« 鳥インフルエンザ 熊本で高病原性のH5型鳥インフルエンザウイルスが検出される(その3)鳥インフルエンザは渡り鳥と共に外からやってくる可能性があるが折しも渡りの季節 | トップページ | 1000年掛けて間延びしちゃった雅楽を元のテンポで演奏してみたよ@京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター »

2014-04-15

STAP細胞 「STAP細胞についてコメントしないことを条件に講演を許可」@ハーバード大学→「STAP細胞は存在する」@ヴァカンティ教授 本日の世界気管支学会議講演

本日
 京都市で開かれている世界気管支学会議
で、メディアをシャットアウトした上で(てか、メディアを入れたとしても、そもそも講演の趣旨が理解出来るメディア関係者はごく一部なので、スクリーニングする手間を省いたってことだな)行われた
 ハーバード大学のヴァカンティ教授と小島准教授の講演
なんだが、毎日がこんな記事を。


STAP細胞:論文共著の米大教授ら来日 京都で講演
毎日新聞 2014年04月15日 11時02分(最終更新 04月15日 13時41分)

 STAP細胞論文問題で、米ハーバード大のチャールズ・バカンティ教授と小島宏司准教授の共著者2人が15日、京都市で開かれている世界気管支学会議で講演した。報道関係者の入場が禁じられ、バカンティ教授らは講演前後も取材に応じなかった。来日中の日程なども明らかにしていない。
 講演を聴いた男性(38)によると、バカンティ教授はSTAP細胞を移植した動物実験の結果に触れ、「STAP細胞は存在する。(脊髄(せきずい)損傷で)歩けなかった犬が歩けるようになった」と写真などを示して報告したという。
 同会議組織委員会は1年以上前からバカンティ教授らに講演を依頼。ハーバード大側が「STAP細胞に関して一切コメントしない」ことを条件に講演を許可したという。【斎藤広子】

よく分からないんだけど
 講演でSTAP細胞に触れるのはOK
 講演以外でSTAP細胞についてコメントするのはNG
ってことか、ハーバード大学。
で、
 日本で他に何をする
という辺りに注目が集まり、メディアスクラムかけられまくりになる悪寒。

|

« 鳥インフルエンザ 熊本で高病原性のH5型鳥インフルエンザウイルスが検出される(その3)鳥インフルエンザは渡り鳥と共に外からやってくる可能性があるが折しも渡りの季節 | トップページ | 1000年掛けて間延びしちゃった雅楽を元のテンポで演奏してみたよ@京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/59473750

この記事へのトラックバック一覧です: STAP細胞 「STAP細胞についてコメントしないことを条件に講演を許可」@ハーバード大学→「STAP細胞は存在する」@ヴァカンティ教授 本日の世界気管支学会議講演:

« 鳥インフルエンザ 熊本で高病原性のH5型鳥インフルエンザウイルスが検出される(その3)鳥インフルエンザは渡り鳥と共に外からやってくる可能性があるが折しも渡りの季節 | トップページ | 1000年掛けて間延びしちゃった雅楽を元のテンポで演奏してみたよ@京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター »