« くまたば | トップページ | STAP細胞問題 NHK(BK)の小保方晴子ユニットリーダーへの強引な取材は明かな人権侵害 BK報番も終わったな »

2014-07-23

STAP細胞問題 早稲田はすべての「学位記」を紙切れにする覚悟

STAP細胞問題で浮上した
 小保方晴子ユニットリーダーの博論の内容の是非
だが、早稲田の調査委員会は
 合格に値しない
と批判する一方で
 学位取り消し要件には値しない
という不思議な決定を出した。7/19付時事より。


博士号剥奪は「生活破壊」=小保方氏論文で回避理由説明-報告書の全文公開・早大
 理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーが2011年に早稲田大大学院から博士号を取得した論文に疑義が指摘された問題で、早大は19日、調査委員会の報告書全文をホームページで公開した。博士号の取り消し要件に該当しないと判断した理由について「(博士号を前提とする就職など)生活および社会的関係の多くを基礎から破壊することになる」と指摘。要件に該当するかどうかは、この点に配慮し「厳格に行われなければならない」と説明している。
 また報告書は、小保方氏を指導した常田聡教授について、指導教員としても博士論文の主任審査員としても義務違反があると認定。「非常に重い責任がある」と指摘しながら、「一般論として述べれば、解任を伴う懲戒処分をもたらすほどのものではない」と評価していた。
 調査委員長の小林英明弁護士は17日に報告書を鎌田薫総長に提出したが、記者会見では概要しか公表していなかった。
 報告書は、博士論文には文章や実験画像の盗用や、意味不明な記載など多くの問題箇所があると認定。「合格に値せず、小保方氏は博士学位を授与されるべき人物に値しない。早大の博士学位の価値を大きく毀損(きそん)する」と厳しく批判したが、「学位授与に重大な影響を与えたとは言えない」として、早大規則の学位取り消し要件に該当しないと判断した。
 鎌田総長は17日の記者会見で、報告書は大学としての結論ではなく、小保方氏の博士論文の扱いや関係者の処分は今後検討すると説明した。小保方氏以外の博士号取得者の論文も調査しているが、結果の扱いは小保方氏の場合と整合性が取れるよう配慮すると述べた。(2014/07/19-23:09)

いや〜、この論理展開、なんだかよく分かりません。
原文はここに。
調査報告書(PDF)

ま、どうやら、小保方晴子ユニットリーダーが所属していた
 常田研
だけでも
 「指導を十分に受けたとは言いがたい」学位論文
が散見されるので、
 1人の学位を取り消すと、もっとたくさんの学位論文の再審査を行わなければならない
ってことで
 小保方氏の場合と整合性が取れるよう配慮
と言ってるんですかね、調査委員会。

しかし、これは何が起きたかというと
 早稲田大学がこれまでに授与した、学士・修士・博士の全ての学位記の価値を紙切れ同然とすることを決定した
ってことなんだけどね。調査委員会は、そのことを分かってやっているのかしら。
 早稲田大学卒
というのが
 カネさえ払えば手に入る「学位」で、学術的には何の価値もない
と大学自ら認定した、ってことなんだけどな。

大体において
 博士号の学位
は、
 大学の授与する最高位の学位
だ。
 その博士号を「博士号に値しない人間に授与」したことを「取り消さない」
ということは、
 早稲田大学の博士号は「博士号に値しなくてももらえる学位」と公認した
ってことになる。
博士号の学位がその程度のものであれば、
 博士号より下位の修士号・学士号の価値は、博士号同様「学術的な意味がない」
と、日本国内はともかく、
 世界の学術界は見る
のだ。

グローバル戦略どころではない。
 学費さえ払えば、「博士号がもらえる」大学
として、早稲田は自ら認定し宣言してしまった、ってことになっちゃったわけで
 すべての早稲田OB/OGは怒りに燃えて然るべき
だと思う。(実際、周りで怒ってる人がいる)

一体、
 早稲田は何を守ろう
としているのか。

で、この
 早稲田の「勇断」

 日本の学位はすべて「紙切れ」
という事態を招きかねないところまで来ている。

日本の学術に対する
 信頼
は、 STAP細胞問題で地に墜ちてるのだが
 出身大学の何を守りたいか分からない謎の「温情」
が、
 世界の中の日本の学術の地位を更に押し下げた
ってことだ。正直な話、
 水に落ちた犬同様の日本の学術を棒で叩いている張本人が早稲田
って図式で、頭が痛い。
早稲田出身者以外の、この方が大多数なんだけど、日本で学ぶ/学んだ人間にとっては
 迷惑この上ない措置
なのである。

たぶん、自分たちの決定が、今後
 日本の凋落を招いた元凶
となるであろうことを、早稲田の調査委員会は気がついていないし、気がついていたとしても、そこはスルーする気満々だろう。建学の理念に
 「学問の独立」「学問の活用」「模範国民の造就」
を掲げた大隈重信が泣いているぞ。

|

« くまたば | トップページ | STAP細胞問題 NHK(BK)の小保方晴子ユニットリーダーへの強引な取材は明かな人権侵害 BK報番も終わったな »

コメント

泥沼の訴訟になろうが、早稲田は取り消そうとしたという事実が大事なんですがね(裁判所がみとめなければ、学問的の価値の話は何とか切り抜けられる)

理研にしても、組織防衛の心理は根深いですね。文部科学大臣ですら、早稲田と理研をかばって科学的な妥当性はどうでもよいとしかとれない発言を垂れ流してますし。

ただ、大臣もセルシード問題では関係者なので、そもそもの資質からして...

投稿: おちゃ | 2014-07-23 12:31

 残念ながら、穴だらけの論文でも博士号をとっている人たちが、特に医学部には多い。大学の医局が医局員を束縛するための手段だったから。だから、論文をまゆにつばをつけて読まないで鵜呑みにする若造たちの医療は危なくてしかたがない。どの診療科も流行りを追うばかり。

投稿: タカ派の麻酔科医 | 2014-07-23 15:59

まぁ、ディプロマミル認定でよろしいのではないでしょうか。
学位に大学名を付けるのが正式な書式ですよね、あれはこういう
ための措置ではないでしょうか。ほかの黒い話もW大さん聞くから、
こんなものかと思います。何よりこれで堤防が決壊する穴になりま
すしね。情けないの一言です。本当は守るべきものがあったんじゃ
ないかな、W大さん。

投稿: CON | 2014-07-25 23:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/60029943

この記事へのトラックバック一覧です: STAP細胞問題 早稲田はすべての「学位記」を紙切れにする覚悟:

« くまたば | トップページ | STAP細胞問題 NHK(BK)の小保方晴子ユニットリーダーへの強引な取材は明かな人権侵害 BK報番も終わったな »