« 味覚が変わる | トップページ | 将来の彼氏よ がんばれ »

2015-02-01

カルミン終了のお知らせ 1921年以来の歴史に幕

カルミンと言えば、明治のカルミン、ドーナツ型の白い、ミントの効いたお菓子だ。業界では
 錠菓
と呼ぶもののようである。
昔からあるのだが、とんでもなく昔から作られていて、明治のサイトに依れば、
 1921年以来、作られている
という伝統を誇っている。そのカルミンに悲しい知らせが。北乃カムイさんのtweetより。


あらららら。ミント味が好きな人にはちょっとした衝撃かも。

小学校の遠足のおやつには、大抵1個、カルミンが入っていた。

(追記 2/3 20:30)
毎日が取り上げた。


カルミン:3月販売終了 「長期間、売れ行き低下傾向で」
毎日新聞 2015年02月03日 18時53分(最終更新 02月03日 19時11分)

 明治のロングセラー菓子「カルミン」の販売が、今年3月末で終了する。大正生まれの変わらぬ味で人気だったが、「長期間にわたって売れ行きが低下傾向にあるため」と同社は説明している。

 「カルミン」は、カルシウム入りミント味のタブレット菓子。名前は「カルシウム」と「ミント」が由来で、1921(大正10)年に販売が開始された。当時の価格は5銭。「世界唯一のカルシウム入り栄養錠菓」として売り出したという。

 同社の創業(1916年)初期から続く長寿商品の一つで、26(大正15)年に発売された「ミルクチョコレート」より歴史がある。水色の包み紙に赤と黄でデザインされたロゴや、清涼感と甘さを同時に楽しめる味は、発売当初からほとんど変わっておらず、何世代もまたいで愛されてきた。現在は15粒入り24グラムを60円(参考小売価格、税抜き)で販売。一時期、イチゴ味も販売していた。
 1月末、ネット上に販売終了のうわさが流れると、ツイッターには「遠足の酔い止めに買ったなあ」「ぺらぺらになるまで舌の先で転がした」「寂しいよ」「じいさんがよくパチンコの余り玉で取ってきてくれた」などの書き込みが相次いだ。

 同社の担当者は「94年という長い間ご支持をいただき、深く感謝しています。想像以上の反響の大きさに正直驚いています」と話している。【平野美紀/デジタル報道センター】

ミントタブレットだけでも、たくさんの種類がある現在、カルミンの売り上げが減ることはあっても、増えることはないだろう。残念だが、カルミンは消えていく。

|

« 味覚が変わる | トップページ | 将来の彼氏よ がんばれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/61070289

この記事へのトラックバック一覧です: カルミン終了のお知らせ 1921年以来の歴史に幕:

« 味覚が変わる | トップページ | 将来の彼氏よ がんばれ »