« NHK教育 浦沢直樹の「漫勉」シーズン2 第1回「萩尾望都」 | トップページ | #図書館やめたの私だ 非正規職員が増えてブラック化する図書館業務 »

2016-03-05

「舞妓さんコスプレ」隊 舞妓さんを無茶な要求をする外国人観光客から守れ

年中観光シーズンの京都。京都といえば
 舞妓さん芸妓(げいこ)さん
目当てに通うカメラ爺ちゃん多数がいるくらい
 花街の舞妓さん芸妓さんは被写体の華
だ。これまでは
 無茶な撮影をする一部の人々
が、舞妓さん芸妓さんを悩ましてきたのだが、
 外国人観光客の増加
と共に、
 見るだけでなく、無体な触り方をしたり、野卑な声を掛けたりする事例
も増えてきた。それだけでなく
 全身動く「美術館」の舞妓さん芸妓さんの宝飾品を強奪する事件
も起きている。古い記事だが2014年12月24日付フォーカス・アジアより。


京都の芸舞妓が護身術を習う、外国人観光客との相次ぐトラブル受け―中国紙
22日付の英メディアによると、外国人観光客に追いかけられるなどのトラブルが相次いでいることを受け、京都の芸舞妓が警察から護身術を習い始めた。24日付で渤海早報が伝えた。
芸舞妓に現金1万ドルとホテルの部屋の鍵を渡すなど、お座敷遊び以外のサービスが受けられると勘違いしている外国人観光客が多く、トラブルが絶えないことから、地元の警察官から護身術を習い始めたという。
若い芸妓が夜間の1人歩きを怖がるようになり、地元の組合が警察に講習会の開催を依頼した。着物や「おこぼ」姿でいかにして安全を確保するか、抱きつかれたり手をつかまれたりした時にどのようにして振り払うか、などを学んだ。
観光客からの付きまといだけでなく、芸舞妓が身に着けている高価な宝飾品が狙われ、夜間に1人で歩いている時に強奪される事件も起きているという。
(編集翻訳 小豆沢紀子)

このような状況、悪化こそすれ、一向に改善する兆しがない。
そこで立ち上がったのが
 舞妓コスプレ3人組
だ。うちゃかさんのtweetより。








というわけで、うちゃかさんのお友達の女性3人が
 舞妓コスプレをして、舞妓さん芸妓さんのお仕事を各国語で説明し、無茶をしないように広報宣伝する活動を始める
とのこと。
外国人観光客でも日本人観光客でも、無茶なお方はほんまに無茶なこと、しはりますからなあ。かないまへんわ。
よく聞く話は
 外国人観光客が背中が大きく開いている、舞妓さんの襟元に煙草を投げ込んだ
というもので、傷害罪だっせ。

うちゃかさんのお友達の
 舞妓さんコスプレ隊のお3人
だが、どうか御無事で。しかし
 京都市も京都府も、花街の舞妓さん芸妓さんにおんぶにだっこ
でええのか?
 歩く美術館の舞妓さんが、海外の強盗のターゲットになったら、ほんまにええもんを身につけられなくなる
んでっせ。値打ちが台無しですがな。
さすがに日本人は舞妓さん芸妓さんの宝飾品を強盗するような無茶はしないと思いたい。

|

« NHK教育 浦沢直樹の「漫勉」シーズン2 第1回「萩尾望都」 | トップページ | #図書館やめたの私だ 非正規職員が増えてブラック化する図書館業務 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/63301509

この記事へのトラックバック一覧です: 「舞妓さんコスプレ」隊 舞妓さんを無茶な要求をする外国人観光客から守れ:

« NHK教育 浦沢直樹の「漫勉」シーズン2 第1回「萩尾望都」 | トップページ | #図書館やめたの私だ 非正規職員が増えてブラック化する図書館業務 »