« 偏見と恐怖で真実を見失うと助かるかも知れない命を危機に | トップページ | 盲導犬が虐待された! オーナーは全盲で気がつかないことに乗じた卑劣な犯行 目撃者は是非通報を@埼玉 »

2014-07-30

高野文子 12年振りの新刊「ドミトリーともきんす」中央公論@9月25日

めでたい。実にめでたい。
寡作で知られる漫画家高野文子が中央公論より
 ドミトリーともきんす
を、9/25に出版する。
中央公論より。


2014/07/28 高野文子、12年ぶりのコミックを刊行します
高野文子 著「ドミトリーともきんす」を9月25日に刊行します。
前作『黄色い本』から12年。新作のテーマに選んだのは「科学者たちの言葉」でした。
朝永振一郎、牧野富太郎、中谷宇吉郎、湯川秀樹・・・。日本の優れた科学者たちが遺した文章を、なぜいま読み返すのか。その意義を、架空の学生寮「ドミトリーとも きんす」を舞台に、そこに暮らす「科学する人たち」と一組の母娘の交流を通じて丁寧に描いていきます。
表題作「ドミトリーともきんす」に加え、連載への布石となった短編「球面世界」「Tさん(東京都在住)は、この夏、盆踊りが、踊りたい。」の二篇を収録。
大判サイズで絵の 魅力をあますことなく伝える、ファン待望の一冊です。

高野文子が科学者の文章と向き合うのか。楽しみだ。

ちなみに、高野文子はもともとは看護師だった。初期の作品、
 絶対安全剃刀
 たあたあたあと遠くで銃の鳴く声がする
 田辺のつる
 おともだち
の恐ろしい切れ味は印象深く、今も忘れられない。

|

« 偏見と恐怖で真実を見失うと助かるかも知れない命を危機に | トップページ | 盲導犬が虐待された! オーナーは全盲で気がつかないことに乗じた卑劣な犯行 目撃者は是非通報を@埼玉 »

コメント

素敵な情報有難う御座いますhappy01
さっそく密林で予約しました!

投稿: すぴか | 2014-08-05 14:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/60067329

この記事へのトラックバック一覧です: 高野文子 12年振りの新刊「ドミトリーともきんす」中央公論@9月25日:

« 偏見と恐怖で真実を見失うと助かるかも知れない命を危機に | トップページ | 盲導犬が虐待された! オーナーは全盲で気がつかないことに乗じた卑劣な犯行 目撃者は是非通報を@埼玉 »