« 2018年5月 | トップページ

2018-06-10

旧優生保護法に基づく強制不妊手術で熊本の男性に去勢が行われる 国は即刻救済を

怒りに打ち震えるばかりだ。
熊本県で、旧優生保護法に基づく強制不妊手術を受けた70代の男女2人が国に向けて提訴の意向を示したのだが、
 男性は睾丸(精巣)を摘出された
という。これは
 不妊手術ではなく、去勢
だ。
 人権蹂躙
以外の何物でもない。
熊本RKK6/9付ニュースより。


強制不妊手術で全国でも例のない睾丸摘出
2018年06月09日 20:59 現在
旧優生保護法に基づく強制不妊手術をめぐり、県内の男性が全国でも例のない睾丸の摘出を強いられていたことが分かりました。
「俺の体は何もかもぐしゃぐしゃになって…」(睾丸を摘出された73歳男性)
この男性は、全国の男女4人が起こしている国賠訴訟や全国一斉電話相談でも例のない、「睾丸摘出」による不妊手術を強いられたと訴えていて、早ければ今月中にも国に対し約3000万円の損害賠償と謝罪を求め提訴する方針です。
男性が不妊手術を受けたという医療機関は既に廃院になっています。
弁護団は睾丸摘出を原因とした骨粗しょう症などの二次被害も訴状に盛り込む考えです。

人間の不妊手術では、
 妊娠できる・妊娠させられる機能を停止
するが、男女の性ホルモンを分泌する
 性腺(精巣・卵巣)除去は行わない
のが原則である。この男性が
 「俺の体は何もかもぐしゃぐしゃになって…」
と仰るのは、当然である。あまりに酷い。

精巣が作り出す男性ホルモンのテストステロンは
 男らしさを形作るホルモン
と言われている。男性の「更年期」では
 テストステロンの減少
がさまざまな問題を引き起こすと考えられている。
 そのテストステロンの生産基地が「強制不妊手術」の名を借りて永遠に失われた
のだ。

一体何故こんな
 人間の尊厳を踏みにじる蛮行が許された
のだろうか。男性が手術を受けた病院は既に廃院しており、カルテもないだろう。

法に名の下に行われたこの人権蹂躙に、国は即刻手を差し伸べるべきである。

それでも、この男性の失われた人生を償うことなどできはしない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「自分たちのサッカー」@将棋板

ハリルの首が飛び、後任が西野朗になった時点で、今回のW杯ロシア大会には全く期待してないし、たぶん、試合もそんなに見ないだろう。
 Miamiの奇跡が西野朗の「功績」?
そんな訳ないじゃん。詳しくは、当時の戦記をNumberから探して読んでね。
加茂周と西野朗が監督している試合は見ないか、見たとしてもこの2人に「礼儀正しい応援をする」ことにしてきた。

まあ、スポンサーの意向があるから特定の選手は外せないとか、そうした話は結構。

ところで、将棋板にこんなスレッドができたのだが、将棋ファンらしいたとえ炸裂で、なかなかパンチが効いている。
「自分たちのサッカー」を将棋に喩えると?より。


5名無し名人2018/04/12(木) 12:40:27.47ID:3hfo9Bz5
銀がドリブル突破を試みる一方で逆サイドから角を
突っ込ませるも適切に対応されて銀角奪われての惨敗。

6名無し名人2018/04/12(木) 12:41:11.50ID:QhGcl121>>7>>23
駒たちが躍動する俺の将棋

7名無し名人2018/04/12(木) 13:18:38.05ID:r3DaVR9t
>>6
これだわ

15名無し名人2018/04/12(木) 18:39:34.56ID:KHW6Zitw
>>6で結論出てた

ま、確かに6さんのレスで結論が出ちゃっているような気がする。
こんな御意見も。レーティングというのはチェスの国際組織で使われている
 イロレーティング(Elo rating system)
を応用した
 棋士の強さを示す数値
である。


22名無し名人2018/04/12(木) 23:28:24.76ID:w9TXttrB>>24>>25>>26
乱暴だがわかりやすく、FIFAランク=レーティングとする

日本のグループ
ポーランド 10位=斎藤慎太郎八段 1795
コロンビア 16位=千田翔太六段 1768
セネガル 28位=高見泰地六段 1722
日本 60位=野月浩貴八段 1613

つまり、昨年度から今年にかけてタイトル戦や
挑戦決定リーグに出るくらいの相手ばかり。
圧倒的に強い人はいないが、曲者揃いのグループ。

豊島=ドイツ、羽生=ブラジル、永瀬=ベルギー、稲葉=ポルトガル、久保=アルゼンチン
広瀬=スイス、菅井=フランス、藤井聡太=スペイン、山崎=チリ
三浦=ペルー、糸谷=デンマーク、勇気=イングランド、天彦=チュニジア、深浦=メキシコ、渡辺=ウルグアイ

藤井聡太七段はスペインなのか!?

その後も議論は続いている模様。

おまけ。
「駒たちが躍動する俺の将棋」の出典。
佐藤紳哉六段(当時)インタビュー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-06-08

「AIは元号を決められるか」に挑む@Qiita

来年は改元がある。
新元号がどうなるか、日付に関わる業務がある各業界は、1日でも早く知りたいだろうけど、なかなかそうはいかない。

で。
 元号をAIに決めさせる
という
 斬新な発想
で、実際に計算して、
 第一候補 孝天
 第二候補 元清
をはじき出したのが、@youwhtさんのQiita6/3の記事
平成の次の元号を、AIだけで決めさせる物語
である。凄い力作。
アプローチの中心は
 読みやすい二字の漢字で、元号に良く使われる文字を選んで組み合わせる
という辺り。あくまで
 元号は「単なる二字の漢字の組み合わせ」として処理
している。

というわけで、この計算では、元号選出にあたって
 一番重要な条件
である
 中国の古典に出典がある
が無視されているのと、これも重要な原則である
 既に他の国で使われている元号/年号を除外する
が抜けているので、あくまで
 AIでの近似計算
としてお読み下さい。

@youwhtさんはAI研究者の立場として


各学者先生やエライ人のいろいろな調整や思惑


 出典があるのがおかしい
と思ってるみたいなんだけど、
 平安中期以降、日本の元号は中国の古典からの「出典」付
なので、ここを無視すると
 年号としては成立しない
ということになる。
 単なる二字の漢字の組み合わせではない
のだ。
 中国古典に出典がある「佳字」を組み合わせる
のが、一番のポイント。だから難しいのよね。

理系の方のために説明すると
 中国古典に出典がある「佳字」
とは
 めでたい文意の短い文脈中にその2つの文字が現れる
ということ。具体的には
 概ね4字〜8字前後の、意味が区切れている文字列の中に2つの文字が含まれる
という条件で、人間が探し出すのが、これまでの元号候補の選出方法である。従って
 元号候補を選出する
には
 中国古典に知悉していて、漢文の読みのエキスパートである必要
がある。

おまけ。
中国語の形態素解析は結構大変。古典で人名切り出しを試みている論文はこちら。
 安岡孝一; クリスティアン ウィッテルン; 守岡知彦; 池田巧; 山崎直樹; 二階堂善弘; 鈴木慎吾; 師茂樹: 古典中国語(漢文)の形態素解析とその応用, 情報処理学会論文誌 (2018), 59(2): 323-331(PDF)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ