« NHKラジオテキスト まいにち中国語4月号がよく出来ている件 | トップページ | 東海テレビ制作「4分9秒の奇跡 浅田真央11年密着」関東ローカルは本日フジ 15:50-16:50 »

2014-03-21

早稲田の博論審査はどうなっているのか(その3)「引用文献番号まで含めて他人の論文から丸ごとコピペしたせいで、引用番号もおかしいし番号の上付きフォントも解除されて全部通常フォントになっているD論をみつけてしまいました」@twitter

どうやら
 コピペは「伝統芸」
だったらしい。
@blackshadow0さんが
 とんでもない博論を発見
された。







@blackshadow0さん、ご指摘ありがとうございます。

確認すると、あら吃驚。
さすがに、@blackshadow0さんが指摘されたすべてを上げるのは大変なので、
 わかりやすい部分
を引用する。
こちらが元になった論文(pdf)。
Julio Camarero and Eugenio Coronado. Molecular vs. inorganic spintronics: the role of molecular, materials and single molecules. Journal of Materials Chemistry, 2009, 19, 1678–1684, DOI: 10.1039/b819594n
こちらが比較されているD論。(全文公開されている)
Charge-transporting nitroxide radicals and their application to organic electronic devices
元の論文の画像。Jjj
こちらがD論の「相当部分」。18-19ページ。
Cpt
Cog

まったく同じ図だが、特に引用したという言及はない。異なっているのは図の番号が
 原論文 Fig.3
 D論 Fig.8
に変わっていることだ。赤で囲ってあるのが図番号。
さて、この図を用いて論述している部分。
こちらが原論文。
Jjt
赤で囲ったように、
 図番号はFig.3
 注番号も「上付きの小さい数字」
となっている。
こちらはD論。
Cptt
赤で囲ったように
 本来Fig.8であるはずの図番号が、原論文の図番号Fig.3のままに
 注番号で「上付きの小さい数字」で表される筈の数字が、普通のフォントのまま本文中に残される
ということに。

確かに、@blackshadow0さんの指摘されるように
 PDFから論文をそのままコピペ
して
 貼り付けた
結果、
 文字飾りの情報が落ちた
だけでなく
 図番号の付け替えも怠った
ってことになる。
 ちゃんと査読を受けていたら気がつくはずの部分
なんだけど、この様子だと
 果たして査読が行われているのかどうか
が不思議だ。

先日、早稲田OBの方と話した際、
 僕も早稲田で学位取ったのに、、、恥ずかしい
と歎いてらっしゃった。
ことは早稲田だけに限らない。国際的には
 日本のすべての大学の学位の値打ちを道連れにして、どん底にたたき落とした
のが、現在のこの
 博論コピペ問題
である。

|

« NHKラジオテキスト まいにち中国語4月号がよく出来ている件 | トップページ | 東海テレビ制作「4分9秒の奇跡 浅田真央11年密着」関東ローカルは本日フジ 15:50-16:50 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/59328583

この記事へのトラックバック一覧です: 早稲田の博論審査はどうなっているのか(その3)「引用文献番号まで含めて他人の論文から丸ごとコピペしたせいで、引用番号もおかしいし番号の上付きフォントも解除されて全部通常フォントになっているD論をみつけてしまいました」@twitter:

« NHKラジオテキスト まいにち中国語4月号がよく出来ている件 | トップページ | 東海テレビ制作「4分9秒の奇跡 浅田真央11年密着」関東ローカルは本日フジ 15:50-16:50 »