2022-09-28

「観る将」必携 藤井聡太監修『藤井聡太の将棋入門』@日本将棋連盟/マイナビ出版

将棋界で、次々と最年少記録を塗り替える内に、気がついたら
 日本で一番将棋の強い人
になったのが
 藤井聡太五冠
だ。相変わらず若い。この7月にやっと二十歳になったばかり。
しかも強い。なんせ
 負けたら記事になる
のだ。今年度は、年度初めは対局が少なかったせいで勝負勘が戻らなかったとかで、最初負けが少し多かったが、最近
 勝率8割に戻した
ところだ。
 5回に1回しか負けない
のだ。それも
 タイトル防衛戦とA級順位戦を戦っている
という状況でだ。
 タイトル戦では、挑戦者は打倒藤井で綿密な研究と闘志で臨む
 A級順位戦は、名人に挑戦するためのトップ棋士によるリーグ戦
なわけで、
 対戦相手は渾身の研究と並々ならぬ闘志でぶつかる
のだけど、それで
 勝率8割
って、本当に
 いい意味で「おかしい」
のだ。
わたしたちはなんとなく
 藤井聡太五冠が勝つ
のに慣れているから、何とも感じなくなっているが
 6割勝てば強い、7割勝てばすごい
将棋の世界で
 デビュー以来勝率8割をキープしている
こと自体が
 異常事態
なのだ。慣れは怖い。勝率の話だけすれば、
 タイトルは防衛して一人前
とはいわれるものの、なかなか防衛に至らないというのが普通なのだが
 タイトル戦をいままで一度も落としたことがない
のが、藤井聡太五冠だ。タイトル戦は
 出場した10回の挑戦または防衛戦で、奪取または防衛に成功
している。細かく言うと
 35勝6敗 勝率8割5分4厘
だ。ちなみにこれまでの通算成績は
 281勝56敗 勝率8割3分4厘

 タイトル戦の勝率の方が、通算成績の勝率よりも高い
のである。こんな棋士は
 空前の存在
で、たぶん絶後であろう。

その藤井聡太五冠監修で
 藤井聡太の将棋入門
が発売された。
 監修って、名前貸しただけでしょ
と思うあなた、それは
 藤井聡太五冠を知らない
のだ。藤井聡太五冠といえば、将棋関連の編集者の間では
 あれだけ忙しいのに、綿密にゲラを直して戻す
ことで有名である。本当にマメで、読み手のことを考えて親切。普段、記者の質問や、感想戦、大盤解説等で
 早口で、棋譜を高速詠唱
してたりするから、気がつかれないかもしれないが、
 子ども相手の指導対局
でも、丁寧にお辞儀をし、温かい言葉を掛けている藤井聡太五冠を見たことがあれば、
 将棋の普及には強い意志を持っている
ことが見て取れる。

いや〜、これは
 入門クラスの子ども
だけでなく
 観る将必携
でしょう!!!!

全160頁に満たないコンパクトな内容で
 基本見開き2頁
の構成なのだが、入門用の解説書で
 序盤・中盤・終盤
まで、きちんと説明しているものは初めて見た。しかも
 とってもわかりやすい
のだ。
選ばれている
 用語の解説
も、明快で、
 用語選択のセンスが抜群
だ。観る将が大盤解説を見ていて
 え? それどういう意味?
と思うような言葉が、大体網羅されている。

なお、藤井聡太五冠ファンのためには
 p.60の「指すときの手つき」

 藤井聡太五冠の指し手を撮影
したものなので、これだけでも
 買い
でしょう。

p.62-67には
 棒銀の実際
が説明されている。
 幼稚園年長から研修会卒業の小学4年まで
の藤井聡太五冠は
 棒銀でばったばったと上位者をねじ伏せていた
そうだから、初心者のみなさん
 任天堂Switchのソフト『棋士・藤井聡太の将棋トレーニング』
をやりつつ、この本で勉強すれば、
 一段と将棋が楽しく
なるだろう。

| | コメント (0)

2022-06-30

藤井聡太五冠 10代最後の夏 将棋AIによる研究の今後

19歲の藤井聡太五冠の
 タイトル防衛戦の夏
が始まっている。7月生まれの藤井聡太五冠は19日に誕生日を迎え、20歲となる。

今年の防衛戦は、コロナ禍で変則的だった日程が通常に戻り、
 第7期叡王戦
が皮切りとなった。叡王戦では挑戦者出口若武六段をストレートで退け、最初の防衛戦をクリアした上に、これまで誰も防衛できなかった
 叡王戦で初防衛
を遂げた。出口若武六段といえば、2018年の新人王戦で、奨励会時代の出口若武三段と藤井聡太七段が対戦したのが、記憶に残っている。この時もストレートで、段位制限のため最後の挑戦のチャンスとなっていた藤井聡太七段が新人王を手にした。
叡王戦では捲土重来を目指した出口若武六段、第3局では、勝ち筋につながるところまで指したものの、勝機を手にできずに散り、局後の大盤解説会場でそのことを確認、思わず悔し涙が溢れた。

藤井五冠の防衛戦シリーズはここへきて
 第93期棋聖戦第1局では永瀬拓矢王座と二千日手、指し直し第2局で角換わりを受けて敗戦
 第63期王位戦第1局では豊島将之九段の角換わりを受けて敗戦
と、緒戦を2つ落とした。いずれも
 対戦相手の渾身の研究の角換わりを受けての敗戦
だ。
角換わりは
 詰めまで研究されている戦法
で、
 2020年第91期棋聖戦第3局で渡辺明名人が勝利した
時に、そのことが大きくクローズアップされた。その状況は現在も変わらない。

今日の第63期王位戦第1局2日目には
 渡辺明名人
がAbema将棋チャンネルの解説にやってきた。対藤井聡太五冠のタイトル戦では、
 2020年度第91期棋聖戦 1-3
 2021年度第92期棋聖戦 0-3
 2021年度第71期王将戦 0-4
と、番勝負ではとことん分が悪い渡辺明名人だが、劣勢の藤井聡太王位の戦いぶりを見て、かなりご機嫌な調子で早い段階で豊島将之九段の勝利を確信していた。
あるいは、
 今後の対藤井聡太五冠戦のヒント
を得られたのかもしれない。

負けはしたのだが、王位戦第1局は
 豊島将之九段の渾身の研究 vs. 対人研究はせず、盤面に全力で当たる藤井聡太五冠の棋力
の実に見応えのある勝負となった。昨年度
 藤井・豊島の19番勝負
とまで称された王位戦・叡王戦・竜王戦の3タイトル戦では
 第62期王位戦 1-4
 第6期叡王戦 2-3
 第34期竜王戦 0-4
と、いずれも藤井聡太五冠が勝利して防衛・奪取に成功、豊島将之九段はまさかの無冠へと転落した。
臥薪嘗胆、半年の間、豊島将之九段は、対藤井聡太五冠の戦略を練りに練っていたようだ。

豊島将之九段といえば
 AI研究を真っ先に取り入れた
ことで知られる。昨年苦杯をなめた後は、AIの環境を充実し、研究の精度を上げていただろうと想像される。

 

現在の
 将棋AI

 各ソフト同士が鎬を削る戦国時代
から
 dlshogi一強
へと移行した、といわれる。GPUをぶん回すdlshogi一強ということは
 高くて速いマシンを用意できるかどうか
が、研究精度を上げるための必須条件となった、ことを意味する。将棋AIに限らず、計算機を使う環境では
 高くて速いは正義
だ。

「渡辺明名人が130万円もするPCを導入した」
というのが、昨年辺り話題になっていたが、
 プロの道具がたった130万円
というのは、何とも不思議なことだった。というか、長年、個人で仕事用にパソコンを使っているが
 130万のPCが「とても高価」という価値観
は、謎すぎる。自動車より安いんですぜ。

dlshogiが天下を取っている今後しばらくは
 個人では購入出来ない高価な速い環境を棋士が利用できるか
が、
 将棋AIによる研究の最先端
になるだろう。
でもって、
 コンピュータ周りの世話役
が、必要になってくるだろう。

経団連の機関誌にも登場した藤井聡太五冠の財界でのファンは多いだろう。それを藤井聡太五冠が必要とするならば、
 藤井先生のためならいくらでも
と、最高の環境の提供を申し出る企業が複数あってもおかしくない。
 将棋AI研究環境整備は個人レベルから企業協賛レベルへ
と移行するのではないだろうか。

目の前の1勝よりも
 まだ見ぬ盤上の景色
を求める藤井聡太五冠、これまで
 敗北は新たな飛躍へのステップ
としてきた。
 深く緻密な角換わり研究
に対して、今後どう対処していくのか、目が離せない。

| | コメント (0)

2022-04-26

梵巴蔵漢文大蔵経の平行句を探してくれるとんでもないデータベースで、日本語は参加できていない件

ちょっと必要があってPāli語の経典
 Majjhima Nikāya(漢訳の中阿含に相当)
を調べていたら、行き当たったのが
 梵巴蔵漢文大蔵経の平行句を吐き出してくれるデータベース
 Buddha Nexus
https://buddhanexus.net
だ。巴(Pāli)梵(Sanskṛt)蔵(Tibetan)中(Chinese)の大蔵経の文章を適当に入れると、ニューロネットを利用して
 梵巴蔵漢文大蔵経の平行句を即座に検索してくれる
のだ。便利すぎて、一瞬なにが起きたかと思った。その上
 既存の現代語訳
も用意している。

 

このように仏教学でオンライン検索が可能になるまでは、
 平行句探し
は、論文作成の作業ではかなりの時間を必要とするもので、梵巴蔵漢の四つの語学に堪能でないと難しかった。語学の実力が足りず、間違って、似ているけど違うフレーズを引用したりすると、学会やメールで、至極丁寧な言い方や書き方で、しかしながら中身は
 おまえはアホか
という強烈なお叱りをいただいても致し方なかった。
コンピュータが探してくる平行句なので、当然ながら
 結果をそのまま使うのではなく、一応、自力で吟味して使う
という昔と変わらない手順は必要だが
 探し出すための、時間が読めない作業の負担
はぐんと減った。いや〜、
 平行句があるなら、必ず提示せよ
ってのが、今の仏教学の水準ですね。

 

ところで
 現代語訳の部分
なのだが、非常に残念ながら
 日本語訳
は採用されていない。採用されていない理由は推測するしかないが
 著作権等の関連でデータが提供されていない
のだろうと思う。
ああ、もったいない。
せめて
 南伝大蔵経の日本語訳(初版は昭和10(1935)〜15(1940)年)
くらいは、提供できないのだろうか。日本の仏教学の成果がこうした世界的に利用されるだろうデータベースで何も貢献できないなんて、残念で仕方がない。

| | コメント (0)

2022-03-03

国会図書館次世代デジタルライブラリーの「全文検索」機能を使ってみる

国会図書館のデジタルコレクションには、常々お世話になっているのだが、
 次世代デジタルライブラリーでは全文検索可能
次世代デジタルライブラリー
https://lab.ndl.go.jp/dl/ と知り、やってみた。

山田崇仁さんの労作「前漢前少帝の諱について」(『立命館東洋史學』40, 63-102, 2017)
https://ci.nii.ac.jp/naid/120006643068 は、
 そもそも不明だったため「某」と記されていた前漢前少帝の諱
が、印刷の加減で
 恭
と誤読され、そのまま
 少帝恭
に訛化し、ついには中国にも飛び火するさまをトレースした論文だが、これが
 次世代デジタルライブラリーの全文検索
では、一発(というか、実際には「少帝某」と「少帝恭」を検索するので二発だけど)で結果が得られる。全文検索畏るべし。

| | コメント (0)

2022-01-26

藤井聡太竜王 棋理を求めて

藤井聡太竜王は、竜王位を得て初の10代四冠となり、現在、渡辺明王将(名人・棋王)とタイトル戦 第71期ALSOK杯王将戦 七番勝負を行っている。
二日制タイトル戦を藤井聡太竜王と渡辺明王将が戦うのは初めてで、二日制では安定した成績を挙げている渡辺明王将が有利かとみられていたのだが、第2局までの成績は藤井聡太竜王の2連勝。第1局こそ力と力の激突となったものの、藤井聡太竜王は、1日目に
「指してみたかった」8六歩
という、渡辺明王将の念頭にないのはもちろん、多くのプロ棋士ですら選ぶのが難しい指し手を選択、渡辺明王将は対応に苦慮した。
第2局では渡辺明王将は1日目にその後驚くべき経過をたどることとなる緩手を指し、勝負は1日目でほぼ決着した。2日目は、いつ投了してもおかしくないような局面で、ともかくも16時過ぎまで指し継いだというのが現実だった。ゲームではあるが、興行という側面ももつ将棋のタイトル戦、2日目夕方まではいくら形勢が思わしくなかったとしても、なんとか指し続けなければ各方面に申し訳が立たない、という事情がある。
藤井聡太竜王の2連勝で、この番勝負、藤井聡太竜王に有利になってきている。これから渡辺明王将が五番の内四つ勝つのはかなり難しい。

 

渡辺明王将はこれまでのタイトル戦では
 (終盤は)自分をよくする形にして指していれば、そのうち相手が間違えてくれて勝つ
と、『将棋のワタナベくん』の中で述べている。しかし、藤井聡太竜王は
 終盤間違えない、絶対的な力
を持つ棋士だ。弱冠にも満たない小学6年生の12歲から、プロ棋士、詰将棋作家が出場する
 詰将棋解答選手権チャンピオン戦で優勝
し、連覇してきた実力を考えれば、
 世界一詰将棋が強く、終盤はほぼ間違えない
のである。ミス待ちで勝てる相手ではないのだ。
そうすると、渡辺明王将が今後勝つためには
 序盤で圧倒してその差をキープ
するくらいしか戦略がない。しかし、AIを駆使して序盤中盤研究を深化させている藤井聡太竜王は、このところぐっと序盤中盤の差し回しが確実で、しかも「辛い(からい)手」を選ぶ傾向にある。渡辺明王将は、困難な防衛戦を戦っている状況である。
王将戦第2局2日目の解説は広瀬章人八段だった。広瀬章人八段といえば
 2019年11月19日の王将戦最終リーグ戦で、藤井聡太七段(当時)を頓死で負かし、タイトル戦初挑戦を阻止した
という因縁の相手でもある。その広瀬章人八段が、解説の中で
 最近の若い棋士は藤井さんの将棋ばかりを研究している
と話していた。
 藤井将棋が、「未来の将棋」として広くプロに認知されている
ことを示すエピソードである。

 

もっとも、もし若い棋士が「藤井将棋」をマネしたとしても、藤井聡太竜王のように指せるようになるかはわからない。
以前、まだ五段時代に師匠の杉本昌隆八段がニコ生だったか、Abemaだったか、藤井聡太五段の対局を解説していたときに
 藤井は小学生の頃から、定跡にない手、変わった手を指すのが好きでした
と語っていた。5才で将棋を覚え、瞬く間に上達し(小学校1年生の段階ですでにアマ初段くらいはあったと言われている)、定跡をそのまま飲み込むのではなく、工夫を続けてきた先に現在の「藤井将棋」はある。
頭の鍛え方が違うのだ。その時、杉本昌隆八段は、こんな話もしていた。
 藤井が、電話で、この局面はこうすればいいんじゃないかと難しい話をするんですが、さっぱりわからないので、そうだね、と答えておきました
と。その
 さっぱりわからない複雑で難解な手順
こそが、いまの藤井将棋の源流にあるだろう。もう4年も、そんな手筋を、起きている間はずっと考えてきているのだ。よく
 藤井さんは読みが速くて深い
と言われるが、それはこうした日々の積み重ねの上に成り立っているのである。

そして、藤井聡太竜王が相手が誰であろうとも
 勝負に辛い(からい)
のは、子どもの頃から変わらない。まだ小学1年生だか2年生だかの頃、大人に交じってアマチュア棋戦に出場、腕自慢の大人達を
 ボコボコにした
という逸話の持ち主である。(もちろん、現在プロ棋士になっている人々で、幼少時に将棋を覚えている場合は、大体みんな同様のエピソードを持つ「神童」だった)
 将棋は年齢に関係なく大人に勝てるのがいいです
と、以前、藤井聡太竜王は語っていた。藤井聡太竜王は見た目がソフトな印象なので、余り気づかれないが
 友達をなくす手
を四段時代からよく指していた。いくつか選択肢がある内でも
 相手を完膚なきまでに打ちのめす手を選ぶ
のだ。小学2年生の藤井聡太少年が初めて臨んだ
 詰将棋解答選手権の写真
には、まだあどけない男の子が眼光鋭く、問題を解く姿が残っている。詰将棋解答選手権でも、本将棋の対局でも、藤井聡太竜王の射るような眼光の鋭さは今も変わらない。

定跡以外の手はないのか、それを探求していた子どもの頃から、藤井聡太竜王には
 もっと上に行けば開ける将棋の広い世界
が見えていたのではないか。
将棋をめぐるメディアは、書き手が自分の「理解の及ぶ範囲」で藤井聡太竜王を描こうとしてことごとく失敗している。
これまでの「定跡」が効かない、それが藤井聡太竜王だ。
新たなヒーローには、新たな描かれ方が必要になる。

| | コメント (0)

スマートグラスでカンニングか 共通テストの問題が試験時間内に流出

読売が抜いた記事。

https://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/kyoiku/daigakunyushi/20220125-OYT1T50246/
共通テスト社会科世界史Bの問題が試験場内で撮影され、外部に流出した可能性が高まった。上記リンク先には、
 撮影された映像
が掲載されている。畏友y.kiku.n先生は
 右利き、スマートグラスで撮影、試験場外に画像を送付した「受け子」がいる
と推理している。
スマートグラスは、音楽を聞いたり、写真撮影ができたりするが、まさか会場内でカンニングに使われるとはね。
今回はたまたま
 試験中だった世界史Bの問題
だと気づいた受信者が届け出たために発覚したが、
 そのまま知らずに埋没した案件
がないとはいえないだろう。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20220126-OYT1T50124/
警視庁が「偽計業務妨害」の疑いで捜査に着手したそうだが、
 掘れば深い闇
が出てくくるのか、
 大山鳴動して鼠一匹
となるのかは、今後の捜査次第、警視庁サイバー犯罪対策課の腕が試されるところだ。

| | コメント (0)

2021-10-12

スカパー!オンデマンドがiPadで映らない件

またか。
大体、世の映像オンデマンド配信サービスは、
 iOS等で動くAppleのデバイスには冷たい
ことになっている。
 OSのバージョンが上がった
とか、
 配信側のファームに変更があった
とかで
 それまで見えていたものが映らなくなる
んですよ、ええ。
今回は、更に面倒で
 配信側のファームが全く違うものに差し代わった
もので、普通の環境のヒトでも、なにやらトラブルが起きているらしく、
 スカパー!のサポートデスクに電話がかかりにくい
ところから、延々と30分近く待たされる羽目に。
サポートのお兄さんと何度も待たされつつ、30分以上やりとり。出た結論が
 こちらのサポート窓口では、このトラブルは解消できないので、技術の方に回したいのですが、電話での対応は、3日待ちなんでどうしますか
ですよ。
 メールでまずお伝えください
というので、
 そちらのメールフォームだと、画像を添付できませんよね?
と念を押す。あのさ、
 エラー画面をスクリーンショットした
んで、技術担当者は、スクショさえ見れば、何が起きているか、一目瞭然なんだけど。
色々迂遠。

後日、改めて電話が技術担当者から来るらしいよ。

| | コメント (0)

2020-08-30

晩夏の椿事 鳩兄こと鳩山友紀夫(由紀夫)氏が冷静なtweet

鳩兄こと鳩山友紀夫(由紀夫)氏が
 珍しく冷静なtweet
をしているのでメモ。

鳩兄のtweetなので上下左右全方面からもちろん突っ込まれているのだが、
 共産党だけは頑張ってましたが
という一言には同意する。

| | コメント (0)

安倍ちゃん辞任で指摘される「メディア操作」@twitter

とうとう安倍ちゃんが辞任を表明した。

ところで、
 安倍政権下のメディア操作
について、twitterで青木美希氏、清水潔氏が次のような指摘をしている。

| | コメント (0)

2020-04-13

検査をケチっていた埼玉県で「新型コロナウイルス肺炎感染かどうかわからないまま出社停止を守り、出社したら解雇」@twitter

新型コロナウイルス肺炎だが
 誰でも罹る恐れアリ

 そのうち人間全員が罹る予定
なのだから
 罹ってしまった人を害毒扱いするのはアカン
のだが、
 罹ったかどうか分からず、自宅待機の末、出社したら結局解雇された
というtweetが。問題は
 埼玉県在住だった点
だ。こちらが問題の埼玉の「検査を限定していた」疑惑発言。

さいたま 保健所長が誤解招く発言 検査態勢を拡充へ 2020年4月11日 12時59分
(略)
さいたま市では、検査機器が少ないことなどから、10日までの2か月間に検査した件数は170件余りにとどまっています。
これについて、10日さいたま市保健所の所長は記者団に対し、「病院があふれるのが嫌だったので、少し厳しめに、本当に陽性になりそうな人を検査する方針があった」と述べました。(以下略)

で。こんなtweetが。埼玉県在住の「ねむい」さんが、検査を受けられないまま自宅待機して快癒、待機中は会社に連絡を続けており、出社したところ、結局「新型コロナウイルスに感染した疑いがあったのが悪い」という形で解雇を言い渡され、社宅からも出て行かねばならず、どうしたらいいだろう、と理不尽な解雇のために窮地に陥っている様子だ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧