« マスコミの「ワクチンは悪」キャンペーンで麻疹・風疹・水痘の抑止の出来てない国に優秀な留学生が来るわけがない | トップページ | 沖縄女性はピクミンか?よりによって沖縄慰霊の日の23日 沖縄県浦添市で橋下徹大阪市長「戦後、沖縄の女性が防波堤となり進駐軍のレイプを食い止めてくれていた」 »

2013-06-25

辛坊治郎ヨット遭難事故は日テレ「24時間テレビ」に間に合わせるための「整備不良」が原因か(その2)全てのカギは「24時間マラソン」発案者にして間寛平の「アースマラソン」で今回のヨットを提供した元吉本興業社員で間寛平の元マネージャー比企啓之にあり

2013-06-23 辛坊治郎ヨット遭難事故は日テレ「24時間テレビ」に間に合わせるための「整備不良」が原因か 近海での試験航海で漏水が見つかるも抜本的修理を施さず見切出航か→追記および訂正あり
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2013/06/24-c69b.html
の続き。

今回の
 辛坊治郎ヨット遭難事故
なのだが、twitterでのマスコミ関係者の発言や、マスコミの取り上げ方が
 妙に「暖かい」
ので気になっていた。

気になった記事もあった。6/19付スポニチの記事である。


間寛平 太平洋横断の辛坊氏にエール「なめてかかったら大変」

 お笑い芸人の間寛平(63)が19日、都内で行われた「笑学校 presents SUMMER SMILE SCHOOL」開催発表会見に出席。小型ヨットでの太平洋横断に挑戦しているニュースキャスターの辛坊治郎氏(57)と全盲のセーラー岩本光弘さん(46)に「仲良く2人で行って欲しい」とエールを送った。
 08年から11年にかけてマラソンとヨットで世界一周する「アースマラソン」を成功させた間は、経験者として辛坊氏に「太平洋をなめてかかったら大変なことになる」とアドバイス。「思い出も作れるし、見たことのない景色も見られる。太平洋のど真ん中にもアホウドリはいてる」と自らの経験を踏まえて自然界の持つ景色の素晴らしさを説明した。
 説得力を欠く間の言葉に後輩芸人たちが首をかしげると、「行ったものしか分からない」と大人げない発言。一番辛かった思い出にも、同行した15歳年下の比企啓之マネージャーにヨットの上で怒られたことを挙げ、「それもやったものにしか分からない」と笑わせた。
(以下略)

癌を抱えた間寛平が、地球一周を目指すアースマラソンでヨットに乗っていたのは知っているが、なぜここで、わざわざ発言したのか。それが理解出来なかった。

ところが、なんのことはない。
 全てのカギは、上記記事にもある比企啓之元吉本マネージャーにある
のだ。
この比企啓之なる人物、元々は吉本の人間である。まだ、間寛平が「アースマラソン」の途上にあるとき、日テレの土屋敏男と、ワニブックスから
 一歩60㎝で地球を廻れ 間寛平だけが無謀な夢を実現できる理由
を共著で出している。この本の著者紹介は次の通りだ。


著者プロフィール
比企啓之(ひき・ひろゆき)
1963年大阪府生まれ。㈱よしもとデベロップメンツ代表取締役社長。85年吉本興業㈱入社。間寛平の担当として、24時間テレビの第1回『24時間マラソン』を発案・実現。 劇場、番組プロデューサーを経て、現在、よしもと水族館などアミューズメント施設開発や、不動産部門の事業開発を行う。

土屋敏男(つちや・としお)
1956年静岡県生まれ。日本テレビ放送網㈱編成局デジタルコンテンツセンターエグゼクティブ・ディレクター。
一橋大学を経て79年日本テレビ放送網㈱に入社。92年より『進め!電波少年』のシリーズを演出、プロデュース。05年ウェブサイトで『第2日本テレビ』を立ち上げる。

間寛平(はざま・かんぺい)
1949年高知県生まれ。70年に吉本興業に入り、吉本新喜劇の研究生となる。 74年、木村進とのコンビで座長に昇格。
75年に「 ひらけ!チューリップ」で歌手デビュー、大ヒット。
78年光代夫人と結婚。89年吉本新喜劇を脱退、東京進出。
バラエティ番組に多数出演するほか、映画『ファンキー・モンキー。 ティーチャー』シリーズ出演など俳優としても活躍。
85年からは走ることに目覚め、 『24時間テレビ』では「24時間マラソン」初代ランナーを含め3回走り、また、ギリシャのスパルタス・マラソンなどウルトラマラソンにも多数出場。

比企啓之とは、日テレの「24時間テレビ」の無茶な企画の1つ
 24時間マラソンの発案者

 自らマネージメントを行う間寛平を初代24時間マラソンランナーに仕立て上げた人物
なのだ。
 日テレ「24時間テレビ」と吉本の深いつながりを示す人物
ってことだ。

更に、
 間寛平が「アースマラソン」で使ったヨット
だが、これはもともと
 比企啓之の所有するヨット「エオラス」
であり、
 今回、辛坊治郎と視覚障碍者のヨットマンとの太平洋横断に使用された、まさにそのヨット
なのだ。今年4月2日付の『WEDGE』には、今回の当事者二人、
 辛坊治郎と比企啓之へのインタビュー記事
である
辛坊治郎 50代のリセット ブラインドセーラーとヨットで太平洋横断へ! 談・辛坊治郎×比企啓之(吉本グループの元社長)
が掲載されている。この中で、


セーラーの愛読書、『Kazi』(舵社)2012年1月号のコラムに、比企さんが所有する「エオラス」が紹介された。間寛平さんがマラソンとセーリングで世界一周を成し遂げた「アースマラソン」で、太平洋と大西洋を渡り切ったヨットだ。若い頃から太平洋横断を目指していた比企さんは、1995年に貯金をはたいてアメリカで外洋航海用として定評のあるエオラスを中古で購入。その後比企さんは、寛平さんの“ひらめき”から始まったアースマラソンを具現化し、太平洋横断を本当に実現してしまう。

と明記されている。
要するに
 間寛平がアースマラソンに使ったヨットを、整備して今回の太平洋横断用ヨットに充てた
わけだ。その事情については、同じ記事に

―大洋クルーズに出たい夢を持っている人に貸与したいと思っているそうだ。自分で整備してくれるんだったら、無償でもいいとも考えている。(中略)読者諸兄の皆さん、どうだろう? 夢は生きているうちに果たさなければ、楽しくないと思うのだが。(編集部から:エオラスでの航海に興味のある方は、プロフィールとやりたいことを記載し、編集部までE-mailで御連絡ください)

として、希望者を募ったところ、今回の視覚障碍者のヨットマンが応募したことが記されている。そして紆余曲折を経て、
 辛坊治郎と2人で太平洋横断
と決まる。これも
 比企啓之の発案
だった。


 「最悪、アメリカに着いて自艇を売り払えばなんとかなるか。やるかあ……と。会社を辞めてやるとなると、費用が高すぎるシングルハンドは無理。ダブルハンドに切り替えました。2人となると物語が要る。思いついたのが辛坊さんでした」
(略)
帰国後すぐ連絡をとった。2人が会うのはまだ2度目である。比企さんの話にじっと耳を傾けた辛坊さんは言った。
 「それ、面白いですねぇ」(略)
 そこから話はトントン拍子で進んでいった。「誰も止めてくれなかったんです」と辛坊さんは苦笑いする。

早い話、
 日テレ・読売テレビ・吉本の3者が密接に絡んだ企画

 ブラインドセーリング
だった、ってことだ。なお、
 比企啓之は昨年末に吉本興業を退社
し、現在は市民マラソンの企画などを行うランナーズウェルネス(RW)社に移っている。

今年、3月13日には、
 ブラインドセーリングについて、吉本興業株式会社東京本部で記者会見
が開かれており、吉本のサイトに、記者会見の内容が掲載されている。
ブラインドセーラー・HIROさん&ニュースキャスター・辛坊さんが小型ヨットでの太平洋横断に世界初挑戦!
上記会見では、今回の行程について


ふたりは6月8日(土)、テストセーリングを兼ねて大阪北港ヨットハーバーから福島の小名浜へ入港。その後、ダブルハンドでサンディエゴのマリオット・マーキース&マリーナを目指して、5100マイルの旅へと出発します。

今回、最終出港地として小名浜を選んだのは、2年前の東日本大震災を風化させたいことと被災地のみなさんを少しでも元気づけたいがためのこと。


と、説明されている。
 テストセーリングの段階でいろいろな問題が見つかっていた
にもかかわらず
 抜本的な修理を行わなかった理由
は、
 記者会見の時点で出発日時がほぼ決まっていた
からだろう。ま、吉本が絡んでいるなら、さもありなん、だ。
 長期延期はできないスケジュールで、テストセーリングのため大阪北港を出航

 「予定通り」小名浜から太平洋横断に出発
したところで
 漏水で船体を放棄し、救命ボートに乗り移った
のが
 今回の事故
である。その後、
 荒天のため、救命ボートからの救助に手間取った
のは、報道されているとおりだ。

なるほどね、
 マスコミの論調がどうも「優しい」
のは
 わざわざ記者会見を吉本で開かせる
ほどに、
 今回の企画に深く関わっているとみられる天下の吉本には逆らえない
ってことか。

|

« マスコミの「ワクチンは悪」キャンペーンで麻疹・風疹・水痘の抑止の出来てない国に優秀な留学生が来るわけがない | トップページ | 沖縄女性はピクミンか?よりによって沖縄慰霊の日の23日 沖縄県浦添市で橋下徹大阪市長「戦後、沖縄の女性が防波堤となり進駐軍のレイプを食い止めてくれていた」 »

コメント

>今回、最終出港地として小名浜を選んだのは、2年前の東日本大震災を風化させたいことと被災地のみなさんを少しでも元気づけたいがためのこと。

風化させたい?

×2年前の東日本大震災を風化させたい
○2年前の東日本大震災を風化させない
○2年前の東日本大震災を風化させたくない    だと思うんですが。

よしもとニュースさん日本語まちがっていませんか?

投稿: 麻酔科医 | 2013-06-25 09:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/57660290

この記事へのトラックバック一覧です: 辛坊治郎ヨット遭難事故は日テレ「24時間テレビ」に間に合わせるための「整備不良」が原因か(その2)全てのカギは「24時間マラソン」発案者にして間寛平の「アースマラソン」で今回のヨットを提供した元吉本興業社員で間寛平の元マネージャー比企啓之にあり:

« マスコミの「ワクチンは悪」キャンペーンで麻疹・風疹・水痘の抑止の出来てない国に優秀な留学生が来るわけがない | トップページ | 沖縄女性はピクミンか?よりによって沖縄慰霊の日の23日 沖縄県浦添市で橋下徹大阪市長「戦後、沖縄の女性が防波堤となり進駐軍のレイプを食い止めてくれていた」 »