« 2017フィギュアスケート世界選手権 男子FS いまの採点基準は変わるのか | トップページ | フキノトウのアレルギー 雄花の花粉がアレルゲン »

2017-04-03

海外旅行で「ウォシュレット」? ノズル付ポリボトルで解決!

今でこそ、日本国内では
 ウォシュレット
に代表される
 洗浄機能付き便座
が普及しているのだが、10年ほど前までは、それほどでもなかった。
普段からウォシュレットに慣れていると、外出時に
 設置されていない場合

 海外旅行
で、困ることがある。人によっては、深刻な問題になるだろう。

まだまだ、洗浄機能付き便座が一般的でなかった時代、
 札幌医科大学の内科
では
 ノズル付ポリボトルのノズルの先を切って使う
ように指導していた。4945247390339_1260
尖っている先の部分を適宜切って携帯するのだ。病院の売店でも、ノズル付ポリボトルを売っていた。
これだと
 電池不要
 強さは自分で好きに調整できる
というわけ。
 携帯用洗浄器
も販売されているけれども、水量が多くない(ペットボトルの付け替え可能なものもある)のと電池が必要な点がネック。ポリボトルなら、軽いし、値段は高くない。
清潔な水が手に入りやすい環境なら、これで大丈夫。

ちなみに台湾では、日本人が宿泊するホテルであれば、ウォシュレット付きのところが結構ある。

あとは、海外旅行へ行く場合は
 トイレットペーパーの携帯
かな。
 日本の優秀な柔らかいトイレットペーパー
に慣れていると、海外では、場所によっては
 日本では水洗が普及してなかった時代に使われていた「茶ちり紙」並

 固いトイレットペーパー
に苦戦することになるかも知れない。

|

« 2017フィギュアスケート世界選手権 男子FS いまの採点基準は変わるのか | トップページ | フキノトウのアレルギー 雄花の花粉がアレルゲン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/65102759

この記事へのトラックバック一覧です: 海外旅行で「ウォシュレット」? ノズル付ポリボトルで解決!:

« 2017フィギュアスケート世界選手権 男子FS いまの採点基準は変わるのか | トップページ | フキノトウのアレルギー 雄花の花粉がアレルゲン »