« Apple Pagesに期待すること 日本の教育現場で使われるためには | トップページ | 道民の「胃袋」 »

2014-10-25

漢文に訓点を付ける(超基本編 Microsoft Word)

もしかしたら、
 漢文に返り点と送り仮名を付ける方法
を知りたい人がいるかも知れないので。普段からこの機能を使っている人には、日常的な操作だけど、初めてやってみたい場合のいちばん簡単な方法。

1. 縦書き文書にする
2. 返り点 下付1/4文字にする
3. 送り仮名 上付1/4文字にする

これだけ。
PowerPointで使いたい場合は、スライドを縦書きに設定して、そのままWordで作成した文書を放り込むのが一番楽かも。(PowerPoint上でも上記のやり方で訓点は付けられるが、操作がかなり重くなる。)
Sgg

もっと綺麗に表示する工夫もあるようなんだけれども、プリントやスライドを作るのが最終目標ではないので、そんなに新しくないWordでも出来る、一番簡単な操作で、いつも作成している。

上の画像は
 Word→PowerPoint
で作成したファイルを出力したモノ。同じPowerPointのファイルを、
 縦書きに対応していないAppleのKeynoteで読み込む
と、下のようになってしまう。Sgk


|

« Apple Pagesに期待すること 日本の教育現場で使われるためには | トップページ | 道民の「胃袋」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/60540006

この記事へのトラックバック一覧です: 漢文に訓点を付ける(超基本編 Microsoft Word):

« Apple Pagesに期待すること 日本の教育現場で使われるためには | トップページ | 道民の「胃袋」 »