« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014-03-26

早稲田の博論審査はどうなっているのか(その4)小保方晴子ユニットリーダーの博論を早稲田が調査へ

マスコミにも多数早稲田OBOGがいるせいか、
 早稲田の博論審査問題
について、
 身内の「良くない」話は出来るだけ避けたい
のか、報道の動きが鈍いのだけど、やっと
 早稲田が小保方晴子ユニットリーダーの博論の調査を始める
らしい。今回の騒動の余波で、日本の大学全体の博論の水準が疑われる事態になってるんだから、ちゃんとやって欲しいよ。こんなんではいくら
 グローバル化
と言っても
 国際的に信用のおけない学位
を求めて
 留学してくる優秀な海外の学生
なんていないに決まってるじゃん。てか、このままだと
 日本の優秀な学生も、最初から日本の大学を学位取得の選択肢から外す
ってことになりますがな。

読売より。


小保方さんの博士論文、早大が本格調査へ

 理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダー(30)が早稲田大に2011年に提出した博士論文に、無断引用の疑いが見つかったことなどを受け、早大は、外部の有識者を交えて不正の有無を本格的に調査する方針を固めた。
 複数の早大関係者が25日、読売新聞の取材に対し明らかにした。
 調査で不正が認定されれば、内規に基づき、論文や学位取り消しを検討する。
 博士論文は、骨髄にある細胞が様々な組織の細胞に変わることを示した内容。小保方リーダーはこの論文で学位を取得した。ところが、約100ページのうち冒頭約20ページの文章やイラストが、幹細胞について説明している米国立衛生研究所のホームページの記述とほぼ同じだった。また、遺伝子の働きを示す画像には不自然な加工の跡があるとも指摘されている。
(2014年3月26日 読売新聞)

その後
 ネットを中心とした「博士論文審査の水準」の検証
は、まだまだ続いていて、どんどん
 コピペ論文が発見
されているところだ。

その辺りは11jigenさんのblogのこちらの記事をご覧下さい。
2014年3月19日水曜日 全国の大学の博士論文のコピペ調査
日々チェックしてるけど、絶句する内容だ。

ところで、この調査だけど、毎日、difffなどで比較できる範囲で
 コピペ等の報告
が上がっている。言っておくけど
 インターネットで検索出来ちゃう範囲で「コピペ」してる
って
 コピペの中でも実に杜撰なやり方のものだけ、ざっとピックアップしてこの量
なのだからな。

で。
上記読売記事を読んでたら、こんな広告が掲示された。逆効果じゃないのか。
Yom
拡大するとこんな感じ。
Ad
どういう仕掛けで広告を表示するようにしてるのか知らないけど、まあ、ダメですな、読売新聞広告局。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014-03-24

東海テレビ制作「4分9秒の奇跡 浅田真央11年密着」関東ローカルは本日フジ 15:50-16:50

浅田真央の地元、東海テレビが制作した
 4分9秒の奇跡浅田真央 11年密着
は、逐次FNN系列各局で放映されているが、関東ローカルは本日午後。
フジより。


ドラマチックα・4分9秒の奇跡浅田真央 11年密着
3月24日(月)15:50~16:50

ソチ五輪涙のフリー「4分9秒」に込められた浅田真央の想いとは?ロングインタビューにプライベートカメラ、さらに11年にわたる密着取材映像で奇跡の演技の真実に迫る。
[キャスト] 浅田真央 浅田舞 佐藤信夫 山田満知子 伊藤みどり 荒川静香 【ナレーター】 香里奈

番組紹介
ソチ五輪で日本中を感動させた浅田真央。完璧な演技を目指して臨んだ2度目のオリンピックだったが、ショートプログラムで失敗。しかし、メダルが絶望的な状況で迎えたフリースケーティングでは、見事完璧な演技を見せて涙を流した。あのフリースケーティングの4分間にはどんな想いが込められていたのだろうか?真央は、ソチ五輪のフリースケーティングで、これまでのスケート人生で培ったことをすべて出し切りたいと考えていた。番組では、そんな真央への帰国直後のロングインタビューや、姉・浅田舞をはじめ真央を支えてきた人たちへの取材をとおし、真央の強さ、そして「感謝の気持ちをこめて滑りたい」という真央の“心のスケート”の真実に迫る。そして誰よりも濃密なスケート人生を、家族だけの練習シーンなど2003年から2014年まで11年間にわたる秘蔵密着取材映像で振り返る。

東海テレビや、関西テレビ、北海道文化放送等ではすでに放映されているが、地元局の制作というだけあり、非常に良い内容とのこと。

こちらが東海テレビのサイト。
4分9秒の奇跡浅田真央 11年密着
こちらでは浅田真央と担当ディレクターのコメントが掲載されている。


浅田真央コメント
「ソチ五輪のフリースケーティングでは、精神的にも一番大変だったけど、一番いい演技ができました。フリーの演技前はもうとにかく前に進むだけ、やるしかない!、と考えていました。ショートでは大きな壁を登ることができなくて、頂上まで行けませんでしたが、フリーでは乗り越えることができて最高の喜びを味わうことができました。」
ディレクターコメント
「真央選手の取材を始めたのは、2003年春、真央選手が中学1年生の時でした。それから出場するすべての大会を取材しましたが、同年代との試合ではぶっちぎりで優勝しても、お姉さんたちと一緒の試合ではなかなか勝てずに悔しい思いをする・・・、そんな少女時代でした。その後トリプルアクセルの成功をきっかけに世界のトップへと駆け上がるのですが、そこには苦労もたくさんありました。フィギュアスケート選手は、身長が1cmでも伸びると、ジャンプのバランスがものすごくとりにくくなるといわれています。彼女は中学2年生の時、身長が10cm近くも伸びました。そこからの努力は並大抵のものではありませんでした。うまくいくとき、そうでないときがありましたが、いつも真央選手は全力。今回2度目のオリンピック出場となったソチでは、皆さんもご存知の通り、ショートプログラムは、残念な結果となりましたが、フリーでは完璧な演技を披露し、ショートプログラム16位から一気に順位を上げ、6位に入賞できました。これは、彼女がこれまで、どんな逆境でも全力を尽くして努力してきた成果だったと思います。番組では、真央選手が何をモチベーションに滑り続けたのか、これまでの映像をふんだんに盛り込み、その軌跡をお伝えします。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014-03-21

早稲田の博論審査はどうなっているのか(その3)「引用文献番号まで含めて他人の論文から丸ごとコピペしたせいで、引用番号もおかしいし番号の上付きフォントも解除されて全部通常フォントになっているD論をみつけてしまいました」@twitter

どうやら
 コピペは「伝統芸」
だったらしい。
@blackshadow0さんが
 とんでもない博論を発見
された。







@blackshadow0さん、ご指摘ありがとうございます。

確認すると、あら吃驚。
さすがに、@blackshadow0さんが指摘されたすべてを上げるのは大変なので、
 わかりやすい部分
を引用する。
こちらが元になった論文(pdf)。
Julio Camarero and Eugenio Coronado. Molecular vs. inorganic spintronics: the role of molecular, materials and single molecules. Journal of Materials Chemistry, 2009, 19, 1678–1684, DOI: 10.1039/b819594n
こちらが比較されているD論。(全文公開されている)
Charge-transporting nitroxide radicals and their application to organic electronic devices
元の論文の画像。Jjj
こちらがD論の「相当部分」。18-19ページ。
Cpt
Cog

まったく同じ図だが、特に引用したという言及はない。異なっているのは図の番号が
 原論文 Fig.3
 D論 Fig.8
に変わっていることだ。赤で囲ってあるのが図番号。
さて、この図を用いて論述している部分。
こちらが原論文。
Jjt
赤で囲ったように、
 図番号はFig.3
 注番号も「上付きの小さい数字」
となっている。
こちらはD論。
Cptt
赤で囲ったように
 本来Fig.8であるはずの図番号が、原論文の図番号Fig.3のままに
 注番号で「上付きの小さい数字」で表される筈の数字が、普通のフォントのまま本文中に残される
ということに。

確かに、@blackshadow0さんの指摘されるように
 PDFから論文をそのままコピペ
して
 貼り付けた
結果、
 文字飾りの情報が落ちた
だけでなく
 図番号の付け替えも怠った
ってことになる。
 ちゃんと査読を受けていたら気がつくはずの部分
なんだけど、この様子だと
 果たして査読が行われているのかどうか
が不思議だ。

先日、早稲田OBの方と話した際、
 僕も早稲田で学位取ったのに、、、恥ずかしい
と歎いてらっしゃった。
ことは早稲田だけに限らない。国際的には
 日本のすべての大学の学位の値打ちを道連れにして、どん底にたたき落とした
のが、現在のこの
 博論コピペ問題
である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014-03-20

NHKラジオテキスト まいにち中国語4月号がよく出来ている件

ちょっとした知り合いがエッセイを連載していると教えて貰ったので
 NHKラジオテキスト まいにち中国語 4月号
を買ってみた。多田麻美さんのエッセーが載っているのである。生き生きとした北京の今を伝える、冒頭の素敵なカラー写真や文中のスナップを夫君が担当されている。なるほど、面白い。

ところで、3/31から始まる新しいラジオ講座のテクストは
 小野秀樹東大准教授 すぐに使える中国語
なのだけれども、これが実によく出来ている。

中国語を学び始める時の最重要ポイントは
 最初の1ヶ月で発音を身につけられるかどうか
に掛かっている。
 最初の1ヶ月がうまく乗り切れるかどうか

 その後、その人が中国語が話せるようになるかどうかの分かれ道
だ。

わたしが学んだ教科書は、以前にもそのことに触れたけれども
 文革期に作られた『基礎漢語(Mandarin Primer)』上下(中国商務印書館)
で、元は
 中英対訳形式(日本では日本語訳が東方書店から出版された)
である。語学の教科書としては大変に出来がよく、
 発音パートはみっちり1ヶ月かけて発音の練習をする形式
で、
 1970〜80年代には世界中の大学で中国語の教科書として使われていたベストセラー
なのだが、いかんせん
 発音練習は単調
なので、大学の語学クラスならともかく、
 いろんな経歴の多数の人が学ぼうとするラジオ講座で同じことは出来ない
のだ。

そこで、この「すぐに使える中国語」なのだけれども
 単母音・複母音・声調・子音
という
 中国語の発音のキモとなる部分
をうまく組み合わせて
 飽きが来ないような、短文やフレーズを組み立てる
という、行きとどいた作りになっている。その
 発音練習を兼ねる例文が、実際に使える例文
というのが素晴らしい。
 発音練習の何がつまらないか
といえば
 せっかく中国語が発音できるようになったのに、意味のあるフレーズはまだ教科書に出てこない
ことに尽きる。その
 発音練習時期の教科書の弱点

 見事に克服している点
で、まずは感服した。だから
 一般的な初級中国語の教科書では、まず最初の部分で見かけないような漢字
がたくさん出てくる。もっとも
 オトナが中国語の勉強をする
と考えるならば、こうした
 一般的には使われるが、初級の教科書に最初からは出てこない単語
は、
 発音練習という機会を生かして、慣れさせる
のがイイと思う。どうせその内使うようになるからだ。

大体、1980年代中頃から90年代にかけて、国内で使われていた中国語の教科書というと、上記の『基礎漢語』は別格だったのだが
 絶対に中国人が使わない中国語
が、平気で載っていた。中国語としておかしな例文もあれば、
 こんな表現、実際にはしないだろう
という不思議な口語文もあり、
 留学するとまずその「言語障壁」にやられるパターン
が多かった。だから、中国へ留学へ行くと
 自分が習ってきた中国語を一度壊してから、新たに生きた中国語を身につける
ことになった。これができない日本人も少なからず存在して、
 留学生寮の自室に引き籠もって、日本人としか話をしない生活
を送り、さして中国語が上達しないままに日本に帰国する、なんてことになった。彼ら彼女らが何をしに中国に留学していたのかは謎だ。

そうした不幸な時代を経て、21世紀の今
 使える中国語が本当に初級のテクストに載る時代
を迎えた。小野秀樹さんのテクスト編集の苦労と、
 この教科書を学ぶ人達には、是非とも中国語を好きになって欲しい
という熱意の元、工夫を凝らした才智に頭が下がる思いがする。

一度、中国語に躓いた経験のある人にも、オススメ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日のフジテレビ「笑っていいとも!」テレフォンショッキングに安倍ちゃん登場予定 一方で「NHKは安倍晋三のプロパガンダ機関に成り下がるのか」@イギリスBBCのニュース

明日、
 笑っていいとも!
のテレフォンショッキングに
 安倍ちゃん
が出演するらしい。時事より。


安倍首相、21日に「いいとも」出演

 安倍晋三首相が21日のフジテレビ系バラエティー番組「森田一義アワー 笑っていいとも!」に出演する。フジテレビが20日発表した。現職首相では小泉純一郎元首相が電話で出演したことがあるが、スタジオでの出演は初めてという。
 20日の同番組では、司会のタモリこと森田一義さんが、山田真貴子首相秘書官に電話で「あした来てくれるかな」と問い掛けた。山田氏は首相に代わって「いいとも」と応じた。(2014/03/20-13:30)

ま、たぶん、安倍ちゃんは浮かれているだろうと思われる。
なんでも
 安倍ちゃんの甥がフジテレビ入社予定
だそうで。ここは下世話に週刊ポストから。


官邸テレビ支配進行 首相の甥がフジ入社、麻生氏甥はTBS在籍
2014.03.20 07:00

 安倍晋三首相肝いりで会長や経営委員会人事が行なわれたNHKでは、番組制作が政権寄りになっているのではないかとの指摘が出ている。また、民放各局でも反安倍派の論客がレギュラーから外される動きが出ている。
 安倍官邸のテレビ支配が進むなか、いまテレビ業界でにわかに話題になっていることがある。この4月から、安倍首相の弟である岸信夫・外務副大臣の次男が、フジテレビに入社する予定だという(フジテレビ広報部は「内定者についてはお答えできない」と回答)。
「安倍首相の甥が入社することは社内ではかなり早い段階で噂になっていた。第一次安倍内閣の際には中川昭一・財務相(故人)の長女が入社しています。日枝久・会長と安倍首相がゴルフや会食を重ねる親密な仲であることは周知の事実なので、このタイミングで安倍首相の甥が入社することは、余計な憶測を呼んでしまうかもしれません」(同局局員)
 ちなみに、TBSには、麻生太郎・副総理の甥が在籍している。気がつけばテレビ局は、政権幹部の縁戚ばかりになっている。もちろん、そのことが入社に影響を与えたり、縁戚がいるから批判を手控えるなどということは、報道機関としてあり得るはずがない。しかし、どうしてもそうした憶測を呼んでしまうのは、安倍政権とテレビの距離があまりに近過ぎるせいだ。
※週刊ポスト2014年3月28日号

ま、実を言えば
 NHKだって、政治家の子女を入局させてきた輝かしい過去
があるわけで、
 メディアに現役政治家の親類縁者が入っているのは既成事実
ではあるのだが、
 ちょっと露骨
かな、ってところですかね。

ところで、イギリスの公共放送BBCは次のような見出しを掲げて
 公共放送NHKが危機を迎えている
と報じている。


20 March 2014 Last updated at 01:29 Is Japan's public broadcaster under threat?

Japan's public broadcaster, NHK, was created to provide independent news to a nation. But recent appointments have raised fears that its independence is at risk, reports Mariko Oi.
At noon on 15 August 1945, the Japanese people heard for the first time the voice of a man they had long believed was a living god. It was Emperor Hirohito's announcement, carried by the Japan Broadcasting Corporation (NHK), that World War Two was over and Japan had surrendered.
NHK, established in 1926, has for decades provided television and radio channels free from commercial influence.
Like many other publically-funded media organisations, it has faced accusations of bias in the past. But now, as one former senior NHK executive, Kohei Ihashi, puts it: "NHK is facing its biggest crisis ever."

Last year, Katsuto Momii was named NHK's new chairman, in a move seen as backed by conservative Prime Minister Shinzo Abe.
At his first press conference on 25 January, Mr Momii's remarks that Japan's use of wartime sex slaves was not unique made international news headlines.
But what attracted attention locally was this comment: "We cannot turn left when the government says right."
Mr Momii said NHK's coverage should support the government in its regional territorial disputes. When asked about a state secrecy law which imposes stiff penalties on whistleblowers, he said it was "nothing to worry about".
There was immediate reaction on social media. "NHK has officially become Abe's propaganda network," was one representative response on Twitter.
It was then revealed that Mr Momii demanded undated resignation letters from all 10 managing directors on NHK's executive board on his first day. Questioned by opposition lawmakers, he said it was a standard move - something business leaders subsequently shot down.

以下、かなり長く、現在のNHKの籾井会長や一部経営委員が
 安倍ちゃんの推しメン
であることを詳しく記事にしている。

同じ先進国の公共放送であるBBCの、NHKの現状に対する憂慮は深い。
もっとも、安倍ちゃんはこうした
 英語等による海外での報道は意に介してないように見える
ので、いくら
 海外諸国とうまくやっていく
と国内向けに宣言したところで、
 ほんとはどないなんや
という目で見られているってことですな。取材するのは
 BBCを含む、諸外国のメディア
だからな。
 日本に対する偏向報道を止めさせる
と言っても、そもそも
 国内で公共放送NHKを自分用のプロパガンダ機関にチューンナップしている
という
 疑いの目
で見られてるんだから
 「発言の公平性」がそもそも存在するのか
というバイアスが掛かった状態で、今後も海外の報道が行われる悪寒。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米軍ではバイオテロ対策として今でも種痘(天然痘ワクチンを接種)

有事の備え、っていうとキナ臭い感じがするのだが、
 いざ危険が迫ってから泥縄式に対策する
のでは、役に立たない。
先ほど、在日米軍のアカウントがこんなtweetを。


日本で果たして自衛隊員が
 バイオテロを念頭に置いて天然痘ワクチンを接種しているかどうか
は知らない。しかし、
 天然痘ウイルスによる生物兵器が使われない保証はどこにもない
わけで、だとすれば、上記tweetのように
 常に種痘をしておく
のが正しい。



なお、米軍が兵士に接種するのは、天然痘だけではないらしい。

疫学的な備えは、自衛隊にはあるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4/19は土曜日だけど横須賀で海上自衛隊護衛艦16隻のカレー頂上対決だっ

金曜日はカレー曜日というのが
 海自の習慣
である。
 航海中は曜日が分からなくなるので、カレーを食べて曜日を思い出す
らしい。

そのためもあってか、日本人がカレー好きなのもあってか
 海自のカレーレシピは大変充実
している。
最近の海自の公式サイトでは、サイトの下部に
 レシピ
のバナーが張られていて、クリックすると、海自レシピページに飛ぶ。で、レシピは
 和食
 洋食
 中華
カレー
の4つのカテゴリに分かれているという徹底ぶりだ。

さて、この海自のカレーを提供している機関ごとに並べると


護衛艦「くらま」 ハヤシライス(4人分)
護衛艦「ひゅうが」 ビーフカレー(4人分)
護衛艦「しまかぜ」 しまかぜカレー(4人分)
護衛艦「はつゆき」 海自カレー はつゆき風(4人分)
護衛艦「みねゆき」 みねゆきカレー(4〜6人分)
護衛艦「さわゆき」 ポークカレー(4人分)
護衛艦「やまゆき」 牛スジの煮込みカレー(4人分) 肉じゃがカレー(4人分)
護衛艦「うみぎり」 うみぎり季節のカレー(4人分)
護衛艦「あけぼの」 ビーフカレー(4人分)
護衛艦「おおよど」 カレー(4人分)
護衛艦「たかなみ」たかなみ特製カレー(4人分)
潜水艦「まきしお」 にんにくポークカレー(4人分)
潜水艦「はやしお」 激辛カレー(4人分)
潜水艦ふゆしお 海自カレー(4人分)
潜水艦「あらしお」 野菜カレーライス(4人分)
掃海母艦「うらが」 シーフードカレー(4人分)
掃海母艦「ぶんご」 具沢山カレー(6人分)
掃海艦「やえやま」 ポークカレー(4人分)
掃海艦「つしま」 野菜カレー(4人分)
掃海艦「はちじょう」 ポークカレー(4人分)
掃海艇「いずしま」 カツカレー(4人分)
掃海艇「あいしま」 カレーライス(4人分)
掃海艇「みやじま」 和風カレーライス(4人分)
掃海管制艇「おぎしま」 スパイシービーフカレー(4人分)
掃海艇「さくしま」 ビーフカレー(4人分)
訓練支援艦「くろべ」 くろべカレー(4人分)
音響測定艦「ひびき」 ひびきカレー(4人分)
砕氷艦「しらせ」 しらせシーフードカレー(4人分)
試験艦「あすか」 ポークカレー(4人分)

横須賀潜水艦基地隊 カレーライス(4人分)
船越基地業務隊 ポークカレー(4人分)
厚木航空基地隊 厚木勝カレー(4人分)
館山航空基地隊 海自カレー(4人分)
小松島航空基地隊 カレー(4人分)
岩国航空基地隊 れんこんカレー(4人分)
小月航空基地隊 チキンカレー(4人分)
鹿屋航空基地隊 カレー(10皿分)
那覇航空基地隊 愛情たっぷりカレー(4人分)
自衛隊呉病院 カレーライス(4人分)
東京音楽隊 チキンカレー(5人分) ビーフカレー(5人分)

という具合の充実ぶりだ。
この内
 護衛艦16隻で提供されているカレーのNo.1を実食の上、投票で決定する頂上決戦

 4/19(土)横須賀
で開かれる。


第2回護衛艦カレーナンバー1グランプリinよこすか
2014年4月19日 海上自衛隊横須賀地方総監部
海上自衛隊で、No.1のカレー決定戦!!
16隻のカレーが大集結します!護衛艦で作られた本物の味を食べて投票しよう!
艦艇一般公開も同時開催します!
 Goeikancurry
開催日時 2014年4月19日 9:00~15:00
※カレーがなくなり次第終了
※艦艇の一般公開は、9時~16時(入場は15:30まで)
開催場所 海上自衛隊横須賀地方総監部
住所 〒238-0046 神奈川県横須賀市西逸見町1
アクセス JR横須賀線横須賀駅より徒歩5分
京浜急行線汐入駅より徒歩15分
(略)
★参加予定艦艇★
護衛艦「むらさめ」
護衛艦「はるさめ」
護衛艦「たかなみ」
護衛艦「おおなみ」
護衛艦「くらま」
護衛艦「あまぎり」
護衛艦「はまぎり」
護衛艦「はたかぜ」
護衛艦「こんごう」
衛艦「きりしま」
護衛艦「ちょうかい」
護衛艦「あたご」
護衛艦「あしがら」
補給艦「ときわ」
訓練支援艦「くろべ」
横須賀潜水艦部隊

というわけなので、お時間と興味のある方は是非4/19横須賀へGO!

艦これの提督達が大挙して押し寄せる悪寒。

おまけ。
 4/18締切(当日消印有効)

 護衛艦いずものロゴマーク募集中
だ。詳しくは下記リンク先に。
護衛艦「いずも」ロゴマークの募集について

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014-03-19

早稲田の博論審査はどうなっているのか(その2)副査の筈のVacanti医師「彼女の論文を読んでない」→追記あり(理工の博士論文審査過程)

え〜!!!!!!
natureがSTAP細胞に関するニュースを更新した。
Stem-cell method faces fresh questions

この記事では、小保方晴子ユニットリーダーの「師匠」の1人、Harvard Medical School in BostonのCharles Vacanti医師にインタビューを行っている。その中にこんな発言が。訳は例によっていい加減なので、間違っていたらごめんなさい。


To add confusion, the first 20 pages of Obokata’s thesis, completed in 2011 at Waseda University in Tokyo, were found by Nature News to be taken from a US National Institutes of Health primer on stem cells, and one image in the results section has been reproduced from a commercial website without a citation. Moreover, Vacanti, who was listed on the thesis as a member of the examination committee that approved it, told Nature News: “I was not presented with or asked to read a copy of her dissertation.”(さらに混迷を深めるのは、東京の早稲田大学が2011年に受理した小保方氏の学位論文の最初の20ページでは、アメリカのNIHの幹細胞の基礎から取られ、結論部分の画像の1つは、商業サイトから無断で改変されたものであることをNature Newsは発見している。その上、論文を認めた、審査委員会のメンバーに名を連ねているVacanti医師は、Nature Newsに対し、「わたしは彼女の論文の写しを貰っていないし、読んでほしいと頼まれてもいない。」と語った。)

えっと、これが早稲田の学位論文審査報告書ね。


博士論文審査報告書(PDF)

論文題目
Isolation of pluripotent adult stem cells discovered from tissues derived from all three germ layers
三胚葉由来組織に共通した万能性体性幹細胞の探索
申請者
Haruko OBOKATA
小保方 晴子
生命医科学専攻 環境生命科学研究
2011年2 月
(略)
審査員(略)
ハーバード大学教授 MD(Nebraska 大学) Charles A. Vacanti

って明記してあるんだけど、一体どうなっているの?
もし、サインがあるんだったら、誰がサインしたんだ?

なお、Vacanti医師は、4/1にアメリカで講演を行う。ボストン近郊の日本人で興味のある人達は挙って聴きに行くらしい。


BRI Leaders in Regenerative Medicine Seminar Series

This new seminar series co-sponsored by the BWH Regenerative Medicine Center and Harvard Stem Cell Institute will showcase the cutting edge regenerative medicine research taking place at BWH and other local area institutions such as MGH and HSCI.

The seminars will provide a platform for regenerative medicine researchers at BWH to come together, network with each other, learn about the latest findings in regenerative medicine and explore potential collaborations. The center will also focus on funding opportunities and one of its goals is to strengthen ties with MGH and HSCI and prime future collaborations around program project grants with these institutions.

This event will take place on the first Tuesday of each month beginning October 2013 from 3:30pm – 5:00pm, in the Anesthesia Conference Room, unless otherwise noted.

Upcoming Seminar:
Tuesday, April 1st, 4-5 PM, Bornstein Amphitheater

Featuring:

Charles Vacanti, MD
Anesthesiologist, BWH & Vandam/Covino Professor of Anaesthesia, HMS

(追記 3/20 19:14)
で、不思議なのは
 博論って普通は公聴会を開く
筈なんだけど、早稲田のシステムはどうなっているのだろう?
一般的には
 公聴会は外部から聴きに来る人がいる
わけで、
 事前に質問を準備して通告しておく等のシステム
のところもある。
下のリンク先が、今回の博論を受理した、生命医科学専攻を含む、早稲田の理工学術研究院の博論審査手続に関する、現在の説明。
博士学位申請 課程内申請に必要な書類
これを見ると
 公聴会を開いている
ようなんだけど、
 副査が「論文を見てもいない、読めとも言わなかった」と明言
しているのは、どう考えても
 おかしな話
だよね。こちらは
 2014年度 部科主任会・研究科運営委員会開催日程および学位授与式日程表(PDF)
で、2011年(2010年度)とはやり方が若干変わっているかも知れないが、
 少なくとも2ヶ月前には書類を揃えて提出する必要
がある。
で、最初の段階として、
 学位申請に必要な書類として本人が主任会議の2週間前までに博士論文概要(和文用word file (ver. 20130626))(原本1部、そのコピー1部 提出)と申請時フォームを提出
し、
 専攻主任または主査

 課程内受理申請書(ver. 20130626) (原本1部提出)
を提出する。

その後
 主任会議で、学位審査に値する研究かどうかの判定
を行い、
 学位審査に値する研究
と認められれば、
 公聴会の開催を学内外に告知した上(大体2週間前には告知が出る)
で公聴会を開催、口頭試問が行われ、その後すぐに
 学位審査の会議
が開かれ、
 合否が決定される
というのが、早稲田の理工の手順のようだ。この手順だと、Vacanti医師が主張するような
 副査として名前が挙がっている研究者

 脱落する可能性はほぼない
わけで、一体何が起きているのか、本当に謎。
(追記終わり)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014-03-17

小南一郎『唐代伝奇小説論 ― 悲しみと憧れと ―』 岩波書店 6800円@3/19発売

小南一郎先生の御著書が、岩波書店から明後日発売予定である。


唐代伝奇小説論 ― 悲しみと憧れと ― 小南 一郎

■体裁=A5判・上製・カバー・256頁
■定価(本体 6,800円 + 税)(未刊)
■2014年3月19日
■ISBN978-4-00-025954-5 C0098
思うに任せぬ立身出世、愛し合っても別離を選択せざるを得ない男女関係―。いつの時代も現実社会は矛盾に満ち、不条理な出来事が多く発生する。女性を主人公とした虚構世界の様々な恋愛悲劇に、唐代の知識階層に属する作者たちはどんな思いを込めたのか。人生とは、運命とは何かと語りかけてくる作品群を、丹念に読み解く。

専門外の方は、あまり小南一郎先生をご存じないかも知れない。
しかし、京大中国学の先生の中でも、指折りのお一人であることは間違いない。
研究対象とされる領域は広く、甲骨文字、『楚辞』、五経等儒学経典、西王母を始めとする神仙研究、志怪小説、唐代伝奇、敦煌変文、中国の仏教説話、そして正史『三国志』など、ざっと上げただけでも多岐に渡る。そして、恐ろしいことに
 論証は常に緻密
である。
2006年3月に京大人文研を退任された時の著作目録は以下に。
小南一郎教授著作目録(PDF)
人文研におられる頃は
 その内、床が抜けるのではないか
と噂されるほど、研究室内の蔵書を誇っておられた。毎年、新たに書物を購入され、その全てに目を通し、少しでも目新しい知見が得られれば、それを研究に取り込む。膨大な文献を博捜するのみならず、考古学的な文物にも目を配り、近年は、民間文学の現場にも足を運ばれて調査を続けておられる。何かと成果を求められる昨今の慌ただしい研究の世界において、
 篤実
と表現するのがふさわしい、希有な存在である。

小南一郎先生の学風の特徴はその広さ、厳密さと共に
 文章の素晴らしさ
にある。京大の先生方といえば
 悪口を言われて一人前
という風土がある。これには、京都という土地柄が醸成する文化の1つ、
 ただ褒められているだけなのは、実はちっとも褒められてない
という裏の意味がある。京雀の流れを汲んだわけでもないのだが、口さがないことでは定評がある筈の京大の先生方が、わたしの学生時代、老いも若きも、
 筆が立つ
と潔く冑を脱いでいたのが、小南一郎先生である。それは今も変わらない。

まだ、先生の新著を目にしていないのだけれども、唐代伝奇を正面から扱った上記単行本は、先生がこれまで書き、研究、発表されてきたテーマ・論文を更に磨き上げて、上梓されるものだろうと思う。
先生の新著に触れられるとは、実に幸せな気分だ。今から待ち遠しい。

なお、小南一郎先生の研究会「桃の会」が3/29(土)に京大附属図書館で開かれる。


日時:3月29日(土)13:00~於京都大学附属図書館3F共同研究室5  館内地図
※参加の方は、附属図書館1Fのカウンターで身分証を提示、「共同研究室5を使用する」と 図書館員の方にお伝えください。
・丹羽健:宗炳「明佛論」における山水の仏教的機能
・邵磊:荻生徂徠の『文戒』について(仮)
・小南一郎:西域の伏犠・女媧[カ]
(発表順ではありません)

興味とお時間のある方はどうぞご参会下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014-03-14

STAP細胞を食べよう@Cookpad

Cookpadにすごいレシピが。
この発想はなかったわ。
STAP細胞風オレンジ寒天

つくれぽに報告を寄せる勇者募集。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

STAP細胞問題理研会見終了(18:04)今日一番の吃驚発言「これ(切り貼り)をやってはいけないとは知りませんでした」

一体、早稲田大学はどういう教育をしてたのか。
先ほどまで、
 STAP細胞問題の中間報告
が理研で開かれていた。18:04終了。
発表資料は以下に。


2014年3月14日 独立行政法人理化学研究所 研究論文(STAP細胞)の疑義に関する調査中間報告について

要旨

独立行政法人理化学研究所(以下「研究所」)は、発生・再生科学総合研究センター(以下「CDB」)の研究員らがNature誌に発表した2篇の研究論文に関する疑義について、様々な指摘があることを真摯に受け止め、調査委員会を設置して調査を行ってきた。

調査は、現在も継続しており、最終的な報告にはまだしばらく時間を要するが、社会的な関心が高いことを踏まえ、調査委員会が調査を行ってきた6つの項目に対し、これまでの調査で得た結論及び調査継続中の事項について、中間報告を行うものである。

具体的な内容としては、以下の点となる。

2つの調査項目については、調査の結果、データの取扱いに不適切な点はあったが、研究不正には当たらないと判定したこと
継続して調査が必要とした4つの項目があること
なお、現在も継続している調査については、事実関係をしっかりと把握した上で結論を導く必要があり、結論を得た時点で速やかに報告する。

経緯

平成26年2月13日、研究所の研究不正に関する通報窓口に、研究所職員が発表した論文に疑義がある、との相談があった。研究所は同日から直ちに規程に定める予備調査を実施し、その結果、事案の重要性に鑑み、科学的裏付けに基づいた更なる調査が必要と判断し、2月18日に調査委員会(委員長:石井俊輔 独立行政法人理化学研究所 石井分子遺伝学研究室 上席研究員)を設置して調査・審議を行ってきた。

調査対象者

小保方晴子
(CDB細胞リプログラミング研究ユニット:研究ユニットリーダー)
笹井芳樹
(CDB器官発生研究グループ:グループディレクター)
丹羽仁史
(CDB多能性幹細胞研究プロジェクト:プロジェクトリーダー)
若山照彦
(前 CDBゲノム・リプログラミング研究チーム:チームリーダー、現 国立大学法人山梨大学 生命環境学部生命工学科 発生工学グループ 若山研究室:教授)
調査方法

調査委員会は、平成26年2月20日より関係資料の分析・検討及び関係者のヒアリングを行った。

調査対象項目、調査結果等

(1)結論が得られた項目

①Obokata et al., Nature 505:641-647(2014) Article(以下「論文1」と記載):Figure 1f のd2およびd3の矢印で示された色付きの細胞部分が不自然に見える点については、この図を作製する過程には改ざんの範疇にある不正行為はなかったと判断される。
②Obokata et al., Nature 505:676-680(2014) Letter:Figure 1b(右端パネル)の胎盤の蛍光画像とFig. 2g(下パネル)の胎盤の蛍光画像が極めて類似している点については、Fig. 2g 下の画像は、本文及び図の説明の中に言及されておらず、規程に定める「改ざん」の範疇にあるが、論文作成過程で図を削除し忘れたという説明に矛盾等は認められず、悪意があったと認定することはできないことから、研究不正であるとは認められない。

(2)調査継続中の項目

論文1:Figure 1iの電気泳動像においてレーン3が挿入されているように見える点
② 論文1:Methodの核型解析に関する記載部分が別の論文からの盗用であるとの疑いがある点。
③ 論文1:Methodの核型解析の記述の一部に実際の実験手順とは異なる記述があった点。
④ 論文1:Figure 2d, 2eのSTAP細胞からの分化細胞、及びキメラマウスの免疫染色データにおいて画像の取り違えがあったこと及び調査過程で、これらの画像は小保方氏の学位論文に掲載された画像と酷似することが判明した点

理研の基本的な考え方

本件に関しては様々な意見が研究所に寄せられるとともに、インターネットや報道でも指摘されているが、研究所としては、これらを以下の4つの視点から対応する必要があると考えている。

(1)研究不正の有無の確認
(2)STAP細胞の再現性
(3)Nature誌2編の論文の取扱い
(4)今後の対応

今後の再発防止策

現時点では中間報告であるが、これまでに判明した点を踏まえ、以下の再発防止策の検討を開始する。

(1)全所に対する論文作成上の留意点について改めて周知徹底
(2)研究所としての論文投稿の際の規則(ガイドラインなど)の制定

今後の対応

現時点では中間報告であることから、これまでに十分に解明されていない疑義について、研究所として重く受け止め、引き続き厳正な調査を行う。事実をしっかりと把握した上で結論を導く必要があると考えており、これらがまとまり次第、研究所としての対応とともにすみやかに報告する。

添付
野依良治理事長コメント(PDF)
竹市雅俊センター長コメント(PDF)
著者コメント(PDF)
調査委員会調査中間報告書(全文)(PDF)
調査委員会調査中間報告書(スライド資料)(PDF)

で、Natureの論文で理研が問題と見ている1つは
 電気泳動の画像の切り貼り
である。上記の調査委員会調査中間報告書(スライド資料)からその部分を上げる。
Gel1
Gel2
Gel3
Gel4

で、見ると分かるんだけど
 Gel1の画像にGel2の16を切り貼り
している。それも
 そのままだと大きさが合わないので、合わせるためにGel1の画像を縦方向に拡大した上で切り貼り
している。
さすがに理研は今日の会見で
 これは改竄である
と認めた。
ところが、理研が小保方晴子ユニットリーダーにヒアリングを行ったとき、次のような発言があった、と石井俊輔研究論文の疑義に関する調査委員会委員長が記者の質問に答えた。
 これ(切り貼り)をやってはいけないとは知りませんでした
げげん。
 理研に来るまで
つまり
 早稲田でどういう教育を受けていた
んだよ。。。これは、今日会見に臨んだどの理事にも理解できないことだろう。で、切り貼りをした理由は
 Gel1だとバンドが不明瞭なので、はっきり写っているGel2の画像を使いたかった
からだそうで。石井委員長は
 Gel1の画像をそのまま使っていれば何も問題はなかった
と言ってましたが、同感ですね。

冒頭、
 野依良治理事長を始めとする理研の理事一同が深々と謝罪の礼
をしたのをみたけど、何とも罪深い話ですな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014-03-13

生物板昔話

ここ30年で、大学の研究環境は大きく変わった。
生物板に
 昔話
が書いてあったので、拾ってきた。
STAP細胞の懐疑点 PART109スレッドより。


208 :名無しゲノムのクローンさん:2014/03/13(木) 21:32:32.10
おまえらまだ
Fig.3のグラフとのFig.10のEctodermのNeuronが残ってるぞ
この2つが全然見つからない
Fig.3はたぶんPDF化されてないから探すの苦労

402 :名無しゲノムのクローンさん:2014/03/13(木) 21:49:58.69
Fig.3の中に書いてある、細胞のサイズの範囲を示しているらしき「R1」などの説明って、D論の本文中にあるんでしょうか? どなたか確認・検証お願いします。

459 :名無しゲノムのクローンさん:2014/03/13(木) 21:56:14.60
>>402
ない。チェック済み

471 :名無しゲノムのクローンさん:2014/03/13(木) 21:57:38.90
Fig.3は年季が入っているからな
2011年の論文で縦軸の説明が手書きのグラフなんてありえねーよ、横軸は書いてないし
引用じゃなくて無断転載だろうし

507 :名無しゲノムのクローンさん:2014/03/13(木) 22:00:13.58
昔々の物語
かつて、オシロスコープのブラウン管面をポラロイド写真に撮り
ペンレコーダーの記録紙を切り貼りし
計測器にプリンタをつないで吐き出された紙を切り貼りし
手書きで注釈をつけていた時代があると聞く

その時代にはグラフ作成ソフトというものは存在しない
パソコンなどというものはもちろん存在しなかったし

その時代でも稀に、ベクトルスコープにグラフを表示させて、写真撮影したグラフが貼ってあったりする

Fig.3は、そんな時代の伝説の論文からスキャンしてトリミングに失敗したものだろう

513 :名無しゲノムのクローンさん:2014/03/13(木) 22:00:48.59
>>507
いつの縄文時代だよw

621 :名無しゲノムのクローンさん:2014/03/13(木) 22:12:39.42
なぜFig.3の縦軸は下一桁まで数値が書かれてるのか?
それは、その時代にはグラフ作成ソフトが存在せず、パソコンも存在しないからじゃないか?
ラボでグラフやグラフィックを作成することが困難な時代


で、
 その時代の生き残りらしき人
が登場。

628 :名無しゲノムのクローンさん:2014/03/13(木) 22:13:20.08
>>507
ワープロがちょぼちょぼ出だして、それで博論を書くのがトレンディだった俺に喧嘩売ってんのかww

グラフは方眼紙に手書きだったな。パソコンは一応出ていたがマニアのもので、FM11AD2のOS9上のgccで自作したプログラムでデータ処理して、(たしか)emacsで書いた原稿を自作のプログラムでフォーマットして提出したところが、ところどころおかしくて文句言われたな。

それからしばらくして、linuxをフロッピーディスク回覧で入手して、3時間かかるとあるテストの処理をgccで書いたフィルタとgnuplotとTeXとghostscriptのバッチファイルをTcl/TkでGUI化して5分ぐらいで済むようにして悦にいっていた頃を思い出す。

おまいら恵まれすぎてんじゃないの。wwwでコピペしてレポート提出とか。それでこの惨状か
じじいの繰り言だとは思うが、ちっとは反省しろww

伝説時代の実話にいきなり盛り上がる。


641 :名無しゲノムのクローンさん:2014/03/13(木) 22:14:44.36
>>628
殺伐としたスレにおっさんの昔話が!

649 :名無しゲノムのクローンさん:2014/03/13(木) 22:15:27.98
>>628
爺の慨嘆は涙を誘うなww

653 :名無しゲノムのクローンさん:2014/03/13(木) 22:16:03.62
研究室時代の論文書きは、P1EXEから4太郎、Wordと激動の時代だったなぁ・・・

682 :名無しゲノムのクローンさん:2014/03/13(木) 22:18:27.31
>>653
俺はMac使ってたから、ソロライターやカレイガグラフで楽勝だった

729 :名無しゲノムのクローンさん:2014/03/13(木) 22:23:16.22
>>682
コピペはMacのソフトウェアNIH Imageから始まった

756 :名無しゲノムのクローンさん:2014/03/13(木) 22:25:47.93
>>729
ImageJの前身だよね、お世話になってるわ
もちろん、正当な使い方で

672 :名無しゲノムのクローンさん:2014/03/13(木) 22:17:48.82
>>628
文明が進む中で我々は大事なものを見落としたのかもしれない
文字はタイプライター、グラフは手描きの時代に戻るべきなのかもしれないな

686 :名無しゲノムのクローンさん:2014/03/13(木) 22:18:57.00
>>628
おいらはそこまでじゃないけどTeXをフロッピー回覧で入手したわー。dosエクステンダーで動くやつ。
フロッピー30枚くらいをしこしこコピーして宅急便で次の人に送って、その後インストール。フォント作成に二晩くらいかかった。
今になっておもうと、妙に印刷品質がよかったから、写研のフォントが入ってたんじゃないかなー。

694 :名無しゲノムのクローンさん:2014/03/13(木) 22:20:11.01
>>628
おっさんどころか・・・
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/s-oga/cat1/fm11ad2.jpg
Fm11ad2

704 :名無しゲノムのクローンさん:2014/03/13(木) 22:20:50.84
>>628
そういう話が聞きたかったんだよ!
伝説の時代があることは想像できたんだが実際を知らなかったからね

767 :名無しゲノムのクローンさん:2014/03/13(木) 22:26:47.61
>>628
アホの林科の更に修士了で農水省に逃げた俺が言うのも烏滸がましいですが、

学部生の頃「実験の内容を理解するにはこれが一番」とグラフまで手書きのレポートを
義務づけてたベテラン教官がいたけど、やっぱりあなたもそういうこと学生に課したことありますか?

818 :名無しゲノムのクローンさん:2014/03/13(木) 22:31:18.03
<628
LinuxのFD回覧って、もしかして、その頃、日経mixにいたんじゃない?

伝説の時代でもないけど、30年近く経つと伝説になるのか。
ちなみに
 FM 11AD2+
というのは富士通が1982年に発売したモデルだ。富士通のサイトにも載っている。
 FM 11AD2+(1982年)
OS-9はコアなファンがいたOSだったが、最近はさすがに実機で動いてるのは見たことないな。1990年代初めに研究室の同期生の兄がX68上でカリカリにチューンしているのは見たけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

博論問題 果たして実験は行われたのか

11jigen(@JuuichiJigen)さんが2/9に立ち上げたSTAP細胞の論文の検証サイト
 小保方晴子のSTAP細胞論文の疑惑
は、Natureの2報、博論、博論提出前に出された論文を科学的に検証しているサイトである。
現在までに指摘されている疑問点については、昨日の記事
 まとめ:不適切なデータ処理・加工・流用、文章剽窃
に纏められている。

で、いま問題の一つとなっている
 早稲田大学に提出された博士論文の問題点
については、3/11付記事
 小保方晴子の博士論文の疑惑まとめ
で列挙されている。この中には
 ・冒頭部分がNIHのサイトからのコピペ
 ・博論第3章の参考文献リストがコピペ
という、一般の人にも分かりやすい不正も上がっている。
で、更に一層深刻な事態であるのは
 オリジナルな実験の成果とされるいくつかの「画像」も「他のサイトからの流用・改変」
だということが明らかになっている点だ。
たとえば、以下の画像だ。


自分の実験で得られた成果を写真に撮って、論文の論拠とするのが、
 科学者として当然のやり方
なんだけど、
 最もオリジナリティを問われるはずの博論

 他人の実験の成果を改変して「自分の実験の成果」としている
って、どうなっているのか、もうよく分かりませんね。

それ以前に、大学院に進学した以降の
 指導教官は何をやっていたのか
というのが謎。

今は
 果たして博論に「オリジナルな部分があるのか」
というのが、議論の中心になっている。

博論って
 この人物が研究者としてふさわしいかどうかを判定するもの
なんだけど、今回の問題は
 日本の学位授与のシステムそのものの価値・水準が問われる事態
にまで発展してしまった。

残念を通り越して、呆然としているところだ。

ちなみに、いま検証が進められているのは、以下の画像の出所である。


おまけ。どんどん炎上していて、とうとうWall Street Journalにまで登場。
2014/03/13 9:46 am 理研のSTAP細胞論文に対する5つの疑惑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014-03-12

「STAP細胞問題のまとめ&系統樹をつくってみました」@twitter

STAP細胞問題のここまでの経過を@iserecさんが画像化して纏めて下さった。



添付された図を再掲する。
Yct70
博士論文からNatureの論文に至る道筋が大変にわかりやすい。
@iserecさん、ありがとうございます。

改訂版が発表された。


307ti

@iserecさん、ありがとうございます!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早稲田の博論審査はどうなっているのか 博論は公開されている以上他の論文も「審査」される可能性

以下は
 純粋に論文審査の手続についての話
だ。

いま問題になっている小保方晴子ユニットリーダーが
 2010年度(2010.4〜2011.3)に早稲田大学に提出した学位論文
だけれども、
 一般的な論文の書き方では、不正と見なされることが多い部分
が見つかっている。
分かっているのは次の二つだ。朝日より。
まずは
 NIHのサイトを丸写しして出典を書いてない
という点。


小保方さん博士論文、20ページ酷似 米サイトの文章と

朝日新聞デジタル 3月11日(火)23時3分配信

 STAP細胞論文の著者の1人、理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーが早稲田大学に提出した英文の博士論文に、米研究所がネットで掲載中の文章と酷似する部分が大量にあることが、11日わかった。酷似部分は108ページある博士論文の約20ページ分に及ぶ。小保方さんはこの論文で審査を通り博士の学位を得た。
 酷似が指摘されているのは米国立保健研究所(NIH)が幹細胞の基礎知識を一般向けにネット上に掲載している文章。「幹細胞とは?」などのわかりやすい説明が書いてある。
 博士論文は2011年2月付で動物の体の中から万能性をもつ幹細胞を見つけ出す内容。STAP細胞に関する論文ではない。論文の冒頭、研究の背景を説明する部分がネット掲載の文章と単語の並びから句読点までほぼ同じだった。文章の前後入れ替えや、見出しの変更、ネットで「この文書」と書かれていたのを論文で「この節」と書き換えるなどのつじつまを合わせた変更はあった。

 ネットの文章は最終更新が2002年の章があり、博士論文をもとにしたとは考えにくい。ネットに掲載されている文章がコピー・アンド・ペースト(切り張り、コピペ)で博士論文に使われた可能性がある。引用元を明示しなかった。この酷似の事実は、論文不正を追及している「論文捏造(ねつぞう)&研究不正」という名前のツイッターで、11日に指摘された。

もう一つは
 参考文献リストを、別人の書いた他の論文から丸写ししたのではないか
という点だ。


小保方さんの博士論文、参考文献リストもコピペか

朝日新聞デジタル 3月12日(水)11時44分配信

 英科学誌ネイチャーに掲載された新しい万能細胞「STAP(スタップ)細胞」論文の筆頭著者、理化学研究所の小保方(おぼかた)晴子ユニットリーダーが早稲田大に提出した英文の博士論文で、参考文献リストが他の論文と酷似していることが12日わかった。リストは論文の根拠となる文献を示すもので、学位取り消しの検討が求められる状況となっている。
 博士論文は2011年2月付。動物の体中から万能性をもつ幹細胞を見つけ出すもので、STAP細胞の論文ではない。章別に参考文献リストがある。たとえば、第3章では本文に引用の印がないのに、文献リストには38件分の著者名、題名、雑誌名、ページが列挙されている。これは10年に台湾の病院の研究者らが医学誌で発表した論文の文献リスト53件のうち、1~38番とほぼ一致した。博士論文では一部文字化けしている文字があり、コピー・アンド・ペースト(切りばり、コピペ)の可能性がある。リストは著者名のABC順。元論文の38番はPで始まる姓のため、ありふれたSやTで始まる著者名が博士論文にはないという不自然さがあった。
(以下略)

 引用文なのに出典が明示されていない
 リストが不整合
というのは、教養や学部のレポートでは不合格(場合によってはカンニング扱い)や減点の対象だ。
これらは
 学部や修士の段階で、徹底的に教育される標準的な論文を書く上でのルール
で、遅くとも、卒論を書き終わった段階で身についていなくてはならない。
 他の文献を参照したら、それを明記する
 引用した、あるいは参照した文献名は、文献リストで言及する
こうしたルールは、教養のレポートから一貫して教育されていたはずのことだ。

ところが、どうみても
 学位審査の段階で、基本的なレポート・論文の書き方から外れた書式が見逃された
わけで、
 今一番疑惑を持たれている
のは
 早稲田の他の学位論文は大丈夫なのか
ということだ。
一般的には
 学位論文に上記のような「ルール違反」がそのまま残ることはない
というのが「前提」だろう。普通は、こうしたレベルのルール違反は、
 本論文提出前の中間論文の段階で徹底的に指導
を受ける。それでも直らなければ、論文提出後に
 査読で発見されて、論文のreject
が行われ、
 書き直し
となる。ところが
 審査を経た学位論文にルール違反が残っている
ということは
 論文審査時に慎重な査読が行われていない可能性
を示唆している。また、このレベルのルール違反が学位論文にまで持ち越されているということは、外部からは
 学生・院生指導の方法やカリキュラムに問題があるのではないか
と見なされても仕方がない。

まず疑われるのは
 今回の学位論文の主査・副査が審査した他の学位論文
だろう。
 国内の博士論文は原則公開されている
ので、
 今後、他の学位論文の検証が第三者によって行われることは十分ある
と思われる。

大丈夫か、早稲田。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

STAP細胞 論拠のはずの写真に疑義

STAP細胞が
 本当に出来た
のだとすれば、まだ議論の余地はある。論文の書き方に問題があったとしても、
 事実が揺るぎないモノ
であれば、科学はその内真実を明らかにする。
でも。
 論文の論拠のはずの写真
そのものに
 疑義が提出
されている。これが問題の写真を検証したモノだ。

@blackshadow05さんが解説をして下さっている。








論理的に考えて
 別々な実験で得られた2つのマウスの胎児の頭部血管が類似した形態になる
というのは
 極めて考えにくい
ので、
 疑義がある
って話になっちゃう。

STAP細胞に期待していただけに、こういった指摘を受ける事態になったのは残念だ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014-03-11

小保方晴子ユニットリーダーが早稲田大学に提出した博士論文冒頭がNIH(アメリカ国立衛生研究所)のサイトからのコピペだったことが発見された件

大学関係者は常に
 コピペ論文を見抜けるかどうか
に注意を払っている。地の文章と異なる調子の文体が突然、何の断りもなく出てくる場合
 出典があるのではないか
と警戒する。つまり
 論文執筆者が、引用元を明示しないで盗用しているのではないか
ということをチェックするのだ。

インターネットが普及する前から
 卒論等、大学に提出する論文のコピペ
は問題になっていたが、インターネットが広まると
 他人の文章をコピペして自分の文章と偽る例
が増大した。最初は、
 レポート
でよく発見されたが、近年は
 卒論、修論、博論
といった
 学位を授与するために審査する論文
でも、
 堂々としたコピペが見つかる
ことがあり、審査する方は、いかにそうした不正を未然に見抜くか、魂を磨り減らしている。

ところで、現在問題になってしまっているのが
 STAP細胞の信頼性
なのだが、その前の段階、すなわち
 小保方晴子ユニットリーダーが早稲田大学に提出した博士論文の内容
に、
 驚きの事実
が見つかった。
いまは大学が公開する制度に変わっているのだが、2013年3月までは、国内で博士号を取ると、
 博士論文は国会図書館に寄贈する制度
があった。だから、
 2011年3月に博士号を授与された小保方晴子ユニットリーダーの博士論文

 国会図書館が所蔵し、館内で公開
されている。
NDCL-OPACで調べると、現物は関西館にあることが分かる。

というわけで
 日本で学位を取得していれば、学位論文は原則公開されている
ので、誰でも
 小保方晴子ユニットリーダーの博士論文を読める
わけだ。
で、その博士論文冒頭が、こんなことになっている。@JuuichiJigenさんが今朝方発見され、その後、@meso_cacaseさん、@blackshadow0さんが更に内容を追求した。







NIHとは
 アメリカ国立衛生研究所(National Institutes of Health.)
で、日本からも多くの研究者が留学したり、滞在して研究している著名な研究機関である。

これが
 文書の比較がオンラインで出来るdifffによる分析結果
だ。
http://altair.dbcls.jp/difff/dev/obokata_copypaste.html
冒頭部がこちら。
Ob

「青い」部分が「差分」すなわち、
 異なっている部分
だ。つまり
 白い部分は、コピペ
ということになるのだが
 上記に画像を出した他も含めて、Introductionの大部分がNIHのサイトの
 "Stem Cell Basics(幹細胞の基礎)"の説明をコピペして、出典を明示してない
ってことなのだ。いや、これは
 異常事態
でしょう。てか
 何で、これで博論が通った
のよ、早稲田大学。そっちの方が不思議。



で、更にすごいことが判明。




あああああああああ。

@keppa05さんが先ほど、
 何文字コピペ
されているか
 カウント
して下さった。



24000字って
 400字詰原稿用紙換算で60枚
ですよ。。。
(追記 23:29)
分量的には序論の
 26p/33p
とのこと。
う〜ん、これって
 ラボの基礎教育の問題
じゃないのか。
BackgroundとかIntroductionて、確かに、論文を書くとき
 かったるい
部分ではあるが、自分がどういった観点なのか、頭を整理するためにも、
 自力で書く
のが普通だと思ってたんだけど、生命科学分野では
 無断コピペでOK
なんて話になってるの?????
個人的には@nmatsu150さんのご意見の前半に近い感覚なんだけどな。


(追記終わり)

@hirokagiさんが抱かれた感想が、大学関係者が普通感じるものだと思う。



そう、
 出典を明示しないまま、ながなが序論が続く
って、
 普通あり得ない
よね。最低でも
 先行研究
に触れるわけだから。

一言
 NIHでは、幹細胞について次のように定義する(以下、NIHからの引用は、明示する)
等の文言を入れて、論文を始めれば良かっただけのこと。
 それすらやっていない
ので、いろいろとあらぬ疑いを抱かれちゃうわけだ。

はっきり言って
 学位を与えた早稲田大学側の問題
なんだよね、このコピペについては。
 査読者が気がついてなかったor注意しなかった
から、こんな事態になっているわけで。

ところで、仲間内での話では
 このNIHの24000字ほどの文章を貼っても、誰も問題にしない「業界慣行」があるんじゃないか
というところまで、話が行ってしまった。一般的な科学論文の体裁とは、信じがたいもので。

もう一つの可能性は、指導教官が
 IntroductionのサンプルとしてNIHのサイトを見ろ、と指導
したら
 丸写しにしてしまった
可能性である。今回の場合についてはまさかそんなことはないとは思うのだけど、実は
 論文作成の際、参考にするサンプルのつもりで文献を渡すと、それをそのまま、出典を明示しないで丸写しにする学生や院生
というのは
 少なからず実在する
のだ。
(追記 23:24)
朝日が上記コピペの件を記事にした。
小保方さん博士論文、大量コピペか 20ページ分が酷似2014年3月11日23時03分
(追記終わり)

おまけ。
 日本分子生物学会からのアナウンス
が出たのだが、STAP細胞に関する2論文について、
 手厳しい批判
がなされている。日本分子生物学会のサイトより。

続きを読む "小保方晴子ユニットリーダーが早稲田大学に提出した博士論文冒頭がNIH(アメリカ国立衛生研究所)のサイトからのコピペだったことが発見された件"

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2014-03-08

厚労省の「産科破壊計画」発動(その2) 重度新生児仮死蘇生術や吸引分娩といった高度な医療技術で母子を救う技術も軒並み「ダンピング」赤ちゃんとその家族のその後の人生を左右する重度新生児仮死蘇生術のお値段はたったの「27000円(26年度以降)」年間100万件程度の出生数に対し産科の体力を更に削るつもりなのか

生まれて来た赤ちゃんが、産声を上げない。
脈拍がなく、顔色がチアノーゼで青い。
所謂
 新生児仮死
である。日本の診療報酬制度では新生児仮死には二つのランク分けをしていて
 第1度(軽度仮死)
 第2度(重度仮死)
があり
 第2度がより重く、赤ちゃんの命にもその後の人生にも関わることが多い
のである。新生児仮死は、
 APGAR Score(アプガー指数)
で判定される。
メルクマニュアル第18版より。


アプガースコア*
基準とスコア
色調 Appearance(外観)
 スコア0 全体に青色,蒼白
 スコア1 体幹が淡紅色,四肢が青色
 スコア2 全体に淡紅色
心拍数 Pulse(脈拍)
 スコア0 なし
 スコア1 <100/分
 スコア2 >100/分
鼻カテーテル/触覚刺激に対する反射反応 Grimace(顔の歪み)
 スコア0 なし
 スコア1 顔を歪める
 スコア2 くしゃみ,咳嗽
筋緊張 Activity(活動度)
 スコア0 だらりとしている
 スコア1 四肢がやや屈曲
 スコア2 活発
呼吸 Respiration(呼吸)
 スコア0 なし
 スコア1 不規則,緩徐
 スコア2 良好,啼泣

*5分後のスコアが
 7-10であれば正常
 4-6であれば中間
 0-3であれば低値
であるとする。

日本では
 アプガースコア 1分後
で仮死の程度を判断し、
 アプガースコア 5分後
を、
 新生児仮死の予後の目安
としている。5分後に循環が改善して7点以上になっていれば、赤ちゃんの予後は良好になることが多いのだが、5分を経過しても
 0-3のまま
であれば、予後は厳しいと予想される。
 最初の勝負は5分以内
だ。
アプガースコアでいえば、
 第1度新生児仮死=4-6点(1分後)
 第2度新生児仮死=0-3点(1分後)
となる。アプガースコアが低ければ低いほど
 赤ちゃんは危険な状態
と判断される。

赤ちゃんが新生児仮死で生まれたとき、産科では、全力を挙げて赤ちゃんを救おうとする。
 少しでも状態を良くしたい、生き延びて欲しい
 少しでも後遺症がないようにしたい、健やかに育って欲しい
そう考えて、様々な処置を行う。
 第1度の軽度仮死
であっても、
 多くは蘇生措置が必要
であり、
 吸引によって気道を確保し、酸素を投入
する。
 重度仮死
であれば、
 更にいくつもの措置を施して、赤ちゃんの命が救えるよう、少しでも後遺症が出ないよう
努力する。

ところで、今回の
 診療報酬改定
では、
 軽度仮死蘇生術の点数は変わってない
のだが、より赤ちゃんの人生を左右する
 重度仮死蘇生術の点数を下げている
のである。元々
 新生児仮死蘇生術の点数はかなり低い
のだが、
 更にそれを下げた
のだ。

お父さん、お母さん、
 新生児仮死蘇生術の点数
をご存知ですか。あなたのお子さんが、
 仮死状態で生まれて来たとき、医療スタッフが必死に蘇生を試みているその技術に支払われる点数
だけれども
 軽度新生児仮死蘇術では840点(点数は10倍かけると金額になるので)=8400円
 重度新生児仮死蘇生術では、25年度までは2890点=28900円
 26年度以降は2700点=27000円
だ。
 赤ちゃんのその後の人生を左右する新生児仮死蘇生術が軽度といっても、酸素吸入が必要な程度の「重い」仮死でたったの8400円(当然ながら、助産院では酸素吸入等の処置はムリなので、新生児仮死で生まれた赤ちゃんの予後は、救急搬送時間もあるから、設備の整った病院での出産より厳しくなる)
で、なおかつ
 赤ちゃんとその家族のその後の人生を変えるかもしれない
大切な技術である
 重度新生児仮死の蘇生は、たったの3万円未満
なのである。それも
 26年度からは1900円下げられる
のだ。
 赤ちゃんの一生を決める技術がこんなに安く買い叩かれている
って、知ってましたか? しかも
 診療報酬は、病院に支払われるもの
であって
 現場の医療スタッフの給料には反映されない
のである。

さらに、
 吸引分娩の手術料も値下げ
だ。帝王切開に至らずとも
 難産
で、赤ちゃんがなかなか出てこられないとき、吸引分娩を行う。これは
 一定程度の高い技術が必要な手技
であり、
 母子の負担を軽くする
ためにも、的確に行われなくてはいけない。
ところが、
 吸引分娩の手術料
を国は、26年度から
 2700点(27000円)から2550点(25500円)に値下げ
するのだ。
 高齢初産が増え、難産が増加している
というのに、
 難産にかかる費用をダンピングする
のだから
 現場の士気が下がる
のは間違いない。
お父さん、お母さん
 うちの子、吸引分娩だったから、頭に瘤が出来ちゃってみっともない
なんて思っていませんか。
 吸引分娩をしなくてはならない程度に「難産」だった
ということなんですよ。
 みっともない
のではなく
 吸引したおかげで無事に生まれて来た
のですから、むしろ喜んで下さい。

とまあ、
 命の生まれ出る値段をダンピングしている
のが
 少子高齢化に立ち向かっているはずの厚労省
というのが、ブラック過ぎる。

で、
 目立たない産科の点数を下げる理由

 有権者の多数を占める高齢者は「出産しない」から
だろうね。
 高齢者の介護に必要な人的パワー

 これから生まれてくる子ども達に掛かっている
というのに。
 目先のことしか考えてない
ってのが丸わかりだ。
 子どもを大切にしない社会
は滅びるだけじゃないのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014-03-07

厚労省の「産科破壊計画」発動 手術技術の進歩で帝王切開をより迅速に行えるようになったら「時間が短くなった」ので「手術料をダンピング」母子二つ以上の命を救う「帝王切開」をなんだと思っているのか 最前線の医師の心を折るだけ

緊急帝王切開というのは
 このまま分娩を進めると母子ともに危険
と判断されたとき、
 迅速かつ確実に行われなくてはいけない緊急手術
だ。現場はいつでも
 赤ちゃんもお母さんも救いたい
と思っているのだ。
時には
 死戦期帝王切開
と言って
 母体が瀕死の状態で行われる
こともある。当然
 極めて迅速に行わなければ、母も子も危険、どちらかあるいは両方が命を落とすことさえある
のだ。
基本的に
 早く確実に行う
のが
 帝王切開
であり、
 母体と赤ちゃんの負担を減らす
ために、日々、手術の手技は進歩している。

ところが、
 こうした現場の日々の努力
に対し、厚労省は
 時間が短縮できたんだから、その分、手術料を下げる
という
 ブラック企業顔負けの論理
で、
 医療費抑制
の旗の下、
 「帝王切開手術料」の値下げに踏み切った
のである。
共同より。


帝王切開手術料2万円下げ 4月、人件費減で厚労省

 厚生労働省は6日までに、帝王切開で出産する場合の手術料を約2万円引き下げると決めた。現在22万1600円だが、4月から20万1400円にする。入院基本料などは別にかかり、窓口で原則3割を負担する。
 帝王切開手術の所要時間が短縮され、人件費が減ったという調査結果が出ているためで、2014年度の診療報酬改定で見直す。当初から手術を予定していたケースだけでなく、自然分娩中などに何らかの問題が生じて緊急手術をした場合も同じ金額
 妊娠32週未満などで手術が難しい場合は現在24万5200円だが、3万円弱引き下げて21万6400円にする。

2014/03/06 17:23

えっと
 手術の手技が進歩して、従来より迅速に帝王切開が行われるようになった

 短くなった時間分、手術料を値下げした
ってことですか、厚労省。しかも
 緊急帝王切開も予定帝王切開も同じ額で算定(これは前回の改定時でも「差」を認められてないというヒドい話)
って
 どれだけ現場をコケにして、優れた手技を持つ一線級の産科医の逃散を助長したい
のですか、厚労省。
 人間の命を救う手技を、技術が向上して時間が短縮されたからと、安く買い叩く理由
を知りたいものだ。

緊急帝王切開を行っている現場の中には
 最前線の三次救急
が含まれる。休日の深夜早朝といった
 医療スタッフが手薄になる時間
だろうと、おかまいなしに
 緊急母体搬送
で運ばれてきたお母さんに
 何とか母子ともに助かって欲しい

 緊急帝王切開
を施す。もちろん、
 新生児担当の小児科医も待機
しており、
 赤ちゃんの状態が良くなければ、すぐにNICUに運び込む手筈
になっているのだ。こうして
 緊急帝王切開が行わなければ失われていた命
あるいは
 手術が遅れれば、状態が良くなくなっていた命
に対し、
 考え得る中で最善の状況で医療を受けられるようにしている
のが
 三次救急の産科の現場
だ。もっとも
 こうした難しい状況
では、残念ながら
 すべての出産が100%ハッピーな結果になるとは限らない
のではあるが、それでも
 命を守りたい
という現場の気持ちは変わらない。
 36時間72時間連続勤務
といった
 過酷な産科・新生児科勤務
の下、
 最前線の緊急帝王切開
は行われているのだ。その努力、高度な技術を
 厚労省自らが安く買い叩く
というのだから、日本は本当に素晴らしい国だ。
 一秒でも早く
という
 原則

 手術料値下げの「要因」
なのだから
 努力する奴は阿呆

 国が自ら言っているのと同じ
じゃないか。

そうでなくても
 高齢初産の増加
によって
 帝王切開は増加の傾向
にある。
 難しいお産が増えている
のだけれども、
 難しいお産に対する「現場の努力を買い叩く」
ということは
 これから出産を考えている35歳以上の女性が「出産できる場」を減らす
のと
 同意
だと、厚労省は気がついてないのか?それとも
 現場で執刀し、麻酔し、手伝う医療スタッフ
は、
 高度な技術、高い職業的倫理を安く買い叩かれても、唯々諾々と、厳しい労働環境を受け入れる奴隷
だとでも、思っているのか?

労働を管轄する監督官庁の厚労省が
 ここまでブラック
ならば
 日本のブラック企業が減らない
のも道理ってことね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初めての美容院 癌の子ども達のために髪の毛を寄付した3歳の女の子

日本だと
 初めて切った赤ちゃんの髪の毛

 胎毛筆(赤ちゃん筆)
にしたりするけれども、カナダの3歳の女の子、エミリーは違った。
 癌で髪の毛が抜けてしまった他の子どもたちのために、自分の長い髪の毛を7インチ寄付する
ことにしたのだ。まず
 お気に入りのお人形さんの髪をカット
してもらって、
 自分の長い髪もカット
した。
カットして貰った髪の毛は、ビニール袋に入れてもらい、癌の子ども達のために、カツラを作っている団体に寄付するため、封筒に自分で入れた。

そのエミリーの姿を撮影したのが、下記のビデオ。

Emily's Hair from FlyPress Films on Vimeo.

エミリーのカットをする、美容師のおじさんが、またイイ味出してるんだな。

こちらが、このビデオを紹介した、英紙Telegraphの記事。


A little girl's gesture to stop children with cancer from 'feeling sad'
This three-year-old decided to have her long hair cut off to help "sick kids" who have lost their hair through treatment for cancer is a lesson for us all

By Alice Audley9:01AM GMT 06 Mar 2014

First haircuts are, to some parents, special occasions. But this video of a three-year-old girl’s first trim is more special than most.
Emily James, from Innisfil, Canada, decided to chop of seven inches of her hair so she could donate it to children suffering from cancer after seeing of them with no hair.
Her hair is then transformed into a customised wig that will be given out to a young cancer patient who has lost their own hair as a sideeffect of the treatment. The service is provided for free by a salon affiliated with the Canadian Cancer Society.
“What I want to do is give them my hair because I have long hair. I want to cut some of it off and give it to someone,” says Emily, who also asks her own doll gets a matching bob.
Her gesture is remarkably moving and she now has a haircut much like her heroine Rapunzel at the end of the Disney movie Tangled.

Video courtesy of FlyPress Films

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014-03-06

点眼剤の適正使用ハンドブック(医療関係者向け資料)

子どもの頃から、目の手術を受け、長年眼科通いをしていると
 普通の人の目薬の扱いやコンタクトレンズの使用の仕方がかなりぞんざい
で驚く。
 目は最大でも2個しかない
上に、
 非常に傷つきやすい器官
だ。ちょっとした不注意が、視力を損なうことがある。

今は花粉症シーズン。目薬を処方されている人も多いだろう。
こちらは、日本眼科医会が監修した
点眼剤の適正使用ハンドブック(医療関係者向け資料 PDF)
だ。
 一般的な点眼剤の注し方
 2つ以上の目薬を処方されているときの点眼剤の使い方
 コンタクトレンズ使用時の点眼剤の注し方
等、目薬を使う時に必要な情報が、イラストを交えて、わかりやすく記されている。

花粉症で、アレルギー性結膜炎になっているときは
 目の状態が自分ではわかりにくい
こともある。点眼剤の使い方が悪くて効果が上がらなかったり、装着しているレンズの問題が起きやすい時期だ。
是非、上記PDFを参照して
 最大でも2個しかない目の健康
を維持してほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東寺百合文書(とうじひゃくごうもんじょ)が公開されている件

3/3を期して、京都府立総合資料館が
 東寺百合文書のweb公開
を開始した。
東寺百合文庫について。上記サイトより。


東寺百合文書とは
東寺百合文書(とうじひゃくごうもんじょ)は、京都の東寺に伝えられた日本中世の古文書で、現在は京都府立総合資料館が所蔵しています。8世紀から18世紀までの約1千年間にわたる膨大な量の古文書群で、その数はおよそ2万5千通に及びます。中でも、もっとも充実しているのが、14世紀から16世紀あたりの文書です。
名前の由来は、江戸時代に遡ります。加賀藩の第5代藩主だった前田綱紀が百個の桐箱を文書の保存容器として東寺に寄附し、その後はこの箱に納められて伝えられてきたことから、「東寺百合文書」と呼ばれるようになりました。
東寺百合文書は、1967年(昭和42年)に京都府が東寺から購入し、現在は、京都府立総合資料館の収蔵庫で保管されています。史料的価値がとても高いということで、1997年(平成9年)には国宝に指定されました。
(略)
文書が今に伝わった理由
和紙や墨は保存性に優れていて長く残りうるものですが、文書が時代を超えて伝わるには、そういった「物」としての性質だけではなく、人がどのように文書を取り扱うかということも重要になってきます。
文書が現実に利用されていた中世(文書がまだ生きていた時)には、東寺の僧侶によって厳密に管理され、寺僧組織の責任者の手許、西院御影堂の文庫や宝蔵に保管されていました。寺僧組織の責任者の手許に置かれていた文書は、日々の事務や会議の運営のために必要なものだったのです。たとえば、権利を証明するような重要文書の写しや、会議の議事録である評定引付などがそうで、「手文箱」と呼ばれる文書箱に入れられて保管されていました。
西院御影堂の文庫には、奉行が写しを作成して手文箱で保管していたような重要な文書の正文(オリジナル)が納められていました。文庫では、寺僧組織ごとにいくつかの文書箱が設けられ、納められた文書についての、整理分類されて目録も作成されていました。
江戸時代に入ると、それまでの「荘園制」に代わって近世的な土地制度が導入されました。社会の状況が変化すると、それ以前の文書を使って権利・特権を主張しても、もはや通らなくなってしまいます。つまり、文書が実際の役にたたなくなり、使われることもなくなっていった訳です。そうなると、これらの文書は本来の用途とは別の目的で利用されるようになります。江戸幕府をはじめ諸大名は学問を奨励し、歴史書や地誌の編纂を行います。加賀藩の第五代藩主前田綱紀も、学問に強い関心を示し、日本各地に家臣を派遣して書物を求めましたが、東寺からも文書を借り出すなどして目録の作成や文書の書写を行いました。

1685年(貞享2年)、綱紀は、文書の整理を終えるとともに膨大な数の文書を保存するための桐箱を百個、東寺に寄進しました。古文書となっていた文書群は、この桐箱に納められて今に伝わることになります。


というわけで
 前田綱紀が寄進した100個の桐箱に収められた東寺の古文書

 東寺百合文書
である。

調査が始まった頃
 100年はかかるんじゃないの
などと、やけ気味な声も聞かれたのだが、
 IT革命バンザイ
ということで、
 webで一部資料のデジタル高精細原色画像公開が始まった
ところ。今後も、次々公開される資料が増える予定で
 ・3月3日には約4万4千画像、4月下旬までに全画像を公開予定
 ・4月下旬までにスマートフォン対応画面を公開予定
 ・インターネット上に約8万画像を公開
とのことだ。エライぞ、京都府立総合資料館。

今のところ
 最古の文書

讃岐国山田郡司牒案 ル函/1/ 天平宝字7年(763) 300×385mm
だ。かなり傷んではいるが、普通に読める奈良時代の文書である。その次に古いのは、現在画像準備中の
沙弥空海戒牒案 追加之部/28/6/ 延暦14年4月9日(795)
である。
以上が8世紀の文書。あとは東寺が創建された9世紀の文書がぱらぱらとあって、徐々に点数が増え、中世文書が最も充実している。簡単な釈文もついているから、
 中世文書の解読の勉強
には、大変役に立つ。

少し中世文書を勉強して読めるようにしようかな。

ともかくも
 デジタル高精細画像で現物を公開
してくれる、太っ腹な京都府立総合資料館に感謝。

で。
 古文書の解読
なのだけど
 時代別・分野別に読む訓練が必要
だ。
たとえば
 出土文物の木簡・墨書土器
という特殊なものから、
 中世の消息
 江戸時代の御家流
等等、
 標準フォントが存在せず、場合によっては「文字を書く順番に規則がある」文書
は、現代の
 活字・フォントによる文書に慣れてしまった目
には
 読み方を訓練しないと「読めない」
のである。
 読めないのが悪い
のではなく
 読めないから訓練して新しい世界を体験する
というポジティブなスタンスで臨んだ方が、古文書読解は楽しくなる。すぐには読めないけど、日々訓練していくと
 薄紙を剥がすように
読めるようになってくるのだ。

時代ごと、文書の性格ごとに、
 書式が決まってくる
ので、国史の専門家だからといって
 自分の専門分野以外の文書が読めるとは限らない
のが、古文書の怖いところだ。

ま、日々鍛錬鍛錬。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014-03-05

65歳までの高動物性蛋白ダイエットは一日20本の喫煙と同様に寿命を縮める 低蛋白ダイエットは長寿のカギ 65歳を超えた高齢者には高蛋白摂取を推奨@3/4付Cell Metabolism掲載のアメリカの研究

今朝早くから、欧米のメディアで大きく取り上げられているのは、3/4付
 Cell Metabolism
に掲載された論文
Low Protein Intake Is Associated with a Major Reduction in IGF-1, Cancer, and Overall Mortality in the 65 and Younger but Not Older Population
だ。英語媒体を見ただけでも、米英豪等の新聞各紙やテレビニュースで報道されている。
上記論文の重要なポイントは次の通り。訳は例によっていい加減なので、間違ってたらごめんなさい。


Highlights
・High protein intake is linked to increased cancer, diabetes, and overall mortality(高蛋白摂取は、癌、糖尿病と総体的な死亡率の上昇と関連している。)
・High IGF-1 levels increased the relationship between mortality and high protein(高いインスリン様成長因子1(IGF-1)レベルは死亡率と高蛋白との関係を高めた。)
・Higher protein consumption may be protective for older adults(高蛋白摂取は、高齢者を守るだろう。)
・Plant-derived proteins are associated with lower mortality than animal-derived proteins(植物性蛋白は、動物性蛋白よりも、低い死亡率に関係している。)

こちらが概要。


Summary
Mice and humans with growth hormone receptor/IGF-1 deficiencies display major reductions in age-related diseases. (マウスと人間では成長ホルモン受容体/IGF-1が不足すると、年齢に関係した疾病が大きく減ることがわかっている。)Because protein restriction reduces GHR-IGF-1 activity, we examined links between protein intake and mortality. (蛋白摂取の制限が、成長ホルモン受容体/IGF-1を減らすためで、われわれは蛋白摂取量と死亡率の関係を調べた。)Respondents aged 50–65 reporting high protein intake had a 75% increase in overall mortality and a 4-fold increase in cancer death risk during the following 18 years.( 18年間の追跡の結果、50〜65歳までの調査対象者では、高蛋白摂取で総合的な死亡率が75%上昇し、癌による死亡リスクは4倍になった。)These associations were either abolished or attenuated if the proteins were plant derived. (こうしたつながりは、蛋白が植物由来であれば、なくなるか、弱まった。)Conversely, high protein intake was associated with reduced cancer and overall mortality in respondents over 65, but a 5-fold increase in diabetes mortality across all ages. (反対に、65歳を超えた高齢者では、高蛋白摂取は、癌と総合的な死亡率を減らすのに関係していた。)Mouse studies confirmed the effect of high protein intake and GHR-IGF-1 signaling on the incidence and progression of breast and melanoma tumors, but also the detrimental effects of a low protein diet in the very old. (マウスによる実験では、高蛋白摂取の効果が確認されており、成長ホルモン受容体/IGF-1は乳癌と悪性黒色腫の発生や進行の前触れとなるが、高齢者では低蛋白ダイエットは有害な影響を与えることも分かっている。)These results suggest that low protein intake during middle age followed by moderate to high protein consumption in old adults may optimize healthspan and longevity.(これらの結果は、中年の間には低蛋白摂取し、高齢になれば、穏やかに、蛋白の摂取量を上げることで、健康な期間と長寿を享受できるだろう、ということである。)

簡単に言うと
 低蛋白食によって、インスリン様成長因子1(IGF-1)レベルを上げないことが65歳までは大事
 65歳までは、ご飯を食べないで肉や魚ばかり食べる「低炭水化物ダイエット」は寿命を縮める
ということになる。
で、
 高蛋白ダイエットで死亡率が75%アップ、癌になる危険性が4倍
というのは、英紙Telegraphによれば
 The risk is nearly as high as the danger of developing cancer by smoking 20 cigarettes each day.
 (一日20本の煙草を吸う人と同程度に高い癌のリスクがある)
ということなのである。

過ぎたるは及ばざるがごとし。

なお
 植物性蛋白であれば、高蛋白ダイエットの影響はないか、低くなる
そうなので、
 大豆蛋白をたくさん取る、東アジアの人達
にとっては、朗報かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平田タイルが販売している輸入の動物タイルがかわいすぎる件

これはかわいい!
http://www.biscuittile.co.jp/seibutsu/bit-tiles.jpg
Bittiles
蛙や亀、蝸牛に天道虫、針鼠に蜻蛉などが
 レリーフになったタイル
だ。

平田タイルで販売している、
 内装用壁タイル/生物シリーズ
だ。
壁のアクセントに使っても楽しいけど、文鎮代わりにしてもいい。
 蛙(大)・蜥蜴・蜜蜂は大きなサイズ(104×104mm)で1枚1400円
 亀・蛙(小)・蝸牛・針鼠・天道虫・蜻蛉は小さいサイズ(50×50mm)で1枚860円
とのこと。
小の方は
 フレームタイル(白・青・ピンク・黄・緑の5色)1枚300円
に嵌め込むことも出来る。

ちょっとイイよね。

もっとも
 1枚単位で小売してくれるかどうかは不明
だけど、もし売ってくれると、多分欲しい人はいるんじゃないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014-03-02

内地にいる道産子のきほん

ざっと思いついただけなので、本気にしないで下さいね。
・スーパーでラム/マトン肉を見ると、すぐ籠に投入してしまう。
・しかも内地では値段が安いのでうれしい。
・家にはベルのタレが常備されている。
・家にあるベルのタレはジンギスカンのタレとラーメンのタレの2種類だ。
・でも、松尾のジンギスカンも捨てがたい。
・ジンギスカン鍋を家に置いてないのが残念。
・炭は新聞紙と焚き付けで熾せる。固形燃料や着火剤なんて使わない。
・炭を熾せないと、ジンギスカンが食べられないので、小学生の内に炭火と七厘の管理技術は一応身につけている。
・ビールはサッポロ一択。でも、スーパードライしか置いてない店などがあるので、油断できない。
・ウイスキーはニッカ一択にしたいのだが、外で飲むときは店に置いてなかったりするのでがっかり。
・札幌で小学校時代を過ごしていたなら、夏休みのクラスの親子リクレーションで、札幌ビール園とアサヒビールの工場見学に行ったことがある。
・その時、リボンシトロン等を飲みつつ、大人になったらビールを飲んでやると心に誓った。
・鮭のアラを見かけると、やはり籠に投入してしまう。今日は三平汁だ。
・三平汁は、味噌派・塩味派・酒粕派といてややこしい。味噌は石狩鍋じゃないのか。
・骨董に三平皿なるものが存在するが、家で使った経験はない。
・鮭を捌くのは簡単だ。
・イクラは自分で作るのが当たり前。
・鰊を焼くときは、雌(数の子)を取るか、雄(白子)を取るかで悩む。
・冬はタチ(真鱈の白子)の味噌仕立てが最高だ。
・でも、鍋はカジカにトドメを刺すと思う。

これからラム肉焼いて、ベルのたれでジンギスカン。ただし、ビールを買い洩らすという
 つうこんのいちげき
が。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »