« 人工知能学会から新たな見解@1/9 | トップページ | H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染再び(その4)上海で救急外来勤務の医師(31)がH7N9型鳥インフルエンザに感染して死亡 17日に重症化してたった1日で死亡 感染経路は不明@1/18 »

2014-01-17

英単語を入れると地図上に対応する各言語の単語が表示される"Interactive European language map"

なるほど、これは面白い。
持病でうんうん唸りながら臥せっているのだが、頭はヒマなので、ネットサーフィンしていたらこんなものが。
英"The Guardian"の1/15付記事。


Interactive European language map: how does everyone say cat?

Cat, gato or kissa? How do words change as we travel across the European continent?. The creator of this interactive James Trimble was inspired by a series of maps showing the etymological links and differences between countries. Type any word into the search box and see if it shows shared linguistic heritage or not

Who made this? James Trimble of UK Data Explorer

この導入記事の下に、入力用空欄があって、そこに英単語を入れる。
試しに
 dog
と入れたのがこちら。
Dog

解説によると、Google翻訳を利用して、それぞれの地域の言語に翻訳した単語を地図上に表示しているので、Google翻訳にその地域の言語がなければ、英単語で表示されるし、不正確な訳が出てくることもある、という。
それでも、一目で
 単語から言語の層次
が見られる。英語は、元の言語にさまざまな言語が重層的に被さって出来上がっているのが直観的に分かる。英語で犬を表す単語には、ラテン語系の
 canine
や、ドイツ語等同様、インド=ヨーロッパ語族の古い語根に由来する
 hound
があるけれども、この地図を見ると、なるほど、そうしたことも直観的に理解できる。

|

« 人工知能学会から新たな見解@1/9 | トップページ | H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染再び(その4)上海で救急外来勤務の医師(31)がH7N9型鳥インフルエンザに感染して死亡 17日に重症化してたった1日で死亡 感染経路は不明@1/18 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/58961741

この記事へのトラックバック一覧です: 英単語を入れると地図上に対応する各言語の単語が表示される"Interactive European language map":

« 人工知能学会から新たな見解@1/9 | トップページ | H7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染再び(その4)上海で救急外来勤務の医師(31)がH7N9型鳥インフルエンザに感染して死亡 17日に重症化してたった1日で死亡 感染経路は不明@1/18 »