« 有効利用される帯広千秋庵(現・六花亭)「十勝日誌」@くしろMUSEUM | トップページ | 台湾で世界初のH6N1型鳥インフルエンザウイルスのヒトへの感染が確認される 患者は健康を回復@6/21 台湾衛生署疾病管制局 »

2013-06-21

NHK BS プレミアムアーカイブス「幸田家の人びと~江戸・平成 四代の物語~」(初回2003年1月2日放映)

そろそろ寝ようかと思って、twitterを見た午前3時直前。



このtweetが目に入った。

2003年制作、石澤義典演出。石澤義典は、文化畑に強い、テレコムスタッフのプロデューサーで、
 ドキュメンタリーにドラマを混ぜる手法
が特徴。この
 幸田家の人びと~江戸・平成 四代の物語~
でも物故者の二人には
 幸田露伴 中村梅雀
 幸田文  原田美枝子
を配し、青木玉・奈緒母子に絡ませる演出をしている。

幸田家の話をする場合
 江戸の言葉
が、大きなポイントになる。中村梅雀も原田美枝子も、
 東京都出身
なのだが、どうにも、すきっとしない台詞回しで、その点が残念だ。本読みに時間を掛けなかったのか、
 この口跡は、露伴や幸田文じゃないだろ
という印象が拭えなかった。
石澤義典が青森出身というのが、関係しているかも知れない。江戸言葉をルーツに持つ人達の口跡というのは、もうちょっと軽快なものだ。
幸田文の講演の録音は残っているが、あれはあくまで人前で話しているもので、日常の会話があんな高調子なわけはないのだから、もっとそれらしいものに演出すべきだったろう。ネイティブの江戸言葉のイントネーションは、結構難しい。まあ、青木玉も奈緒も、かなり高調子で話しているから、誤解したのかも知れないが。

露伴の二人の妹で、明治維新後の新たな音楽教育を担った、
 幸田延、安藤幸姉妹
の扱いは面白かった。幸田延のバイオリンの作品を、藝大所藏の延遺愛のピアノで伴奏させる演出ができた、というところが、NHKの番組らしい部分。

この番組は、第20回 ATP賞ドキュメンタリー部門の優秀賞を受賞しているのだが、ホンネを言えば
 尺が長すぎる
と思う。

2003年当時といえば、この
 ハイビジョン特集の2時間モノ
がまだ沢山作られていた時期である。この当時のNHKのドキュメンタリー制作は、同一素材を
 ハイビジョン特集で2時間
 Nスペで50分
という
 長短二つの尺で編集
して流していた。
 2時間
あると
 鶏肋
の部分も残ってしまう。この
 幸田家の人びと~江戸・平成 四代の物語~
でも、整理しきれずに、もたつく箇所がある。

|

« 有効利用される帯広千秋庵(現・六花亭)「十勝日誌」@くしろMUSEUM | トップページ | 台湾で世界初のH6N1型鳥インフルエンザウイルスのヒトへの感染が確認される 患者は健康を回復@6/21 台湾衛生署疾病管制局 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/57634936

この記事へのトラックバック一覧です: NHK BS プレミアムアーカイブス「幸田家の人びと~江戸・平成 四代の物語~」(初回2003年1月2日放映):

« 有効利用される帯広千秋庵(現・六花亭)「十勝日誌」@くしろMUSEUM | トップページ | 台湾で世界初のH6N1型鳥インフルエンザウイルスのヒトへの感染が確認される 患者は健康を回復@6/21 台湾衛生署疾病管制局 »