« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021-01-14

電子書籍化を熱望 近刊『オランダ絵画にみる解剖学 阿蘭陀外科医の源流をたどる』@東大出版会

江戸時代、日本に移入された
 西洋医学
は、オランダ語を介して伝えられたものが少なくない。
 他のヨーロッパ言語の医学書をオランダ語に翻訳、それを日本で翻訳
という
 重訳
の形で伝わっていることになる。

 

17〜18世紀のオランダの外科学とオランダ絵画に描かれた
 解剖
に焦点を当てたのが本書だ。東大出版会から1/22刊行予定。
オランダ絵画にみる解剖学 阿蘭陀外科医の源流をたどる

世界都市・アムステルダムでは外科職人「シルルゲイン」たちが学知と技術の先端を学び,若きレンブラントらがカンヴァスに描いた.これら絵画の謎解きから近代オランダ医学,外科学の黎明を再訪する.全書フルカラー

お値段は税込6380円だ。

 

しかし、しかしだ。
 全書フルカラー
なら
 何故電子書籍版を出さない
んだ、東大出版会。
どんなに頑張っても
 紙に印刷すると、経年劣化する
じゃんか。ここは是非
 早期に電子書籍版の出版
を望む。時代は21世紀、本書のように、資料的価値も高い専門書籍には、フルカラーの紙の本を出す意義はあんまりないじゃん。

 

| | コメント (0)

OSアップデートにプリンタのファームが対応せず置物と化した複合機が粗大ゴミになる件

最近のプリンタは
 インクは長期間売ってるが、ファームのアップデートは一定期間を過ぎるとOSに合わせては一々行わない
というおかしなことになっていて
 インクがあっても、印刷出来ない
つまりは
 ただの置物と化したプリンタ
が存在している。
我が家もmacOS 10.15 Catalina以降、
 CANON MP610とMX420が置物化
してしまった。インクはまだある。複合機という性格上
 コピーは出来るが、ランニングコストが高い
ので、黒インクのタンクが空になったところで、新しいインクを買うのは止めた。
個人宅ででかい複合機が2台も
 粗大ゴミ
と化している。
困ったものですね。
プリンタは、あっても使わないことが多くはなっているけれども、それでも
 紙で出してくれ
という要求は時々あって、その都度
 ネットプリントが出来るセブンイレブンに駆け込む仕儀
となっている。しかし、個人情報等を含む内容をネットプリントで印刷するのは、セキュリティの面からもうれしくない。

古いプリンタをちまちま使っているのも何だけれども、OSのアップデートで
 複合機が粗大ゴミになる
のは環境に優しくない。
次の複合機を購入したいのはやまやまなのだが、このコロナ禍の御時世、メンテ担当の家人が奈良にはそうそう来られない。
さて、どうしたものかな。

| | コメント (0)

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »