« ドイツのパンは美味しい(その1) | トップページ | ドイツのパンは美味しい(その3)Japan Nothing »

2017-08-20

ドイツのパンは美味しい(その2)乳製品と謎の"Curd" 正体はソフトチーズ"Quark"

ホテルの朝食に話の続き。
さて、ホテルの朝食といえば
 フルーツにヨーグルト、ミューズリーにミルク
がつきものだ。
ドイツではあちこちで目にする
 籠に盛られたちいさな林檎
が、ホテルのレストランにもあって誰でも持って行ける。

ミューズリーとヨーグルトは並んで最終コーナーに置いてある。
最近のミューズリーブームのせいもあるかもしれないけど、これまたさまざまな木の実や穀物、フレーク、チョコチップなどが蓋のついた容器に入ってずらりと並び、横には
 冷たいミルクと温かいミルク
が用意され、ジャムもいろいろある。
その隣には
 各種ヨーグルト
があるのだが、そこに
 Curd
と、英語で書かれたヨーグルトに似たものも置いてある。日によっては、バニラフレーバーのものも見かけた。

"Curd"ってなんじゃらほい?
帰国してから調べたら、所謂
 ソフトチーズの一種
で、ドイツ語では
 クワルク(Quark)
と呼ばれるものだと分かった。道理で、ヨーグルトと並んで置いてあるはずだ。
日本では見かけないものだが、牛乳の味がストレートに反映されていて、実に美味しい。
毎日、ヨーグルトとQuarkを何種類かボールに入れて、混ぜて食べていた。

草を食べてのびのび育った牛の乳から作る乳製品に間違いはない。

|

« ドイツのパンは美味しい(その1) | トップページ | ドイツのパンは美味しい(その3)Japan Nothing »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/65688577

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツのパンは美味しい(その2)乳製品と謎の"Curd" 正体はソフトチーズ"Quark":

« ドイツのパンは美味しい(その1) | トップページ | ドイツのパンは美味しい(その3)Japan Nothing »