2017-02-11

京大の言い伝え「褒められたら気をつけろ」

東大・京大と一口に言うけれども
 東大の人は、他人を無闇に褒める傾向
がある。本当にそう思っているかどうかは別として、ともかく褒めるのが礼儀のように思っているようだ。

ところで、京大なのだが
 千年の都 京都の地
にあるせいか、
 褒められたら気をつけろ
という
 言い伝え
がある。
定型表現はこんな感じ。
 「こないだの論文、よかったなあ」
 「ありがとうございます。」
 「そやけど、□□はも少しやな。」
この
 「も少し」の内容
が、臓腑を抉るような突っ込みだったりするのが伝統だ。

これはどうやら
 京都では「急に褒められたらそれは苦情を言ってるのだ」という慣習
と、関係しているらしい。藤月さんのサイト「京言葉」の
 1-9-2 その他、京都によく見られる言葉の丁寧化傾向
より。


4) 「不満や苦情を伝えたい時には褒める」
 これはどういうことかといいますと、相手に対してこちらが不満に感じている点を「褒める」ことで俎上に載せて、相手に「自分はこの点についてあなたに察してもらいたいことがある」ということを伝えるという方法です。たとえば立ち話の途中で急に相手が「おたくのお子さん、いつも元気どすなあ」と言ってきたら、それは暗に「お子さんの騒音で迷惑している」という苦情を伝えてきている、というような具合です。
 大変回りくどいのですが、角が立たぬようクレームを伝える手段としてよく使われます。相手を面と向かって罵ったり、不快感を直接的な言葉で表したりするようなやり方は京では好まれません。角が立つと回り回って自分が後からあれこれ言われることになりかねないためです。

 顔見知り程度の相手から急に何か褒められたら要注意です。その「何か」について苦情を伝えられている可能性を疑ってみましょう。

所謂
 京都人に褒められたら気をつけろ
という、
 京都に住む時の「生活の知恵」
なのだが、
 生粋の京都人と、「よそさん」から来た研究者が同居する京大
では、
 この「生活の知恵」が研究にも波及
してるみたいですなあ。

今度、文化庁が京都に引っ越してくるとかいうけど、
 東京住まいの文科省のお役人さんたち
が、この
 京都的コミュニケーション
に、
 いいようにやられる
悪寒。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017-01-21

「ゾク仕様五十音早見表」 ゾクってことは随分前のだな

高校で漢字のテストをやると、憤死すると思われていた
 所謂「ツッパリ(≒ヤンキー)」高校生諸君
は、
 妙に難しい漢字を使う
ので、
 何故だろう
と思っていたのだが、こんな
 ゾク仕様五十音早見表
があったのね。
田中英樹さんのtweetより。


 ゾク=暴走族
だけど、暴走族も絶滅危惧種になっている現在、
 ゾクですぐ分かる時代の遺品
らしい。いったい、いつの時代やねん。

もちろん
 ひとつの仮名にひとつの漢字
なので、
 他の字を使ってた
て場合もあるだろう。ま、そこはそれ。

先ほど、就任式を終えた、アメリカの新大統領は、この五十音早見表を使うと
 怒那流怒・斗羅云腐
になる模様。前大統領は
 婆羅苦・悪婆魔
だ。う〜ん、前大統領のほうが
 「ゾク漢字」的には強そう
だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017-01-14

全国一斉マークシート形式の大学入試試験は初回の第1回共通一次試験(1979.1.13-14)から寒かった→追記あり

今日明日は、センター試験だ。寒い1日になるというので、昨日からマスコミは大きく報道し、受験生は雪対策に余念がなかったことだろう。
受験生諸君の文運を祈る。
また、諸会場で試験を運営している先生方、職員の皆さまも恙なく業務を終えられますように。

しかし、
 共通一次試験・センター試験に雪が降る
のは珍しいことではない。

マークシート形式で全国一斉に行われる国立大学の一次試験の初回、
 第1回共通一次試験
は、1979年1月13〜14日に行われた。
この両日の天気を見よう。
表は、会場となった内、国立7大学(北海道・東北・東京・名古屋・京都・大阪・九州)の所在地の当日の天気と気温、対照データとして、1月の平年気温と1979年1月の気温を示したものだ。
雪が降った場合は、青で示した。
平年気温(1981-2010年の30年間の観測値の平均)を基準として、寒い場合は青で、温かい場合は赤で示した。
見ると分かるように、1979年は、札幌以外は、
 温かい1月
だったのだが、
 共通一次試験当日は全国いずれも1日の平均気温が平年未満

 寒かった
のである。しかも
 雪国の札幌、仙台以外でも、1日目は東京、2日目は名古屋・福岡で雪
が降っている。
Photo
初手からこんなものなのだ。

まあ、
 日程の設定が間違っている
というのが、本当のところだろう。
 一番雪が降りそうな時期に全国一斉に試験をしている
ってことですね。

ちなみに第1回共通一次試験の受験生は現役であれば
 1960年度生まれ
なので、現在55〜56歳、普通に大学に就職していれば、概ね
 教授クラス
だろう。
ついでに言っておくと、
 共通一次試験世代はアホ
と、大学入試がすべて筆記試験で行われていた上の世代の先輩にバカにされていたのが、この世代である。

(追記 1/15 10:30)
共通一次世代がなぜバカにされたかと言えば
 筆記で行われる二次試験の科目数や点数が、共通一次試験実施前より減った
からだ。東大は、共通一次試験の点数の比率は確か
 1:9
くらいで、
 足切のオマケ
くらいにしか使ってなかったけれども、社会や理科を二次試験で課さない代わりに、共通一次試験の点数を利用した大学も多かった。例えば京大がそうで
 山川の資料集に小さい文字で書かれている内容が出る
などという噂があった
 難問で知られた京大の日本史・世界史がなくなった
というだけでも、受験生にはかなりの
 恩恵
があった。もっとも、京大の場合は、国語で
 二次試験では漢文は課さない
と書いてあっても、
 明治の漢文脈の文章は出る
ので、
 漢文を棄てると、二次試験で実質1問まるまる落とす
仕組みになっていた。

ちなみに、第1回共通一次試験の問題は、公立の進学校レベルで
 普通に勉強していれば、800点は取れる代物(当時は5教科7科目で1000点満点)
だった。大体、進学校レベルの受験生では
 数学は満点(200点)が当たり前
だった。800点を取るには
 残る英語(200点)・国語(200点)・理科(2科目・各100点)・社会(2科目・各100点)から600点を取ればイイ
のだから、余程壊滅的な苦手科目がない限り、そう難しい話ではなかった。
 難問奇問を出さない
というのが、共通一次試験の1つの眼目だっただけに、実に標準的な問題が多かった。だからこそ、
 共通一次試験世代はアホ
と、いわゆる難関大学・学部の先輩諸賢にバカにされたのであった。大学入試では
 1点が合否を分ける
のだけれども、難関大学・学部の場合、
 共通一次の点数では、ほとんど差が付かない
訳だ。そもそも、共通一次試験で足切を喰らう受験生は、二次試験を受けたとしても、まず合格しない。
しかも、共通一次試験の御蔭で、易しい問題で点数を稼いで、
 理科や社会では二次の筆記試験がなかったり、英語・数学・国語でも共通一次試験の点数分「下駄を履かされている」
わけだから
 大学独自の一発試験じゃないしね
という偏見は根強かったわけである。

更に言えば
 マークシート形式
というのが、
 アホ生産の元凶
と見られていた。共通一次試験の比率の高い難関大学へ行くには、
 少なくとも860点以上は欲しい
わけで、
 真の実力を問う
と考えられていた二次試験だけでなく、
 標準的な問題が満遍なく出る5教科7科目の共通一次試験の準備
もしなくてはならない。これには、結構な時間が取られるのである。しかも、形式は
 マークシート形式
だ。
 自分で考えるのではなく、与えられた「答」から選ぶ
のは、
 考える力を奪う
と、これはかなり
 細長い目で生暖かく見られていた
のであった。
(追記終わり)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016-12-24

キムワイプと『理科年表』(丸善)が異例のコラボ

一体何をやるつもりなんだ!?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016-11-28

TBSドラマ「JIN=仁」にも登場した 「日本近代化の原点」長崎市の「精得館」遺構を発掘抜きで破壊して建てられる小学校で教師は子ども達に過去と未来を教えられるのか 「精得館」遺構破壊の危機 せめて着工前に「緊急発掘」を!

TBSで人気を博したドラマ
 JIN=仁
の故地として紹介されている一つが
 長崎の精得館
である。


『精得館』(現・長崎県長崎市西小島1丁目7-1付近)
1857年(安政4年)、幕府から医学教授を依頼されたオランダ人医師・ポンペが設立した『医学伝習所』(松本良順らもここで学んだ)と、その後1861年(文久元年)に併設された養生所(病院)が統合され、1865年(慶応元年)に改称されたのが『精得館』である。それまでにも多くのオランダ人医師が来日し、個人的に医術を広めるというケースはあったが、幕府の組織として本格的に学校と病院が建立されたのはこれが初めてのこと。ポンペの帰国後は、同じくオランダ軍医のアントニウス・ボードウィンが医学所で教鞭を執っていた。
明治期になってからは『長崎府医学校病院』と改称され、現在の『長崎大学医学部』の前身となったとされる。

この解説で抜けているのは
 1. 精得館は、近世日本で初めてベッドサイド教育(入院患者による臨床教育)を行う、付属病院を併設した医学校として発足
 2. 精得館には、医学校・付属病院の他に、近代科学を教育する「分析窮理所」も併設された
という2点である。まさに
 日本近代化の原点の地
なのだ。
そして
 精得館は後に大阪に移転して、京大のルーツの1つである大阪舎密舍となった
のである。つまりは
 精得館は、医学や化学・物理を含む日本の近代高等教育の原点
であり
 今に続く日本の大学を胚胎した施設
だったのだ。精得館の分析窮理所に招かれたオランダの化学者
 ハラタマ(Koenraad Wolter Gratama 1831-88)
は、
 日本最初の理化学教師
であり、
 系統的に化学と物理を教えた
のだった。

さて、上のリンクを辿ると、現在「精得館」遺構は、長崎市立佐古小学校の中にある
20161128_60930
ことが分かる。

長崎でも
 少子化の進行で小学校の統合
が進んでいる。そのため
 佐古小学校も近隣の小学校と統合され、統合される新小学校校舎は佐古小学校跡地に建設
されることが決まった。問題は
 佐古小学校は、奇跡的に「精得館」遺構を保存して建っている点
である。

普通の自治体であれば
 佐古小学校の下に埋まっている「精得館」遺構の調査をしてから、新たに小学校を建設するか、あるいは他の土地に小学校を建設し、「精得館」跡を「近代化遺産」として整備
しようと考えるだろう。大抵の自治体では
 文化財は教育委員会が扱う
からだ。ところが
 長崎では「文化財は観光関連部署が扱う」
とかで
 精得館遺構に興味を持たない上に何の価値も見いださない
らしく、
 建設前の「緊急発掘」は行わない
のだという。いや、凄すぎて俄には信じられない。

わたしがこの事実を
 11月13日に大阪市立大学医学部で開かれた「日本医史学会関西支部」の学術大会
の席上
 長崎大学の相川忠臣先生のご発表
で初めて知った。
実を言うと、恥ずかしいことに
 「精得館」はもう跡形もなくなっているだろう
と勘違いをしていた。
長崎大学図書館の「日本古写真ボードインコレクション」には
 6152 星取山からの長崎港鳥瞰
という1枚のパノラマ写真が収められている。1864年、長崎の医学校に赴任したボードインが撮影させた写真である。この写真の右手に分析窮理所(右)・医学所(中)・養生所(左)が写っている。その部分を拡大する。
20161128_64155
 この全ての遺構
が、現在の佐古小学校の下に埋もれているのだが、相川忠臣先生のお話では
 精得館の外構の石垣も、奇跡的に保存されている
のだそうだ。
相川忠臣先生のスライドより。
Img_3147_2
これを見ると
 新小学校校舎は精得館遺構を破壊しないと建設できない
ことが分かる。そして
 緊急発掘の予定は全くない
というのだ。

この1、2ヶ月で
 精得館の遺構が完全に破壊されるかどうかが決まる
とのことだった。

遺構は、一度破壊されてしまえば、永遠に失われてしまう。

果たしてどうなのだろう。
 日本近代化の原点の地を碌な発掘もせず、永遠に破壊して建設される小学校で学ぶ子ども達
に、新小学校の教師達は
 胸を張って、過去と未来を教えることが出来る
のだろうか。

小学校を建て直すな、とは言わない。せめて
 精得館の遺構を緊急発掘して、日本近代化の原点の地を後世のために記録
して欲しい。そして
 新小学校で学ぶ子ども達

 自分達の学校が、現在の日本に繋がる近代教育胚胎の地に建っているという誇り
を持って欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早稲田大学文学部蔵書印付の顧頡剛等編『古史辨』が除籍されてヤフオクに出品されている件

ヤフオクを見て、驚いた。
一昔前なら、
 中国学をやるなら、普通に手許に置いてめくる書籍
として、院生以上なら割と持っていたと思う
 顧頡剛等編『古史辨』

 早稲田大学文学部の印が書底に押してある除籍本
が出ている。
20161128_52207
20161128_52154
背のラベルが読めないのだけど、
 重複本として処分
された雰囲気だ。

家にも1セットあるけど、購入当時は結構高価な書物だった。

近年、『古史辨』のような中国学の古典的書籍、中国国内のほぼ全ての新刊を含む出版物は愚か、
 日本で最近出版された学術図書
に関しても、
 中国で海賊PDFが蔓延している
のは、周知の事実だろう。国内の新刊については、たぶん、日本にいる留学生等が中心になって、せっせと
 自炊した書籍をネットにアップしている
のだろうと思っている。最近は大学図書館では
 ペーパーレスのコピー推奨
というわけで
 紙に印刷せず、USBにそのままスキャンした画像を取り込む
こともできるから、それを適当に加工してアップするわけだ。

そんなことがまかり通っているためか、数年前に京大文学部図書館に行ったら
 最近は中国古典の書籍は、学生さんがあまり利用しないんですよ
と司書の方が仰っていた。まあ
 手許にある端末をネットに繫げば、現物のコピーが入手できる環境
になってしまっているので
 わざわざ図書館に行って、紙の書籍を確認する必要がない
ってことなんだろうね。確かに、書庫の漢籍は手を触れられた頻度が減っているように感じた。開かない書籍は、天に埃が溜まるから、なんとなく煤けて見える。

恐らく、『古史辨』が除籍になった理由の一つは
 利用頻度が低い
ためだろう。

しかし、ヤフオクに出回るとはね。

知り合いの国立大学の先生何人かは
 重複本は廃棄する方針
という図書館のやり方に業を煮やし、
 廃棄前に「重要な典籍を救出」する
ように心がけられているという。

今から10年以上前だけど、古書店経由で、ある国立大学図書館の除籍本を入手したことがある。
 ジョセフ・ニーダム『中国の科学と文明』日本語訳の既刊分
だった。
 大学図書館から、科学史の基本図書であるニーダムの『中国の科学と文明』が除籍された
ことに驚いた。
同時に、日本での科学史の扱いの低さも感じた。

しかし、
 ネットにあるから、読まれるか
といえば、そういう訳でもないだろう。
 積ん読本は背文字が見える
が、
 ダウンロードした電子文献は、ファイルを開かない限り、落としたことさえ忘れてしまう危険性大
だからな。

かくして、古典的名著は利用頻度が落ち、あちこちの図書館から除籍されてヤフオクに出回り、ダウンロードされた電子文献は、一度利用された後は忘れ去られる。
古典的名著は、こうして書庫から駆逐され、現物を手に取れない状況が続けば、最後には存在すら念頭に上らなくなるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016-10-04

2016ノーベル生理医学賞 大隅良典東工大栄誉教授が受賞! ついでにいうと総合研究大学院大学名誉教授

昨日の18:30過ぎ。
 ノーベル生理医学賞のライブストリーミングの音声が最悪
で、わかりにくかったのだが
 ヨシノリ
という名前の方は聞こえた。
大隅良典東工大栄誉教授、おめでとうございます。
 オートファジー
という、動植物の細胞に共通の
 蛋白質を分解処理する自食作用を解明
した、
 基礎中の基礎の業績に栄誉
が与えられた。オートファジーに気づかれたのは、東大(助手〜助教授)時代だが、大隅先生は、1996年に岡崎にある
 基礎生物学研究所
に転任され、多くの業績を積まれた。
(追記 10/5 7:00)
今回の受賞対象となった論文には
 総合研究大学院大学院生が関わった論文
が含まれている。岡田泰伸総合研究大学院大学長のお祝いメッセージより。


今回の受賞のKey Publicationの4論文のうちの1つは、総研大生2名が第一および第二著書となったものであり、総研大としても大きな誇りと感じております。

凄いよね。御自分の中心となる研究の論文で
 院生を第一・第二著者にしてくれる
というだけでも、大隅先生の科学へ対する謙虚で厳密な態度が分かる。
(追記終わり)

昨今の研究者界隈では
 成果を出せ
 それが何の役に立つ
と、お尻をひっぱたかれて、
 基礎なんて無意味
と、罵倒されることが多いわけだけれども、1970年代の文科省には
 基礎的な学問を支援して伸ばそうという見識
があった。基礎生物学研究所の創立は1971年。そして
 1988年に日本初の国立大学院大学の1ブランチ生命科学研究科分子生物機構論専攻誕生
となる。総研大は最初は理系の大学院大学として、文科省の直轄研究所がそれぞれの専攻となって、博士課程の学生を受け入れた。創立時の直轄研は
 ・生命科学研究科
 国立遺伝学研究所
 基礎生物学研究所
 生理学研究所
 ・数物科学研究科
 統計数理研究所
 加速器研究施設・共通基盤研究施設
 物質構造科学研究所
 分子科学研究所
でいいのかな。総研大は翌89年に国立民族学博物館が文化科学研究科として加わり、文理総合の大学院大学となる。92年には
 国立天文台
 核融合科学研究所
 国際日本文化研究センター
が、93年には
 国立極地研究所
が加わる。
現在では
 6研究21専攻
となり、理系は
 5年一貫博士課程
に変わり、修士課程から博士課程まで5年間、文系は博士課程3年間を
 全国19の大学共同利用機関
で学ぶこととなっている。

以前、耳にした話だけれども、20世紀の総研大学理系は恵まれていた。当時は設立10年以内だったので、文科省も育成期間と考えていて、わりと予算が潤沢だった。ある女性教授から聞いたのだが
 総研大では、東大・京大の10倍規模の予算
ということだった。理系で、予算規模が10倍なら、当然、論文の出来も違って来たはずだ。
そこに気が付いて、東大や京大から、博士課程は総研大に移る院生もいた。博論を書くのに、
 あんな設備やこんな設備が使える
のだったら、そっちの方がいいよね、確かに。例えば、ハワイにはすばるもあるし。
少なくとも、20世紀に総研大理系を修了された諸氏には、今後是非がんばって頂きたい。

ところで、現在、大隅先生は
 大隅良典東工大栄誉教授
として、御自分のラボを東工大に持たれているのだが、
 東工大の出張規程

 なかなかとんでもない
らしい。@drinamiさんと@CUEICHIさんのtweetより。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016-08-15

東大寺大仏殿の「算額」

今日8月15日は、
 東大寺萬燈供養会
だ。大仏殿の境内にずらっと供養や祈願のための燈籠を並べて、夜、明かりを点す。
大仏殿の正面では、
 観相窓
が開いて、大仏様のお顔を拝むことが出来る。
Img_0848

献燈したので、お参りしたのだが、大仏殿の中に
 算額
があるのに気が付いた。不空羂索如意輪観音様の脇に、
 3つの額
が掛かっていて、内2つが問題だ。
Img_0880
文字起こししてみた。


【算額】
算額とは、神社や寺院に奉納された和算の絵馬のことで、日本独自に広まった文化だと言われています。難問が多いですが、問題を解けた喜びを神仏に感謝する風習としても、学業成就の祈願につながるものとして親しまれてきました。

日本数学検定協会では、毎年1月23日を、「算額文化を広める日」と定め、問題を発表していきます。

平成二十八年 問題一
古来、大仏様を代表とする坐像は立像の半分にするように造られていました。
この情報をもとに、東大寺の大仏様が東海道五十三次を歩くとすると、始点となる日本橋から終点の三条大橋まで何日で行き着くことができるでしょうか?

公益財団法人 日本数学検定協会


Img_0879

問題二
ここ東大寺には、「華厳五十五所絵巻」の一部が現存しています。この絵巻では善財童子が文殊菩薩の勧めで多くの指導者を訪ね、最後に普賢菩薩のもとで悟りを開く様子が描かれています。この五十五所にちなみ、多面体の頂点を一所と見立てた、五十五所の頂点がある立体があるとします。この立体の体積が最少となるときの値を求めなさい。なお頂点と頂点を結ぶ辺の長さはすべて1とします。

公益財団法人 日本数学検定協会

さて、如何?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016-06-26

平成28年度科学研究費補助金(研究成果公開促進費)の審査結果より医学史関連

科研の出版・データベース助成、平成28年度科学研究費補助金(研究成果公開促進費)の審査結果が発表された。
 平成28年度科学研究費補助金(研究成果公開促進費)の審査結果
この中から医学史関連のものを拾ってみた。医学史は、所謂「細目」がないので、応募時は智慧を絞らないといけない。


学術図書
16HP5140
東京大学大学院総合文化研究科 学術研究員 石垣 千秋
医療制度改革の比較政治 石垣 千秋
和 A5 448頁
(有)春風社
1,600,000円

16HP5274
帝京大学 薬学部 非常勤講師 木下 武司
和漢古典植物名精解 木下 武司 
和 A5 1088頁
(有)和泉書院
3,300,000円

重点データベース
15HP7007
近現代ハンセン病資料アーカイブス
委員長 森 修一
近現代ハンセン病資料アーカイブス
(略称)ARCHHDJP
1,600,000円
社会医学及び社会学

一般データベース
16HP8045
(略称)DDM
2,300,000円
近代医学の黎明デジタルアーカイブ作成委 員会
委員長 濵嶋 信之
近代医学の黎明デジタルアーカイブ
医学史及び医療史

さて、この内、期待が大きいのが
 帝京大学薬学部非常勤講師

 木下 武司氏
の巨冊
 和漢古典植物名精解
だ。なんとA5で1088頁。
しかし、受けた出版社は
 和泉書院
という、
 純人文系出版社
だ。こうした
 植物名等、一文字でも間違うと全く違うものを指すことになりかねない題材
については
 校正が命
果たして
 校正が行き届くかどうかが勝負
だ。がんばれ、和泉書院。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016-06-12

九大提供の「大学生の外国語プレゼンテーション入門 ─基本スキルと8ヶ国語表現集─」が凄い件

九大は、近年
 日本人なら、外国語に堪能な人材募集
に力を入れてきた印象がある。

で、その
 一般への還元
と言えるのが、
 大学生の外国語プレゼンテーション入門 ─基本スキルと8ヶ国語表現集─
だ。
教科書本体は、各言語、枠組みは同じで、例文はそれぞれの言語のものが
 プルダウンメニューで言語を選択
することで、提供される。
作成は、教養学部から分離した言語文化部から作られた言語文化研究院のメンバーによる。


井上奈良彦 (九州大学大学院教授) 英語
曺 美庚 (阪南大学教授) 韓国語
高橋 勤 (九州大学大学院教授) 英語
Andreas Kasjan (九州大学大学院准教授) ドイツ語
田中 陽子 (九州大学大学院教授) フランス語
山村ひろみ (九州大学大学院教授) スペイン語
佐藤 正則 (九州大学大学院准教授) ロシア語
板橋 義三 (九州大学大学院教授) アジア言語学
秋吉 收 (九州大学大学院准教授) 中国語
李 麗君 (九州大学准教授) 中国語

Web版編集
李 相穆(九州大学大学院准教授) 日本語

大学生向けとはいうが、プレゼンが苦手な研究者にも応用可能だ。何より、第3外国語以上の
 3つ目以降の外国語でのプレゼンに使える
ところが素晴らしい。
 最近、ドイツ語(フランス語・ロシア語・スペイン語等等)やってないけど、現地のことばでプレゼンしなくちゃいかん
という場合には、有益だろう。ま、
 自己紹介
から始まってるので、発表者も、頼まれの議長も、国際会議では、このサイトで学んで
 せめて、ロシアや韓国・中国では、自己紹介と結びくらい現地の言葉でしよう
よ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧