« 早稲田の博論審査はどうなっているのか(その4)小保方晴子ユニットリーダーの博論を早稲田が調査へ | トップページ | 浅田舞・真央姉妹 NHK「おはよう日本」 7時台に生出演@4/14 »

2014-04-07

早稲田の博論審査はどうなっているのか(その5)先進理工研究科の全博論を早稲田が調査へ

ここまで、疑念が大きくなると致し方ない。
早稲田大学は、
 2007年に設置した先進理工研究科が授与した全博士論文の調査を始める
という。読売より。


小保方氏以外の博士論文280本も調査へ…早大
2014年04月07日 07時36分

 早稲田大先進理工学研究科が、博士号を授与したすべての博士論文を対象に、盗用など不正の有無を確認する調査に着手したことが6日わかった。
 悪質な論文が見つかれば、学位の取り消しも検討する。複数の早大関係者が明らかにした。

 同研究科は2007年に設置され、学位を授与した博士論文は約280本ある。STAPスタップ細胞の作製を発表した理化学研究所の小保方おぼかた晴子ユニットリーダー(30)は同研究科に博士論文を提出し、11年に学位を取得した。早大は、この博士論文の記述に海外のホームページから盗用した疑いがあるとして、先月、調査委員会を設置した。
 同研究科は、小保方氏以外の博士論文についても、盗用や捏造ねつぞう、改ざんなどの不正の有無を調べる。今年7月頃に全体の予備的な調査を終え、悪質な不正が疑われる論文が見つかれば、さらに精査する方針だ。

これまで、ネットで指摘されている例は
 あくまでネットで検索可能な範囲で見つかる文献のコピペ
だけれども、それでも結構深刻な事例が指摘されている。

果たして、早稲田がどこまで踏み込めるか。
この調査の行方如何で、
 高等教育機関としての早稲田大学の価値が決定
することになる。

|

« 早稲田の博論審査はどうなっているのか(その4)小保方晴子ユニットリーダーの博論を早稲田が調査へ | トップページ | 浅田舞・真央姉妹 NHK「おはよう日本」 7時台に生出演@4/14 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/59427507

この記事へのトラックバック一覧です: 早稲田の博論審査はどうなっているのか(その5)先進理工研究科の全博論を早稲田が調査へ:

« 早稲田の博論審査はどうなっているのか(その4)小保方晴子ユニットリーダーの博論を早稲田が調査へ | トップページ | 浅田舞・真央姉妹 NHK「おはよう日本」 7時台に生出演@4/14 »