« 大阪・阪急梅田駅前交差点の歩道にプリウスが突っ込む マスコミ取材陣は相変わらずの傍若無人ぶり | トップページ | ありがとう早稲田大学 平安朝漢詩文総合データベース『群書類従』「文筆部」編 »

2016-02-26

何故、中国語の古典を勉強しようと思ったか

変な言い方だが、元々、視力に関しては、
 蒲柳の質
で、大学に入った頃は
 その内、辞書も読めなくなる
と思っていた。それで選んだのが、辞書を縦横に使い、一流の研究者になりたいのであれば、
 細かい字で書かれた写本
を読む必要のある印度学だった。目の見える内にできることをやってみたい、という無謀な考えからだ。
程なく、印度学のプロになるには視力が到底足りなくなり始めたので、次に選んだのが、
 中国学
で、特に
 古典
の分野である。その時は
 一文字当たりの情報量が印度学(表音文字)と漢字では異なるから
と説明していた。

さて。
突然思い立って、夏目漱石の漢文紀行文『木屑録』を読み始めた。それで、
 何故中国語の古典を読もうと思ったか
その理由を思い出した。他ならぬこの『木屑録』がその原因の一つだった。

高校生の頃だったと思う。漱石の文章で
 普通の人が読もうと思っても読めない作品がある
と聞かされて、図書室の漱石全集を開いてみた。それがこの『木屑録』である。漢文には自信があったが、白文で点も切っていない『木屑録』にあえなく敗退した。その時、
 絶対にこの『木屑録』を読んでやる
と誓った。
もう一つの原動力は、さらに以前。小学校六年生の時に、日本史の勉強をするけれども、教科書だけではつまらない。手当たり次第に家にある書物を読んでいた時期だったので、
 中央公論社の『日本の歴史』
を読み漁った。中でも
 第一巻「神話から歴史へ」から第六巻「武士の登場」まで
は、繰り返し読んだ。高校卒業までに、あまりにも繰り返し読んだので、ハードカバーだった第一巻・第三巻「奈良の都」・第四巻「平安京」・第五巻「王朝の貴族」は、背が壊れてしまった。
この時、第三巻「奈良の都」で、『日本霊異記』『懐風藻』と『風土記』が取り上げられていた。印象に残ったのは
  『風土記』の漢文に六朝の美文を真似て書かれている箇所がある
という指摘で、六朝風の何たるかが分からない小学生は
 じゃあ、六朝の漢文が読めるようになりたい
と思った。

漱石の『木屑録』を入力しながら、
 ああ、これを読むために、中文に行ったようなものだったな
と、とっくに忘れていた初心を思い出した。元々、文系志望ではなかったので、まさか将来自分が文学部に進むとは考えてもいなかったのだが、
 『木屑録』や日本古代の漢文文献を「読みこなしたい」
という意欲はあった。

わたしは『漱石全集』は持っていない。国立国会図書館の近代デジタルライブラリーには古い版の『漱石全集』が、デジタルコレクションの方には単行本の『木屑録』が入っている。単行本の『木屑録』は、湯浅廉孫が注釈を付けるという豪華版だ。どちらもダウンロードした。

たとえ注釈があったとしても、白文の点は自分で切るものだ。
さすがに勉強を重ねた甲斐があり、古い『漱石全集』に白文で掲載されている『木屑録』の点を切るのは、それほど難しくはない。『漱石全集』を前に茫然として、そっと書物を閉じた高校生の頃の自分に
 やっと読めるようになったよ
と声を掛けたくなった。

|

« 大阪・阪急梅田駅前交差点の歩道にプリウスが突っ込む マスコミ取材陣は相変わらずの傍若無人ぶり | トップページ | ありがとう早稲田大学 平安朝漢詩文総合データベース『群書類従』「文筆部」編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/63265220

この記事へのトラックバック一覧です: 何故、中国語の古典を勉強しようと思ったか:

« 大阪・阪急梅田駅前交差点の歩道にプリウスが突っ込む マスコミ取材陣は相変わらずの傍若無人ぶり | トップページ | ありがとう早稲田大学 平安朝漢詩文総合データベース『群書類従』「文筆部」編 »