« 2017年5月 | トップページ

2017-07-17

防衛省がサイバー部隊増強だそうで

防衛省が
 サイバー部隊を1000人規模に増強する
という
 俄には信じがたいニュース
を共同が伝えている。


防衛省、サイバー部隊千人規模へ 攻撃手段も研究
2017/7/17 02:01
 防衛省が同省・自衛隊内部のネットワークの監視や、サイバー攻撃を受けた際の対応を担う「サイバー防衛隊」の規模と能力を大幅に強化する方向で検討に入ったことが16日、分かった。現在の約110人から将来的に約千人に増やし、サイバー攻撃を自ら仕掛ける研究をする担当部門を新たに設ける構想だ。サイバー攻撃の方法を研究することで防御能力の構築に役立てるとしている。

 政府は2020年の東京五輪・パラリンピックを控え、サイバー攻撃への対応力強化を課題にしている。攻撃方法の研究は自衛隊によるサイバー攻撃能力の保有に向けた動きと見られる可能性があり、今後議論を呼びそうだ。

何が俄に信じがたいかといえば
 いま110人規模なのに、「将来的」とはいえ簡単に10倍に出来るほどセキュリティ関連の技術は甘くない
ってことだ。
大体
 人材をどこからリクルートしてくる
んだよ、防衛省。
 まともな情報技術者
であれば、
 国家公務員の「薄給」
よりも、新卒の段階で
 より厚遇のポジション
が約束されているだろう。

まあ、はっきり言って、アメリカが
 大学進学
をエサに、
 新兵を、移民を含めたあらゆる階層からリクルート
しているような手段に倣って
 防衛省奨学金を作ってリクルート
するくらいしか方法がないんじゃないの?

てことで
 頭数を揃える
のは、
 可能
かも知れないけど
 水準を保つ
のは、難しいでしょうよ。

てかさ、今現在で
 110人規模
って辺りが、すでに絶望的情況だ。
まあ、がんばれ、防衛省。

おまけ。ちょっと古い記事だけど、miyaichiさん経由。
一部を引用する。


新人プログラマーが使えない理由
2011年5月10日 by Jon Evans
(略)
旧来のシステムは、限られた情報に基づいていた ― 応募者についてわかるのは履歴書だけだった。しかし、業績のある人だけを面接すれば、ずっと広い範囲から人を選べる。FizzBuzzなどやめ、面接者に自分のコードと設計思想を説明させ、今だったらどう作るかを聞く。目の前で1つか2つ機能を実装させて、実際にどう動くか、どのように考えて作業しているかを見る。それこそが技術面接で知りたいことだ。古典的アルゴリズムやデータ構造をどう理解しているかではない。世界は前進しているのだ。

防衛省のサイバー部隊のリクルーターに上記のような
 眼力
があるかどうかは謎だな。官僚制に毒されていれば、まずアウト。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017-07-06

台鐵と近鉄が友好協定締結ですとっ!

日本には、数多鉄道会社があるけれども、
 東西の似たもの同士
といえば、
 東の京急、西の近鉄
ではないか密かに思っている。もっとも
 車両の連結・切り離しの速度

 毎日、金沢文庫や京急川崎、品川で切り離しと連結を展開する京急の圧勝
だけど。横浜の家の最寄り駅が金沢文庫なもので、毎度のように鮮やかな手腕を見ていると、
 大和西大寺の連結・切り離しの遅さ
には、毎回、イライラしてしまう。で、いつもその切り離しのせいで
 3分の遅れ
になるからな、近鉄。

それはいいとして、
 台鐵と京急が友好協定を結んだ
時は、とっても羨ましかった。一昨年の5月にはその記念に
 台鐵の駅弁を販売
したしな、京急。

さて。
台湾に行くと、時々お世話になる台鐵なんだけれども、この度なんと
 近鉄と友好協定を締結
したという驚愕のニュースが飛び込んできた。何故に近鉄? 阪急でも京阪でもないのだっ。
理由は分からないのだが
 近鉄には伊勢神宮を擁する「山田・鳥羽線」がある
からだろうか????
中央社フォーカス台湾より。


台湾鉄道、近鉄と友好協定締結 相互誘客狙う
【観光】 2017/07/06 18:23
(台北 6日 中央社)台湾鉄路管理局(台鉄)は6日、近鉄グループホールディングス(近鉄、大阪市)と事業連携・協力に関する友好協定を締結した。台北駅で行われた調印式には、台鉄の鹿潔身局長や近鉄の吉田昌功社長らが出席した。今後は互いの沿線の魅力や観光地を紹介するツアーの催行など相互誘客のための取り組みを進めるほか、鉄道事業、店舗開発に関する事業などで連携を行う。
台鉄は、両者とも100年以上の歴史を持つと言及し、互いに鉄道や観光の発展経験を共有できればと期待を示す。また、台鉄は近年、関連事業の開発に力を入れており、豊富な商品やマーケティング、企画能力を持つ近鉄の取り組みを参考にしたいと意欲を見せた。
近鉄は昨年4月に台北支社を設置し、訪日客の誘致促進や事業の海外展開に向けた情報収集、現地企業との関係構築を進めている。今回の友好協定の締結を通じて台鉄との交流を深め、双方事業のさらなる発展・成長を目指したいと意気込みを示した。
台鉄は近年、日本の鉄道との連携を積極的に推進。これまでには西武鉄道、東武鉄道、京浜急行電鉄、JR四国と連携している。

(陳葦庭/編集:楊千慧)

う〜ん、うれしいけど、近鉄には是非
 気合いの入った「友好協定締結記念イベント」
を企画して頂きたいものだ。
Facebookに転載されている上記記事の写真には
 台鐵の駅弁のマスコットの双子のクマ てる(鉄魯)、はなちゃん(漢娜醤)
20150416002062
とあべのハルカスのマスコットのクマあべのべあ
Abenobear
が写ってるんだが、まさか
 クマつながり
じゃないだろうな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017-07-03

偽史の作られ方

パソコン草創期の人達は、まだ生きている。
インターネット草創期の人達もそうだ。
商業化以降の日本のインターネットの状況なんて、まだ「歴史」というのはほど遠い。
でも、着々と
 「商業化以降のインターネットの偽史」
は作られている。
理由は簡単だ。
1. 商業化以降のインターネットについて「書き手」が若い
2. 2ちゃんねる以前をそもそも「知らない」
3. 2ちゃんねる以前を知らなければ、商業化以降のインターネットの人の出入りの意味が分からない
4. 「書き手」が若い上に、それを「審査」するおじさん・おばさんの「ネット親和力」がそもそも低い
5. 両者が、インターネット商業化以降の作られた「偉人伝」を批判できないまま、鵜呑みにして「論文化」しているor「論文」を容認している
6. 結局、こうしたゴミみたいな「論文」だけが残る←今ココ
だ。
パブ記事と、そうでないものの区別がつかないまま、
 商業インターネット偉人伝

 論拠
として、論文が生産される。
わたしのように、古くからネットにいる人間は笑っていられるけれども、
 その内、わたしたちのようなネットの古代民は死に絶える
わけで、
 書かれた偽史が横行
するだろう。

いや、凄いんですよ、ほんとに。

ネットジャーナリズムが未熟なのもあるけれども、何より問題なのは
 すべてにおいて、専門的な書き手の数の絶対値が少ない
ことだ。
80-90年代の『月刊アスキー』の筆者程度の実力と見識があれば、まともなのだが、そういう人は
 学術論文などという金にもならない文章は書かない
からな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ