« 消費税税率アップ前の駆け込み需要でマンションの建設現場は四苦八苦(その3) | トップページ | 佐村河内守さん 別人に作曲を手伝って貰っていたことを明らかに Nスペ等で大きく取り上げブームを作ったNHKは謝罪 Nスペ制作等一連の企画の中心は元TBSのフリーD古賀淳也氏(速報) »

2014-02-04

島根大学生物資源科学部のデジタル標本館がなかなか素晴らしい

TLで流れてきて知ったのだが、
島根大学生物資源科学部 デジタル標本館
が、面白い。

たとえば
 この植物はなんだろう?
と思ったとき、
 iPis(植物標本館 同定システム)
を使って、基本的な情報を入れて、対象を絞っていく。
たとえば
  名前がわからない植物が蔓を持つもの
だったら、
 つる
を選ぶ。その次には
 葉の付き方
を選ぶコーナーがあるので、たとえば
 輪生
を選んでみる。その次は、葉の枚数や、大きさを聞かれる。たとえば
 葉4枚輪生→わからない
 葉の大きさ 葉長4cm 葉幅2cm
でやってみる。
そうすると、ヤッホー!
 入力した条件にどのくらい当てはまっているかが点数化
された上で
 3つの植物が候補
として提示され、
 標本画像・和名(学名)・科名
つきで出てくる。

もちろん
 純粋に植物標本を楽しむ
ということもできる。現在
 37849点
の標本がweb上で展示されている。

もう一つ、見逃せないのが
 植物病原菌標本館
で、小学校の社会科で習った覚えのある
 イネのイモチ病の標本
などをカラーで見ることが出来る。まだ標本点数は25点と少ないけど、今後少しずつ増えるだろう。

植物好きな人は、一度アクセスしてみて。

なお、収録される標本は
 島根県立三瓶自然館サヒメル / Shimane Nature Museum of Mt. Sanbe Sahimel
鳥取県立博物館 / Tottori Prefecture Museum
陸前高田市博物館 / Rikuzentakata City Museum, Iwate Pref.
福島大学共生システム理工学類生物標本室 / Herbarium of Faculty of Symbiotic Systems Science, Fukushima University (FKSE)
と、島根に限定せず、他地域・他大学の標本も利用している。
 システム設計も標本集めも何もかも全部自前でやる

 標本数が偏る憾み
があるが、複数の機関の標本を利用するシステムを採用することで、より広い
 コレクション
が可能になっている。

|

« 消費税税率アップ前の駆け込み需要でマンションの建設現場は四苦八苦(その3) | トップページ | 佐村河内守さん 別人に作曲を手伝って貰っていたことを明らかに Nスペ等で大きく取り上げブームを作ったNHKは謝罪 Nスペ制作等一連の企画の中心は元TBSのフリーD古賀淳也氏(速報) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/59073198

この記事へのトラックバック一覧です: 島根大学生物資源科学部のデジタル標本館がなかなか素晴らしい:

« 消費税税率アップ前の駆け込み需要でマンションの建設現場は四苦八苦(その3) | トップページ | 佐村河内守さん 別人に作曲を手伝って貰っていたことを明らかに Nスペ等で大きく取り上げブームを作ったNHKは謝罪 Nスペ制作等一連の企画の中心は元TBSのフリーD古賀淳也氏(速報) »