2006-01-27

筮竹を作る

『周易』を勉強するには、立筮するのが近道なのだが、筮竹は手に入りにくい。ところで、今は
 高い値段の筮竹
が、占い専門店のようなところで売られているけれども、そもそも筮を立てるのは
 蓍(めとぎ)
を用いるのが正しい。蓍とは箒草の茎のことだ。とすると、別に高い市販の筮竹を使わなくても、問題ないわけだから、竹ひごを買ってきて切ればよろしい。
最近は、
 ゴム動力で飛ぶ竹ひごの飛行機キット
をどこでも売ってる訳じゃないだろうけど、文房具屋に行けば、竹ひごくらいなら売っている。近所の梅松園に電話したら
 70cmくらいの長さで7-8本入り100円
だそうだ。半分に切れば一尺余でちょうどいい長さだ。
市販の筮竹は安くても
 50本組 2000円
なので、買うのがばかばかしい。筮竹は使っている内に傷む消耗品である。
 道具がよければ、占いがうまくできる
というわけでもない。それは
 アホらしいフェティシズム
なのだ。実際、略筮法で立筮するなら
 コインでもできる
わけだから、なにも道具立てに凝る必要はない。ま、売卜で身を立てるようなヒトならば、ある程度
 クライアントの目眩まし用
に道具に凝るのもいいけれども。筮竹は、天地の理を問う道具で、これが国家の大事に及ぶならば
 亀卜を併用
するのが本式である。もっとも、今は筮竹と亀卜を併用する占いができる占い師がいるのかどうか。

アンティークの筮竹というのもあるが、何を占ったかわからないようなものを手にするのは気味が悪い。そもそも、占いを頼みに来る人は、何か悩みがある、しかも現在あまり幸福でない状況で占いにすがるのが普通だから、そういう陰の気を吸っている筮竹を捌くのは、不幸の種を背負い込むようなものだ。せいぜい、身内あるいは師匠から譲り受けるくらいにしたいものだ。

わたしは、『周易』だけでなく
 揚雄の太玄易
もやってみたい。正式には
 36本の筮竹と天地人を印した算木
が必要なのだけれども、算木はその内、ホームセンターから木材を買ってきて作るかして、当座の用には、天地人の「画(『周易』では爻)」をメモする紙があればいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シリコンバレータロット@1998

久しぶりにタロットを手に取った。中学の頃に嵌ったが、その後はそんなにリーディングをすることもなく済んだ。最近、『周易』の説明をしていて、なんとはなしに思い出した次第。
今回、アマゾンから買ったのは「ボッシュ・タロット」「オールド・イングリッシュ・タロット」とライダー版だったのだが、ライダー版の説明書に乱丁が。しかもケルト十字法の説明のところで157ページが155ページになっているという変な乱丁だ。早速問い合わせてるんだけど、アマゾンはこうした事故処理が遅いからな。

carro

ところで、「ボッシュ・タロット」というのは、ヒェロニムス・ボッシュの絵を下敷きにして新たにデザイナーが描き起こしたもので、ボッシュ作のタロットがあったわけではない。まあ、ボッシュっぽいといえばボッシュっぽい絵柄ではある。描き起こすなら、ボッシュ同様
 板に油彩
で描いて欲しいものだ。

で、ネットサーフィンしていて見つけたのは
 シリコンバレータロット
http://www.svtarot.com/net/
だ。1998年に作られたもので、インターネットバージョンがあり、オンライン占いも出来る。
 オンライン占い(英語)
http://www.svtarot.com/spread/

これは通常の
 大アルカナ22枚 小アルカナ56枚
の78枚バージョンより少ない
 大アルカナ22枚 小アルカナ48枚の70枚バージョン
なので、78枚使う占いには使えない。大アルカナは数は揃っているが、伝統的なタロットとはカードの名前が違う。一応、大アルカナは伝統的なタロットと整合性を取っている。
 大アルカナの対照表
http://www.svtarot.com/MArcana.html


0. The Hacker (The Fool)
1. The Guru (The Magician)
2. The Futurist (The High Priestess)
3. The Garage (The Empress)
4. The Mogul (The Emperor)
5. The Consultant (The Hierophant)
6. IPO (The Lovers)
7. El Camino Real (The Chariot)
8. Double Latte (Strength)
9. Encryption (The Hermit)
10. The Server (The Wheel)
11. The Sysadmin (Justice)
12. The Hive (The Hanged Man)
13. The Layoff (Death)
14. Flame War (Temperance)
15. Spam (The Devil)
16. Firewall (The Tower)
17. Stock Options (The Star)
18. Venture Capital (The Moon)
19. Next Big Thing (The Sun)
20. Bugs (Judgment)
21. The Net (The World)

というわけで、カードの寓意を混ぜ込んだ
 ハッカー占い
も出来そうではある。いかんせん1998年のものなので、今とはちょっと状況が変わっているから、ギャグのキレも今一だけれども、往事をしのぶよすがとはなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-12-05

Blog petのシュールな占い

Blog petは便利なツールだが、月々315円払うと、付加サービスがある。その一つが
 ペットの占い
だ。
で、本日の占いなんだけど、シュールすぎて大笑い。

続きを読む "Blog petのシュールな占い"

| | コメント (0) | トラックバック (0)