2019-04-28

機械翻訳「みらい翻訳」試用版が凄い件

21世紀の研究者は
 グローバル化
のかけ声と共に、毎年のように
 国際学会・シンポジウムの開催や参加
がほぼ「義務付」けられるようになっている。
20世紀の恵まれた研究者には
 有能な秘書(書類等作成担当)
がいたり、研究室に
 優秀な留学生(下訳やネイティブチェック担当)
がいたりして、学会への参加申込、発表の題目・梗概・発表本文・スライド/ポスター作成などを手伝ってくれたのだが、昨今の
 大学への予算削減
によって、常勤研究者も研究室のスタッフは減り、非常勤の研究者は増加、それほど予算に恵まれない研究分野では
 ワンオペ研究室/者
の状況かと思う。こうなると、
 国際シンポジウム・学会の参加
においても、
 外国語のフォーマットに不馴れなまま応募
することになったりするわけだ。
 勝負は発表内容
だとしても、人文系では、その前のApplication作成は気が重いと感じる、普段はApplicationの要求する外国語で論文を書いていない研究者は結構いるかも知れない。
そんなあなたに
 救世主
の如く登場したのが
 みらい翻訳の試用版 である。
現段階では
 2000字以内の字数制限あり
だが、web上で
 日本語→英語、中国語
 英語、中国語→日本語
の翻訳が可能。
翻訳精度だが、プレスリリースによれば、英語は

機械翻訳サービス 和文英訳がプロ翻訳者レベルに、 英文和訳 TOEIC960 点レベルを達成 ビジネス文章?和文英訳能力がプロ翻訳者に並び、TOEIC960点日本人ビジネスマンを超える
英文和訳能力 TOEIC960点日本人ビジネスマンと同等レベルを達成

中国語は、

日中翻訳は、プロの翻訳者とバイリンガルビジネスマンの翻訳能力に到達 日中翻訳は、プロの翻訳者とバイリンガルビジネスマンの翻訳能力に到達

という実力とのこと。
実際に、日中翻訳を使ってみたが、
 実務文書の下訳としては十分な出来で、自分で手を入れて使えば大丈夫
というレベルだった。書類作成の一番のボトルネック

 下訳を作る時間が節約できる

のがいいんじゃないかな。もちろん

 手は入れないとダメ

だけど。

スライドやポスター作成の下訳にも使えると思う。

中国語は、ちょっと文章が長くなると、時々おかしな訳を吐き出すので、その辺りは要チェック。

研究者だけでなく、

 外国人との接触がある機関

でも試用してみるといいんじゃないかな。機関によってはネイティブがいないとか、いても実務文書作成には馴れてないとか、そうした問題がある場合は、是非お試しを。もし気に入ったら、製品版を買ってあげて下さい。

twitterには賛辞が。

| | コメント (0)

2019-04-24

『月刊住職』編集長が転勤族や移住者に喧嘩を売っている件

今朝の朝日新聞より。

(専門誌に聞け)寺と高齢化:4 「月刊住職」矢澤澄道編集長

墓を守る人がいなくなったなどを理由に、先祖代々の墓から遺骨を移す「墓じまい」をする人が増えています。でも故人は生前、そこに埋められることを望んでいたはずです。その遺志を無視する権利が誰にあるのでしょうか。安らかに眠っている先祖を動かすのは、極端な言い方をすれば「墓あばき」です。

えええええええええ!!!!!

ていうか

 先祖代々、同じ土地に縛られて生きている人って日本にどれだけいるの

って話。

地方から都市へ、都市から地方へ、人々が仕事を求めて、あるいは理想の生活を求めて、移動することで、それぞれの地域は活性化する。

実家の高祖父は、明治8年、岩手県黒沢尻から、北海道に移住した。移住前は檀那寺の檀家総代の一人で、弟が檀那寺まで行って聞いてきたところでは、経済的に逼迫して移住したわけではないそうだ。新天地を求めて北海道に渡ったようだ。

その時、札幌に岩手から伏見稲荷を勧請し、婿養子の曾祖父は札幌神社(現北海道神宮)の創立に関係、円山公園の石碑には名前が刻まれている。今の檀那寺では、総代の一人となり、当時の橘の御前様と上海に渡り、新たに作った地下式の納骨堂の上に立つ観音さまを将来してきた。(今はその上に祖母が寄進した覆い堂が建っている)
地下式の納骨堂は、個々のお骨を納める形式ではなく、納骨堂の上に開いた口に、骨壺からお骨を入れる形式で、イメージとしては散骨に近い。この納骨堂は、札幌は道外から来た人が亡くなる場所でもあるし、仏様の無縁有縁を問わず、希望する人が納骨できる場所として作ったものだ。実家では、亡くなった人はみな四十九日にこの納骨堂にお骨を納める決まりだ。家では、お骨は長い年月の後に融けて水になる、と伝えられている。曾祖父は、自分が東京から札幌に来たように、子孫が札幌から別な土地に行っても、先祖供養等で煩いの起きないようにと、この形式を取ったようだ。

納骨堂とは別に、お骨の入らないお墓は市営墓地にあって、こちらは近年、札幌に若い世代がいないので整理して市に返した。檀那寺には、位牌堂があり、そちらでもお祀りしているので、お墓がなくなっても特に問題ない。

従兄は、同じ檀那寺に位牌堂を持っていたのだが、八王子に家を建てたので、八王子の同じ宗派のお寺に移った。寺格からいうと札幌のお寺の方が上なので、八王子のお寺のご住職に

 え、あのお寺さんからうちに移されるんですか!?
といたく驚かれたと聞く。

いくらお寺の格が高かろうとも、普段お参りできないのでは意味は無い。

というわけで、『月刊住職』の編集長は

 出身地のお寺にお墓がある檀家という形態が「デフォルト」

という、大変狭い範囲の話を

 一般的な話に拡大して、今生きていて、自分がし得る供養を果たしたい人達が「引き墓」をするのを非難

しているわけだ。

ま〜、お寺の数も、ご住職の数も、平成が終わろうとしている今、減っているから、

 ご住職相手に雑誌を売る商売が立ちゆかなくなる

という「危機感」で、こんな暴言を平気で文字にしてるんだろうけど、

 モラハラだわ、一種のヘイトだわ

で、サイテーですね。

おまけ。吉田兼好『徒然草』第三十段末。

はては、嵐にむせびし松も千年をまたで薪にくだかれ、古き墳はすかれて田となりぬ。そのかただになくなりぬるぞ悲しき。

| | コメント (2)

2019-04-02

令和異聞 毎日新聞の整理部、やっちゃったな 「1〜2世紀の『文選』にも」って梁(502〜557)・昭明太子撰『文選』のこと?

なんか凄いモノを見た。

令和の出典、漢籍の影響か 1~2世紀の「文選」にも表現

https://mainichi.jp/articles/20190401/k00/00m/040/256000c 

| | コメント (0)

令和異聞 「令和」以外の候補は「英弘」「久化」「広至」「万和」「万保」@NHK

令和以外の候補について、NHKがすべてを特定。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190402/k10011870221000.html

新元号案 残る1つは「久化」 6案すべて判明

新元号の選定作業で、政府が示した6つの原案すべてが明らかになりました。新元号に決まった「令和」以外は、
▽「英弘(えいこう)」、
▽「久化(きゅうか)」、
▽「広至(こうし)」、
▽「万和(ばんな)」、
▽「万保(ばんぽう)」の5つの案でした。新元号の選定にあたって政府は、考案を委嘱した専門家から提出された候補名を、読みやすく、書きやすいなどの「元号選定手続」に定められた留意点に沿って絞り込み、1日、「元号に関する懇談会」などに6つの原案として示しました。

関係者によりますと、新元号に決まった「令和」以外の原案は、

▽「英弘」、
▽「久化」、
▽「広至」、
▽「万和」、
▽「万保」の5つの案でした。

「英弘」は日本の古典を、また「広至」は日本と中国の古典の両方を典拠、いわゆる出典にしているということです。

 

ええっと
 英弘→人名じゃんね。園田英弘先生、岡田英弘先生……。
 広至→同上、ヒロシっ!
 久化→すぐに字形から擬人化されそう
 万和→人和、地和、天和、ロンっ!!!
 万保→Oh! Mambo!!!!! Uh!
結果として一番マシだったのが
 令和
ってことですかい?

 

| | コメント (0)

令和異聞 安倍ちゃんの名前は1文字もないが、共産党志位和夫委員長の名前から1文字入っている件

おおおおお、この発想はなかったわ。
@araichuuさんのtweetより。

 

| | コメント (0)

2019-04-01

新元号は「令和」出典は『万葉集』巻五「梅花謌卅二首并序」「于時、初春令月、氣淑風和、梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香。」→「令月」の出典は『儀礼』「風和」は晋・王羲之「蘭亭序」(さらに張衡「帰田賦」)

さて、新元号は
 令和
と決定。
出典は『万葉集』巻五「梅花謌卅二首序」で
 于時、初春月、気淑風、梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香。
と菅官房長官が発表した。

さて

 出典は『万葉集』

 エヘン、日本古来の文学だよん

てことなんだけど、細かく見ていこう。

「令」を含む「令月」の出典は五経の一つ礼経の

 『儀礼』士冠礼

 令月吉日。

で、「和」を含む「風和」の出典は

 晋・王羲之「三日蘭亭詩序」の

 天朗気清、恵風和暢。
じゃないかな。てか

 「梅花謌卅二首并序」は漢文で書かれているので、必ず出典がある

わけで、元をざっと辿ったらこんな感じ。(12:05)


『万葉集』研究では

 「梅花謌卅二首序」は「蘭亭序」をなぞって書かれたもの

とされているので、特に不思議はない。(12:23)
さて、twitterでGEISTさんに教えて頂いたのだが、https://twitter.com/J_geiste/status/1112554095334825984

あと、契沖先生が張衡「帰田賦」の「於是仲春令月 時和気清」も出典じゃね?って言ってるな。こっちの方が「令」も「和」も入っててやばいw

とのこと。契沖『万葉集代匠記』の該当箇所Photo_1 を国会図書館デジタル化資料から拾ってきた。常用漢字に直しておきますね。

 于時、初春令月、気淑風和、梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香ハ、張衡帰田賦云、於是仲春令月,時気清。蘭亭記云、是日也、天朗気清、恵風和暢。

ま、契沖先生の昔から

 出典は中国の古典

と認識されていたのでありますね。国会図書館デジタル化資料『万葉集代匠記』の該当箇所が含まれている部分は以下に。

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/936703

NHKの報道はこちら。

新元号は「令和」 出典は「万葉集」

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190401/k10011868721000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

続き(13:39)

すぐやる日本人。令和ちゃん爆誕。

https://twitter.com/pivsixvu773/status/1112561632620638208

更に続き(13:44)

今回の元号案の撰進者は、『万葉集』「梅花歌」で学士院会員とくると、ご専門は『万葉集』じゃないけれど和歌研究の

 久保田淳先生
と予想。対抗は日本漢文研究の

 揖斐高先生

でどうかしら。
更に更に続き(15:11)

毎日は、学士院会員じゃない中西進先生を推す。学士院縛りだとダメなんだけど

 梅花歌三十二首研究

っていえば、中西進先生だもんな。中国学は

 池田温先生

ではないか、と推測している。

https://mainichi.jp/articles/20190401/k00/00m/010/116000c

更に更に更に続き(21:23)

『蘭亭序』以外の出典。後漢・張衡の「帰田賦」の画像。

Photo_2 

『文選』巻十五 張衡『帰田賦』

於是、仲春令月,時気清。
李善注、儀礼曰、令月吉日。鄭玄曰、也。

| | コメント (0)

「長進」とか、こっそりある文字を元号に入れる方法

あと8時間ほどで
 新元号
が発表される。

 

で、巷間噂されているのは
 首相が自分の名前から一字取る説
だ。
具体的には
 安倍晋三のどれかの文字が入る
と言うのだ。
さてね。そこまで露骨に出来るかね。

もっとも、
 こっそり自分の名前を入れちゃうやり方
というのもある。
一番簡単でバレにくいのは
 同義の文字を入れる方法
だ。

中国語では、古くから、文字の説明に別な文字を使っている。

 A、B也

という説明の仕方をする。そうすると
 似た意味の文字列
が出来上がり、それぞれの文字は、ある意味については
 類似のものとして扱う
ことができる。
例えば、後漢の劉煕の作った字書『釈名』には
 晋、進也
という訓が見える。もし
 晋
は使わなくても
 進
が入っていれば、こっそり自分の名前を入れることに大成功。
ついでに
 出身地の「長州」の「長」
も入れて
 MTSH以外の頭文字
にするなら
 長進(Choshin)
で行けるじゃん!!!

さてどうなりますかね。(4:35)

「安」の代用なら、例えば『爾雅』釈詁下には、「安」を含む者は
 訖、徽、妥、懐、安、按、替、戻、底、廃、尼、定、曷、遏、止也。
 予、寧、綏、康、柔、安也。
 妥、安、坐也。
 貉、暯、安、定也。
がある。元号は常用漢字の範囲で選ぶのだが、この内で常用漢字は、
 妥、懐、替、戻、底、廃、尼、定、止、予、寧、康、柔
だから、これらも安の代わりに使える。
「三」は、漢数字の偽造を防ぐ大字の「参」があるよね。
「倍」は、「ふやす」という意味と「そむく」という意味がある文字だ。ちょっと使いにくいかもね。

もうひとつ
 人名の漢字
というなら、首相のパパは
 安倍晋太郎
だった。郎はジェンダーが何かと問題になる現在は、使いにくいだろう。ただ
 太
はイケるね。(6:04)

| | コメント (0)

2019-03-16

出町柳のふたばの桜餅と本よもぎ(だんご)



桜餅は道明寺に漉し餡。桜の葉を2枚奢っている。
本よもぎ(だんご)は、上新粉の生地によもぎを練り込み、中は粒餡。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-08-28

江戸城 夏の正装は「裸足」

 城中で座布団なんてものは使わない。
という話を読んだのは何でだったか。
江戸幕府は
 武家の政権
というわけで、幕末に掛けても
 割と真面目に武を押し出す傾向
がある。
『徳川制度史料』より。


四月朔日 御城揃 五ツ時
(略)
御城中ハ勿論老中方ヘ囘勤其外式立候ノ時共、今日ヨリ九月八日迄ハ足袋不用候事、但若シ痛ミ所等有之足袋ヲ不用シテ不叶候節ハ、前廉ニ届出候事 夏足袋願ハ三月末ニ月番迄指出セバ附札ニテ相濟ムナリ。
尤モ長袴着用ノ時ハ足袋勝手次第ナリ、足ノ見得ザルニ因ル故ナラン、

というわけで
 旧暦の四月一日から九月八日までは正装では「足袋は穿かない」
ことになっていた。もし
 足が痛いなどの不都合があって足袋を穿く必要があれば、事前に月番に届け出て許可をえなくてはいけい
のだった。
 夏期は足袋は穿かない
というのが、武士の嗜みのようだが、大体時代劇というと
 官僚は特に季節構わず足袋を穿く
のが通例。
しかし
 足が見えないからじゃないかな
というコメントと合わせて、
 長袴を着けている時は、足袋を穿いても構わない
というのが面白い。
長袴というのは、
 浅野内匠頭 殿中松の廊下で刃傷に及ぶ
シーンで、みんなが穿いている、あの裾のうんと長い、重い儀式用の袴だ。ま、たしかに
 足は見えない
よね。

おまけ。日テレニュース24に上がっていた
 アニメでみる“忠臣蔵” 2分でわかる物語
http://www.news24.jp/articles/2017/12/14/07380512.html
松の廊下のシーンも収められている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-08-26

時代劇で徳川将軍御前の臣下の所作がほとんど大嘘な件

国会図書館デジタル化資料エラい。

必要があって、江戸幕府関連のことを調べているのだが、『德川制度史料』をブラウズしていたら
 将軍御前に直々に召された時の臣下の所作
について、
 勝海舟が一肌脱いだ
という記述を見つけた。


將軍夫(ソレ)ヘトノ御言葉之事
御用有之御前ニ召サレタル者、御座之間ノ前ニ着座平伏スレバ、將軍夫(ソレ)ヘト御言葉アリ、近ク夫ヘ進ミ出デヨト、特ニ座ヲ賜フモノナリ、此時當人ハ、只ダ身ヲ起シ、匍匐膝行「進マントシテ能ハザル狀ヲ爲シ」、身體ヲ少シク左右ニ蠢動スルノミニテ、元ノ座ニ在リテ御用ヲ辨ズ、是レヲ御前ニ於ケル古來ノ習禮ト爲ス
 晩近勝安房守義邦(海舟)御前ニ召サレタル時、此ノ御言葉ヲ拜シ、乃チ起(タ)チテ進ミ出デントス、大目付御側用人等大ニ驚キ「シツ、シツ」ト之ヲ制止ス、御用了ツテ後チ安房ヲ別室ニ呼出シ其異例ヲ責ム、其意蓋シ安房ヲ謹愼ニ處スルニ在り、安房却テ反問シテ曰ク、御上ヨリ夫ヘトノ御言葉アリ、近ク進ミ出デ國家ノ御大事ヲ言上セントスルニ之ヲ制止セラル、理由如何
今、天下累卵ノ危難ニ際セリ、此時ニ當リ、舊習禮ヲ墨守ス、私ハ德川幕府ノ御爲ニ深ク之ヲ悲シムト、大目付却テ究ス、自是之後、此ノ匍匐蠢動ノ舊習禮廢セラル (織田[和泉守]重信氏談 當時大目付タリ)

何か特段臣下に尋ねたい儀がある、と言うとき、将軍が臣下を呼び出す。
時代劇等では、将軍から
 それへ
と言われたら、
 ははっ
とか答えて、まず顔を上げ
 近う
とか言われると、
 今ひとつ側によって言上
したりするわけだが、
 実は勝海舟のこの進言が通る以前なら大嘘
ってことだね。
実際には
 それへ
と言われたら、
 身体は起こすけれども、その場で左右に少し身体をもじもじとさせる位
で、
 その場でそのまま、お答え申し上げる
のが
 作法
だった。

勝海舟が呼び出された時期は幕末、幕府は傾き、もう失地回復は難しいところまで来ている。無作法を咎めようとした大目付達を、海舟が
 お召しにより御前に伺い、「それへ」という将軍の御言葉に従って、お近くに進み出て、国家の一大事について言上申し上げようとするのを、制止なさる理由をお聞かせ下さい。
 今は国家存亡の危機にあるのに、そんな古くさい習慣を墨守するとは悲しいことでございます。
と、一喝して沙汰止みになったのだ。
それより以前では、
 直接将軍の前に進み出て言上する
というのは許されない暴挙であったわけで、現実には起こりえなかった。
ところが時代劇では、
 正しい幕府に於ける礼儀作法通り
に演出すると、
 絵面としてはつまらない
から、
 史実とは全く違う極「フランク」な君臣関係
が出てきてしまう訳ですな。

で。内々に話をと呼び出されたそんなに身分の高くない臣下が
 お人払いを
というのも、実は
 家茂以降に行われた
というのが、その後の記事に見える。


御人拂之事
後、世局旣ニ改リ、家茂公ノ時ニ至リテハ、御前御人拂ニテ、唯一人將軍ニ相對シテ、機密事ヲ親シク言上スルコト行ハル、松平大隅守信敏ノ如キモ御人拂ヲ申立テ時ニ意見ヲ言上セシコトアリト云フ、
他、要路ノ人亦固ヨリ此事アリ、是レヲ召出シト云フ 松平信敏氏談

で、この「お人払い」をしなくてはいけない密議が「要路の人に行われた」場合は
 召出
といって、これまた別にやり方があった。それはその後の記事に見える。しんどくなったので、翻字省略。
ただ
 お人払い
と言っても、言上が済んだら、老中の部屋に寄って、
 ただいま次のような事を言上申し上げました
と、内容をかいつまんで報告する必要があった。

江戸城は
 人人人で手厚く管理されている場
だから、そうそう
 将軍と秘密の話をサシでする
なんてことは出来なかったし、それが出来るとしても
 身分の壁があった
わけですね。

ま、時代劇なんていうのは
 庶民の夢を実現する架空の場
だから、
 史実通りじゃなくても全くOK
ではあるのだけどね。
それに
 実際に江戸城に配置されていた人員を再現
すると
 必要になる出演者の数が膨大になる
ので、
 かなり省略して演出している
ってことですね。要するに
 江戸城の官僚機構は今から見るとアホらしいほど冗長かつ豪勢に人を使っていた
って話。到底
 予算の限られた撮影現場では再現しようがない
わけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧