2018-08-28

江戸城 夏の正装は「裸足」

 城中で座布団なんてものは使わない。
という話を読んだのは何でだったか。
江戸幕府は
 武家の政権
というわけで、幕末に掛けても
 割と真面目に武を押し出す傾向
がある。
『徳川制度史料』より。


四月朔日 御城揃 五ツ時
(略)
御城中ハ勿論老中方ヘ囘勤其外式立候ノ時共、今日ヨリ九月八日迄ハ足袋不用候事、但若シ痛ミ所等有之足袋ヲ不用シテ不叶候節ハ、前廉ニ届出候事 夏足袋願ハ三月末ニ月番迄指出セバ附札ニテ相濟ムナリ。
尤モ長袴着用ノ時ハ足袋勝手次第ナリ、足ノ見得ザルニ因ル故ナラン、

というわけで
 旧暦の四月一日から九月八日までは正装では「足袋は穿かない」
ことになっていた。もし
 足が痛いなどの不都合があって足袋を穿く必要があれば、事前に月番に届け出て許可をえなくてはいけい
のだった。
 夏期は足袋は穿かない
というのが、武士の嗜みのようだが、大体時代劇というと
 官僚は特に季節構わず足袋を穿く
のが通例。
しかし
 足が見えないからじゃないかな
というコメントと合わせて、
 長袴を着けている時は、足袋を穿いても構わない
というのが面白い。
長袴というのは、
 浅野内匠頭 殿中松の廊下で刃傷に及ぶ
シーンで、みんなが穿いている、あの裾のうんと長い、重い儀式用の袴だ。ま、たしかに
 足は見えない
よね。

おまけ。日テレニュース24に上がっていた
 アニメでみる“忠臣蔵” 2分でわかる物語
http://www.news24.jp/articles/2017/12/14/07380512.html
松の廊下のシーンも収められている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-08-26

時代劇で徳川将軍御前の臣下の所作がほとんど大嘘な件

国会図書館デジタル化資料エラい。

必要があって、江戸幕府関連のことを調べているのだが、『德川制度史料』をブラウズしていたら
 将軍御前に直々に召された時の臣下の所作
について、
 勝海舟が一肌脱いだ
という記述を見つけた。


將軍夫(ソレ)ヘトノ御言葉之事
御用有之御前ニ召サレタル者、御座之間ノ前ニ着座平伏スレバ、將軍夫(ソレ)ヘト御言葉アリ、近ク夫ヘ進ミ出デヨト、特ニ座ヲ賜フモノナリ、此時當人ハ、只ダ身ヲ起シ、匍匐膝行「進マントシテ能ハザル狀ヲ爲シ」、身體ヲ少シク左右ニ蠢動スルノミニテ、元ノ座ニ在リテ御用ヲ辨ズ、是レヲ御前ニ於ケル古來ノ習禮ト爲ス
 晩近勝安房守義邦(海舟)御前ニ召サレタル時、此ノ御言葉ヲ拜シ、乃チ起(タ)チテ進ミ出デントス、大目付御側用人等大ニ驚キ「シツ、シツ」ト之ヲ制止ス、御用了ツテ後チ安房ヲ別室ニ呼出シ其異例ヲ責ム、其意蓋シ安房ヲ謹愼ニ處スルニ在り、安房却テ反問シテ曰ク、御上ヨリ夫ヘトノ御言葉アリ、近ク進ミ出デ國家ノ御大事ヲ言上セントスルニ之ヲ制止セラル、理由如何
今、天下累卵ノ危難ニ際セリ、此時ニ當リ、舊習禮ヲ墨守ス、私ハ德川幕府ノ御爲ニ深ク之ヲ悲シムト、大目付却テ究ス、自是之後、此ノ匍匐蠢動ノ舊習禮廢セラル (織田[和泉守]重信氏談 當時大目付タリ)

何か特段臣下に尋ねたい儀がある、と言うとき、将軍が臣下を呼び出す。
時代劇等では、将軍から
 それへ
と言われたら、
 ははっ
とか答えて、まず顔を上げ
 近う
とか言われると、
 今ひとつ側によって言上
したりするわけだが、
 実は勝海舟のこの進言が通る以前なら大嘘
ってことだね。
実際には
 それへ
と言われたら、
 身体は起こすけれども、その場で左右に少し身体をもじもじとさせる位
で、
 その場でそのまま、お答え申し上げる
のが
 作法
だった。

勝海舟が呼び出された時期は幕末、幕府は傾き、もう失地回復は難しいところまで来ている。無作法を咎めようとした大目付達を、海舟が
 お召しにより御前に伺い、「それへ」という将軍の御言葉に従って、お近くに進み出て、国家の一大事について言上申し上げようとするのを、制止なさる理由をお聞かせ下さい。
 今は国家存亡の危機にあるのに、そんな古くさい習慣を墨守するとは悲しいことでございます。
と、一喝して沙汰止みになったのだ。
それより以前では、
 直接将軍の前に進み出て言上する
というのは許されない暴挙であったわけで、現実には起こりえなかった。
ところが時代劇では、
 正しい幕府に於ける礼儀作法通り
に演出すると、
 絵面としてはつまらない
から、
 史実とは全く違う極「フランク」な君臣関係
が出てきてしまう訳ですな。

で。内々に話をと呼び出されたそんなに身分の高くない臣下が
 お人払いを
というのも、実は
 家茂以降に行われた
というのが、その後の記事に見える。


御人拂之事
後、世局旣ニ改リ、家茂公ノ時ニ至リテハ、御前御人拂ニテ、唯一人將軍ニ相對シテ、機密事ヲ親シク言上スルコト行ハル、松平大隅守信敏ノ如キモ御人拂ヲ申立テ時ニ意見ヲ言上セシコトアリト云フ、
他、要路ノ人亦固ヨリ此事アリ、是レヲ召出シト云フ 松平信敏氏談

で、この「お人払い」をしなくてはいけない密議が「要路の人に行われた」場合は
 召出
といって、これまた別にやり方があった。それはその後の記事に見える。しんどくなったので、翻字省略。
ただ
 お人払い
と言っても、言上が済んだら、老中の部屋に寄って、
 ただいま次のような事を言上申し上げました
と、内容をかいつまんで報告する必要があった。

江戸城は
 人人人で手厚く管理されている場
だから、そうそう
 将軍と秘密の話をサシでする
なんてことは出来なかったし、それが出来るとしても
 身分の壁があった
わけですね。

ま、時代劇なんていうのは
 庶民の夢を実現する架空の場
だから、
 史実通りじゃなくても全くOK
ではあるのだけどね。
それに
 実際に江戸城に配置されていた人員を再現
すると
 必要になる出演者の数が膨大になる
ので、
 かなり省略して演出している
ってことですね。要するに
 江戸城の官僚機構は今から見るとアホらしいほど冗長かつ豪勢に人を使っていた
って話。到底
 予算の限られた撮影現場では再現しようがない
わけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-08-15

「哲史文」の素養亡き技術第一主義は国を滅ぼす 及川古志郎海軍大将の戦時下(昭和18年 1943年)における反省

最近
 哲史文といった人文系の教育には意味が無い
という議論があって
 大学を高等職業訓練校に変貌させる案
がじわじわ進んでいる。

ところで、日本が先の大戦で、敗色が濃くなっていた昭和18年のこと、
 哲史文亡き技術教育に邁進した陸海軍の軍人教育への反省
が海軍大学校で行われていた。
実松 譲『海軍を斬る』図書出版社 1982年2月25日より


 戦況が悪化の一途をたどりつつあった昭和十八年のある日のこと、場所は目黒の海軍大学校(いまの国立予防衛生研究所)の一室である。聞き手は京都帝国大学の高山岩男教授(哲学)、同席していたのは東大教授の矢部貞治であった。海軍大学校校長・及川古志郎は、しずかに語り出した。
「日本は、米英両国を敵にまわして戦っている。こうした事態になった理由はいろいろあるだろうが、その主因の1つは、わが陸海軍の軍人教育は、もっぱら戦闘技術の習練と研究だった
 つまり"戦争屋"つくりに専念したことである。かれは言葉をついだ。
「すべての軍人にとって大事なのは、政治と軍事との正しい関係とはどういうことなのか、ということである。こうした教育をかえりみなかったことが、いけなかった」
 及川によれば、それが政治と軍事との間に葛藤をきたし、ついに破綻をきたした。
この禍根をふかく掘りさげて究明し、文武の統合の道を樹立しないかぎり、日本は救われない

この時、海軍大学校に呼ばれていた高山岩男は、次のように述べる。


哲学と兵学
元京都帝国大学教授 高山岩男
 昭和30年の秋だったと思うが旧知の及川古志郎大将が拙宅を尋ねて参られ、旧陸海軍の中堅だった10名ほどが集まって岡村寧次大将宅で研究会をやっているので、月に1回くらいそこで哲学の話をしてくれぬかというお頼みであった。
 実は及川大将とは対米開戦間もなく、海軍大学校長のとき講演を頼まれ、その後彼が兵理学と称したものの研究に協力して以来、大将の悲願を私は知っていたのである。
 それは明治以後発足した陸海軍人育成の学校教育戦闘技術の研究錬磨に全力を注ぎ、将帥に不可欠の「軍事と政治の調和統合」という大事なものを疎かにして来たこの欠陥を修正するのでなければ日本は救われぬ。そのため戦争哲学というかその種の「兵理学」を根本から哲学的に検討し、これを建設したいと悲願を吐露され、協力をもとめられた。
 私は明治維新を担当した武士たちをたたき上げた経学・史学・文学の三位一体を大将は現代風に復活したいと願っていると解し、難問中の難問で力はないが、協力を約し、海軍大学校で研究を始めた。その後戦局も苛烈となり、未完のまま敗戦を迎えて、放棄されていたわけである。
(以下略)

「偕行」平成5年3月号 「白団」物語より。

高山岩男のいう
 経学・史学・文学の三位一体

 哲史文
である。
及川古志郎が
 文武の統合の道
と言ったとき、
 文
として念頭にあったのが、この
 哲史文
だ。

第二次世界大戦中の出来事を自分の都合のよいように勝手に
 美化・簡略化
し、こうした戦中・戦後の
 真摯な反省
を知らず、顧みず、再び
 戦闘技術の研究錬磨に全力
を注ぐのと同じ形態の教育に移行しようとしている政府は
 先の大戦で命を失った数多の犠牲者への敬意を欠いている
としか、いいようがない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-07-13

国会図書館デジタル化資料渡邉昶(奎輔)著『淡海魚譜』の書入の一部が撮影に失敗している件

国会図書館デジタル化資料には散々お世話になっている。
最近は一括ダウンロード機能も装備されて、使いやすくなった。
原色で写本や稿本、版本が見られるのはありがたい。

ところで、写本や版本には
 書入
といって、その時の所蔵者が自分の意見を墨で直接書き入れていることがある。欄外に直接書く場合もあるし、別紙に書いたものを貼り付ける場合もある。国会図書館デジタル化資料として公開されている
 渡邉昶(奎輔)著『淡海魚譜』
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2538222
は、小島宝素が自分で写した写本に、別紙に書いたコメントを貼り付けているのだが、
 紙が折れたまま撮影されたために、書入が読めない箇所が4箇所
あるのを見つけた。
 6葉裏〜7葉表
 10葉裏〜11葉表
 17葉裏〜18葉表
に当たる箇所に貼り付けられた4つの書入だ。
6
10
17
う〜ん、実に残念だ。すぐには再撮影はしないんだろうから、
 見えないところを読みたい時は、直接国会図書館に行って、「紙が折れていて書入が読めないので、原本を閲覧させて欲しい」と請求
しないといけないじゃんね。ただ、web公開されているので、すんなり直接閲覧の許可が下りるかどうかは不明。

納品時の検品で見落としたのだと思うけど、
 書入には重要な情報が含まれていることがある
ので、
 業者の責任で、きちんとした撮影する/発注者もちゃんと確認する
ことを徹底して欲しいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-07-06

速報 一連のオウム真理教で死刑判決を受け、移送された7人全員の死刑執行

1995年3月15日の化学兵器による都内における大規模無差別テロ等、一連のオウム真理教事件で死刑判決を受け、3月14-15日に移送されていた7人全員の死刑が執行された。
NHKより。


オウム真理教 松本死刑囚ら7人に死刑執行
2018年7月6日 10時22分
オウム真理教の元代表の麻原彰晃、本名・松本智津夫死刑囚ら7人に死刑が執行されたことが関係者への取材でわかりました。
死刑が執行されたのは松本智津夫死刑囚(63)のほか、井上嘉浩死刑囚(48)、早川紀代秀死刑囚(68)、中川智正死刑囚(55)、遠藤誠一死刑囚(58)、土谷正実死刑囚(53)、新実智光死刑囚(54)の合わせて7人です。

オウム真理教は平成元年の坂本弁護士一家殺害事件や、平成6年の松本サリン事件、平成7年の地下鉄サリン事件など数々の事件を引き起こし、合わせて29人が死亡、およそ6500人が被害に遭いました。平成7年3月から始まった強制捜査では192人が起訴され、裁判で13人の死刑が確定しました。

このうち松本死刑囚は5月、教団の施設に潜んでいるところを逮捕されました。裁判では無罪を主張しましたが、次第に意味のわからない発言を繰り返すようになりました。

平成16年2月、1審の東京地方裁判所は「一連の事件の首謀者として極限の非難に値する」として死刑を言い渡しました。2審では弁護団が「裁判を受けられる精神状態ではない」として必要な書面を出さなかったため法廷が開かれないまま裁判が打ち切られ、平成18年に死刑が確定していました。

一部の元信者が逃亡を続けたため刑事裁判は長期化しましたが、ことし1月に地下鉄サリン事件などに関わった高橋克也受刑者の上告が退けられたことで終結し、死刑囚が事件について証言を求められる機会がなくなりました。

ことし3月、13人のうち7人が東京拘置所から全国5か所の拘置所や拘置支所へ移送され、執行の時期が焦点となっていました。

一連の事件で死刑が執行されたのは初めてです。

残る死刑囚は、
 宮前一明(旧姓 岡崎)死刑囚(57)
 横山真人死刑囚(50)
 豊田亨死刑囚(50)
 端本悟死刑囚(51)
 小池泰男(旧姓 林)死刑囚(60)
 広瀬健一死刑囚(54)
の6人。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-06-10

旧優生保護法に基づく強制不妊手術で熊本の男性に去勢が行われる 国は即刻救済を

怒りに打ち震えるばかりだ。
熊本県で、旧優生保護法に基づく強制不妊手術を受けた70代の男女2人が国に向けて提訴の意向を示したのだが、
 男性は睾丸(精巣)を摘出された
という。これは
 不妊手術ではなく、去勢
だ。
 人権蹂躙
以外の何物でもない。
熊本RKK6/9付ニュースより。


強制不妊手術で全国でも例のない睾丸摘出
2018年06月09日 20:59 現在
旧優生保護法に基づく強制不妊手術をめぐり、県内の男性が全国でも例のない睾丸の摘出を強いられていたことが分かりました。
「俺の体は何もかもぐしゃぐしゃになって…」(睾丸を摘出された73歳男性)
この男性は、全国の男女4人が起こしている国賠訴訟や全国一斉電話相談でも例のない、「睾丸摘出」による不妊手術を強いられたと訴えていて、早ければ今月中にも国に対し約3000万円の損害賠償と謝罪を求め提訴する方針です。
男性が不妊手術を受けたという医療機関は既に廃院になっています。
弁護団は睾丸摘出を原因とした骨粗しょう症などの二次被害も訴状に盛り込む考えです。

人間の不妊手術では、
 妊娠できる・妊娠させられる機能を停止
するが、男女の性ホルモンを分泌する
 性腺(精巣・卵巣)除去は行わない
のが原則である。この男性が
 「俺の体は何もかもぐしゃぐしゃになって…」
と仰るのは、当然である。あまりに酷い。

精巣が作り出す男性ホルモンのテストステロンは
 男らしさを形作るホルモン
と言われている。男性の「更年期」では
 テストステロンの減少
がさまざまな問題を引き起こすと考えられている。
 そのテストステロンの生産基地が「強制不妊手術」の名を借りて永遠に失われた
のだ。

一体何故こんな
 人間の尊厳を踏みにじる蛮行が許された
のだろうか。男性が手術を受けた病院は既に廃院しており、カルテもないだろう。

法に名の下に行われたこの人権蹂躙に、国は即刻手を差し伸べるべきである。

それでも、この男性の失われた人生を償うことなどできはしない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「自分たちのサッカー」@将棋板

ハリルの首が飛び、後任が西野朗になった時点で、今回のW杯ロシア大会には全く期待してないし、たぶん、試合もそんなに見ないだろう。
 Miamiの奇跡が西野朗の「功績」?
そんな訳ないじゃん。詳しくは、当時の戦記をNumberから探して読んでね。
加茂周と西野朗が監督している試合は見ないか、見たとしてもこの2人に「礼儀正しい応援をする」ことにしてきた。

まあ、スポンサーの意向があるから特定の選手は外せないとか、そうした話は結構。

ところで、将棋板にこんなスレッドができたのだが、将棋ファンらしいたとえ炸裂で、なかなかパンチが効いている。
「自分たちのサッカー」を将棋に喩えると?より。


5名無し名人2018/04/12(木) 12:40:27.47ID:3hfo9Bz5
銀がドリブル突破を試みる一方で逆サイドから角を
突っ込ませるも適切に対応されて銀角奪われての惨敗。

6名無し名人2018/04/12(木) 12:41:11.50ID:QhGcl121>>7>>23
駒たちが躍動する俺の将棋

7名無し名人2018/04/12(木) 13:18:38.05ID:r3DaVR9t
>>6
これだわ

15名無し名人2018/04/12(木) 18:39:34.56ID:KHW6Zitw
>>6で結論出てた

ま、確かに6さんのレスで結論が出ちゃっているような気がする。
こんな御意見も。レーティングというのはチェスの国際組織で使われている
 イロレーティング(Elo rating system)
を応用した
 棋士の強さを示す数値
である。


22名無し名人2018/04/12(木) 23:28:24.76ID:w9TXttrB>>24>>25>>26
乱暴だがわかりやすく、FIFAランク=レーティングとする

日本のグループ
ポーランド 10位=斎藤慎太郎八段 1795
コロンビア 16位=千田翔太六段 1768
セネガル 28位=高見泰地六段 1722
日本 60位=野月浩貴八段 1613

つまり、昨年度から今年にかけてタイトル戦や
挑戦決定リーグに出るくらいの相手ばかり。
圧倒的に強い人はいないが、曲者揃いのグループ。

豊島=ドイツ、羽生=ブラジル、永瀬=ベルギー、稲葉=ポルトガル、久保=アルゼンチン
広瀬=スイス、菅井=フランス、藤井聡太=スペイン、山崎=チリ
三浦=ペルー、糸谷=デンマーク、勇気=イングランド、天彦=チュニジア、深浦=メキシコ、渡辺=ウルグアイ

藤井聡太七段はスペインなのか!?

その後も議論は続いている模様。

おまけ。
「駒たちが躍動する俺の将棋」の出典。
佐藤紳哉六段(当時)インタビュー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-06-08

「AIは元号を決められるか」に挑む@Qiita

来年は改元がある。
新元号がどうなるか、日付に関わる業務がある各業界は、1日でも早く知りたいだろうけど、なかなかそうはいかない。

で。
 元号をAIに決めさせる
という
 斬新な発想
で、実際に計算して、
 第一候補 孝天
 第二候補 元清
をはじき出したのが、@youwhtさんのQiita6/3の記事
平成の次の元号を、AIだけで決めさせる物語
である。凄い力作。
アプローチの中心は
 読みやすい二字の漢字で、元号に良く使われる文字を選んで組み合わせる
という辺り。あくまで
 元号は「単なる二字の漢字の組み合わせ」として処理
している。

というわけで、この計算では、元号選出にあたって
 一番重要な条件
である
 中国の古典に出典がある
が無視されているのと、これも重要な原則である
 既に他の国で使われている元号/年号を除外する
が抜けているので、あくまで
 AIでの近似計算
としてお読み下さい。

@youwhtさんはAI研究者の立場として


各学者先生やエライ人のいろいろな調整や思惑


 出典があるのがおかしい
と思ってるみたいなんだけど、
 平安中期以降、日本の元号は中国の古典からの「出典」付
なので、ここを無視すると
 年号としては成立しない
ということになる。
 単なる二字の漢字の組み合わせではない
のだ。
 中国古典に出典がある「佳字」を組み合わせる
のが、一番のポイント。だから難しいのよね。

理系の方のために説明すると
 中国古典に出典がある「佳字」
とは
 めでたい文意の短い文脈中にその2つの文字が現れる
ということ。具体的には
 概ね4字〜8字前後の、意味が区切れている文字列の中に2つの文字が含まれる
という条件で、人間が探し出すのが、これまでの元号候補の選出方法である。従って
 元号候補を選出する
には
 中国古典に知悉していて、漢文の読みのエキスパートである必要
がある。

おまけ。
中国語の形態素解析は結構大変。古典で人名切り出しを試みている論文はこちら。
 安岡孝一; クリスティアン ウィッテルン; 守岡知彦; 池田巧; 山崎直樹; 二階堂善弘; 鈴木慎吾; 師茂樹: 古典中国語(漢文)の形態素解析とその応用, 情報処理学会論文誌 (2018), 59(2): 323-331(PDF)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-04-30

春の叙勲 よく見るとアグネス・チャンとジェーン・バーキンが

春の叙勲の名簿を見ていたら、


 ◇旭日小綬章
アグネス・チャン=陳美齢(英、元日本ユニセフ協会大使)62
ジェーン・バーキン(英、歌手・女優)71

と続いて名前が挙がっているのでびっくり。

アグネス・チャンは今更説明の必要がないだろうが、カンボジア難民救援会のアグネス・チャンじゃんね。みんな忘れているかも知れないけど。
で、
 ジェーン・バーキンといえば「エルメスのバーキン」
ですよ。バスケットに荷物を詰め込んでいるバーキンと隣り合わせに座ったエルメスの当時の社長が、
 全部入れられるバッグを作ってあげましょう
と作ったのが、あのバーキンというわけですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-04-29

阿部幸大氏が盛大にdisった母校釧路湖陵高校は、平成20年度から北海道の地域医療を支える人材育成の「医進類型指定校」になっている件(追記あり)

最近話題沸騰なのは、フルブライト奨学金(大変取るのが難しい奨学金で、これを取れれば、まずその後の研究人生は安泰と言われる)により現在ニューヨーク州立大学ビンガムトン校留学中で東大出身の文学研究者阿部幸大氏が、現代ビジネスに寄稿した4/25付の
 「底辺校」出身の田舎者が、東大に入って絶望した理由
だろう。ここで
 底辺校
と称されているのは、阿部幸大氏のreseachmapの記述によれば
 釧路湖陵高校
で、同氏は2006年、平成18年3月に卒業している。

この頃の道内の進学事情に暗いので、最初は
 釧路湖陵高校が底辺校なのか。世の中いろいろすげーなあ。
とびっくりしてたのだが、やはり
 道内の(札幌以外の)地方進学校の雄の一つ
であることには、変わりなかったようだ。

元釧路湖陵高校の教員という方がtwitterで、阿部氏の見解に突っ込んでいるのが、togetterに纏められていた。
『東大に入って絶望した田舎者』阿部幸大氏のウソを、彼の卒業した高校元教員が指摘

で、FBで友人達といろいろ意見を交換していたのだが、その過程で
 平成20年度から釧路湖陵高校は、北海道の地域医療を支える人材育成のための「医進類型指定校」となっている
ことが分かった。こうした高校の
 どこが「底辺校」なのか
よく分かりませんがね。制度が始まったのは、阿部氏が卒業してから2年後だけどね。
道教委が公表している「医進類型指定校」についてのサイトより。地図も同サイトから。


地域医療を支える人づくりプロジェクト事業のコンセプト
  本道の地域医療を担う医師不足の問題については、道の喫緊の課題となっており、知事部局や道内の医育大学において様々な対策が行われています。道教委としても、長期的な視点に立って、将来の地域医療を支える人材の育成が大変重要であると考え、本事業に取り組むこととしました。(略)
▼医進類型指定校は次の9つの学校です。
  ○北海道岩見沢東高等学校  ○北海道小樽潮陵高等学校  ○北海道室蘭栄高等学校
  ○北海道苫小牧東高等学校  ○北海道函館中部高等学校  ○北海道旭川東高等学校
  ○北海道北見北斗高等学校  ○北海道帯広柏葉高等学校  ○北海道釧路湖陵高等学校

▼協力校は次の6つの学校です。
  ○北海道札幌西高等学校    ○北海道静内高等学校     ○北海道江差高等学校
  ○北海道留萌高等学校     ○北海道稚内高等学校     ○北海道根室高等学校
  Ishinnmap2


御覧頂くと分かるように
 医進類型指定校 札幌以外の地域の公立トップ進学校
 協力校 札幌西以外は、医師不足が深刻な地域の公立高校
である。
釧路湖陵高校のサイトにも、この
 「医進類型指定校」に関するページ
があり、医師を目指す高校生が、地域の旭川医科大学と協力して、さまざまな活動を行っている様子が紹介されている。
「医進類型指定校」~地域を支える人作りプロジェクト事業~

ちなみに、釧路湖陵高校は
 過去3年間の進学実績

 学校のサイトで公表
している。
上級学校等合格者一覧(過去3年間)(PDF)
進学先の国公立大学で主なところは、最近3年で(28/29/30)
 旭川医科大(旧国立二期校) 10/4/5
 北海道大 19/15/10
 札幌医科大学(道立) 4/5/5
 地元 北海道教育大釧路校(旧国立二期校) 4/8/8
 地元 釧路公立大学 13/10/13
 東北大 0/0/3
 東大 0/2/0
 京大 0/0/1
 奈良県立医科大 0/0/1
など。
 こんな立派な進学実績のある高校のどこが「底辺校」なのか
と思うけれどもね。

まあ、
 現代ビジネス編集部の「需め」に応じて「盛大に話を盛った」
ってことですかね。
少なくとも
 地域医療を担う人材を育成する教育機関

 底辺校
と呼ぶのは、
 その地域で現在生活している人達と地域医療に従事する医療関係者への侮蔑に他ならない 
と思いますが、阿部氏ご本人はもう釧路には帰らないってことなのかな。
でもって地元校の
 北海道教育大釧路校もついでにdisってる
のは、
 北海道の教育環境はこれ以上良くならない
って思っているってことですかね。人を育てる教師は道教大釧路校からは出ないとでも?
 医療関係者のみならず、僻地も含めて地道な教育を行う小中の教諭もdisってる
のは、余程、故郷に怨みがあるのかしら。

たとえ釧路に帰らないとしても、都市部以外で自分や身内が医療や公的教育の世話になることはありうるわけで、その時、
 自分が何を馬鹿にしたのか
をよく知ることになると思うよ。

まさかとは思うけど、北海道で東大に行ける程度の学力があれば、まずは
 医者になれ
と言われるのが通常なので、
 医進類型指定校の母校をdisった
のは、
 文学部への進学を反対した進路指導部や親戚等との闘いがトラウマになっている
んじゃなかろうな。

(追記 4/30)
higashiさんからコメントを頂いたので、再掲する。higashiさん、ありがとうございます。


「底辺校」だったのは中学で、高校に入って初めて大学進学という道に気づいた、という記事に読めますが、とくに擁護の気持ちがあるわけではありません。。

わたしも北海道の公立中学・高校で教育を受けたが、
 公立中学は住んでいる場所で行く学校が決まる
わけで、あらゆる階層から生徒が集まる。
所謂
 公立進学高校に多くの生徒を進学させている中学
にいたのだが、同期生は
 最近、学士院賞を取ったエラい研究者
から、
 金バッジにモノを言わせるお仕事に就いた奴
まで、幅広く人材を輩出している。
でもって
 釧路湖陵高校に行くくらいの成績の中学生
ならば、
 ムダに成績が良いといじめられる危険性が高い
ので、
 悪そうなお友達を作って、自分も悪いことをしていじめられないようにする
というのも、これまた
 賢い子どもの処世術の1つ
だろう。
ちなみに東大の某先生も、中学時代は
 危ないお友達と遊んでいた
そうだが、阿部氏同様
 補導されずに済んだ
と言っていた。もっともかの先生は東京出身なので
 賢い子が悪そうな友達と遊ぶパターンは田舎だろうが都会だろうが変わらず存在する
と言えよう。
で、悪そうなお友達にも
 仁義
はあって、
 一緒に遊んでいる「成績の良い奴」は、本当にヤバイ局面には誘わない
ものなのだ。
 あいつがパクられたらそれこそヤバイ
と思いやって、巻き込まれないよう配慮してくれているものだ。
 運が良かった
と阿部氏は思っているように書いてるけれども、それは
 お友達がちゃんと仁義を切ってくれた
のに気が付かないか、無視しているだけなのだと思いますがね。もしも後者なのだとすれば、
 文学研究者としてはどうよ
とは思うよね。
まあ、世の中には、団地で育ったのを怨んでいるのか、
 一戸建てに住んでいる奴は敵だ
と言っていたエラい文学研究者(たぶん、遠からず、勲章とかそんなものを貰うだろう)もいるので、様々なトラウマは思いがけない文脈で噴出するのだろうけど、せっかく文学研究という、何を言ってもほぼ許してもらえる分野の研究者なのだから、是非生産的な方向に昇華して頂きたいものだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧