« 全国の哲学系研究者に衝撃 岡山女児拉致監禁事件の容疑者は大学院博士課程で倫理学専攻 | トップページ | 高野文子 12年振りの新刊「ドミトリーともきんす」中央公論@9月25日 »

2014-07-30

偏見と恐怖で真実を見失うと助かるかも知れない命を危機に

TL上で見かけたので貼っておく。


スティーブ・ジョブズも、自分が癌だと診断されたとき、手術を勧められ、その手術を受けていれば、恐らく今でも生きていたと思われるのだが
 民間療法に走った
のであった。そして、結局、癌で命を失った。

人は
 死の恐怖
に直面したとき、思いも寄らない行動に出る事がある。そして、それは、
 取り返しの付かない結果
を招くことが少なくない。

|

« 全国の哲学系研究者に衝撃 岡山女児拉致監禁事件の容疑者は大学院博士課程で倫理学専攻 | トップページ | 高野文子 12年振りの新刊「ドミトリーともきんす」中央公論@9月25日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/60066468

この記事へのトラックバック一覧です: 偏見と恐怖で真実を見失うと助かるかも知れない命を危機に:

« 全国の哲学系研究者に衝撃 岡山女児拉致監禁事件の容疑者は大学院博士課程で倫理学専攻 | トップページ | 高野文子 12年振りの新刊「ドミトリーともきんす」中央公論@9月25日 »