« amazon 釈尊が悟りを開いた12月8日の成道会の日に、お坊さん配達の手伝いを始める ただし菩提寺(檀那寺)のある方はお断り | トップページ | アメリカで機内にライトセーバーは持ち込めますか? »

2015-12-12

三菱鉛筆 ユニボールエア(0.7mm)短評

11/26に、三菱鉛筆は
 新感覚 空気のように軽く書けるボールペン
という触れ込みで水性の
 ユニボールエア 0.5mm/0.7mm
を発売した。色は赤・青・黒の三色。
新感覚 空気のように軽く書けるボールペン『uni-ball AIR ユニボール エア』
首都圏では、発売日前から販売していた。

これまで
 軽く書けるボールペン
というと、同じ三菱鉛筆の油性の
 uni ジェットストリーム
が、割と使われていた。人気の程は
 大学で落とすと消える
ということからも分かる。同等の値段の他の筆記具だと
 大抵は落とした場所にそのまま置いてある
のだけど、ジェットストリームは誰かが持って行ってしまうのだ。

ジェットストリームは油性、新発売のユニボールエアは水性という違いがある。インクの粘性は当然水性の方が低いが、耐水性は油性の方がある。
実際にユニボールエアで書いてみると、
 確かに書き味は軽いが、横書きだと引っかかる感じが残る
のだ。他のネットの友人も
 引っかかる
と言っているので、気のせいではなさそうだ。
一方
 縦書きでは、しっかり文字が書けて問題ない
と言える。

ユニボールエアの書き味をジェットストリームと比べると、わたしの使い方だと
 やはりジェットストリームに一日の長
がある。しかし、これから年賀状等で多くなる
 縦書きについては、ユニボールエア推奨
かな。
ただ、縦書きで水性ボールペンだと、手が汚れたり、宛名の場合、水濡れでインクが流れたり、という心配がある。大量に速く縦に書いたら、手にインクが付かないかどうか、その辺りは、今後試してみたい。

ところで、プレスリリースに


万年筆の進化版をイメージし、万年筆のペン先をモチーフとした特徴的なスタイリング

とあるのだけど、万年筆の書き味を求めるなら、最初から万年筆で書いた方がいい。万年筆のメンテナンスが面倒というのなら、使い捨て万年筆を推奨。
ユニボールエアと万年筆とは、あくまで別個の筆記具だ。

|

« amazon 釈尊が悟りを開いた12月8日の成道会の日に、お坊さん配達の手伝いを始める ただし菩提寺(檀那寺)のある方はお断り | トップページ | アメリカで機内にライトセーバーは持ち込めますか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/62853498

この記事へのトラックバック一覧です: 三菱鉛筆 ユニボールエア(0.7mm)短評:

« amazon 釈尊が悟りを開いた12月8日の成道会の日に、お坊さん配達の手伝いを始める ただし菩提寺(檀那寺)のある方はお断り | トップページ | アメリカで機内にライトセーバーは持ち込めますか? »