« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014-12-25

子どもに豆類を与えるな 吸い込むと命取りになることも クリスマスイブの搬送例

クリスマスイブの夜、異物を吸い込んで、子どもが搬送されてきた。
異物の正体は豆。MuraC先生が
 2時間半かかって、ようやく取り除いた
という。twitterから。


豆のような異物を吸い込んで、取れないと3割が窒息死ですか。恐ろしい。

素人には、上の写真の怖さがわかりにくい。KGN_works先生が、写真に解説を付け加えて下さった。



(追記 10:00)


豆が左肺に通じる気管支を塞いでいることが分かる。

これから、年末年始で家に人が集まったり、昼間からのんびりしたりする際に、豆類のような
 吸い込むと気管支を塞ぐ危険性のあるもの
が、食卓やリビングのテーブルに、並ぶ機会が増えるだろう。年末年始は、
 病院も休み
だ。救急車を呼んでも、搬送先がなかなか決まらないこともある。まずは子どものいる家庭では、
 豆類のような小さなモノで子どもが窒息する危険性がある
ことを留意し、
 子どもの口に入らないように
対応して欲しい。
楽しいはずの年末年始が悲しい時期にならないように。

更に続き。(12/26 9:10)
tabitora1013先生からの指摘。



なるほど。
 豆のような大きさと硬さのものが要注意
というわけですね。しかも
 銀杏も詰まりやすいが、それだけでなく5個以上子どもが食べると中毒する恐れがある
とのこと。確かに、子どもが銀杏を食べたがると、大人がおもしろがって与えることがあるので、
 銀杏の食べさせすぎに要注意
だ。日本中毒情報センターのデータベースによると、
・ギンナンの中毒症状は接種後1-12時間で発症、90時間(約半数は24時間以内)に回復するが、死亡例も報告されている。
・症状は主に嘔吐と痙攣で、痙攣が繰り返されることが多い
・家庭での処置は痙攣を誘発するので、吐かせてはいけない
・症状がある場合、症状がなくても大量摂取の場合は病院へ
とのことだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014-12-24

サンタが今年もやってくる

毎年恒例
 NORADのサンタ追跡
がそろそろ始まる。
http://www.noradsanta.org
Op
準備は出来たかな?

googleのサンタ追跡は、あと2時間弱で開始。
https://santatracker.google.com/
Gop

続き。(19:10)
Googleのサンタ追跡の方では、サンタさんがプレゼントを配り始めた。
Tra1

おまけ。多摩動物公園のトナカイも「お休み」らしい。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスイブの今夜なかなか寝ない子のことはSiriに聞いてみよう

今夜も、世界中のよい子の元には、サンタさんがやってきて、プレゼントをくれることだろう。
ところで、サンタさんのために、iPhoneに付属しているSiriが、蔭で活躍しているらしい。
@yuna8313さんが、昨夜、Siriにサンタさんの動向を聞いたら、こんな答が返ってきたという。


今夜、なかなか寝ない子どもたちには、Siriに聞いて、その結果を見せてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014-12-20

子どもが見たら泣くツリー

海がない京都市にある
 京都水族館
なのだが、ここに
 京都の川に住む生き物のぬいぐるみで作ったツリー
があると、@ssss_22さんが写真をアップして下さっている。



手前に積み上がっている、
 何か茶色い殻付き落花生のような物体

 オオサンショウウオのぬいぐるみ
だ。
 後の棚にも天井までみっしり詰め込まれている
のも怖い。
子どもが見たら、泣くぞ。

京都水族館は
 オオサンショウウオを推し
ている。たとえば
京都水族館のオオサンショウウオプロジェクト
をやっているし、
 オオサンショウウオのオオさん・ショウさん
なんてキャラクターもいる。オオさん、ショウさんはこんなやつら。
Sansho_uo01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014-12-17

横浜の交通スローガンがロック過ぎる上にポスター募集中→ニセモノと判明

@Nobunaga_chanさんが発見した、横浜市南地区の交通スローガンがロック過ぎるだけでなく、
 この突き抜けたスローガンに合うポスター募集中
だって。
凄いぜ、横浜。伊達に港町じゃないぜ。



 赤信号みんなで渡れば怖くない…そういってアイツは先に逝ってしまった
このスローガンでポスターをどう描けと。難題過ぎるぜ。

続き。(23:10)
上記の「掲示」がどうやら
 ガセ
であることが判明。
7/17付gree.netのニュースより。


ネットで話題の「横浜南地区の酷すぎる交通安全スローガン」は、ガセだった
 平成26年度横浜市南地区交通安全大会のスローガンが酷すぎると、ネット上で話題になっているが、この情報が実はガセだったことが判明した。

 そのスローガンとは、「赤信号みんなで渡れば怖くない…そういってアイツは先に逝ってしまった」というもの。この過激なスローガンが書かれた画像は、7月9日にTwitterに投稿され、瞬く間にネットで拡散された。

ネットに投稿した「落書き」が思わぬ展開に
 ネット上では、「交通安全のスローガンやばい」「ふざけないで」「見たこと無いんだけどどこに書いてあんの?」など、様々な声が上がっていた。
 この画像には「平成26年度横浜市南地区交通安全大会」以外の情報がなく、出どころも不明で、信ぴょう性に欠けている。まず「南地区」という名称は間違いで、正しくは「南区」の表記である。
 そこで、横浜市や南区の交通安全対策を実施している「神奈川県警察交通部交通総務課」「南区役所地域振興課」「南区交通安全協会」「道路局交通安全・放置自転車課」「横浜市南地区センター」などの組織・団体に確認したところ、そのような大会は存在しないことが分かった。
 道路局交通安全・放置自転車課の担当者は、「実は私もネットでこの画像を拝見していまして、その段階で怪しいと思っておりました。このスローガンはネタ的に面白いととれるのかもしれませんが、本来なら選ばないような言葉なので」と、ガセであると語った。
 ほかの組織・団体も「そんな大会、見たことも聞いたこともない」「そんなスローガンを組織が選ぶわけがない」と回答。ネットの情報を鵜呑みにしてはいけないという一例となった。

というわけで、上のtweetは、ガセネタであるだけでなく、7/9に投稿されたもののパクツイだった。
この手のネタ投稿は半年くらいすると、忘れられているからなあ。
お騒がせしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014-12-16

明日(17日)9時の予想天気図がヤバ過ぎる件

現在の奈良。
時折、轟轟と音を立てて、風が吹いていく。
粛々とおん祭が行われている(16日は宵宮、17日が本祭)。
気象庁が発表している明日9時の予想天気図がヤバ過ぎる。14121609
こんなみっしり詰まった等圧線、見たことない。
釧路辺りに低気圧の中心があるけれども
 948hPa
って、強い台風並の気圧だ。天気予報で
 最大瞬間風速50m/s
と言っていたが、
 ありえないものが空を飛ぶ風速
だ。

どうか、道内の方々は、くれぐれも無闇に外に出ないで下さい。下は雪や氷で、そこへ突風が吹いたら、まずまともに立っていられません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014-12-15

漫画家 水玉螢之丞先生 御逝去

かわいらしい絵柄で骨の髄までSF者として知られる、漫画家水玉螢之丞先生が、亡くなられた。合掌。お兄さまの軍事評論家岡部いさく氏が、先ほどtweetで公表された。


夫君からは、水玉螢之丞先生のアカウント経由で次のように公表された。






まだ若いのに、残念だ。

水玉先生が、近年大ファンだった
 SHERLOCK
がらみの創作はこちらに。
 五代ゆう さく
 水玉螢之丞 え
だ。
【かわうそのシャーロックのおはなし】

こちらは、上記の挿絵も含まれている画集。
SHERLOCK

おまけ。TL上の水玉螢之丞コレクション。






さらにおまけ。(12/16 8:30)



上記リンク先には、今は亡き『The Basic(通称 ざべ)』(技術評論社)終末期に連載された、SF合評
 大森望×水玉螢之丞 辺境の電脳たち
の全文とイラスト(水玉螢之丞)が収録されている。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014-12-10

猫蜜柑

@yasegumoさんが
 3匹の猫に蜜柑をのせてみた画像
が可笑しい!



重くないんかいっ、猫たち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在カウンターが飛んでいます

毎日、大勢の方に来て頂き、ありがとうございます。
先ほど、ココログ標準のカウンターが飛びました。
2700万を超えて、その後どのくらいまで行ったのか確認しに行ったら、なぜかカウンターが表示されなくなりました。
500万ほど表示の少ない、外部カウンターの方は稼働しています。

現在、ココログに問い合わせ中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英Guardian紙 twitterで日本語で今回の総選挙に対する意見募集

非常に珍しいことだが
 英Guardian紙が日本語でつぶやいて
いる。



というわけで
 日本在住で投票する予定の人

 今回の衆院選についての意見を日本語で求めている
のだ。
海外に自分の意見を知らせるチャンスだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014-12-09

妊娠7か月(25週)のマタ旅で破水→6週間の長期入院→8か月末(31週)で帝王切開のカナダ人の夫婦に請求された医療費は95万ドル(1億1千万超) 旅行保険は適用されず@ハワイ

妊娠7か月(25週)、つわりも落ち着く頃だ。カナダに「安定期」という言い回しがあるかどうかは分からないけど、出産前に
  「安定期」だからちょっと旅行に
と、ハワイに出かけたカナダ人の夫婦は、
 夫婦二人の楽しい思い出を作ろう
と思っていたに違いない。しかし、現実は甘くなかった。
そもそも
 安定期

 母体と赤ちゃんのつながりが「安定する時期」
であるだけで、
 流産や早産の危険が少なくなる時期ではない
のである。

このところ、ハワイやカナダのメディアでは
 ミリオンダラーベイビー
の話題で持ちきりだ。何の話かと言えば
 これまでに100万ドル近い医療費を使った赤ちゃんとお母さん
のことだ。
mo-hawaii.comの「ハワイ・ニュース」より。


11月20日 ミリオンダラーベイビー 保険適用されず

生後11か月のカナダ人の赤ちゃんは、昨年12月ホノルルにある、カピオラニ・メディカル・センターで誕生しましたが、両親の元には保険が適用されない、約95万ドルの請求が届いているということです。

カナダからマウイ島に旅行に来ていた夫妻は、滞在中に破水し、ホノルルにヘリコプターで運ばれた後、カピオラニ・メディカル・センターで6週間にわたる入院を余儀なくされ、結果、帝王切開にて9週早い出産となりました。

夫妻はブルークロスの旅行保険に加入していたものの、加入前に、膀胱感染症による少量の出血があったことを理由に保険金が支払われないことが判明しました。

これに対し夫妻は、カピオラニ・メディカル・センターのドクターからの説明では、膀胱感染症と破水にはっきりとした関連はないと伝えられたと話していますが、ブルークロスでは、今回の救急医療は加入前の既往症により保険適応外と判断され、また新生児への医療も保険適応外の旨が書かれた書類をカピオラニ・メディカル・センターに提出しているということです。

これに関して、ブルークロス・ブルーシールド系列のハワイの最大手保険会社HMSA、カピオラニ・メディカル・センター共にコメントは控える、と述べるにとどまっています。
提供元:ホノルルスターアドバタイザー

この旅行保険だけれども、
 告知義務を果たしてなかったので、母親の方の医療保険は払わず
 赤ちゃんについては、そもそも保険がカバーしてない
という立場のようだ。

こちらが、Star Advertiser紙の記事。
Canadian mom hit with $1M bill after Hawaii birth

この95万ドルの内訳は、別記事によると、次の通り。


Baby’s hospital stay(赤ちゃんの入院代): $600,000
Mother’s hospital stay(お母さんの入院代): $161,000
Air ambulance flight(ヘリ搬送代): $44,000
Specialist fee(専門の医療従事者にかかった医療費): $57,000
Radiologist fee(放射線科にかかった医療費): $10,000
しめて:$950,000

95万ドルというと、今日のレートで言うと
 113,633,775円(1億1363万3775円)
だ。
 誰が払える?
って、請求書が、ドンッとカナダ人夫婦のもとにやって来たわけ。

日本の旅行会社も暢気に
 マタ旅のススメ
なんてやってんじゃないよ。
 早期破水→切迫早産のため入院→諸条件を勘案して早い時期に帝王切開
って、日本でもある症例だし、日本であれば
 手厚い健康保険+税金の補助
が、こうした親子をサポートしてくれるが
 無保険の外国人に対してアメリカの医療費請求は容赦ない
からな。
 旅行保険は妊娠・出産はカバーしてないのが普通
だ。
31週で帝王切開といえば、普通より2か月早い。早産の赤ちゃんは、まだすべての機能が、満期産児と同じように働くわけじゃないから、身体機能が十分に獲得されるまで入院することになり、割合長期入院になる。しかも、呼吸機能から考えて、最初はNICUから始まるだろうし、アメリカは専門分野の職掌にキビシイので、医師も看護師も特別な訓練を受けている人達が赤ちゃんを担当する。日本だと、早産児の医療費は目に見える形では出にくいけど、この赤ちゃんの場合は
 入院代だけで60万ドル
で、今日のレートだと
 71,715,900円
だ。
 赤ちゃん一人見て貰うのに7000万円余り掛かる
ってことだけど、払える人は極々少数だろう。

マタ旅で人生を棒に振る危険性は、こんな具体的な数字で出てくる。

続き。(12/10 8:20)
惨禍医先生から別ルートでご指摘を頂いたので紹介する。


Baby’s hospital stay(赤ちゃんの入院代): $600,000→妥当(日本だと原資は税金)
Mother’s hospital stay(お母さんの入院代): $161,000→高すぎるのでは?
Air ambulance flight(ヘリ搬送代): $44,000→妥当
Specialist fee(専門の医療従事者にかかった医療費): $57,000→意味不明
Radiologist fee(放射線科にかかった医療費): $10,000→妥当

というわけで、
 お母さんの入院代と"Specialist fee"以外は妥当な経費
だとのこと。しめて
 $654,000(78,170,331円)
は、少なくとも妥当ということだ。
日本だと
 専門医や専門の訓練を受けた医療従事者に診断・治療・ケアを受けた費用を割り増しで別途支払う
なんてことはないからなあ。
お母さんの入院代だけど、ホノルルの場合、三井海上保険のサイトによれば(たぶん、情報が幾分古く、円高のころの水準)
 個室 約10万〜16万円/日
 準個室(2人部屋かな?)約9万〜15万円/日
なので、1日46万円ほど掛かっている入院費の1/4〜1/3は室料じゃないかな。
カピオラニメディカルセンターは、公立病院なので、まだ室料は安い方だ。

カピオラニメディカルセンターでは、無保険の人には、医療費の減額を行っているけど、たぶん、旅行者は適用外だろう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014-12-05

類語の用例に詳しい、林巨樹・松井栄一監修『現代国語例解辞典 第四版』小学館 2006

仕事がら、漢和・漢漢・漢英辞典や字典は持っているし、日国も新旧1セットずつ持っているのだが、
 日常使う日本語の用例
では、時々頭をひねることがある。
たまたま、Twitterを覗いていたら、TL上で
 林巨樹・松井栄一監修『現代国語例解辞典 第四版』小学館
を奨める声を見かけた。
わたしは、辞書は、版が同じであれば、古本でも構わないと思っている。amazonを見たら、程度のよい古書が適価で出ていたので、迷わず注文した。

この辞書の真骨頂は
 随所に挿入された「用例の表」
にあると言っていい。たとえば、ちょうど開いていた769頁の表は
 杜撰/雑/粗雑
の違いを例示しているのだが、こんな具合。表組がうまく行かないので、中身をパラフレーズする。
 杜撰/雑/粗雑な工事
 杜撰な経理(雑/粗雑は使わない)
 雑な字(粗雑な字、は使わないこともないが、杜撰な字とは言わない)
 物を雑/粗雑に扱う(杜撰は使わない)
 粗雑な神経(雑な神経、は使わないこともないが、杜撰な神経とは言わない)
用例に依っては、反例が思い浮かび
 それは違うじゃん
というのもあるけど、指標としては使える。
補助的な国語辞典としては、悪くない。
漢語や宗教哲学用語回りは若干弱いので、漢和辞典や専門辞典等で補強して使うのが吉。(ぱっと見ただけでも、小乗はあっても上座部がないとか、五経の読みはゴキョウしか採用してないとか、まあ、いろいろ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014-12-02

拡張湯豆腐

寒気が押し寄せてきた。こんな日は
 身体を中から温める鍋
に限る。

冷蔵庫の中を覗くと
 絹漉し豆腐、油揚、菊菜、白葱、豚肉切り落とし
が入っていた。大根もあったのだが
 冷蔵庫でいい具合に干せている
ので、これは漬け物に回す。

拡張湯豆腐といっても、たいしたことはない。
 鍋に羅臼昆布を敷き、その上に切らずに豆腐を一丁載せる
ところから始まる。適宜、水を張り、水の1/3くらいの酒も入れて、火に掛ける。身体を温めたいなら、生薑の薄切りも入れておく。
その間に、菊菜は汚いところと固いところを取って、三つくらいに切る。
白葱は、一本を斜に切る。
油揚(小さい薄揚げ)は繊切り。

昆布出汁が出たところを見計らって、薄口醤油・味醂で頼りないくらいの味を付ける。
あとは、油揚・葱を入れ、火が通ったら、豚肉を投入、菊菜を蓋にしてさっと煮る。
つゆに味が付いているので、タレは不要。よく温まる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »