« ビール瓶でバッハのフーガを「一人で吹く」 | トップページ | 道民の「胃袋」(その2) »

2014-11-12

受動喫煙の怖さ

実際にあったお話。@io302先生のtweetから。合掌。


SIDSとは
 乳幼児突然死症候群(Sudden Infant Death Syndrome)
のことで、
 元気だった筈の赤ちゃんが、眠っていると思っていたら死んでいた
というのが、これだ。SIDSが知られる前は
 子どもをしっかり見ていなかった母親や保育者が悪い
と責められ、離婚に至ったり、業務上過失致死に問われたり、退職に追い込まれるなどの悲劇があちこちで起きていた。残念ながら
 SIDSの原因
はまだわかってないが
 うつぶせに寝かせる(以前、アメリカの『スポック博士の育児書』の影響でうつぶせ寝が推奨されたが、現在はSIDSの危険年齢を過ぎるまではNG)
 周囲の大人はたばこを止める
 できるだけ母乳で育てる
という3つを厚労省が
 SIDSのリスク軽減の指標
として推奨している。

@io302先生の診た赤ちゃんの例では、新生児の時点で一度入院しているので、より健康に対する周囲の配慮が必要だと思われる赤ちゃんだったのに、親が喫煙を止めなかったため、結局SIDSで亡くなった。

|

« ビール瓶でバッハのフーガを「一人で吹く」 | トップページ | 道民の「胃袋」(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/60638461

この記事へのトラックバック一覧です: 受動喫煙の怖さ:

« ビール瓶でバッハのフーガを「一人で吹く」 | トップページ | 道民の「胃袋」(その2) »