« 今夜もバルス祭(その2)またまた新記録更新!@twitter | トップページ | 明日は広島原爆記念日 米軍のHH60ヘリ(戦闘捜索救難ヘリコプター)沖縄のキャンプハンセン内で墜落(その2)現地の声→嘉手納基地米空軍第18航空団第33救難飛行隊所属のHH60は東日本大震災の「トモダチ作戦」で救難活動に参加 »

2013-08-05

明日は広島原爆記念日 米軍のHH60ヘリ(戦闘捜索救難ヘリコプター)沖縄のキャンプハンセン内で墜落(速報)→同型機は6/5にも何らかのトラブルで県内で夜間緊急着陸

午後4時頃、沖縄県のキャンプハンセン内で米軍ヘリが墜落した。先ほど、沖縄県警もヘリで上空から確認した。(18:05)
現在、NHK総合で速報中。
 墜落したのは戦闘捜索救難ヘリコプターのHH60
だとのこと。

沖縄 基地内で米軍ヘリ墜落か 8月5日 17時59分

5日午後4時すぎ、アメリカ軍のヘリコプター1機が、沖縄県にあるアメリカ軍のキャンプハンセンの敷地内に墜落したという情報があり、警察が確認を急いでいます。
警察によりますと、これまでのところ、敷地の外での被害は確認されていないということです。
沖縄県警察本部によりますと、5日午後4時すぎ、アメリカ軍のヘリコプター1機が、沖縄県のアメリカ軍のキャンプハンセンの敷地内に墜落したという情報があるということです。
キャンプハンセンがある宜野座村役場によりますと、現場はキャンプハンセンにある106番ゲート付近とみられ、付近で黒い煙が上がっているのが確認されたということです。
警察が周辺に被害が出ていないかどうか確認を急いでいますが、これまでのところ敷地の外での被害は確認されていないということです。
また、宜野座村役場によりますと、これまでのところ、けが人など、住民に被害が出たという情報は入っていないということですが、役場の職員2人が現地に向かったところ、アメリカ軍がフェンスの前で立ち入りを規制していて、現場の詳しい状況は分かっていないということです。
地元の消防も現場に向かっていますが、キャンプハンセンのゲート前にいたアメリカ海兵隊員が手を交差する身ぶりを見せて区域内への立ち入りを拒否したということです。
沖縄県の又吉進知事公室長は記者団に対し、「防衛局からキャンプハンセン付近でアメリカ軍のヘリコプターが墜落したという情報があった。
県として事実確認を進めている」と述べました。
沖縄のアメリカ海兵隊の報道部はNHKの取材に対し「現在、事実関係を調査している」としています。

住民の被害情報はなし
キャンプハンセンがある宜野座村役場によりますと、これまでのところ、けが人など、住民に被害が出たという情報は入っていないということです。
金武町の金武地区消防本部の宜野座分遣所によりますと、消防隊員が現場に向かいましたが、キャンプハンセンのゲート前にいたアメリカ海兵隊員が手を交差する身ぶりを見せて区域内への立ち入りを拒否したということです。
また、アメリカ軍の所属とみられる救急車2台がゲートから中に入るのを確認したということです。
アメリカ軍基地、キャンプハンセンは、沖縄本島北部にある海兵隊基地で、ふだん海兵隊員が射撃訓練をしたり、隊員を乗せたヘリコプターが離着陸訓練をしたりしています。

敷地の外での被害はこれまでのところ確認されていないのが、不幸中の幸いだが、
 沖縄でのヘリ墜落
といえば、
 2004年の沖縄国際大学米軍ヘリ墜落事件
がまず思い出される。

今入った情報では、防衛省の小野寺防衛相の談話として
 乗員は4名で、3名は無事が確認
だとのこと。(18:07)

それにしても
 明日は広島の原爆記念日
だというその日に、米軍ヘリが墜落するとは。

こちらは琉球新報の第一報。


キャンプ・ハンセンで米軍ヘリ墜落情報
2013年8月5日

 県警などによると、宜野座村松田の米軍基地キャンプ・ハンセン内で5日午後4時すぎ、米軍ヘリが墜落したとの情報が入った。「墜落自体は間違いない」との目撃情報があるが、内容は確認できていない。現場は国道329号、宜野座村松田潟原から宜野座カントリーに入った地点。米軍関係の消防車両が基地内に入っていった。金武消防によると宜野座村役場から通報があり、ポンプ車1台を出動させて現場に向かっている。「火災の消火活動にあたっていた米軍ヘリ2機のうち1機の姿が見えなくなった」との情報もある。
 宜野座村役場によると、午後4時5分に黒煙が上がっているのを職員が発見。5分以内に消防、警察、防衛局に通報した。現在は白い煙に変わっているという。
【琉球新報電子版】

NHKのヘリ映像ではかなり周りの山林が焼けているのが映っていたが、もし、琉球新報の情報が正しいとすると
 山火事の消火作業中に1機が墜落した
ってことか? 消火中の事故ということなら墜落したのがHH60出動というのも頷けるが。

続き。(18:37)
今回墜落したHH60の同型機は
 6/5夜間に緊急着陸していた
模様だ。6/7付琉球新報より。


米HH60緊急着陸か 5日夜高江に
2013年6月7日

東村高江の米軍北部訓練施設内に着陸した米空軍嘉手納基地所属のHH60救難ヘリコプター=6日午後、国頭村伊湯岳山頂から(田吹遥子撮影)

 米空軍嘉手納基地所属のHH60救難ヘリコプターが5日午後9時ごろ、東村高江の米軍北部訓練施設内に着陸した。何らかのトラブルで緊急着陸したとみられる。6日午後にも嘉手納基地滑走路でF15戦闘機が緊急着陸するなど、同基地所属機のトラブルが2日連続で発生した。
 HH60ヘリが着陸したのは「LZ(離着陸帯)baseball」と呼ばれる地点で、北部訓練場のメーンゲートの近く。県道70号から約250メートルに位置している。同型機1機は5日午後9時50分ごろ、嘉手納基地に着陸しており、何らかの原因で1機のみが同離着陸帯を使用せざるを得ない状況に陥ったとみられる。
 着陸から半日以上経過した6日午後には、HH60ヘリ周辺に兵士3~4人と車両1台が集まり、ランプの点灯や、ローターの回転を点検する様子が確認された。
 同機は6日午後5時2分ごろ、離着陸帯を飛び立ち、同19分ごろ、嘉手納基地に戻った。
 嘉手納基地所属機をめぐっては、5月28日にF15戦闘機が沖縄本島東沖合の米軍訓練区域内に墜落する事故を起こしたばかり。
 事故原因の究明を待たずに、同基地はF15戦闘機の飛行を再開している。緊急着陸が相次いでいることに、県内からは米軍への反発とともに、整備の実効性を疑問視する声が上がっている。

今回墜落したHH60と6/5に確認されたHH60が同じ機体かどうかは分からないが、
 HH60の整備状況に問題
があったらしいことが、窺える。
しかし
 戦闘捜索救難ヘリコプターのHH60に整備不良の可能性
とは、話にならないぜ。

続報。小野寺防衛相の談話。


|

« 今夜もバルス祭(その2)またまた新記録更新!@twitter | トップページ | 明日は広島原爆記念日 米軍のHH60ヘリ(戦闘捜索救難ヘリコプター)沖縄のキャンプハンセン内で墜落(その2)現地の声→嘉手納基地米空軍第18航空団第33救難飛行隊所属のHH60は東日本大震災の「トモダチ作戦」で救難活動に参加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/57933383

この記事へのトラックバック一覧です: 明日は広島原爆記念日 米軍のHH60ヘリ(戦闘捜索救難ヘリコプター)沖縄のキャンプハンセン内で墜落(速報)→同型機は6/5にも何らかのトラブルで県内で夜間緊急着陸:

« 今夜もバルス祭(その2)またまた新記録更新!@twitter | トップページ | 明日は広島原爆記念日 米軍のHH60ヘリ(戦闘捜索救難ヘリコプター)沖縄のキャンプハンセン内で墜落(その2)現地の声→嘉手納基地米空軍第18航空団第33救難飛行隊所属のHH60は東日本大震災の「トモダチ作戦」で救難活動に参加 »