« 華岡青洲の全身麻酔薬「麻沸湯」の全貌が分かる「麻沸湯論(天保十 1839)」現代語訳・英訳@愛媛大学大学院医学系研究科医学専攻 病因・病態領域麻酔・周術期学講座 | トップページ | 飛鳥京跡苑池第8次調査現地説明会@11/24 10:00-15:00 »

2013-11-19

食べたいといったときに食べさせて上げよう

仏教の十二支因縁の最初は
 無明
だ。煩悩の無知故に、人間はこの世に存在する。真の智慧は、煩悩にくらまされて、真実が見えない。だから、いろんな判断を誤る。

半年余りで、極身近な家族を相次いで失った。
心残りがあるといえば、どちらにも
 食べたい
と言ったときに、
 食べたいと言ったものを食べさせて上げられなかった
ことだ。病の進行が思ったより早く、手配しようとしたときにはもう食べられる状態ではなかった。

仏前に食べたがっていたものを供えることは出来る。でも
 美味しいよ
 ありがとう
と、必ず言って、うんと喜んでくれた人達はもうこの世にはいない。
すぐに手配できなかったのは、
 まだ元気で居てくれるだろう
という慢心があったとしか言いようがない。京都や関西には、北海道にはあまりないもので、二人が
 そのうち食べたい
と言っていたものがいくつかあった。

ある程度の年齢になると、病は避けがたい。
病によって、食事を制限されることもあれば、病の加減で食べられなくなったり、好みが変わったりすることもある。

まだ幸いなことに、高齢の家族が何人か健在だ。
もし
 少しでも美味しい
と思ってくれるなら。それだけでいいのだ。

死魔は、様々な大事なことを眩ませると聞く。正常な判断力を失わせ、残された者にたくさんの後悔をさせる。

誰もが死に瀕するときは、好物ももう殆ど口に出来なくなってしまうだろう。
そうなる前に、うんと元気な内、何でも食べられる状態のときに、もし何かを
 食べたい
と言ったら、すぐに食べさせて上げよう。

|

« 華岡青洲の全身麻酔薬「麻沸湯」の全貌が分かる「麻沸湯論(天保十 1839)」現代語訳・英訳@愛媛大学大学院医学系研究科医学専攻 病因・病態領域麻酔・周術期学講座 | トップページ | 飛鳥京跡苑池第8次調査現地説明会@11/24 10:00-15:00 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/58608799

この記事へのトラックバック一覧です: 食べたいといったときに食べさせて上げよう:

« 華岡青洲の全身麻酔薬「麻沸湯」の全貌が分かる「麻沸湯論(天保十 1839)」現代語訳・英訳@愛媛大学大学院医学系研究科医学専攻 病因・病態領域麻酔・周術期学講座 | トップページ | 飛鳥京跡苑池第8次調査現地説明会@11/24 10:00-15:00 »