« W杯2014 開催中国際機関で友人を作るには@twitter | トップページ | STAP細胞 やっぱり限りなく「ES細胞」の疑い »

2014-06-15

アメリカでは暴行は重罪 土下座じゃ許してもらえない 新婚旅行で関空からデルタ航空でハワイへ行ったちょっと強面の日本人男性乗客 酔って客室乗務員を殴り最高20年の刑の可能性

酔って飛行機に乗ったあげく、飛行機の中で更にアルコールを飲み、バカにされたと思い込んで、客室乗務員を殴った日本人男性乗客がホノルル国際空港到着後逮捕、起訴され
 最高で20年の懲役になる可能性
がある、とのこと。6/14付APのニュース。訳は例によっていい加減なので、間違っていたらごめんなさい。
Drunk passenger on transpacific flight pleads guilty to punching flight attendant while traveling to celebrate honeymoon with new wife
アメリカの刑事訴訟の流れからすると、この記事は、審理前に行われる有罪の答弁についてだ。イギリスのタブロイド紙Daily Mailが
 要点
を纏めてくれている。


・Kenji Okamoto, 30, was arrested after attacking flight attendant in a drunken rage
オカモトケンジ被告(30)は、酔っ払って激怒したあげく、客室乗務員を襲撃した廉で、逮捕された。
・Okamoto claimed that he felt disrespected because flight attendant would not take his meal tray
オカモト被告は、客室乗務員が食事のトレイを片付けようとしなかったので、バカにされたと感じた、と主張した
・Was on the way to Hawaii to celebrate honeymoon with new wife
彼は、新妻とハワイにハネムーンに行く途中だった
・Faces a maximum sentence of 20 years in prison
最高で20年の刑に直面している

オカモト被告だが、そもそも、飛行機に乗り込む時点で、
 酔っ払った
状態だった。

A Japanese passenger plead guilty Friday to assaulting a flight attendant while in a drunken stupor on a flight from Osaka, Japan, to Honolulu, Hawaii. The passenger, Kenji Okamoto, 30, plead guilty in federal court to interfering with the duties of a flight attendant by assaulting and intimidating him. According to a criminal complaint, Okamoto, who is from Kyoto, was flying first-class on a Delta Air Lines flight from Osaka for his honeymoon last month when flight attendants noticed he was drunk before takeoff. (金曜日、日本人乗客が、日本の大阪発ハワイのホノルル行き飛行機の機内で、泥酔したまま、客室乗務員を暴行したことについて、有罪の答弁を行った。 乗客である、オカモトケンジ(30)は、男性客室乗務員の業務を暴行と脅迫で妨害したことについて、合衆国連邦裁判所で有罪の答弁を行った。 刑事告訴状によると、先月、京都出身のオカモトは、大阪から新婚旅行のために、デルタ航空のファーストクラスに乗っていた。その時、客室乗務員達は、オカモトが離陸前から酔っていたのに気がついている。)

で、
 酔っ払いによくある勘違い
が、
 暴行のきっかけ
となった。たぶん、英語もあんまり出来ないのかも知れない。


Okamoto told authorities later that before boarding the plane, he had four glasses of beer and one glass of wine. He continued drinking champagne and wine upon boarding the plane.
On the flight, Okamoto got upset when one of the flight attendants wouldn't take his meal tray away. This caused Okamoto to allegedly throw 'a roundhouse type punch' at another flight attendant who intervened in an attempt to diffuse the situation.
Okamoto struck the flight attendant in his arms, which were raised to protect his head, according to the complaint.
(オカモトは後に警察当局の取調で、搭乗前にビール四杯とワイン一杯を飲んだ、と語っている。飛行機に乗ると、シャンパンとワインを飲み続けた。
飛行中、客室乗務員の一人が彼の食事のトレイを下げようとしなかった時、オカモトは、動揺した。このために、オカモトは、事態を収めようと仲裁に入った別な客室乗務員に、「大ぶりのフック」を食らわしたとのことだ。
告訴状によると、オカモトは、頭を守ろうとして上げられた客室乗務員の腕に攻撃した。)

で、乗ったのがデルタ航空で良かった。
 米系キャリアの客室乗務員にはセキュリティ要員として有能な身体が大きくて力の強い男性乗務員も多数
乗っている。
取り押さえられた後、ここで
 日本人相手なら必殺技の「土下座」
を繰り出したのだが
 相手がアメリカ人
なので、残念ながら
 土下座では許してもらえない
のである。


After being restrained by crew members, Okamoto apologized while crying, remained calm for the remainder of the flight and eventually fell asleep.
'Okamoto apologized for his actions by repeatedly saying 'I'm sorry' and bowed down on his knees and placed his head on the floor,' the complaint said.
During an interview with authorities, Okamoto said he's in the construction business and was 'drinking heavily because he was celebrating his honeymoon with his wife ... that he married on April 20, 2014.'
(乗務員達に制止された後、オカモトは、泣きながら謝り、残りの飛行中はおとなしくなって、最後は眠ってしまった。
「オカモトは自分のしたことに何度も『ごめんなさい』言って謝り、床に土下座した。」と告訴状には書いてある。
警察当局による尋問で、オカモトは、自分は建設業者で、ひどく酔っ払ったのは、この4月20日に結婚した妻とのハネムーンを祝うためだった、と言っている。)

で、この自称建設業の被告は、
 ほぼ全身彫物入りのちょっと強面のおにいさん
だったのだが、その彫物と
 日本で警官に暴行した前科
が、情状を悪化させた。アメリカの法廷では
 ほぼ全身彫物
もだけど、
 法執行官に対する暴行の前科
は、大変に心証が悪くなる。


The incident happened "like a flash," said Okamoto. He claimed not to remember what exactly happened but that he was upset because he felt like he was being disrespected when the first flight attendant wouldn't take his tray away.
U.S. Magistrate Kevin Chang initially allowed Okamoto to be released on $50,000 bond, but Assistant U.S. Attorney Tracy Hino appealed, arguing that Okamoto didn't disclose a previous conviction in Japan for assaulting a police officer.
Hino's appeal provided photos of the Okamoto's near full-body tattoos, arguing that Okamoto is a flight risk and a danger.
事件は一瞬にして起きた、とオカモトは言っている。彼は正確には何が起きたか覚えていない、でも、最初の客室乗務員が食事のトレイを下げようとしなかった時に、自分をバカにしているように感じたので、動揺した、と主張している。
ケビン・チャン合衆国治安判事は、最初は、5万ドルの保釈金で保釈を認めた。しかし、トレーシー・ヒノ連邦検事補は、オカモトが日本で警官に暴行した前科を隠していたと、主張した。
ヒノ検事補は不服申立で、オカモトが彫物をほぼ全身に入れている写真を提供し、オカモトは、国外に逃亡する危険があり、危険人物であると主張した。

で、この検事補の申立に従い、
 デルタ航空は、被告を搭乗拒否
することに。
 帰れなくなった上に、危険人物とされた
おかげで
 保釈金は認めず、拘留
という厳しい措置が取られた。


Delta banned Okamoto from flying on the airline, according to Hino's appeal.
U.S. District Judge J. Michael Seabright granted the appeal to keep him held without bail at the Honolulu Federal Detention Center.
Because he was arrested at the airport, he never got to enjoy his honeymoon, which was to be spent at a luxury resort in east Honolulu, Hino said.
He faces a maximum sentence of 20 years in prison when he's sentenced on Sept. 22.
(デルタ航空は、ヒノ検事補の申立に従い、オカモトを搭乗拒否した。J. マイケル・シーブライト連邦地方判事は、ヒノ検事補の申立に従い、保釈金を認めず、オカモトをホノルル連邦拘置所に勾留することを許可した。
オカモトは、空港で逮捕されたので、ホノルル西部の豪華なリゾートで過ごすはずだったハネムーンを楽しむことは出来なかった、とヒノ検事補は言う。
9月22日には、判決が降るが、被告は最高で20年の刑の判決に直面している。)

アメリカでは
 暴行は重罪
だ。日本なら
 土下座すれば大抵のことは許してもらえる
のかもしれないが、それは一部での話。異国では通じない。

しかし
 何だってデルタ航空に乗った
んだろうね? 米系のキャリアは厳しい。
酔っている
ことが分かれば、場合によっては、
最初から搭乗拒否
されるじゃん。それに
 乗った途端に、そこはアメリカ合衆国
だ。
 連邦法の定めに従い
って、必ず出発前にアナウンスがあるでしょ?

アメリカは、現在、暴力団関係者の排除を進めている。今回
 機内での暴行
で逮捕された被告は、その影響もあり、
 より厳しい目で見られている
ということだろう。
刺青について言うなら、今回は機内で逮捕だったけれども、一般人でも
 入国時にイミグレで刺青が見つかると、別室送りや入国拒否(強制送還)
ということもある。一々具体例を挙げないけど、
 刺青 アメリカ 入国
でググると、あらら、びっくり。

|

« W杯2014 開催中国際機関で友人を作るには@twitter | トップページ | STAP細胞 やっぱり限りなく「ES細胞」の疑い »

コメント

少し前に、顔にいれずみをする文化のある外国人が日本の温泉で入浴を拒否された、というニュースがありましたね。「文化としてのいれずみ」があることを理解すべき、という話もありましたが、「いれずみがあるからって拒否するのは日本の考え方が古い」「外国じゃいれずみはファッションとして認められている」という話にもなってました。ちょっと変だな、とは思っていましたが、やはり「全身いれずみ」は外国でも「危険」「拒否」の対象だったんですね。なんとなく安心しました。患者さん(当然全員女性)でも、背中から臀部、上腕にかけて「全身」ではないけどかなり広範囲に大きくてあざやかな花の刺青のあるお方がときどきいます。結婚して子供もあるのに、あれじゃプールも温泉もいっしょに行けないんじゃないかな。いれずみをファッションと考ええるのは自由かもしれませんが、他人はどう解釈するか、も考えておくのが社会人ってもんだと思います。

投稿: suzan | 2014-06-16 09:00

suzan先生、コメントを頂き、ありがとうございます。
APのニュースには、さすがに「刺青の写真」がありませんが、「ほぼ全身」の日本人ということであれば、たぶん和彫ではないかと思います。
とはいえ、和彫だけが問題ではなく、Google検索を掛けると、指のタトゥーでも入国審査に引っかかることがあるようですから、イミグレは厳しくチェックしている模様です。

投稿: iori3 | 2014-06-17 12:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/59819303

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカでは暴行は重罪 土下座じゃ許してもらえない 新婚旅行で関空からデルタ航空でハワイへ行ったちょっと強面の日本人男性乗客 酔って客室乗務員を殴り最高20年の刑の可能性:

« W杯2014 開催中国際機関で友人を作るには@twitter | トップページ | STAP細胞 やっぱり限りなく「ES細胞」の疑い »