« 赤ちゃんと妊婦を守れ 空気感染(飛沫核感染)等で感染する麻疹(はしか)に治療法はない 首都圏 麻疹流行前夜か 松戸で麻疹流行中@twitter(その2) 松戸市の広報でも警告 | トップページ | イタリア震災支援 アマトリチャーナを食べて被災地アマトリーチェを支援しよう イタリア国内で拡がる→各国でも支援 日本でも支援の輪が »

2016-08-24

赤ちゃんと妊婦を守れ 空気感染(飛沫核感染)等で感染する麻疹(はしか)に治療法はない 首都圏 麻疹流行前夜か 松戸で麻疹流行中@twitter(その3)海外で麻疹に感染した10代男性 14日の幕張メッセのジャスティン・ビーバーのコンサートで知らずにウイルスをばらまく→発疹のある状態で西宮から上京、すでに帰宅、家族3人も感染

麻疹は感染力が強い。
厚労省のサイトに
 麻疹教育啓発ビデオ「はしかから身を守るために」
がアップされていて、いつでも見ることが出来るのだが
 麻疹の感染力
を示した部分がわかりやすい。
20160824_222503
身体から出たウイルスは空気中を漂うため、同じ部屋にいるだけで感染してしまう。
20160824_222544
毎年流行するインフルエンザも感染力が強い
 免疫のない2-3人に感染
する。
20160824_222608
はしかは
 患者が1人いると12人から18人に感染
する。
 インフルエンザとは比較にならないほど感染力が強い
のである。しかも、国立感染症研究所感染症情報センターの麻しん Q&Aによれば、
 発症した人が周囲に感染させる期間は、症状が出現する1日前(発疹出現の3~5日前)から発疹出現後4~5日目くらいまでで、学校は解熱後3日を経過するまで出席停止となります(麻疹は、学校保健安全法に基づく第二種学校感染症に指定されており、学校をお休みしても、欠席扱いにはなりません)。なお、感染力が最も強いのは発疹出現前のカタル期
という悪質さだ。つまり
 38℃前後の熱が出て、身体がだるく、咳・鼻水・くしゃみ等の上気道の症状や、目の結膜が充血したり、目やにが出たり、光を眩しく感じるなどの目の症状が出ている「カタル期」

 一番、人に麻疹をうつす時期
なのである。
 発疹が出る前だから、普通は「まさか麻疹じゃないだろうな」とは思わない時期が最も危険
なのである。

そして、千葉県で
 カタル期すでに発疹が出ていたのにもかかわらず、幕張メッセで14日に開かれた、ジャスティン・ビーバーのコンサートに出かけた10代男性が、海外で麻疹に感染していた
ことが判明した。NHKより。


コンサート訪れた男性 はしかと診断 患者増える可能性 千葉
8月24日 17時01分
今月14日、高熱などの症状のある男性千葉市で開かれた大規模なコンサートを訪れ、その後、はしかと診断され、千葉市はさらに患者が出る可能性もあるとみて、医療機関に注意を呼びかけています。
千葉市などによりますと、海外旅行から帰国し、39度を超える発熱や発疹の症状がある兵庫県西宮市の10代の男性が、今月14日、千葉市の幕張メッセで開かれた大規模なコンサートを訪れ、その後、医療機関ではしかと診断されました。男性は自分がはしかに感染していることには気づいていなかったということです。
はしかは高熱などに続き、全身に赤い発疹が出るのが特徴で、重症化すると最悪の場合、死亡することもあります。また、空気感染で広がり、感染力が非常に強いのも特徴です。
ワクチンを2回接種することでほぼ予防できるということですが、千葉市は今後さらに患者が出る可能性もあるとみて市内の医療機関に連絡し、はしかが疑われる患者が受診した際には、院内感染の防止を徹底するよう伝えました。
千葉市は「コンサートに行って発熱などの症状が出た人は、医療機関に連絡したうえで受診してほしい」としています。
早めに医療機関の受診を
はしかは空気感染するため、インフルエンザよりも感染力が強いのが特徴で、発症すると3割の人が肺炎などの合併症を起こし、最悪、死に至ることもあります。
国立感染症研究所の大石和徳センター長は「1歳未満の赤ちゃんワクチンを接種していない人は重症化するおそれが高い。発熱や発疹などの症状が出た場合は人の集まる場所には行かず、早めに医療機関を受診してほしい。特に妊婦は早産や流産することもあるので注意してほしい」と話しています。

うーむ
 西宮市の10代男性で海外から帰国したばかり
か。
 自分が麻疹に感染するとはまず考えない年代
だな。高熱があったのにも関わらず、そのまま
 14日・幕張メッセのジャスティン・ビーバーのコンサートに参戦
して、
 麻疹ウイルスをばらまいた恐れ
があるわけね。

というわけで
 14日のジャスティン・ビーバーのコンサートに参加した人達

 まだ麻疹に罹っておらず、予防接種も済んでない人

 麻疹に罹っている恐れ
がある。
 麻疹の潜伏期間は10〜12日間
なので、
 そろそろ二次感染した人が出てくるかも知れない時期
だ。

もし、当日コンサートに参加し、現在
 38℃前後の高熱が出てきた
 目が充血したり、咳や鼻水などの症状がある
場合は、
 すでにカタル期で、他人に一番感染しやすい時期
だから、病院に行く前に
 電話して、「はしかかも知れません」と告げてから行く
ようにしてほしい。
 麻疹の抗体がない人、特に、麻疹に感染すると、命に関わるゼロ歳児や、重くなり、流早産の恐れもある妊婦さん

 待合室
にいた場合
 自分の麻疹を感染させてしまう恐れがある
からだ。

自分もしんどいだろうけれども、他人を傷つけるかも知れない病気が
 麻疹
だ。心して欲しい。

続き。(23:20)毎日が詳しい。
インドネシアから帰国し、
 高熱と発疹が出ている状態で上京
した模様だ。未成年の行動だし、これは
 家族にも責任がある
なあ。西宮〜東京間を
 何を利用して移動した
かは、明らかではないが
 飛行機でも新幹線でも、同乗者は逃げ場がない
ぞ。


麻疹 大規模コンサートに感染者 2次感染可能性を警告
毎日新聞2016年8月24日 18時59分(最終更新 8月24日 22時16分)

 千葉市の幕張メッセで14日に開かれた人気外国人アーティストのコンサートに、麻疹(はしか)に感染していた男性が参加していたことが判明。潜伏期間の10日が経過し、接触者に症状が表れる可能性があることから、国立国際医療研究センター国際感染症センター24日、関係各都県の医療機関などに注意を呼び掛けた。
 患者の男性は兵庫県西宮市在住で、同市の発表によると発症の10日以内インドネシアのバリ島を訪れていた。9日に39度を超える発熱があり13日以降、全身に発疹が表れた。その状態で13〜15日に神奈川県と東京都内を訪問14日には千葉市の幕張メッセであったコンサートを観賞していたという。主催者によると、同日のコンサート参加者は約2万5000人だったという。19日に西宮市内の医療機関で麻疹と診断された。また、患者の男性の同居家族3人も発症が確認されている。
 国立感染症研究所によると、麻疹は空気感染、飛沫(ひまつ)感染、接触感染などさまざまな経路で感染。免疫を持たない人がウイルスに触れると90%以上が感染する。10〜14日の潜伏期間を経て38度前後の発熱が2〜4日続いた後、39.5度以上の高熱と共に全身に発疹が表れる。中耳炎や心筋炎などの合併症を発症することがある。さらに、まれに中枢神経系合併症を起こすことがあり、うち20〜40%に後遺症が残るという。また、幼児期に感染後学童期になってから「亜急性硬化性全脳炎(SSPE)」という、進行性で致死的な中枢神経疾患を起こすこともある。
 治療は対症療法以外ない。ワクチンを2回接種すれば95%は免疫ができる。
 初期症状が風邪に似ていることから、風邪として医療機関を受診した場合には2次感染の恐れもある。このため、同センターは旅行経路にある医療機関に対し、24日以降に発熱などで受診する患者には注意するよう呼び掛けている。【医療プレミア編集部・瀬上順敬】

う〜ん、この21世紀に
 家族4人が麻疹に感染
ということは
 あまり麻疹の予防接種に関心を持ってない家庭
だったのだろうか。成人の麻疹は重くなりがちだ。それを防ぐための
 予防接種
なのだが、受けてないのでは、最早どうしようもない。それにしても、
 一家の内4人が麻疹感染
というのはただ事ではない。まさかとは思うが、
 他の予防接種を受けているかどうか
も気になる。

麻疹の後遺症では、上記記事でも触れている
 亜急性硬化性全脳炎(SSPE)
が一番怖い。まさか、麻疹に罹って数年後に、脳炎でじわじわ家族が死んでいくなどと、普通は想像しないだろう。
麻疹は
 命定め
と、江戸時代には称された重い病であり、
 今でも根本的な治療法はない病気
である。

子どもの病気だから、と、軽く見ると、足元を掬われる。

|

« 赤ちゃんと妊婦を守れ 空気感染(飛沫核感染)等で感染する麻疹(はしか)に治療法はない 首都圏 麻疹流行前夜か 松戸で麻疹流行中@twitter(その2) 松戸市の広報でも警告 | トップページ | イタリア震災支援 アマトリチャーナを食べて被災地アマトリーチェを支援しよう イタリア国内で拡がる→各国でも支援 日本でも支援の輪が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/64106217

この記事へのトラックバック一覧です: 赤ちゃんと妊婦を守れ 空気感染(飛沫核感染)等で感染する麻疹(はしか)に治療法はない 首都圏 麻疹流行前夜か 松戸で麻疹流行中@twitter(その3)海外で麻疹に感染した10代男性 14日の幕張メッセのジャスティン・ビーバーのコンサートで知らずにウイルスをばらまく→発疹のある状態で西宮から上京、すでに帰宅、家族3人も感染:

« 赤ちゃんと妊婦を守れ 空気感染(飛沫核感染)等で感染する麻疹(はしか)に治療法はない 首都圏 麻疹流行前夜か 松戸で麻疹流行中@twitter(その2) 松戸市の広報でも警告 | トップページ | イタリア震災支援 アマトリチャーナを食べて被災地アマトリーチェを支援しよう イタリア国内で拡がる→各国でも支援 日本でも支援の輪が »