« 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その94)江蘇省で新た2名の死亡者 感染者は128名 死亡者26名@5/1 16:00現在 中国国家衛生・育成計画委員会→江蘇省衛生庁は死亡者情報未公開 | トップページ | 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その96)広東省で対策会議を緊急召集 鐘南山「発症後5日以内にタミフル等ノイラミニダーゼ阻害剤を使用すると重症化しにくい」@5/2 »

2013-05-02

中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その95)湖南省で治療中だった江西省出身の感染者が死亡者 現在重 感染者は128名 死亡者27名@5/1瀟湘晨報

湖南省衛生庁は未発表だが
 湖南省でH7N9型鳥インフルエンザの治療をしていた江西省の患者が死亡
したと、地元紙瀟湘晨報が報じている。


邵陽兩病例之間無接觸史(邵陽市の2名の患者の間には接触歴がない)
2013年5月2日
(略)
另[口力]、記者從湖南省衛生部門獲悉、湖南省收治的江西省銅鼓縣人感染H7N9禽流感確診病例焦某、5月1日上午、因病情危重、搶救無效死亡。有關部門已將相關情況、通報給江西省衛生廳。(その他、記者が湖南省の衛生部局から得た情報によると、湖南省で入院治療を受けていた江西省銅鼓県在住のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染の確定診断患者である焦さんは、5月1日午前、重態となったので、救命に努めたが効なく死亡した、という。関係部門はすでに関連する情報を江西省衛生庁に伝えたという。)
記者劉少龍
(以下略)

どう考えても、手遅れに近い状態で搬送されてきていたからなあ。
湖南省衛生庁は江西省衛生庁と同時に発表するため
 調整中
だろうと思われる。

江西省の患者が確定診断された時の湖南省衛生庁の発表より。


湖南省確診首例人感染H7N9禽流感病例 收治1例江西省銅鼓縣人感染H7N9禽流感確診病例(湖南省では、初めてH7N9型鳥インフルエンザへのヒトへの感染を確定診断した。入院治療中の1名の江西省銅鼓県在住の患者のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染を確定診断した。)
時間、2013-04-27作者、
(略)
二、我省收治1例江西省銅鼓縣人感染H7N9禽流感確診病例情況(湖南省で入院治療を行っている、H7N9型鳥インフルエンザへのヒトへの感染を確定診断された江西省銅鼓県在住者の状況)
患者焦某、男、54歳、江西省宜春市銅鼓縣人、從事鹵豬肉販賣工作。(患者 焦さん 男性 54歳 江西省宜春市銅鼓県在住、豚肉煮込みの製造販売)
患者於2013年4月15日出現發熱・咽痛、(2013年4月15日、患者は発熱・喉の痛みが現れ)
4月17日至19日先後就診於當地個體診所和江西省銅鼓縣人民醫院、診斷為「肺炎」、對症治療後無好轉。(4月17日から19日相次いで、江西省の個人診療所と江西省銅鼓県人民病院を受診、「肺炎」と診断され、対症療法を受けたが、良くならなかった。)
4月22日上午轉至我省瀏陽市人民醫院就診、以「發熱査因」收治入院。(4月22日午前、湖南省瀏陽市人民病院に転院して診察を受け、「発熱の原因を検査する」ために入院治療を行った。)
4月25日瀏陽市人民醫院以「不明原因肺炎重症病例」向瀏陽市疾控中心報告、當天開展了相關調査處置和標本採集、(4月25日、瀏陽市人民病院は、「原因不明の肺炎の重症症例」として、瀏陽市疾病予防コントロールセンターに報告、この日、関連調査の処理と検体の最終を展開し、)
4月26日湖南省疾病預防控制中心實驗室檢測結果為人感染H7N9禽流感病毒核酸陽性。(4月26日、湖南省疾病予防コントロールセンター実験室で検査計測した結果、H7N9型鳥インフルエンザウイルスRNA陽性反応が出た。)
27日中國疾病預防控制中心復核結果陽性。(27日、中国国家疾病予防コントロールセンターが再検査をした結果、H7N9型鳥インフルエンザウイルスRNA陽性反応が出た。)
4月26日晩、患者已轉至長沙市公共衛生救治中心救治。(4月26日夜、患者は長沙市公共衛生救急治療センターに転院して救命治療を行った。)
經調査、該病例在湘的密切接觸者51人、均已實施醫學觀察、截至目前、均未發現異常。(調査によると、この症例の濃厚接触者は全部で51名、すぐに医学的経過観察措置を取った。いままでのところ、この症例との濃厚接触者には誰にも異常は現れていない。)
鑒於該病例在江西省宜春市銅鼓縣感染發病、我廳已經將相關情況通報江西省衛生廳。(この症例は江西省宜春市銅鼓県で感染発症したものであることを考慮し、湖南省衛生庁は、関連する状況を、江西省衛生庁に通報済みである。)

亡くなった焦さんの経過は、
 4/15 発症 発熱・喉の痛み
 4/17-19(発症3-5日目) 江西省の個人診療所と江西省銅鼓県人民病院を受診、「肺炎」と診断 対症療法で好転せず
 4/22(発症8日目) 湖南省瀏陽市人民病院に転院 検査入院
 4/25(発症11日目) 「原因不明の肺炎の重症症例」としてインフルエンザ検査開始
 4/26(発症12日目) 湖南省疾病予防コントロールセンターで陽性反応
 同日 長沙市公共衛生救急治療センターに転院して救命治療
 4/27(発症13日目) 中国国家疾病予防コントロールセンターでも陽性反応→確定診断
 5/1午前(発症17日目、最終転院後4日目) 死亡
典型的な手遅れの形だ。

|

« 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その94)江蘇省で新た2名の死亡者 感染者は128名 死亡者26名@5/1 16:00現在 中国国家衛生・育成計画委員会→江蘇省衛生庁は死亡者情報未公開 | トップページ | 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その96)広東省で対策会議を緊急召集 鐘南山「発症後5日以内にタミフル等ノイラミニダーゼ阻害剤を使用すると重症化しにくい」@5/2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/57291386

この記事へのトラックバック一覧です: 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その95)湖南省で治療中だった江西省出身の感染者が死亡者 現在重 感染者は128名 死亡者27名@5/1瀟湘晨報:

« 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その94)江蘇省で新た2名の死亡者 感染者は128名 死亡者26名@5/1 16:00現在 中国国家衛生・育成計画委員会→江蘇省衛生庁は死亡者情報未公開 | トップページ | 中国のH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染 (その96)広東省で対策会議を緊急召集 鐘南山「発症後5日以内にタミフル等ノイラミニダーゼ阻害剤を使用すると重症化しにくい」@5/2 »