« WWDC 2014のキーノートを見て Swiftにやられる | トップページ | STAP細胞 小保方晴子ユニットリーダーが主論文撤回に同意(その2) 残るバカンティ教授も撤回に同意 科学的には「無かったこと」に »

2014-06-04

STAP細胞 小保方晴子ユニットリーダーが主論文撤回に同意(速報)@毎日

論文作成の「基本姿勢」が問われ、全国的に大学での教育のあり方の再検討まで行われるという大きな余波があった
  STAP細胞論文問題
だが、
 小保方晴子ユニットリーダーが主論文の撤回に同意
したと毎日が報じた。


STAP細胞:主論文を撤回 小保方氏が同意
毎日新聞 2014年06月04日 11時41分(最終更新 06月04日 12時10分)

 理化学研究所のSTAP細胞論文問題で、理研が不正と認定した主要な論文について、小保方(おぼかた)晴子・研究ユニットリーダー(30)が撤回に同意したことが分かった。理研が4日、明らかにした。もう一人の責任著者である米ハーバード大のチャールズ・バカンティ教授の意向は不明だが、これまで撤回を強く拒否していた小保方氏が、研究を白紙にすることを容認したことになる。
 理研によると、小保方氏から共著者の丹羽仁史・理研プロジェクトリーダーに書面で連絡があったという。
 掲載された論文は、STAP細胞の作製方法などを示した1本目の主論文と、STAP細胞から作られた幹細胞の性質などを記述した2本目の論文から構成されている。理研は主論文について捏造(ねつぞう)などの不正があったと認定し、撤回を勧告していた。
 小保方氏は理研調査委員会の調査結果を受けた4月9日の記者会見で「論文を撤回すると、国際的にはこのSTAP現象は完全に間違いと発表したことになる」と撤回を強く否定し、その後も代理人の三木秀夫弁護士を通じて同様の意向を示していた。しかし、先月、科学者の間で新たな疑義が指摘されていた2本目の論文については撤回に同意していた。
 主論文の共著者8人のうち、笹井芳樹・理研発生・再生科学総合研究センター副センター長や若山照彦・山梨大教授は既に撤回に同意している。
 三木弁護士は4日、報道陣に「撤回を強く主張している共著者がおり、小保方氏から『撤回をテーマに共著者間で協議している』と聞いている」と話した。【斎藤広子、畠山哲郎】

STAP細胞の実験そのものについて、昨日
 毎日新聞とNHKがそれぞれ疑義を挙げていた
ところで
 既に外堀は埋まっていた状況
だった。
こちらは毎日の報道。


STAP論文:幹細胞に不自然な遺伝子 第三者機関が解析
毎日新聞 2014年06月03日 15時20分(最終更新 06月03日 16時04分)

 「STAP細胞」の論文不正問題で、STAP細胞から作った「STAP幹細胞」を第三者機関で遺伝子解析した結果、すべての株で、実験に使ったはずのマウスと異なる不自然な特徴が確認されたことが3日、関係者への取材で分かった。結果は、多くの著者が所属する理化学研究所に伝えられたという。STAP幹細胞は不正認定されていない論文で詳細な分析結果が掲載されており、論文全体の調査の必要性が一層高まりそうだ。
 STAP細胞には自ら増殖する能力がない。ES細胞(胚性幹細胞)やiPS細胞(人工多能性幹細胞)のように増え続ける性質を持たせるためSTAP細胞を変化させたものが「STAP幹細胞」だ。著者の一人、若山照彦・山梨大教授が、保存していたSTAP幹細胞の解析を第三者機関に依頼していた。
 複数の関係者によると、STAP細胞の作製に使ったはずのマウスとは違う遺伝子タイプが検出されるなど、論文に記載されたSTAP幹細胞を含むすべての試料にさまざまな食い違いが指摘される結果が出た。
 これらのSTAP幹細胞は、当時理研にいた若山氏の研究室の客員研究員だった小保方晴子・理研研究ユニットリーダーがマウスから作ったSTAP細胞を、若山氏が受け取って樹立した。元のマウスは若山氏が提供した。山梨大の簡易解析でも、若山氏が準備したマウスと異なる系統の遺伝子タイプが検出された。これらの系統はES細胞の作製によく使われるため、ES細胞が混入した可能性が指摘されていた。
 若山氏は取材に「今は話せないが、詳しい解析結果は近く、記者会見をして公表する」と話した。【須田桃子】

毎日新聞が報じたのは
 若山照彦山梨大学教授ルートで提供されたマウスの細胞の検証
だ。
一方、NHKは、別な実験検証結果を報じた。


STAP 存在に新たな疑念
6月3日 19時23分

理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーらが作製に成功したとするSTAP細胞を培養して出来た細胞を詳しく分析したところ、この細胞は実験に使っていないはずの別の種類のマウスの細胞だった疑いが強いとする研究結果を国内の複数の研究チームが、まとめていたことが分かりました。
専門家は「STAP細胞は存在しないのではないかという強い疑問を抱かせる結果だ。理化学研究所はしっかりと調査すべきだ」と話しています。

このうち、横浜にある理化学研究所統合生命医科学研究センターの遠藤高帆上級研究員らのグループは、研究所の論文の不正調査とは別に分析を独自に行い、報告書にまとめました。
それによりますと、研究グループは小保方リーダーらが作製に成功したというSTAP細胞を培養して出来た細胞について、インターネット上に登録されている遺伝子のデータベースを使って詳しく分析しました。
その結果、この細胞は「F1」という種類のマウスから作ったとされていたのに、実際には、この実験には使われていないはずの「B6」と「CD1」という2種類のマウスの細胞だった疑いが強いことが分かったということです。
またNHKが取材したところ、別の複数の大学の研究チームも、これと同じ結果をまとめていました。
さらに、理化学研究所のチームが、これらの細胞の遺伝子の働き方のパターンを分析したところ、この「B6」のマウスのものとみられる細胞の特徴は研究の現場で10年以上前から使われている万能細胞「ES細胞」と似ていたということです。
また、もう1つの「CD1」のマウスのものとみられる細胞の特徴は、受精卵から作られる胎盤になる細胞「TS細胞」と似ていたということです。

専門家「存在に強い疑問抱かせる結果」
この分析結果について、遺伝子解析に詳しい東京大学の菅野純夫教授は「STAP細胞はES細胞とTS細胞が混ざったもので、そもそも存在しなかったのではないかという疑問は、以前から専門家の間にあったが、その疑問を強める結果だ。データや分析の手法などをみると、今回の結果の誤差は極めて低いと考えられる。理化学研究所は残されている細胞の遺伝子を解析するなどしっかりとした調査を行い、こうした疑問に答えるべきだ」と話しています。
(以下略)

こちらは
 インターネット上で公開されている遺伝子データベースを解析
した結果だ。
どちらも、
 アプローチは異なるが、結果は同様
だ。
 STAP細胞そのものが存在しなかった疑いが強い
ということだ。

ところで、謎なのは
 なぜここまで「がんばって自説を主張したか」
だ。科学的には、もう随分前に結論が出ている。
 小保方晴子ユニットリーダー以外の誰がやっても「作成できない」
のだった。
撤回が遅くなればなるほど、傷は深くなるのに、今日までそれを持ち越した。

|

« WWDC 2014のキーノートを見て Swiftにやられる | トップページ | STAP細胞 小保方晴子ユニットリーダーが主論文撤回に同意(その2) 残るバカンティ教授も撤回に同意 科学的には「無かったこと」に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/59757902

この記事へのトラックバック一覧です: STAP細胞 小保方晴子ユニットリーダーが主論文撤回に同意(速報)@毎日:

« WWDC 2014のキーノートを見て Swiftにやられる | トップページ | STAP細胞 小保方晴子ユニットリーダーが主論文撤回に同意(その2) 残るバカンティ教授も撤回に同意 科学的には「無かったこと」に »