« 国会図書館のNDL-OPACがとても賢くなっていた件 | トップページ | ソチ五輪 羽生結弦金メダル! P.チャン銀 デニス・テン銅とアジア系選手が表彰台独占(速報) »

2014-02-14

ソチ五輪 さらば、プルシェンコ

悪い予感は当たった。
いま競技が続いている
 男子フィギュアSP
の第2グループ1番滑走は
 エフゲニー・プルシェンコ
の筈だった。
今朝の練習から、プルシェンコはほとんど滑っていない。
演技前の6分間練習で、アクセルジャンプを跳んだ後、プルシェンコはバランスを崩した。明らかに腰の具合がおかしい。その後、もう一度アクセルを跳ぼうとしたが、ジャンプの形にならない。

もう腰は保たないだろう。
プルシェンコが、フィギュア団体戦でSP/FSの両方に出たとき、うっすらと悲しい予感はあった。
あれだけの大手術。
あれだけの厳しいリハビリ。
何度も身体にメスを入れ、そのたび、少しずつアスリートに必要な関節の可動域を失いながら、プルシェンコはそれでも氷に戻ってきた。
でも。
今回は違う。
プルシェンコは、先ほど、ほぼ間違いなく、競技人生を終えた。

名前を呼ばれる前、子どもの頃からプルシェンコを指導しているミーシンコーチと何やら話し合っていた。プルシェンコの表情から察するに、よい話ではない。
そして、プルシェンコは、ジャッジ席に向かって滑っていった。端にいた審判と言葉を交わし、もう一度リンクの真ん中に戻り、一礼した。
棄権。
プルシェンコのソチ五輪は終わった。

最後に手にした団体での金メダルが、プルシェンコの競技人生の花道を飾った。
あるいは、プルシェンコの今回の振舞をエゴと非難する向きもあるだろう。
でも、満身創痍、最後の力を振り絞って、祖国ロシアに、2大会振りの金メダルをもたらすため、プルシェンコは氷に立ったのだ。

さらば、プルシェンコ。あなたの闘いは終わった。
ゆっくり身体を休めて欲しい。

続き。(3:24)
NHKニュースより。


フィギュア プルシェンコが棄権 引退へ
2月14日 2時53分

ソチオリンピック、フィギュアスケート男子シングルの前半、ショートプログラムで、前回、バンクーバー大会銀メダリストのロシアのエフゲニー・プルシェンコ選手が棄権しました。プルシェンコ選手は練習で腰を痛め、現役を引退する考えを明らかにしました。
棄権したプルシェンコ選手は「きのうの練習でジャンプを降りたときに腰を痛め、きょうの試合前の練習で3回転ジャンプをしたら腰の痛みが悪化し、無理だと思った。オリンピックよりも体を選んだ」と棄権した理由を説明しました。
そして、「こういう形で自分のキャリアを終えるのは残念だ。もう少し違う終わり方にしたかったが、神様にこれ以上は無理だと言われた気がする」と話し、現役を引退する考えを明らかにしました。
今後については「アイスショーに出たり、ビジネスをしたりしたい」と話しています。

|

« 国会図書館のNDL-OPACがとても賢くなっていた件 | トップページ | ソチ五輪 羽生結弦金メダル! P.チャン銀 デニス・テン銅とアジア系選手が表彰台独占(速報) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/59127462

この記事へのトラックバック一覧です: ソチ五輪 さらば、プルシェンコ:

« 国会図書館のNDL-OPACがとても賢くなっていた件 | トップページ | ソチ五輪 羽生結弦金メダル! P.チャン銀 デニス・テン銅とアジア系選手が表彰台独占(速報) »