« 2020年4月 | トップページ

2020-05-31

鯵の味

近所のイオン系スーパーで、鯵の開きを買ってきた。
 島根産
とある。ちょうど
 旅館の朝食で出てくる飛騨コンロに乗るくらいのサイズの鯵
だ。
いま、鯵は旬を迎えている。さっと焼いたら脂の乗りも塩加減も申し分なかった。しかもいつもより安い。

新型コロナウイルスの世界的流行で旅行業は壊滅的な状況だ。
鮪や和牛などの高級食材は、軒並み値が下がり、大きめのスーパーランクの売場でも、普段より質の良いものがいつもより安い。
件の鯵も、そうした需給バランスのせいで、旅館の食卓に上らず、イオンのバイヤーに買われたモノかも知れない。

Facebookでは、
 観光客に買ってもらう筈だった商品の安売りグループ
がいくつかあって、
 塩水海胆、活け伊勢海老、和牛、フォアグラ、ナチュラルチーズ
等等の高級食材から
 干物セット、お土産用のご当地の銘菓、カレーやラーメンのセット
といったそこそこ手頃な価格のもの、そして
 牛や豚のモツや加工品、ジビエ肉
とちょっと毛色が変わったものまで、様々な
 旅行関連・外食用食品
が、ちょっと安値で売られている。何しろ、GWに当て込んでいた大規模消費が雲散霧消してしまい、業種によっては在庫が倉庫・冷凍庫に積み上がっている。漁師さんや農家といった第一次産業の方々も、漁を休んだり、畑を放置するわけにはいかない。
 捨てるよりは売れた方がマシ
ということで、必死で慣れないインターネット通販を始めたところが多いようだ。
旅行や外食関連だけではない。
 自粛期間中に行われるはずだった式典用の花卉や宴会用食材等
も打撃を受けていた。卒業式や入学式、母の日の花も例外ではなかった。販売期日が決まっている花卉は、半年以上前から準備して栽培しているものだ。その日に咲くように丹青して育てた花が巨大な販売先を失ってしまう。

外に出かけない分、そうした
 行き場を失った商品
を買う人は少なくない。あまりにも「良心的」で
 一時間も経たない内に完売
した商品もあった。わたしも、北海道物産展が中止になって、売れなくなっている北海道産品を中心にちょっとだけ注文してみた。
食いしん坊の友人は、もりもり注文しては、自らも腕を揮い、食卓を賑やかにしているようだ。でも、その友人が言っていた。
 いくら、贔屓の飲食店のテイクアウトを買っても、普段そこで呑んで払う分より少ないんだよね。
贔屓の飲食店が潰れないように、友人はせっせとテイクアウトしていたようだが、そろそろ目当てのお店は開いたのだろうか。

| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ