2019-04-02

令和異聞 毎日新聞の整理部、やっちゃったな 「1〜2世紀の『文選』にも」って梁(502〜557)・昭明太子撰『文選』のこと?

なんか凄いモノを見た。

令和の出典、漢籍の影響か 1~2世紀の「文選」にも表現

https://mainichi.jp/articles/20190401/k00/00m/040/256000c 

| | コメント (0)

令和異聞 「令和」以外の候補は「英弘」「久化」「広至」「万和」「万保」@NHK

令和以外の候補について、NHKがすべてを特定。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190402/k10011870221000.html

新元号案 残る1つは「久化」 6案すべて判明

新元号の選定作業で、政府が示した6つの原案すべてが明らかになりました。新元号に決まった「令和」以外は、
▽「英弘(えいこう)」、
▽「久化(きゅうか)」、
▽「広至(こうし)」、
▽「万和(ばんな)」、
▽「万保(ばんぽう)」の5つの案でした。新元号の選定にあたって政府は、考案を委嘱した専門家から提出された候補名を、読みやすく、書きやすいなどの「元号選定手続」に定められた留意点に沿って絞り込み、1日、「元号に関する懇談会」などに6つの原案として示しました。

関係者によりますと、新元号に決まった「令和」以外の原案は、

▽「英弘」、
▽「久化」、
▽「広至」、
▽「万和」、
▽「万保」の5つの案でした。

「英弘」は日本の古典を、また「広至」は日本と中国の古典の両方を典拠、いわゆる出典にしているということです。

 

ええっと
 英弘→人名じゃんね。園田英弘先生、岡田英弘先生……。
 広至→同上、ヒロシっ!
 久化→すぐに字形から擬人化されそう
 万和→人和、地和、天和、ロンっ!!!
 万保→Oh! Mambo!!!!! Uh!
結果として一番マシだったのが
 令和
ってことですかい?

 

| | コメント (0)

令和異聞 朝日新聞年号担当(たぶん文化担当)記者の劣化が凄い件

朝日新聞もここまで来たか〜。

その感を否めないのは次の記事(有料公開)

令和典拠の万葉集序文、「中国の文章ふまえた」が定説

https://digital.asahi.com/articles/ASM4154Z4M41UTFK00Z.html?ref=tw_asahi

だ。

今回、わたしは当然ながら見てなかった(というか、普通中国学の専門家は引かない)のだが、

 大漢和

 令月

を引くと、

一、よい月。
[儀禮、士冠禮]令月吉日。
[張衡、歸田賦]仲春令月、時和氣清。
[孔子家語]頌曰、令月吉日、王始加元服。

とある。何故、国文学畑のヒトが、当然の出典の一つ晋・王羲之『蘭亭序』をすっ飛ばしていきなり後漢・張衡の『帰田賦』に行ったのかと思ったら

 『大漢和』を引いたから

だったのね〜。一つ賢くなりました。

ま、それはいいんだが、昨日の記事でも引いたように

 契沖の『万葉集代匠記』で、『蘭亭序』にも『帰田賦』にも言及

しているので、

 上に引用した朝日の「出典探し」記事

は、普通なら

 すでに契沖が『万葉集代匠記』で指摘しているように

とかいう言辞があってしかるべきなんですが、どうしてオミットしてるんですか、朝日新聞担当記者。

まさか

 契沖の『万葉集代匠記』は確認してない

とか、そういうオチじゃないでしょうな。

で、契沖の『万葉集代匠記』の件が抜けてるから、上記に引用した記事は

 それぞれの先生方の「個人的感想」に堕している

わけで、取材した先生方にも大変失礼な記事になっている。

| | コメント (0)

令和異聞 ラ行の文字は所謂「やまとことば」では語頭に立たないのが原則 ラ行がくるとしたら外来語からの借用語

さて、新元号は

 令和

に決まったのだが、

 日本出典

とか

 日本の伝統

とかが随分強調されているようだ。

出典『万葉集』で

 日本古来の〜

とかいう言辞があるようだけど決定的な問題は

 所謂「やまとことば」では、奈良時代においては、ラ行の文字は語頭に立たない原則

がある点だ。従って

 れいわ

と、ラ行で始まる言葉は

 出典が『万葉集』

だろうとなかろうと

 外来語を借用したものに間違いない

のである。ま、

 音の響きがいい

という意見が多いので、それでいいじゃんね。

ついでに言えば

 上代のやまとことばでは「濁音」も語頭に立たないのが原則

で、借用語が多くなるにつれて

 濁音が語頭に立つように変化していく

のだが、少なくとも

 『万葉集』の時代のやまとことばでは、ラ行も濁音も語頭に立たない

というのが国語史の常識であるとのことですよ。

| | コメント (0)

2019-04-01

新元号は「令和」出典は『万葉集』巻五「梅花謌卅二首并序」「于時、初春令月、氣淑風和、梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香。」→「令月」の出典は『儀礼』「風和」は晋・王羲之「蘭亭序」(さらに張衡「帰田賦」)

さて、新元号は
 令和
と決定。
出典は『万葉集』巻五「梅花謌卅二首序」で
 于時、初春月、気淑風、梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香。
と菅官房長官が発表した。

さて

 出典は『万葉集』

 エヘン、日本古来の文学だよん

てことなんだけど、細かく見ていこう。

「令」を含む「令月」の出典は五経の一つ礼経の

 『儀礼』士冠礼

 令月吉日。

で、「和」を含む「風和」の出典は

 晋・王羲之「三日蘭亭詩序」の

 天朗気清、恵風和暢。
じゃないかな。てか

 「梅花謌卅二首并序」は漢文で書かれているので、必ず出典がある

わけで、元をざっと辿ったらこんな感じ。(12:05)


『万葉集』研究では

 「梅花謌卅二首序」は「蘭亭序」をなぞって書かれたもの

とされているので、特に不思議はない。(12:23)
さて、twitterでGEISTさんに教えて頂いたのだが、https://twitter.com/J_geiste/status/1112554095334825984

あと、契沖先生が張衡「帰田賦」の「於是仲春令月 時和気清」も出典じゃね?って言ってるな。こっちの方が「令」も「和」も入っててやばいw

とのこと。契沖『万葉集代匠記』の該当箇所Photo_1 を国会図書館デジタル化資料から拾ってきた。常用漢字に直しておきますね。

 于時、初春令月、気淑風和、梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香ハ、張衡帰田賦云、於是仲春令月,時気清。蘭亭記云、是日也、天朗気清、恵風和暢。

ま、契沖先生の昔から

 出典は中国の古典

と認識されていたのでありますね。国会図書館デジタル化資料『万葉集代匠記』の該当箇所が含まれている部分は以下に。

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/936703

NHKの報道はこちら。

新元号は「令和」 出典は「万葉集」

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190401/k10011868721000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

続き(13:39)

すぐやる日本人。令和ちゃん爆誕。

https://twitter.com/pivsixvu773/status/1112561632620638208

更に続き(13:44)

今回の元号案の撰進者は、『万葉集』「梅花歌」で学士院会員とくると、ご専門は『万葉集』じゃないけれど和歌研究の

 久保田淳先生
と予想。対抗は日本漢文研究の

 揖斐高先生

でどうかしら。
更に更に続き(15:11)

毎日は、学士院会員じゃない中西進先生を推す。学士院縛りだとダメなんだけど

 梅花歌三十二首研究

っていえば、中西進先生だもんな。中国学は

 池田温先生

ではないか、と推測している。

https://mainichi.jp/articles/20190401/k00/00m/010/116000c

更に更に更に続き(21:23)

『蘭亭序』以外の出典。後漢・張衡の「帰田賦」の画像。

Photo_2 

『文選』巻十五 張衡『帰田賦』

於是、仲春令月,時気清。
李善注、儀礼曰、令月吉日。鄭玄曰、也。

| | コメント (0)

「長進」とか、こっそりある文字を元号に入れる方法

あと8時間ほどで
 新元号
が発表される。

 

で、巷間噂されているのは
 首相が自分の名前から一字取る説
だ。
具体的には
 安倍晋三のどれかの文字が入る
と言うのだ。
さてね。そこまで露骨に出来るかね。

もっとも、
 こっそり自分の名前を入れちゃうやり方
というのもある。
一番簡単でバレにくいのは
 同義の文字を入れる方法
だ。

中国語では、古くから、文字の説明に別な文字を使っている。

 A、B也

という説明の仕方をする。そうすると
 似た意味の文字列
が出来上がり、それぞれの文字は、ある意味については
 類似のものとして扱う
ことができる。
例えば、後漢の劉煕の作った字書『釈名』には
 晋、進也
という訓が見える。もし
 晋
は使わなくても
 進
が入っていれば、こっそり自分の名前を入れることに大成功。
ついでに
 出身地の「長州」の「長」
も入れて
 MTSH以外の頭文字
にするなら
 長進(Choshin)
で行けるじゃん!!!

さてどうなりますかね。(4:35)

「安」の代用なら、例えば『爾雅』釈詁下には、「安」を含む者は
 訖、徽、妥、懐、安、按、替、戻、底、廃、尼、定、曷、遏、止也。
 予、寧、綏、康、柔、安也。
 妥、安、坐也。
 貉、暯、安、定也。
がある。元号は常用漢字の範囲で選ぶのだが、この内で常用漢字は、
 妥、懐、替、戻、底、廃、尼、定、止、予、寧、康、柔
だから、これらも安の代わりに使える。
「三」は、漢数字の偽造を防ぐ大字の「参」があるよね。
「倍」は、「ふやす」という意味と「そむく」という意味がある文字だ。ちょっと使いにくいかもね。

もうひとつ
 人名の漢字
というなら、首相のパパは
 安倍晋太郎
だった。郎はジェンダーが何かと問題になる現在は、使いにくいだろう。ただ
 太
はイケるね。(6:04)

| | コメント (0)

2018-08-28

江戸城 夏の正装は「裸足」

 城中で座布団なんてものは使わない。
という話を読んだのは何でだったか。
江戸幕府は
 武家の政権
というわけで、幕末に掛けても
 割と真面目に武を押し出す傾向
がある。
『徳川制度史料』より。


四月朔日 御城揃 五ツ時
(略)
御城中ハ勿論老中方ヘ囘勤其外式立候ノ時共、今日ヨリ九月八日迄ハ足袋不用候事、但若シ痛ミ所等有之足袋ヲ不用シテ不叶候節ハ、前廉ニ届出候事 夏足袋願ハ三月末ニ月番迄指出セバ附札ニテ相濟ムナリ。
尤モ長袴着用ノ時ハ足袋勝手次第ナリ、足ノ見得ザルニ因ル故ナラン、

というわけで
 旧暦の四月一日から九月八日までは正装では「足袋は穿かない」
ことになっていた。もし
 足が痛いなどの不都合があって足袋を穿く必要があれば、事前に月番に届け出て許可をえなくてはいけい
のだった。
 夏期は足袋は穿かない
というのが、武士の嗜みのようだが、大体時代劇というと
 官僚は特に季節構わず足袋を穿く
のが通例。
しかし
 足が見えないからじゃないかな
というコメントと合わせて、
 長袴を着けている時は、足袋を穿いても構わない
というのが面白い。
長袴というのは、
 浅野内匠頭 殿中松の廊下で刃傷に及ぶ
シーンで、みんなが穿いている、あの裾のうんと長い、重い儀式用の袴だ。ま、たしかに
 足は見えない
よね。

おまけ。日テレニュース24に上がっていた
 アニメでみる“忠臣蔵” 2分でわかる物語
http://www.news24.jp/articles/2017/12/14/07380512.html
松の廊下のシーンも収められている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-08-16

旧軍将官だって統帥(軍隊の統率と指揮)で「必要な条件を満たしてやらないで要求し、あるいは干渉するのは愚劣であって統帥ではない。」と認識

戦後日本は
 旧軍の理不尽な竹槍精神主義からは脱却
したと思っていたのだが、最近は、
 精神一到 何事か成らざらん
と、間違った方向の精神主義で
 国家の貧困を隠蔽する
のが流行している。たとえばこれだ。
船田元衆院議員の8/13付メールマガジン「サマータイム制度の導入について」より。


コンピュータなどの時間設定の変更は、律儀で真面目な国民ならば十分乗り切れるはずだ。

アホか、俺たちを殺す積りか、とIT業界からは怒号と悲鳴が上がっている。
 21世紀に竹槍でコンピュータの時間管理切り替えが出来ると思っている
のかと。

ところで、
 悲惨な敗戦を経験した旧軍の将官
は、
 実戦経験に鑑み、竹槍精神主義の愚劣さを指弾
している。
戦後台湾で「白団」の外籍教官として軍を指導した日本旧軍将官達は次のような報告をしている。


民国40(1951年 昭和26年)年6月20日
陸軍第32師民国40年度第1期教育全般的訓練経過の概況報告
陸軍第32師 外籍教官室
(略)
統帥の要訣部下に戦勝条件を付与すると共に、部下の職責・人格を尊重して不当な干渉をしないことである。必要な条件を満たしてやらないで要求し、あるいは干渉するのは愚劣であって統帥ではない
(以下略)

1951年からすでに半世紀以上を経過した今
 日本の指導者層は、旧軍将校の反省すら知らず、ひたすら統帥の名を借りた愚劣に走っている
ということだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-08-15

「哲史文」の素養亡き技術第一主義は国を滅ぼす 及川古志郎海軍大将の戦時下(昭和18年 1943年)における反省

最近
 哲史文といった人文系の教育には意味が無い
という議論があって
 大学を高等職業訓練校に変貌させる案
がじわじわ進んでいる。

ところで、日本が先の大戦で、敗色が濃くなっていた昭和18年のこと、
 哲史文亡き技術教育に邁進した陸海軍の軍人教育への反省
が海軍大学校で行われていた。
実松 譲『海軍を斬る』図書出版社 1982年2月25日より


 戦況が悪化の一途をたどりつつあった昭和十八年のある日のこと、場所は目黒の海軍大学校(いまの国立予防衛生研究所)の一室である。聞き手は京都帝国大学の高山岩男教授(哲学)、同席していたのは東大教授の矢部貞治であった。海軍大学校校長・及川古志郎は、しずかに語り出した。
「日本は、米英両国を敵にまわして戦っている。こうした事態になった理由はいろいろあるだろうが、その主因の1つは、わが陸海軍の軍人教育は、もっぱら戦闘技術の習練と研究だった
 つまり"戦争屋"つくりに専念したことである。かれは言葉をついだ。
「すべての軍人にとって大事なのは、政治と軍事との正しい関係とはどういうことなのか、ということである。こうした教育をかえりみなかったことが、いけなかった」
 及川によれば、それが政治と軍事との間に葛藤をきたし、ついに破綻をきたした。
この禍根をふかく掘りさげて究明し、文武の統合の道を樹立しないかぎり、日本は救われない

この時、海軍大学校に呼ばれていた高山岩男は、次のように述べる。


哲学と兵学
元京都帝国大学教授 高山岩男
 昭和30年の秋だったと思うが旧知の及川古志郎大将が拙宅を尋ねて参られ、旧陸海軍の中堅だった10名ほどが集まって岡村寧次大将宅で研究会をやっているので、月に1回くらいそこで哲学の話をしてくれぬかというお頼みであった。
 実は及川大将とは対米開戦間もなく、海軍大学校長のとき講演を頼まれ、その後彼が兵理学と称したものの研究に協力して以来、大将の悲願を私は知っていたのである。
 それは明治以後発足した陸海軍人育成の学校教育戦闘技術の研究錬磨に全力を注ぎ、将帥に不可欠の「軍事と政治の調和統合」という大事なものを疎かにして来たこの欠陥を修正するのでなければ日本は救われぬ。そのため戦争哲学というかその種の「兵理学」を根本から哲学的に検討し、これを建設したいと悲願を吐露され、協力をもとめられた。
 私は明治維新を担当した武士たちをたたき上げた経学・史学・文学の三位一体を大将は現代風に復活したいと願っていると解し、難問中の難問で力はないが、協力を約し、海軍大学校で研究を始めた。その後戦局も苛烈となり、未完のまま敗戦を迎えて、放棄されていたわけである。
(以下略)

「偕行」平成5年3月号 「白団」物語より。

高山岩男のいう
 経学・史学・文学の三位一体

 哲史文
である。
及川古志郎が
 文武の統合の道
と言ったとき、
 文
として念頭にあったのが、この
 哲史文
だ。

第二次世界大戦中の出来事を自分の都合のよいように勝手に
 美化・簡略化
し、こうした戦中・戦後の
 真摯な反省
を知らず、顧みず、再び
 戦闘技術の研究錬磨に全力
を注ぐのと同じ形態の教育に移行しようとしている政府は
 先の大戦で命を失った数多の犠牲者への敬意を欠いている
としか、いいようがない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-03-11

神戸税関で150周年記念特別公開 10:00〜16:30まで、毎時0分と30分、先着15名を普段公開してない屋上へご案内 神戸港が一望できる@3/24

神戸税関で
 神戸税関150周年記念特別公開

 3/24 10:00-18:00
に行われる。目玉は、
 普段公開してない元貴賓室
とやはり普通は入れてくれない
 10:00〜16:30まで、毎時0分と30分、先着15名を普段公開してない屋上へご案内
という特別の案内だ。
神戸税関の公式サイトから。


庁舎特別開放
 神戸税関では、春の特別企画として、通常休日は閉館している広報展示室・中庭を一般開放します。今年は神戸税関150周年記念の年のため、普段は一般公開していない元貴賓室の公開神戸港が一望できる庁舎屋上に希望者をご案内します。屋上案内は、集合場所に集合した先着15名様を毎時00分と30分から案内開始し、最終案内開始時間は16時30分になります。
 また、神戸税関の東隣にあるデザインクリエイティブセンター神戸においても11時から18時の間「オープンKIITO」が同時開催されます。
 ぜひ、この機会に神戸税関庁舎にお越しください。
■開催内容
日時:3月24日(土曜)10時から18時
場所:神戸税関本関庁舎(神戸市中央区新港町12番1号)
入場無料、予約不要、駐車場なし
■問い合わせ先
神戸税関広報広聴室
電話:078-333-3028
email:kobe-koho@customs.go.jp

神戸税関屋上からは
 神戸港が一望できる
そうで、上記サイトにはその光景も紹介されている。
お近くの方、神戸ファンの方は3/24 神戸税関へGO!だ。

なお、同時に開催される
 オープンKIITO
の案内はこちら。
オープンKIITO 2018

当日のチラシ(PDF)
http://kiito.jp/schedule/files/2018/03/openkiito_2018_.pdf


春の植物標本ハーバリウムを作ろう!(参加費500円)
たま駅長がジャンプするかわいいペーパークラフトをつくろう!
世界に一つだけのオリジナルデコフレームを作ろう!
好きな毛糸を選んでニットのポンポンを作りビーズをトッピングして自分だけのブローチを作ろう!
日本刺しゅうの絹糸を使ってオリジナルアクセサリーをつくろう!
自分だけのマークをつくってオリジナルの缶バッチをつくろう!

などといったワークショップも開催される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧