2018-03-29

NASAの無人太陽探査機「パーカー・ソーラー・プローブ」があなたの名前を太陽へ!@締切は現地時間4/27

畏友snoopyさん経由。

NASAが初の太陽探査機を打ち上げる計画を発表したのは昨年のことだった。2017年6月1日付CNNより。


米NASA、初の太陽探査ミッション 来夏開始

CNN) 米航空宇宙局(NASA)は、無人探査機「パーカー・ソーラー・プローブ」を送り込んで太陽の大気を調べる初のミッションを2018年夏から開始する。NASAが太陽と、コロナと呼ばれる太陽の最も外側の大気の探査に乗り出すのは初めて。
探査機の高さは約3メートル。炭素複合素材でできた厚さ約12センチのシールドに守られて、観測史上最も近い距離まで太陽に接近することを目指す。
パーカーはこれまでどの探査機も経験したことのない熱と放射線にさらされる。それでも太陽の様子が詳しく分かれば、地球や太陽系について解明する手がかりにもなると研究チームは期待する。
同探査機はこれまで「ソーラー・プローブ・プラス」と呼ばれていたが、宇宙物理学者のユージーン・パーカー・シカゴ大学名誉教授にちなんで31日からパーカー・ソーラ・プローブと改名された。
パーカー氏はシカゴ大学の教授だった1958年、太陽風の存在を初めて予測する論文を発表したことで知られる。それまで惑星間の空間は真空だと思われていた。
(略)
NASAではミッションの目的について、「コロナと太陽風を熱して加速させているエネルギーの流れをたどり、太陽風の源のプラズマや地場の構造と力学を解明し、エネルギー粒子が加速されて運ばれる仕組みを探る」と説明している。
探査機はいずれ、水星よりも近い距離まで太陽に接近。最短距離ではセ氏およそ1370度に達する熱から、炭素複合素材シールドを使って身を守る。設計上は、探査機の内部や計器類は快適な室温に保たれる。
太陽を周回する速度は時速約72万キロ。エネルギーが最も高い太陽粒子の発生源も通過する。

さて、太陽風の発見者ユージーン・パーカー・シカゴ大学名誉教授にちなんで名付けられた無地探査機
 パーカー・ソーラー・プローブ
だが
 あなたの名前を太陽に送ろう
Send Your Name to the Sun with Parker Solar Probe
というプロジェクトを進行中だ。パーカー・ソーラー・プローブに搭載されたマイクロチップに
 登録された名前を収める計画
である。それで
 現在、太陽に送る名前を募集中
だ。

上記ページから
March 7, 2018 Public Invited to Come Aboard NASA’s First Mission to Touch the Sun
に進み、最下段にある


Send your name to the Sun, via a microchip installed on NASA's upcoming Parker Solar Probe mission. Submissions will be accepted until April 27, 2018.

の下のリンク
Learn more and add your name to the mission here
から、登録フォームに
 名
 姓
 メールアドレス
を記入して送ればOK!

登録したメールアドレス宛に、
 名前の入った"Hot "Ticket"へのリンク
が送られてくる仕組みだ。

締切は現地時間の
 4/27
だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-03-26

安倍ちゃん、トランプ大統領にコケにされるも、実は3/5以降に「オレがコケにされた」とトランプ大統領が思ってるかも知れない件

そもそも、キナ臭い動きが始まったのは
 3/8の米朝首脳会談電撃決定
からだった。3/11の時事より。


トランプ氏即断、側近も驚き=安倍首相は「蚊帳の外」-米紙
【ワシントン時事】トランプ米大統領が8日に韓国の鄭義溶国家安保室長と会談し、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長からの会談要請を受け入れた際、同席したマティス国防長官らが「(首脳会談の)危険性とマイナス面」への懸念を訴えたが、トランプ氏は取り合わずに決断したことが分かった。10日付の米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)が伝えた。
 ホワイトハウスの大統領執務室で行われた鄭氏との会談は45分続き、マティス氏のほか、ペンス副大統領、マクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)、コーツ国家情報長官、ダンフォード統合参謀本部議長らが同席した。トランプ氏の即断は鄭氏だけでなく、側近らも驚かせたという。
 鄭氏がホワイトハウスに到着する直前の8日午前の段階で、米側は情報機関を通じて金委員長からの会談要請を把握していた。トランプ氏はアフリカ歴訪中のティラーソン国務長官にもその内容を連絡したが、要請を受け入れるかどうかはその時点で伝えなかった。
 トランプ氏は、鄭氏にホワイトハウスで米朝首脳会談実施の発表を行うよう提案。鄭氏は急きょマクマスター氏の執務室で文案を作成し、安全が確保された電話で文在寅大統領の了承を得た。ただトランプ氏の側近らは外国政府当局者が記者会見場を使うことに反対。鄭氏はホワイトハウス西棟の車寄せで会見を行うことになった。
 トランプ氏は鄭氏が車寄せに向かった際、安倍晋三首相に電話を入れ、会談内容を報告した。タイムズ紙はトランプ氏の即断は側近だけでなく同盟国の不意を突き、「安倍氏は蚊帳の外に置かれた」と指摘した。(2018/03/11-14:32)

まあ、
 国防長官の話も聞かずに「即決」
したんだから
 それより遠い安倍ちゃんがスルー
されたとしても致し方あるまい。
それにしても
 日韓米対北朝鮮という枠組みから日本がのけ者になっている
のは、トランプ大統領の対応から見て取れる。
そして、3/23のこと
 トランプ大統領は日本も対象とする鉄鋼製品などの輸入制限政策を発動
した。
その時のトランプ大統領のコメント。23日付NHK
米 鉄鋼製品など輸入制限 日本も対象に午後1時すぎ発動へ
より。
20180326_83154
字幕「日本の安倍首相などと話してきた
彼はすばらしい人で私の友人だ」
20180326_83205
字幕「彼のほほえみは「長年 米国を利用できるとは思わなかった」という意味だがその時代は終わった」
同日付時事より。


安倍首相は「出し抜いて笑み」=トランプ氏、対日貿易に不満

 【ワシントン時事】「安倍晋三首相と話をすると、ほほ笑んでいる。『こんなに長い間、米国を出し抜くことができたとは信じられない』という笑みだ」。トランプ米大統領は22日、ホワイトハウスでの会合で首相についてこう語り、対日貿易赤字への不満をあらわにした。
 トランプ氏は「偉大な男で、私の友人」と前置きして、首相の笑顔を解説した。その上で「こういった時代はもう終わりだ」と述べ、「互恵的」な関係を求める考えを強調した。(2018/03/23-11:01)



 安倍ちゃんはいつも笑顔だが腹黒い男
であるかのように世界に向けて発信した。トランプ大統領には、安倍ちゃんは、
 私の友人
であると共に
 アメリカを平然と利用する(アメリカ第一主義のトランプ大統領としては許すまじき)輩
という
 矛盾する内容のコメント
なのだが、
 『炎と怒り』
によれば
 トランプ大統領は何を言ってるか自分でも分かってない
らしいので、その辺りは
 平常運転
と見て良い。

ショックなのは
 お友達だった筈の安倍ちゃん
なんだが、
 実はトランプ大統領の方が、安倍ちゃんの方が先に自分をコケにした
と思っている確率が高そうだ。
理由は?
 トランプ大統領の不倶戴天の敵であるオバマ前大統領を歓迎する
ことが、3/5に明らかになったからだ。3/5付日経より。


オバマ前大統領、3月下旬来日へ 安倍首相と会談調整
オバマ前米大統領が3月下旬に来日する見通しとなった。24、25両日の日程が有力で、安倍晋三首相との会談も調整している。会談が実現すれば北朝鮮の核・ミサイル開発問題などについて意見交換するほか、日米同盟の重要性を確認するとみられる。(以下略)

言っておくが
 トランプ大統領は、「オバマ大統領の痕跡を消し去る」ことに意欲を燃やしている男
である。そのアホらしいまでの努力については『炎と怒り』をお読み下さい。
 宿敵オバマ前大統領

 「友人」と認めてやった筈の安倍ちゃんが「歓迎」
するなんてことは
 トランプ大統領にしてみれば、屈辱以外の何物でも無い
だろう。
『炎と怒り』によれば
 トランプ政権内部の多くのスタッフは「いかにトランプ大統領に気に入られるか」の競争に時間のほとんどを費やしている
そうだから、
 安倍ちゃんがオバマ前大統領と会う予定
なんて、あっという間に
 殿、一大事でございます
と、耳打ちされているに違いない。なお、トランプ大統領は
 短時間しか集中が保たない
そうで、側近達は、この手の情報を
 短くインパクトがあるように伝えるのがテクニック
だそうだ。
 少なくとも、トランプ大統領が、安倍ちゃんに対して、大いにムカついている
のは間違いなさそうだ。

なるほどね。
 3/5 安倍ちゃんがオバマ来日歓迎のニュースが日本で報道される
 3/8 韓国の鄭義溶国家安保室長との会談で、米朝首脳会談電撃決定
 3/23 対日鉄鋼製品等の輸入制限措置に関し、トランプ大統領がわざわざ安倍ちゃんの腹黒さを世界に発信
 3/25 オバマ前大統領来日、安倍ちゃんは寿司ランチで歓迎
ドラスティックに政権交代が行われたアメリカに対して
 民主党も共和党もみんなトモダチ
って対応をしているツケは大きいね、安倍ちゃん。ま
 二大政党制の意味
が分かってないということかな。

続きを読む "安倍ちゃん、トランプ大統領にコケにされるも、実は3/5以降に「オレがコケにされた」とトランプ大統領が思ってるかも知れない件"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-03-14

米ティラーソン国務長官、自分の解任をトランプ大統領のtweetで知る

何もかも
 出鱈目
過ぎて、
 想像の斜め上どころじゃない
のが
 アメリカのトランプ政権
だ。
先日紹介した
 『炎と怒り』
を読んでいるのだが、まあ
 とんでもない
ことになっている。

で。
前々から
 トランプ大統領を「マヌケ」呼ばわり
した件で
 うまく行ってない
と噂されていたティラーソン国務長官が
 電撃解任
された。北朝鮮と会談するとか言ってる、その矢先にだ。
まずはその
 マヌケ発言
の件。昨年10/4のNBCの報道なのだが、どうやら、単なる
 moron
じゃなくて、もっと酷い言われ方だった模様。


Ruhle: My Source Says Tillerson Called Trump 'A F-ing Moron'
WED, OCT 04
MSNBC's Stephanie Ruhle tells NBC's Hallie Jackson that her source says Secretary of State Rex Tillerson called President Donald Trump 'a f-ing moron.'

ちなみに、ティラーソン国務長官は、この発言を否定していない。

で、『炎と怒り』によれば
 トランプ大統領は自分がトップニュースになることならなんでもやる
のだそうで、今回は、事前にティラーソン国務長官には何も伝えず
 twitterでティラーソン国務長官解任とCIAのポンペア長官が後任、CIAの後任長官は初の女性長官となるジーナ・ハスペル副長官を充てるとtweet
した。


『炎と怒り』によれば、自分が嫌いな奴には
 徹底して煮え湯を飲ませるのがトランプ流
だそうで、今回もその例に漏れない。
でもって、『炎と怒り』で解析されている
 トランプ大統領の言い分

 自動生成
してみると、今回についてはこんな感じかな。


え? レックス? アイツはもう死んだも同然だ。そんな話はいい。
どうだ? twitterで解任を知らせるってのは。奴にはそれくらいが上等だ。
今回の人事は冴えてるだろ、ジーナはなんたって「初のCIA女性長官」だ。
マスコミの連中は、女をトップに据えると喜ぶからな。
マイクとはうまくやってるし、これでゴタゴタは全部片付くな。

今回の人事については
 国務長官もCIA長官もトランプ大統領の「ポチ」
だと思われている。
『炎と怒り』によれば、トランプ政権にいるのは
 トランプ大統領が気に入った「ポチ」

 一応専門家
の2種類だけで、
 専門家がいるからなんとか政権運営できている
そうなのだが、『炎と怒り』で登場する
 専門家
たちは、すでに多くが政権から去っているか、クビになっている。でもって
 残っているメンバーには、ずぶの素人が多い
のだそうで、わたしの脳裏には、こんな情景が
Flatearth
浮かんでいる。

おかげで、
 アメリカのメディアは特番体制
になり、
 ロシアの元スパイの「毒ガス暗殺未遂」で揺れるイギリスのBBCも特番体制
だった。
 ティラーソン前国務長官の声明
までは、生で伝えていた。
現在アメリカのメディアは
 サンディエゴで「メキシコとの国境の壁」のプロトタイプを視察中のトランプ大統領
を生放送している。webで見ることが出来る。

日本は?
森友で忙しいからか、NHKのBSも地上波も、スルーですな。
 夜中だし、一報なんて出さなくてもいい体制
になっている。
 北朝鮮との関係
が喫緊の問題なのだが、
 日本の外務大臣に相当する国務長官の首がこんな形で飛ばされても、日本ではどうでもいい
ようだな、NHK。これも
 働き方改革に合わせた報道態勢
なんでしょうよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-03-07

トランプ政権の内幕を暴く『炎と怒り』の著者インタビュー「(日本や安倍政権について)トランプ氏にはそもそもそんな関心がない。彼には世界がどうなっているのかという関心がない。」

まだ買ってないのだが、トランプ政権の内幕を暴いた
 『炎と怒り』
は、英語の原本は勿論のこと、世界中で翻訳されて読まれている模様。
『炎と怒り』の著者マイケル・ウォルフ氏への3日連続インタビューが、「日経ビジネス」オンラインに掲載されているが、
 必読の内容
だ。
『炎と怒り』著者が明かす、トランプ政権の内幕 まるで喜劇、大統領選で勝つつもりがなかったトランプ陣営
トランプは、北朝鮮問題を全く理解していない ホワイトハウスには「マネジメント」が存在しない
中間選挙でトランプへの女性の怒りが爆発する 『炎と怒り』の著者、今回の取材手法への批判に反論 

そもそも、マイケル・ウォルフ氏がこの著書のベースとなる取材ができた背景は、上記『炎と怒り』著者が明かす、トランプ政権の内幕によれば


私はバノン(トランプ大統領の首席戦略官・上級顧問を務めていたが、2017年8月18日に更迭され退任)がトランプ陣営に加わった2016年夏以降、かなりの時間を彼とともに過ごしていました。それにバノンに最初にインタビューをしたのも私でした。ちなみにその取材は、彼がホワイトハウスを去る前の唯一のオンレコの取材でした。そんなこともあり、この本を書く構想をバノンに相談したところ、彼がトランプに直接会って相談すべきだと言って、アポを設定してくれたのです。
 私は大統領選中の2016年5月、トランプに彼のビバリーヒルズの自宅で取材(注*4)もしていて関係はよかった。当選のお祝いの言葉も伝えたかったので、会話はスムーズに進みました。

とのことで
 トランプ大統領が直接許可した
という
 衝撃の事実
がある。
 まさか、まさか
ですよ!!!!!
でもって、
 当選するつもりはなかったトランプ陣営
には、当然ながら
 取材対応のスタッフも存在しなかった
わけなのだが、ウォルフ氏は

取材が終わってもホワイトハウスは去らず、1階ロビーのカウチに座り続けて、誰かと話せれば話をして、できる取材はすべてした。

という
 「ダメだと言われないことは全部やる」方針
で、取材をしたのだった。

この著者インタビューだけでも十分衝撃的なのだが、以下のフレーズをトランプは、北朝鮮問題を全く理解していないから引用しておきたい。


-話が少し飛びますが、トランプ氏が、報道はされていないけれども、日本や安倍晋三首相について発言したり、コメントしたりしているということはあるのでしょうか。

ウォルフ:全く聞いたことはありません。というより、トランプ氏にはそもそもそんな関心がない。彼には世界がどうなっているのかという関心がない。

 「アメリカ・ファースト(米国第一主義)」というのは、彼の世界を見る視点というよりは、ある意味、世界を見る視点を持ち合わせていないということを覆い隠すための方便です。彼にとっては、世界がどうなっているかなどということはどうでもいい話です。外交政策にも関心がないし、とにかく何も知らない。これまでの人生で、もう少し物事を知らなければまずいとか、知る責務があるなどと考えたことが恐らく全くない人間です。

-そうであれば、トランプ氏は中国の習近平国家主席のことはどう見ているのでしょう。バノン氏は中国との関係こそがトランプ政権の要だとしていたようですが…。

 彼はバノンの目を通して中国を見ていた、という感じです。中国との貿易関係は問題だという意識はあるが、昨年4月に米フロリダ州にある自分の別荘「マール・ア・ラーゴ」で習近平氏らを迎えた時、中国側はトランプに会って、あまりに彼が何も知らないため、同じレベルでは会話ができないと感じたようです。

だから
 習帝工作が粛々と進んでいる
んだね、たぶん。
 もし、習近平が終身国家主席になった
としても、
 アメリカがトランプの首を飛ばして、別な大統領を据え、まともなアジア外交を再開するまでに最低2-3年は掛かる
と踏んでいるのだろう。時事より。


中国全人代、広がる習氏礼賛=「主席任期撤廃」全面賛成の声
【北京時事】中国・北京で開会中の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)は6日、地方代表団の分科会討論が行われ、メディアに公開された。習近平国家主席(共産党総書記)に近い広東省トップの李希・党委員会書記は「断固として習総書記の党中央の核心の地位を守る」と述べ、習氏に忠誠を誓った。国家主席の任期制限を撤廃する憲法改正案の採択を11日に控え、習氏を礼賛するムードがますます広がっている。
 習氏側近の陳敏爾重慶市党委書記も6日、「習総書記という核心を断固として守る」と表明した。陳氏は「薄熙来(収賄罪などで無期懲役)、孫政才(2月に収賄罪で起訴)両人の問題で最も際立っているのは政治的な腐敗だ」と語り、失脚した2人の重慶市トップ経験者の名前を挙げ、習氏に従わない勢力の一掃に努めると強調した。
 6日付の党機関紙・人民日報によると、5日に行われた非公開の分科会では、陳全国・新疆ウイグル自治区党委書記が「憲法改正案に完全に賛成だ」と言明。習氏の名前を冠した指導思想を憲法に明記することについて「全国各民族人民の共通の願望を反映しており、断固として擁護する」と強調した。陳氏は李克強首相の元部下だが、習氏の信任を得て昨秋の党人事で政治局員に昇格した。(2018/03/06-21:34)

ところで、トランプのtwitterについて、ウォルフ氏は上記トランプは、北朝鮮問題を全く理解していない

続きを読む "トランプ政権の内幕を暴く『炎と怒り』の著者インタビュー「(日本や安倍政権について)トランプ氏にはそもそもそんな関心がない。彼には世界がどうなっているのかという関心がない。」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017-09-22

北朝鮮のミサイル発射実験の軌跡1984-2017

トランプ大統領と金正恩委員長が
 ロケットマン
 トランプ(敬称なし)
互いを罵倒し合っているわけなのだが、
 北朝鮮のミサイル発射実験の軌跡1984-2017
というサイトが出来ていた。
North Korea Missile Test Visilization
北朝鮮が確実にミサイル発射技術を向上してきたことが分かる。

ロケット工学をどこで北朝鮮の科学者達が身につけているかというと
 中国の大学
ではないか、と言われている。中国と言っても、東北には
 少数民族の朝鮮族がたくさんいる地域がある
わけで、そうした地域であれば、国際法違反だろうがなんだろうが
 国は違っても同民族間での互助の精神
が育まれないとは限らない。
 我が民族の核兵器
というフレーズがどのような
 化学反応
を引き起こしているかは、決して明らかにはならないだろうけれども。一口に
 中国
といっても
 漢民族だけで成立しているわけではない
のだ。その辺り、日本ではあまり気にしてない人が多いみたいだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017-05-28

米・トランプ大統領、サミットで同通のイヤホンを装着せず(何しに行った)

この2月、安倍ちゃんとトランプ大統領がホワイトハウスで共同記者会見に臨んだ時のこと。時事より。


大統領、イヤホン着け忘れ=側近の合図で笑顔-日米首脳会談
 【ワシントン時事】トランプ米大統領が10日、ホワイトハウスで安倍晋三首相と共同記者会見に臨んだ際、同時通訳用のイヤホンを着け忘れるハプニングがあった。非英語圏の外国首脳との共同会見は初めてだったため、演台に用意してあったイヤホンに気付かなかったとみられる。
 大統領は会見の冒頭、「大統領は素晴らしいビジネスマン」などと語る首相の言葉にうなずいたりほほ笑んだりしていたが、首相のしぐさや側近の合図を見て反応していたようだ。大統領は会見の途中で書類の下に隠れていたイヤホンを発見し、さりげなく装着していた。 (2017/02/11-17:42)

この時は
 何だ、同通のイヤホンを付け忘れだあ?

 間抜け振り
の方に目が行ったのだが、今度の話はそうはいかない。TrinityNYCさんのtweetより。


引用されているニュースはコレ。


……最初から話を聞いてないだろう、トランプ。何しに行った?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017-01-14

L.L.Beanの役員、トランプ次期大統領に多額の政治献金 トランプ次期大統領「L.L.Beanの商品を買おう!」

普段、アウトドア系の格好をしている。勢い、
 L.L.Beanの商品
も買うことになるのだが、今後は購買意欲が減退するニュースが昨日飛び込んできた。
トランプ次期大統領のtweetより。


L.L.Beanの創始者の孫にあたるLinda Bean氏が、
 限度を超えて、トランプ次期大統領に政治資金を援助
したという報道を受けて、トランプ次期大統領が
 感謝し、「L.L.Beanの商品を買おう!」と呼びかけた
ものだ。

あ〜あ。

FBで紹介したら、結構L.L.Beanの愛好者がいた模様で
 みんな頭を抱えて
いた。
日本語の報道。ロイターより。


2017年 01月 13日 17:08 JST トランプ米次期大統領、政治献金したLLビーン取締役を擁護

[ボストン 12日 ロイター] - 米国のトランプ次期大統領は12日、アウトドア用品大手L.L.Bean(エル・エル・ビーン)の創業家の1人がトランプ政権に政治献金をしていたとの報道が前週出たことを受け、同社製品を買うよう呼び掛けた。
同国では献金報道を受け、エル・エル・ビーン製品の不買運動が起きている。
トランプ氏は12日朝、ツイッターで、同社創業者の孫であるリンダ・ビーン氏を名指しし「強い支持と勇気に感謝する」と投稿。「皆はこれからもあなたを支持するだろう。エル・エル・ビーンを買おう」と述べた。
これに対し同社は、ビーン氏は50人以上いる創業家のうちの1人だとし、会社自体は政治的に中立であると弁明。ビーン氏と距離を置く姿勢を示した。
8日夜に発表した声明では「創業家、従業員、顧客の見解と理念は各々異なる」とし、「取締役10人のうち1人の役員の政治的見解に賛成できない人がいても、当社は十分認め、尊重する」と強調した。
同社の広報担当者からのコメントは得られていない。

まあ
 トランプ経済で大儲け
してる人は、L.L.Beanの商品を買えば?

トランプ政権が
 学術への援助をするとは思えない
ので、大学や研究機関では、これまで割合好意的に見られていた筈のL.L.Beanのブランドイメージは急降下だろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016-11-09

2016アメリカ大統領選挙 次期大統領はドナルド・トランブに

今日は1日仕事だったので、夜、ゆっくり報道の様子を知ることに。
CNN.co.jpより。


「皆が誇れる大統領に」 トランプ氏が勝利宣言
2016.11.09 Wed posted at 17:46 JST
(CNN) 8日投開票の米大統領選は米東部時間の9日未明(日本時間同日午後)、共和党候補のドナルド・トランプ氏の獲得選挙人数が勝敗ラインの270人を突破することが確実となり、トランプ氏がニューヨーク市内で勝利を宣言した。
トランプ氏は支持者らの歓声を浴びながら演説に立ち、冒頭で民主党候補のヒラリー・クリントン氏から祝福の電話があったと報告。「私たちの勝利を祝福する電話だ」と語り、クリントン氏の健闘に称賛と感謝の意を表した。
続いて「私たちはひとつの米国として団結する時が来た」と宣言。選挙戦で対立してきた相手にも指導を仰ぎ、力を合わせて国家の団結を図ると強調した。
自身の選挙戦は国民全体による社会運動だったと述べ、今後は米国の潜在力を引き出して「偉大なアメリカ」を復活させると表明した。
インフラ整備や雇用創出、退役軍人への支援にも言及した。経済成長率を倍増させ、諸外国とも公正な態度で良好な関係を作ると明言した。
トランプ氏はさらに、家族や陣営スタッフらに一人ずつ呼び掛けて感謝の言葉を述べた。
自分たちの運動はスタート地点に立ったところだと強調し、「皆さんが誇れる大統領になる」と述べた後、「私はこの国を愛している」という言葉で演説を結んだ。

これだけ
 アメリカを分断した選挙戦
の後に
 ひとつの国に団結
と言われても、信用の仕様がない。

カナダの移民局のサイトが落ちたという。同じく、CNN.co.jpより。


カナダ移民当局のサイトがダウン 米大統領選の影響か
2016.11.09 Wed posted at 17:12 JST

(CNN) 8日投票の米大統領選の集計が進み、共和党候補のドナルド・トランプ氏の優勢が伝えられるなか、カナダ市民権・移民局のウェブサイトが閲覧不能になったとの報告が一部で相次いだ。
同局の公式ツイートはこうした現象に言及していない。米大統領選との関連が確認されたわけではないが、米国ではこれまでも選挙のたび、結果に不満を持つ国民の間でカナダ移住という選択肢が検討されてきた。
米俳優ベン・シュワルツさんはツイッターに「ジョークとして書こうとしたことが現実になってしまった。カナダ市民権・移民局のサイトが午後8時頃にクラッシュした」と書き込んだ。
一般ユーザーからも「移民局のサイトがクラッシュした。これは冗談ではない」「ダウ先物が750ポイント下落し、ドルが暴落し、カナダの移民サイトがクラッシュした」など、大統領選の動向と結びつけたツイートが相次いだ。
CNNは数カ月前、カナダの島が米国人に「トランプ氏勝利の場合は移住を」と売り込んでいる話題を伝えた。
グーグルによると、今年3月に共和党候補指名争いのヤマ場「スーパーチューズデー」でトランプ氏が大勝した時、「カナダへ移住するには」というワードの検索件数が350%の急増を記録した。
トランプ氏が大統領になったら国外へ移住すると表明している芸能人にはブライアン・クランストンさん、エイミー・シュマーさん、シェールさん、バーバラ・ストライサンドさんらがいる。
最近ではブッシュ前大統領が再選を果たした2004年にも、カナダへの移住を考える人が急増したと伝えられた。ただ実際には転職したり永住権を獲得したりする難しさもあり、実行に移した人は少なかったようだ。

実際に移民するかはともかく、
 トランプのアメリカに住み続けるのかどうか
と、考える人は一定数いるだろう。アメリカは移民の国だ。

自分の周りで、何か直接影響が出るとすれば
 トランプのアメリカでアジア系住民と東洋学がどう扱われるか
という辺りかな。トランプが
 学問が好き、理解がある
という話は、寡聞にして知らない。
 金儲けに役に立たない学問は切り捨てる
ことくらいなら、朝飯前だろう。あるいは
 誰かが金を出してくれるなら、ポストを維持させてやる
かな。外交的センスについては、
 この不毛な選挙戦
では、ほとんど問われていない。金が神、というのが、トランプの主義だとすれば、
 どういう紐が付いているかは問わない
のではないか。

日本の報道の様子。@edge_barom7さんのtweetより。
 吉例 テレ東
は、こんな感じだった模様。

続きを読む "2016アメリカ大統領選挙 次期大統領はドナルド・トランブに"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016-08-13

車に38分間放置された6歳兄が生後13日の妹をなぶり殺しにする 母親は「62歳」、55歳で最初の妊娠、その後夫は病死、亡夫の精液を冷凍保存して更に2人の子どもを儲けていた@米・フロリダ

なんとも悲惨な事件がアメリカで起きた。
合掌。
アメリカはフロリダ州セント・ピーターズバーグで、62歳の母親が38分間、携帯電話の修理のために、6歳兄、3歳兄そして生後13日の妹を車内に放置、戻った時、赤ちゃんは死んでいた。赤ちゃんは、6歳兄に殴り殺された、という。詳細を読むと
 殴り殺された
というよりも
 なぶり殺しにされた
という方が正しい。この世に生を受けてわずか2週間足らずで、そんな苦しい死に方をしなくてはならなかった赤ちゃんが哀れでならないし、恐らく
 まさかそんなことになるとは思っていなかっただろう兄
の心も、6歳にして、癒やしがたい傷を負っている。

地元紙のTampa Bay Times
LIVE BLOG: BOY, 6, KILLS INFANT SISTER
が掲載され、胸の悪くなる、救いがたい報道が続いている。

62歳母というので驚くのだが、
 2009年、55歳のときに妊娠し、「想定外の妊娠」を扱うリアリティ番組に出演していた
というニュースが、上記ライブブログに引用されている。

In 2009 show, mother of 6-year-old boy who killed infant sister talks about her first pregnancy at age 55
リンク先を見るとわかるのだが、当時55歳だった母親が、
 妊娠30週で超音波診断を受ける様子
が写真に収められている。
501521497_17758905_8col

母親は、この
 55歳の妊娠
当時、すでに
  I'm Pregnant And... 55 Years Old.
という番組に出演していた。
 この時お腹に居た胎児
が、今回
 生後13日の妹を殴り殺した6歳兄
ということになる。

上記の記事群を纏めたアメリカCBSの報道。例によって、いい加減な訳なので、間違っていたらごめんなさい。


August 12, 2016, 12:51 PM Cops: Boy, 6, left alone in van, beat newborn sister to death(警察: バンに放置された6歳の少年は、生まれたばかりの妹を殴り殺した。

ST. PETERSBURG, Fla. -- A 62-year-old Florida woman is charged with aggravated manslaughter and neglect after authorities said her 6-year-old son beat his newborn sister to death while the children and their 3-year-old brother were left alone in the family's minivan.(セント・ピーターズバーグ、フロリダ州発 62歳のフロリダの女が、重罪謀殺と監護を怠った廉で告発された。この女の6歳の息子は、3歳の弟と自家用ミニバンに放置されている間に、生まれたばかりの妹を殴り殺した、と言われている。)

During a news conference Thursday, Pinellas County Sheriff Bob Gulatieri said the baby - 13-day-old Kathleen Bridget Steele - was pronounced dead Monday afternoon at St. Petersburg General Hospital. But investigators believe she died earlier, inside the van where her mother, Kathleen Steele, had left the children for 38 minutes while she visited a cellphone repair shop.(火曜日の記者会見で、ピネラス郡保安官のボブ・グラティエリは、生後13日の赤ちゃん、キャサリーン・ブリジット・スティールが、月曜午後、セント・ピーターズバーグ総合病院で、死亡を宣告された。しかし、捜査官達は、赤ちゃんはもっと早く、母親のキャスリーン・スティールが携帯電話修理店に立ち寄った38分の間、子ども達をバンに放置した際に、死んでいた、と見ている。)

"It was one of the worst things I've ever seen," the sheriff said.(保安官は、「これまで見た、最悪のものの一つです。」と言う。)

The newspaper reports Steele and her husband appeared on an episode of "I'm Pregnant and..." -- a Discovery Fit & Health reality TV show about women who face serious obstacles while pregnant. Steele's episode, which aired in 2009, was entitled, "I'm Pregnant and 55."(新聞が報じるところでは、スティールとその夫は、 a Discovery Fit & Health reality TVの"I'm Pregnant and...(わたしは妊娠したしかも…)"という、妊娠中に深刻な障害に直面した女性達を取り上げるリアリティ番組のある回に出演した。スティールのエピソードは、2009年に放映され、「わたしは妊娠した、しかも55歳」というタイトルだった。
Steele's husband died of cancer in 2011 at age 66. Deputies say the two youngest children were born through artificial insemination, using the deceased husband's frozen sperm. Steele had been raising the children alone.(スティールの夫は2011年、66歳で、癌で亡くなった。保安官代理は、2人の年下の子ども達は、亡くなった夫の冷凍保存されていた精液を人工授精して生まれたと言っている。)

The Tampa Bay Times reports Steele took the baby to a pediatrician Monday morning because she wasn't eating properly. The doctor found nothing wrong with the baby and later told investigators there were no signs of bruising or trauma.(タンパベイタイムスの報道では、スティールは、月曜日午前に、赤ちゃんがちゃんとミルクを呑まないと言って、小児科に連れて行っている。医師は、赤ちゃんに異状を認めず、後に捜査官に語ったところでは、全く痣や外傷といった徴候はなかった。)

Investigators say Steele went into the cellphone store at 1:50 p.m. Monday.(捜査官によれば、スティールは月曜午後1時50分に、携帯の店に入った。)

The 6-year-old boy told investigators the baby started fussing and he tried to calm her. But deputies said the boy later used a doll to show how he repeatedly slammed the infant's head into the minivan's ceiling, dropping her on the floor, flipping her over and pummeling her.(6歳の少年は、捜査官に、赤ちゃんが大声で泣き始めたので、あやそうとした、と話した。しかし、捜査官によれば、後に少年は、人形を使って、どんな風に、赤ちゃんの頭をミニバンの天井にたたきつけたり、赤ちゃんを床に落としたり、拳で殴りつけたりしたかを示した、という。)

"The way he was describing it is he was tossing that baby around like a ragdoll," Gualtieri said, according to CBS affiliate WTSP.(「少年が述べているやり方は、彼が赤ちゃんを、ぬいぐるみの人形のように、あたりに投げていた、というものです。」)

According to investigators, when the mother returned to the van, the boy tried to tell her something was wrong with the baby. They said she disregarded him and stopped at another business, reportedly staying there for about a half hour, before going home. That's when she noticed the baby's injuries.(捜査官達によれば、母親がバンに戻った時、少年は母親に、あかちゃんがどこか変だ、と言おうとした。調査官たちによれば、母親は少年の言うことに耳を貸さず、別な店に立ち寄った。報道によれば、その間30分ほどで、家に戻った。その時、母親は赤ちゃんがけがをしていることに気が付いた。)

"The baby was beaten and traumatized," the sheriff said. "There was gross swelling in her face. Her skull was cracked in numerous places."(「赤ちゃんは殴られて、傷だらけでした。顔には大きな瘤が出来ていました。赤ちゃんの頭蓋骨には、あちこちにヒビが入っていました。」と保安官は言う。)

Even so, Gulatieri said Steele didn't call 911. Instead, she called a neighbor who is a nurse. The nurse recognized the baby was dead, but performed CPR until paramedics arrived.(それにも関わらず、グラティエリによれば、スティールは救急車を呼ばなかった。その代わり、看護師をしている隣人を呼んだ。看護師は赤ちゃんが死んでいると認識したが、救急医療士が到着するまで、心肺蘇生を行った。)
Investigators interviewed Steele Monday night. The sheriff said during the first hour, Steele never asked about the baby and even seemed aloof. He said Steele said, "I guess I have to plan a funeral."(月曜の夜、捜査官達は、スティールを尋問した。保安官によれば、最初の内、スティールは、赤ちゃんのことを尋ねもせず、むしろ冷淡な様子だった。「わたしがお葬式の準備をしなくてはいけないのではと思った」と保安官は言う。)

Gulatieri said the boy will not face criminal charges.(グラティエリは、少年は刑事責任は問われないだろう、と言っている。)

"The mistake is with the adult Kathleen Steele, not a 6-year-old boy," Gulatieri said.(「過失は成人のキャサリーン・スティールにあるのであって、6歳の少年にはない。」とグラティエリは言う。)

Steele was already being scrutinized by child protection investigators, Gulatieri said. Just three days after the girl was born, an accidental fire forced the family to stay in a hotel July 29, he said. When the fire alarm went off, Steele told deputies she put the baby in the car carrier but tripped going down the stairs and the baby tumbled out, striking her head. The baby was diagnosed with a minor brain bleed and stayed for two nights in the hospital, according to Gulatieri. A report was made to the child abuse hotline.……(グラティエリによれば、スティールは、児童福祉調査官に、すでに詳しく調べられている。赤ちゃんが生まれてちょうど3日目、7月29日のことだが、失火で一家はホテルに滞在せざるを得なくなった、という。火災報知器が鳴った時、スティールは赤ちゃんを車の荷台に置いたが、よろけながら階段を降りて、赤ちゃんが転がり出て、頭を打った、と言っている。グラティエリによると、赤ちゃんは、軽い脳出血があり、病院に2泊入院した。児童虐待ホットラインに、報告書が送られている。……)

とまあ、赤ちゃんは、生まれて3日後にも
 火事で避難する時に、母親に階段から落とされて、頭蓋内出血を起こしていた
という話で、その10日後には、兄に殺されてしまうのである。
 何のために、人工授精してまで62歳で赤ちゃんを産んだのか
全く残念としかいいようがない。

妹を殺した兄は、治療施設に送られたそうだが、低年齢で殺人のような重罪を犯してしまう子どもの心は、そう簡単に治療できるわけではない。
55歳で妊娠、56歳で出産、57歳で夫を癌で亡くした後に、下の男の子を人工授精で妊娠・出産、そして今年また、今回殺された女の子を人工授精で妊娠・出産したのだが、
 1人で子どもを育てていた
というその間、家では何が起きていたのか。
そもそも
 上に2人子どもがいる62歳の女性が、何故、もう1人人工授精で子どもを儲けようと思ったのか
が分からない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016-05-27

今日被爆地広島に、オバマ大統領と一緒に広島級原爆の2万2000倍の威力を持つ核兵器起爆ボタン Football もやって来る JFK以来の伝統

Football。
ふざけた渾名だけれども、
 アメリカ大統領の傍に常に随行している「核のボタン」
のことだ。"Defence One"では5/24付でJoe Cirincioneが
 The Nuclear Football Goes to Japan
という記事を書いている。この記事の冒頭、


When President Barack Obama goes to Hiroshima May 27, it will also mark the first visit by the nuclear football. (5月27日、オバマ大統領が広島に行く時、「核のフットボール」も初めて訪れることになるだろう。)

としている。Smithsonianアメリカ歴史博物館には以前使われていた"Football"、黒い肩掛け鞄が展示されている、
Oct14_c01_nationaltreasurejpg__800x
現在の"Football"について、Joe Cirincioneは次のように続ける。

The “football”—officially known as the president’s emergency satchel—is the briefcase carried by military aides who follow U.S. presidents wherever they go. It contains the codes and commands for launching nearly 1,000 nuclear weapons within minutes. ("Football"、公式には大統領の有事の肩掛け鞄として知られているが、アメリカ大統領の行く先々に随行する軍事補佐官が運ぶブリーフケースのことだ。この中には、数分以内に1000個近い核兵器を発射するコードと命令とが入っている。)

つまりは
 オバマ大統領

 現役のアメリカ合衆国大統領
である以上、
 被爆地広島
には
 核のボタンも必ずやってくる
というわけだ。

ま、こんな事情を報道しないままで
 オバマ大統領が広島訪問
と、
 手放しで喜んでいるマスコミ
は、どうかしている。
 核のない世界を実現したい
と言ったとしても
 アメリカ合衆国大統領と核のボタン"Football"は不即不離
なのだ。この核のボタン"Football"の威力について、Joe Cirincioneは次のように書いている。


It took 5 hours and 30 minutes for a B-29 bomber to fly from the island of Tinian to Hiroshima, 71 years ago, and drop the first nuclear bomb in history. At Hiroshima this week, Obama will have at his fingertips the ability to launch the equivalent of 22,000 Hiroshimas in about 30 minutes.  (71年前、テニアン島から広島へB29爆撃機が飛行するのに5時間30分掛かった。今週、広島では、オバマ大統領は、その指先に、広島級原爆の22000倍に相当する核兵器を発射する能力を備えているだろう。)

広島で
 大統領に謝罪を求めるか否か
という話が出ていて、NHKはしつこくその話題を取り上げていたけど、
 謝罪も何も、そのすぐ側にはいまでも「核のボタン"Football"」が控えている
んだぜ。
 議論そのものが「現実離れしている」
ってことを、何故マスコミはスルーしまくっていたのかね。

"Football"について、Smithsonian博物館謹製の詳しい記事は以下に。
The Real Story of the "Football" That Follows the President Everywhere Take a peek at the mysterious black briefcase that has accompanied every U.S. president since John F. Kennedy
なるほど
 「核のボタン"Football"」が大統領と不即不離
になったのは
 JFK
からなんだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧