくも
 検査キットが完成
したのは、明るいニュースだ。
それと
 実際に患者から分離されたH7N9型鳥インフルエンザウイルスを用いた実験

 既存の抗インフルエンザウイルス薬がウイルスの増殖を抑える
ことも、実験室的に確認された。
これまでに開発された抗インフルエンザウイルス薬が治療に使えるかも知れない、という意味ではこれも明るいニュース。ただ
 ウイルスの変異は早い
ので、
 H7N9型鳥インフルエンザウイルスが、将来的に耐性を持つようになる
のも、時間の問題かも知れない辺り、頭が痛い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013-04-12

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その12)新たに感染者が上海で2名 浙江省で3名増え43名に 上海で4/11に1名死亡し死亡者も11名に増える@4/12→上海の死亡例は初診が中国医学専門病院で6日間治療を受けても効なく重症化し西洋医学の病院に転院

今日新たに
 上海市では2名の新しい感染者が見つかり、治療中の1名が死亡
 浙江省では3名の新しい感染者
が見つかり、
 H7N9型鳥インフルエンザの感染者数は43名
に増え
 死亡者も11名
に増えた。

まずは上海市衛生・計画出産委員会の発表から。


本市新確診2例人感染H7N9禽流感病例
(上海市で新たに2例のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザの感染が確定診断された。)

市衛生和計劃生育委員會今天(4月12日)19:30通報、本市新確診2例人感染H7N9禽流感病例。(上海市衛生・計画出産委員会は本日(4月12日)19:30に、上海市で新たに2例のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザの感染が確定診断されたと発表した。)
另[口力]1例4月6日確診的病人經全力救治無效于4月11日晩上死亡。(その他4月6日に感染が確定診断された患者1名は、全力を尽くして治療に当たったが効なく、4月11日夜死亡した。)
截至到目前、上海共發現20例人感染H7N9禽流感確診病例、其中死亡7例、12例正在隔離治療之中、1例患兒已康復出院。(現在のところ、上海では確定診断されたヒトへのH7N9型鳥インフルエンザの感染は全部で20例、その内死亡7例、12例は現在隔離治療中で、患児1例はすでに健康を回復して退院した。)
新増的2例病例情況如下、(新たに増えた2例の病状は以下の通り)
患者沈某、男、53歳、上海人、自由職業。(患者 沈さん 男性 53歳 上海在住 自由業)
患者于4月3日自感不適・畏寒、(4月3日に患者は不快感と寒気を覚え、)
4月5日出現發熱、前往嘉定區南翔醫院就診、診斷爲上呼吸道感染。(4月5日に発熱したので、嘉定区南翔病院に行って診察を受け、上気道の感染症と診断された。)
4月10日患者病情加重、到瑞金醫院北院就診、診斷爲重症肺炎。(4月10日に患者の容体が悪化し、瑞金病院北分院に行って診察を受けたところ、重症肺炎と診断された。)
4月11日、經市疾病預防控制中心檢測結果爲H7N9禽流感病毒核酸陽性。按照有關要求、市衛生和計劃生育委員會組織市級臨床專家組對該病例進行討論、診斷該病例爲人感染H7N9禽流感確診病例。(4月11日、上海市疾病予防コントロールセンターが検査測定した結果、H7N9型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出た。関連する条件に基づき、上海市衛生・計画出産委員会は市の臨床の専門家チームを組織し、この症例について討論を行い、この症例は、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
患者目前正在積極治療中。(現在、患者は積極的な治療を受けている。)
經調査、該病例的密切接觸者共有3人、均已實施醫學觀察、截至到目前均未發現異常。(調査によると、この症例で濃厚接触者は全部で3人、いずれも医学的な経過観察を行ったが、現在まで誰にも異常は現れていない。)
患者段某、男、86歳、上海人、退休人員。(患者 段さん 男性 86歳 上海在住 退職者)
患者于4月3日出現不適症状、(4月3日に患者には不快な症状が現れ、)
4月6日前往楊浦區市東醫院就診、診斷爲右下肺炎、當天被市東醫院收治入院。(4月6日に楊浦区上海市東病院に行って診察を受けたところ、右下肺炎と診断され、この日上海市東病院に入院し治療を受けた。)
4月11日、經市疾病預防控制中心檢測結果爲H7N9禽流感病毒核酸陽性。按照有關要求、市衛生和計劃生育委員會組織市級臨床專家組對該病例進行討論、診斷該病例爲人感染H7N9禽流感確診病例。(4月11日、上海市疾病予防コントロールセンターが検査測定した結果、H7N9型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出た。関連する条件に基づき、上海市衛生・計画出産委員会は市の臨床の専門家チームを組織し、この症例について討論を行い、この症例は、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
患者目前病情穩定、正在積極治療中。(現在、患者の容体は安定しており、積極的な治療を行っている。)
經調査、該病例的密切接觸者共有13人、均已實施醫學觀察、截至到目前均未發現異常。(調査によると、この症例で濃厚接触者は全部で13人、いずれも医学的な経過観察を行ったが、現在まで誰にも異常は現れていない。)
另[口力]外、4月6日確診的人感染H7N9禽流感患者周某、經全力搶救無效于昨晩(4月11日)死亡。(その他、4月6日にH7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断された患者の周さんは、全力を尽くして救命に当たったが効なく昨夜4月11日)死亡した。)
2013-04-12

2名の内、最初の1名が「重症肺炎」と診断された後の病状は不明。
死亡した患者が確定診断されたときの上海市衛生・計画出産委員会の発表より。


上海新増二例人感染H7N9禽流感確診病例(上海市で新たに2例のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザの感染が確定診断された)

患者周某、男、74歳、上海人、務農。(患者 周さん 男性 74歳 上海在住 農業従事者)
患者3月28日自覺乏力・氣促・發熱、(3月28日に患者は脱力・息切れ・発熱を覚え、)
于3月31日前往奉賢區中醫醫院就診、(3月31日に奉賢区中国医学病院に行って診察を受け、)
4月5日轉入華東醫院就診、診斷爲重症肺炎、正在積極治療中。(4月5日に華東病院に転院して診察を受けたところ、重症肺炎と診断され、現在積極的に治療中である。)
4月6日上午、經上海市疾病預防控制中心實驗室檢測結果爲H7N9禽流感病毒核酸陽性。(4月6日午前、上海市疾病予防コントロールセンターが検査測定した結果、H7N9型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出た。)
按照有關要求、上海市衛生和計劃生育委員會組織市級臨床專家組對該病例進行討論、專家依據病例的臨床表現・實驗室檢測和流行病學調査資料、診斷該病例爲人感染H7N9禽流感確診病例。(関連する条件に基づき、上海市衛生・計画出産委員会は市の臨床の専門家チームを組織し、この症例について討論を行い、専門家は症例の臨床所見・検査所見と感染症学の調査資料によって、この症例は、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
經調査、該病例的密切接觸者共有5人、截止到目前均未發現異常。(調査によれば、この症例で濃厚接触者は全部で5人、いずれも医学的な経過観察を行ったが、現在まで誰にも異常は現れていない。)

まず
 3/31に中国医学病院
すなわち
 中国の伝統医学による治療を専門に行う病院に掛かって、4/5までの6日間中国医学による治療を受けたが、効果がなかった
上に、症状が重くなったので
 西洋医学による治療を行う病院に転院して治療中
だったことがわかる。

こちらは浙江省衛生庁の発表。どうも浙江省の症例は、上海市と比較すると、相当重症化してからインフルエンザの確定診断を行うようで、予後が気がかりである。元は簡体字。


浙江省新増3例人感染H7N9禽流感病例(浙江省で新たに3例のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザ感染が確定診断される。)
發布日期:2013-04-12 信息來源、衛生廳

浙江省衛生廳

2013年4月12日

浙江省衛生廳4月12日通報、截至4月12日18:00、浙江省新増3例人感染H7N9禽流感病例。(4月12日、浙江省衛生庁は4月12日18:00までに、浙江省で新たに3例のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザ感染が確定診断されたと発表した。)

患者李某、男​​、66歳、退休、杭州人。(患者 李さん 男性 66歳 退職者 杭州在住)
於4月8日發病、9日到杭州某醫院就診入院。(4月8日に発症し、9日に杭州のある病院に行き入院治療を受けている。)
12日、浙江省疾控中心報告患者標本檢測為H7N9禽流感病毒核酸陽性。(12日、浙江省の疾病コントロールセンターは、患者のサンプルを検査測定した結果、H7N9型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たと発表した。)

患者何某、男​​、74歳、退休、杭州人。(患者 何さん 男性 74歳 退職者 杭州在住)
於4月6日發病、11日收治於杭州某醫院。(4月6日に発症し、11日に杭州のある病院に入院、治療を行っている。)
12日、浙江省疾控中心報告患者標本檢測為H7N9禽流感病毒核酸陽性。(12日、浙江省の疾病コントロールセンターは、患者のサンプルを検査測定した結果、H7N9型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たと発表した。)

患者呉某、女、54歳、農民、湖州人。(患者 呉さん 女性 54歳 農民 湖州在住)
於4月6日發病、12日收治於湖州某醫院。(4月6日に発症し、12日湖州のある病院に入院、治療を行っている。)
12日、浙江省疾控中心報告患者標本檢測為H7N9禽流感病毒核酸陽性。(12日、浙江省の疾病コントロールセンターは、患者のサンプルを検査測定した結果、H7N9型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たと発表した。)

我廳組織專家對上述3名患者的臨床表現、流行病學資料和實驗室檢測結果進行討論、診斷為人感染H7N9禽流感確診病例。(本庁は専門家を組織し、上記の3名の患者の臨床所見・感染学的資料と検査所見の結果に対し討論を行い、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
目前以上3名患者屬重症、病情尚穩定、醫院正在積極救治中。(現在のところ、以上の3名の患者は重症であるが、病状はまだ落ち着いており、病院で積極的に救命治療中である。)

今日発表されたのは
 上海は4/11に確定診断されて、かつ濃厚接触者に発症者がいないと認められた例
で、
 浙江省は4/12に確定診断された例
だ。
 上海は、濃厚接触者の調査が済まないと発表されない
ようなので、
 まだ確定診断されただけのH7N9型鳥インフルエンザ感染者がいる可能性
がある。また
 浙江省は重症にならないと確定診断しない
ので、
 軽症者は表に出てこない
恐れがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その11)中国科学院 H7N9型鳥インフルエンザウイルスの遺伝子解析の最初の見解を発表@4/11

中国科学院による、H7N9型鳥インフルエンザウイルス解析結果について。
4/11付人民日報より。元は簡体字。訳は例によって適当なので、間違っていたらごめんなさい。


【人民日報】中科院研究顯示、H7N9病毒來自鳥禽病毒基因重配(中国科学院はH7N9型鳥インフルエンザのウイルスは複数の鳥インフルエンザの遺伝子が組み換えられたものに由来することを明らかにした。)
文章來源、人民日報 呉月輝 發布時間、2013-04-11
記者從中國科學院微生物研究所獲悉、中科院病原微生物與免疫學重點實驗室研究人員經過對人感染H7N9禽流感病毒基因進行分析、初歩掲示病毒可能來自於歐亞大陸遷徙至東亞地區的野鳥所攜帶的禽流感病毒和上海・浙江・江蘇等地的鴨群和鷄群所攜帶的禽流感病毒發生的基因重配。此外、病毒自身基因變異、尤其是N9基因片段的異常、可能是新型H7N9型禽流感病毒感染人並導致高死亡率的原因。(記者が中国科学院微生物学研究所から得た情報によると、中国科学院微生物・免疫学重点研究室の研究員は、ヒトに感染したH7N9型鳥インフルエンザのウイルスの遺伝子解析を進め、ウイルスはユーラシア大陸から東アジアへ渡ってきた野鳥が持っていた鳥インフルエンザウイルスと上海・浙江・江蘇等の地域の鴨や鶏が持っていた鳥インフルエンザウイルスとが遺伝子組み換えを起こしたものによる可能性を、とりあえず指摘した。このほか、ウイルス自体の遺伝子の変異では、なかでも、N9型の遺伝子の断片の異常は、新型H7N9型鳥インフルエンザウイルスがヒトに感染し、高い死亡率を招いている原因と考えられる。)
野鳥與鷄群・鴨群病毒基因重配産生H7N9病毒(野鳥と鶏・鴨のウイルス遺伝子の組み換えがH7N9型ウイルスを生み出す)
「病毒重配是自然界很常見的現象、不同病毒可以通過宿主之間的接觸交換其基因片段。」中國科學院微生物研究所病原微生物與免疫學重點實驗室副主任劉文軍説。。(「ウイルスの遺伝子組み換えは、自然界では普通に見られる現象で、異なったウイルスが、宿主に次々感染する間に、接触して遺伝子の断片を交換することがある。」中国科学院微生物研究所病原体・免疫学重点研究室副主任の劉文軍は語る。)
該實驗室對中國疾病預防控制中心提供的H7N9禽流感病毒基因數據進行的分析結果顯示、在H7N9病毒的8個基因片段中、H7片段與浙江鴨群中分離的禽流感病毒相似、浙江鴨群中的病毒再往上追溯、又與東亞地區野鳥中分離的禽流感病毒基因相似。N9片段與東亞地區野鳥中分離的禽流感病毒相似。其餘6個基因片段(PB2・PB1・PA・NP・M・NS)與H9N2禽流感病毒相似。病毒基因組比對和親縁分析顯示、H9N2禽流感病毒來源於中國上海・浙江・江蘇等地的鷄群。(この研究室では、中国疾病予防コントロールセンターにH7N9型鳥インフルエンザウイルスの遺伝子データ解析を進めた結果を明らかにしたが、H7N9型ウイルスの8本ある遺伝子の内、H7型ウイルスの遺伝子は浙江省の鴨から分離された鳥インフルエンザウイルスのものと似ており、浙江省の鴨のウイルスの来歴を遡っていくと、また、東アジアの野鳥から分離された鳥インフルエンザウイルスのものと似ていた。N9型ウイルスの遺伝子は東アジアの野鳥から分離された鳥インフルエンザウイルスのものと似ていた。その他の6本の遺伝子断片(PB2・PB1・PA・NP・M・NS)は、H9N2型鳥インフルエンザウイルスと似ていた。ウイルスの遺伝子の組成と系統樹解析は、H9N2型鳥インフルエンザウイルスは、中国の上海・浙江・江蘇等地域の鶏に由来することが明らかになった。)
「此次疫情之所以發生在長三角地區、可能是因為亞歐大陸遷徙的攜帶H亞型(包括H7N3和H7N9亞型禽流感病毒)的野鳥在自然遷徙過程中(經由韓國等東亞地區)、和中國長三角地區的鴨群・鷄群攜帶的H9N2禽流感病毒進行基因重配而産生。」從事生物信息分析的副研究員劉翟[羽隹]説。(今回の鳥インフルエンザ発生状況は、長江デルタ地域に発生したものだから、ユーラシア大陸を渡って来たH亜型(H7N3とH7N9亜型鳥インフルエンザを含む)を持っていた野鳥が、自然に渡ってくる過程で(韓国など東アジアを経由して)、中国の長江デルタ地域の鴨や鶏の持っていたH9N2型鳥インフルエンザウイルスと遺伝子組み換えを起こして、生まれたものと考えられる。」と、生物情報分析を行う副研究員の劉翟[羽隹]は語る。)
對於此前有媒體稱H7N9病毒是「中韓混血」、劉文軍糾正説、野鳥是不斷遷徙的、不能説H7N9病毒是兩國混血。(これより以前に、メディアがH7N9型ウイルスは「中韓混血」だと称したが、劉文軍は間違いを正して言う。野鳥はつねに移動しているので、H7N9型ウイルスが両国の混血であると言ってはいけない、と。)
該團隊的研究結果還顯示、H7N9禽流感病毒暫未發現在豬群中的進化痕跡、暗示了豬在這次病毒基因重配中未發揮中間宿主的作用。具體結論還有待相關部門進一歩證實。(このグループの研究結果は、H7N9型鳥インフルエンザウイルスは、現在のところ、まだ豚の中で変化した痕跡は見つかっていないことを明らかにしたが、これは豚が、今回のウイルスの遺伝子組み換えの中間宿主としての役割を果たしていないことを暗示している。)
H7N9病毒感染人類、可能源於病毒變異(H7N9型ウイルスが人類に感染するのは、ウイルスの変異に由来すると考えられる。)
按照傳統經驗、一般的禽流感病毒、不管在禽類中是低致病病毒還是高致病病毒、都較難感染到人、一般經過人的呼吸道即被阻止。(これまでの経験によると、一般的に鳥インフルエンザウイルスは、鳥類に対して低病原性ウイルスだろうが高病原性ウイルスであろうが、いずれもヒトに感染するのは比較的難しく、普通はヒトの気道を通るとすぐに侵入を阻止される。)
但最近的現實和研究均掲示、原本在禽類中流傳的病毒、或經過中間宿主豬産生基因重配、感染到人。或直接由禽到人。這次的H7N9禽流感病毒、即直接從禽到人。這種在禽類身上呈現弱毒性的病毒、在人身上却極具破壞力、病毒在人的肺部瘋狂複製、造成感染的人30%以上的死亡率。(しかし、最近の状況と研究とが示すのは、元来鳥類の間で伝播していたウイルスが、中間宿主である豚を経過して遺伝子組み換えを起こすことがあると、ヒトに感染する。直接鳥からヒトに感染する場合もある。今回のH7N9型鳥インフルエンザウイルスは、すぐに直接鳥からヒトへ感染する。この種のウイルスは鳥類の身体では弱毒性のウイルスとして現れても、ヒトの身体には逆に極めて破壊力をもち、ウイルスはヒトの肺で気が狂ったように増殖し、感染したヒトの死亡率は30%以上になっている。)
據介紹、被作為病毒名稱的血凝素(HA)・神經氨[气安]酸酶[酉毎](NA)基因片段非常重要、是流感病毒表面上的兩種糖蛋白突起、其中血凝素(HA)像是病毒用來打開及入侵人類或牲畜的細胞的鑰匙、神經氨[气安]酸酶[酉毎](NA)可以破壞細胞的受體、幇助病毒在宿主體内自由傳播。HA可分為16種、NA可分為9種。它們之間的不同組合、現實中已發現130餘種。(説明によると、ウイルスでは、赤血球凝集素(HA)とノイラミニダーゼ(NA)という名称の部分の遺伝子がとても重要で、インフルエンザウイルスの表面には2種類の糖タンパクの突起があり、その内、赤血球凝集素(HA)はウイルスが人や動物の細胞をこじ開けて侵入するときに用いるカギのようなもので、ノイラミニダーゼ(NA)は細胞のレセプターを破壊し、ウイルスが宿主の体内で自由に伝播するのを助けることができる。赤血球凝集素(HA)は16種に、ノイラミニダーゼ(NA)は9種に分類できる。これらの異なった組み合わせは、実際にはすでに130種あまり発見されている。)
「按照病毒構造機理、病毒侵入人體的過程像一個團隊協作作戰、分為三個歩驟、血凝素(HA)突破人身上的宿主限制。神經氨[气安]酸酶[酉毎](NA)幇助病毒破壞細胞受體從而使新復制合成的病毒擴散、剩餘的6個基因片段協作、完成病毒大量在細胞體内復制的過程。」劉翟[羽隹]説、「三個歩驟的配合缺一不可、哪[口那]一個失衡、都可造成病毒力量弱化、對人體難以起到殺傷作用。但不幸的是、在新型的H7N9禽流感病毒中、這三個歩驟高效配合、對人體産生了極大破壞。」(ウイルスの構造のメカニズムによると、ウイルスが人体に侵入する過程は、一つのチームが協力作戦を行うのと似ていて、三つのステップを踏む。赤血球凝集素(HA)がヒトの身体の宿主の制限を突破し、ノイラミニダーゼ(NA)はウイルスが細胞のレセプターを破壊して、ウイルスが自己複製して拡散するのを助け、残った6本の遺伝子は協力してウイルスが細胞内で大量に複製するプロセスを完成させる。」と劉翟[羽隹]はいう。「三つのプロセスの協力が一つでも欠けるとダメで、どれか一つがアンバランスになると、ウイルスを作り出す能力が弱まり、人体に殺傷作用を引き起こすところまでになるのは難しい。しかし、不幸なことに、新型のH7N9型鳥インフルエンザウイルスでは、この三つのステップが効率よく協力しているので、人体に対して、最大の破壊力を生んだ。)
該實驗室研究人員表示、新型H7N9禽流感病毒感染人類、可能源於病毒變異。目前已觀察到N9的變異、其基因片段比一​​般的N9基因片段短一些、但尚不知這種變​​異導致何種具體後果。(この研究室の研究員は、新型H7N9型鳥インフルエンザウイルスが人類に感染するのは、ウイルスの変異に由来すると考えられることを明らかにした。これまでN9型ウイルスの変異を観察したところでは、その遺伝子の部分には、普通のN9型ウイルス遺伝子よりも少し短い。しかしこの種の変異がどういった具体的な作用をもたらすかについては、まだ分かっていない。)
在此次的研究過程中、H7基因片段和慣常的H7並未有太大改變。但在決定人—禽受體結合的特異性上、出現了關鍵氨[气安]基酸的變化。這種變化對人的影響有待進一歩的科學評估、因為此前H7亞型禽流感病毒感染人的案例曾有發生。(今回の研究の過程で、H7型ウイルス遺伝子と普通のH7型ウイルスとでは、まだほとんど変異が見られない。しかし、ヒトと鳥とのレセプターの結合の特異性からすると、キーポイントとなるノイラミニダーゼ(NA)に変化が現れた。この種の変化がヒトに及ぼす影響には、一層の科学的評価が待たれる。これまでのH7亜型鳥インフルエンザウイルスがヒトの感染した例はかつて発生したことがあるからだ。)
劉文軍指出、目前要想研究出針對各類流感的疫苗仍存在困難。因為流感變異速度非常快、很難預測會發生哪[口那]些變異。同時、疫苗也不能濫用、否則可能會加快病毒變異速度。(劉文軍は次のように指摘する。いまはそれぞれのインフルエンザに対するワクチンを出そうと研究しようとしても、依然として困難がある。インフルエンザの変異はとても早いため、どんな変異が起きるだろうか予測するのは実に難しい。同時に、ワクチンは乱用してはいけない、さもないと、ウイルスの変異の速度はもっと速くなってしまうと考えられる。)
對於下一歩的研究、劉文軍表示、將繼續追踪研究H7N9的感染機制、為下一歩防控工作提供理論基礎。(今後の研究については、H7N9型ウイルスの感染機序を継続して追求して研究し、更に一歩予防作業をすすめ基礎となる理論を提供できるようにしたい、と劉文軍は語った。)
(原載於『人民日報』2013-04-1109版)

う〜ん
 豚は関係してない
っていうのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013-04-11

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染(その10)新たに感染者が5名増え38名に 新たな感染者の内2名は重態 死者も1名増え10名に@4/11

上海市が微博で公表している、H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染についての情報を下に貼ってみた。
9764bb42jw1e3lupmj9v6j

基本的に、上海市衛生庁が発表している内容と一緒。こちらは上海市衛生庁の今日の発表。
 3人が新たにH7N9型鳥インフルエンザに感染し、内1人死亡
した。


上海今天新増3例人感染H7N9禽流感確診病例
(上海で本日新たに3例のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザ感染が確定診断される。)
截至17:00、本市新確診3例人感染H7N9禽流感病例、其中1例經全力搶救無效死亡。(17:00までに上海市では3例のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザ感染が確定診断され、内1例は全力を尽くして救命に当たったが効なく死亡した。)
目前、上海共發現18例人・感染H7N9禽流感確診病例、其中死亡6例、11例正在隔離治療之中、1例患兒已康復出院。
(現在のところ、上海で確定診断されたヒトへのH7N9型鳥インフルエンザの感染は全部で18例、その内死亡6例、その他の11例は現在隔離治療中で、患児1例はすでに健康を回復して退院した。)
新増的3例病例情況如下、(新たに増えた3例の病状は以下の通り)
患者鄭某、男、74歳、上海人、退休人員。(患者鄭さん 男性 74歳 上海在住 退職者)
患者3月31日出現全身乏力・嗜睡・頭暈症状。(3月31日に、患者は全身の脱力・眠気・目眩の症状が出た。)
4月5日前往普陀區中心醫院就診、診斷爲左肺上葉炎症、給予抗感染治療。(4月5日に、普陀区センター病院に行って診察を受けたところ、左肺上葉に炎症があると診断され、インフルエンザの感染予防治療を受けた。)
4月9日被診斷爲重症肺炎、(4月9日に重症肺炎と診断され、)
4月10日晩、經上海市疾病預防控制中心檢測結果爲H7N9禽流感病毒核酸陽性。(4月10日夜、上海市疾病予防コントロールセンターが検査測定した結果、H7N9型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出た。)
經全力搶救無效、于4月11日下午死亡。(全力を尽くして救命に当たったが効なく、4月11日午後に死亡した。)
按要求、市衛計委組織市級臨床專家組對該病例進行討論、診斷該病例爲人感染H7N9禽流感確診病例。(求めに従い、上海市衛生・計画出産委員会は市の臨床の専門家チームを組織し、この死亡症例について討論を行い、この症例は、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
經調査、該病例的密切接觸者共有7人、均已實施醫學觀察、截止目前均未發現異常。(調査によると、この症例で濃厚接触者は全部で7人、いずれも医学的な経過観察を行ったが、現在まで誰にも異常は現れていない。)

患者姜某、女、83歳、上海人、退休人員。(患者姜さん 女性 83歳 上海在住 退職者)
患者4月2日出現發熱・咳嗽・咳痰症状、前往楊浦區市東醫院就診、經過抗感染治療後無好轉。(4月2日に患者は発熱・咳・痰の症状が出たので、楊浦区上海市東病院に行って診察を受け、抗インフルエンザ感染治療を行ってもまったく病状が好転しなかった。)
4月7日患者赴長海醫院就診、因咳嗽・咳痰伴發熱3天被收治入院。(4月7日に患者は長海病院へ行って診察を受け、発熱を伴う咳と痰が3日間続いているため入院した。)
患者目前病情穩定、正在積極治療中。(現在、患者の容体は安定しており、積極的な治療を行っている。)
4月10日、經上海市疾病預防控制中心檢測結果爲H7N9禽流感病毒核酸陽性。(4月10日、上海市疾病予防コントロールセンターが検査測定した結果、H7N9型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出た。)
按要求、市衛計委組織市級臨床專家組對該病例進行討論、診斷該病例爲人感染H7N9禽流感確診病例。(求めに従い、上海市衛生・計画出産委員会は市の臨床の専門家チームを組織し、この症例について討論を行い、この症例は、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
經調査、該病例的密切接觸者共有44人、均已實施醫學觀察、截止目前均未發現異常。(調査によると、この症例で濃厚接触者は全部で44人、いずれも医学的な経過観察を行ったが、現在まで誰にも異常は現れていない。)

患者唐某、男、68歳、上海人、退休回聘人員。(患者唐さん 男性 68歳 上海在住 退職後再就職者)
患者4月4日出現發熱・全身酸痛症状、自服「泰諾」藥物未見好轉。(4月4日に患者は発熱と全身に痛みの症状が出、自分でタイレノールを飲んだが、好転しなかった。)
4月6日、患者前往嘉定區中心醫院就診、治療後症状未得緩解。(4月6日に患者は、嘉定区センター病院に行って診察を受け、治療したが症状は収まらなかった。)
4月9日患者前往瑞金醫院北院就診、診斷爲右下肺炎。
(4月9日に患者は瑞金病院北分院に行って診察を受け、右下肺炎と診断された。)
患者目前病情穩定、正在積極治療中。(現在、患者の容体は安定しており、積極的な治療を行っている。)
4月10日、經上海市疾病預防控制中心檢測結果爲H7N9禽流感病毒核酸陽性。(4月10日、上海市疾病予防コントロールセンターが検査測定した結果、H7N9型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出た。)
按要求、市衛計委組織市級臨床專家組對該病例進行討論、診斷該病例爲人感染H7N9禽流感確診病例。(求めに従い、上海市衛生・計画出産委員会は市の臨床の専門家チームを組織し、この症例について討論を行い、この症例は、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
經調査、該病例的密切接觸者共有19人、均已實施醫學觀察、截止目前均未發現異常。(調査によると、この症例で濃厚接触者は全部で19人、いずれも医学的な経過観察を行ったが、現在まで誰にも異常は現れていない。)
2013-04-11

74歳の死亡例は、
 発症から5日後に抗インフルエンザ治療を受けている
んだけど、一般に
 発症から48時間以内
でないと、ウイルスが体内で増えすぎて効果がない。

今日は、江蘇省でも新たに2人の感染が確認されている。江蘇省衛生庁のサイトより。
こちらは
 2名とも重態
である。


江蘇省新増2例人感染H7N9禽流感確診病例

發布時間、2013-4-11
江蘇省衛生廳4月11日通報、江蘇省新確診2例人感染H7N9禽流感病例。(江蘇省衛生庁は4月11日、江蘇省で新たに2例のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザ感染が確定診断された、と発表した。)

患者尹某、男、31歳、現在揚州市一家飯店從事廚師工作。(患者尹さん 男性 31歳 現在揚州市のあるレストランでコックとして働いている。)
3月31日發病、4月11日中午、省專家組診斷該病例為人感染H7N9禽流感確診病例。(3月31日に発症し、4月11日正午、江蘇省の専門家チームはこの症例をH7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
目前在南京市某醫院救治、病情危重。(現在のところ、南京市のある病院で救命治療を行っているが、重態である。)
經調査、該病例的密切接觸者共有19人、截止目前均無異常。(調査によると、この症例で濃厚接触者は全部で19人、現在まで誰にも異常は現れていない。)

患者錢某、男、56歳、現住蘇州市工業園區、教師。(患者銭さん 男性 56歳 現在蘇州市工業園区在住 教師)
4月3日發病、4月11日中午、省專家組診斷該病例為人感染H7N9禽流感確診病例。(4月3日に発症し、4月11日正午、江蘇省の専門家チームはこの症例をH7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
目前在蘇州市某醫院救治、病情危重。(現在のところ、蘇州市のある病院で救命治療を行っているが、重態である。)
經調査、該病例的密切接觸者共有33人、截止目前均無異常。(調査によると、この症例で濃厚接触者は全部で33人、現在まで誰にも異常は現れていない。)

江蘇省のH7N9型鳥インフルエンザの新たな感染例はいずれも現在重態で、
 感染発覚までに時間が掛かりすぎている
印象が強い。
 容体が悪くなってから、慌ててインフルエンザの検査をしている
のではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染(その9)新たに感染者が4/9に4名 4/10に5名増え33名に 死者も増え9名に@4/10→「ヒトヒト感染ではない段階のH7N9型鳥インフルエンザ感染は自己責任」なんて発言も出る中国では重症にならない限り防疫網に引っかからない恐れも

H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染が止まらない。
表が見やすいので、新民網から。元は簡体字。
表の表示は、初回報告の新しい順。赤は死亡、青は重態、緑は回復して退院を示す。
なお、新民網の表では4/9に死亡した安徽省の女性の例が漏れているので、その部分を直してある。


上海新確診2例 人感染H7N9禽流感病例全國共33例
(上海で新たに感染者2名 H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染は全国で33例)
2013-04-10 17:56

全国で発生した33例のH7N9型鳥インフルエンザ症例
地区 患者 性別 年齢 職業 発症日 現在の容体 初回通報日
上海市 馬某 女性 76歳 退職者 4/1 病状安定 4/10
上海市 金某 女性 81歳 農民 4/4 病状安定 4/10
江蘇省 陳某 男性 70歳 不明 3/29 重態 4/10
江蘇省 徐某 男性 74歳 不明 4/2 重症 4/10
浙江省 胡某 男性 65歳 農民 不明 病状安定 4/10
上海市 林某 男性 62歳 退職者 4/1 病状安定 4/9
上海市 王某 男性 77歳 退職者 4/3 病状安定 4/9
浙江省 賈某 女性 51歳 不明 不明 病状安定 4/9
浙江省 申屠某 男性 79歳 不明 不明 重態 4/9
江蘇省 兪某 男性 85歳 退職者 3/28 治療中 4/8
江蘇省 邱某 女性 25歳 求職中 3/30 重態 4/8
上海市 賀某 男性 64歳 退職者 4/1 4/7死亡 4/8
安徽省 李某 男性 55歳 家禽食肉処理 3/28 重態 4/8
上海市 沈某 男性 59歳 退職者 3/25 治療中 4/7
上海市 李某 男性 67歳 不明 3/29 病状安定 4/7
上海市 周某 男性 74歳 農業従事者 3/28 確定診断 4/6
上海市 楊某 男性 66歳 退職者 3/29 病状安定 4/6
江蘇省 殷某 女性 61歳 退職者 3/30 重態 4/5
江蘇省 陸某 男性 79歳 退職者 3/21 重症 4/5
上海市 於某 女性 52歳 退職者 3/27 4/3死亡 4/4
上海市 曹某 女性 67歳 退職者 3/22 重態 4/4
上海市 李某 男性 4歳 園児 3/31 4/10すでに退院 4/4
上海市 儲某 男性 48歳 鶏や鴨の輸送 3/28 4/3死亡 4/4
浙江省 張某 男性 64歳 農民 3/29 4/4死亡 4/5
浙江省 洪某 男性 38歳 不明 3/7 3/27死亡 4/3

浙江省 楊某 男性 67歳 退職者 3/25 病状安定 4/3
江蘇省 張某 女性 32歳 無職 3/21 重態 4/2
江蘇省 沈某 男性 83歳 不明 3/20 4/8死亡 4/2
江蘇省 桑某 女性 48歳 板材加工 3/19 重態 4/2
江蘇省 許某 女性 45歳 家禽食肉処理 3/19 重態 4/2

安徽省 韓某 女性 35歳 不明 3/9 4/9死亡 3/31
上海市 呉某 男性 27歳 豚肉販売 2/27 3/10死亡 3/31
上海市 李某 男性 87歳 不明 2/19 3/4死亡 3/31

(新民網 2013年4月10日18時まで)

上海新確診2例人感染H7N9禽流感病例全國共33例
2013-04-1017:56

【新民網獨家報導】市衛生和計劃生育委員會今天(4月10日)通報、截至17時、本市新確診2例人感染H7N9禽流感病例。
(【新民網独占報道】上海市衛生・計画出産委員会は本日(4月10日)17時までに、上海市で新たに2例のヒトへのH7N9型鳥インフルエンザの感染が確定診断されたと発表した。)
目前、上海共發現15例人感染H7N9禽流感確診病例、其中死亡5例、另[口力]外9例正在隔離治療中、1例患兒已於今天(10日)出院。(現在のところ、上海では確定診断されたヒトへのH7N9型鳥インフルエンザの感染は全部で15例、その内死亡5例、その他の9例は現在隔離治療中で、患児1例は本日(10日)すでに退院した。)
新増的2例病例情況如下、(新たに増えた2例の病状は以下の通り)
患者馬某、女、76歳、上海人、退休人員。(患者 馬さん 女性 76歳 上海在住 退職者)
患者4月1日21時出現不適、有咳嗽・咽痛・乏力症状。(4月1日21時に患者は不調を覚え、咳・喉の痛み・脱力の症状があった。)
4月2日自測體温39℃、自行服藥後症状未得緩解、(4月2日に自分で体温を測ったところ39℃あり、自分で薬を飲んだが、症状が良くならなかったので)
於4月5日前往華山醫院就診、診斷為肺炎。(4月5日に華山病院に行き診察を受けたところ、肺炎と診断された。)
4月9日晩、經市疾病預防控制中心檢測結果為H7N9禽流感病毒核酸陽性。(4月9日夜、上海市疾病予防コントロールセンターが検査測定した結果、H7N9型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出た。)
按照有關要求、市衛生和計劃生育委員會組織市級臨床專家組對該病例進行討論、診斷該病例為人感染H7N9禽流感確診病例。(関連する条件に基づき、上海市衛生・計画出産委員会は市の臨床の専門家チームを組織し、この症例について討論を行い、専門家は症例の臨床所見・検査所見と感染症学の調査資料によって、この症例は、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
患者目前病情穩定、正在積極治療中。(現在、患者の容体は安定しており、積極的な治療を行っている。)
經調査、該病例的密切接觸者共有4人、均已實施醫學觀察、截止到目前均未發現異常。(調査によって、この症例で濃厚接触者は全部で4人、いずれも医学的な経過観察を行ったが、現在まで誰にも異常は現れていない。)
患者金某、女、81歳、上海人、農民。(患者 金さん 女性 81歳 上海在住 農民)
患者4月4日出現無明顯誘因腹瀉・伴發熱、前往浦東醫院就診、診斷為急性腸炎。因病情無明顯好轉、患者此後又前往浦東醫院複診、被診斷為右下肺炎。(4月4日に患者には発熱を伴った原因不明の下痢が起き、浦東病院に行って診察を受け、急性腸炎と診断された。容体に著しい好転が見られなかったため、患者はこの後も浦東病院に行ってもう一度診察を受けたところ、右下肺炎と診断された。)
4月9日晩、經市疾病預防控制中心檢測結果為H7N9禽流感病毒核酸陽性。(4月9日夜、海市疾病予防コントロールセンターが検査測定した結果、H7N9型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出た。)
按照有關要求、市衛生和計劃生育委員會組織市級臨床專家組對該病例進行討論、診斷該病例為人感染H7N9禽流感確診病例。(関連する条件に基づき、上海市衛生・計画出産委員会は市の臨床の専門家チームを組織し、この症例について討論を行い、専門家は症例の臨床所見・検査所見と感染症学の調査資料によって、この症例は、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
患者目前病情穩定、正在積極治療中。(現在、患者の容体は安定しており、積極的な治療を行っている。)
經調査、該病例的密切接觸者共有5人、均已實施醫學觀察、截止到目前均未發現異常。(調査によって、この症例で濃厚接触者は全部で5人、いずれも医学的な経過観察を行ったが、現在まで誰にも異常は現れていない。)(新民網記者李欣)

4/8以降、報告例が増えているのは
 4/4の清明節前に発症した例の確定診断が進んだ
からで、
 人の移動の多かった清明節中に全国に感染が拡がったかどうか
は、今後の症例報告数が増えるかどうかでわかる。

ただ、日本だと、
 怪しいと思ったらすぐ病院に行く
だけど、中国では事情は違って、
 病院にかかると高価だから、まずは自分で薬を飲んで治す
なので、
 症状が深刻にならない限り、中国の防疫網にひっかからない
のが問題。

しかも、今回
 H7N9感染者への治療費の手当が遅れている
という報道がある。4/8付毎日より。


鳥インフル:感染は自己責任? 中国、医療費巡り議論
毎日新聞 2013年04月08日 11時28分(最終更新 04月08日 12時17分)

 【上海・隅俊之】鳥インフルエンザ(H7N9型)の感染拡大を受け、中国で患者の治療費を有料とするか無料にすべきかが議論になっている。03年の新型肺炎「SARS」ではヒトからヒトに感染したため無料だったが、今回は「自己責任で気をつければ感染を防げる」という見方もあるためだ。
 中国メディアによると、南京市で重体になっている45歳女性は、集中治療室での費用が1日1万元(約16万円)で、既に10万元に達した。家族は貯蓄を崩し、自宅も売り払おうとした。だが、何者かにインターネット上で住所を暴露され、売れる見通しはない
 ニワトリの解体業をしていた女性の報酬は1羽1元(約16円)で、1日30羽以上をさばいていた。手はトリの爪に引っかかれ、内臓も洗い出す作業をしていた。ただ、家族は「健康に問題もなく、感染は予想もできなかった」と訴える。安徽省の35歳女性も重体で、夫は「貯蓄がない」として治療費免除を求めている
 中国メディアによると、中山大学の林江教授は「ヒトからヒトに感染するなら、公衆に重大な影響を与えるので政府が治療費を払う道理がある。今は散発的な感染で個人の衛生の問題では」と指摘する。一方で、呼吸器疾患の専門家、鐘南山氏は「さらなる拡大を防ぐためにも無料か減免措置をとるべきだ」と主張。中国版ツイッター「微博」では「誰が患者を助けるべきか」と議論になっている。
 中国では社会保障制度が脆弱(ぜいじゃく)なことに加え、「病院は高い」という意識が強く、風邪をひいても市販薬で治そうとする人が多い。今回も病院に行くのが遅れて重体になったケースが目立つ。微博上では「世界で初めて感染が確認されたのに、政府が面倒を見ないのはおかしい」などと医療費免除を求める意見が大勢を占めている。
 中国国家衛生・計画出産委員会は3日、費用が理由で治療が遅れることがないよう地方政府に要請。広東省政府は感染者が出た場合に備え、医療保険に入れない低所得者のための基金の設立を決めた。中国当局は「48時間以内の治療が有効だ」と早めの受診を呼びかけているが、医療費を巡る問題が感染拡大防止の足かせになる可能性もある。

この記事の中の
 安徽省の35歳女性も重体で、夫は「貯蓄がない」として治療費免除を求めている
という症例は、残念ながら4/9に亡くなった。合掌。
住所を暴露して、家を売れなくするとか、もうね、何が何だか分かりませんよ。

それにしてもだ。
 H7N9型鳥インフルエンザ感染は「自己責任」
なんて堂々と発言する研究者がいるのか。すげーよ、中国。

というわけで
 H7N9型鳥インフルエンザ感染の報告例で重症例が比較的多い理由
は、
 重症者しか、防疫網にひっかからない
システムだからじゃないのかという疑問が。ということは
 症状があまり重くないH7N9型鳥インフルエンザ感染者が潜在的に存在する可能性
があるって話だな、これは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染(その8)日本にH7N9型インフルエンザウイルス株届く@4/10

思ったより早く、中国からH7N9型鳥インフルエンザウイルス株が日本に届いた。
厚労省の4/10付報道資料より。


報道関係者 各位
中国で発生している鳥インフルエンザA(H7N9)のウイルス株入手について

 今般、中国で患者が発生している鳥インフルエンザA(H7N9)に関し、国立感染症研究所より中国CDC(疾病予防管理センター)に対して、患者から分離されたウイルス株の分与を依頼していたところですが、本日午後10時頃、中国からのウイルス株が国立感染症研究所に到着しましたので、お知らせします。
 今後、本ウイルス株を用いて、ワクチン株の製造準備等、鳥インフルエンザA(H7N9)の対策に必要な準備を進めていきます。
 本疾患につきましては、これまでのところ、ヒトからヒトへの感染は確認されていませんが、厚生労働省では、引き続き、情報収集や調査研究を実施し、適切な対応を行っていきます。

というわけで、日本でも今回のH7N9型鳥インフルエンザの研究が本格的に始まる。いまのところ、H7N9型鳥インフルエンザのヒトヒト感染は確認されていないが、ウイルスは変異するので、楽観視は出来ない。もし、ヒトからヒトへ容易に感染するようになれば、人間がこれまで感染したことのないタイプのウイルスなので、パンデミックが起こりうる。
今回のウイルス株入手で、H7N9型鳥インフルエンザが「新型インフルエンザ」へ変異した場合に起きる恐れのあるパンデミック阻止へ向けて、日本が貢献できることはたくさんある。
期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013-04-08

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その7)感染者は新たに3名増えて24名に その内1名が死亡2名が重態 死亡者は7名に@4/8夜

上海市の衛生和計画生育委員会の発表によると、
 上海市で新たにH7N9型鳥インフルエンザの感染者が見つかったが、死亡した
とのことだ。


本市今天新増一例人感染H7N9禽流感病例(本市では本日1例H7N9型鳥インフルエンザ感染例が新たに増えた)
截至4月8日17:00、本市新増1例人感染H7N9禽流感確診病例、經搶救無效死亡。
(4月8日17:00までに、本市で新たに1名H7N9型鳥インフルエンザ感染例が確定診断されたが、手を尽くしたもののあえなく死亡した。)

新増病例情況如下、(新たな感染例は以下の通りである)
患者賀某、男、64歳、上海人、退休人員。
(患者は賀さん、男性、64歳、上海在住で、年金生活者である。)
4月1日上午、患者出現畏寒症状、當時未測體温、自服藥品治療。
(4月1日午前、患者は悪寒を感じたが、その時は体温を測らず、自分で薬を飲んで治療した。)
4月3日、患者自測體温39.0℃、到瑞金醫院就診、診斷右中肺炎、給予對症治療。
(4月3日になって、患者は自分で体温を測ったところ39.0℃あり、瑞金病院に来て診察を受けたところ、右中肺炎と診断され、対症療法を施された。)
4月7日早上患者出現氣促、9時15分又赴瑞金醫院就診、診斷爲重症肺炎、收入病房隔離治療。經醫院全力搶救無效、患者于7日18時45分死亡。
(4月7日朝、患者は息切れの症状が出たので、9時15分にもう一度瑞金病院で診察を受けたところ、重症肺炎と診断され、入院して隔離治療を行った。病院は全力で応急手当を施したが効なく、7日の18時45分に患者は死亡した。)
4月7日晩、經上海市疾病預防控制中心實驗室對病例樣本檢測、結果爲H7N9禽流感病毒核酸陽性。
(4月7日夜、上海市疾病予防コントロールセンターの実験室で、この症例のサンプルを検査測定した結果、H7N9鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出た。)
按照有關要求、上海市衛生和計劃生育委員會組織市級臨床專家組對該死亡病例進行討論、專家依據病例的臨床表現・實驗室檢測和流行病學調査資料、診斷該病例爲人感染H7N9禽流感確診病例。
(関連する条件に基づき、上海市衛生和計画委員会は市の臨床の専門家チームを組織し、この死亡症例について討論を行い、専門家は症例の臨床所見・検査所見と感染症学の調査資料によって、この症例は、H7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
經調査、該病例的密切接觸者共有4人、均已實施醫學觀察、截止到目前均未發現異常。
(調査によって、この症例で濃厚接触者は全部で4人、いずれも医学的な経過観察を行ったが、現在まで誰にも異常は現れていない。)
截止到目前、上海共發現11例人感染H7N9禽流感確診病例、其中死亡5例、另[口力]外6例正在隔離治療之中、其中1例已基本康復。
(現在まで、上海では11例のH7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例が確定診断によって発見され、その内死亡が5例、その他の6例は現在隔離して治療中であり、その内1例はすでに健康を回復した。)
另[口力]據了解、本市累計共對11例確診病例的202名密切接觸者開展了醫學觀察、所有密切接觸者中、累計出現發熱伴咳嗽或咽痛等症状的密切接觸者2人、目前2人均在上海市公共衛生臨床中心治療、實驗室檢測均已排除H7N9禽流感、目前情況穩定。
(判明していること以外では、本市では累計して全部で11例のH7N9型鳥インフルエンザ感染確定診断例に濃厚接触した202名に対し、医学的な観察を展開しているが、濃厚接触のあった者の内、発熱に咳や喉の痛みを伴う等の症状が出ている濃厚接触者は2名で、いまこの2名は上海市公共衛生臨床センターで治療を行っており、実験室の実験計測では、すでにH7N9型鳥インフルエンザには感染していないことが判明していて、いまの状態は安定している。)
2013-04-08

う〜ん、この死亡例も
 発症して1週間以内に死亡
している。悪化し始めると、実に経過が早い。

一つだけ、ほっとする話とすれば
 1例は健康を回復した
といっている点だろう。

江蘇省では
 2人が新たにH7N9型鳥インフルエンザに感染
したことが確認された。鳳凰網に引用された江蘇省衛生庁のサイトより。


江蘇4月8日新増2人感染H7N9禽流感
(江蘇省では4月8日、新たに2例のH7N9型鳥インフルエンザ感染が増えた)
2013年04月08日17:33
來源、江蘇省衛生廳網站作者、於丹丹

4月8日江蘇省新増2例人感染H7N9禽流感確診病例(4月8日、江蘇省では新たに2例のH7N9型鳥インフルエンザ感染例が確定診断された。)

江蘇省衛生廳4月8日通報、江蘇省新確診2例人感染H7N9禽流感病例。
(江蘇省衛生庁は、4月8日、江蘇省で新たに2例のH7N9型鳥インフルエンザ感染例が確定診断されたと報告した。)

患者兪某、男​​、85歳、南京市下關區人、退休在家。
(患者兪さん、男性、85歳、南京市下関区在住、退職して家にいた。)
3月28日發病、4月1日至南京市某醫院診治。(3月28日に発症、4月1日に南京市のある病院に行き、診察・治療を受ける。)
4月8日中午、省專家組診斷該病例為人感染H7N9禽流感確診病例。
(4月8日昼、江蘇省の専門家チームがこの症例はH7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
目前、患者病情危重。
(現在、患者の病状は重態である。)

經調査、該病例的密切接觸者共有34人、目前均無異常。
(調査によって、この症例で濃厚接触者は全部で34人、いまのところ誰にも異常は現れていない。)
患者邱某、女、25歳、鎮江市潤州區人、待業。
(患者邱さん、女性、25歳、鎮江市潤州区在住、失業中。)
3月30日發病、至鎮江市某醫院診治。
(3月30日に発症、鎮江市のある病院に行き、診察・治療を受ける。)
4月8日中午、省專家組診斷該病例為人感染H7N9禽流感確診病例。
(4月8日昼、江蘇省の専門家チームがこの症例はH7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染例であると確定診断した。)
目前、患者病情危重。
(現在、患者の病状は重態である。)

經調査、該病例的密切接觸者共有18人、目前均無異常。
(調査によって、この症例で濃厚接触者は全部で18人、いまのところ誰にも異常は現れていない。)
另[口力]外、4月8日中午、經省專家組會診、排除1例(蘇州市呉江區趙某)人感染H7N9禽流感疑似病例。
(これ以外に、4月8日昼、江蘇省の専門家チームが1例(蘇州市呉江区在住の趙さん)をH7N9鳥インフルエンザのヒトへの疑似感染例から除外。)
省衛生廳正組織專家全力做好病例的搶救工作、落實各項疫情防控措施。
(江蘇省衛生庁は専門家を組織し、全力で各症例の救命のために力を尽くし、感染症発生状況に対する予防・コントロール対策を実行に移しているところである。)

江蘇省の2例は
 2人とも重態
で予断を許さない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その6)感染者は3名増えて21名に 死亡者は変わらず6名@4/7夜

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染例だが、昨日3名増えて、21名となった。
これまでの内訳は次の通り。鳳凰網の
實時更新:内地確診21人感染H7N9禽流感6人死亡
より。わかりやすいように編集。死亡例は赤、現在重態は青、新たに見つかった症例は緑で。


全國 確診 21人 死亡 6人
上海 確診 10人 死亡 4人
・李某、男​​、87歲。2月19日發病、3月4日死亡。
・呉某、男​​、27歳、系猪肉商販。2月27日發病、3月10日死亡。
・儲某、男​​、48歳、江蘇如皋人、從事鷄鴨運輸工作。3月28日出現咳嗽・咳痰症状、4月1日出現發熱、3日死亡。密切接触者88名(3例病例的)。
・於某、女、52歳​​。3月27日出現低熱、29日就診、後病情加重、於4月3日經搶救無效死亡。密切接触者31名。

・李某、男​​、4歳、幼托兒童。3月31日出現發熱39℃・流涕症状、4月1日就診、4日確診。目前患兒一般情況良好、體温36℃。密切接触者18名。
・曹某、女、67歳。3月22日出現咽痛・咳嗽・發熱寒戰症状、24日就診、27日收治入呼吸科ICU、4月4日確診。目前病情危重。密切接触者3名。
・周某、男​​、74歳、上海人、務農、3月28日發病、3月31日入院治療、4月6日確診。密切接触者5名。
・楊某、男​​、66歳、上海人、退休人員、3月29日發病、4月2日入院治療、4月6日確診。密切接触者6名
・沈某、男​​、59歳、安徽人、退休人員、3月25日發病、30日至4月1日・4月4日先後赴各醫院就診、4月4日診斷為重症肺炎、4月6日確診。密切接触者4名。
・李某、男​​、67歳、上海人、3月29日發病、30日入院診斷為肺炎、4月7日凌晨確診。密切接触者2名。密切接触者6名。

浙江省 確診 3人 死亡 2人
・洪某、男​​、38歳、杭州人、廚師。3月7日左右發病、24日病情加重、27日上午死亡。密切接触者125名。
・張某、男​​、64歳、湖州呉興人、農民。於3月29日發病、4月3日確診、4日晩病情加重、搶救無效死亡。密切接触者55名。

・楊某、男​​、67歳、杭州人。3月25日因咳嗽・發熱等症状入院、4月3日確診。密切接触者58名。

江蘇省 確診 6人 死亡 無
・許某、女、45歳、南京市江寧區人、從事活禽宰殺工作。3月19日出現發熱・頭暈・全身酸痛乏力等症状、4月2日確診。密切接触者49名。
・桑某、女、48歳、宿遷市沭[シ朮]陽縣人、從事板材加工工作。3月19日出現發熱・頭暈・咳嗽等症状、4月2日確診。密切接触者60名。
・沈某、男​​、83歳、蘇州市呉江區人。3月20日出現發熱・咳嗽・咳痰・伴胸悶・氣喘及胸痛等症状、4月2日確診。密切接触者15名。
・張某、女、32歳、常州人、現居無錫市濱湖區、無業。3月21日出現發熱・咳嗽等症状、4月2日確診。密切接触者43名。
・殷某、女、61歳、南京市秦淮區人、退休在家。3月20日發病、4月2日入院治療、5日確診、病情危重。密切接触者12名。
・陸某、男​​、79歳、南京市秦淮區人、退休在家、3月21日發病、31日入院治療、4月5日確診、病情危重。密切接触者53名。

安徽省 確診 2人 死亡 無
・韓某、女、35歳、安徽滁[シ除]州人。3月15日、患者出現發熱・咳嗽等呼吸道感染症状、進而發展為嚴重肺炎和呼吸困難、30日確診。
・李某、男​​、55歳、安徽亳州市譙[言焦]城區人、從事活禽銷售宰殺。3月28日發病、4月1日入院治療、7日確診。密切接触者12名。

というわけで、
 新たに患者が見つかったのは、上海2名、安徽省1名
で、
 現在、上海で1名、南京で2名が重態に
なっている。死亡者の数は変わらず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013-04-07

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その5)首都北京は防衛体制

現在のところ、首都北京では、H7N9型鳥インフルエンザ感染例は報告されてない。しかしながら、
 いまはちょうど渡り鳥の移動する季節
なわけで、
 鳥インフルエンザが鳥によってばらまかれやすいシーズン
である。
北京は防衛体制に入った。京華時報の記事より。元は簡体字。日本語で通るように、繁体字等に改めた。訳は例によって適当なので、間違ってたらごめんなさい。


北京進入防控禽流感應急状態 嚴禁活禽交易
(北京の鳥インフルエンザ進入予防コントロール応急状況 生きた鳥の取引は厳禁)2013年04月07日02:04
來源、京華時報

原標題、北京進入防控禽流感應急状態(北京の鳥インフルエンザ進入予防コントロール応急状況)

京華時報訊(記者文靜)
昨天上午、北京市防治重大動物疫病指揮部辨公室召開會議、並宣布全市進入防控禽流感的應急状態、停止休假。全市開始實行禽流感病毒防控工作零報告制度、毎日下午4點半前將有關情況和數據報告給重大辨。同時、所有渉及本市信鴿的放飛活動全部暫停、信鴿放飛暫不給予檢疫出證。(昨日午前、北京市予防治療重大動物感染症指令部事務局は会議を招集、全市鳥インフルエンザ進入予防コントロール応急状況と休暇の中止を発表した。全市で鳥インフルエンザ進入予防コントロール業務の細かい報告制度を開始、毎日午後四時半前に重大項目建設推進領導小組辨公室に関連する状況とデータを報告する。同時に本市に関わる伝書鳩の放鳥活動をすべてしばらく止め、伝書鳩の放鳥には、検疫証明書の発行を暫く与えない。)
嚴査活禽交易宰殺本市早在2004年就已經暫停了活禽交易。昨天、市重大動物疫病辨要求、嚴禁活禽進入市場、嚴禁活禽交易和宰殺經營。禁止運載挾帶畜禽及禽産品進京、禁止運輸動物及動物産品車輛從未經指定道口進京。(生きた鳥の取引と屠殺の厳重検査だが、本市では2004年にとっくに生きた鳥の取引が一時停止されていた。昨日、北京市重大動物感染症指令部事務局は、生きた鳥が市場に入ることを厳禁し、生きた鳥の取引と屠殺業務の厳禁を求めた。家畜や家禽、家禽の産品を隠し持って積んで北京に運ぶのを禁止し、動物や畜産品を運搬する車両が定められてないルートで北京に入ることを禁止した。)

嚴密監控禽鳥動態(鳥の動態の厳密な監視)
目前正是候鳥遷徙高峰期、市園林等部門將加強對野生禽鳥疫源疫病監視觀測、加強公園動物園飼養禽類的監測、發現異常及時報告並協助檢測。市水務局做好市管河流・湖泊・水庫及飲水區等水域周邊水生野生禽類的觀測、發現異常及時通報。(おりしも、今は渡り鳥の渡りの最盛期で、北京市の公園等の部局は野生の鳥の感染症発生地や感染症の監視観測を強化し、公園・動物園で飼育されている鳥類の観測を強化し、異常を発見したら直ちに報告して、検査測定に協力する。市の水道局は市が管理する河川・湖沼・ダムおよび取水区等水域周辺の水生の野生の鳥類を観測し、以上を発見したら直ちに通報する。)

禽畜發病立即隔離(鳥や動物が発病したら即刻隔離)
市重大動物疫病辨要求、如檢測發現到H7亞型禽流感陽性樣品要立即向市農業局報告。區縣獸醫主管部門在接到畜禽突發嚴重呼吸道疾病的報告後、要立即組織採取封鎖・隔離等臨時性控制措施、並在做好生物安全防護的前提下採樣送市獸醫實驗診斷所進行檢驗。(北京市重大動物感染症指令部事務局は、もし、検査測定してH7亜型鳥インフルエンザ陽性のサンプルを発見したら、即刻市の農業局に報告するよう、求めた。区や県の獣医監督部局は動物や鳥が突発的に重症の呼吸器疾患の報告を受けた後、直ちに、封鎖・隔離等の臨時の管理措置を組織、採用し、病原体からの安全確保を前提とした上でサンプルをきちんと採取して市の獣医実験診断所へ送り、検査を行う。)

まあ、北京はSARSの時に、散々痛い目に遭っているので、今回はマニュアルがきちんと出来てますな。
ただ、清明節で人の出入りも、物の出入も多かったはずで、果たしてこの
 首都防衛マニュアルの有効性
がどのくらいあったのか。
インフルエンザの潜伏期間は1週間ほどなので、
 いま大丈夫でも1週間から10日後にはどうなっているか
というのが重要。今日には各地に旅行に行ってた人達が帰ってくるし、北京に来てた人達も帰って行く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その4)浙江省死亡例の経過

4/4に死亡した、浙江省湖州市のH7N9型鳥インフルエンザ患者の経過が、銭江晩報に掲載されている。
参考になるかもしれないので、以下に。訳は例によって、適当なので、間違っていたらごめんなさい。元は簡体字、日本語で読めるように、繁体字等に改めた。


浙江H7N9病人發病7天即死亡 專家、病毒用的是閃電戰

(浙江省のH7N9型鳥インフルエンザ感染者は発症して7日ですぐに死亡 専門家曰く、ウイルスが使うのは電撃戦だ)
2013年04月06日05:43
來源、錢江晩報

原標題、昨天、我省通報第二人死於H7N9禽流感、湖州人、64歳(元の標題 昨日、わが省はH7N9鳥インフルエンザの二人目の死亡者が出、湖州の64歳の住民だったと通告)

參與救治的浙大一院重症監護室主任方強、獨家為本報詳解——(治療に当たった、浙江大学第一病院集中治療室の方強主任が独自に本紙のために詳しく説明してくれた。)

4日確診當晩去世、距發病僅7天(4日に確定診断したその晩に亡くなる、発症からわずか7日)

太快了!病毒用的是閃電戰(あまりに早すぎる! ウイルスが使うのは、電撃戦だ)

本報記者王蕊(本紙記者 王蕊)

昨日上午、浙江省衛生廳通報、我省湖州市一例人感染H7N9禽流感患者死亡。(昨日午前、浙江省衛生庁は、わが省湖州市のH7N9型鳥インフルエンザに感染した患者一人が死亡したと通告した。)
患者張某、男、64歳、湖州人、農民。4月4日、確診為人感染H7N9禽流感病例。省・市專家組進行了全力救治、4月4日晩病情加重、搶救無效死亡。截至目前、該患者的密切接觸者55人均未發現臨床異常表現。(患者は張さん、男性で64歳、湖州の住民で農民。4月4日にH7N9型鳥インフルエンザに感染した症例であると確定診断された。省・市の専門家チームは全力で救命に当たったが、4月4日夜、病状が悪化し、緊急手当の甲斐もなく死亡した。現在までに、この患者と濃厚接触した55人は誰も臨床的に異常な症状が現れていない。)
至此、浙江感染H7N9禽流感3例患者中、已死亡兩例。杭州患者楊先生、在浙大一院接受搶救、目前生命體徴平穩。(これまで、浙江省でH7N9型鳥インフルエンザに感染した3例の患者の内、すでに2例が死亡した。杭州の患者の楊さんは、浙江大学第一病院で救命治療を受け、今の所、バイタルサインは良好である。)
昨日、記者採訪了參與診治湖州張先生的專家、浙大一院重症監護室主任方強、説起這位患者的離世、他連説、「太遲了、太遲了!病毒用的是閃電戰!」(昨日、記者は湖州の張さんの治療に当たった専門家、浙江大学第一病院集中治療室の方強主任にインタビューしたところ、この患者の死亡について話し出すと、何度も言った。「遅すぎた! 遅すぎた! ウイルスが使ってくるのは、電撃戦だ!」と。)
從省疾控中心確認張先生H7N9禽流感病毒核酸陽性、到張先生去世、不到24小時。(省の疾病予防センターが張さんがH7N9型鳥インフルエンザウイルスの核酸陽性を確認してから、張さんが亡くなるまでに、24時間もかからなかった。)
患者張先生、男、64歳、湖州市呉興區人、農民。這個年紀、本已可頤養天年、他為幇補家用、有時還做點零工。家人回憶、在發病之前、他接觸過鷄鴨活禽。(患者の張さんは、男性で64歳、湖州市呉興区の住民で、農民。この年齢であれば、本来はもう晩年を楽しむべきだが、彼は家計を援助をするために、時々、まだアルバイトをしていた。家族は、発症前には、彼は鶏や鴨など生きた鳥と接触があったことを覚えている。)

3月29日・發熱(3月29日 発熱)
張先生發熱、不停咳嗽、家人送他看病、沒有住院。(張さんは発熱、咳が止まらず、家族が病院に連れて行ったが、入院はしなかった。)

3月31日・入院(3月31日 入院)
張先生在家中感到呼吸困難、叫了急救車去湖州市某醫院。據接診醫生回憶、病人當時帶著皮球(氧[氣+羊]氣包)來的、確診肺炎、情況很不好、當天住院。住院後、很快轉變成重症肺炎、張先生有慢性乙肝、被轉入該院重症監護室。那時、胸片顯示、一邊的肺部有明顯炎症。(張さんは家で呼吸困難に陥り、救急車を呼んで湖州市のある病院へ行った。診察した医師の記憶に依れば、患者はその時、アンビューバッグ(酸素バッグ)を付けていて、肺炎と診断され、状態はかなり悪く、その日の内に入院した。入院後は、急激に重症肺炎に変わり、張さんは慢性B型肝炎であったので、その病院の集中治療室に移された。その時、胸部X線写真は、片方の肺に明かな炎症を示した。)

4月2日・檢測(4月2日 検査と測定)
張先生的情況、讓醫生很棘手、一般的肺炎用藥、包括抗生素等、對張先生幾乎沒有作用。僅僅2天之隔、張先生的胸片顯示、已經變成了「白肺」。(張さんの容体は、医師を手こずらせ、抗生物質等を含む普通の肺炎の薬は、張さんにはほとんど効果がなかった。たった2日の間に、張さんの胸部X線写真は、もう「真っ白になった肺」に変わってしまったことを示した。)
那時、對不明原因的肺炎、浙江省加緊排​​査H7N9禽流感病毒感染、取樣、送杭州。(その時、原因不明の肺炎に対して、浙江省は一段と厳重なH7N9型鳥インフルエンザウイルス感染の検査をするのに、サンプルを取って、杭州へ送った。)

4月3日・病重(4月3日 病状悪化)
浙江省衛生廳派出治療專家組成員、趕[走旱]赴湖州。(浙江省衛生庁は、治療の専門家チームの人員を派遣して、湖州に急行させた。)
當晩22時、浙江省疾控中心出具報告、患者標本的檢測結果為H7N9禽流感病毒核酸陽性。(この夜、浙江省疾病予防センターは報告を発表、患者の検体を検査・測定した結果、H7N9型鳥インフルエンザウイルス核酸陽性であった。)
那時、張先生已經只能靠呼吸機維持、肺部已失去功能、血壓無法維持正常水平。醫生説、這説明、患者的臟器循環系統已經失去平衡。(その時、張さんはすでに人工呼吸管理だけの状態で、肺はもう機能を失い、血圧を正常に保つことも出来なくなっていた。医師は、これは、患者の循環器のシステムがもうバランスを失っていたことを示す、と話した。)

4月4日・不治(4月4日 治療不能)
省衛生廳專家組、又一次派出專家赴湖州、依據病例的臨床表現・實驗室檢測和流行病學調査結果、診斷該病例為人感染H7N9禽流感確診病例。(省衛生庁の専門家チームは、さらにもう一度、専門家を湖州に派遣し、症例の状況・実験室の検査と感染症学的検査の結果、この症例はヒトのH7N9型鳥インフルエンザ感染例と診断した。)
專家到達現場、看過病人的情況、搖頭連説「太遲了、太遲了。」(専門家が現場に着いたとき、患者の容体を見て、頭を振り「遅すぎた、遅すぎた」と何度も言った。
當天晩上、張先生因呼吸衰竭、雖經醫護人員全力搶救、最終沒能成功。(この日の夜、張さんは呼吸が衰弱し、医療スタッフが全力で救命に当たったが、とうとう、成功することはなかった。)
那時、距離張先生確診、還不到24小時。(その時、張さんの確定診断から、まだ24時間経っていなかった。)

4月5日・排査(4月5日 厳重な検査)
記者採訪湖州市疾病預防控制中心一位張姓副主任。他告訴記者、這位患者是當地拆遷戸、平常只跟老伴兩人住在過渡房裡、接觸的人比較簡單。疾控中心很快就確定了與患者有過密切接觸的55人。截至目前、該病例的所有密切接觸者均未發現臨床異常表現。(記者は湖州市疾病予防センターの張という名字の副主任を取材した。彼は記者に、この患者は当地の立ち退き世帯で、いつもは老夫婦二人だけで、仮設住宅に住んでいて、接触した人達はあまり複雑でないと言った。疾病予防センターはすぐに患者と濃厚接触のあった55人を確定した。今の所、この症例と濃厚接触のあった者は、誰も臨床的に異常な症状が現れていない。)

経過が早いな。
やはり
 人類が初めて経験するタイプのウイルス
なので、重症化しやすいのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013-04-06

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その3)浙江省のウズラからH7N9型鳥インフルエンザウイルス検出

まあ、大方の予想通りの展開に。
NHKより。


中国 ウズラからH7N9型ウイルス
4月6日 19時27分

「H7N9型」の鳥インフルエンザウイルスのヒトへの感染が相次いでいる中国で、東部の浙江省の感染者が、発症前にウズラを購入した市場の別のウズラから「H7N9型」のウイルスが検出されたことが分かりました。

「H7N9型」の鳥インフルエンザウイルスのヒトへの感染が相次いでいる中国の東部では、これまでに感染が確認されたのは16人、死者は6人となっています。
中国国営の新華社通信が6日、浙江省の杭州市から確認した情報として伝えたところによりますと、今月3日に感染が確認された杭州市の男性が、発症前にウズラを購入した市内の市場を調べたところ、売られているウズラから「H7N9型」のウイルスが検出されたということです。
このため、杭州市はこの市場で生きた鳥の取り引きを中止させるともに、鳥も処分したということです。
また、これまでに6人の感染が確認されている江蘇省でも、南京市が6日から市内のすべての卸売市場で生きた鳥の取り引きを中止させるなど、感染が確認されている中国東部の各地で感染拡大を防ぐための対策が進められています。

やはり
 H7N9型鳥インフルエンザは長江流域の上海・浙江省・江蘇省の鳥に蔓延
しているようだ。
ただし、
 今の所、ヒトへの感染が報告されている地域でのウイルス検査で見つかった
ということは
 まだヒトへの感染が報告されてない地域でどうなっているか不明
だってこと。長江流域の一部地域だけの蔓延とは考えにくい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その2)ヒトを殺すこともあるH7N9型鳥インフルエンザは鳥にはそれほど症状が出ない@FAO

さて、H7N9型鳥インフルエンザに感染したヒトが、重症化して亡くなる例が中国で報告されているのだが、この
 H7N9型鳥インフルエンザウイルスの特性
として
 鳥に感染しても、大した症状が出ない
ことが報告されている。つまり
 鳥がH7N9型鳥インフルエンザに感染しても、外から見ただけではわかりにくい
のだ。もし、これが
 感染した鳥の死亡率が高い鳥インフルエンザウイルス
なら、死んだ鳥に気がついて、
 鳥インフルエンザがいま鳥の間で流行している
のがわかるけど、
 鳥の病気だけど必ずしも致死的ではない
ために、
 今まで人間に気づかれないまま、鳥の間で蔓延していた
ようだ。NHKより。


FAO 養鶏農家など予防策強化を
4月6日 9時9分

中国でヒトへの感染が相次いでいる「H7N9型」の鳥インフルエンザウイルスについて、FAO=国連食糧農業機関は、飼育されている鳥が大量に死ぬことがなく、ほかの型のウイルスと比べて感染の広がりに気付きにくいと指摘し、養鶏農家などに対し、予防策を強化するよう呼びかけました。
中国では、東部の上海とその周辺で「H7N9型」の鳥インフルエンザウイルスのヒトへの感染が相次いでいて、これまでに16人の感染が確認され、このうち6人が死亡しました。
これについて、FAO=国連食糧農業機関は5日、声明を出し、「H7N9型」のウイルスは、飼育されている鳥が大量に死ぬことがなく、毒性の強い「H5N1型」のウイルスなどと比べて感染の広がりに気付きにくいと指摘しました。
そのうえで、こうした特徴から、このウイルスのヒトへの感染のリスクを減らすためには、衛生上の対策がより重要だとして、養鶏農家などに対して予防策をとるよう呼びかけました。
具体的には、飼育しているニワトリや家畜をヒトの生活空間や野生の鳥から離すことや、突然死んだり、病気になったりしたニワトリなどがいたら、当局に報告すること、さらに、頻繁に手洗いをすることなどを挙げています。
FAOは、今後もWHO=世界保健機関などとともに状況を注意深く監視していくとしています。

なおかつ、
 鳥の間では結構感染が拡がっている
ことが分かってきた。毎日より。


鳥インフル:検体に陽性反応 上海南部で鳥類に感染拡大
毎日新聞 2013年04月06日 10時57分(最終更新 04月06日 11時16分)

 【上海・隅俊之】中国でH7N9型の鳥インフルエンザの感染が相次いでいる問題で、中国農業省は5日夜、上海市から取り寄せた738件のサンプル検体のうち、感染者が働いていた上海市閔行(びんこう)区など3カ所から集めたニワトリやハトなど19件の検体にウイルスの陽性反応があったと明らかにした。3カ所はいずれも上海市南部に集中しており、この地域でウイルスがまん延し、鳥類に感染が広がっていることが裏付けられた。
(以下略)

今の所、
 上海南部で拡大
しているのがわかっているだけだが、たぶん、今回ヒトへの感染が確認されている他の地域でも、同様の結果となるのではないか、と思われる。

このH7N9型鳥インフルエンザだが、これまでは鳥の病気だった。そして、人間はH7N9型インフルエンザに感染したことがなかったから
 まったく抗体がない
のだ。

このウイルス、人間に感染した場合、とりつく場所が分かってきている。4/4付NHKニュースより。


H7N9型 鼻・のど・気道などで増殖
4月4日 21時33分

中国でヒトへの感染が相次いでいるH7N9型の鳥インフルエンザウイルスについて、国立感染症研究所は4日夜、これまでに明らかになったウイルスの特徴を発表しました。
ヒトの鼻やのど、それに気道などの細胞で増えやすくなっているとしています。
国立感染症研究所は4日夜、中国でヒトへの感染が相次いでいるH7N9型の鳥インフルエンザウイルスのうち、死亡した上海市の男性2人と重体になっている安徽省の女性1人から分離されたウイルスの遺伝情報を分析した結果を発表しました。
それによりますと、このウイルスは、通常の鳥インフルエンザウイルスと異なり、ヒトの鼻やのど、それに気道などの細胞に感染し、そこで増えやすくなっているということです。
遺伝子の配列から、鳥での病原性は低いことが判明しましたが、ヒトで激しい肺炎を引き起こすなど重症化する原因は不明で、研究所では、ウイルスに対する免疫がないことが関係している可能性があるとしています。
一方で、抗ウイルス薬が作用する遺伝子の一部に欠損があり、これまでの研究で、こうしたウイルスは病原性が高くなるという報告があるとしています。
国立感染症研究所インフルエンザウイルス研究センターの小田切孝人室長は、「遺伝子の特徴から、これまでのインフルエンザワクチンでは効果が期待できないと考えられ、新たなワクチンを開発する必要がある。感染源の特定に向け、同じウイルスを保有する動物がいるかどうか、詳しく調べるべきだ」と話しています。

人類にとっては
 初めて感染するタイプのウイルス
なので、研究は手探り。
 鳥以外に感染した動物がいるかどうか
が見つかるかが、カギになりそうだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 台湾には今の所伝播せず@4/6早朝

現在、中国は
 清明節(4/4)を挟んだ連休中
だ。清明節は、
 中国文化圏では、一族で先祖の墓参りをする日
なので、当然ながら民族大移動、あちこちに旅行に出かける時期となる。
よりによってそんな時に
 上海や江蘇省等でH7N9型の鳥インフルエンザに人が感染、死者が出る
という事態に。

H7N9型鳥インフルエンザの人間への感染が確認されたのは今回が初めて。死亡という重大な結果を引き起こしていることには、WHOも監視を続けている。
こちらが英文のH7N9型鳥インフルエンザ情報。
Disease Outbreak News
現在の感染および死亡状況。
  都市名 上海
日付    3/31 4/1 4/2 4/3 4/4 4/5 合計
感染者数  2         1 3  6
死亡者数  2         1 1  4
  都市名 安徽省
日付    3/31 4/1 4/2 4/3 4/4 4/5 合計
感染者数  1              1
死亡者数            
  都市名 江蘇省
日付    3/31 4/1 4/2 4/3 4/4 4/5 合計
感染者数       4      2  6
死亡者数            
  都市名 浙江省
日付    3/31 4/1 4/2 4/3 4/4 4/5 合計
感染者数          2  1     3
死亡者数          1    1   2
  総計
日付    3/31 4/1 4/2 4/3 4/4 4/5 合計
感染者数  3     4  2  2  5  16             
死亡者数  2     0  1  1  2  6

Map6_1
上の地図は外務省作成の中国全省地図だが、今回H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染が確認されたのは
 紫色の地域の内、中国沿岸部が中心
だ。今後は
 長江沿いに内陸に進む
だろうし、先に見たように
 清明節の連休の人の移動
に伴い、中国全土へ伝播する恐れなしとしない。        

H7N9型インフルエンザは感染してから一週間くらいは潜伏期があるとされているので、
 もし、旅行先で感染しても、感染に気づかぬまま移動してしまう
わけだ。

現在はH7N9型鳥インフルエンザは
 鳥→ヒトへの感染が中心
で、
 ヒトヒト感染は認められてない
と言われている。CDC(アメリカ疾病対策センター)の発表について。共同より。


鳥インフル、人から人の感染なし 米CDC、ワクチン準備

 【ワシントン共同】中国での鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)感染について、米疾病対策センター(CDC)のフリーデン所長は5日の記者会見で「今のところ、人から人に感染が広がっている証拠はない」と述べ、人での感染は限定的との見方を示した。
 遺伝子がさらに変異すると世界的大流行につながりかねない「新種」のウイルスだと指摘。中国からウイルス株を入手するのを待たず、万一の際にワクチン開発を始められるよう製薬企業と準備を始めたことを明らかにした。遺伝情報に基づいて合成した人工ウイルスを細胞培養する新手法を用いる。

2013/04/06 08:58

こちらがCDCの最新ニュースリリース。
Watch: Level 1, Practice Usual Precautions
Avian Flu (H7N9) in China This information is current as of today, April 05, 2013 at 19:23 EDT Released: April 05, 2013

今現在は
 ヒトヒト感染は見られない
のだけれども、
 ウイルスの変異は突発的
なので、将来的にはCDCが恐れているようにその内、ヒトヒト感染するタイプになる可能性もある。それまでに、準備をしておく、というのが上記記事の内容。

いま一番懸念されているのは
 ヒトに感染するタイプに変移したH7N9型鳥インフルエンザウイルスに感染した鳥への接触
で、
 生きた鳥への接触、生もしくは加熱不十分な鶏肉・卵の摂取をしない
よう、注意が必要だ。
どうやら、ヒトに感染するタイプのH7N9型鳥インフルエンザウイルスは、上海等では、広く鳥に感染している模様。昨日から上海では生きた鳥の取引が停止されている。
共同より。


上海で市場一部閉鎖、死者6人に 鳥インフル、消毒を徹底

 【上海共同】鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)の感染者が相次いで判明した中国の上海市当局は5日、ウイルスに感染したハトが見つかった同市松江区の卸売市場の危険区域を閉鎖。消毒を徹底するとともに、感染ルートの調査を急いだ。
 中国メディアによると、浙江省政府は5日、同省湖州市でH7N9型の感染が確認された男性が死亡したと明らかにした。死者は計6人となった。感染者は死者も含め計14人。
 一方、米ホワイトハウスの国家安全保障会議報道官は4日、「中国での感染拡大について積極的に監視を続けている」と述べ、オバマ政権として問題を注視していることを明らかにした。
2013/04/05 13:58

この
 生きた鳥を扱う市場の閉鎖
について、こんな記事が。同じく共同。


ハト感染の発表遅れか 鳥インフルで上海市

 【上海共同】鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)の感染者が相次ぐ中国上海市で、市政府がハトからウイルスが検出されたと初めて公表した4日より前に、市当局が生きたハトの販売禁止を一部市場に指示していたことが、6日までに分かった。
 市当局は危険性を認識していた可能性があり、流行阻止の上で欠かせない重要情報が、速やかに公表されなかったとすれば問題視されそうだ。
 上海市当局は、北京の国家衛生計画出産委員会が3月31日に感染に関する最初の発表を行った直後に、ハトの販売禁止を一部の市場に指示。食肉業界関係者らによると今月初めから販売が禁じられた。

2013/04/06 05:46

どうやら、いつものように
 初動の時期に「隠蔽」があったかも知れない
ようですな。今更驚かないが。

ところで、清明節は中国文化圏で共有されているわけなので、
 台湾も香港も休み
である。で、今台湾で問題になってるのは
 大陸へ旅行した人達がH7N9型に感染したかどうか
ということだ。
今朝早朝の段階では
 まだ台湾ではH7N9型のヒトへの感染は見られない
という結論になっているが、当局は伝播は時間の問題とみている。聯合新聞より(中文繁体字)。


國内疑H7N9通報8例全排除感染

【聯合報/記者林思宇・廖雅欣・呉淑君・施靜茹・黄文彦/連線報導】
2013.04.0604:10am

台灣8起通報證實全非H7N9/樂嘉妮[女尼]尹徳鈺[金玉]
中國大陸H7N9禽流感疫情持續升温、中央流行疫情指揮中心指出、至昨天國内共通報八例疑似H7N9病例、檢驗結果全排除感染。
而中央流行疫情指揮中心指揮官張峰義説、近日將派專家赴陸、詳細時間將再對外説明。
據瞭解、十年前大陸發生SARS疫情時、我方派中研院生物醫學科學研究所研究員何美郷到對岸訪査、並與當地衛生官員・專家對話。這次不排除再由她[女也]出馬、等大陸回覆即可出訪。何美郷表示、十年前去北京和廣州瞭解SARS疫情、當地官員和專家都會提供資訊。
台灣至目前通報的八名疑似病例、其中有兩名陸客、另[口力]兩名台灣人驗出是H1N1流感。八人H7N9流感篩檢結果都是陰性。

其中的一名卅六歳男性、是派駐大陸江蘇業務員、二月廿四日到上海再到江蘇、未接觸禽鳥、三月卅日回台灣、四月四日發燒頭痛、到宜蘭縣的醫院就醫、昨傍晩檢驗排除感染。
中央研究院副院長陳建仁説、疫情掌握一定是越快越好、應盡速派人赴陸、才知道如何防疫。
衛生署前署長楊志良説、根據兩岸醫藥衛生協定、應派員赴陸、而不是毎天看大陸「擠牙膏」式的發布疫情。
疫情雖仍在有限人傳人階段、但國家衛生研究院感染症與疫苗研究所長蘇益仁擔心、防疫考驗才開始、衛署應提早啓動研發疫苗時間。
陳建仁説、疫情還不明朗、不曉得有多嚴重、傳染率・發病率和致死率等都不清楚、還不需疫苗、但現要能夠[多句]分離病毒、瞭解病毒特性、有需要就可製作疫苗。
「台灣遲早會有病例」、楊志良説、所以要知道更多資訊、處理程序會不一樣、台灣有充分的藥品和良好的醫療體系、也有能力做疫苗、大家不要驚慌。

【2013/04/06聯合報】

上海といえば、日本だって遠くない。
無闇に怖がったりパニックになる必要はないけど、
 例年通りのインフルエンザ対策に努める
のが無難。

厚労省のH7N9型鳥インフルエンザに関する特設ページはこちら。
鳥インフルエンザA(H7N9)について

もう少し詳しい情報は、国立感染症研究所の特設ページ
インフルエンザA(H7N9)〜新着情報〜
へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013-04-03

国会図書館のデジタル化資料でPDF作成→ダウンロードが1回につき10ページから20ページになっていた件

国会図書館のデジタル化資料、とりわけ
 古典籍資料(貴重書等)
にはよくお世話になる。
 フルカラーで貴重書がPDFでダウンロード
できるサービスで、いながらにして、これまでモノクロの影印版や、質の悪い翻刻しかなかった資料の現物を入手できる。
ところで、つい最近までは
 PDF作成は1回につき10ページまで
だったので、大部の資料を落とすときには、時間がかかるのが欠点だった。
先ほど、江戸医学館が翻刻した
 聖濟總録
にアクセスしたら、
 PDF作成は1回につき20ページまで
に仕様が変更されていた。おお、めでたい!

たまたま三月末から、家のONUが死んでいて、大量のダウンロード等ができなくて気がつかなかっただけかも知れないけど、20ページずつダウンロードできるようになったのはありがたい。

ありがとう、国会図書館。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »