« ノーベル化学賞受賞のMartin Karplus教授撮影の写真が凄い件 | トップページ | 本日朝刊掲載の凍結卵子ビジネスに関する記事中「赤ちゃんが生まれる確率」について朝日の記者と掲載を認めたデスクが酷い件 »

2013-10-10

Daniil Trifonov BBC Radio3 Live(日本時間 10/9 3:30-)ロンドン時間 10/8 19:30-(その2)演奏会は開かれたがLive配信は中止→ヨガの後よろけて頭をぶつけたからorz

さて、
 Wigmore Hall recital
なんだけど
 予定通り開かれた
ものの
 BBCでの配信は中止
となり
 昨年のEdinburgh Festival での演奏
が配信された。その理由はなんと
 ヨガの後、頭をぶつけて脳震盪を起こしたため
だったという。やれやれ。
音楽評論家Norman Lebrecht氏のblogより。訳は例によって適当なので、間違ってたらごめんなさい。


Why Trifonov went off the BBC
October 9, 2013 by Norman Lebrecht

There should have been a live broadcast of Daniil Trifonov’s extraordinary Wigmore Hall recital last night. Instead, BBC Radio 3 ran a repeat of his Edinburgh Festival appearance.(昨夜のDaniil Trifonovの素晴らしいWigmore Hallリサイタルは、生放送される筈だった。その代わり、BBC Radio 3は、Edinburgh Festivalに出演した彼の演奏を再放送した。)

Apparently, the artist had asked for the recital not to go out live. He had suffered concussion a couple of weeks earlier, tripping on a step after emerging from a yoga lesson, and feared that he might not be at his best in a collection of pieces he had never played before.(どうやら、Trifonovは昨夜のリサイタルを生放送しないように頼んだらしい。2週間前に、彼はヨガのレッスンから出てきたところで足をふらつかせて脳震盪を起こしたので、彼が初めて演奏するいくつかの作品に関し、最高の状態で臨めないのではと心配していた。

In retrospect, he had nothing to fear.(振り返ってみると、Trifonovは何もおそれることはなかったのだ。)

2週間前に
 ヨガのレッスンから出てきたところで、ふらついて頭を打った
ということらしい。で
 今回のプログラムは初めて演奏する曲があるから、失敗するとイヤなので、Live配信を中止
した模様。BBCの方は
 医学的な問題で
とかなんとか言ってたんで心配したんだが、Lebrecht氏もコメントしている通り、取り越し苦労だったってことで一安心。

こちらは大絶賛のFTの記事。
Daniil Trifonov, Wigmore Hall, London – review By Andrew Clark

どうやら
 頭を打った
のが幸いしたのか謎だけど
 凄い演奏で熱狂の渦を巻き起こした
ようだ。

聞きたいよ、Trifonov。

|

« ノーベル化学賞受賞のMartin Karplus教授撮影の写真が凄い件 | トップページ | 本日朝刊掲載の凍結卵子ビジネスに関する記事中「赤ちゃんが生まれる確率」について朝日の記者と掲載を認めたデスクが酷い件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/58357563

この記事へのトラックバック一覧です: Daniil Trifonov BBC Radio3 Live(日本時間 10/9 3:30-)ロンドン時間 10/8 19:30-(その2)演奏会は開かれたがLive配信は中止→ヨガの後よろけて頭をぶつけたからorz:

« ノーベル化学賞受賞のMartin Karplus教授撮影の写真が凄い件 | トップページ | 本日朝刊掲載の凍結卵子ビジネスに関する記事中「赤ちゃんが生まれる確率」について朝日の記者と掲載を認めたデスクが酷い件 »